②.メキシコ-マヤ文明の聖なる泉セノーテ編&マシューくんメッセージ

056.gif2/12の大雨により、予定していたコズメル島シュノーケリング・ツアーは中止となったことで、
このツアーへの参加は不可能となり、別のシュノーケリング・ツアーへ変更することに。
変更したツアーは、”3-Snorkeling Sites"というセノーテ・Cave ・オーシャンを巡るもので、
こちらも興味あったので、もっとマヤ文明に触れるべきというHSからのメッセージなのかも。


b0173754_7554596.jpg


*2/13
お天気も回復し、気温は25℃と少し低めだが晴れたので、ひとまずホッ。

b0173754_6555963.jpg

Mr.はそのツアーには興味がないということで、私一人で申し込み、8時ホテル出発!
ミシガンからのカップルとシカゴから女性2名、そしてスウェーデンからの年配カップルと
私の7名の参加者でした。ガイドは現地のGustavoさん。まずは聖なるセノーテへ。
b0173754_7242473.jpg

セノーテ(Cenote)とは、石灰岩台地の陥没穴に地下水が溜まった天然の井戸・泉の
ことで、ユカタン半島の北部低地では、川も湖もないため主要な水源としていた。
語源はユカテコ・マヤ語の「ゾノト」(dzonot)から転化したと考えられている。
b0173754_724612.jpg

竪穴洞窟は、マヤ族達が生活用水を取り出し、生贄の儀式にも使用したとされている。
ユカタン半島の多くのセノーテは、第一に真水の供給源であったが、チチェン・イッツァや
バランカンチェー洞窟のセノーテのように巡礼の地、供物を捧げる場として機能したものも
あり、崇拝の対象となった多くのセノーテは、マヤの雨神チャクに捧げられていた。
そういう場所では、人骨や生贄の儀式に使用したと見られる装飾品などが発見される。
        ちなみに、そういうセノーテには潜りません。046.gif     (3/2006撮影)
b0173754_7253229.jpg


私たちが訪れたセノーテは、200年前までマヤ人が住居としていた集落にあり、今は
プライベートな敷地として管理している者との同行でしか立ち入ることができないスポット。
ガイドが専用の鍵でゲートを開け、ジャングルを暫く奥へと進むとその村は見えてきた。
       マヤ族が実際住んでいた家。
b0173754_7484484.jpg

     いよいよセノーテへ潜ります!ボコボコ
b0173754_747413.jpg

         ひんやりした淡水
b0173754_7505553.jpg

       透明度もよく、水中は別世界!
b0173754_7502314.jpg

         お魚もちらほら見かけました。
b0173754_7514843.jpg

b0173754_752268.jpg

ほんのり硫黄の匂いがするのは、水底に見える石灰からでしょう。
b0173754_7535637.jpg

所々底から泡が浮かんできます。温泉でなく冷泉?!だとしたら美肌効果も?!
b0173754_7543144.jpg

水上では、ロープからジャンプして飛び込んだりもできます。
b0173754_7571034.jpg

    ここでは、ハンモックで休憩もできますよ。
b0173754_7575038.jpg

次は洞窟のセノーテへ。同じ敷地内にあるので、車でちょっと移動します。
きちんとロッカーもあり、貴重品など置けるようになっているので便利。ツアーご一行。
b0173754_7585438.jpg

ガイドも説明していたが、セノーテでも洞窟も海でも、絶対にサンスクリーンを肌に
塗って潜らないでとのこと。自然保護の為、自然への敬意ですね。
b0173754_823686.jpg

ユカタン半島のセノーテは、チクシュルーブ・クレーターを埋めた石灰岩の層の中に
形成されたもので、泉の下層には大規模な鍾乳洞が水没している。
b0173754_84199.jpg

水面下では決して形成されることのない鍾乳洞が見られるのは、氷期の海水準低下時に
形成された長大な地下川型洞窟系が後氷期の海面上昇に伴い、内陸部では地下水位が
上昇することによって洞窟系全体が水没したといわれる。
b0173754_841964.jpg

このような洞窟の天井の一部が崩落して陥没ドリーネが生じた結果セノーテができたそうだ。
この水脈は一部カリブ海にも繋がっていて、雨水はすべてこの地下水脈に流れ込んでいくそう。
世界最長の水中横穴鍾乳洞の水脈総延長は、約153kmに及ぶらしい。
b0173754_8265026.jpg

      では皆で一緒にCaveの中を潜りましょう。
b0173754_845567.jpg

洞窟の奥へと進んでいく程暗くなっていくが、ライトが数ヶ所に点灯されているのでなんとか。
b0173754_843256.jpg

水の中はこんな感じで、オーヴらしい光も写ります。ちょっと怖い・・・009.gif
b0173754_828284.jpg

一番最後になってしまい、一人洞窟の奥に取り残されたらゾクゾクして怖かった。

Caveでのシュノーケリングが終わるとランチ・タイム。063.gif
ツアーのメンバーであるスウェーデン人のご夫婦と一緒のテーブルで食べます。
奥さんはバリバリのダイバーで、今回のメキシコは24日間の滞在だそう。
ご主人はこの写真では怖い顔に見えるが、とっても優しい方で、同じ機種の水中カメラを
持っていたので、親しみを感じました。スウェーデンといえば”IKEA”が有名ですね。
b0173754_8371157.jpg

          ハイビスカスも華やか!
b0173754_838832.jpg


056.gifマヤ文明では貴重な水源であった聖なる泉セノーテ、
                ここのお水に”愛と感謝”の祈りを捧げました!


            次はオーシャン・シュノーケリング編へ、つづく



********** 072.gifマシューくんからのメッセー072.gifジ**********

火曜日, 2月 08, 2011 マシュー君のメッセージ(41)
チュニジアを発火点に、エジプトに飛び火した一般市民の民主化運動のうねりは、
更にバーレーン、リビヤ、イエメン、イランといった北アフリカと中東 全域を驚くような規模の
エネルギーとなって渦巻いているようです。まさにマシュー君の指摘している世界的な
大変動の顕著な現れのひとつですね。アルジャ ジーラは”魔法のランプからジーニーが
出たんだ”と言っていましたが、この流れはもう押し留めることはできないでしょう。
世界の大国と自称している共産 党独裁国の中国は、これらの一切の報道を禁じ、
インターネットも制限しているようですが、いずれ市民が立ち上がり内部崩壊が起きて
来るのでしょう。そ れに引き換えぬるま湯に浸かったような日本はどうなるのでしょう?



「唯一 成長する道は自分自身にこう問いかけることです。「間違っていると思っていた
ことが全て本当は正しかったらどうなるのだろう?」偉大な科学者はみなこれを
知っています。求めている研究が行き詰まると、科学者は仮説をすべて捨てて始め
からやり直すのです。あらゆる偉大な発見は、間違っていることを受け入れる心と
能力から生まれています。」
               ニール・ドナルド・ウォルシュ「神との対話①」より


2011年2月13日

エジプト・チュニジア、ライトワーカー、光を生きる、経済システム・つぎの改革、
他の分野の変化、テレパシー交信とガイダンス、識別力とガイダンス、自由意志、ソウルメイト

1. この宇宙ステーション(領域)にいるすべての魂たちから心からのご挨拶をします。
マシューです。チュニジアの市民たちと同様に、勝利を収めたエジプ トの人々を僕たちは
とてもうれしく思います。そして、自由を求める声が連帯して平和的にわき上がるすべて
の国の人々にも同じように思うでしょう。過去数週 間の出来事は、光が集合意識に浸透
していることの明白な証拠です。それを、あなたたちの世界は、目的をもって1つに
まとまった人々のパワーとして目の当 たりにしているのです。地球の可能性のエネルギー
場では、この活気づいたエネルギーの止めようのない勢いは、あなたたちの世界が
あらゆる形の抑圧と迫害と 貧困から自由になる日の到来を速めています。

2. これから先、宇宙のあらゆるものが加速しつづける中で、重大な出来事が次から
次と、あ るいはそれどころか同時に起きて来るので、頭がクラクラしてくるほどでしょう。
イルミナティはボロボロになって残っている自分たちの支配が終わりになるのを見て、
これから現れて来る真理はとんでもないものだと人々を説得しようとするでしょう。
そして何も知らない同調者たちは、自分たちの固い信念をひっくり 返されまいと
抵抗するでしょう。例えば地球の文明社会の起源です。頑強な進化論支持者たちと、
それと等しく聞く耳をもたない天地創造説論者たちが、両方と も部分的に正しく部分的に
間違っているという真理をどう困難なく受け入れるでしょう?宗教の本当の目的とキリスト教
の根幹になっている虚偽についての真理 が明らかにされるとき、それは敬虔な信者たちに
とってさらにどれだけ困難なことになるのでしょう?

3. それらの驚くべき真理が明らかに されると同時に、さまざまな大きな変化がもたら
されると、それは多くの人々には衝撃的なことになるでしょう。この混乱と不安はすべて
地球が第三密度から抜 け出る前触れであることを知っているあなたたち、ライトワーカー
(光の使者)たちは、これからの数ヶ月の困難を乗り越え、困っている人たちを助けるための
理想的な心構えができています。

4.ライトワーカーについてちょっと話しましょう。何百万の人々がそれぞれに平和と自由の
ための国際的 な瞑想と祈りの集会とデモに参加しています。たくさんの個人と団体は
地域支援プログラムに関わり、ほかの人たちは海外の人々の支援活動やそのような
活動を している団体を金銭的にサポートしています。いま世界中のたくさんの人々が、
自分たちの地域や国や世界をより良くしようとはたらいています。

5. そして、それらの何百万のうち比較的わずかな数の人間たちが自分たちをライト
ワーカーだと思っています。彼らは自分たちのこころに従っているのですが、 精神の団結、
補助と分かち合いで助けて行こうという思いやりの団結・・光の神性なる活動の団結です。
よって創造された輝く光が、あなたたちの世界全体の波動を高め、地球のアセンションの
旅の勢いを増していることには気づいていません。でも、それらのライトワーカーたち・・
実際は、世界人口の大半なので すが・・はアセンションとか黄金時代についてはまったく
何も知りません。彼らは状況をよくしようと一生懸命にはたらいていますが、あまりにも
欠乏していることの多さに圧倒されそうで、それらの親愛なる魂たちの多くが、
「なんという世界を、私たちの子どもたちとそのまた子どもたちが引き継ぐのだろう?」と
絶望しているのです。

6.あなたたちは自分たちがライトワーカーだと知っているのですから、自分たちが光を
作っていることに気づいてい ない大勢の人たちから刺激をもらって、あなたたちの周りの
気づいている仲間たちを越えて援助の手を差し伸べることができるでしょう。まだ何も
知らされてい ない人たちの絶望感によるネガティビティ(破壊的エネルギー)を、単に
あなたたちが光に生きることによって無くすことができます。僕たちは説教したり布教
活動することを言っているのではありません。あなたたちが輝くような精神で生きることで、
あなたたちの歓びと自信のエネルギーがあなたの周りの全ての人たちを動かすことを
言っているのです。あなたたちの光を最高の輝きで照らしてください・・それが最も意味の
ある充実した人生のミッション (目的)です。

7.あなたたちの知っていることを隠すべきだとは思わないでください。あなたたちも知って
いるように、家族や友人、隣人、同僚たちは彼らの考えや信条に合わない者は何でも
受け入れようとはしないものです・・彼らにはまた別の”光を見る”機会があることを知って、
それを尊重してください。でも魂の探求者たちにとっては、直感と信念を分かち合える仲間を
もつことは非常に心強いことですから、頭が柔らか い人たちが話をしてもいいと言ったら、
その人たちが気持ちを害さなく聴ける範囲でできるだけのことをしてください。彼らがいくらか
でも疑念を抱いているよ うに見えても、あなたたちはやがて成長して満開に花咲くかもしれ
ない種を植えたのです。地球の光は、あなたたちの誰もが意識レベルでは思い出せない程
強 くなっているので、こころが広く開いているように、人々の意識も先入観をなくしつつあるのです。

8. 国民の暮らしをより良くするための改革に既に着手しているところも含めて、今、様々な
変化が多くの政府にあきらかに現れて来ています。ですから次の段階は国内と国際的な
経済システムにあきらかな変化が起きて来るでしょう。その新しいシステムと十分な専門知識と
誠実さを備えた管理責任者たち全員は準備が万端に整っていますが、古い体 から新しい
ものへの転換は急速にはいきません。
イルミナティの金融システムを完全に取り除かなければ、貴金属本位性の金融システム
への移行が思うようにスムースにいきません。金融機関による”平常業務”を防止する規制を
講じなければいけないと同時に、国家貨幣価値の均等化も進める必要があります。

9. 各政府を支配して来た多国籍企業には法的な規制を課し、そのロビー活動を終わらせ、
税の抜け穴を塞がなければいけません。不正な方法で被った国家の負債は・・
外国資本による資源の買収と外国援助金が国のインフラ整備ではなくエリート層に
行っていることです・・スピリチュアル(霊的)と精神的に高潔な男性 と女性たちが
政権の座につけば無効にされるでしょう。そして、資金の投入とそれ以外の支援に
よって最低生活基準の状況がなくなるでしょう。個人とビジネス の公正な課税制度を
設けなくてはいけませんが、同時に難民を自国に戻し、ホームレスに住居を提供し、
差し押さえになっている資産状況を改善させなければな りません。

10. 雇用機会の創設と助成金によって、求職者たちが専門分野の職に復帰し、
あるいはほかの職業への訓練を受けられるように しなければなりません。また
商品やサービス、技能そのほかの能力への報酬は均等にしなければなりません。
全ての子どもたちと大人たちに通学の自由が認められ、教育は普遍的な真理が
反映され、高校卒業後の教育コストは一般の手の届く範囲にされ、そしてあらゆる
分野の芸術教育が意欲ある生徒たちに開かれなけ ればなりません。

11. 農業は自然と調和するものでなければなりません。食用動物は人道的に
扱わなければならず、地球のすべての魂たち に豊富な滋養ある食物がなければ
なりません。自由エネルギーの利用が実践され、化石燃料の使用は終わらせな
ければなりません。適正な医療がすべての人々の 権利にならなければなりません。
司法と刑罰制度を改正し、不正を改め、すべての奴隷取引を終わらせ、所有物と
みなされている社会的地位の低い女性たちを尊 重しなければなりません。メディア
コントロールを終わらせ、同様に麻薬とポルノ産業とあらゆる種類の汚染そして
環境破壊を止めなければなりません。

略・・・・「http://moritagen.blogspot.com/」へ

13.別のとても重要な分野は、地球がテレパシー交信の開通を可能にする
エネルギー領域に入っていることです。だれでもこの魂と魂との交流能力を生まれ
ながらに持っています・・それは魂の一成分と言えます。地 球により高い波動が
行き渡るにつれ、そのような交信が以前よりも早いスピードで開かれています。
でも、もしまだだからといってがっかりしないでください。 その時期が来れば必ず
そうなりますから。でも、例えばニルヴァーナにいる愛する人とどうしても交信したい
という切迫感があると、それがエネルギーバリアー(障壁)をつくり接続を遅らせて
しまうので注意してください。

14. 光の存在たち・・霊体であるあなたたちの愛する魂たちや高位の領域にいる
マスターたちやスピリチュアル(霊的)に進化している肉体をもった宇宙文明人たちです。
あなたたちと話そうとしているのではないことに 気をつけていることが大切です。
闇の存在たちも同様にあなたたちに近づいて嘘の情報を伝えようと待ち構えている
のです。そのような彼らを追い払うのには、キリストの光(創造主の愛の顕現)の
保護を求め、光の存在たちのみがあなたたちに近づけるのだと要求するのです。

15. 保護を求めるのとそれを受け取るのはいたって簡単ですが、それなりに責任を
もって行動しなければなりません。もし疲れていたり、病気やなにか悩み事を抱えて
いる場合は・・ストレスの多い状態がなんで あっても・・けっしてテレパシー交信を
しようとしないでください。あなたたちのエネルギーレベルが非常に低下して光の
存在たちの高い波動に届かないため、 そうすることは低位の存在たちにいつでも
来てくださいと言っているようなものだから。初心者は自分に自信を失いがちですが、
それもまた低い波動を生ん でしまいます。ですから、これは生まれながらにある
能力だということを思い出して自分に自信をつけさせてください。でも、うぬぼれて
しまうとかならず低い レベルの存在たちに近づいてしまいます。なぜなら、
傲慢さには光とは相容れないエネルギー付着があるからです。その一方で、
謙遜と感謝には光の波動があり ます。

16.テレパシー交信の相手から発せられる光はこころで共鳴することを知って、
それを導きとしてください。低い存在のエネルギー は光に対する抵抗や阻害因子
のようにはたらき、接続を止めるようにあなたたちに警告して来ます。なにを達成する
にしても同じように、 練習によって発信元の波動が高いのか低いのかを見極める力が
強化されると同時に、メッセージを明確に受信する能力も向上させます。

17. テレパシー交信の増加と相伴って起きているのは、あなたたちの爆発的な
”情報の時代”です。あなたたちは情報の氾濫の中にいます。何が真実で何が
違うか 見極めることは、正確な情報を得るためばかりではなく、識別力を養うことが
スピリチュアルな進化での前進になるために重要なのです。インターネットによって、
以前では比較的一握りの人たちにしか知られなかった確実な情報が、世界中に一瞬に
して配信されるようになりました。それはたくさんの事実を報道するに はベストな情報
発信源ですが、それと同時に地球の内外にいる闇の存在たちにも便利なものです。

18. 彼らの計略を推し進めるために、よく知られているスピリチュアルな情報に嘘を
ちりばめて、高位の光の存在からのメッセージだと称する資料が実際に政府や企業の
書類に書き込まれているかもし れません。ほかのケースでは、情報を受け取る人たちや
チャネラーたちが、自分をよく知られた尊敬されている光の存在だと主張する最低位の
エネルギーの存在 たちに接触していることに気づかない場合です。すると彼らは偽の
情報を伝え、それを受け取る側が流してしまいます。いくつかのメッセージは海と陸地に
大変動が起きて、あなたたちはETによって救出されなければならなくなり、そして地球に
戻ったときは地底生活を余儀なくされるといった話・・全くのナンセンスです。

略・・・・「http://moritagen.blogspot.com/」へ

20.こういったことはすべて僕たちやほかの光のソース(情報源)からのたくさんの
メッセージで語られていることを僕たちは重々承知しています。では、どうして僕たちは
それを繰り返して言うのでしょう?僕たちの月々のメッセージが届く頃にな ると、
僕の母はたくさんの人たちから連絡をもらいますが、その人たちは希望や楽観的な
気持ちをもつ根拠を与えてくれるメッセージを心待ちにしているので す。僕たちの
情報に信頼を置いてくれていることを僕たちは歓迎しますが、あなたたちの気持ちを
高め、将来の見通しをさらにポジティブ(前向き)にする目的 でそれを期待している
のでしたら、僕たちのメッセージは彼らの目的にはかなっていないことになります。
その目的はつねに地球がアセンションして第三密度か ら出て黄金時代へと向かう
この移行時期へのスピリチュアルな導きと啓示を提供することです。そこに僕たちの
宇宙ファミリーのメンバーとしてふさわしい場 所があなたたちにあるでしょう。
僕たちのメッセージが、あなたたち自身の能力の代わりになるようにと意図された
ことは決してありません。

略・・・・「http://moritagen.blogspot.com/」へ

30. 自分のソウルメイトを知ることはどれほど大切なのでしょうか?
ソウルメイトが分からないとアセンションできないのでしょうか?

ソウルメイトについて誤解があるので、僕たちの答えは何がそれで、何がそうでないか
という説明が主になります。ソウルメイトは、”おたがいにひとつ”で、そ の転生で
おたがいを見出すまでは”成就”できないというこの全宇宙にふたりだけの魂の
ことではありません。あらゆる魂は同じグループ、すなわち魂のクラス ター(集合体)と
一緒にたくさんの転生を共有します。そしてそれらの転生の中でそれぞれの魂は
たくさんの異なる役割を演じるのです・・男性、女性、異性愛 者、同性愛者、母親、
父親、パートナー、娘、息子、友人、敵、教師、生徒などです。それらの転生は
コンティナム(時空連続体)の中で起きています。そこで はそれぞれの魂の
パーソネージ(肉体を持って転生した魂)が非常に多くのほかのパーソネージたちと
同時にたがいに交流しています。魂レベルでは、すべての 魂たちが分けられない
つながりであることを知っているのです。

31. これらの人たちが地球で出会うと、魂レベルでおたがいが誰だか分か り、
そしてまた再び肉体を持った転生を親密に分かち合うことを選んだのだと知るのです。
意識レベルでふたりは魅力を感じますが、それはふたりにとって特に 意味あることに
なるのです。これはあらゆる関係にあるふたりの人間に当てはまり、それはかれらの
人生形成にあたって特に大きな影響を与えることになりま す。彼らがおたがいに
ロマンチックに魅了されるとき、自分たちをソウルメイトだと思うでしょう。
実際ふたりはそうなのですが、そのような親密なつながりを 感じられる唯一のふたつの
魂というわけではないのです・・彼らと同様に親密な関係があるのだけれど、
意識レベルでは思い出さない宇宙にいるほかのすべての 魂たちをそれでは除外して
しまうからです。あなたたちがスピリチュアルな進化をつづけるうちに、あらゆる魂たちは
無条件の愛でむすばれていることが分かる でしょう。それは、それがあるからソウルメイトが
見つかった思っている恋人同士が抱くロマンチックな愛より、はるかに崇高な感情なのです。

32. あなたたちの進化の旅は一瞬たりとも一人だけではないことを第一にいつも忘れ
ないようにしてください。この宇宙のあらゆる光の存在たちがあなたたちと一緒にいて、
あなたたちの想い描いている世界を創造する手伝いをしています。宇宙のコンティナム
(時空連続体)では、あなたたちがすでに創造している世界で す。
_____________________

愛と平和を/スザンヌ・ワード著

原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄

[PR]
Commented by chiemittii at 2011-02-20 19:13
セノーテには興味があったのでとってもうれしい記事です!!!
でもって、「いよいよ潜る」って時の写真、とってもクリアというか・・・
なんか、ひゅぅうううっと、えと・・なんだろ、あえて言うなら、自分のエネルギー?みたいなの?自分の周りの空気?みたいなものが、きれーーーーーになったような感覚がしましたっ!!!(気のせいかもしれないですが・・・)

マヤ人がほんとに住んでたおうちを尋ねることができたなんていいですねええええ。
行ってみたいいいいい。(うぅ・・・まぁ、縁があれば・・・そのうち)

マシューくんのメッセはちょと遅いのでまたゆっくり読みに来ます〜。
でもって、ゆきさんがおでかけの間、ミスターは何してらっさったんですかっ?!?!

ところで、わたしの方はインディアンめぐりの旅が終わるみたいですが・・・次はなんだろう!?ψ(`∇´)ψ
Commented by yukistar88 at 2011-02-21 15:39
*chiemittiiさん
よかった!私もセノーテには興味ありでしたので、
お天気のために変更になって結果OKでした。
生贄に使われたセノーテだったら・・・と心配していましたが、
そうじゃないもので安心。
Caveも好きですが、こちらはちょっこし怖かったですね。
中にはもっと複雑なCaveを潜るツアーもあるようで、
迷子になる洞窟は立入禁止だそう。

マヤのおうちは、今は村の人が住んでいるのと、
オフィスとしても使用しているようです。
まだマヤ族はユカタン半島に大勢存在しているとも聞きました。

マシューくん、長いですよね。これでも一部。
私も全部読めてなくて、必要な部分だけにしておきます。
Mr.は、ホテルのプールサイドで読書でした。
毎日半日は別行動でして、どうやら旅目的が違うようです。

大陸移動の準備、着々ですかね・・・。
インディアンの次ね・・・お楽しみですね。
Commented by AYA at 2011-02-21 21:42 x
Yukiさん、メキシコの旅もやっぱり面白い展開でしたね!
遺跡もまだ行ったことがないので興奮しましたが(笑)、
セノーテやCoveもミステリアスでドキドキしますね☆
写真もとってもよく撮れていて雰囲気が伝わってきました。

マヤについては時期的にもますます注目度が高まって
いますよね。 さすがYukiさん! 押さえるべき時に
しっかり押さえるべきところを押さえましたね♪

わたしはまだ今年はどこの地に呼ばれるのかわかりません。
どうなるのかなぁと気になるところですが、おまかせで
静かに待っているところです(笑)
Commented by yukistar88 at 2011-02-22 00:51
*AYAさん
そうなんです。ツアー修正されちゃいました。わかりやすいですね。

今度、メキシコもぜひ!
昔流行った Acapulco、今はどうなのか?
CA州方面からだと、Puerto VallartaやLos Cabosがよさそうです。
マヤ文明に触れるとなると、ユカタン半島に集中しているようですね。

こうしてみると、メキシコも広くリゾートも多いですね。
http://www.viajestoyo.com/playa/index.html

今年もお任せでいいですね。4月のセミナーも楽しみです!
by yukistar88 | 2011-02-20 09:08 | 世界の旅 | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧