⑥.シャスタ滝三昧と森林浴&浴衣で歩くNY

*8/7/2015
シャスタでのリトリート5日目(最終日)は、McCloud川の下流から上流、
ダイナミックなBurney Fallsという
滝三昧と水の音を聴きながら森林浴ハイキング。
そんな自然界とのコミュニケーションを堪能しました。





妖精みたいな光

b0173754_02174178.jpg



朝7時に集合して、Mihoさんお薦めMcCloud川の中流へ。




b0173754_02182562.jpg


     約30分のドライブ・・・


b0173754_02183021.jpg


   朝陽が燦々と降り注ぎ清々しい!



b0173754_03343987.jpg



     二重富士ならぬ二重朝陽


b0173754_13240947.jpg



       上流方面


b0173754_03410198.jpg


       下流方面



b0173754_02191893.jpg



ターザン紐がぶら下がっていて・・・

日中は、たくさんの子供たちがここで泳ぐらしく。

誰もいない朝一の静寂な空間を3人占めしましたよ。



b0173754_02192213.jpg



朝食後、この日はゆっくりめの出発ということで、
Stoney Brook Innにあるネィティブアメリカンの会堂を模して
創られた木造で八角形の多目的ホールKiva(キバ)を覗かせていただき、
そこで、念願のサウンドヒーリングを少しだけさせていただきました。



b0173754_02194140.jpg


まるで用意されていたかのように(?)クリスタルボールがあったので、
お借りして、サウンドヒーリング・タイムへ!


まずクリスタルボール・アンサンブル

b0173754_02194678.jpg


さも自前クリスタルボールのように・・・音を奏でてみる。

サウンドを終えた瞬間、鳥のさえずりが拍手に聴こえたんですね。ピピッピピッて。
なんだか鳥たちが集まってきてたみたいで、流石に動物たちは波動に敏感?!

私には棚牡丹なギフトでした。ありがとう!Hiromiさん&Mihoさん


b0173754_06314315.jpg




この日の自然散策は、McCloud川のLower Fallsからスタート



b0173754_02202767.jpg



夏は普段ならもっと大勢で賑わっているのに、この時は少なくて・・・静か。



b0173754_02203899.jpg



体がすっぽり入ってしまう岩穴に座り込み。



b0173754_02204612.jpg
 


次に、Mccloud川のMiddle Fallsまで、一人ずつ歩くことに。

風の音、鳥の声、水の流れる音を聞きながら、一人の時間を。

自然とコミュニケーションをとることで、何を感じるでしょうか。



b0173754_02210639.jpg


 4人中、私は後から2番目のポジションに。


b0173754_02211102.jpg


所々、川の側に近づいてみたりします。

人が全く踏み入れていない自然のありのままの姿があって、

この景色を見ていると、胸が温かくなってきて・・・

ジーンと感謝の気持ちが込み上げてきて・・・

「あぁ、私たちが水の惑星 地球に住まわせていただいているんだった。」

ということを思い出すと、自然界へ畏敬の念を抱かずにいられない。

涙が出そうなくらい自然から”無償の愛”を感じました。




b0173754_02211676.jpg



自然を感じながら、ここまで深く感動したのは今回で2度目のこと。

一度目は、アフリカ大陸のモロッコの大平原に沈みゆく夕日を見ながら、
皆で涙したことがありましたが、それ以来の深い感動だったかも。


③.モロッコの旅(偉大なるアフリカ大陸の大自然に感謝):http://yukistar88.exblog.jp/12152533/



滝が近づくと、ゴロゴロと大きな岩が多く見られます。


そして、このトレイルを歩きながら、ここにはいろんな動物が
生息しているのではないかなと思ったわけです。そしたら・・・

後で聞きましたが、私の後、最後を歩いていたY子さんは、
このトレイル中に035.gif熊の親子に遭遇したそうです。ビックリだったて!

幸い熊の方が逃げていったとのことで、Y子さんは、自分の中に
ある「恐れ」が、熊と遭遇したのではとおっしゃっていましたが・・・。

ここは、熊は出ないはずなのにね・・・不思議ですね。
貴重な体験でしたが、無事でよかったです!



b0173754_02212168.jpg


見えてきました!McCloud Falls



b0173754_06315196.jpg




ソフトで優しい滝なんですね。
ここでもほぼ貸切り状態で、静かに過ごせました。
各自、好きなポジションで瞑想タイム。



b0173754_02213801.jpg




*McCloud Fallsの動画







車で移動して、3つ目の滝は、一番迫力あるBurney Falls!

上から見ると・・・


b0173754_02220310.jpg



坂を降りて、滝に近づきます。



b0173754_02225782.jpg



Mireiさんも真剣に撮影。腕前はプロ並み!



b0173754_02222470.jpg



 ここでも普段より人が少なくて、ラッキーだそうで、
Mihoさんいわく、私たちのシャスタストリートは、夏のハイシーズンでありながら、
行く先々のスポットが空いているのは珍しいことなんだそう!

子供たちは、ピョンピョン蛙のように岩と岩を跳んだり、無邪気に水遊び。



b0173754_06354954.jpg





*迫力のBurneys Falls








この滝では、太陽光線と水しぶきのアングルにより虹が良く見えるのですが、
残念ながら肉眼(三次元)での虹は見えず・・・

そしたら、写真に五次元の虹が写っていました!


目に見えない世界の方が90%といわれる世の中、人間の視力で
捉えるのは限界がありますから、こうして写真で見せてくださるのです。





b0173754_03282163.jpg


虹鱒ですね?!フィッシングしている人もいました。



b0173754_02233171.jpg



Burney Fallsの上流まで歩いていくと・・・



b0173754_02233902.jpg



そこは、先ほどまでのダイナミックな滝とは違い静けさだけ。
透明な水が流れ、穏やかなエネルギーのスポットでした。



b0173754_06315869.jpg





*静寂なBurneys Fallsの上流







帰り道に見かけたユニークな雲




b0173754_02251195.jpg



この日のディナーは、最後の晩餐なので、
宿泊しているB&Bのすぐ近くにあるMcCloud Hotelのレストランで。


結構なボリュームで、なかなか美味しかったです。




b0173754_02252479.jpg



食後に、McCloud Hotelのライブラリーで寛ぎます。読書やらせぽい?(笑)



b0173754_02253040.jpg



最後の晩餐を終え、無事にB&Bに戻り、帰宅準備に入ります。
5泊でもアッという間でした。


こちらは、夕日ではなく、翌朝の朝陽で、
山火事の影響で、まだ空が煙っているため
このように太陽の形がくっきりと見えるのでした。



b0173754_02253944.jpg



シャスタ滞在中は、毎日、異なる朝陽が見られました。

美味しそうな太陽?!



b0173754_02254716.jpg



シャスタには、まだまだ他にも滝や湖があります。

それらは、次回のお楽しみということで!




b0173754_12490453.jpg



こうしてシャスタリトリートは、幕を閉じますが、
最終編として、もう1つ紹介したいことがあります。

次回、最終編として、

⑦.本当の古き良きアメリカが残る街 McCloud&NYのレストラン


へつづきます。どうぞよろしく!029.gif





***************072.gif********* NY編 ********072.gif*****************


*8/26、
地球環境問題、伝統文化の見直し、国際交流の促進と平和を
テーマに、着物を着て世界を渡り歩く日本人男性 伊藤研人氏が
この度、NYでの、”Kimono for Peace”のイベント開催したので、
参加してみました。

研人氏は、2011年から3年かけ着物を着て世界放浪の旅に挑んだ
そうで、こちらが彼のブログ↓

「世界放浪徒然草」:http://www.kentoitoh.com/blog


浴衣を着るのは久しぶりで、こういうチャンスがないと
なかなか着ないですし、また、この9月に、日本に帰国するCRSヒーラーで、
女優であり、オーラソーマセラピストであるNanaさんとの送別を
このイベントで、共に過ごしたかったこともあります。


決まっている集合写真!

この筆文字を描いた田中太山氏もカツラ程大きな一本筆を
担いで、参加していました。


b0173754_02260833.jpg


午後1時、ロックフェラーセンター近くに集合。



b0173754_02262723.jpg


着物師匠であるS子さんが、手際よく皆さんの着付けのお直しを。



b0173754_02264668.jpg



ロックフェラーセンター前で。
ダンサーのKaoruさん、幹事役ありがとうございました!



b0173754_02271678.jpg



自然な表情がステキです!Nanaちゃんチャーミング!



b0173754_02270423.jpg



ここは先斗町?と思わせる大御所な、いや粋なお二人さん!
て、どなたかご存知ですね。

まゆともCh.リポーターの桜子さんとマクロビ料理講師のKiyomiさんです。



b0173754_02272574.jpg


帯も美しく決まっています!


b0173754_02273368.jpg


Times Sq.に移動して・・・

右のRanさんは、襟を反対に着てしまいと、とっさにここで着物を
脱ぎ出し、サッサと手際よく自分で着付け直したので、驚きでした!
日本人でなくて、この堂々たる着こなしにあっぱれ!



b0173754_02274282.jpg


混み合うTimes Sq.後ろの人盛りに注目!



b0173754_12143302.jpg



   全員集合@Times Sq.



b0173754_02261852.jpg


約2時間ほど、華やかに楽しく皆さんと歩きました。
街ゆく人からは、声かけられたり、撮影されたり・・・

S子さんは、皆と会う前に、あるホームレスに声かけられ、

「これは着物?映画では着物を見たことあるが、本物は初めて見たよ。
ぜひ着物パレードをしてほしい。」と言われたのだそう。

これも一市民の声であり、皆で日本の伝統なる浴衣や着物で
歩くことも、日本文化を伝えながら平和への貢献なのかも。

そう思っていたら、来ました!

最終のTimes Sq.で、UN(国連)の取材陣が、UNのフィルムに
のせたいということで、全員で「NY国連!」て叫んで出演しましたけど。

とにかく新鮮で楽しい一日でした!


*8/28の午後6時から、研人さんのNY講演会とサウンドヒーラー
Osamuさんのコラボがあります。

*問い合わせ・申し込みは、こちらまで:osamusic@earthlink.net



この日記も長すぎましたね。読んでくださって、有難うございます!039.gif



[PR]
by yukistar88 | 2015-08-28 11:59 | 世界の旅 | Comments(0)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧