①.日本レトロ探訪-日本昔話の世界「かやぶきの郷 薬師温泉”旅籠”」&12月メッセージ

*11/15-12/9と日本でした。

今回は行く先々で、昔懐かしい日本情緒たっぷり、

古き良きレトロなものに触れることが多かったです。

歳を重なるごとに、そして海外に住んでいるせいか、

そういった日本の風情を感じるものに、敏感に反応する

ようで、今回出会った日本のレトロを紹介していきます。



b0173754_17403325.jpg



そして、気がつけば今年も残すところあと2週間。

街はすっかりクリスマス一色となり、師走の慌しい時期に突入。

時差ボケの合間に、相変わらずのマイペースで日記を

アップしていきます。


072.gif12月22日は、冬至であり新月(朔旦冬至)という要な日。

太陽の365.24日と月の29.5日の2つのリズムは19年ごとに繰り返され、

その中で、閏月は7回あり12ヶ月×19年+7閏月=235朔望月で一巡。

中国では古くは19年を1章として数え、ヨーロッパでも紀元前から

メトン周期として知られているそう。なので、19年の章の区切りは、

朔旦冬至から始まり、今年の冬至は太陽と月のめぐりのスタートラインと

なるので、2015年に向けてシフトのエネルギーもありそうですね。

瞑想したりグラウンディングしたり、それぞれ感じてみませんか。



b0173754_03554808.jpg



b0173754_03561134.jpg



056.gif11/14,
日本に向けて出発。
機内からダウンタウンがクリアに見えました。



b0173754_04214370.jpg



アンカレッジ辺りのアルプスもクリアに見えて・・・

上空では瞑想も冴えます。


b0173754_04214880.jpg


これは、冒険家-植村直巳氏が眠るマッキンリーですね。



b0173754_04215285.jpg


日付が変わり11/15、見えてきたのは千葉の海岸線。
左手前は、犬吠崎。あの岬に立ってみたいと思いました。


b0173754_04222854.jpg



移動中、館林から見えた富士山。群馬から富士山を見たのは初めて。



b0173754_04223403.jpg



*11/16、朝の散歩に出かけ、朝陽を拝みます。

毎回のことですが、日本に着いたばかりは、時差で早起きに。



b0173754_17492087.jpg



実家の庭には柑橘類が生っています。ナナが見えますか?



b0173754_05590222.jpg


まったりナナ。冬に向うにつれ、ふっくらと。


b0173754_23163462.jpg


*11/17、

既に過ぎてしまったのですが、両親の金婚式祝をしていなかったので、
父母も私も前から行ってみたかったかやぶきの郷 薬師温泉”旅籠”へ。


b0173754_17572531.jpg


薬師温泉へ向う途中に見えた空。



b0173754_18230012.jpg


遠くに見えるは、高崎観音様。


b0173754_17574740.jpg


寄り道は、山盛りこんにゃく芋との出会い。



b0173754_17575085.jpg


ジャンボこんにゃく芋も登場!観賞用だそう。



b0173754_17575530.jpg



白菜が並んでいる。こんな田舎風景が和みます!



b0173754_17580953.jpg


いよいよ薬師温泉近し・・・畑もキラキラしている。



b0173754_18011363.jpg



こちらがかやぶきの郷”旅籠”の正門。

タイムとリップして、江戸時代に来てしまったかのような感覚に。



b0173754_17584362.jpg



山に囲まれたスポットなんですね。



b0173754_18014097.jpg


1つの集落になっているよう。



b0173754_18023979.jpg


紅葉も終わりかけていました。
この瓦葺屋根を見ると、2年前に訪れた白川郷の合掌造りを思い出します。

あるゲストの女性は、「幼少の頃、瓦葺の家で過ごしたので懐かしいです。」
仰っていました。



b0173754_23233653.jpg



幸い、こんなにも鮮やかな紅葉を見ることができました!
さすが日本の紅葉はグラデーションが綺麗です。


b0173754_18132910.jpg



旅籠の集落へようこそ!



b0173754_18024872.jpg


昔ながらの郵便ポストも。



b0173754_18194546.jpg


昔ながらの消防車も。


b0173754_18035373.jpg


b0173754_18193287.jpg


日本一大きい釜だそう。



b0173754_18034969.jpg


数百点もの古美術品を展示している博物館もあり、鎧兜武具・蒔絵・古伊万里・
日本の灯火器など、貴重な品々が。


b0173754_18160322.jpg


寄り道していると、なかなかフロントに着かない・・・039.gif



b0173754_18153891.jpg


キョロキョロ目新しいものが出てきます。




b0173754_18041370.jpg



b0173754_18141593.jpg


この先は「かわや」です。もちろん宿内には現代トイレあり。



b0173754_18040524.jpg


正門から歩いて10分程の奥に宿のエントランスがありました!
そちらでチェックインになります。





b0173754_17584772.jpg


あれれ、なんと自動ドア!



b0173754_17591022.jpg



ロビーも黒木材を基調としたレトロなムードで、落ち着くスペース。



b0173754_18051596.jpg


昔の電話も飾られていました。



b0173754_18080602.jpg


広々とした20畳以上ある客室もどうぞ!窓からは渓流が見えます。

この旅籠は、芸能人にも人気の宿だそうです。



b0173754_18045753.jpg


温泉も人気で、天然自噴の掛け流し滝見露天風呂。

誰もいなかったので失礼して。



b0173754_18061353.jpg



薬師温泉とはこの地に200余年前より自噴する天然温泉で、寛政5年に旅の行者温泉

坊宥明が発見したと伝えられています。



夜には、ライトアップされて黄金に光る紅葉です。
 誰もいない貸し切り!これを平日天国という?!


b0173754_18062108.jpg


夕食タイム。
プライベートを保ち、テーブルごとにパテションがあります。
これなら芸能・著名人も人目を気にせず気楽なわけね。



b0173754_18070222.jpg



囲炉裏で焼きながら山菜中心に岩魚や地鶏など。



b0173754_18071208.jpg



親子3人水入らすの夕食となりました。

遅ればせでしたが、”金婚式”おめでとう!



b0173754_18072743.jpg




長寿を願い、松竹梅鶴など縁起よい掛け軸を見かけました。

黄金に輝く寿エネルギーを感じてくださいな!



b0173754_18075010.jpg



      ②.日本の旅-水沢観音と東京スティへつづく



転載元:Japanese - The Manuscript of Survival さんより
エネルギーアップデイト
2014年12月11日
A short update on the energies

時間は変化しています。時間だけではありません、皆さんのすべてが急速な変化し始めていますから、それを理解しようと四苦八苦していることでしょう。
この先何が起ころうとも、決してしがみつこうとはしないでください。つまり流れを受け入れてください-流れというより、洪水と言った方がいいでしょうね。それも流されてください。抵抗すればするほど、プレッシャーは増すことでしょう。一番有利なのは抵抗するのをやめ、魔法が独自のペースで展開してゆくままに受け入れることです。
それがどれだけ速く展開してゆこうと。皆さんの周りの何もかもが、そして皆さんも、境界線がぼやける時も出てきます。外見上は区別のつかない塊が高速で前に向かって突進しているかのように、分子が集まってできた雲が皆さんの周囲のエネルギー環境と融合しているような感覚になることでしょう。

また比喩を使っていますが、皆さんの存在自体が消えてしまうわけはありません。かつての皆さんだった古いプログラミング全体が抹消するため、この完全なる変遷によって古いプログラミングは跡一つ残ることはないでしょう。ではどうなるの、と尋ねたいところでしょう。
この変遷には難しい挑戦が伴います。皆さんのこれまでの人生では、今や旧態依然ではありますがいくつもの道標あり、それに従って生きてきました。皆さんのバージョンの現実を構成していた古い要素の数々がゴミの山と化し、その道標もまたゴミに格下げとなりますから、空っぽの虚空の中で漂っているように感じるかもしれません。

皆さんを抑えつけてきた一切のものから自由に解き放たれたい、そればかりを夢見てきたかもしれませんが、そういった古い支配力から完全に解放されるやいなや掴みどころとなるものはすべて失ってしまったかのように立ちつくすのです。そして、バランスをとろうとして激しくもがき始める人がたくさんいることでしょうね。皆さんに恐怖を与えようとしてこのようなことを言っているのではありません。
この先、皆さんを待ち受けているものに対して皆さんの態勢を整えるためにお話しています。この先、皆さんがかつて受けたことのないチャレンジが待っています。
これまで皆さんは時に耐え難いほどスローなテンポで、この旅を一歩一歩進んできましたが、これから皆さんは早送りのベルト・コンベヤーに乗ろうとしています。そうなると、昔のペースの方が良かった、あのペースに戻りたいと思う人も少なからずいることでしょう。これからはスローで段階的な登り坂ではありません。急速に上昇させられます。それはまるで古い大気を遥かに越えて軌道上を放り投げられたかのようで、何度か息を切らしてしまう可能性もあるでしょう。


b0173754_23165903.jpg



皆さんが思い切って飛び込もうとしているところを躊躇させるためにこれをお話しているのではありません。私達が説明しているのは、皆さんが「大丈夫だと信じて思いきる」と同意したことによって現れる、第一のサインのことです。
これは他の誰でもない皆さん自身の選択です。私達の仕事はこの先、皆さんがどこに向かっているか、よりよくわかっていただくために手助けをすることです。
もう、砂時計の砂はすべて落ち尽くします。2014年という年もそうですが、皆さんや皆さんの生きている現実を構成していたプログラミングも尽きようとしているのです。そして間もなく、砂時計はひっくり返され、新たにスタートします-新年、そして大勢の皆さんにとってはまったく新しい存在が始まるのです。皆さんにもひっくり返すという動作が起こります。

実に多くのものごとが上下逆さまに、そして裏表にひっくり返され、その間でも全方向が逆さまになります。ただし皆さんの周りの世界はそれほど未知のものとなりはしませんし、大変なことになるわけでもありません。私達が説明しているのは皆さんの内なる風景のことです。初めは不気味なほど見慣れない風景へ変わろうとしています。
しかし、すべては再建プロセスに着手する前の消去のプロセスです。
そのため、皆さんは全員、これから虚空に着地します。それは延々とどこまでも、初めの頃は恐ろしいほどに空虚です。宇宙船から命綱を解かれた宇宙飛行士さながら、宇宙の中を漂っているかのようにたった一人でいるかのように感じたとしても、すべては順調であることをわかっておいてください。
皆さんにはいつも常に内なる声と繋がっており、これから切り離されることはありません。その内なる声がこのプロセスのステップをガイドします。皆さんを新しいホーム(故郷)へと無事に導いてくれます。ずっとあった、皆さんの到着を待っていたホームへと。

これはすべてにとって変遷の時期です。長いか短いか、それは皆さんの個々のプログラミングによります。ですからこれから、一定の段階でどのようになるかを少しばかり説明しておきましょう。
年末に近づくと共に、あらゆるものごとが終わりに近づきます。皆さんの周りのすべての扉が目の前でピシャリと閉められるような感覚になるかもしれません。
皆さんは長居してしまったのかなと思うことが何度かあるかもしれません。ですが、そうではないので、これは閉鎖のプロセスであり、今生でも過去生でもかつて在していたものすべてから完全に解かれることになります。それも個人のものだけではなく、集団レベルで起きます。覚えていますか、現段階では皆さんが個々に行っていることは同時に集団のためにやっています。ですから何に関しても自分だけの問題だとはとらないようにしていただきたいのです。これは皆さんのことではなく、残っているもの・まだある異議ありのものリスト一つ一つに終了のチェックを入れているのです。このリストは離陸する前にチェック完了せねばなりません。もう皆さんは滑走路上にいます。エンジンの回転速度を上げ、出発できる状態になる前にパイロットの皆さんはすべてのアイテムをチェックしなければならないのです。ですから、一部の人にとっては忙しい時期となるでしょう。自ら選択した仕事項目がまだたくさん残っている人もいますからね。また一方で、落ち着かないままに決着をつけた人もいます。




b0173754_23164467.jpg



Channeller: Aisha North
Webpage: Aisha North - Channelings and Words of Inspiration
(翻訳:Rieko)

[PR]
Commented by ayalove343 at 2014-12-24 09:16
Yukiさん、クリスマスですね。 わたしはまもなく帰国です。

ご両親と素敵なところでゆっくりとよい時間をすごされてよかったですね。 お父様、お母様もきっと喜ばれたとおもいます。 
薬師温泉のこちらのお宿、今までテレビでも見たことがなかったのでビックリしました! 本当に古いものがたくさん残っていて、とても興味深かったです。 お湯もお料理もよさそうですね。
Yukiさんが日本に帰国されるたびに、北関東の知らなかったいろんなところを紹介していただけるので、いつもその点も楽しみになっています。

そしてNYの女性の皆さまのパワフルさ、元気さは、NYの冬の寒さも吹き飛ばす勢いでいいですね~
お互いに刺激し合い、また共に楽しくコラボできるかけがえのない、素敵なお仲間ですね。
Commented by yukistar88 at 2014-12-25 09:41
★ ayalove343さん、コメント有難うございます。
クリスマスまではLAなのですね。NYは雨のクリスマスイヴです。

薬師温泉は、結構有名みたいで人気も高く週末はほぼ満室といっていましたので、平日狙いがよろしいよう。
瓦葺屋根は白川郷もそうですが、木の温もりといい暖かいんですよね。
スタッフも愛想も良いし、とてもよくしてくださいました。
まぁ、両親とは18歳から離れて暮らしている分、今会える時に集中して親孝行(つもり)でしょうか。

NYへ戻るなりいろんなイベントが目白押しで、時差ボケもあり全ては無理ですから、ボチボチな感じでした。
今年もあと少しですね。来年もよろしくお願いしま~す。
by yukistar88 | 2014-12-16 05:55 | 世界の旅 | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧