③.カリブ海、タークス&カイコス(Turks & Caicos)の観光とグルメ

タークス&カイコス島のちょっとした観光ツアーがあり、参加する。

ここでの野外学習は、綿栽培とコンク貝養殖について。

その昔、この島では綿産業が盛んで、その名残として、綿栽培園が歴史的遺産として残されている。

b0173754_22282034.jpg


統括者はイギリスから派遣され、この家は当時、綿栽培に関わっていた労働者の住居。

b0173754_22285174.jpg


このコットン・プランテーション(綿農園)は、"Blue Hill"という丘に立地していて、海も見渡せる。

そう、”Bule Hill”は英語の響きで一番好きな言葉、そんな土地に来れたものちょっと奇跡かも。

サボテンやレモングラスなどハーブも栽培されていた。

ここの丘の上に立ってみると、パワースポットに感じたので、大地に向け祈る。


b0173754_22334977.jpg


          これがコットン(綿)の花。

b0173754_22343516.jpg


次に、「Conch Farm」へ。

バハマ諸島同様、タークス&カイコス島の名物もコンク貝(ほら貝に似た大きな巻き貝)で、その養殖場へ。

b0173754_22521434.jpg


b0173754_22393470.jpg


天然のピンク色はとても美しく、装飾品カメオにも使用されているようだ。

b0173754_22404589.jpg


コンク貝の1匹のメスからは150万の卵子を返すが、そのほとんどは他の魚に食べられてしまい、

1-2匹しか成長しないらしい。そこで、こうして養殖することで、貝が4年経ったところで、

150万匹のうちの50万匹を海に返し、残りはフロリダなどへ食用として輸出しているそうだ。

b0173754_22441035.jpg


オスとメスを比較して、その違いがわかるでしょうか?

                 ♀ これはメスのSally

b0173754_22455955.jpg


                 ♂ こちらオスのJerry

b0173754_2247656.jpg


こんもり貝殻の山・・・コンク貝の墓場に見えてしまう。

b0173754_22515255.jpg


こちら、ホテルの人が朝一に獲ってきたコンク貝。

b0173754_22493053.jpg


その場でさばいてくれたので、1スライスいただく。欧米人の中には苦手な人も。甘くてホッキ貝に似たお味。

b0173754_7595185.jpg


料理法としては、コンクサラダが主流だが、他にコンクフリッター、スープなど。

しかし、やっぱ日本人には、ワサビ醤油が一番かも。


b0173754_22525655.jpg


ホテルのプールサイド・バーのディスプレィはセンスよくお洒落。069.gif

b0173754_843878.jpg


島の地ビール”Turks Head”もある。ブルーのグラスで、ブルーソーラーウォーター登場!068.gif

b0173754_891840.jpg


ホテル内の日本食レストランへ。まずお寿司屋さん。

一昔前までは、カリブ海の島に日本食など存在しなかったが、今では日本食ブームにて、大人気!

ここの寿司シェフは現地人だが、他では、フィリピン人やベトナム人などが出稼ぎに来ているケースが多い。

b0173754_8221864.jpg


シャリがやや甘く柔らかめだったがそれなりに美味しかった。やはり米を食べると落ち着く。

b0173754_8224258.jpg


こちらは、和風鉄板焼きレストラン「きもの」。店名通り、店内には着物がいくつか飾られていた。

b0173754_8231621.jpg


いわゆる紅花系で、お客さんの目の前で、ご飯やエビ・魚・肉・野菜を鉄板にて、照り焼きソースで

味付けしながら、芸や技を披露し焼いていく。お好み焼き付は、It’s too much!

我が担当はフィリピン人のシェフで、ユニークにクッキング!

b0173754_825520.jpg


こちら、ホテル内のイタリアン「Mario」。ランチはバッフェスタイルにて。

b0173754_8284147.jpg


ここのキッチンで働く女性達、スマイルが素敵!
018.gif

b0173754_8314746.jpg


こちらはスペシャル・ディナーを希望するカップルへ!

ハネムーンやアニバーサリーなど特別なお祝いを、ビーチで貸切りディナー。粋な計らい、Love Love053.gif

(私には関係なく・・・。)


b0173754_8355949.jpg


    夕方の雲はダイナミックに変化していき、右に象さん、左にも動物のような雲。

b0173754_8341528.jpg


               天空への入り口のようなリング雲。

b0173754_8325629.jpg


            砂浜にて乗馬を楽しむ少女。絵になりますなー。061.gif

b0173754_831420.jpg


日本の露天風呂にも似た海に面したジャグジーもあるが、気温が高いので入る気にならず・・・。

b0173754_838789.jpg


056.gif以下、番外編・・・

                 民族ダンスのイベント。

b0173754_8384579.jpg


                 綺麗な配色のハイビスカス。

b0173754_8392778.jpg


              日中は熱波にて、ワンちゃん達もグッタリ木陰で昼寝中。

b0173754_8432522.jpg


           そして、最後にもう一度、ビーチで・・・・・。004.gif

b0173754_8443567.jpg


 地球は美しい大自然の宝庫。 「この美しい海、自然よ、永遠にありがとう!」と海にて祈った直後、

浅瀬に小魚の群れ数十万匹が集まってきた。そして、上空には虹が現れて・・・!

6/21の夏至の日を境に、海から地球へ、水に”愛と感謝”を捧げたバケーションとなった。
029.gif

そして、このバケーション期間中、LAのロングビーチでは、お水へ感謝の祈りのセレモニーが開催され、1000人

近い人が参加されたそうです。水の結晶でお馴染の江本勝先生も参加にて、大盛況だったそう。

大勢の方が水に感謝し、地球を愛し、今後も”愛と感謝”の波動を送りながら、我惑星を守り続けましょう。072.gif


*「水からの伝言」サイト:


*映画「WATER」上映会:

[PR]
Commented by つぃえむぃ。 at 2009-07-04 16:53 x
うーん、すごい!!!
満喫でっす!!!
コンク貝、気になっていました。
聞いて事もないし、見たこともないし、もつぃろん!!!食べたこともなかったので。
なるほど~、こんな感じなのですね。
しかし、そんなに生き残る数が少なくて、よく今まで絶滅せずに・・・?!?!
人の助けがなかったら、なくなってしまうのでしょうか・・?!?!

コットンのお花、はじめて見ました!!!
オレンジ色のこんなかわいらしい花なんですね~!!!
ふわふわのしか、見たことなかった(一時はあれが「花?」とか思ってたばかちん・・)
ラブリーディナーは、ゆきさんたちの!??!(むむむ?!)
わんこたち、仲良くお昼寝中でかわいらしい・・・

ゆきさんの虹の日記を読んで、なんとなく、わたしも近々見るような気がしていたら、今日、やっぱり彩雲を見ました~!!!こちらも虹の季節がやってきた感じです(突発的大雨のあとスーパー快晴!!!になるんです・・・今時期・・・で、結構その時期は虹が多い・・・去年も毎日のように見てた時がありましたねぇ・・・そういえば。今年はいくつ見れるかな・・・?!)
Commented by iko at 2009-07-04 21:36 x

とにかく、水の美しさ空の荘厳さに
癒される自然のおおらかさに感謝と祈りを
ささげたい気持ちにさせますね!
あ~行きたいです!!!
いや、行くでしょう~

そうそう、July4th花火大会は
いかがでしたか?花火の方も圧巻ですね
Commented by yukistar88 at 2009-07-05 03:11
*つぃえむぃ。さん
満喫ですね。コンク貝に限らず、貝類は大好物なのでこの名物は嬉しい。
ただ現物、見た目はちょっとグロですよね。美味しいですが・・・。

そうですね。幼虫は外敵が多く食べられてしまう確率は高いですね。
こうして人工的に養殖して、もちろん自然に返す分もありますが、それをまた人間が
獲って食べるという矛盾ありますが、自然の生態系を維持し、貢献しているのは確か!

どのワンコもニャンコも日中はグッタリで、夜に活動しているようです。
あまりに強烈な太陽の日差しで、私らも半分熱射病にかかりました。
ラブリー・ディナー編は、もう一度、読んでね。↑

虹のサインは、6月に大勢の人が水に感謝、地球に愛を送ったそのお返事かも。
なので、いつもより頻繁にみるチャンスがありそう。お水は正直に姿・形を変えるので。ありがとう!
Commented by yukistar88 at 2009-07-05 03:16
*ikoさん
最近は積乱雲(入道雲)の発生が多いですよ。こんもりしています。
東京はどうでしょう?

この島の海は本当に美しく澄んだお水でした。しか~し・・・
私は大好きな猫も海水にもアレルギーなのです。猫は毛かフケが原因で、
海水は水分に含まれる塩分かプランクトンに反応するようで、海水浴している
うちに皮膚に鱗のようなボツボツが発症し痒くなり、次第に血がにじんでくるのです。
悲しい現実!!!トホホ・・・。
by yukistar88 | 2009-07-04 09:16 | 世界の旅 | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧