⑤.ナバホ族の聖地モニュメントバレーに見た神々の像とブレッシング雪&時間と空間

1ヶ月前の旅ことを投稿していますが、既に
3ヶ月くらい経っているような感覚があります。

時間の感覚は、人それぞれの意識によって違う
ようで、時間と空間とは、実際の創造において、
そのプロセスを体験する目的で創り出される。
時間とは、自分自身をある方法によって体験する
ために、意識によって創られた任意の幻想だと、
バシャールはいいます。以下;



b0173754_08410507.jpg



以下、「時間と空間」に関するメッセージ:

時間と空間は、意識においての波動であり、
皆さんが云う物理的体験をするための参照と
なる枠組みです。
時間と空間と呼ぶ、波動的参照となる枠組み
なしでは、物理的体験をすることはできません。
つまり皆さんの意識レベルによって創り出
された時間と空間は、皆さんの意識に、骨組み、
フィルターのようになって、それをとおして
物理的存在として自分自身を体験しているのです。
その枠組みなしでは、物理的体験はできません
時間と空間は、実際に創造において、プロセスを
体験する目的で創り出されているのです。
なぜなら時間と空間がなしでは、全ては即座に
創造されるからです。

皆さんがプロセスという体験をするには、
自分自身に課した時間と空間という意識の
枠組みが必要なのです。それは、ヘルメットを
かぶり、ゴーグルを通して見ているようなもので、
特定の見え方を創り出します。
それがなくては、特定の見え方、視点を持つ
ことはできません。よって時間とは、自分自身を
ある方法によって体験するために、皆さんの
意識によって創られた任意の幻想なのです。
そのある方法には、プロセスを体験する能力と
いう概念が関わっているのです。それは、高次の
領域において、単に瞬時に創造されるのとは
対照的に、行動によって創り出されます。

自分たちの体験において、時間をそんなに
構造的に創り出す必要はないと理解しています。
必要なときは、ツールとして利用します。
例えば、皆さんのような文明と話しているとき、
タイムリーに交信するよう、皆さんの時間の
周波数、時間の感覚を特定する必要があることを
わかっています。
しかし、私たちの現実では、そのように時間を
体験することは殆どありません。時に時系列な
体験も全くしません。

私たちの意識は、タイムラインをとても頻繁に、
自由に、流動的に上下に行き来します。
よって、私たちの焦点・意識において、自分達
望む場所だけではなくいつでも可能なのです。

人によって違う時間、
既に皆さんの惑星において体験している
ことを例にあげましょう。
楽しく過ごしているとき、時間は早く
過ぎ去る(光陰矢の如し)という諺が
ありますね。皆さんが好きなことをしている時、
時間の経過をそれほど体験しないことを認識
しているのです。それに対して没頭している時、
情熱をもってやっている時、30分くらい
経ったかな・・と、ふと顔をあげます。
実際には、5時間経っています。
皆さんは、”あれ、時間はどこいっちゃ
たんだろう・・”と思います。
時間は、どこ、いつというものではなく、
皆さんが時間の経過を無視したわけでも
ありません。集中して、実際に30分しか
経っていないように感じています。

実際には、30分しか年をとっていません!
残りの世界は、5時間年をとったの
かもしれません。

皆さんが、再び彼らの時間枠に接続すれば、
彼らについて行くことができます。
よって、あなたは、彼らと遅れることなく、
今までどおり、”5時”に同意します。
もし皆さんが、本能的、物理的にその間、
30分間という時間を体験したのなら、それが、
あなたの現実において創り出した全ての時間です
皆さんが年をとったのはたったの30分だけです。
このように時間は、流動的で柔軟性があります。
それ故、常にその瞬間を生きて、好きなことを
する事がとても重要なのです。なぜなら時間を
必要以上に創り出しません。すると、皆さんは
より年をとりません。このように機能しています。
(by バシャール)

知り合いの年配の方は、いつもとても元気なので、

「元気の秘訣は何ですか?」と質問したら、
「好きなことしかしていないからね。」とのこと。





   ************ 056.gifアメリカ大自然の旅のつづき *************


セドナから3時間北上して、アンティロープと
ホースシューベンドへ寄り、更に2時間走った
ところにあるユタ州にあるナバホ族のリザ
ベーション(居留地) Monument Valleyへ。

その前に、道路の両サイドに奇形な岩が見えてきて、
これはMonument Valleyへのゲートのように
感じました。


b0173754_08514052.jpg


特に、右側の岩山に惹かれるものがあり、
以前、この地を旅行した友人から聞いたの
ですが、Google Mapには出ていないらしく、
右の岩山は、Agathla Peakというそうです。

他の岩山とは一味違うように感じます。



b0173754_09074353.jpg


夕方5時頃、ようやくMonument Valleyに到着。

西南部のユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて

広るモニュメントバレー。

メサといわれるテーブル形の台地や浸食が進んだ

岩山ビュートが点在し、記念碑(モニュメント)が並ん

でいるような景観を示していることから名が付いた。



b0173754_08451223.jpg


やってきました!
Motoiちゃん、
ロングドライブお疲れさまでした!


b0173754_09091575.jpg



アメリカの雄大なる大自然モニュメントバレー
やっと、ここに来ることが出来たと実感!

これが有名な手袋岩”ミトンズ・ビュート”



b0173754_09383911.jpg


目前が岩山というロケーションのThe View Hotel
窓からの眺めです。鮮やかな赤土ですね。


b0173754_09403969.jpg


夜になるにつれ、お天気が不安定に。
風も強くなり、明日の観光はどうなる?
それもお任せね。

もう遅くなったので、ホテルでゆっくり夕食を
して長時間ドライブしてくれたMotoiちゃんを
皆でヒーリングして、少しだけ酒盛り?!
いえいえ、ユタ州は、アルコール禁止なので、
酒はありませんです!


夕食に、ナバホ風タコス(Navajo Tacos)を
いただきました。


b0173754_13472165.jpg



The View Hotelは、ペルーのプーノという町、
ティティカカ湖畔にあるホテルに似ていました。



b0173754_10055614.jpg


b0173754_10060688.jpg


*3/29

朝、起きると、天気が怪しく・・・
残念ながら朝陽はこんな感じで・・・
空は雲に覆われてきました。



b0173754_10091969.jpg


どこか神々しくもあり・・・


b0173754_10093304.jpg


朝食を食べている時、何気に外に
目をやると、白いものが舞っている?
ん?!雪!!まさかの雪にびっくり!005.gif


b0173754_10140318.jpg


この時期にMonument Valleyに雪が
降ることが、どんだけ珍しいことなのか?
とにかくビックリ!

どんな降りっぷりかというと・・・吹雪並み!










しかも視界悪く、何も見えない・・


b0173754_10190645.jpg


b0173754_12361409.jpg



予定では9時にモニュメントバレー観光へ
出発するつもりでしたが、暫く様子を
みようとホテルで待機。

日本からツアーで来ていたグループは、
この雪の為、諦めて観光なしでこの場を
去ってゆきました。折角来たのに・・・
雪景色で終わってしまったそう。

ロビーに、雪のモニュメントバレーの
絵がありました。



b0173754_13444517.jpg


お天気の様子をみながら待機していると、
雪は止み、太陽が出てきて・・・眩しい!
その眩しい光の中からビリビリとくるものを
感じたので、撮影してみると・・

そこには、エンジェルの姿が!


b0173754_12491473.jpg


この吹雪は、わずか2時間ほどで
止んでしまい、単なる雪ではなく、
blessing snowだったのではないかと・・・



b0173754_12580997.jpg


雲もなんとなくはじけている?!



b0173754_12564191.jpg


実際にモニュメントバレーの岩山を巡ってみると、
想像以上にスケール大きいこと実感!


b0173754_13082487.jpg


b0173754_13012149.jpg


それぞれのロックの形もユニークで、
自然の彫刻作品にも見えてくる。
だからモニュメントて云うのでしょう。


b0173754_13123518.jpg


ナバホ族の戦没者のメモリアルもありました。



b0173754_13074682.jpg


野良犬がやってきたので、無意識に日本語で
「おすわり!」と言ってしまったら、
本当に座った。言葉じゃないエネルギーで
察知?!とりあえず座ると餌がもらえるのよね。
なので、クッキーをあげました。



b0173754_13115026.jpg



そして、雪が降り台地が湿ったことで、
乾燥地帯の雑草グリーンが一段と鮮やかに
蘇ったのです!


b0173754_12591321.jpg


b0173754_13000516.jpg


中には、神殿に見えるロックもあったり・・



b0173754_13004250.jpg



それぞれのロックを巡っていると・・
一際パワフルな巨石岩にいきつき、
近づくようにといわんばかりに吸い込まれて、
接近し高台へ上がりましたが、強風のあまり
目前で断念。
特にこの岩は恐れ多い感じがしました!



b0173754_13265884.jpg


ここからは第三の目で見てくださいね。

この巨石岩、最初はツタンカーメンに見えていたのですが・・・


b0173754_13363664.jpg



次第に、インディアン酋長に見えてきました!



b0173754_13372754.jpg



ロックの模様が下記の対比となる
神々となって浮き出てくるのです。

どこのガイドブックにも載ってない
と思いますが。(笑)



イスラム教の師モハメッドの娘
”ファティマの手”

b0173754_13381683.jpg


聖母マリア


b0173754_13400074.jpg


仏陀


b0173754_13404617.jpg


イエスキリスト・・・
と上にはメキシコの聖母マリア、
グアダルーペの姿も見えます。

b0173754_12341655.jpg


グアダルーペの聖母とは、メキシコシティで
カトリック教会に改宗したアメリカ大陸
原住民族・フアン・ディエゴのもとに
起こった聖母の出現である。


b0173754_13413161.jpg


単なる岩山ではない!このMonumentというのは、
ネーティブアメリカンだけの聖地ではなく、神殿や城、
そして、全ての宗教が集結しているワンネスの地で
あることを発見。そんなナバホ族の聖地に圧巻でした!



b0173754_13425532.jpg


静寂で、大地の愛のエネルギーに包まれています。


b0173754_12030545.jpg


バレーロードからの景色。


b0173754_13431162.jpg


十分にモニュメントバレーを堪能し、この後は
1ヶ所観光して、セドナ経由でPhoenixまで
戻るので、約6-7時間のドライブです。


台地の色が雲に反射してピンク色に。



b0173754_13494613.jpg


アミーゴカフェでランチをしました。
有名らしく…


b0173754_13514647.jpg


ここの名物であるPork Posole with fry breadをオーダー。


b0173754_13520102.jpg


チャンドラーという名のウェイターもナバホ族で、
彼は、私のマインドを透視しているかのようでした。
もしや過去生で家族とか?!


b0173754_13543998.jpg



今回の旅の最終観光スポットは、
Kayenta Wupatki Indian Ruin(ウパオトゥキ遺跡)。

ここは、Rt.89北東30miles辺りのセドナの隣街、
フラッグスタッフで、古代遺跡とblowholeがあります




b0173754_13593730.jpg



この遺跡周辺に、ホピとズーニーとナバホ族の
先祖が住んでいたそうで、彼らは、約800年前に
忽然と遺跡を残したまま消え去ったそうです。



b0173754_13590022.jpg

乾燥地帯の荒野が広がっています。


b0173754_13590851.jpg


b0173754_13591857.jpg


b0173754_13592906.jpg



大地が呼吸する穴”The Blow Hole”があって、
地底からエアーが吹き出しているのです。

カイバブ石灰岩の地下が地震などの地殻変動で
すっぽり穴が空き、地下の地下からすごい勢いで
エアーが吹き上がっています。

下から空気が吹き上がる時もあれば、地上の気圧が
穴よりも高いと逆に穴の下に向ってエアーが吹き
込まれるとか。

この大地の呼吸ポイントにて、グラウンディング!

大地の呼吸ポイントは、この辺りにいくつか発見
されているそうですが、一般公開はここだけのよう。


https://www.nps.gov/wupa/planyourvisit/upload/breathing%20earth%20fourth-2.pdf


b0173754_13594753.jpg



セドナへ再び戻ることになり、その途中、
Sunset Crateから再びSan Francisco Peaksと
夕陽を眺めます。


b0173754_10345474.jpg


この時、山頂にかかる雲と太陽から
神聖なるエネルギーを感じました。



b0173754_10345976.jpg


これが、聖山サンフランシスコピークスのエネルギーね。



b0173754_10350435.jpg


Phoenixに到着したのは、午後9時でしたでしょうか。
Phoenix空港(PHX)近くのLa Quintaに泊まり、
翌日3/30にNYへ。



*3/30
空港へ向う途中で見えた朝陽。
最後の最後、帰る日の朝陽も
しっかり拝ませていただきました!



b0173754_10372042.jpg



決して楽ではなかった連日のセドナでの
トレッキング、このメンバーで旅が
できたことも偶然でなく、泣いたり
笑ったり、皆にとっても気付き多きの
”てんこ盛り”な5日間でした。



b0173754_00575186.jpg


漸く雄大なアメリカの大自然に触れることができた、
最後まで無事に旅ができたこと、ネーティブ
アメリカンの地、この旅で出会った人々に感謝し、
旅のアレンジ、ドライバーやツアーガイドを務めて
くれたMotoiちゃん、本当に良い旅をありがとう!
皆さん、ありがとうございました!



b0173754_00545129.jpg



NYに戻り、夕陽が当たるビル群れを見て、
セドナでの朝陽が当たるレッドロックが
浮かんできました。

自然 vs 人工 どちらも素晴らしい共存の世界。

あれだけトレッキングしたのに、誰一人
筋肉痛にならなかったのは奇跡でした!
エネルギーをチャージさせていただきました。


b0173754_12362516.jpg



最近のプッチーくん。

片耳隠し芸・・・まずは左耳。


b0173754_10371258.jpg

今度は右耳。


b0173754_10373198.jpg

居眠り中。

b0173754_10373972.jpg


なに、見てる~?!


b0173754_10374703.jpg


最後まで読んでくださって、ありがとうございます!029.gif



モニュメントバレーをボリショイ・バレエて言ったのは誰かな?(笑)



055.gif モニュメントバレー・ナバホ・トライバルパークについて:

もともとはナバホの聖地であり、彼らの
生活の地であるため、公園内は一般の
観光客が許可無しで入ることが出来る
観光用道路と、ナバホ人が運営するツアーで
のみ見学出来るエリアがはっきりと別れる。
はるか2億7千万年前の地層であるナバホ・サンド
ストーン(砂岩)がこの地域の主役であるが、
当時川底であったこの地域、鉄分を含んだ
砂が沈泥して堆積し、現在よりもはるかに
濃かった当時の酸素濃度が鉄分の酸化を促し、
茶褐色の地表となった。3千万前頃活発
だったロッキー山脈造山活動で隆起した
コロラド台地には、上流からコロラド川を
中心として川が流れ込み、それによって
削られた深い渓谷や山間台地が点在して
いるこの地域だが、現在でも風化や雨水に
よる浸食は進んでいる。
現在はナバホ人が居住しているモニュメント
バレーであるが、1200年代にはフォーコーナーズ
(コロラド、ニューメキシコ、ユタ、アリゾナ)を
中心としたこのエリアには30万人以上もの先住
民族が生活していたと言われている。現在も
当時の遺跡が次々と発見されているが、
どの遺跡も当時暮らしていた民族が1300年頃を
境に忽然と姿を消しこの地からいなくなって
いる事を示している。1800年代に入ってから
現在に至るナバホ人が定住するようになり、
白人からの略奪、迫害に耐えて現在に至っている。
モニュメントバレーの観光化は1930年代、
映画監督のジョン・フォードが映画撮影に
使用するためにこの台地に道路をしいた頃
から始まった。
現在公園内を通る道路は、ほとんどが
映画撮影のために作られたものである。
この地を舞台に撮影された映画は今日に
至るまで数多くあるが、中でも有名なのは
ジョン・ウエイン主演の「駅馬車」
「黄色いリボン」「荒野の決闘」「アパッチ砦」、
そして「2001年宇宙の旅」、「バックトゥザ
フューチャー3」、「フォレスト・ガンプ」、
最近のものでは「ウインド・トーカーズ」等。



[PR]
Commented by すっとこ at 2016-05-03 21:17 x
うっわーーーーーーーーーーん!

地球上に こんな風景があるのか、という
お写真ばかりですね。素晴らしい!
雪の祝福も こんなことってあるのでしょうか。

そして
〆は やっぱり プッチー王子!

やっだーーーーーーー。
くるんと曲げた手っ手に胸キュンですよ。
もうじき会えるかと思うと更に胸キュンキュン!!
Commented by chiemittii at 2016-05-04 00:42
いやあ、写真も日記も、堪能いたしました!!!
で、やっぱり、行きたくなっちゃいました〜!!!好きな土地の色、好きな空の色すぎる〜!!!
・・・ってことで、ホーリースピリットに頼んでおきました!!!
あとは、ちょうど良いタイミングで行けると信じて待ちます!!!笑。(そう、あの、モニュメントバレー内のホテルも、憧れのホテルだったのです!!!前回の時は、離れたところに泊まったので)

第三の目、シリーズは、おもしろかったです!!!
Commented by chiemittii at 2016-05-04 07:53
おおおおお。コメントできてますね!!!
よかったよかった!!!

で、思い出しました!!!
時間の話!!!

・・・だから、「好きなことをやっている人って、なんか、若いのか〜」と納得いたしました!!!(絵描きとかも、なんか、「死ぬ(直前)まで元気」みたいな人、多いような気がする・・・)
Commented by yukistar88 at 2016-05-05 14:36
すっとこさん、ありがとうございます!
はい、やっとこ北アメリカ大陸の大自然に触れたことで、
広ーいでかーいを実感しました。

「かわいい」と言うと、この手をくるんと曲げるようです。
ぶりっこ系入っているかもしれません。お試しくださいませね。

Commented by yukistar88 at 2016-05-05 14:42
超お久しぶりでした。ありがとう!!
元同じブログよしみでしたので、嬉しいでっす!

今、chiemittiさんも陶芸しているのは、やはり土に触れること
したいてこともありますよね。奥が深いし、本焼までが勝負!
モニュメントバレーの辺りて、確かにホテルはほとんどなかった。
このThe View Hotelは、目の前でしたので、貫禄ありました。

雪降ったのは、忘れられないですね。
第三の目シリーズは共感してくれますでしょうか?

好きなこともですが、本当のところ生きがいでしょうね。
私も好きなことだけ心がけております。ずっと若くましょ!

Commented by Chii at 2016-05-16 16:19 x
うす目を開けてるプッチ~王子可愛い~❤
ゆきさんの気配に、『…何だろう?写真か』って感じですね。
Commented by yukistar88 at 2016-05-17 00:33
「また写真撮っているにゃ~」てあきれている感じでしょうか。
まっいいかっ!てね。
以前は夜中に起きていましたが、数ヶ月前から
人間と同じサイクル・・・早寝早起きの健康リズムになりました。
by yukistar88 | 2016-05-02 12:11 | 世界の旅 | Comments(7)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧