②.モロッコの旅(サンドベージュの迷宮都市フェズ)

9/22(Tue.)

フェズは、日本でいう京都・奈良のような古都。1200年前、モロッコ最初の王朝-イドリス朝
の都として造られた街で、世界遺産としては世界最大のメディナ(旧市街)がある。
そこには10万人が暮らし、周囲10kmに渡り、狭い路地が迷路のように入り組んでいる。

b0173754_711650.jpg


狭い路地が入り組み、ガイドなしでは迷子になりそう。

b0173754_721058.jpg


b0173754_724455.jpg


車・バイク・自転車も通れず、運送手段はロバと馬に頼っている。

b0173754_764893.jpg


モスクのミナレット

b0173754_78682.jpg


王宮の正門

b0173754_7906.jpg


ユダヤ人街(メラー)にて。
旧ユダヤ人移住区には、中世・スペインで迫害されたユダヤ人達がモロッコに移住して
きたが、今はほんの少人数しか住んでいないそうだ。そして、必ず旧ユダヤ人移住区は
王宮の隣に位置し、保護されているという。

フェズでの国家資格認定ガイドShimonさん。アラビア語、フランス語、英語のトライリンガル。
以前サッカー選手としてチームに属していたそうだ。邦画「デス・ノート」のこと知っていた。

b0173754_7103548.jpg


旧ユダヤ人移住区にたむろす老人達。

b0173754_7113261.jpg


デーツ専門店。
デーツとは、ナツメヤシの実をドライにしたもので、紀元前6千年頃、メソポタミヤ・古代
エジプトで栽培されていたそう。ミネラル・ビタミン・食物繊維が豊富で、干し柿に似た味。

b0173754_7151148.jpg


豆・小麦粉・穀物専門店。

b0173754_71635100.jpg


メディナ内の様子・・・

b0173754_7173634.jpg


車が通らないので、安心して子供も遊べる。

b0173754_81056.jpg


スークでは、カラフルなモロッコ式スリッパ(バブーシュ)も売られている。(左端)

b0173754_7182626.jpg


ブー・イナニア・マドラサ、マリーン朝最大の神学校。
中央の水盤は、学生が授業や祈りの前に身を清めるため使用。
大理石の中庭、壁面の彫刻、タイルのモザイクが美しい。

b0173754_720379.jpg


旧市街中央に建つ緑色の屋根がシンボルのカラウィーン・モスク。2万人以上収容可能。
カラウィン・モスクの中庭は、アルハンブラ宮殿にある獅子をパティオを模したもの。

b0173754_721631.jpg


道端で見かけた支え合う2匹の子猫。たくさんの猫と遭遇した中で最も印象的!
弱き者を支え助け合う。この姿はモロッコ人を象徴しているかのようで、胸を打たれた。007.gif

b0173754_7215389.jpg


吸い込まれそうに幻想的なモスク。

b0173754_7223058.jpg


ベルベル人(モロッコ先住民)宅にて、本格的なミントティをいただく。063.gif
菓子と一緒にいただき、日本の茶道と通ずるものも。

b0173754_7244298.jpg


b0173754_725212.jpg


ご主人のティ・セレモニー。手前の白いとんがりは砂糖の固まり。

b0173754_7261558.jpg


お礼に、ご主人の演奏にて、K子、ベリーダンス披露!070.gif

b0173754_727358.jpg


皆でモロッコの楽器を持って、ベルベル人ご夫妻と記念撮影。

b0173754_1291037.jpg


モロッコの特産品、銀・銅食器と皿など。

b0173754_7282216.jpg


タイルと陶器の工房見学。

b0173754_7291252.jpg


b0173754_7295699.jpg


お待ちかね本日のランチ!天井高いレストランで。

b0173754_7323448.jpg


チキンのニンジン・ポテト煮込みタジン。

b0173754_7583249.jpg


タンネリ(なめし革工場)。フェズのタンネリは500年の歴史があり、職人達が手作業で
革をなめし、染色している。染料の入った桶は100以上並ぶ。革の独特な臭いが鼻につく。

b0173754_7333547.jpg


b0173754_7335446.jpg


夜はモロッコ民族音楽、民族舞踊、ベリーダンスショー鑑賞。

b0173754_734291.jpg


正直ベリーダンスは、トルコやエジプトと比べると、レベルが低いらしい。う~ん。015.gif

b0173754_7345094.jpg


サンド・ベージュの街並みフェズ、歴史感じるロマンと活気ある土地でした。
このメディアを歩きながら、中森明菜の歌、「サンド・ベージュ」を思い出しましたね。

060.gif懐かしい!中森明菜の「Sand Beige」:

9/23(Wed.)

午前9時出発、約8時間ドライブにて、サハラ砂漠に近い街エルフードを目指す。

b0173754_7465659.jpg


                              056.gifアフリカ大陸の大自然につづく
[PR]
Commented by あや at 2009-10-08 12:36 x
写真がどれもとてもステキで、まだ行ったことがないだけに余計興味津々! 
毎回ワクワクしながら拝見しています。

タジン料理(前から知っているのでとても憧れてます!)もミントティーもおいしそう~♪
K子さんのベリーダンスも素晴らしい!! わたしも観てみた~い!
これぞ真の文化交流ですね。

それにしても8時間のドライブとはスゴイ!! おもっていたよりも国が広い
ということでしょうか。 でもこんな広大な景色を見ていたら飽きないかも
しれませんね! 続きを楽しみにしています。
Commented by S子 at 2009-10-08 15:41 x
前回のブログの写真の真ん中のS子です(笑)
Mよりこのブログの方が写真が大きくていいじゃないですか?
あー何度見てもアラブのインテリア・食器・建築物にうっとりです。
メッラーの老人たちもすごく雰囲気出ていて素敵です。
Fezではあまり買い物できなかった、というか絨毯や陶器のセールスばかりでしたね。 
ただストールは私にとってのヒット商品、その後のモロッコの旅で大活躍でした。
ベリーダンスのおばちゃん(うちらより若いが・・)もよかったよ。
いい思い出です♪
Commented by yukistar88 at 2009-10-08 22:49
*あやさん
いつもありがとう!
タジン料理、この旅の前に知ったくらいです。
日本でも流行っているのだとか・・・。

ミントティーは粋な緑茶の飲み方だと思いました。
そうK子さんのベリーダンス、外国人が日本に来て、日本舞踊する感覚ですね。

そうなんです。長時間ドライブ!
違う土地での景色の移り変わりを見ていたら全く飽きませんでした。
Commented by yukistar88 at 2009-10-09 03:45
*S子さん
こちらへもありがとう!
そうなんですね。写真の画質、こちらの方がいいです。

食器もインテリアも全てセンスよく、もしかしたらFezの方が
いいものあったかもしれませんね。
Fezで購入した赤いストール、あれは”good”でしたね!

人物撮影は苦手なので、何気に撮るようにしています。
K子さんは得意なんやけどね・・・。

①.日記のコメントより、「S子&K子さんもとても優雅で優しくて素敵」とのことです。
嬉しいでやんす。
Commented by つぃえむ。 at 2009-10-11 04:03 x
やっぱり、ブログの写真のが大きくって見やすいですね〜!!!
で、なんか、より、伝わって来る。。。

もんで、こっちも来てしまいました!!!
さらに、クリアで、またまた写真を楽しんでしまいました!!!
Commented by yukistar88 at 2009-10-11 13:12
*つぃえむ。さん
毎度ありがとうございます。

そのようですね。写真好きとしては、このブログの方がええようです。
しかし、ダウンロードに時間がかかるのが、ちょっと・・・(難)
依然マイピクチャに動画がアップできまへん。トホホ・・・。
Commented by あや at 2009-10-11 13:15 x
Yukiさん、わたしもまたまたしつこく登場です(笑)。
先日のコメント欄に書き切れなかったので。。

二匹、身を寄せ合うようにくっついている猫ちゃんたち、
メチャメチャ可愛いですね~!!
目が釘付けになってしまいました。

それと中森明菜のサンド・ベージュ!!!
なつかしすぎです~! わたしもこの曲、当時好きでしたよ。
ワ~、よくぞ思い出してくれました(笑)。

そういえば。。 わたしは子どもの頃からアラビアンナイトの話が
大好きで(特に「アラジンと魔法のランプ」!)、こういう世界に
昔から憧れていたんです!
それともう一つ、これは関係ありませんが、日本の神話系(例えば
「やまたのおろち」とか「いなばのしろうさぎ」など)も大好きでした。
考えてみれば不思議というか、面白いですね。。
Commented by yukistar88 at 2009-10-12 02:20
*あやさん
何度でも登場してやってください。
猫ちゃん、哀愁漂っているような勇気付けているような・・・です。
明菜のヒット曲は、リズミカルでいいですよね。
「サンド・ベージュ」モロッコで思い出してよかった!

アラビアンナイトが好きなら、これから出てくるシーンはワクワクすると思います。
私もアラビアン・ナイトも日本の神話も好きですね。
日本の神話の方は、やはり飛鳥時代ではないでしょうか?
あやさんも古い魂なんでしょうね。クフッ
by yukistar88 | 2009-10-08 07:49 | 世界の旅 | Comments(8)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧