⑤.エジプトの砂漠地帯とオアシスの温泉

*9/26(Sun.)
午前3時に就寝し、5時半起床というわずか2時間半の睡眠でした。014.gif

S子さんとは今日より別行動となり、夜には日本へ帰ることに。
私はK子と2人、エジプトの西側の砂漠地帯へと向う。
b0173754_1131416.jpg

カイロから最も近い砂漠のオアシス、「バハレイヤ・オアシス」まで約440km。
砂漠の一本道をひたすら西南方面へ、約4時間走る。
b0173754_1384969.jpg

2時間走った途中にある唯一の休憩所。そこのトイレといったら・・・ゲゲゲッ。005.gif
b0173754_11304551.jpg

    バハレイヤ・オアシスのホテルでランチ。ナスの味付けは旨い!
b0173754_1310269.jpg

    ここでも突然現れたオネダリ猫ちゃん。「何かおくれよー。」
b0173754_1132027.jpg

2,000平方kmの面積を持つハバレイヤ・オアシスは石英岩と苦灰石の黒い丘に囲まれ、
ここは野生生物も多く、耳の大きい狐フェネックが有名で、植物として、ナツメヤシ、オリーブ、
アプリコット、米、コーンなどが栽培されている。
b0173754_11325447.jpg

バウィティはバハレイヤ・オアシス最大の村で、ヤシの木に囲まれ、水温30度のロー マ
時代からの温泉が水源となり、バハレイヤは鉱泉の温泉もある。

午後から4WDジープに乗り換え、黒砂漠と白砂漠へドライブ!
といっても片道軽く2時間以上はかかるというのだが、日中の一番日差しの強い中での
砂漠ドライブは辛いものがあった。砂の上を走る時はエアコンはOffにしないといけないので、
車内は熱風に包まれる。ホ~。042.gif
b0173754_11335967.jpg

この一帯は世界でも最も降水量の少ない地域で、20年以上雨が降らなかったことも。
b0173754_12192958.jpg

b0173754_11341959.jpg

火山噴火後、玄武岩が露出した黒砂漠。
この山に登るというのだが暑さのため、私は中腹で断念。K子さんはパス。
b0173754_12443066.jpg

     山の中腹から下を撮影する。
b0173754_11343623.jpg

    次はクリスタル・マウンテン。
b0173754_1134513.jpg

この天然岩はクリスタルでできているので、キラキラと光っていた。
b0173754_113561.jpg

b0173754_11351936.jpg

白砂漠は石灰岩でできた鉱脈が風と砂に削り取られ、辺り一面が自然の彫刻の森のように幻想的。
b0173754_11355181.jpg

b0173754_11361313.jpg

   自然が作りあげたキノコ型オブジェが点在しているファラフラ。
b0173754_11365764.jpg

b0173754_1137154.jpg

なぜかこの地で撮影する太陽の写真には、縦と横の光のラインが写る。
 
b0173754_12501556.jpg

b0173754_1136435.jpg

    これは有名なキノコとヒヨコの奇岩。太陽がUFOに見えてくる。
b0173754_11382852.jpg

  反対側に周り・・・実はかなり大きくて、人と比較するとこの通り!
b0173754_12515246.jpg

     グルッと1時間かけて、砂漠ドライブ。
b0173754_11412079.jpg

夕方、気温が下がるとホッとする。砂漠に沈む夕日を見ながらホテルへ。
b0173754_1142817.jpg

宿泊するホテルは、International Hotspring Hotelで、日本人の奥さんとドイツ人の
ご主人がオーナーで、温泉施設付き。

この日は奥さんは日本から来た家族と旅行に出ているということで留守で会えなかった。
が、ここの猫ニコちゃんが温泉の番頭はんに・・・三つ指揃えて?!「おいでにゃす!」
b0173754_11465019.jpg

旅の疲れを癒そうと、ぬるい鉱泉温泉にじっくり浸かる。ハ~、バビバノンノン♪

b0173754_11461679.jpg


*9/27(Mon.)、
オアシスで迎えた朝は清々しく、どこからか天然のハーブの香りが漂ってくる。
b0173754_11512667.jpg

朝食も外のダイニングで、バッフェスタイルにて・・・。063.gif
   おはよう、アルベルトさん!
b0173754_1374784.jpg

ワディ・イル・ヒタンというかつて海底だった砂漠地帯へ向う・・・
b0173754_15211357.jpg

その途中でいきなりハプニング!
砂漠の中の一本道で、4WDのタイヤがパンクしてしまった。あらー025.gif
b0173754_1151018.jpg

ドライバーは手際よくスペアと交換、その間トイレ休憩・・・といってもトイレは砂漠!044.gif
b0173754_15213810.jpg

ちょっと用を足しに離れた地点まで歩く・・・とこんな砂漠のド真ん中に線路があった!
b0173754_11525482.jpg

アメリカのグランドキャニオンにも似た地形の砂漠を走る。アップダウンが激しく、
ガタガタと車体も体も大きく揺れる。揺れよりもひたすら暑くて放心状態に。
b0173754_1235173.jpg

約3時間後にワディ・イル・ヒタンに到着。そこはカンカン照りの黄土色の世界。暑そ~。
b0173754_11544068.jpg

  海底を思わせる岩があちこちに・・・タコ岩のよう。
b0173754_11551287.jpg

この一帯の所々には、貝や鯨ぽい化石が点々と展示されている。
b0173754_11571592.jpg

そう、何千万年前に生息していたとされるバシロサウルス(鯨の祖先)の化石らしい。
b0173754_11573458.jpg

b0173754_1158228.jpg

ここは全く日陰がなく帽子や日傘も効果なく、地面からの照り返しがきつくめちゃくちゃ暑いため、
私は途中でリタイア。K子さんはアルベルトさんと共に頑張って炎天下を歩く。体感温度50℃!042.gif
b0173754_1313819.jpg

今回の旅行で一番暑い辛いスポットだったが、かつてここは海底だと思うと想像が膨らむ。


初めて体験した昼間の砂漠の暑さは本当に辛いものでした。042.gif
自分が暑さ、そして乾燥した気候に弱いことも実感した。
その暑さゆえ、水、そして植物が生えるオアシスは貴重で有難いもの。
それにしても雄大な砂漠が織り成す大自然は刺激的でした。
b0173754_129219.jpg

ファイユームを経由しカルーン湖畔にある小さな滝に立ち寄り、キザ-カイロへと戻る。
b0173754_1273965.jpg

なぜかカイロの街並みに戻ってくるとホッとする私たちでした。
それは暑さの恐れから解放されたからなのかもしれません。
もう砂漠はNo Thank you!なのだ。
046.gif





[PR]
Commented by S子 at 2010-10-25 14:15 x
本当にお疲れ様でした<(_ _)>
すごく行きたいと切望したバハレイヤでしたが、行かなくて良かったかも、なんて思ってしまいました(ごめんなさい)
Yukiさんだけに限らずだれもが暑さ&乾燥には耐えられないと思います。
砂漠の線路はいったいどこにつながってるのでしょう。
全て素敵な写真ですが、私は最後の滝、というか川がエジプトっぽくなくてとても好きです。癒されます。

Commented by yukistar88 at 2010-10-26 00:30
*S子さん
そうなんですー。アスワンでも泣きたいくらい暑かったので、
その上をいきましたからS子さん大変だったかもといっていました。
それに4WDの後部座席が狭かったので、あのスペースに3人はギュギュ、
しかもエアコンないとなると想像しただけで。。。
そう思うと一緒できなかったのは残念ですが、ベストな選択だったのかもしれません。
ここに行っていたら、翌日出勤できなかったかもです。
私も乾燥は苦手です。水を見ただけでホッとしました。
水なしでは生きていけませんね。ありがとう!
Commented by junchico at 2010-10-29 19:19
ゆきさん

おはようございます☆
そして、
昨日も有り難うございました!

昨日、帰りにお店によった所、、、
その前日にブレスレットをあげたスタッフが、、、
『じゅんこさーん、腕があついです〜♡』
と、、
言ってました☆
さすが、、ゆきさんのブレス!

ということで
また、新しいのお願い致します♡

エジプトの
にゃんちゃん
かわいいですね☆
Commented by yukistar88 at 2010-10-30 11:23
* junchicoさん
こちらこそ、ヒーリングメッセが日記とリンクしているので、やはり・・・
と思って。
ブレスの温かさはJunkoさんの愛ではないでしょか。
いつもありがとうございます。

了解しました。エジプトのエネルギーもイメージしてみます。

Happy Halloween!
by yukistar88 | 2010-10-24 12:40 | 世界の旅 | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧