①.中南米ベリーズの神秘スポット ブルーホール

*2010年
寒いNYを脱出し、3/4-9とメキシコの南、「カリブ海の宝石」と呼ばれている
ベリーズへ行ってきた。
家族の静養なるバケーションとなったので、ほとんど一人での行動でした。
b0173754_10534893.jpg

中でも一番目的地のブルーホールへ行くことができたので、そこで祈り、
大いなる海のエネルギーを肌で感じてみた。
b0173754_105484.jpg


*3/4(Thur.)
飛行機に乗る時は、いつも龍神様に安全祈願をする。
マイアミまでの飛行中、筋雲ばかり続き、龍の姿に見えてくる。
b0173754_10542978.jpg

b0173754_10552127.jpg

NYからは直行便はなく、マイアミ経由にてベリーズシティへ。
b0173754_10554543.jpg

そこから更にセスナ機で15分。
b0173754_10561857.jpg

カリブ海に面したサンペドロ島にスティする。
b0173754_10564778.jpg

ベリーズの内陸部には、Rain Forestやマヤ文明の遺跡が点在しているが、
今回は世界遺産に指定されている世界7大水中景観の一つ
“ベリーズ珊瑚礁保護区”へ。
ここはオーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ世界第2位の規模。
b0173754_10571746.jpg

セスナ機から見下ろす広大な珊瑚礁の鼓動を感じ、この大自然を
みていると感謝と歓喜に溢れてくる。
b0173754_1057443.jpg

珍しいもの発見!海の中の一軒家?
b0173754_10581298.jpg

と牽引式貨物船?
b0173754_10584764.jpg

ホテルのスタッフにツアー日程を尋ねると、ブルーホールへの
スキューバー&シュノーケリングツアーは週1回しか遂行されず、
それが翌日だという。
それを逃したら今回は行けなくる。早朝5時半集合の戻りが夕方5時半と
いう12時間ボート上で拘束されるのと、ブルーホールまで高速ボートで
約3時間かかるということで、着いた翌日はいきなりなので、
心の準備がまだできていない。
当然今のパートナーの体力ではそこまで長時間は耐えられそうになく、
断念かと思いきや、パートナーの「ブルーホールにいくために来たんでしょ?!」
という言葉に押され、私一人で申し込む。そういうことね。

*3/5(Fri.)
5:30am、ホテルの桟橋までツアーのスタッフが迎えに来てくれ、
中型ボート乗り場へ移動。寝ぼけまなこのまま小型ボートに乗った私は、
呆然と真っ暗な海を見ていた。魚達も眠っているようだ。

b0173754_10594912.jpg

6:00am、中型高速ボート(27人乗り)はブルーホールへ向け出発。
ツアー客は全員で10名、スタッフ3名。私以外は全てスキューバー・
ダイビング目的だ。高速ボートのスピードは約30ノット=時速55-60kmだが、
水上での時速55kmはかなり速い。

b0173754_1104846.jpg

6:30am、朝日が昇るが曇り空のためよく見れず。
最初緊張していたが、目的地までの3時間は長く、途中から居眠りをする

b0173754_1111616.jpg

目が覚めると、いつのまにか目的地憧れのブルーホールに到着したようだが、
上空から見るのと違い水面からでは実感がない。

b0173754_1114723.jpg

ダイバー達のブリーフィングが始まる。

b0173754_112645.jpg

通称「グレート・ブルー・ホール」は、直径305×深さ123m。
もともと洞窟だったらしいが、海面上昇によって洞窟の天井部分が陥没し、
巨大な縦穴になったと考えられ、現地の人々には「海の怪物の寝床」と呼ばれ、
ダイビングでは45m潜るのが限界らしい。
世界一のブルーホールは、バハマ、クラレンスタウンの湾の西に位置するディーンの
ブルーホールで、直径100m×深さ202m。

         上空から見たベリーズのブルーホール:
b0173754_1131899.jpg

      *ベリーズのブルーホールについて:

      ダイバーチームの準備も整い・・・

b0173754_1142375.jpg

      一人一人海へ飛び込んでいく。緊張の一瞬・・・

b0173754_1144039.jpg

              ブルーホール上に漂うダイバー達

b0173754_1155344.jpg


そしてシュノーケリング・チームもいざブルーホールへ。
といっても私一人なんだが・・・。
ブルーホールのエッジのリーフ沿い水深2-5mを潜る。

              ***ここから水中カメラで撮影***
海草や珊瑚も生き生きと呼吸をしている、その美しさにも感動。

b0173754_1175259.jpg

b0173754_1182187.jpg

これはスポンジだそう。

b0173754_1185677.jpg

同行してくれたスタッフは口で泡をつくり水中に放つ。

b0173754_11101471.jpg

泡の輪は水中でキラキラ光って神秘的。

b0173754_11104284.jpg

スティングレイもいる。

b0173754_11111365.jpg

バラクーダーは大人しくジーとしていた。

b0173754_11115336.jpg

ブルーホールの中央へ移動すると、ダイバー達も浮上してきていた。

b0173754_11121822.jpg

とそこに大きな魚が目の前を通り過ぎる。これってサメじゃ!
「サメがいるなんて聞いてないよ~。」人生初の野生サメと一緒に泳ぐことになる。
襲わないのか尋ねると、餌付けしていれば大丈夫だそうで、餌はなんとスイカでした。
光が深海へ向け、キラキラと垂直に差し込んでいるのが印象的でした。042.gif

    (水槽じゃなく水中での撮影)
b0173754_11131197.jpg

スイカをパクつく魚たち。

b0173754_11134543.jpg

別のポイント浅瀬でもサメと泳ぐが、なるべく近づかないでいた。白目が怖い!

b0173754_1114281.jpg

b0173754_11145392.jpg

海亀やスティングレイ、シャークと同じ水域で全て見られるスポットは珍しく、
充実している。

b0173754_11151221.jpg

少し離れた地点から見るブルーホール。

b0173754_11154067.jpg

興奮さめやらぬうちにと、歴30年のダイバー一人にどうだったか尋ねると、
中は洞窟のようになっていて、暗くてよく見えずライトを照らしたとのこと。

↓このサイトからブルーホールの内部が見られる。
*ブルーホール特集{Great Blue Hole, Belize}:

私らのボートと同じサイズのボート、あちらはフィッシング・チームでした。

b0173754_1117156.jpg

持参した海と同系色のブルークリスタル、海と日光浴で浄化する。

b0173754_1118366.jpg

第2ポイントでのダイビングも終えランチタイム。 
          食後は無人島Half Moon島散策。

b0173754_111936100.jpg

b0173754_11195833.jpg

美しいビーチに見とれ奥へ進むと、カサッと動く物体が目の前に。
「ギャッ、イグアナ!」しかもでかい!体調1mはあるが大人しい。
「こんにちは、お邪魔しています。」とご挨拶。こんなでかイグアナは初めて。

b0173754_1152335.jpg

Half Moon島は30分も歩けば島の端に行き着く。ビーチの透明度もいい。

b0173754_1121935.jpg

b0173754_11212768.jpg

島の奥地へ向かうとキャンプ村がある。こんな大自然の中でのキャンプは憧れるな。

b0173754_11221916.jpg

そして、この島は野鳥、主にグンカン鳥の宝庫。
空中にはたっくさんの野鳥が飛び交う。

b0173754_1122471.jpg

喉をオレンジ色に膨らませているのがオスということで、圧倒的にメスが多いようだ。

b0173754_1123591.jpg

ベリーズ珊瑚礁保護区に浮かぶ小さなHalf Moon島は、正に魚と野鳥のパラダイス。

b0173754_11235873.jpg

3スポットのダイビングを終え、5:30pm、無事ツアーも終わる。
約12時間、共に過ごしたダイバー達とも仲良くなり記念撮影。
ラム・パンチが効いたかも。069.gif

b0173754_11262842.jpg

フィッシング・チームが収穫した魚。その魚を狙うぺリンカン達。

b0173754_11294353.jpg

               
ダイバーの憧れのスポットでもあるブルーホールは、自然が織り成した神秘的地形。
今回、自分の選択でなくして決まった目的地訪問だったが、とてもパワフルな
エネルギーをチャージした気がする。

私は前から深い海に対し恐怖感があり、シュノーケリングをしている時でも
時々不安になることがあるのだが、このブルーホールにおいては全くその感覚がなく、
”守られている”という安心感の中、潜ることができた。
そんな海の聖地というべくブルーホールに立ち、東にハイチ、南にチリに向け
三角地点ともなるベリーズにて、そして地球全体にも祈りました。072.gif

b0173754_1131404.jpg

短期滞在中での凝縮したスケジュール、次は隣の島”Cay Caulker”を訪問する。

b0173754_11312150.jpg

                                   つづく
[PR]
Commented by AYA at 2010-03-12 22:52 x
Yukiさん、お帰りなさい! また素晴らしい旅をされたようですね。
ブルーホールなんて知りませんでした。 その分よけい感激しながら
美しい写真の数々と日記を拝見しました!
わたしは耳が悪くて水に入れないので、その点うらやましいです。
そして何よりその勇気に感服です!!

ブルーの世界はやっぱり何ともいえず美しくて癒される感じで最高
ですね♪
カリブの海にお祈りを捧げてきてくださったとのこと、心から感謝です!!
続きも楽しみにしています。 
Commented by kAORI at 2010-03-12 23:13 x
旅行されていたのですね。お帰りなさい。
どの写真も澄んだブルーの海から潮の香りがしてきそうですね。ブルーホールは初耳です。
Commented by junchico at 2010-03-12 23:24
yukiさん

おはようございます!
素敵な旅の紹介ありがとうございます!
昨日のヒーリングで感じた事
なるほどなぁ〜っと思いました。
まさに地球の核と一体化してるというか
それがまさにゆきさん!っと言う感じでした。
そして、今思い出したのですが
色合いが(感じた)赤くて黒かったんですよね
太陽の光線はかんじませんでした。
だけれど、色合いや温度などとは関係なく
まろやかで優しく穏やかな愛という感じでした。
そして、、
それが風船というか丸いボールの様な感じになって
どんどん飛んで行く様も素敵でした。
多くの人にそれを届けてるゆきさんって感じですよね。

久々のヒーリングで緊張気味でしたが,,,笑
そんな事とスピリットは関係ない事を
再度、確認させて貰いました。
本当にありがとうございます。

しかし,奇麗な所ですね!!
ダイビング!元海が生まれてからやってないんですが
また、、そのうち温かい海でやってみたいです。
サメもまた、、怖がらないくて(怖いけど,笑)良い事を
学びました!
ありがとうございます。
Commented by AYA at 2010-03-12 23:31 x
Yukiさん、何度もすみません(笑)。 先ほど書くのを忘れてしまった
ことがあるのです!
あのきれいなブルーのクリスタルは何の石ですか?
あんな色をしたクリスタルがあるんだな~とおもって。。

アクアマリンではないですよね? けっこう大きな石ですよね?
とっても気になっているのでよかったら教えてください♪
よろしくお願いします。

Commented by yukistar88 at 2010-03-13 15:51
*AYAさん
ただいまー。あれよあれよという間に行ってきてしまいました。
わずか5日間だけでしたが、貴重な体験となりました。

ブルーは、水・地球の色ですから、自然の調和に癒されますね。
グリーンならベリーズの内陸部にあるCaveや遺跡、森林で味わえそうですね。
本来なら観光は、じっくり2週間くらいかけて、周る方がいいのでしょうけど・・・。

耳の問題で水に入れないのは気の毒ですが、水圧を感じないで入れる方法が発明されるといいですね。
実はまたまたクラゲに刺されてしまいました。
あと毎回のことで、海に入ると太陽アレルギーなのか、腕や手に真っ赤な
ボツボツが出来て、しばらく消えないのです。でも帰ると2日で治ります。

あのクリスタルですが、恐らく「Aqua Aura」じゃないかと思います。
海の色とシンクロしていたので、浄化してみました。
サイズは5-6cm程度です。
Commented by yukistar88 at 2010-03-13 15:58
*kAORIさん
コメントありがとうございまーす。
NYも少し暖かくなってきてホッとしましたが、またここ数日、
冬に逆戻りで、油断できないですね。

私もどこかにブルーホールはあるような・・・程度にしか知らず、
意外と知らない人が多いことに気付きました。

ブルーはとっても惹かれる色の1つです。氷のブルーさえゾクゾクします。

そう、ベリーズもブラジル同様にVISAが必要でした。
帰りはしっかり出国税もかかりましたし・・・。
スペイン語圏の中でも英語が話せる割合が高いので、観光はしやすいと思います。
kaoriさんもチャンスあればぜひぜひ、自然の宝庫ベリーズへ。
Commented by yukistar88 at 2010-03-13 16:05
* junchicoさん
毎回、ヒーリングをありがとうございます。
いいタイミングで、必要なメッセージをいただき感謝です。
なるほどと思う点ばかりで、聞きながら納得していました。
なぜ海で祈り・・・それで具体的にどうなるのかーて疑問もありましたが、
junchicoさんのメッセを受け取り、解りやすかったです。
振り返ると、今までもなぜか火山に呼ばれるがごとく、足を運んでいましたので。
ありがとうでございます。

ところで、ダイビングもやるのですね。もしやマリンスポーツ全般?
フィッシングもでしょうか。私は子供の頃、父に連れられよく釣りしていました。川も海も。
今はあまりチャンスないのと早起きが苦手でいけてないですけど・・・。

サメ・・・でもやっぱりあの大きな口の映像が浮かんできて、怖いですね。
動物ともうまくコミュケーションとれるようになったら、いいのかもしれませんが。

Commented by iko at 2010-03-14 02:48 x

いいね~いいね~
海の色と空の色とクリスタルの色の調和が
なんともいえませんね
そうそう、ダイバーの人たちとの記念撮影写真は
地元っぽい感じで初めて訪れたとは思えない雰囲気ですね
私も、もう一度、島に行ってみたいです。
シュノーケリングは怖いですね!
でも、神秘的な海底で瞬間(時)を過ごせる事は
宇宙的なことなんですよね
Commented by yukistar88 at 2010-03-14 04:07
*ikoさん
カリブ海での有難いバケーションでした。
私にとってもタイミングいい休暇となりました。
ま、毎日が日曜日みたいなものですけど・・・。

ダイバーは、皆アメリカから来ていた人ばかりで、私も男の部分があるせいか仲間って感じ?!

本当、スキューバーできる勇気あったら、深海へも潜って別世界を覗いてみたいですね。
登山も魅力的だし・・・「アウトドアは、いいね~!」です。
Commented by 短教 きた at 2012-01-13 11:43 x
学校の授業でhp制作があるのですが、このhpのブルーホールの画像を使用してもいいですか?上からみたブルーホールの画像がなかなかなくて…。
よろしくお願いします!
Commented by yukistar88 at 2012-01-13 14:34
*短教 きたさん
はじめまして。
上空からは、自分では撮影できなかったので、
ポストカードを撮影したものですが、どうぞ!
by yukistar88 | 2010-03-12 11:44 | 世界の旅 | Comments(11)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧