⑩.浅草三社祭と群馬県の三大パワースポット(赤城神社・総社神社)&それぞれの女子会

1週間が本当に早く過ぎていきます。時間の流れが加速しているようですね。059.gif

*7/25のマヤ暦でいう時間を外した日といわれますが、この説明が適切なよう。

b0173754_10324422.jpg

引用元:Trinity webさんより

★時間をはずした日(緑の日/銀河の自由の日) 7月25日

新年を迎える前の日。
グレゴリオ暦の7月25日を、「13の月の暦」では「時間をはずした日、
/緑の日/銀河の自由の日」と呼びます。

太陽のまわりを巡る地球の公転軌道が、その1回転を完了することを示す日です。

そして、「時間をはずした日」は、13の月や週の枠組みから自由になった、
つまり「時間をはずした」1年の最後の日なのです。

1年=365日は、地球が毎日1自転しながら、
みずからの軌道を歩むプロセス。

そして365回自転すると、地球は1公転を終了する。

この公転を完了する日を迎えてはじめて、
私たちは「地球が太陽のまわりをひとめぐりした」という事実を、
心に刻みこむことができます。

自転という回転。

公転という地球と太陽の関係である回転。

その2つの回転、自転と公転ををつなぎ、バランスをとる1日。

DNAに象徴される自然界の生命のあらゆる動きがらせんであるように、
地球の公転/自転運動がらせん状に進展し、次元スライドを促す日。

今年の成果を乗り越え、それを来年に引き継いでいくという大切な日。

だから、ふだんの生活パターンからも、1年の時間の流れからも、
心身を解放してみることがあなたの心にとって、
身体にとって、大きな意味をもつことになるでしょう。

この特別な1日に意味を感じることによって、
1年=52週=364日の規則的なパターンはひとつの輪としてまとめあげられ、

そして、その輪を閉じることなく、
新しい年に向けて、新しいらせん状の大きな展開をもたらすために
必要な力を生みだしてくれるのです。

*7/26-27は、新月(獅子座にあるとき)で、この3日間は天体の動きが活発な時期でした。


   ****************** 056.gif日本の旅のつづき(最終編) ********************


*5/17、浅草を通りかかった日は、三社祭の真っ只中でした。


b0173754_10374938.jpg


うまい具合に、後方にスカイツリーも見えていました。


b0173754_10373898.jpg


三社祭とは・・・

正和元年(1312)から三社の神話に基づき船祭が始められたと云われています。

 江戸時代には大祭前夜、神輿を観音本堂の外陣に安置されました。

びんざさら舞も堂前の舞台で行われていました。そのことからもわかる通り、

当時は浅草寺と一体となった祭りで、「観音祭」又は「浅草祭」と呼ばれました。

  昔の氏子は観音の縁日にちなみ十八ヶ町あり、南から諏訪町、駒形町、三間町、

西仲町、田原町、東仲町、並木町、茶屋町、材木町、花川戸町、山之宿町、聖天町、

浅草町、聖天横町、金竜山下瓦町、南馬道町、新町、北馬道町、田町がそれでした。

このうち材木、花川戸、聖天を宮元三ヶ町と呼び、すべてを総称して浅草郷とも

千束郷とも云いました。

祭礼は今のように本社神輿をかつぎ廻ることよりも、むしろ氏子十八ヶ町や、

片町、茅町、天王町、黒船町、三好町などから繰り出された山車が中心で、

各町がおのおのの趣向で行列の勢いと絢爛さを競い合ったようです。

この様に昔の祭礼は蔵前筋や浅草橋の各町にまで及ぶ広範囲のものでした。




b0173754_10375505.jpg

下町の女性もキラキラ輝いている!

b0173754_10380336.jpg


b0173754_10380832.jpg



b0173754_10374478.jpg


春の祭に遭遇し、下町情緒たっぷりな祭を見て感じて、新鮮な気分でした!


*5/18,19

群馬県の赤城山へ向かいます。


b0173754_10414232.jpg

b0173754_10420943.jpg


赤城山にある2つの赤城神社を参拝しました。
まずは、三夜沢赤城神社(みよさわ-)」とも呼ばれる中腹にある赤城神社へ。


b0173754_11061699.jpg
天皇家の菊の紋章が・・・

b0173754_11155143.jpg


ここのご神水は有名なようで、各地から水を汲みに来る人が絶えないようです。

b0173754_11070857.jpg


なんでも1998年に、千葉から来た主婦がここで行方不明になったそうで、後から聞きました。
赤城神社主婦失踪事件」とは・・・・・
志塚法子さんは98年5月3日、家族6人と赤城神社にツツジ見物に訪れていたが、正午頃
「賽銭をあげてくる」と言って財布からお賽銭用に101円だけを取り出し、1人で境内の方へ
行ったまま行方不明となった。 志塚さんは身長156センチくらいでやや小太り。
98年当時、約100人が約10日間付近を捜索したが、見つからなかった。
その時の格好は赤い傘を差し、ピンクのシャツに黒のスカート。娘は駐車場から法子さんが境内
とは別方向への場所でただずむ姿を目にしている。
戻らない法子さんを心配した家族はあたりを捜すも見つからず、警察へ通報。
10日間で延べ100人あまりで付近一帯を捜索するも見つからなかった。
参道は山道ながらもよく整備され、崖などの危険な場所や道に迷う箇所もない。
また、ゴールデンウィーク中で神社には沢山の人が訪れていたが、不審な人物や物音を
聞いた人はいなかった。群馬県警にも20件ほどの情報提供があったが、発見に結びつく
有力なものはなく迷宮入りした事件。


とのことです。別次元の入り口があるのか、もしくは誘拐?不思議です。


社殿の横から写すと、このような光が出ました。こんなにパワフルなんですね!


b0173754_11103466.jpg


b0173754_11104037.jpg

最近、神社でよく撮影しますが、ここまでは珍しいかも。

b0173754_11104762.jpg

ちょっと異次元的な光にも感じます。

b0173754_11105373.jpg

更に裏側へ進むと、ご神木がありました。


b0173754_11084193.jpg


女性の子宮を思わせる樹木の空間ですね。

b0173754_11114279.jpg

社殿の反対側へも回ってみました。立派な建築です。


b0173754_11102182.jpg

奥へ奥へと引っ張られるように進んでしまう私ですが、光るものが見えたので行ってみると・・・


b0173754_11165555.jpg


七福神の飾りでした。皓々と輝いていましたよ。

b0173754_11171123.jpg

立入禁止区域かもしれませんが、更に奥へと呼ばれるので行ってみると、巨石が!
撮影してみると、虹色の光が射していました。ここもパワフルですね!


b0173754_11185272.jpg



ここでの参拝を終えた後の空。


b0173754_11201049.jpg

そして、見事なる龍雲が現れました!

b0173754_11202356.jpg


龍の尾が動いているかのよう・・・

b0173754_11201758.jpg

次は、赤城山頂の大沼にある大洞赤城山神社へ。
ここは、中学生時代に林間学校体験で来ていたようです。

赤城神社は全国に300程あるようで、その中の本宮と推測される神社だそうです。
また、赤城姫と淵名姫という美しい二人の御姫様がここに召され神様となったそうで、
女神、女性の願いを叶うと伝えられているそう。それは、1300年代の「神道業」に
記されていて、女性への御利益で有名だそう。


喜びのポーズ?!
b0173754_11302278.jpg
神聖な気持ちで鳥居をくぐります。


b0173754_11305675.jpg

この光景、厳島神社の裏手に似ている。

b0173754_11311107.jpg

巫女さんの姿が見えて・・・


b0173754_11334777.jpg

3つの紋章が意味するものは・・・?

b0173754_11341880.jpg

ここにも巨石!湖畔に1つだけポツンとありました。これも不思議です。

b0173754_11344216.jpg


赤城山の秘境温泉、滝沢館を紹介します。日帰りでの入浴も可能です。


b0173754_11534253.jpg

緑に囲まれた川の畔にあるマイナスイオン浴びての露天風呂は最高!

b0173754_11535023.jpg


もう1軒の秘境温泉-湯ノ沢館は古いですが、露天風呂は混浴で、内風呂はこんな感じ。


b0173754_11541151.jpg

赤城山を下山し、前橋の総社へ。


b0173754_11461132.jpg

この総社神社を参拝すると、県内の549の神社に参拝したのと同じご利益が
あるともいわれています。

b0173754_11463006.jpg

見所は、境内にそびえる2本のケヤキのご神木があり、これは樹齢800年を越えるもの。

b0173754_11484720.jpg


こんな形の樹木も珍しいです!樹木のスピリットを感じましょう。


b0173754_11501553.jpg




もう1本はこちらです。

b0173754_14113906.jpg


b0173754_11502538.jpg

赤城山と前橋とお疲れさまでした!充実な群馬のパワースポット巡りでした。
魂も大喜びで”愛と感謝”です!


教会のようなレストランで、ランチを。063.gif 落ち着く空間です。016.gif

b0173754_13023637.jpg


神社のパワースポット巡りを終えた日の夕焼け空はダイナミックでした。環頂天アークも。


b0173754_11580246.jpg

日本での女子会の様子です。皆さまありがとう!ほろ酔い気分かな。

b0173754_12072460.jpg

グリッドチームは、円卓の中央が真っ赤で、まるで日の丸でございます。

b0173754_12072965.jpg



3人の「ゆき」が揃いました。
ほしゆきさんは東京、もう一人のゆきさんはロンドン、私はNYという
これも偶然ではない出会いですね。初対面とは思えない・・・。


b0173754_12073412.jpg

ほしゆきさんは、ヨガのインストラクターであり、音楽パフォーマー、ベリーダンサー
という多才な女性で、ご主人が単身でNY在住なので、この夏もいらっしゃいました。

名前が同じというだけあって、好みや思考など共通点も多く、ソウルメイトですね。


b0173754_12074242.jpg
                    (7/17)


NYへのフライトでは、初のボーイング787!
快適で落ち着く機内、ウィンドーの明暗調整が自由自在で、
ずっと外の景色が見えるので嬉しい!


b0173754_14103732.jpg


龍雲や日の丸な光も現れました。

b0173754_14064710.jpg

b0173754_12080733.jpg

ということで、長くなりましたが、2,014年4,5月の日本の旅はこれで終わります。

これにて、今回の日本の聖地巡りは終了しました。約1ヶ月間の日本滞在中に
訪れた聖地は、記憶によると、沖縄の斎場御嶽と玉泉洞、久高島の3つの御嶽、
岩手県の龍泉洞と早池峰神社、秋田県の黒又山本宮神社とストーンサークル
大湯環状列石)青森県のキリストの墓、三嶽神社、大石神ピラミッド、福島県の
十文字神社、栃木県の足尾「寝釈迦の霊泉」と日光の二荒山神社と滝尾神社、
東京の浅草寺と増上寺、埼玉県大宮の氷川神社、群馬県の赤城山-三夜沢
赤城神社と大洞赤城神社、前橋の総社神社の22ヶ所でしょうか。
無事にグリッドの旅が終わりましたこと、お礼申し上げます。

ご協力、ご同行してくださったメンバーへ、ありがとうございます。

今回感じましたのは、このように同じ役目、聖地巡りなどしている方々とのご縁が新たに
できたこと。それぞれの担当なるスポットがあるようで、また、そんな意識を高めることで、
次なる旅へもお任せしつつ、導きがあるようです。祝福なる扉へよろしくお願い致します。


そして、読んでくださって、有難うございました!016.gif

最後に、赤城山の露天風呂をお届けします。ビバノンノン060.gif


      




[PR]
by yukistar88 | 2014-07-28 12:50 | 世界の旅 | Comments(0)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧