①.折鶴と共にエジプトへの旅(カイロ市内&ピラミッド編)

*9/19-10/2、今回のエジプトの旅は、今まで体験したことない気温40-46℃の中での移動、
砂漠での灼熱の太陽を肌で感じたりと結構大変だったが、スケールの大きい古代エジプトの
遺産の数々の見学、アフリカ大陸の自然と現地の方々との触れ合いなど貴重な体験となった。
b0173754_143842.jpg

カイロ市内観光、ギザのピラミッド、ナイル川上流のルクソール、アスワン、アブシンベルの
神殿巡り、バハレイヤとワディ・イル・ヒタンの砂漠地帯、シナイ半島の紅海沿岸シャルム・
エル・シェイクとシナイ山登山という強行スケジュールでしたが、怪我・事故なく旅を終えら
れたことに感謝します。
b0173754_2153917.jpg

また、折鶴大使であるK子さんも同行したことで、エジプト人へも平和のシンボル「折鶴」も
紹介したので、その模様も紹介します。

ということで、早速、最初に出会ったエジプト人のドライバーの方とガイドのアブドさんへ折鶴を。010.gif
「平和」のシンボルである折鶴、アラビア語で「平和」を「サラーム」というそう。
アブドさんの名前にもサラームが入っているそう。


b0173754_142330.jpg

b0173754_1422115.jpg

































*9/21(Tue.)、
ますカイロ市内観光からスタート。午前7時半にはホテル出発。
カイロ市内には信号がほとんどなく、横断歩道もないので、歩行者が道路を渡るのは至難の技。
朝のラッシュ時のカイロ市内、バスを待つ人々は、皆同様にバスの来る方向を見ている。
b0173754_3403454.jpg

b0173754_341114.jpg

常に交通渋滞なので、排気ガスによる大気汚染と砂漠からの砂も混じってか、
街全体埃っぽい色のスモッグに覆われている。
b0173754_343639.jpg


カイロ市内で見かけたもの。日系企業の看板もあちこちに。
b0173754_1435894.jpg

b0173754_4461719.jpg

野良犬は少なく、猫は神の使いという意味があり、大事に扱われる。
b0173754_1443570.jpg

決してセンスいいといえない派手なマネキン人形のディスプレィ!
b0173754_1444987.jpg

イスラーム地区の南東、モカッタムの丘に立つ城壁シタデル。
朝一の太陽はゴージャスでした!
b0173754_148681.jpg

ガーマ・ムハンマドアリ・モスクは、1857年完成したビサンチン(オスマン・トルコ)様式のモスク。
ドームの上に月型の印があるものは、モスクを意味する。
b0173754_1482995.jpg

回廊にも年季を感じる。
b0173754_2364070.jpg

トルコ、イスタンブールにあるブルーモスクにも似ているが、ここの方が厳粛なムードに
包まれている。ドーム型の天井、シャンデリアとランプのインテリアは美しい!
b0173754_2493591.jpg

b0173754_2354077.jpg

b0173754_1512627.jpg

ゲゲゲの鬼太郎に出てくるネズミ男の衣装は、イスラム教徒の聖服に似ていると思った。
b0173754_1519138.jpg

次は、私たちが観光リクエストしたオールド・カイロにあるコプト教会へ。右は聖ジョージ教会。
b0173754_1514899.jpg

エジプトはイスラム教の国だが、人口の2割はキリスト教徒だそうで、コプト教とは
原始キリスト教会の流れをくんでいるもの。これはエル・ムアッラカ教会の門。
b0173754_1522518.jpg

684年建設の聖バーバラ教会は、エジプト国内では最大規模の教会。
b0173754_1525719.jpg

礼拝堂に注ぐ光が美しく幻想的。
b0173754_1533770.jpg

ステンドグラスの反射は卵型・・・。026.gif
b0173754_1544699.jpg

この地区は静寂で、守られている感じがしました。

そしていよいよギザの三大ピラミッドへ。さすがに大勢のツーリストで賑わっている。
b0173754_156723.jpg

今から約4,500年前に古代エジプト王国第4王朝時代に造られたピラミッド。
ピラミッドは、人間の意識を目覚めさせ、刺激し促進する力があるといわれる。
b0173754_1565663.jpg

第1(大)・第2(中)・第3(小)とあり、第1ピラミッドはクフ王、第2はカフラー王、
第3はメンカウラー王となっている。第1のクフ王ピラミッドの高さは元は146m
あったが、過去の地震で頂上部が崩れ、現在は136mしかないそうだ。
b0173754_1572360.jpg

クフ王ピラミッド内部は午前・午後と各150人限定とかで、私たちは真ん中の
高さ143mのカフラー王ピラミッド内を見学。かがまないと通れない程の
低い通路、内部は蒸し暑いので往復20分で十分でした。内部は撮影禁止。
カフラー王ピラミッド内で降りてきたメッセは、「復元・再生と調整」でした。
b0173754_1575389.jpg

このピラミッド内でエネルギーを十分感じ、受け取りました。

そこから車で数分移動したところにあるスフィンクス。
全長57m、高さ20m、頭はカフラー王に似せて造られた説もある。
b0173754_1592085.jpg

本来はエジプト神話の生物で、王家のシンボルとして、ファラオや神を守護する王の
偉大さを現す神聖な存在。
「スフィンクス」とは英語読みで、古典ギリシア語ではスピンクスといい、古代エジプト
本来の名は不明だが、ギリシア語名は古代エジプト語シェセプ・アンク(szp 3nh,
シェセプ=姿・形 アンク=再生・復活の神 「アンク神の像」の意)に由来する説がある。
b0173754_1595411.jpg

お遊びショットも流行っていたので・・・スフィンクスとKiss!エへへ010.gif
b0173754_204583.jpg


そして、エジプト考古学博物館見学。
b0173754_212534.jpg

ここには、貴重なツタンカーメン王の秘宝の数々が展示され、有名なツタンカーメン王の
黄金マスクや黄金棺やミイラなど、一通り見学するには時間が足りない。
b0173754_223187.jpg

というか、館内はエアコンが効いていないので、結構蒸し暑く、長居できなかった。
そしてMuseum内撮影禁止にて、カメラ持ち込み禁止で、入り口で預ける。

エジプト考古学には、早稲田大学古代エジプト考古学調査隊隊長の吉村作治教授も
埋蔵品発掘の協力や調査など、かなり貢献されていると聞いた。


夜はナイル川ディナークルーズにて、回転舞踊タンヌーラやベリーダンスを堪能。
お酒なし・・・だからかお客さんの盛り上がりは今いち。

b0173754_252062.jpg




















このベリーダンサーには、かなり圧倒されるものがあった。005.gif

b0173754_253933.jpg




















そして、同行のアシスタント-アルベルトさんへも折鶴の折り方を教える。
彼は21歳で、日本語も多少話す真面目な坊ちゃんタイプ。
b0173754_4413633.jpg

クルーズから見るカイロの夜景。
b0173754_250212.jpg

帰りにホテル近くにあるセブンイレブンで水などを買う。
b0173754_284871.jpg

この商店のオーナーと仲良くなったK子とS子。
b0173754_29336.jpg

ホテルのカフェに集合していた美しいエジプト人女性達が目立っていたので、S子さん
自ら声かけ、撮影成功。このお洒落なレディース達はお譲様っぽい。
アジア人の私たちにも興味示したようで、撮影交換となる。 016.gif
なんとエジプト人の人口の7割は女性なんだとか・・・。

b0173754_211585.jpg


*翌日9/22は、3:45am、ロビー集合。わずか3時間の睡眠でした。014.gif
早朝出発なので、ホテルが用意してくれた朝食Boxを持って、空港で食べた。
b0173754_2125624.jpg

国内線空港ロビーには、大勢の日本人ツーリストの姿。
エジプトエアーのウィングにあるマークは、ハヤブサの頭部を持つ天空の神、ホルス神。
b0173754_2144451.jpg

ナイル川中流ルクソールへ、これから古代エジプトの神殿巡りとなる。
b0173754_215162.jpg


カイロから約1時間にて、ナイル川中流のルクソールが見えてきた。  つづく

[PR]
Commented by S子 at 2010-10-06 10:26 x
スフィンクスとチューの写真登場しましたね。
2週間前のこととはいえ、すごく懐かしく思い出されます。
モハメッドアリモスクの内装の豪華さが良く表れてるし、市民や街の様子が描かれていて、エジプト未経験者にもリアルに感じられますね。
それにしても、写真を見るとあらためて・・・
あのベリーダンスの女性、太ってますよね&
ガイドのアビドさんも37歳には見えないよねぇ。
Commented by yukistar88 at 2010-10-06 16:59
*S子さん
こちらへもコメントありがとう!
しばらく古代エジプトモードが抜けませんね。
スフィンクスとのチュー写真、S子さんのも見たいです。
車中から撮影したカイロ市内での市民の様子は自然なので、
結構気に入っています。

ベリーダンサーもアビドさんも突っ込みましたね。
エジプト人お嬢様たちのショットは記念になりましたね。
S子さんもお嬢並み美しいですよ。
Commented by chiemittii at 2010-10-07 09:47
大きい写真が見れるかな、とこっちに来たら、やっぱり、ピラミッドとか迫力違いますね〜〜〜〜!!
あとマネキンも!!!笑。
迫力のダンサーもほんとに迫力!!!!!!!
って、アルベルトさん、21歳!!!???
ええええええええええええええ!!!!!
もう40近い会社員さんに見えちゃうよおおおお。ってアルベルトさんに失礼な・・・!!!

スフィンクスとちゅぅ、もおもしろいですっ!!!

って、もうホテル移動なのですね〜〜〜
今回は移動が多いのかしらん・・・
Commented by junchico at 2010-10-07 21:59
ゆきさん

おかえりなさーい!

またもや
楽しく為になる日記を読ませて頂くことになり
有り難いです★

ちゅーの写真いいですねー♡
エジプト
なんか、、未知の世界って感じがしてましたが
何時もの事ながら
ゆきさんのお陰で色んな事が
自分にも身近に感じられます。

いやいや、、
ほんと、、毎日ありがたいなーって
つくづく最近思います。

ゆきさん
何時も有り難うございます♡
Commented by yukistar88 at 2010-10-08 10:51
*chiemittiiさん
まー、旅行中は3人とも、よく写真撮影しました。
私より上には上が・・・。

ピラミッドが見えた時は興奮していましたね。

商店街では女性のブティックが多かったです。

アルベルトさんだけでなく、皆、実際の年齢より上に見えました。
最初年当てクイズして、アルさんのこと30才ていったら、
ムッとしていましたが、彼は心やさしい紳士です。
彼にドライ梅干食べさせたり、ちょっと悪戯しまして・・・。
ホテルは1泊ずつの移動が多く、落ち着かなかったです。
といっても、自分たちで計画したのだけど・・・。
Commented by yukistar88 at 2010-10-08 10:57
* junchicoさん
毎日を有難く感謝と思えることは最高であります!
私も今日はそれを感じていました。

旅行から戻り、色白に?!ということでしたが、
いやー、多分日焼けしたはずで・・・。
ジリジリ照り付ける太陽の下、帽子かぶり日傘差しても暑い。
なぜなら地面の照り返しが強いのです。
暑くて、途中で観光をギブアップしたこともありました。
それにしてももうすっかり秋なんですね。
10月はクリニックに集中できそうですね。
どうぞよろしくお願いします!
Commented by AYA at 2010-10-08 19:30 x
Yukiさん、さっそく日記第1弾! 待ってました~♪
母が上京してきていたので、なかなかコメントできず
スミマセンでした。

やっぱりピラミッドを見ると、テンション上がりますね(笑)
なんだか気持ちがミョーに盛り上がります!
スフィンクスとのKiss写真、すっごく上手に撮れてていい
ですね~♪ こんな楽しいお遊びが流行ってるとは知りま
せんでした。

K子さんも元気そう! 折り鶴外交も積極的に推進されて
いるようで素晴らしいです☆
続きも楽しみにしています。 特にシナイ山のお話、もの
すごく待ち遠しいで~す!

Commented by yukistar88 at 2010-10-09 09:46
*AYAさん
コメントありがとう!
お遊びショットは、他にピラミッドを指で摘むバージョンもありました。

シナイ山頂で、AYAさんからいただいた貴船神社のお塩を巻きました。
お清めです。たっくさんの巡礼者が毎日訪れているようです。

11月末の件、了解です。皆の都合も聞いておきますね。
by yukistar88 | 2010-10-06 02:33 | 世界の旅 | Comments(8)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧