③.ルクソール東岸とアスワンの神殿&NY上空UFO最新映像!

*9/23/2010、
朝一にて、ルクソール東岸にある「カルナック神殿」へ。
ここは今回のエジプト神殿の中では、ベスト1に選んだ神殿でした。

スケールの大きさもさることながら、早朝の誰もいない一番ノリにて、
清々しい気持ちで見学できて、エネルギー的にもよかったかも。001.gif

カルナック神殿は、アモン神(空気の神)をまつった神殿で、東西540m、
南北600mの周壁で囲まれた壮大な神殿で、古代エジプト宗教の総本山とも。
b0173754_1031039.jpg

アメン大神殿第一塔門を目の前に立った時、なんとなく神社のように思えてならず、
もしかしてエジプトの「伊勢神宮」では・・・と3人で感じていた。
           頭は羊、胴体はライオンというスフィンクス像が並ぶ。
b0173754_1032355.jpg

高さ23mある支柱は迫力あり、この参道を風がスーと通り抜けていく。
b0173754_1035023.jpg

列柱室を出ると、オベリスクが2本建っている。
オベリスクはギリシャ語に由来し「針」、「小さな串」を意味し、太陽の象徴
として立てられたようだが、先の尖ったものは、宇宙エネルギーを集める
パワーがあるとされ、神の霊が源へ戻っていく為のジェド柱(物質界の背骨)を
象徴として建てられたという説もある。
b0173754_10591739.jpg

持参した同じ形のクリスタル・クォーツを置いて、気をチャージする。072.gif
b0173754_1045120.jpg

オベリスクは全部で4本あったが、内1本は崩れていて、
もう1本はNYに贈呈されたのか?・・・は定かではないが、
セントラルパークにもエジプトから送られたオベリスクがあるそうだ。
b0173754_1054476.jpg


072.gifセントラルパークにあるオリベスク。←要チェック!045.gif

これは「スカラベ」という「ふんころがし(昆虫)」の像だが、エジプトの壁画には
いたるところに描かれていて、古代エジプトでは、再生・復活の象徴として崇拝。
       ガイドのアブドさん。スカラベに似ている?!045.gif
b0173754_1062632.jpg

このスカラベ像の周りを時計と逆に「3周すると縁起良し」、「7周すると結婚できる」、
「9周すると子供が授かる」ということで、各自希望の回数を周ってみる。
b0173754_1065965.jpg

ここでもアンク十字架を胸に抱く姿の像をたくさん見かけた。
b0173754_1071932.jpg

午前7時、キラキラと朝日が神殿に昇る。
b0173754_1074115.jpg

やがて朝日に龍雲がかかる。
b0173754_1081960.jpg

    遠くに気球が上がり・・・
b0173754_1020928.jpg

ここでは太陽の輝きもいつもと違う感じ。
b0173754_10202577.jpg

午後8時には大勢の観光客が来場し、野良犬は朝寝の時を迎える。
b0173754_10205157.jpg


カルナック神殿から南に2.5のKm離れたところにある「ルクソール神殿」へ。
ここはアメン神の妻ムート神をまつった神殿。
ルクソール神殿正面の入口には、巨大なラムセス2世の坐像。
b0173754_10214881.jpg

ここにも高さ25mの巨大なオベリスクがあり、その内の1本はパリのコンコルド広場にあるそうだ。

ラムセス2世の20代から30・・60代と年代別の像があり、彼は40人の妻と子供約200人
いたそうで、96歳まで生きたというから、かなり生命力の強いファラオだったといえる。
b0173754_10222138.jpg

神殿内には、ツタンカーメン王夫妻の石像もあるが、王妃の鼻は壊れていた。
b0173754_3451912.jpg

ここでもアンク十字架がしっかりと刻まれていた。皆が触れるので黒ずんでいる。
b0173754_10231838.jpg


午前11時、更にナイル川上流のアスワンへ向け車で3時間半かけ移動。
 移動中の車内から撮影したナイル川上流に住む人々の様子。
b0173754_10261017.jpg

b0173754_10243271.jpg

b0173754_10245599.jpg

     精肉店                 
b0173754_10251724.jpg

b0173754_111591.jpg

b0173754_10255277.jpg

b0173754_10262517.jpg

ルクソール-アスワン間にある「ホルス神殿」(エドフ)とコム・オンボ神殿に寄り、見学する。

*「ホルス神殿」(エドフ)
ハヤブサの頭部を持つホルス神を祭る神殿で、この塔門は高36m。
b0173754_10271886.jpg

20%は修復されたものだが、保存状態がよく、レリーフの彫りも深い。
ここはキリスト教時代にキリスト教徒らが住み、教会としても使ってきた名残がある。
b0173754_10274289.jpg

b0173754_10291226.jpg

天井には、空の神-ノート神の姿がある。
b0173754_1028335.jpg


*日中一番暑い時間帯、気温45℃の中で観光した「コム・オンボ神殿」は、
ルクソールの南約170km、アスワンの北約50kmのナイル川東岸にある。
かつてはオリンポスと呼ばれ、アラビア語では「オリンポスの丘」という意味で、
ナイル川に突き出た丘の頂上にある。
この神殿はプトレマイオス 朝時代のものでワニの神(ソベク神)とハヤブサの神
(ホルス神)の2つの神に捧げられた珍しい2重構造神殿だ。
b0173754_10285296.jpg

これは古代カレンダーで、農業をする際に目安として用いたもの。
b0173754_11105135.jpg

妊婦が分娩しているレリーフ。
b0173754_10301189.jpg

そして、なぜかあの時代に存在していないはずの飛行機のレリーフ。
これは古代におけるUFOという説もある。  
アビドスには、ヘリコプターやUFOの壁画もあるということで、
当時、宇宙人と交流があったのかは不明だが、興味深い説。
b0173754_10405431.jpg

ナイル川上流アスワンの景色
b0173754_10443318.jpg

とにかく暑くて集中力なくして、アスワンの神殿巡りはサッサと終えてしまった。042.gif

アスワンのホテル内のレストランで働くウエイターに折り鶴を紹介すると喜んでくれた。
b0173754_10484561.jpg

枕元に置くメイドさんへのチップにも折鶴を添えて・・・。”Peace” そして、「ありがとう!」
b0173754_104940100.jpg


072.gifNews!!!
*10/13(Wed.)、NY上空にUFO出現にて、ニュースで放送された模様です。
友人T子さんがおしえてくださり、その前日12、13日は空に向かって、なんとなく
UFO乞いしていた私でした。
13日に会った友人も数週間前にNY上空で、同じUFOを目撃したという話を聞いたばかりで、
重なるUFO情報といい、いよいよ稼動でしょうか。その映像をどうぞご覧ください!
034.gif






たくさんの写真アップとなりましたが、読んでくださり、ありがとう!029.gif
b0173754_105746.jpg




      ④「巨大アブシンベル神殿と光のショー&ヌビア村」へつづく





[PR]
Commented by iko at 2010-10-18 00:58 x

神殿の映画をたくさん見ているからなのか~~
デジャブーです!
いった事があるような、いえ、行ったきがします。
でも、それは、伊勢神宮の気に似ているからなのかな~
写真から気がびんびん感じますね
そして、心が見透かさられるような気でも?
神殿が出てくる映画は、たくさんあるから
再度、マイギャラリーの映画コレクション見ま~す
Commented by yukistar88 at 2010-10-18 10:53
*ikoさん
コメントありがとう!
古代エジプトに対して親近感ある人は私の周りでも多いです。
ということは、その時代にソウルメイトなのかな・・・とも。

カルナック神殿は古代宗教の総本山といわれるくらいなら、伊勢神宮と共通するエネルギーなのかも。
本当にお参りする感じがしましたよ。

写真から感じていただけたら、幸いです。
まだ続きますが、後半は更に盛り上がりますので、お楽しみに!

これが一段落しないと落ち着かないです。なぜか・・・。

古代エジプトの映画・・・どれがいいですか?
映像的にも美しいものがいいですね。
Commented by S子 at 2010-10-19 10:10 x
写真とてもいいですね。とくに一番最後のが好きです。
スカラベを3人で回ってるのもいいね。
K子さんはポーズをとってるのでしょうか(笑)

今回のエジプト行きはなんだか行っておかなきゃって感じで導かれた感じです。
古代の神殿や遺跡を目の前にして、そのうずまくパワーに自分が巻き込まれていく感じでした。
ある意味世界で類を見ないパワースポットだと思います。
会社のおじさんに景色のDVDを差し上げたらすごく気に入ってスライドにしてPCの壁紙にしておられるのですよ。
彼いはく、アフリカは人類発祥の地だから、全ての人々において懐かしい感じがすると。
若い時の旅行は楽しいものって感じでしたが、このエジプトにおいては、また行きた~いとか楽しかった~とはまた違う感情でいっぱいで、それが何なのか今だにわからない今日この頃です。
さてと、アブシンベルをアップしないとね(^.^)b
Commented by yukistar88 at 2010-10-19 22:46
*S子さん
ありがとう!写真ですが、コピーするものも全て
ここにベストセレクションを出しているので、同じになりそうです。

そうあの3人でスカラベ参りしているシーンは、
童心に戻ったかのような表情が好きです。

きっと、皆にとってエジプトは魂の故郷だったのでしょうね。
アフリカ大陸の自然も興味がありますね。アメリカ国内はまだほとんど旅していないのに・・・
なぜか興味の度合いが違うのよね。

「アフリカは人類発祥の地」だからか、皆さん、写真を見て懐かしいというのね。
そう、他の観光地とは違う何か魔力的な魅力がありますね。
by yukistar88 | 2010-10-16 10:54 | 世界の旅 | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧