①.ジャマイカの空と光・ブルーホール&新年祝レインボー@NY

「一年の計は元旦にあり!」、2016年の抱負は?
初夢はいかがでしたか?

私は元旦の夕方、ウトウトした時に自然災害の夢を
見ましたが、夢判断によると凶夢といえども吉の
意味も多いので、そちらを信じていきます!
ちなみに地震の夢判断は、
「エネルギーの変わり目に遭遇する暗示」
とのことです。

また、私たち人間にも、動物同様の特殊能力が
備わっていて、三脈術(三脈護身法)といって、
身の危険を事前に察知する方法があります。

私も旅、特に乗り物に乗る前など、この三脈術を
利用しています。

脈は微妙にも受け取れるので、最初慣れないかも
しれませんが・・・。

試すのは、行動する24時間以内でよいと思います。

三脈術(三脈護身法):
http://kaiun1.net/tobira/sanmyaku.html




056.gif新年明けて、1/3-8とカリブ海の島へ行ってきました。

この旅もたくさんの光を観させていただきました=「観光」。

いいエネルギーを感じます。


b0173754_04492264.jpg


アメリカと54年ぶりに国交回復したキューバ上空を通過し、
その南に位置するNYから3時間半の距離にある島へ。



b0173754_15441030.jpg


到着寸前の上空では、大きな鳳凰雲と龍雲がお出迎え?!



b0173754_15441620.jpg


本当、生きているように大空を飛んでいました。



b0173754_15442144.jpg


2007年以来のJamaica、9年ぶりの再訪なので、
何か変化を感じるでしょうか。



b0173754_15503702.jpg


ホテルに向う途中で見た ”空を泳ぐ魚雲?!”


b0173754_15460955.jpg


鯨にも見える?!



b0173754_15461731.jpg



Jamaicaも広い島なので、全島一周したら、
10時間以上かかります。

今回のスティは、空港から1時間、
島の西側に位置するNegril。


夕方、早速ビーチへ。
午後6時にはサンセットとなり、
ロマンチックなカップルも!



b0173754_13021997.jpg



ここでは、日替わりサンセットが見られます。



b0173754_15453990.jpg


夕陽が沈んだ後も美しい。



b0173754_13053990.jpg



今回、スティしたRiu Palace Tropical Bay

年始でも西洋地区はクリスマスモードのまま。



b0173754_15470840.jpg


このホテルでは、ステージも日替わりショー

年末年始なので、混雑していました。



b0173754_16084737.jpg


初日は、サンバなどラテン系ダンスで。



b0173754_15563017.jpg



*1/4、
部屋が南向きだったことで、朝夕陽とも拝める
スポットでした。それも珍しい!



b0173754_15473022.jpg


朝陽の光



b0173754_15474959.jpg


ロビーへ射し込んだ朝陽の反射もキラキラと
賑やかに目を楽しませてくれました。


b0173754_05220195.jpg



海水浴が大好きで、水を得た魚状態で泳ぎます。

ところで、この子、白鷺に似ていませんか?



b0173754_15521886.jpg



ヤシの木に生るココナッツ。
じっくり上から見ると、こんな風。



b0173754_15510638.jpg



こちらはナツメヤシ、デーツともいわれる実で、
薬膳に詳しいS子さんからの情報では、マグネシウム、
鉄分、亜鉛、カルシウム、ビタミンKとB、カロチン、
食物繊維が豊富で、代謝アップで免疫力を付けるとのこと。
トルコやギリシャでは、よくドライのを見かけますね。


b0173754_15511702.jpg



100%天然ココナッツジュースをいただきます。




b0173754_13215780.jpg




う~ん、たくさんは飲めないです。046.gif



b0173754_15500981.jpg



ココナッツジュース飲んで満腹の図。



b0173754_15501775.jpg


シーフード中心のランチ



b0173754_15541270.jpg


ジャマイカ人から必ず「ジャマイカは初めてか?」と
聞かれるので「4度目」と言うと、「Welcome back!」
と迎えてくれる。

そう!実は、ジャマイカのリピーターで、お気に入りの
理由は、料理が美味しく、海だけでなく熱帯雨林の
山々に川といった自然の宝庫、そして水が豊富、
そんな付加価値な面もあるからでしょうね。

料理が美味しいのは、インド人の移民が多く、スパイスが
豊富で、そして、何よりコーヒーの王様であるブルー
マウンテン珈琲の産地なので、それも嬉しい。

ワイン同様、その地の土壌と水で育った土地の味を
楽しむのが好きなのです。



b0173754_13063978.jpg


ジャマイカの首都キングストン郊外に、日本のUCC
コーヒーの農園もあり、今では世界中のディストリ
ビュータがブルーマウンテン珈琲豆の買いつけに。
以前は約95%が日本に輸出されていたそうですが、
今はどの程度でしょうか?

なぜブルーマウンテン珈琲が美味しいのかは、
標高800~1200mの極限られた特定の地域のみで
栽培され、年間生産量も非常に少ないので値段が
高いらしいです。

今回行ってみて、9年前より珈琲豆の価格が2-3倍に
はね値上っていました!ちょっと高いんじゃ。

ブルーマウンテンは、島の東部なので見えませんが、
標高2,256m。自然の恵みに感謝です!




b0173754_13063167.jpg



珍しい南国フルーツたち


b0173754_05220654.jpg


ジャマイカの代表的なフードはジャークチキン、
他、山羊の肉、カレーライス、鯛・鱸・鱈といった
白身魚料理、ロブスター、コンク貝料理も。

輸出のメインは、珈琲豆とロブスターで、ここの
ロブスターは日本の伊勢海老型。恐らく中国に
ほとんど輸出されているのでは。
コンク貝は、ピンク色の巻貝で味はややアワビ
にも似ていて、ここでは生では食べず、コンク
スープやコンクフリッターといって、たこ焼き
風に揚げたもの。


フルーツは、バナナ・ココナッツ・パパイヤが
代表的だが、他の種類も豊富で、珍味では
「アキー」という赤い木の実ですね。

これは18世紀にアフリカから持ち込まれたもので、
未熟・完熟期は有毒なので、必ず火を通して。
実の中の黄色い部分が食用で、見た目はスクラン
ブルエッグのよう。ビタミンAとタンパク質が
豊富のようです。

一応フルーツに属しますが、甘味はほとんどなく、
どちらかというとマッタリした野菜のような味で、
魚料理(塩鱈とか)によく使われます。

生は有毒なので、注意!




b0173754_15033938.jpg



ドリンクは、アルコール系では、ジャマイカで人気
ラガー地ビール「Red Stripe」。
ソフトドリンクでは、Tying」という炭酸入り
グレープフルーツジュースもさっぱりで美味しい。

総合してジャマイカン・フードは、スパイスを
ふんだんに使うアメリカ南部のケイジャン料理
にも似ていて、日本人の口にも合います。

以上、Jamaican Foodうんちくでした!




*1/5、
Mr.は、とにかくホテルで過ごすのがお気に入りで、
私は、どちらかというと、色々観て周りたいタイプ。
なので、旅では?!・・・でも別行動が多いです。

ロビーにあった小雑誌の1ページに目が留まり、
ここNegrilにも Blue Holeがあった!
しかもミネラル・スプリング!!

しかし、ツアーで行く程でもなく、車で30分の距離と
いうことで、山奥にあるBlue Holeへ日帰り一人旅。



b0173754_10193935.jpg


カリブ海の島では、たくさんの日本車が走っていて、
特にTOYOTA車が目立ちます。ドライバーいわく、
「中古でも十分新しいから!」と日本車は人気なんです。



b0173754_15550758.jpg



山々の緑も深く・・・


b0173754_13101490.jpg


Blue Holeまでは、山の中をどんどん進みます。
民家もポツポツ見かけました。


b0173754_13100080.jpg



豪華なお家もあれば、質素なお家も。




b0173754_13122472.jpg

b0173754_00390773.jpg


観光業が一番の産業ですが、雨季(夏季)は、
ツーリストも疎らで、この冬季はかきいれ時になります。



奥に進むにつれ、地質が変化してきて、
太古の時代は海底だったと思われる石灰質の
岩が見えてきました。




b0173754_15581347.jpg



ここまでの道のりは結構複雑で、
地元の人でないとわかり難いかも。



b0173754_15582382.jpg



ミネラル・スプリングで泳ぐ入場料$10なり。



b0173754_15583854.jpg



Blue holeは約10mとかなり深く、ダイブもできると
デモで見せてくれたのだけれど・・・

その動画!






これ、無理だってば!005.gif

なので、飛び込まず梯子でミネラルスプリングまで
まっ垂直な階段で降りるが、下を見ると結構怖いかも。





b0173754_15585347.jpg



b0173754_11042542.jpg



下から地上をみると、こんな感じ。



b0173754_11041713.jpg



Mexicoのセノーテの泉を思わせるBlue holeは
足がつかない程深くて神秘的。



b0173754_15591525.jpg




ミネラル含んだ泥パックもできるよと言われ、
少しだけ肌にすり込んでみる。

海水ではなく淡水で、小さな魚も泳いでいました。




b0173754_11043279.jpg




地上で泉に向けて音叉の音を奏でてみた。
が、準備中に、音叉の1本がポロンと落下?
ダイブしてしまい、捧げてもよいかなと
思ったら、ロコボーイが潜って拾ってくれて。
Yahman!



b0173754_14313992.jpg




音叉の音色を聴いてたジャマイカ人は、
「これGood Luckだね!」と。

おつきあい、ありがとうございました!

2007年の訪問時は、島の東部オーチョリオス
(Ocho Rios)にスティしたのですが、緑の洞窟
(Green Grotto)”があり全長11㎞という
大きなものでした。


大昔、そこには先住民タイノ族がシェルターとして
住んでいたそうで、1494年にコロンバスが上陸し、
スペインに占領され、1655年にイギリスに征服され、
そして第二次世界大戦後、イギリスの植民地から
独立という歴史があります。

18世紀はここは天国のような環境で、洞窟が海に
繋がっていた頃はここからキューバに物資を密輸
したり、近年はラムの貯蔵庫としても使用されて
いたそう。

洞窟の周りには、珊瑚礁の岩がゴロゴロあったので、
そこも古代は海底。ジャマイカには火山はなくても
頻繁ではないが地震はあるそうで、1902年に大地震が
起きたそうで、近年では1992年に中型地震、洞窟は
耐震性に優れていて、当時のガイド曰く、その地震時に
洞窟内にいたが、全く揺れを感じなかったという。

そして地震だけでなく爆弾にも強く頑丈なので、アフガ
ニスタンのタリバンが洞窟に潜んでいるのは、何処よりも
安全だからというガイド説。
泉水は透明度が高く神秘的で、この水で顔を洗うと、
5-10歳若返るという伝えがあることも思い出しました。



数時間の一人旅を終えて、ホテルへ戻ると、
ビーチでは、竹捧を持ったスタッフ?!

いえいえ、これビーチでゲストが飲み終えたドリンクの
空コップを重ねたもの。スキルがいるのだよと。



b0173754_16082712.jpg



3日目の夕陽は
まばゆいばかりの黄金の輝き!



b0173754_16004799.jpg


b0173754_16005889.jpg


この瞬間が、一日で一番好きなんです。
今日も太陽ありがとう!


b0173754_16010422.jpg


この夜は、南国ムードあげあげのスチールドラム演奏でした。


b0173754_16085923.jpg
以上、ジャマイカ旅編①でした。続きは次回に。







*1/10

NY地方では大雨が止んだ後に、大きなWレインボーが
出現しました!新年早々縁起良し!

というか冬に虹は珍しく、NY各地で目撃されたようです。



b0173754_16044061.jpg


しばらく虹は出ていました。



b0173754_16060114.jpg



その後の雲もダイナミックでした!
005.gif



b0173754_16060960.jpg


里帰りする前のプッチーくん。
ゴロゴロにゃんポーズ歯が出てるけど・・


b0173754_16065429.jpg


お気に入り玩具で遊びます。
だんだんボロくなってきたので、ママが縫いましたよ。


b0173754_16064629.jpg


さて、車に乗って出発するよ・・・ギョッ?!
耳が立つ!

b0173754_16063406.jpg



車で輸送中?!見てんじゃにゃーよ。」
b0173754_16070344.jpg




「一体どこへいくにゃ?」 
「通称ジジババて呼んでいる実家だよ。」


b0173754_16071057.jpg


ほら、子分たちもお待ちかね。

半年間住んだ実家、思い出したようで、ホッとした様子。


b0173754_16072015.jpg




実家での様子は、こちら:
http://blog.livedoor.jp/rf0106/



カリブ海の名物であるコーキー、コーキーと鳴く蛙の声。
夕方になると鳴き出す。
これが安らぐ鳴き声出、シェアします。







https://youtu.be/NaN5pBlR-T4



②.ジャマイカの海とNegril名所へつづく





[PR]
Commented by すっとこばぁば at 2016-01-14 00:03 x
ひゃー!ジャマイカだ!
ハリーベラフォンテの♪さらばジャマイカ
が入ってるLP(大昔ね)持っていたので
「ジャマイカってどんなとこジャマイカまいか」
とずーっと思ってました!
Yukiさん旅行記で自分も行った気にさせて頂こう。

しかし Blue Hole ってそげに深いんdeSky。
ブルブル。自分にはとうてい飛び込みは無論
長い梯子をよう降りていきまっせーん。

Wレインボー よく写真撮れましたね!
全体が見えて素晴らしい!

プッチーの写真、Yukiさんが見たいでしょうと
毎日アップルしているばぁばですよん。
プッチー王子元気一杯です!きのうはねこゆみ
さん来訪。王子様 大張り切りでした!
Commented by yukistar88 at 2016-01-14 14:39
すっとこさん、コメントありがとう!
NYからですと3時間半で行けますので、いかがでしょう?
好奇心旺盛なわたくし、「ブルー」と名付くものには興味ありありです。

丁度ジムで東向きに走っている時に、虹が現れたので、
走るの中断して外に出ましたよ。

毎日プッチー日記をありがとうございます。
テーブルの上のっちゃいますよね。
我が家ではお水をもう1つテーブルの上においてまして、
なぜならテーブルの上にあるとても清水とはいえない
プラントが入っている方を好んで飲むので、
それ防止のためなんです。

猫由美さんともデートとは、なんて幸せな王子でしょう!
夜中にこっそり伺いますね。夢の中で・・・
by yukistar88 | 2016-01-13 12:59 | 世界の旅 | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧