①.モロッコの旅(首都ラバト&ワイン産地メネスクの世界遺産)

昨年11月、スペインよりジブラルタル海峡を渡り、モロッコのタンジェ1泊し魅了され、
更に内陸へ向け、再びモロッコの地へ。

9/19-29’09という、偶然にも⑨のぞろ目の日程で、日本よりS子さん、NYよりK子さんの
女3人旅にて、カサブランカから時計周りにフェズ・サハラ砂漠・マラケシュと、悠久なる
モロッコ探訪の旅となった。

b0173754_1194177.jpg


途中ハプニングもあったが、アフリカ大陸の雄大な大自然に癒され、イスラム建築・
インテリアに魅了され、また、モロッコ人の助け合う、支え合う心に感動した。


NYからモロッコまで直行便で約8時間。
日本からはドバイか、パリ経由にて、約16-8時間はかかるよう。
朝焼けグラデーションが美しい。 (行きの機内より)


b0173754_1110728.jpg


*9/20(Sun.)
カサブランカの空港に到着すると、入国審査官3,4人という少数体制により、大勢の入国者列に1時間半も並び、いきなり疲れてしまった。002.gif
到着した日は、イスラム教でいうラマダン(断食)の最終日だったので、ほとんどのお店は
閉まり閑散としていた。カサブランカの街中は車・バイク、チャリなど交通量は多く、排気ガスの汚染がすごい。
また、交差点に信号がなく、慣れない歩行者は命がけで渡るなど、イメージしていたカサブランカとはやや違うものだった。通り道の花屋さんより、突然ピンクの薔薇をいただいたので、このWelcome Rosesはそのままホテルのレストランのテーブルに飾る。シュクラン!

b0173754_11112336.jpg


*9/21(Mon.)
カサブランカから北へ車で約1時間半の首都ラバトへ向かう。
最初の観光スポットは、ムーア様式の建築物である「ハッサンの塔」。
このミナレット(塔)は未完成で、本来高さ88mになるはずが44m止まり。

b0173754_11121528.jpg


b0173754_11123462.jpg


隣のムハマンド5世の霊廟、この日はモロッコ王がラバトに来ている為、入場禁止。

b0173754_11125625.jpg


ラバトからメネスクへ。オリーブ畑や果樹園など広大な農業地帯を約1間半走る。

b0173754_11133945.jpg


メネスクは水も美味しく、ワインの産地としても有名な街。メネスク産ワイン。

b0173754_11143467.jpg


メネスクは、9世紀、ベルベル人(モロッコの先住民)により建設され、17世紀後半は首都として栄えたそう。北アフリカで最も美しいとされる王都エリアのメインゲートであるマンスール門。
1732年に完成したマンスール・エルアルージュ門は、「改宗者の勝利の門」という意味で、
由来は、キリスト教だったマンスールがイスラム教に改宗したためだそう。

b0173754_11154431.jpg


b0173754_1116619.jpg


ランチは、街中のモロッコ料理のレストランにて。
ピンクとパープルという女性的なインテリアのレストラン。素敵!

b0173754_1117244.jpg


b0173754_11174712.jpg


ランチ・メニューは、インド料理のサモサみたいなフライとモロッコを代表するタジンという
土鍋料理。

b0173754_11182850.jpg


鍋の中身はイカ飯でした。


b0173754_11184582.jpg


レストラン屋上からの眺め。

b0173754_11194451.jpg


3人で日光浴タイム。左より、K子・S子・Yuki
 004.gif

b0173754_11204168.jpg


午後の観光は、ムーレイ・イスマーイール廟。
1666年~の第2代スルタン(権力者)イスマイルの墓が安置されているモスク。

b0173754_1121223.jpg


b0173754_1122915.jpg


b0173754_11224414.jpg


フランスびいきだったイスマイル、煌びやかな王都の建築を夢見て作られた建築という。

b0173754_11232562.jpg


b0173754_11234921.jpg


奥には、イスマイルの眠る部屋があり、珍しく、祈りの部屋も撮影可でした。
畏敬の念を込め祈った後、墓のある部屋を撮影すると連結オーヴが写る。

b0173754_11242880.jpg


メネスクで見かけた街の人々。

b0173754_1125597.jpg


次はモロッコ最大の古代ローマ遺跡、1997年、世界文化遺産に登録されたヴォリビリスへ。

b0173754_11254897.jpg


紀元前40年、ローマ帝国の属領だった町で、当時はここに2万人が住んでいたそうだ。
広大なオリーブ畑、小麦畑に囲まれている2359mの城壁。

b0173754_1126966.jpg


凱旋門、神殿、浴場、公共広場、オリーブ油の製造所、床のモザイクなど見事に保存されている。

b0173754_11272620.jpg


b0173754_11275491.jpg


b0173754_11282723.jpg


石柱(左端)の上にコウノトリの巣が。

b0173754_11291996.jpg


な~んの音もない“寂”を満喫し、しばし瞑想に浸りたくなるスポットでした。

b0173754_035580.jpg


再び高野を走り、今夜の宿泊地フェズへと向かう。

b0173754_0364373.jpg


夕日も美しく、こらからの道中に胸が高鳴る・・・・

b0173754_113228.jpg

                                 
                 056.gifフェズへつづく 
[PR]
Commented by junchico at 2009-10-05 22:11
それにしても
ゆきさんの写真はすごく、、ヒーリング効果がある気がします。
ということで
今日も一日ヒーリングな一日を過ごせそうです。
ありがとうございます!
Commented by junchico at 2009-10-05 22:15
たびたび、、すみませーーん。
びっくり、、
それにしても〜〜
の前に、、沢山コメントを書いたのですが
自分で消しちゃったのでしょうか?笑

ゆきさんとゆきさんのお友達の写真が
とても優雅で優しくて素敵
という事
そして、、前回のゆきさんのヒーリングをやらせて頂いた時から
なぜか、、ヒーリングの時にすごくすごくすごーーく
落ち着いてるんです。
ヒーリングをさせて頂く時は
たくさん、、
私がヒーリングして貰ってるんですね。
ありがとうございます!

という事で,,,
つづきの日記も楽しみです!

ありがとうございます。
Commented by yukistar88 at 2009-10-06 00:29
*junchicoさん
コメントありがとうございます。
なんだかとっても久しぶりな気分でした。

友達の写真、優雅&素敵、伝えておきます。ありがとう!

ヒーリングはやはりお互いに行われるということで、
私もjunchicoさんからのヒーリングとメッセージを
受け取る度に安堵を感じ癒されております。

このエネルギー、永遠でありますように・・・。永遠ですね。


by yukistar88 | 2009-10-04 11:52 | 世界の旅 | Comments(3)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧