③.九州パワースポットの旅(高千穂編)

2つ前の日記②.九州パワースポット(黒川温泉&阿蘇編)の続きになります。001.gif


*11/26(Thur.)
ネット予約したホテル・グリーンピア南阿蘇は山の中腹にあり、阿蘇五岳眺望できる
ナイスなロケーション。

b0173754_12555969.jpg


早朝目覚め、窓から見える朝焼けは美しい。この日もポカポカと暖かい一日でした。

b0173754_12553047.jpg


あまり時間がないこともあり、3人でTaxiにて、5時間半の間に私達の希望する目的地
(白川水源-幣立神社-高千穂峡-高千穂神社-天の岩戸/天安河原宮)を周った。

ドライバーのオジサンは、元トラック運転手で若い頃は日本全国を走っていたらしい。
親切に観光案内、オジサンの熊本弁を聞いていると、武田鉄也が浮かんでくる。


*白川水源:名水百選で阿蘇を代表する高波動の湧き水。

b0173754_1257369.jpg


この水源は数ある湧水の中でも、代表的な湧水で、熊本市の中央を流れる一級河川・
白川の水源となっている。 阿蘇山と南外輪山に囲まれた南阿蘇村は、至るところから
大小さまざまな水が湧き出し、「水の生まれる里」と呼ばれている。

b0173754_12575998.jpg


水源を覗くと、地底から水が湧くのが見える。そこに手を当てるだけでもビンビンと
エネルギーを感じられる。私たちも空のペットボトルにお水を汲んでいく。
清いお水のある生活は理想。

b0173754_12565542.jpg


*白川水源リンク



*幣立神社:日本の有名なパワースポット。

b0173754_12591676.jpg


日本の中央構造線は、茨城県の鹿島神宮に始まり、長野県の諏訪大社、
愛知県の豊川稲荷(妙厳寺)、三重県の伊勢神宮、和歌山県の高野山、
奈良県の天河神社、愛媛県の石鎚山、熊本県の阿蘇山、そして熊本県の
弊立神宮(へいたてじんぐう)とされ、パワースポットと呼ばれているようだ。
また、レイライン(太陽の道=光の道)は、千葉県の上総一の宮、神奈川県の
寒川神社、富士山頂と富士浅間神社、身延山久遠寺の奥の院にあたる山梨県の
七面山、滋賀県琵琶湖の竹生島、鳥取県の大山、島根県の日御碕神社
(ひのみさきじんじゃ)などなど、有名な神社や霊山が東から西へ一直線に
並んでいる。なので今回、寒川神社も参ることになったのでしょうか。

b0173754_1303398.jpg


レイラインと中央構造線:古代の人々は、聖地や霊山はパワースポットであり、
不思議なエネルギーがあることを知っていたので、そこに神社・仏閣・宗教施設を
建造したわけだが、近年の学術調査によると、世界各国のレイラインが、大きな
断層と重なっていることが多いということで、そのレイラインの聖地や霊山に
分杭峠と同じゼロ磁場が存在しており、その地点では自然界の『氣』の
エネルギー、つまり宇宙エネルギー(プラーナ)、高次元のエネルギーが
放出されていると科学的にも研究されている。
こういった高次元の宇宙エネルギーであるゼロポイント・エネルギーが発生
している場所、そこで人間が高次元(神)と接触し、同時に高次元のエネルギーを
受け取る貴重な場所でもあることを思い出す時が来ているのでしょうね。


b0173754_131347.jpg


*弊立神社にある「水玉の池」
社殿左脇から階段を下り山道を進むと「東御手洗と」呼ぶ岩清水が流れ出る池がある。
太古から八大龍王が鎮まる所とされ、北辰妙見(天御中主大神と同一)の大神が
祀られている聖地。

b0173754_1321093.jpg


竹筒から流れ出る神水は左右に2ヶ所あり、左側の方がおいしいそうだ。

b0173754_1314718.jpg


ここでは青い光がよく写る。


b0173754_133122.jpg


高千穂まで行く道のりで林業のことに触れ、九州では山崩れを防ぐためにも杉の木の
伐採をする必要があり、この杉の木が大量に余ってしまい使途先もなく問題に
なっているという。ここで割り箸による木の不足説と反する事実、真実が伝わって
いないことを知り、エコ箸の必要性はどうなのか?と疑問に思ったのだが・・・。
大量の杉の木を何かに利用できないものか?

b0173754_1334681.jpg


・・・・と思っていたら、タイミングよくニュースで、「林業の間伐対策と森の再生計画」の
ことが流れた。山崩れだけでなく、二酸化炭素減少のためにも間伐は必要で、間伐
することで木の成長もよくなり、二酸化炭素吸収率が高まり、20年で1/8に減少が
見込めるそうだ。ただ間伐にかかる費用が1兆円以上になるそうで、今、空港などで
その寄付金を募り、森林の自治体へ寄付されるシステムになっているとのこと。
そして間伐材の再利用として、小規模ダムや橋などがあげられ、コンクリートとさほど
変わらず耐久性があり30-50年はOKと。治山ダムと呼ばれるものは木造住宅の
10軒分に相当するというだ。これで木材も無駄なく再生されるといいですね。

b0173754_134731.jpg


*高千穂峡:
今回は高千穂峡まで行く予定ではなかったが、宿が南阿蘇に位置していたことで
可能に。
高千穂峡(五ヶ瀬渓谷)は約12万年前と約9万年前の2回の阿蘇火山活動の際、
噴出した溶岩流が五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷却された侵食谷で、
昭和9年に国の名勝・天然記念物に指定されている。

b0173754_1343653.jpg


この溶岩が急激に冷却されたために柱状節理となったらしいが、見事な懸崖。
高さ80m~100mにものぼる断崖が7kmにわたり続いており、これを総称して
五ヶ瀬川峡谷(高千穂峡)と呼ぶそうで、私はここに来るまで高千穂峡とは、
てっきり数kmに渡り川下りができると思っていた。

b0173754_1351923.jpg


高千穂峡では、貸しボートで「名勝真名井の滝」に近づくことができる。
丁度、紅葉の季節でやや混雑していたが、夏は更に大混雑で駐車場が
大混乱になるという人気ぶり。

b0173754_1354428.jpg


タクシードライバーの配慮で、高千穂神社へも寄ってくれた。
夫婦杉は高千穂神社主祭神であるミケヌノミコトとウメヒメノミコトが八柱の神を生み
、十社大明神と称して高千穂郷を治めたことから縁結び、子授けのご利益があると
される杉の木。(右) 根元が一つになって如何なる事があっても別れられない形を
現していると記されていた。


b0173754_1361526.jpg

                  
*天岩戸神社&天安河原宮:
天岩戸神社鳥居前にある手力雄命(タヂカラオノミコト)の像と神楽殿。

b0173754_1371085.jpg


b0173754_13115045.jpg


丁度、着くなり20分のツアーが始まっていたのでジョインする。
天岩戸神社は岩戸川の深い渓谷を挟んで東岸の岸壁の中腹にあり、天岩戸の周辺は
雑木で覆われ、黒い岩肌にぽっかりと空いている洞窟だが、残念なことに撮影禁止。

日本には「天の岩戸」と呼ばれる場所は、ここ宮崎県西臼杵郡の高千穂以外に、
岩手県気仙郡、大阪府交野市私市(かたのしきさいち)など日本国内数ヶ所あるようで、
2001年7月26日、三重県志摩市の「天の岩戸」を訪れていた。志摩の天の岩戸に
ある湧き水も天然水として名水百選にも選ばれている。あの時私は同行したK子さんと
神話通りに岩戸の前にて踊り、その直後に洞穴の写真を撮ると、美しい紫色の光が
写っていた。紫色は神道でも高貴な色とされていて、あの日は朝からどんより曇り空
だったが、その後、雲の隙間から太陽の日が射し、神話通りに正に天照大御神の
お出ましとなったのだ。

                    三重県志摩市の「天の岩戸」
b0173754_13122176.jpg

              
同行したアヤさんのリサーチのお陰で、天安河原(あまのやすかわら)宮へも行ける
ことになった。天安河原(あまのやすかわら)は、 西本宮から岩戸川を500mほど
遡った所にある河原で、岩戸隠れの際に八百万の神々が集まって相談した場所で
あると伝えられている。河原の途中にある橋を渡った後から空気が変わり、虹色の光も。

b0173754_13141693.jpg


b0173754_13144413.jpg


b0173754_13153250.jpg


奥に洞窟仰慕窟(ぎょうぼいわや)が有り、その中に天安河原宮がひっそりとたたずんでいる。

ここに来てわかったが、前から行きたいと思っていたスポットでした!

b0173754_1316881.jpg


そこに祀られている神様が八百萬神ということで、石を積んで願い事をすると沢山の
願い事が叶うといわれ、私達も同様に小石を積んでみた。ここは別世界・別次元なる、
すごいところでした!

b0173754_13163587.jpg


最後に立ち寄った、「トンネルの駅」のお土産屋さん。
ここ「トンネルの駅」は、旧高千穂鉄道(延岡・高千穂間)を熊本県の高森まで延長
しようとする計画がありトンネルを掘りながら途中で立ち消えになってしまい、
今は地元の酒造会社の焼酎の貯蔵庫になっている。折角なので、薩摩名物-
芋焼酎(小)を1本お土産にゲット!

b0173754_1317782.jpg


b0173754_13172610.jpg


ikoさんとアヤさんは、熊本空港より東京へ。わずか2泊という駆け足での黒川温泉&
南阿蘇・高千穂の旅でしたが充実にてありがとう!楽しかったです。

私は一人熊本駅へ。列車の発車まで15分あり、折角なので熊本らーめんを食べる。
さすが本場のとんこつスープはまろやか!

b0173754_13182840.jpg


特急列車で鳥栖へ向かう。
夕景の有明海も美しく、あれは普賢岳かな?と車窓を楽しむ。

b0173754_13204474.jpg


鳥栖駅では初対面の知り合いが迎えてくださり、彼女の車で別の友人宅へ。
温かい御持て成しなど、ゆずちゃん(コーギと柴のミックス)芸も楽しませていただき、
お世話になりました。

b0173754_13215520.jpg


11/27(Thur.)
ここのご主人の趣味はガーデニング、石楠花の大ファンということで、この時期、
唯一咲いていた一輪の石楠花を見られてラッキー!

b0173754_13265081.jpg


九州地区の知り合いと6人で、小石河原焼発祥の地へ。
窯元巡りも出来るそうで、古風な瓦葺屋根の窯元訪ねる。

b0173754_13404160.jpg


天井から吊り下げられた囲炉裏は迫力!陶器と囲炉裏の和のハーモニーに魅了。

b0173754_13411878.jpg


ここのオーナーによる秘伝の手作りこんにゃくも美味しかった。雑誌にも掲載されている。

b0173754_13421064.jpg


ランチは田舎料理に舌鼓。こういった純和風-精進料理は日本人として嬉しい!

b0173754_13423695.jpg


博多駅までの途中寄り道した福岡県篠栗町にある「第一番札所[総本寺南蔵院]」。
丁度、紅葉が綺麗でした。

b0173754_13432685.jpg


しかし、新幹線の発車時刻まであまり時間がなく、急がないといけないことに気付き、
高速飛ばし、なんとか博多駅発車1分前というギリギリ乗車できたのでした。危な~042.gif

お陰様で、九州-大分・熊本・宮崎・福岡県と4県のパワーポイント巡り、充実の旅でした。


11/27-29、広島の親戚宅へ。

b0173754_13441513.jpg


庭に咲くゆずの木。今年は例年より実が多く、黄色いそうだ。

b0173754_13444047.jpg


今回も日本の美味しいエネルギー充電し、12/3、無事NYに戻りました。ありがとう!029.gif
[PR]
Commented by つぃえむぃいい。 at 2009-12-31 19:50 x
わほーーーーー!!!
今回は、水がとっても印象的な旅ですねっ!!!
見ているだけで、なんだか、清らかになった気分でっす。でへへへ。
ありがとございまっす。

ゆずちゃんもかわえええええし、ゆずの実も黄色い実がさわやか〜!!!

日本の夕日?(朝日?)も、美しいですねっ!!!
Commented by yukistar88 at 2010-01-01 08:57
*つぃえむぃいい。さん
もうすぐ新年ですね。昨年はお世話になりました。
今年はお会いできるでしょう。どうぞよろしく!

地底から湧くお水を飲料できるなんて羨ましいですね。

ゆずちゃん、甘えん坊さんみたいで。芸しながら横目で餌を追っているのがおかしー。

朝夕日、両方あります。空の色も美しかー。ばってん。
by yukistar88 | 2009-12-31 13:55 | 世界の旅 | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧