③.2013年とは&御岳山ロックガーデンのマチュピチュ

072.gif2/3の節分、2/4の立春と続き、いよいよ本格的なる2013年到来ですね。
2013年の恵方は南南東だそうです。恵方とは、陰陽道で、その年の干支に基づいて
めでたいと定められた方角。その年の歳徳神のいる方角、吉方)

九星的には、180年ぶりの癸巳五黄の年が始り、2/4、正午1時14分から2013年は
スタートしました。十干、十二支、九星の全てにおいては、古いものが終わり、新しいものが
始まる、その境目だそうです。癸巳年は新しき事への挑戦の種を蒔く年、何があっても
揺るがない強い心と精神力を高めることが今年の成功の鍵となるそうです。
巳(蛇)は弁財天の使者と伝えられ富をもたらし、才能を開花させる守護神・弁財天を
祀ると言われています。
今年の九星と干支の位置から考えると、地球規模で過去に壊れたものを消し去り、
次への変化が始まる年となるようです。

節分の日の朝に見えたカブト蟹のような雲は、吉方なる南南東へ向いて進んでいました。


b0173754_342340.jpg


                1/30、濃霧の朝
b0173754_22492885.jpg


また、マヤ暦でみる2013年は、宇宙との繋がりも含めて新しい時代の始まりとなる。
スピリチュアル的にも経済・社会的にも相対的にみて相反するものが対立し、そこから
新たなものが生まれるという年となりそうです。

2013年は北と西の力が強まり、神殿が復活。信頼の関係が変化し隠されていたものは
明らかとなり、多くの人々は何が正しいか、信頼できるものは何なのかを求めて情報の
世界をさ迷うでしょう。宇宙に在る世界樹の中心で王が交代しつつあるため、デジャブや
夢を通して異なる二つの時がシンクロして見えるようになるでしょう。

                   (2/3の朝)
b0173754_22455967.jpg


精神性の高さと知性の両方を兼ね備えた新人類が誕生し、古いものと新しいものが
混在する世界をリ・ボーンさせることでしょう。そのような再生を助ける人々のために
宇宙との交信が始まり、また強まります。新たな生命や星辰も発見されるかもしれません。

時代がシフトチェンジし始めることで、地球意識は宇宙意識にシンクロしていきます。
世界的な危機に直面した金融業、農業、政治、国交や技術力の限界などの側面に
新たな虹色の光があたり始めるでしょう。そして北極星が新たな商人を選び出し、
新規開拓しながら道を開いていく先駆者が登場してくるでしょう。
人類に食料を与える元素の神が、肥沃と発展の種を蒔きにやってきます。
元素や新しい種には、智恵を使いまた目を光らせる必要があるでしょう。

                   (2/3の朝)
b0173754_22461316.jpg


科学は非科学と融合し学問は国境なき世界へと前進し、心の夜明けと解放に向けて
新しい意識をもつ若者たちが活躍し始めるでしょう。インターネットの世界はさらに
広がりを見せ、3D、アニメやゲームと現実世界とのコラボレーション、芸術や音楽は
数学や哲学などと結びつき、天文学や化学は心理学やスピリチュアリズムと繋がり
はじめるでしょう。教育の概念やシステムが変化していくのかもしれません。

自然に存在する魔法の力が解放されます。古代から守られてきたケルトの世界観や、
マヤ生命樹の宇宙観など眠っていた文明が甦り、魔法に酔いしれる人々がでてきます。
妖精の存在が身近に感じられるようにもなります。彼らは新しい価値観をもち、互いを
助け認めあい、新しい愛の形を育み、平和家族を形成し子どもを宿すでしょう。
自然との調和力が新時代へのギフトになるでしょう。(マヤ占い/弓玉)


ということで、どんどん宇宙と繋がる流れを感じる年になりそうですね!

b0173754_22514185.jpg


     ***************** 日本滞在記のつづき ********************

*1/4
午後2時から 御岳山のロックガーデンコースを歩きます。約3時間はかかるようで、
私らは、登り坂が少なくて済む薦められた時計周りの逆コースを選択しました。

b0173754_17474174.jpg


歩き始めて約1時間のポイントにある1つ目の滝である綾広ノ滝が見えてきて・・・。

b0173754_0131397.jpg


b0173754_17531926.jpg


武蔵御嶽神社の滝行に使われる神聖な滝で、右の巨木がお浜の桂。

b0173754_17533416.jpg


ロックガーデンにさしかかると、川のせせらぎが心地良くて瞑想したくなります。
この日はこの冬一番の冷え込みらしく、所々凍りついていました。

b0173754_1812100.jpg


060.gif心地いい水流の音に耳を傾けてみてください。



しばらく歩くと、どこかで見た光景が・・・マチュピチュ?!

b0173754_1863313.jpg


この岩といい色といい、ペルーのマチュピチュに似ていませんか?(2005年撮影)

ここへ来る半月前に見た夢に出てきたペルーにあるレトロな日系の宿というのはこういうこと?!
ここ御岳山はエネルギー的にペルーと繋がっているというでしょうか。長野の分杭峠と同じですね。

b0173754_030494.jpg


今度は天狗岩が見えてきました。この岩が実は一番険しい登りのスポットでした。

b0173754_18105413.jpg


岩の頂上に天狗様がそびえております。そこまで登れるのですが・・・

b0173754_18111011.jpg


一歩を踏み外したら奈落の底へ・・・という難所だったので、鎖を握り慎重に登りました。
そういう意味では、マチュピチュの対山ワイナピチュと同じ状況に当たります。

b0173754_23264332.jpg

ペルーを旅した時、ワイナピチュは時間がなく登るのを断念したことが唯一心残りだった
ので、この御岳の天狗山に登ったことで、それが達成したかのような感覚があります。
その意味もあってなのか、頂上の天狗の前までこぎつけて満足気な私。

b0173754_18193383.jpg


その先はしばらく小川のほとりを歩き、長い階段を下ると七代の滝が出てきます。
綾広ノ滝の方が存在は大きく感じましたが、しばしマイナスイオンを浴びてみます。
b0173754_18222790.jpg


この七代の滝からゴールまでもかなりの山道、きつい階段や険しい登り坂という難所でした。
そのせいか写真を撮る余裕すらなかった私でした。042.gif

宿坊まであと少しというところに、雰囲気ある古民家風な建物がありました。

b0173754_18264393.jpg


待望の夕食は薬膳で、山菜中心に新鮮な刺身こんにゃく、鮎の蒸し煮など。ご馳走様!

b0173754_18265841.jpg


このたくさんの古時計は飾りだそうですが、動かなくてもタイム・トリップしちゃいそう。

b0173754_1831178.jpg


宿にあった雑誌に山楽荘のことが紹介されていました。

b0173754_18293841.jpg


この宿坊のご主人ももちろん神主ですが、シンギングボールもできるということで、
そのことを尋ねたら、特別に音色を聴かせてくださいました。ラッキー!
チベット僧らとのイベントをした後に、これらのシンギングボールを置いていってくれた
そうです。私の音叉ヒーリングと重なるものもあって参考になりました。お世話になりました!

b0173754_18324929.jpg


ボールの両面には、曼荼羅のような模様が刻まれています。結構な代物!

b0173754_18354529.jpg


060.gifシンギングボールの音色をちょこっとだけお聴きください。




この日の夜もかなり冷え込み、湯たんぽは懐かしく嬉しかったです。

この山楽荘を始め、御岳山の宿坊は今、日本で流行っている古民家、昔がそのままが
残されている「元祖」と思えました。明治、大正、昭和初期の雰囲気を味わえます。

                        「御岳山の奥の院へ参る」へつづく
[PR]
Commented by chiemittii at 2013-02-06 22:33
なぜか、新しい日記のコメント欄がなかったので、こちらに・・・

祠の光、すごいですねーーーーー!!!
すごいキレイーーーーー!!!でもって超クッキリ!!!
バンザイ・ツリーも可愛いいいいい!!!素敵です。
(雪のNYで撮った、雪が枝に積もったバンザイしてた木を思い出しました)

それと、新しい日記とこの日記の両方・・・について、なんですが。

わたしも、このお山にちょっと似た雰囲気のさがみっぱらの山に、この間、遊びに行きました〜。(山がつながってるから似てるのかな〜!?!?)

写真がいっぱい過ぎて、まだ整理できてないんですが・・・(あと、夫婦で行ってるので、ヘタレなわたしは「疲れた〜。またにしよう〜!!!」となってしまって山全体は登り切っておりまへん・・・笑)

でもって、水流の音、CDみたいにクリアー!!!
最近のカメラってすごいですね〜!!!(笑)
Commented by yukistar88 at 2013-02-07 22:27
chiemittiiさん、あら、ありがとうございます。
設定をコメント表示にしているのですが、変ですね。
こちらにありがとう!
光って不思議で、撮影するスポットによって異なりますね。
その土地のエネルギーなんでしょうね。

相模原の山々と近いのではないかと思いました。
地理的にどうなのか・・・後でマップをチェックしてみますね。

この水音、優しくさりげなくで好きです。たまーに聴きたくなります。
来週いよいよQXセッションですね。ご報告楽しみにしています。
by yukistar88 | 2013-02-03 18:44 | 世界の旅 | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧