弥勒求道式とNY式部会卒業式の送別会&音の起源

NYのイベントコーデイネーターであるYoshikoさん宅にて、弥勒求道式が行われたので参加しました。
弥勒求道式とはなんだろう?と最初解りませんでしたが・・・そういうYoshikoさんも日本で受けてみて、どう説明していいものか、詳しいことはお伝え難いとのことでしたが、Yoshikoさんが人にお薦めすることは良き事であること、周りの友人たちも抵抗なく受ける気満々にて、秋分の日というタイミングで受けられる。そして、来米していた胎内記憶研究の池川先生も受けたことがあるそうで、今回同席されるということで行ってきました。

*9/21
NJ郊外のYoshikoさん宅に向う途中で見た太陽は、なんとなくいつもより神秘的な感じがしました。秋分の日ということもあり、この日からエネルギー的に変化があったようですね。



b0173754_14394159.jpg



今の時代、お釈迦様から弥勒の時代に変換されてきているといいます。



b0173754_14394669.jpg



*弥勒参拝求道式について:

弥勒参拝求道式とは、本当の自分自身、この一身を主宰している偉大な働きを知ることです。
「玄関」と呼ばれる、自分自身の本質の扉が開かれることによって、喜びや幸せが自然に表れ、周囲に起こる出来事の真の意味を理解し、それらを生かして、より豊かで楽しい人生を送ることができます。

扉が開けば出入りは自由自在であるように、自らの中の智慧や慈悲を活用し、無限の可能性を引き出すことができるのです。また、「弥勒の祝福」を受けることであり、弥勒様に導かれた幸せな人生へと変わっていきます。


弥勒様は新しい時代の救世主といわれる佛様です。
笑いの佛・ハッピーブッタともいわれ、幸運・財運・健康運を招く佛様として、世界中で親しまれ、信仰されています。

「弥勒」と聞くと、国宝の「弥勒菩薩半跏思惟像」を思い浮かべる方や、笑顔あふれる弥勒像を見て、布袋様と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、どちらも弥勒様のお姿の一つと言われています。
弥勒様は、かつて何度も人の身を持って転生され、世の人々を救われ、来るべき弥勒の時代への準備をされてきました。

はだけた衣、大きなお腹、あふれんばかりの笑顔、弥勒様のそのお姿は、執らわれのない、明るく素直な心、全てを受け入れる大きな心を表しています。

その大きな慈しみの心を以て、世界中の人々を救い上げ、この世界を喜び・幸せにあふれる地上天国と化し、この地球上に佛国世界を建設するというのが、弥勒様の大いなる願いです。

今まさに弥勒の時代に入り、その福音が世界中に伝えられています。


http://dotokukaikan.com/shrine/




この弥勒求道式をとり行う巫女的な女性3名は日本からいらっしゃいました。

儀式は、午後1時半から開始、約20名程の参加者で1時間はかかりました。

儀式後は簡単な教えも説明してくださいます。とても役立つお話も。

その後は、野菜だけを使用したお料理をサーブしてくださり、+(プラス)

参加者全員の持ち寄りデッシュもあり、かなり華やかな食卓に!




b0173754_14403122.jpg


お肉は一切なく焼き鳥でなはく高野豆腐だったり、イカでなくナタデココだったり・・
あわびに見えてなんだったかな?とにかく野菜三昧でした。


池川先生の音頭により乾杯!068.gif



b0173754_14403621.jpg


「わぁ~美味しそう!」と皆さん、お料理を眺めたり撮影したり・・・。



b0173754_14404273.jpg


儀式後は、なんとなく若返ったのでは?!と・・・いやはや。
受けた感想として、すぐにどうこうはありませんが、背筋がピンと伸びました。
こうして仲間と一緒に受けられたことも喜びであります。私は、うさとの洋服を着ていきました。



b0173754_14404792.jpg



弥勒求道式は、今や世界中に広まりつつあるそうです。

たとえば某宗教団体のメンバーの方も受けたりと、弥勒自体は宗教という感覚はありません。
皆さん清々しい表情に!



b0173754_14405321.jpg




*9/22、
CRSにて、胎内記憶研究家、医学博士で産婦人科医の池川先生の講演会がありました。
昼の部は、「幸せな子育てって何だろう?」、夜の部は、「人生はいつでも変えられる」と「経皮毒」について。

子供たちの生まれる前の記憶をたどると、共通する内容を語るそうで、自分で両親を選んでやってきた/、親を救うため・地球を救うためにやってきたという子供が多いこと。

経皮毒では、皮膚から血液へ、53%毛穴から入るそうです。1日2回シャンプーしていた人が出産時の羊水がシャンプー臭かったこともあったそうです。妊娠中のお母さんの感情によっても羊水が変化するそうです。また、垢がボディを守っているので、入浴の際、あまりゴシゴシと体を洗う必要ないそうです。タモリさんが実践していますよね。
腸内環境のことでは、腸の働きにより幸せ感が異なるのだそう。デトックスとは、便が70%、尿が30%、爪と髪は1%、胆汁としても出るとのこと。
そして、最後に重要ポイントとして、今の時代に求められているのは女性の慈しみ・母性であり、男性並みに競うことなく、女性エネルギーに戻ることで平和な時代がやってくるのだと。そのせいか、今年は女性のリーダーのご活躍が目立ちますよね。男性並みの方も多いですが・・微妙?!



b0173754_14540849.jpg


もっと沢山の素晴らしい内容がありましたが、昨年NYにいらした時の桜子さんによる「まゆともインタビュー」をご覧ください。更に良きメッセージがありますよ。



https://youtu.be/I7Hy8_CPAp8









*9/24、NY式部会は、2011年秋に発足し、この5年間、多くのNYや日本からの先生によるお料理やヨガクラス、コーチングやヒーリング、美容や健康などの講演会など、各種クラスとイベントが行われてきました。そして、NY式部会理事長の理恵さんは、この9月で日本帰国となり、理恵さんの送別会がNY式部会最後のイベントとして開催されました。

送別会参加者からお花を贈りました。




b0173754_14580109.jpg


送別会では、感謝の気持ちを込め皆さんと1つになり、Megumiさんのサイマソニックと共に私もサウンドヒーリングをさせていただくことに。式部会の最後に光栄でございます。



b0173754_15145437.jpg


幹事を務めてくださったMegumiさんの挨拶からスタート



b0173754_12285893.jpg



約30名の参加者を周りながら、音とバイブレーションをお届けさせていただきました。



b0173754_15034048.jpg


b0173754_12134427.jpg


サウンドヒーリングの後は、Keikoさん手作りのアイシングクッキー贈呈!
まるで卒業証書授与のようなシーンに。「卒業おめでとう?!」



b0173754_15061893.jpg


これ!ベルサイユ宮殿グッズじゃないですよ。クッキーなんです!宝石のよう!

ケールなどの野菜も使用しているので、甘さ控えめでなんとも美味しい!



b0173754_12344716.jpg


カップケーキも手掛けているそうで、私の中のカップケーキの概念が覆されました。見た目も豪華で甘さ控えめで美味しい!


b0173754_12345317.jpg



Keikoさんも巫女さんのような方で、そしてお値段もリーズナブルなんです。


こちらがHPです:http://www.cakesbykoko.com/shop-in-brooklyn-2




このクッキーには皆さん魅了され写真撮りまくる。



b0173754_14250602.jpg


最後に本日の主役である理恵さんから御挨拶。
NYに赴任された時はお友達もいなくて、寂しかったそうです。


b0173754_14575286.jpg


香港、ロンドン、NYと計21年の海外生活を経てきたそうで、こうしてNY生活を後にいよいよ日本へ。
今後は北鎌倉にて「青木山荘」として、同じように自宅を開放し皆さんのお役に立てていくそうです。
自宅を開放するには、ご主人のマロッチさんやご家族の協力もあってですから、なかなかできることではないですね。感謝!

NY式部会では、女性の活躍の場として応援してくださり、また子育てをしている女性たちのサポートも。
寺小屋でありかけ込み寺であり、みんなの母のような理恵さんの思いに触れてきた女性たちです。




b0173754_15063760.jpg


コーチングでもお世話になった女性も多く涙する人も。一人一人自己紹介していくと、各自のセールスポイントを理恵さんが皆さんへ紹介するという、なんとも最後の最後まで応援してくれていました。

最後には、コーチング30分フリー券を全員にプレゼント。「それは受けなくてもお守りとしていてくださいね。」と愛情たっぷりな言葉にも感動!


b0173754_15131681.jpg


女性の活躍の場だけでなく、この式部会では人との交流もあり、そんな出会いの場でもありました。いろんな方と気軽に繋がっていく、その使命も理恵さんのお役目として心がけていたようです。本当にNYの女性の輪が広がりました!



b0173754_15064659.jpg


私もこの式部会で、サウンドヒーリングのグループセッションのきっかけをいただきましたので、今があります!



b0173754_15092220.jpg


まるで女子校の謝恩会のような雰囲気。


b0173754_15120047.jpg


記念撮影!NY式部会&理恵さん、ありがとう!

NY式部会に参加される方は、全員顔出しOK!暗黙の了解にてアップ致しました。



b0173754_15143495.jpg


約2時間半に渡るNY式部会最後のイベントは、卒業式のような理恵さんの送別会でした。
皆さんの波動も高まっていたようです。




こちらは、サイマソニック周波数入りのよもぎクリーム by Megumiさん
MegumiさんによるサイマソニックのHP:https://www.facebook.com/rie.aoki.739 



b0173754_15135021.jpg



ゲストがお帰りになり、幹事による打ち上げで、いなわら亭のCommyちゃんのサラダなどいただきました。

「音ごはん」という形で、サイマソニックの音を取り入れた食養食をコネチカットの自宅サロンで作っています。
ヒーリングご飯ともいわれ、お食事代はご恩送り形式。(任意のお値段)

*「音ごはん」についての詳細:http://inawaratei.com/oto-gohan/

*「いなわら亭」公式サイト:http://inawaratei.com/

NYには、達人な女性がたくさんいらっしゃいるので、頼もしいですね!



b0173754_15135988.jpg



理恵さんの一人娘、フワフワ~とした妖精のようなHarukaちゃんは今後もNYに住まれるので、しばしご家族とは別居になります。



b0173754_15090994.jpg


約5年半に渡りお世話になりました。広くて快適なお部屋も大勢の方がお世話になりました!

どこか紫式部にも似ているような…

b0173754_10291667.jpg


ありがとう!


b0173754_15141482.jpg



と、まだつづきがありまして・・・043.gif

*9/30、
更に理恵さんNY滞在ラストデーは、Bedfordのクリスタルショップ”Synchronicity”へ。
Miyukiさんがワインを用意してくだって乾杯!



b0173754_15154897.jpg


レストランへ移動する間もルンルン


b0173754_15155500.jpg


お気に入りのイタリアンレストラン”Aurora”へ。



b0173754_15223596.jpg



あいにくの雨模様でしたが・・・賑やかに話は尽きません。


b0173754_15160298.jpg


そして、JunkoさんのVintage Shop”Stella Della”へ。
こちらJunkoさんのご主人でオーナーのMago様!


b0173754_10285500.jpg


「さようなら~」と思いきや、これからアーユルベーダーを受けにいくのだとか。
アイドル芸能人並みのスケジュールをこなしているぅ。

翌日の日本行きフライト直前まで予定が入っているそうで、最後の最後まで元気でエネルギッシュな理恵さんでした!すご~ぃ



b0173754_04241565.jpg



こちらは、現在のWTC.
3.11から15年を迎えた今年、大白鳥のようなビルが完成し、その内部です。
真っ白なひろーい空間、周りはたくさんのショップが並ぶMallになっていました。



b0173754_03455438.jpg


8月に頑張った秋色の陶芸作品です。
お陰さまで葉皿は完売に。今回頑張っただけあってオーダーをいくつか承りました。
来年1月に作陶予定ですので、お待ちくださいね!


b0173754_14413086.jpg



岩合さんの世界猫歩きの番組を観て、ジーと見入るプッチーくん。



b0173754_15211301.jpg


ベッピンさんにゃ~。016.gif


b0173754_15212107.jpg



そして、しばらく実家にて過ごすプッチーくん。すっとこさん夫妻にお世話になります。



b0173754_12413390.jpg


「行ってくるね、お留守番中はいい子にしててね。」と言うとこの通り!むふふ012.gif



b0173754_12343648.jpg



しばし日本へ行ってきます。

この10.11月は、NYの友人や知り合いがザッと15人は日本入りします。そんな勢いがあります。

ブログは、アップできたら・・・しますね。


素敵な秋をお過ごしくださいね。029.gif そして更に・・・



072.gif今は、音、波動や周波数がブームとなり、そんな時代に突入しています。
私もサウンドヒーリングを始めて5年目になりますが、音を奏でる人がどんどん増えています。

その音に関する起源の内容をシェアしたいと思います。


b0173754_12124806.jpg

「音の歴史と、深遠なる生命のリズムとの調和」


マンハッタンのメトロポリタン美術館に置かれている古代エジプト人のイシスとアヌビスの遺跡には地球外の存在とコンタクトする時や復活の儀式に使用されている「チューニング・フォーク」の音叉が描かれています。

正式には、チューニングフォーク(音叉)を發明したのが1711年に英國のミュージシャンであるジョン·ショアですが、非公式ですが古代文明では巨石を加工するのに、すでに使用していた可能性があります。


http://montalk.net/notes/tuning-forks-and-megalithic-technology


このパースシャー、スコットランドのアバネシーストーンの↓この写眞を參照。

音叉は古代文明や宇宙文明を視野に入れて、その最先端科學の結晶だと捉えるのが賢明です。わたし逹は例外なく星々、惑星の影響を受けて森羅万象が成り立ち生かされた存在です。

それらは周波數といわれる規則正しい宇宙のリズムとなっています。すべてにはリズム、振動、波動が存在します。それらを一括りにすると周波數となります。

心臓のリズム、血液のリズム、細胞のリズム、草木のリズム、風のリズム、海のリズム、月のリズム、太陽のリズムなど……。

心電圖、血圧、コレステロール値、腦波、こうしたものもリズムですね。我々は例外なくそのリズムというものに従って生きています。

周波數とは星々、惑星、恒星、銀河、大宇宙、すべてのリズムを表しているのです。

そして、我々は大宇宙のリズムに合わせ、神のリズムに到達することが靈性の進化の意味だと知ることが重要になります。



b0173754_12151874.jpg




北アフリカ(現代のアルジェリア)で生まれたアウグスティヌス(354~430)は、古代キリスト教の神學者であり、哲學者、説教者、ラテン教父とよばれる一群の神學者がいました。

ピタゴラス派、及びプラトンの音樂觀の影響を大きく受けたアウグスティヌスの思想はこうなります。

『音樂はミューズ女神の活動そのものを意味し、人間の力のみで學ぶべきではなく、女神より人間への恩惠として与えられるとする思想』

古代ギリシアにおいて、音樂を數學的學問として考える源を作ったピタゴラス派は、『數がすべての根本原理』であるとし、宇宙構造と音樂は密接な關係にあると説いています。

數の關係、要するに周波數の關係において最も整った美しい運動は、音樂に見られる詩の運動(リズム)になると言いました。

『そのリズムの最終到達点は、神のリズムに至る』

魂はこれらのリズムを通り、最も深く魂を超越したところに『永遠のリズム』を見出すことにより、音樂教育は成就するとすべてを繋げています。




b0173754_12195001.jpg



◎宇宙のリズムからの歪み、周波數の歪みが問題を生む

すべての問題、社会問題にしろ個人の問題にしろすべては『周波數の歪み』が引き起こしています。

宇宙のリズムは神意(あい)のリズムと自然のリズムの融合、調和によって成り立っています。

その神意(あい)のリズムからズレていくことを利己主義(という周波數の歪み)といいます。また、自然のリズムがズレていくことを物質主義(という周波數の歪み)といいます。

利他とは生命(いのち)のリズムに合わせること。生命(いのち)のリズムが狂った結果は病氣という結果になって必ず返ってきます。

生命(いのち)のリズム、これを無視することは出來ません。我々は自然界のリズムに沿い、その自然界のリズムの中ですべての生命が調和を取りながら共存しています。

そのほとんどが闇の権力者の手により、いつの間にか歪んだ周波數、リズムで世界を支配されてしまいました。

中でももっと見えないところでわたし逹の生活に密接に關わっているのが「音」になります。

わたし逹日本人の文化には、遠い祖先から祭祀儀礼と共にあり、祭りごとには必ず音が存在していました。

世界のはじまりから太鼓はあった。
太鼓が世界の鼓動をたたきだしたのだ。

とどろきながら、いっときも途絶えることなく、海岸に波が打ち寄せている。

ゆるやかな移ろいのなかで、四季が移り變わっていく。

鳥が渡ってきては、またどこかへと去っていく。熊は冬ごもりをする。

理由はよくわからない。しかし、すべてが完全なタイミングで行われる。

手首に手をあてて心臓の鼓動を感じてごらん。

生命の太鼓が、正確なリズムを打っている。
このタイミングが狂っているときには、あなたは病氣だ。

ジマリー・バートン(チェロキー族)1974年

笛や太鼓、鈴の音、そして神降ろしをするという縄文時代の遺跡でも見つかっている岩笛は、高い周波數の神秘的な音を奏でます。

世界でも音と文化は密接に關係しています。自然界から發生する音と共に、生命(いのち)のリズムの調律を人々はしていたのです。

しかし、いま世界ではデジタルの人工の音に支配され、國際標準音A=440Hzという惡魔の平均律に支配され、自然や生命のリズムを大きく狂わされてしまっているのです。

音樂からの振動(エネルギー)は、水という媒體(ばいたい)を通して瞬時に心身に共鳴し、大きな影響を及ぼします。

戰後、すべての周波數を歪まされて洗腦されてきた日本人の心身は、見えないところでかなり傷ついています。



b0173754_13040986.jpg



◎いのちの調律をして生きること

「歌はいいね。歌は心を潤してくれる。リリンの生み出した文化の極みだよ。」

「そう感じないか?碇シンジ君。」

新世紀エヴァンゲリオンで渚カヲルの登場シーンの台詞です。リリンとは人類のことを指します。人類の生み出した文化の極みが歌、音樂、非常に印象深い台詞です。

超時空要塞マクロスを始めとするマクロスシリーズ、更には20世紀少年の主人公ケンジ。どちらも實は歌が世界、引いては宇宙を救っています。

歌、音樂が人類の生み出した文化の極み。これは幼い時(10歳)に強烈に惹き付けられた価値觀でした。

20世紀少年は映画にもなりました。その主人公ケンジは歌で(※歌詞はなんとも言えないが)世界を救いました。

マクロスでは歌が戰爭終結に貢献しています。歌とは何なのか?音樂とは何なのかを子どもの時の幼心に感じていたのかもしれません。

わたしは少年の時に、なぜかこうしたものに惹かれていました。これが現在の活動に繋がっているのは間違いありません。無意識的に音の持つ意味を感じていたのかもしれません。

ちなみにわたしの過去に好きな日本のアーティストは、globe、浜崎あゆみ、ドリカム、X JAPAN、B'z、T.M.Revolutionなどでした。

他にも片っ端から音樂は聴くようにしました。だからこそ、音の持つ可能性、素晴らしさ、意味に氣づけたのだと思います。

マワリテメグル 祈りの音と 宇宙の響き

地球への祈りを音に乗せて

ここに集ういのちが ひとつになりて

世界を天意(あい)と調和に導いていく……

わたしたちは人工の音に囲まれ、自然の音を忘れてしまいました。それが人類の生命(いのち)を脅かし、心身を傷つける結果に繋がっています。

生きとし生けるものの悲しみ、苦しみなどの想いの念が今の悲劇的な社会を造っています。

生命を省みない物質中心の生き方になり、どうぶつ逹を含む悲しみや苦しみが今の世界に反映され、すべての苦しみをつくっています。

一人ひとりの歪みの蓄積が、今の世界を形作っているのです。暴力、戰爭、殺人事件……。絶え間ない悲劇は生命の意味を忘れ、穢れを蓄積していることにあります……。

いま必要なことは、わたし逹一人ひとりが魂の中心と繋がり、聖なる本來の自分を取り戻すことです。

本來の能力を取り戻し、日々の判斷や選択を見直し、生命(いのち)を調律しなおすことが求められています。

*廣瀬仁のブログより:http://ameblo.jp/mirai-harmony/entry-12178152189.html




精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]
Commented by すっとこ at 2016-10-12 00:42 x
プッチー王子は 本当に賢くて
コミュニケーション能力抜群ですね!

Yukiさんの言ってる事を ようく理解
してます。
これも お宅で たーっぷり可愛がられてる
ゆえですね!

しばらくお預かりして 負けずに可愛がって
甘やかしちゃうかもですが でへへ。

日本でのご活躍と美食の秋のご堪能を❣️
Commented by yukistar88 at 2016-10-13 05:09
すっとこさん、我が子が一番可愛いていいますが、本当に!
プッチーは、愛情深い子ですね。甘やかしちゃいますか?
私もですが、そのせいか最近食べ散らかしが激しいです。
最初の頃のこぼした餌から食べるのが嘘のよう!
秋の味覚も堪能してきますね。食べ過ぎないよう気をつけます。
プッチーも食べ過ぎませんよう!運動もよろしくお願いします!
by yukistar88 | 2016-10-11 12:24 | イベント | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧