⑦.本当の古き良きアメリカが残る街 McCloud&NYのレストラン

シャスタの大自然も素晴らしかったが、スティ先のStoney Brook Innが
あるシャスタの南東の麓にある小さな街 McCloud(マクラウド)は、
私にとっては、大きな癒しをもたらしてくれた。

アメリカに長く住んでいながら、このような素朴な街でゆっくり
過ごしたことがなかったので、とても新鮮な気持ちで過ごせました。

もうすぐ9.11テロ事件から14年を迎えるが、あの事件を境に、
アメリカ人は傲慢だという言葉も多く聞いてきた。
NYという多人種が共存している都会では、表だってなくても
人種差別の壁もある。本当のアメリカ人て?て、どこかで疑問
投げかけてた自分もいて、もちろん全ての人でないが、優しくて
親切な人もいるし、それでもNYの躍動的なエネルギーに染まると、
人々の気質も同化するし、どうしても地方のエネルギーとは
異なって感じるもの。

だから余計に、McCloudに住む人々 皆がファミリーのようで、
そして、誰にでも平等に優しく接する、そんな”ワンネスの愛”に
敏感に反応したのかも。

アメリカ国内はあまり旅していないので、知らないだけで、
こういった街は他にもあるでしょうが、私には良い機会でした。


到着した翌朝のMcCloudから見えた朝陽に照らされたシャスタ山は、
朝一の清々しさもあり、何より印象的でした。



b0173754_14223987.jpg


McCloudは、懐かしい映画「スタンドバイミー」の古い佇まいを
残した町で、この街の平均年齢は、72,3才で、70代はヤング、
80代はミドル、90代でオールドてことらしく・・・
では30-50代は、まだ子供でしょか。


以下、朝夕の散歩で見かけたMcCloudの風景



b0173754_14230654.jpg



街を散策中、通る車のドライバーもすれ違う人も全ての人がニッコリと

声をかけてくれる。昔、林業で栄えた街だそうで、当時は殆どのhouseが社宅と

なっていたので、ファミリーのように過ごしていたようだが、今では過疎化が進み、

人口は半分に減り1,500人程に。



Stoney Brook Innの隣にある木造教会


b0173754_14231365.jpg





山火事のため街の上空は煙っていたので、太陽が薄っすらと見えて・・・
この情景は、幼少の頃に通った田舎の祖父母の村を思い出します。





b0173754_14232285.jpg



b0173754_14235730.jpg



街のカフェ



b0173754_14440681.jpg



朝の散歩中に見かけた住宅街のマリア像



b0173754_14241310.jpg



バス停に描かれているシャスタ山のイラスト



b0173754_14242243.jpg



住宅のお庭に咲く花々



b0173754_15230501.jpg




あるクラフトショップで、手作りの可愛いバスケットを買いました。



b0173754_13023173.jpg



「これください!」と言ったものなら、おばちゃんは

目をまん丸にして、「Really?!」と。

「買ってくれるのぉお」みたいな表情で、とても嬉しそうでね。

心底、感謝の心で接してくれて、優しく見送ってくれて、

私たちの方こそ、胸が温かくなりました。

カウンターにある可愛いお人形を撮影させてね。とOKいただきました!



b0173754_14260321.jpg



雑貨ショップもナイスセレクションです!



b0173754_14260818.jpg




リトリート最終日は、Main St.にあるカフェでランチ。

初めて見た2つの扇風機が回るタイプ。これもレトロアイテム!




b0173754_14261252.jpg



そして、全てが美味しい!

丁寧に調理されている感じしました。実はスープはおまけなんですけどね。




b0173754_14255195.jpg




散歩中に見かけた大きな白い建物は、今は廃墟で、これは何?
昔のホテルかなと思ったら、病院なんだそう。

かつては、ここで出産した人、生まれた人も多く、病院て病気で
入院のイメージが強いですが、出産の場でもあるのですよね。




b0173754_14254190.jpg




この街には、本当の古き良きアメリカが 今でもさりげなく残っている。




b0173754_14234407.jpg




林業で栄えた時代に動いていた列車も残されている。





b0173754_14254696.jpg




小さなMuseumには、貴重なくらいレトロな展示物が勢揃いし、

受付には、リタイアしたおばあちゃんが座っていた。





b0173754_14271202.jpg




これぞ元祖電気パーマ!本物てなかなかないのでは。




b0173754_14272295.jpg



足踏みミシンとか・・・。



b0173754_14273293.jpg



古~いキャッシャーやタイプライターなど、懐かしい展示の数々。



b0173754_13345742.jpg



106年前のMcCloudの街並み



b0173754_14270290.jpg



100年前のシャスタ山は、いまも変わらずにいてくれている。



b0173754_14270632.jpg



そして、今回お世話になったStoney Brook Inn



b0173754_14251317.jpg


朝陽が差し込むダイニングルーム、
陰陽バランスのイラストに惹かれます。
全てはバランスな世界!


b0173754_14303326.jpg


ゲスト宿泊数が少ない日は、丁寧に一人一人にサーブしてくださいます。
大好きなクレープも。


b0173754_14252080.jpg


翌日は、ワッフル。



b0173754_14252724.jpg



いただきます!ご馳走さまでした!



b0173754_14442020.jpg


このB&Bには、日本人が集まっては、体験談をシェアしたり、

情報交換したり、目的意識が同じせいか溶け込むのも早く。





b0173754_13022721.jpg



Stoney Brook Innは、林業で栄えた当時の独身寮を改装したそうです。
以下;


1922年に林業会社の独身寮として建てられ、60年代の林業衰退と

共にホテルへ転換。70年代以降は、ヒッピーのオーナーによる経営で

ヒッピー御用達ホテルとして賑わった。その後、内装は変わったが、

外観は当時の姿を残す歴史的なホテルの経営を継いだのが日本人女性

Hiromiさんだった。2001年からオーナーとなったHiromiさんさんは、

カウンセラーの修士号を取得し、SFで不動産業や人材派遣業で活躍

したキャリアウーマン。しかし、「人間の生き方」についての答えを

求める旅に出て、シャスタに呼び寄せられるように同地を訪れ,

そして、そのままホテル経営を始めたという。


Hiromiさんいわく、「私はシャスタが大好きで、シャスタに

来る人を少しでも歓迎したいんです。ここは心と身体を癒す

リトリート。お金がなくても生きていければいいんですから、

欲張ることはありません」とのこと。


E-mail:
stoney.brook.inn@hotmail.com




もちろん日本食スーパーなどこの街にはなく、和食の食材は2時間かけて
買い出しに行くそうです。

17部屋もあるB&Bを普段は、Hiromiさんが一人で管理されているのですから、

大変なこともあるでしょうが、街の人も必要あれば協力してくれるそうです。


特に夏のハイシーズンは多忙なので、今年は日本からYukoさんがヘルパーとして、

お手伝いされていますが、お二人のお持て成しの姿に感動し、心のこもった

朝食やロビーにさりげなく置かれている手作りクッキーも嬉しかったです。

ありがとう♡


リトリートツアーに一緒に参加してくれた、頼りになる

Mireiちゃん、ありがとう♡


ツアーメンバーのAtsukoさんとYukoさんは、お一人様の申し込み

でも偶然にも、お二人共英語の教師でした。お二人にもありがとう♡


同じ時期にシャスタ入りしたNY在住のMayumiちゃんとも

会えてよかった。レストランに来てくれてありがとう♡


Innで出会った日本からのシャスタガイドもされているKoyukiさん、

Hayatoさんもご縁ありがとう♡



b0173754_14274806.jpg



b0173754_14275429.jpg



また逢う日まで。029.gif


McCloudを後にSF市内まで、再びMihoさんの運転で、
約5,6時間かけて、SF空港へ戻りました。

私たちのリトリートツアーガイドのMihoさんは、深くシャスタを愛し、

長距離ドライブもツアープランも完璧なタイミングで、旅に安心感を

与えてくれました。お世話になりました。ありがとう♡


*美穂さんのブログ:http://medicinelake.blog76.fc2.com/blog-entry-544.html


そして、シャスタを長年愛されたIkuyoさん、この旅を

天国からスピリット・ガイドを有難うございました!

姿は見えなくても感じていましたから・・・


b0173754_15233388.jpg




*8/8

SFO(SF空港)からRed EyeでNYへ。その前に、

SFO内には、Yoga Roomがあるので、Mireiさんと

フライト前にストレッチしました。




b0173754_14281046.jpg



これでかなり体がほぐれたので、特にフライト前に、

フラットに床に寝転べるのは、有難いです!



b0173754_11411437.jpg



そして、マイボトルに蒸留水が汲めるようになっています。

JFK(NYの空港)も見習ってほしいですね。



b0173754_14293592.jpg



b0173754_15293526.jpg


リトリート最後には、全ての人に”愛と感謝”の気持ちでいっぱい!

帰ってきてからも、しばらくその気持ちは続いています。

愛と感謝のエネルギーに包まれているMt.Shastaなんですね。

いつかまたここへ帰ってきますね!




b0173754_14280269.jpg




ということで、7編に渡るシャスタ日記は、これで終わります。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。016.gif


もし①から読まれたい方は、下記にリンクしていますので、どうぞ!





   *********072.gif********** NY編 **********072.gif***********



友人Masamiさんの紹介で知ったMid Townにある

ステキなレストランを紹介します。


今まで、この前を何度も通っていたはずですが、全く気付かなかったです。


それは、MuseumやTheaterのようなレストラン”Lillie's” @Times Sq.





b0173754_14295891.jpg






ドアを開けた瞬間、別世界が広がり、ヴィクトリア朝のゴージャスな
インテリアは、目を楽しませてくれます。



b0173754_14301113.jpg



b0173754_14301670.jpg



b0173754_14311160.jpg





b0173754_14312674.jpg



b0173754_14311800.jpg




❤︎ prefix lunch (ビールかワイン1杯ついて$14~)



b0173754_12033242.jpg



072.gif8/30は、満月、そして次回の新月は9/13で、更に

部分日蝕の日でユダヤ暦の新年とも重なっているそうです。

そして、9/28は、最後の皆既月食によって2000年ぶりの

仕組みが完成するともいわれていますので、瞑想など心がけ

たく思います。


この時期の銀河のタイミングとして:


「8月から私たちは既に、ウェーブXというこの宇宙のガンマ線がどんどん

きくなる中におり、多くの人が2015年9月28日まで日毎にその強さが

増していくのを感じるでしょう。

人類の進化上、この地点は、「イベント・ホライゾン(THE EVENT HORIZON)

として知られています。2015年9月28日は、このスーパー・ウェーブが最高潮に

達する時で、近年の歴史上、宇宙で最も高いエネルギー波です。この日に皆

アセンションするのですか? そうです! 21ヘルツの5次元の周波数近くまで

振動している光の人は、巨大な虚空」という5次元のバリアを突き破ります。

そして歴史上素晴らしい瞬間に、新生地球というものが分かるようになります。」


アトキンス博士(Dr. Simon Atkins)の予想(抜粋)

1)特に、おおよそ8月下旬から9月下旬の9月23日24日、太陽と他の宇宙の

電磁エネルギーが増大して意識の周波数がシフトするだろう。

2)結果として地球の磁場のシールドの弱い圧力場が変化し、地殻変動や

気象パターンが激しく変わる。


その9/23の要な日に、サウンドヒーリングのイベントに当たりましたが・・・

ぜひ周波数の調整をお試しください。


私は、9月は日本滞在となりまして、前にご案内しましたが、

9/4に神楽坂で、9/23は長野にて、瞑想とサウンドヒーリングの

イベントを行います。


お陰さまで、ほぼ満席のようですが、長野での

午前の部の方は、残席あるようです。



*イベントの最終案内です。

http://yukistar88.exblog.jp/24756798/



楽しく、和気藹々な雰囲気で、共に過ごしたく思います。


お会いできますこと、楽しみにしています!



この9月はかなり稼動な月のようで、NYでも日本からのイベントが

目白押しです。からだ会議、断捨離のやましたひでこさんセミナー、

”胎内記憶”研究の第一人者の産婦人科医 池川明先生の講演会など・・・続々。



9月中のブログ更新は、できましたらしますね。029.gif




056.gif今回の盛り沢山なるシャスタリトリート編を①からご覧なりたい方へ↓


①.ヒーリングスポットSF Bay & 初シャスタへ


    
 

④.神秘的なキャッスル&ハート レイクとCA州の山火事+BBQ

⑤.天国のようなパンサーメドウズとシャスタ山ストーンサークル&ピースガーデン


⑥.シャスタ滝三昧と森林浴&浴衣で歩くNY







[PR]
by yukistar88 | 2015-08-30 14:45 | 世界の旅 | Comments(0)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧