カテゴリ:スピリチュァル( 74 )

世界遺産 富岡製糸場に似たPaterson市の歴史&15周年迎えた9.11


★Labor Day(9/5)に、SynchronicityのMiyukiさんがおしえてくれたGreat falls@Paterson,NJへ行ってみました。こんな街があるとは知りませんでした。いえいえ!過去に行ったことありましたが、その時は特に印象に残るものがなかったように思います。



b0173754_23503059.jpg



3連休の最終日の空も一段とゴージャスで、この雲と太陽のバランスは”陰陽マーク”に見えませんか?



b0173754_23534545.jpg



b0173754_23581555.jpg



龍のような長~い雲も登場です!



b0173754_23580918.jpg



Patersonの街中にあるステキな教会




b0173754_23521541.jpg



市長舎でしょうか。屋根がモスクに見えます。



b0173754_23522481.jpg


街中の緑も鮮やか!


b0173754_23553950.jpg


”Great Falls”と呼ばれている滝へ近づいてみます。



b0173754_23524650.jpg



街中に滝!は本当珍しい!しかもこんなにもご立派なんですね!



b0173754_23525523.jpg


残暑厳しい日でした!


b0173754_23530374.jpg


b0173754_23532852.jpg


NJで3番目に大きな市Patersonは、Great falls(滝)を中心に滝のエネルギーを使う工場は1914年まで存在し、当初は繊維産業、後に武器、絹および鉄道用機関車が造られた一大産業都市で、アメリカの工業化の先端を走っていたそう。

当時は、この滝を利用した水力発電が使われていた。いわゆる理想の自然エネルギー!


b0173754_23543235.jpg


祭日なので、Street Festivalをやっていましたよ。



b0173754_23561668.jpg


カラフルなネーティブアメリカン系グッズ



b0173754_23561095.jpg



さざなみのような雲たち。



b0173754_23554730.jpg




昔使われていた蒸気機関車がMuseum前に展示されていました。




b0173754_23535600.jpg


今では貴重な蒸気機関車!



b0173754_15084002.jpg




滝目的で行ったものの、Patersonの街並みに惹かれ歴史を辿ると、1800年後半には「絹の市」と呼ばれる程、絹の生産で繁栄したそう。
このレンガ造りの細長い建物、どこかで見たことありませんか!そう!世界遺産に登録された群馬県の富岡製糸場です!




b0173754_23544383.jpg


こちらがその富岡製糸場の建物。似ているでしょ!



b0173754_23573353.jpg


こちらは、Patersonの元絹工場の建物。



b0173754_23545527.jpg




では、これはどちらでしょう?↓ 富岡製糸場? or Paterson?

b0173754_23574760.jpg



正解は・・・・富岡製糸場でした!

なんてややこしいですかね。とにかく似ているのでびっくり!




Patersonの元絹工場の建物の裏には、手つかずの緑が残されていました。感激!




b0173754_23553340.jpg



ここからはPatersonの景色ですので。



b0173754_23550852.jpg


b0173754_23555423.jpg



帰り際に見えた彩雲


b0173754_23570347.jpg


マンハッタンから車で45分程の距離です。ただあまり治安の良いエリアではなさそうなので、人気のない場所や夜はお薦めしません。駐車スポットも限られているので、週末の昼間がいいかもしれません。





072.gif9/11、あの事件から15年が経ちました。

今回、感じたこと・・・昭和20年8月に終戦となり、その15-20年経った頃の昭和35-40年頃、私らの世代は生まれました。9.11の起きた年を終戦時に当てはめると、このくらいの年月が経って生まれてきたんだなーと。原爆投下から15-20年の間隔とオーバーラップさせて時間を感じてみたのです。意外にも戦争からあまり遠くない時期に生まれてきたんだなーという一人言なんですけれどね。て、おおよその年齢がバレますね!


9/11には、普段あまり見かけないDown Townのビルに夕陽が反射していました!



b0173754_00091251.jpg


それは眩しくて・・・



b0173754_00092193.jpg



夕方には、鳳凰のような大きく羽ばたく雲が見られました。
平和への意識や祈る心が雲や光となり反映しているのでしょうね。



b0173754_00092673.jpg



毎年恒例、ブルーのライトアップも。



b0173754_00093159.jpg



*9/9

★ハワイとL.A.で大好評を博した千羽鶴少女サダコのMusical”peace on your wings” のNY公演を観てきました!



b0173754_00110530.jpg


ハワイ在住の小学生や中学生の歌や演技・ダンスは、魂が込められて立派でした!サダコちゃんが旅立つシーンに涙する人も。私もジーンときてました。折り鶴大使のK子さんは、号泣だったようです。やはり…



b0173754_00105733.jpg




その千羽鶴少女サダコのMusical”peace on your wings” のワンシーンをお届けします。





*8/27にスカースデールのすっとこ様宅にて、愛猫倶楽部(表向き)のポットラックランチ会を開催しました。
大先輩すっとこさんのお料理はレパートリーも多く、あーだこーだと愛猫自慢話が飛び出します。
猫ママさんたちの持ち寄りは、こんなにも華やかで美味しくて、楽しいひと時でした。ありがとう、にゃん友!



b0173754_00094765.jpg


今回は、和風デザートが揃いました。



b0173754_00095555.jpg


愛猫倶楽部のメンバーでございます。どうぞよろしく!



b0173754_00100575.jpg




我 愛猫プッチーくんの得意技”しっぽ巻き巻き”の巻! 「ママ、遊んで~」


b0173754_00103853.jpg



b0173754_02184740.jpg





061.gif2016年9月1日、マレーシア上空に巨大UFOが出現したそうです。
ニュースで、その映像を伝えていまし。凄い!










056.gifお知らせがあります!
10/15(土)16:30-19:00、国立にて、ほしゆきさんのヒーリングヨガと星ゆきによるサウンドヒーリングのコラボを開催致します。NY在住のW星ゆき(同姓同名)による初めてのコラボになります。詳細は次回に。




*Paterson市の歴史:
パターソンで発展した産業には、落差23 mのグレートフォールズからエネルギーを取り出す水路の仕組みが使われた。市は滝を中心として成長を始め、滝のエネルギーを使う工場は1914年まで存在した。その地区には数十の工場や製造用構造物が立ち並び、当初は繊維産業、後には武器、絹および鉄道用機関車が造られた。
1800年代の後半、絹の生産が重要となり、パターソンが最も繁栄した時代の基礎となった。市のニックネームも「絹の市」になった。
1835年、サミュエル・コルトがパターソンで武器の製造を始めたが、数年のうちにコネチカット州のハートフォードに拠点を移した。
19世紀遅く、ジョン・ホランドが発明した潜水艦の実験場となった。ホランドが作った2つの初期モデルのうち、1つはパセーイク川の底で見つかり、パセーイク・フォールズに近い工場跡にあるパターソン博物館に展示されている。
パターソン市は工場で働く移民労働者のメッカにもなった。児童労働規制に焦点を当てた歴史的労働争議が起こり、1913年には8時間労働と作業条件の改善を要求した絹工場のストライキが6か月に及んだが、労働者は経営者側に屈してストライキの前の状態に戻ることを強いられた。工場作業者は危険な環境で長時間、低賃金で働き、工場の回りにある住居棟に大勢が押し込められていた。工場はその後労働組合の無い南部に移転し、さらに海外に移った。
1932年、パターソン市に7,500席のヒンチリフ・スタディアムがオープンした。これは元市長ジョン・V・ヒンチリフから名前を貰った。ヒンチリフ・スタディアムは当初、航行やセミプロの競技に使われていた。
1933年から1945年にかけて、ニグロナショナルリーグに加盟するニューヨーク・ブラック・ヤンキースのホームとなり、その他にも多くのフットボール試合、陸上競技、ボクシングの試合、およびアボット&カステロを含むショーに使われた。
1970年代、パターソン教育委員会がスタディアムを取得し、1997年まで公立学校の行事に使った。現在、ヒンチリフ・スタディアムは補修中である。しかし、ヒンチリフ・スタディアムはアメリカ合衆国に2つしか残っていないニグロリーグに使われたスタディアムの1つとなった。
第二次世界大戦の時、パターソン市では飛行機のエンジン製作で重要な役割を果たし、活気が少し戻った。しかし、戦争が終わると、都市部での荒廃が進んだが、パターソンも例外ではなかった。
1970年以降、高い失業率に喘いでいる。1980年までにパターソン市はアメリカ合衆国でも最も不況の厳しい都市の1つになった。町には映画館や自動車の販売店もなくなり、大きな百貨店は閉店し、子供のエイズ、失業率、ホームレス、文盲率および卒業率といった社会指標が、1990年代の経済ブームに拠る繁栄の間も全てが割る方向に進んだ。問題のある学校は州が肩代わりをすることになった。
かってパターソン市はニュージャージー州北部で買い物やレジャーの目的地であったが、近郷のウェインやパラマスのような町に大規模のショッピング・モールができて競争となり、パターソンの中心街から大手のチェーンストアが消えた。工場は海外に移転したために最大の産業は今では小さな事業の集まりとなった。しかしそれでも、パターソン市には多くの移民を惹き付け続けている。これら移民の多くが小さな事業によって町の経済を再活性化してきた。
町の中心街はこれまで数度大火に見舞われた。最近のものでは1991年に起こった。この火事では、南北がメイン・ストリートとワシントン・ストリート、東西がエリソン・ストリートとカレッジ大通りに囲まれた区画のほとんどが、酒場の地下室からの漏電火事で一飲みにされた。被害の程度が大きかったので焼けた建物は取り壊され、今は屋外市場がそこに建っている。破壊された建物の中でも有名なものにメイヤーブラザーズの百貨店があり、これは町に残っている数少ない百貨店の1つであった。


精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]
by yukistar88 | 2016-09-17 14:32 | スピリチュァル | Comments(2)

上江洲義秀先生 天災(東日本大震災)語る&NY光話会

先日は気温25-28℃の日々が続き、早くも初夏を
感じましたが、再び気温が下がり三寒四温ですね。

冬から春へと体も調整する時期なので、
適度な運動や食生活、リラクゼーションも
心がけてほしいもの。

3/13より、アメリカは夏時間へと変わります。



b0173754_13522315.jpg


先日、舌をザクッと噛んでしまいましたが、治癒するに
2,3日ととても早く、確か乳房も他の皮膚と比較すると
回復が早いのですよね。
舌も乳房(乳児にとって)も食に関する部分であり、また、
目や耳、手足、腎臓など、片方の機能が衰えてももう
片方で生存できるよう、そういう意味では、神様は人間の
体を完璧につくってくださったことに感謝ですね!

そういうことは普段あまり考えることなく、生かされて
いることは当然!とスルーしてしまいがちですが、こう
して日々生かされている、それには、太陽や月が一定の
リズムでいてくれる、空気がある水がある、呼吸ができる、
ご飯が食べられるなどなど、そういったことも実は奇跡で
あり、人は怪我や病気になって、普段気付かないことに
気付かされ、また、生かされていることを改めて考え
させられるのでありましょう。

なので、普段と変わらない生活が持続していることは
幸せなことで、感謝すべきは多々あるわけで、毎日、
感謝の10ヶ条を実践するのもいいかもしれません。

なんでもいいです!
寝る前のほんの5分間 今日の感謝を振り返ります。

*今日は美味しいご飯をありがとう!
*笑顔をありがとう!
*太陽よありがとう!
*温かい言葉をありがとう!

感謝することがドンドン増えていきますよ!016.gif



b0173754_13525359.jpg



072.gif日本滞在記のつづきは次回にして、
今回は下記の内容をお届けします!


先日行われた沖縄出身の上江洲先生のNYセミナーに
参加しました。かなり前から周りの方々から先生は
素晴らしいと聞いていたものの、今まで関心なかった
ですが、友人からの紹介もあり、一度はお目にかかり
たいと思い参加しました。

上江洲先生は、現在は山梨にお住まいだそうですが、
青年期はアルゼンチンで過ごされたそうで、学校は
ほとんど通うことなく、明想(瞑想)中心の生活を
過ごされてきたようです。

実際お会いしてみると、皆さんに慕われるごとく、
気さくで慈悲・慈愛の方であると実感しました。

セミナー内容は、正にACIM(奇跡のコース)とも
共通していて、本来、精神世界的なメッセージの
根源は同じなわけで、彼が説く「真我を生きよ!」
というのは、本来の自分に目覚めることで、世界
平和へ繋がるということだと思います。

印象に残った彼の言葉では、
*「我の中に一体の境地がない限り、戦争やテロは
終わらない」
(ACIMでも、自分以外の他人はいない、
この世に起こる出来事は、全て自分の内に
あるものが映し出されているというのと
同じで、嫉妬や人を責める心がある限りは
戦争も終わらないわけです。気をつけないと。)

*原因によって結果が支配されている。
*吐く息が全て体の状態を現す。吐く息に心と
感情全てが入っている。
*怖いと思うな、勇者になれ!
*先生も生徒であれ!
*アメリカ合衆国は、全ての人種を受け入れる国で
あり、霊的・物質的に受け入れてこそがアメリカ!
*中国とは、中の国と書くように、琉球や日本から
放ったものを中国から広げる。
*宇宙の真理とは、命・愛もってのもの。
*宗教に分離なし。

個人的に質問したことがあって、宇宙エネルギーに
関してはやはり変化しているようで、機械や人間へも
影響が出ているそうです。その言葉を受け取った後、
私自身、自分の役割がまた1つクリアになった気が
しました。”真我に生きよ”の奥の奥へと導いてくだ
さる方でもありますね。

*上江洲義秀先生のHP: http://uezu.net/



b0173754_15463428.jpg



以下、あるリンクにあった先生に関する内容:

上江洲義秀先生(ウエズ先生)は、沖縄に生まれ幼少より
アルゼンチンに渡り日本に戻りました。幼いころより様々な
事柄を理解をしている特殊な子供でありました。 宇宙意識と
繋がるための過酷な瞑想を通して宇宙意識とひとつとなり、
神のエネルギーを自在に操ります。 その結果として、
30年に渡って横になって眠たことがありません。 
食も水分の摂取も必要なく、たとえお付き合いで食したと
しても体内で光へと変換され、排泄さえもコントロール
できる自在の人であります。 それでいて、それを誇示
することも無く、ただただ、謙虚に存在します。

沖縄に戻り暮らした頃には、神の力を降ろす事により
病を治すヒーリングを行っていました。 数分で癌が消え、
糖尿病が治り、ありとあらゆる病から人々を開放する、
いわゆる奇跡を行っていました。 先生を訪れる者たち
の数は膨れ上がり、人々は列を成して奇跡を求めました。 
しかし、数年たてば、同じ病をまたもや作り出して人々が
戻ってくるのを見て、これまで行ってきた奇跡では、
人々が生き方や考え方を変える事ができない事を
見て取ったのでした。 

その後、「肉体のヒーリング」を中止し、「悟りのための
ヒーリング」のみを行うようになり、全国を文字通り
365日一日も欠かすことなく、奉仕の旅をして人々の
「成長と悟り」を促すヒーリングと明想のサービスを
行っています。 自らは宣伝することも無いため、
人から人へと伝えられて、たくさんの者達が今、
この特殊な存在に気づき始めています。 」  




b0173754_13535247.jpg



3.11東日本大震災から5年を迎えましたが、
5年前の東日本大震災が起きた日、先生はNYで
光話をしていらしたそうです。

上江洲先生が過去のセミナーでの天災(東日本大震災)や
病気、結婚などに関して語ったメッセージを紹介します!
長いですが・・・ズッシリきますので。


「天災」

この災害を天災、あるいは偶然と片付けている方々が
おります。天を知らぬ者がどうして天災などと言え
ましょうか?

天とは神の無限として完全意識が天であることを
理解できるならば、はたして天は、我々に災害を
もたらすことがあるでしょうか? 
或は災難をもたらすことがあるでしょうか?

天災、なんの天災かと。天は神の完全意識である
ことを知らねばなりません。じゃ神の完全意識は
常にあなたがたを愛し、常に見守っていることが
天であることを知ってもらいたい。

じゃ天災でなければ何なのか? 
あるいは偶然でなければ何なのかと言います。

この宇宙に一点だって偶然が存在するなら、
神の創造は完全ではありません。なにゆえに神の
創造は完全なのか? 一点の狂いのない、無限の
法則の中に万物は創造され生かされていることを
理解してもらいたい。ならば、天災でなければ、
何なのかと聞かれます。

動物や鉱物、植物が、天変地異、天候異変を
引き起こしているのではないのだと。
或は、今、岩波さんが言われたように、
母なる大地が勝手にそのような現象を引き
起こしているのではないんだと。
だから地球を変えていくのは、動物や植物、
鉱物ではないんだと。美しくこの地球を立て
直し、美しい地球建設へ導けるのは、万物の
霊長たる人間といつもわたしは話して参りました。

ライオンが象が、草原をかけめぐることはでき
ても、地球を変えることはできぬと言います。
花は美しく咲きほこることはできても、
地球を変えることはできぬと。
雨は地表を洗い流すことはできても、
地球を変えることはできません。

じゃ、地球を変えることができるのは誰なのか? 
美しい地球を建設することができるのは誰なのか? 
これこそ万物の霊長として、今、生かされている
我々一人一人であることを知ってもらいたい。

じゃ、この今のように、さまざな破壊的な現象を
起こさせているのは誰なのか? (それが)
人間であるならば、人災ということを知らねば
なりません。だからこそ、人間の心が愛に満たされ
生きることができぬかぎり、今の現象は続いていく
だろうと。いつこの現象の世界から、戦争、テロ、
今のような災難や災害がいつ止むのかと聞かれます。

それは、あなたがた次第と言います。
あなたがたが真の自分が何たるかに目覚め
生きるまで続くでしょうと。 



b0173754_15311095.jpg



わたしは今回の地震も何十年前から説いてきました。
2011年に入ると共に、あなたがたの想像も越える
現象がおこるだろうと。
今だかつて人類が、体験したこともない経験した
ことのない、みなさんはそれを目の前に見せつけ
られていくだろうと。それをわたしは、何十年前
から説いてきました。

それを身近に感じたのは、明日はNY(セミナーに出発)
という、ちょうど東京の無限の会(3/9)の
セミナーで八王子のインターを越えた時でした。
もうこれは止めていいものか、で、動かして
いけないものか。神は決してその現象は止めて
はならぬと言われました。

だから、知っていながらにして、それを見るのが、
はたしてあなたがたは、どれほど辛いという
ことを理解してゆかねばなりません。
あなたは過去が見える、今が見える、未来が
見える、こんな能力を与えられていいといいます。
もちろん、この現象という世界はまぼろしです。
たとえまぼろしという現象世界であっても、
はたしてNYでも多くの方々が祈りました。
兄弟姉妹のために祈っていきましょうと。
で、朝に昼に番に、その祈りがありました。
日本の兄弟姉妹のためにと。

これは肉体という側面から見れば兄弟姉妹で
しょうが、常に実相という根源の世界に意識を
置いているわたしからすれば、どうなのか。
今わたしが、わたしと説いてるわたしは肉の
わたしではありません。肉のわたしならば、
それは兄弟姉妹、とも言えましょう。
しかし、今回犠牲をとった一人一人は誰なのか? 
他の面をもったわたしです。他の名前を持った
わたしです。

だから、わたしでないものが今回、犠牲として
この現象にまきこまれた者はいないことを知らね
ばなりません。じゃそのわたしが失われていく姿が
何週間、何カ月、何年前に見れるわたしが、ど
ほど辛いか、みなさんに理解できましょうか?

結果という幻の世界、どうでもいいという人間も
います。そうならば、なぜ肉体を持ってここに
いる必要があるのかと。
我々は、神、我として美しくこの現象の世界を
生きるために、一人一人が名前を、あるいは
形を変えた一人一人が生かされていることを
知ってもらいたい。

だから、ちょうど八王子のインターをくぐった
あたりで、明想の中で今回の現象を見せられた
時に、わたしの心はかきむしられるような痛みを
感じました。わたしは少々のことでは、痛みも
全てをはねのける自分自身が、ここまで今回
わたしは感じました。

ちょうど、どういう現象で見せられたのか。
たとえば建物を作るのに、柱と梁を結ぶのはこれは
みなさんが想像もできぬほどの大きなボルトで留めて
います。わたしも何十年間とび職で鉄骨を組みたてた
体験があるだけに、一本二本のそのボルトで結ばれて
います。でそのボルトそのものは、我々に意味すれば
何を意味しているのか?

愛です。その愛というボルトが、とうとねじれて
引きちぎれる姿を、その時見ました。
で、わたしはそれを止めていいものか。
で、それを現象をどうすればいいのか?

『これは全世界の人間が、真実の我を我として
理解していくのに、どうしても必要』
ということに)おいて、わたし(に対して神は)
『どうしても動かすな、』と言われたことに、
わたしの心はかきむしられるような痛みを感じました。

それは私が言い続けてきた中にも、まだ万分の一
(の天災の現象)。で、それを見た後に、あと
二つの大きいものを見てます。その愛のボルトが
ひきちぎれるか。でそれを本当にそのままにして
愛で建設していけるかは、日本の人間と、今私が
覚者上江州義秀先生について中国、ヨーロッパ、
アメリカ、いたるところに飛び回っているそ
方々の意識次第であること。

たとえば、みなさんの人体にもツボというものが
あります。で、みなさんを破壊するにもツボを
はずしていれば、何十発皆さんに弾丸を撃ち
込んでも簡単には死にません。しかしそのツボに
あたるならば、一発で豆一個をあてた状態で、
みなさんの肉体は崩壊します。

このように現象というこの結果の世界には、
全てこのように一つ一つの国々に、あるいは
その地球トータルにそのツボがあります。で、
今回は日本というこの状態がおかれているし、
現れているでしょうけど、次にわたしが見てい
るのは、これは世界をも崩壊するほどのツボが、
そのボルトが、愛を灯さずにして、今ひきち
ぎれようとしています。

だから私は今、どの国が今一番重要であり、
その国そのものをたたかれれば、もう世界の崩壊、
というものを、わたしは見ています。これはまだ
言葉には言えません。これはまだ神はけっして
この現象の世界に口を通してどの国を、という
ことは語ることは許されていません。

必要にして必要なところに、その愛の波動という
慈場をつくりあげていることをみなさんは知って
もらいたい。
今、一番重要な場所にわたしは飛び回ってます。
もしそこが愛という波動を失えば、そのボルトは
ひきちぎれていくだろう。世界の崩壊へと繋がっ
ていく場所をしめされていくだろうと。

だから、その時も明日地震(がおきる)という時も、
あの東京の無限の会で多くの方々から現象的に
多くの質問がありました。金がなくて苦しいと。
じゃ、あなたは今、食べるものも失っているのかと。
で、住む家も失っているのかと。あるいは暑さ寒さを
しのぐ、この洋服もないのかと。
それは充分に満たされているのかと。

この瞬間、どんなにあなたが世界の富を持って
贅沢三昧で生きているにしても、
明日があなたに見えましょうか?
明日がその時私には見えておりました。
今日の金持ちは、明日のドン底を見るかもしれない。
今日、どんなに美味しいものを贅沢で食していても、
翌日からはで、わたしがNYでそのニュースを
見たかぎりにおいては、きゅうり一本、もう
食べていれればいいほうと言われました。
あるいはおにぎり一個。 

このような今まで我々が生きてきた贅沢が、
いつまで続くのか、とわたしは何十年前から
光話の中で語ってきたか。

今こそ我々は、真実の自分を愛として、
神として、立て直しいかねばならぬ、もう
そのドン底のふちにたたされていることを
知ってもらいたい。
個人ことの泣きごとを言ってる場合ではありません。
もしわたしが、見ているそのボルトがちぎれる
ならば、世界崩壊の現象が起こるということを
知ってもらいたい。そのボルトは何を意味して
いるのか。それは一人一人の愛です!
一人一人の愛でもって、柱と梁が支えられている
ことを知らねばなりません。そのボルトがちぎれて
みてください。その梁と柱がもう崩壊するほかない
ことを知ってもらいたい。



b0173754_15270970.jpg


自分とは何者なのか。果たして、物や物質で
争う万物の低長といえましょうか。 
この大宇宙を創造し、大宇宙に命を与え、
愛として、智慧として、力として、光として、
全ての存在の根源である能力を携えたあなたが
たが万物の霊長であることを知ってもらいたい。

万物の霊長たるものが、動物、植物、鉱物よりも
劣った生き方で、同じ形の上から見れば皆さんは
兄弟姉妹と言うかもしれない。
しかし、わたしが、わたしという根源から見る
ならば、全てわたしであることを知ってもらいたい。

わたしがわたしと説いているのは、肉体という
側面からわたしを説いているのではありません。

わたしとは、神です。 
わたしとは、愛です。  
わたしとは、真理です。

そこの側面から見ているわたしならば、今回犠牲を
とってこの肉体をぬぎゆく一人一人が、全てわたし
であることを知らねばなりません。だから皆さんに、
あなたがたの前に、今立っているわたしに真実の
わたしが見えるならば、そのわたしがあなたで
あることを知るだろう。とならば、みなさん、
なんと言いましょうか?

わたしはあなたであり、あなたはわたしであり
我は全体であり、全てが我なりと。
このように言い切ることができるではないでしょうか。

もう分離で争っている時ではありません。
戦争やテロで同じ根源にして一体なるものが、
戦い会ってる場合ではありません。共に真の自分が
神であることに目覚め、神であるわたしを、全てを
愛分かち合って生きれる一人一人になってもらいたい。

いつもわたしはこのようにも説いてまいりました。
たとえば、ある者が わたしの病気、わたしの
悩み、苦しみ、まぬがれることができるだろうか、
と、わたしのもとに訪ねてきたと言います。
これは例えです。今みなさんに語るのは。

で、わたしはその者にこう言いました。

あなたは、あの何カラットのダイヤや宝石をちり
ばめた金の腕輪でもいい、銀の腕輪でもいい、
その台に乗せて、はめておけよと。
その時、その者はこう言いました。
わたしはそのような物を買うお金もありません。
またそのような物を作りに行く時間もありません。
とうとうわたしに言われた時期で体調を崩し、
ドン底に陥ったとき、『あなたに言われた通り、
金、銀、、のその台にダイヤをちりばめて腕輪を
作ってきましたと。

わたしはその者になんと言いましょうか? 
もうその時期は過ぎ去ったと。だから私は
今回NYでも『やれる時に、やれることを
できぬ愚かな者になってはならぬ』と。

『やれる時にやれることを徹底してやりぬく、
あなたがたになってもらいたい』と。

過ぎ去ってから歯をくいしばって歯ぎしりしても、
足ずりしても、もう間に合うことがありましょうか?
もしわたしはこれは後悔とかそういうものでは
ありません。多くの方々に、わたしは決して悩み
苦しめるために言うことではありません。

もし、日本の人口のもう少し何分の何でも
今日岩波さんが言われたように、
真剣にこの肉体を伝導体にして明想を通して、
愛の波動、バイブレーションを放ち生きるものが
出ていたならば、今回のものでもくい止められない
ものではなかったことを知ってもらいたい。

それは、今の科学は根拠がなければ天変地異や
天候異変は、愛のない結果と言ったって、
それは信じることはありません。
それは日本という国は、マグマが下を通り、
それがプレートがはねあがって何がどうして
というその理屈づけで、その地震や雷、台風も
いいかえます。

全てそれそのものが愛の波動でもって、
どうするのか。破壊的な波動が触れて、
どう現れてくるか、その差が常に我々の
上にのっかっていることを知らねばなりません。
その中に、我々は生き生かされていることを
知らねばなりません。

だから、この2011年、2012年、2013年の全ての
浄化が終えた時には、逆にこれほど破壊をとる
そのエネルギーが、愛と言う波動に働きいきた時
どうなるのか。今回の地震から津波でこの現象世界を
飲み込んでいくには、ほんの一瞬だったではないで
しょうか? 
ほんの一瞬でこれほどの破壊力を持つエネルギーが
それはエネルギーは建設のエネルギー、破壊の
エネルギー・エネルギーそのものには何の
かわりもありません。ただ人類の意識という
その意識に、そのエネルギーがどう働いていくか
だけであるかということを知ってもらいたい。

だから、もし今回働いたそのエネルギーが、
この地球建設、そのエネルギーとして働くならば
どういう現象が起こるのか? 
これもまたみなさんが、想像もできぬ働きで、
この現象の世界をいかしていくだろう。

切羽つまってからやろうなんて、不可能で
あることを知ってもらいたい。だから時間
ある限りは、あの愚かなる五名の女性のように、
いつお婿さんが迎えに来てもランプのふやを
磨いて、灯りをともして、いつでも天の扉を
くぐっていけるように準備してほしいと。

しかし、愚かなる5名の女性はまだ時は早い、
まだお婿さんが迎えに来る時期は早いと、
飲んで食べて、歌って踊って肉の快楽に溺れて
生きてる間にとうとうお婿さんが迎えに来て
しまった。あわてだして、ランプのふやを
磨いたところで、灯りを灯そうとしたところで、
もう天の扉はしまって間に合うことはなかった。
もう入ることはできなかった。
賢い女性は、いつもランプのふやを磨いて、
灯りをともして準備していた。いつお婿さんが
迎えに来ても笑い微笑み喜んで天の扉を
くぐることができたと。

どの方を我々は生きていくのか。あのなまけ
ものの女性のように人生を失っていくのか、
あるいは賢い女性のように、日々に我々は
たゆまぬ努力を積み重ねて、根源という本質の
世界に錨をおろしていれる自分であれるのか。
そこはもう幕が二つに引き裂かれる時が来る
だろうと、言われるように、ここまでせまって
いることを知らねばなりません。だから時間の
ある限りは。まだ時はある、まだ時間は余裕と
飲み食いしてる間にとうとう迎えが来るだろう。
じゃお婿さんが迎えに来るとは、何を意味するのか。 
肉体を脱ぐときを意味します。

もちろんわたしは今回犠牲となった方々の非難、
批判ではありません。この状態で、一瞬にして
地震の下敷きとなり、あるいは波にのみこまれて、
この肉体脱いで去り行ったなら、果たしてどれだけの
人間がどれだけの方が根源と言う実相に錨おろせた
方がいたのか。ほとんど無にも等しいほどだろうと。
なぜなのか。
肉体持ちながら、どこから出てきたのかどこに
帰るのか、それを見失ったものが、どうして実相
という本質の世界に帰ることができましょうか。 
また幽界という迷いの中に、自分をとどめおく
ことほかにありません。また幽界という迷いの
世界から、またこの現象という結果という仮想の
世界へ、輪廻転生、転生輪廻を繰り返して、
迷ってまい戻ってくる愚かなる者となるか。
今、肉体持ちながら、どこから出て来たのか、
どこに帰るかを、それを知るものとなれるか。

もう一人一人がその位置に立たされてることを
知ってもらいたい。わたしは自信持って言える
ことは、わたしは4歳、5歳にしてそれを追求したと
言います。どこから出て来たのか、どこに向かって
旅をしているのか、旅の目的は何なのか。
旅の目的を終えてどこへ帰るのか。
わたしはそれを4歳、5歳で追及して、はっきり
その答えを自らわたしは掴んでいます。

で、死んで人間はどこへ帰るのか、死んで墓と
言うけれど、墓の向こうはどういう世界が待って
いるのか。死を追求したのは2歳と言います。

だからわたしにとっては、ただこの世の学校で学ぶ、
読み書き計算、魅力も感じなかった。
もう物心着いた時には、なぜ人間には輪廻転生が
あるのか、なぜカルマというカルマが存在するのか。
様々な疑問をわたしは何十年間も追及して参りました。

今の人間のように、我々を育てた大人のように、
ただいるからいる、ただ周りのものが食して
生きるから生きる。そのようなむなしい人生を
むために、わたしは今生肉体を持ったもの
ではないと学校の先生に言い切りました。
だから学校の先生が、わたしの質問にわたしの
納得いくほどの答えを答えきれた先生が1人も
いなかったがゆえに、わたしは今生、ただ読み
書き計算を学ぶために、ここに肉体持ったのでは
ないことを、わたしははっきり言い切りました。




b0173754_15255125.jpg



人間意識、肉体意識というこれは偽我です。
その偽我から神性意識、霊性意識,仏性意識と
いう真我に目覚め、真我を顕現して、一転生を
正しく、美しく、終えていくために、今肉体
あることを知ってもらいたい。

最高学位を得て、地位や、名誉、財、富、金、
物に恵まれて、年頃に来れば、いい男性いい
女性にめぐりあって結婚して子供をつくり、
生涯、優雅な生活を終えたところで、その人生は
無智、めくら、迷いの人生を終えただけにすぎぬ
ことを知ってもらいたい。

真の自分(を)神としてみいださぬかぎり
完成とげた人間は一人もおりません。
だからわたしは、結婚とは二通りの結婚があると
言います。今、この現象の世界で女性が男性が、
結婚と言います。
もちろんわたしはそれを否定はしません。しかし、
今生我々が真実の結婚を求めて肉体を持ったのは、
神との一体感であることを知ってもらいたい。

『神は我なり。我は神なり。我と神とは一体なり。』
その境地にいたることが真実の結婚であることを
知ってもらいたい。

だからわたしは、(真実の)結婚は、結ぶ、魂・
『結魂』と書きます。 『神との一体感、神との合一』 
六十七億の人間の目的は、本来この結魂を望んで
この現象の世界に肉体あることを知ってもらいたい。

もちろん今から結婚しようとする、この現象世界で
結婚しようとする若い方々に結婚するなという
権利はありません。またわたしは止めにきたもの
でもありません。しかし、この結婚は、今の女優
みたいに、今日は誰と結婚して明日はまた離婚。
で、明後日はまた誰かとくっついて、また離婚。
可哀そうなものよ、と言います。
果たしてその状態で真の自分を見失ったその一転生、
人生を終えて、周りから見れば何億という結婚式が
あげられ、優雅な生活で一転生を終えて良いという
でしょう。

実相という本質の世界から物が見える世界から見れば、
これほどむなしい人生はないと、知らねばなりません。 
これほど可哀そうな者はないことを知らねばなりません。



b0173754_15512768.jpg



神との合一。
これは世界のいろんな教えで説いているヨーガ。
キリストのヨーガ、クリヤヨーガ、ハタヨーガ、
瞑想ヨーガ、カルマヨーガ、クンダリー二ヨーガ、
ヨーガ、ヨーガで、世界いたるところで、その
ヨーガ教室で教えられています。
そのヨーガそのものも知っていない、ヨーガその
ものを理解できずにヨーガを教え説いている者の
なんて多いことか。

わたしもほとんど、アメリカ、ヨーロッパ、中国
行く場所行く場所でヨーガというヨーガを見ています。
イギリス、フランス、あるいはノルウエー、スエーデン、
ニューヨーク、いたるところでヨーガを見ます。
しかし、未だかつて真実のヨーガに出会ったことは
ありません。

真実のヨーガは、さまよう思考で、様々な悪しき
思い癖、悪習、全てを制御した中に、無限という神
との一体感、合一が、これが本当のヨーガである
ことを知ってもらいたい。神との一体感の無い
ところに、何のヨーガがありましょうか。

我と神とは一体なり。その境地にいたってこそ、
真実のヨーガ、真実の結魂、であることを知って
もらいたい。

今回の中国でも、「わたしにも永遠の伴侶が見つかる
だろうか?」「いつみつかるだろうか?」
あるいは、わたしに教えてほしいと言われる、
そのように質問をした方もいっぱいいました。

『なぜ、あなたは、常に永遠の伴侶と一体では
ないのか。どの伴侶を望むのか。いつかむなしく
朽ち果てていく、この表現体であるものを、
あなたは真の伴侶として得たいのか。』

真の永遠の伴侶は、人々の中に内在したる神で
あることを知らねばなりません。
神と我とは一体である、その境地に至った時に、
久遠にして常在、不滅にして絶対実在。

久遠とは永遠のあなたがた、常在とは常に在る
あなたがた不滅とは、一度だって破壊されたことの
ないあなたがた実在とは実際に在るあなたがた、
それと完全なる融合ができた時に、その境地に
至ったときに、みなさんは永遠の伴侶を見出し
たことでしょう。二度と死ぬこともない二度と
病み苦しむこともない。

だから全世界ではっきりわたしは言い切ります。
わたしの永遠の宝物は、世界誰をも奪うことは
できない。
世界の武器をむけても破壊することはできない。
たとえわたしが今回の災害で津波に飲み込まれたに
しても、あるいは地震の下敷きになったとしても、
わたしの不滅の宝物まで奪った津波はありませんで、
破壊した地震はありません。

なぜでしょうか? 

あなたがたの目に写し見れる所にわたしは
宝物を持ってるではありません。
この現象の世界には銀行にとて一円の貯金も
ない。しかし世界の誰よりも、永遠不滅の
無限の宝物を所有してることもあなたがた
には理解できぬだろうと。

これこそ、無限の宝物、神との一体感です。
だから真実の至福、永遠の不滅の至福とは、
神を我としての一体感が無いかぎり、世界の
富を掴んだところで、そこには幸せも喜びもない
ことを知ってもらいたい。

昨日までは、こんな物が食べられるのかと、
そのように生きていた方もいたかもしれない、
の何万人の中には、しかし、一夜明けてからの
今日からはどうなのか。きゅうり一本、おにぎり
一個食べれていれればいいほう。

これは、わたしがちょうど何十何年前に、南米の
生活を終えてわたしがちょうど沖縄の地を踏んだ
時に、その現象を見せつけられています。

今、人類の意識が、個人欲望、自分さえよければいい、
自分の家庭さえ守っていればいい、自分の国さえ
豊かであればいい、この利己主義、この欲望、その
ような意識から全体意識への目覚めがなければ、パン
ひとかけらのために親子が殺しあう時がくるだろうと。

だから、この先みなさんが愛のボルトでしっかりと
支え、一人一人がつなぎあってなければ、そういう
現象がいつ起こりくることもしらぬことを知って
もらいたい。

まだわたしが見せられた現象からすれば、今回の
ものでも万分の一にしかすぎぬことを知らねば
なりません。もし、それが大きく拡大していき
地球そのものの一番最高ポイントを叩かれる
ならば、世界崩壊であることほかにありません。

愛のボルトでしっかりと留めおくためには、皆さん
一人一人が真理に対する理解とで、一人一人が真理を
顕現し、一瞬一瞬生きることが最高な愛であることを
知ってもらいたい。

自分さえよければいい、自分の家庭さえ守っていれば
いい、自分の国が豊かであればいい(ではなく)
今このような物があったればこそ、全世界から、
『我々はじゃ、日本に何ができるのか。日本の兄弟
姉妹のためにどう手伝うことができるのか、何を提供
すればいいのか』と。
ある国は、電気を発電する発電機だとか、あるいは
また、今流失するその核を納めるためのまた放水車と。
さまざまなものが国々から手をとりあってそこに
寄せられているのは、それがなかったならば、
どうだったでしょうか? もちろんわたしはそう
いう現象がいいと言ってるのではありません。

人間はドン底に至らないかぎり、真実の愛わかちあう
ということをできぬのかと。なぜそのような痛みを
痛手をおう前に、なぜ人類ひとりびとりが手をとり
あって愛わかちあって生きることを見失っているのかと。

神はあなたがたの共存、共栄、共生を望んでいる
ことを知ってもらいたい。

我が子たちよ、共に手を携えて、共に存在しあい、
共に栄えあい、共にひとつなる愛をわかち
って生きよと。
常にあなた方の内側で内在の神、わたしは常に
訴えていることを知らねばなりません。
肉体というこの現象我の側面からわたしを
わたしと説いてるではありません。

ここに集いし、あなたがた一人一人が、神として
全ての根源であるこの原因の中に君臨したる
あなたがたけっしていと小さき弱き、このような
災害に振り回されて混乱するいと小さきあなたがた
ではありません。あなたがたの力、あなたがたの
受け継いだその遺伝、遺産は、想像もできぬ
無現そのものの力であり、愛であり光であり、
智慧であることを知ってもらいたい。

我は神なり・我神なるがゆえに、無限の智慧、
無限の力、無限の愛の泉宝庫、我が内にあり、
これほどの能力をあなたがたは、神、我として、
今即、受け継いでいることを知ってもらいたい。
これわたしは全世界に、これこそが真実の
DNAとわたしは言いました。さまざまなこの
肉体的な不調和、病をDNAで受け継いだい
弱き、小さきあなたがたではありません。

神、我として、神そのものの全ての能力を、
受け継いだあなたがた。本当の真実のDNAを
受け継いだあなたがたが万物の霊長として、
神そのものであることを知ってもらいたい。

何を受け継いだといいましょうか? 
悩みや苦しみや、この肉体的な不調和を受け
継いいと小さき弱きあなたがたではありません。
無限を携えたあなたがたです。無限の能力を
一瞬一瞬顕現できる最高能力を携えたあなた方です。
これこそが、真実のあなた。いつかこのように、
朽ち果てる、変化してやまぬ、この肉体物質が
あなたがたではありません。

我、血や肉体、姿、形でもなく、人間、肉体、
個人でもなく、その背後に実在する無限にして
絶対実在である無限の愛であり、智慧であり、
力であり、全てトータルして神ということを
知ってもらいたい。じゃ今まで教わった神は
何なのか。手の届かぬはるかにまします
神なのか、白い髭をそこにたくわえて、杖を
ついてあなたがたの前に現れる神を神なのか。

神は全ての存在の根源である。これはどうして
無限なる神がみなさんの前に言い切ることが
できるのか。無限の神をもし言葉で語った
としたら、神を知らぬ者。
無限の神は、常に例え、方便でしか語る
ことができぬことを知ってもらいたい。
それは中国の偉大なる老子と言う方が、
こう説きました。知られざるものは、決して
語ることはできぬと。で、語るものは、また
何も知ってないということを知らねばなりま
せん。語るものは知らずで、知らぬものは
神はあれだ、これだと語っていくだろうと。

果たして無限の神が無限の愛が、無限の真理が、
どうして言葉に語ることができましょうか。
だからわたしは、愛は無限なる真理は、
説きえざるものと説いて、『説き得ざるものは、
悟るしかない』といいます。

つまり悟るというのは、実際にその神を
自ら感ずることです。あるいは実際に感じる
ことです。それで神であってどうして説き
得ない神を説くことができましょうか。
どうして文字で書きしるすことできない神を、
言葉や文字で書きしるすことが、また言葉で
説くことができましょうか。

もしわたしが神の全てを説いたというならば、
その者はうそでしょう。どうして無限の神が
言葉に説くことができましょうか、どうして
無限の神が文字で書き記すことができましょうか。
説き得ざるものは悟るしかないと。
悟るとは、実感、実際に感ずることです。
それは明想から訪れることを知ってもらいたい。

明想。だから明想は、真実の神を我として実感
するために、あるいは直感するために、味わう
ために最高手段であることを知らねばなりません。
世界に未だかつて明想を通さずにして、真実の
自分を見出したものは、一人もいないという
ことを知らねばなりません。
明想は決して遊びごとではありません。
決して明想は遊びの道具ではありません。
また幽界なるこの憑依を受けて混乱することが
明想があることではありません。

真の自分のが何者かを探るために、真の自分が
何者かを追求するために、明想という正しさが
与えられていることを知ってもらいたい。
明想を通さずにして、いまだかつて本当の
我と融合した者はいない、というほどに、
明想はいかに大切なことであるか。
ただ一般の人間のように、ただ生きてるから
生きてる、ただここにいるからいる、ただ
周りの者が食して生きるから生きる。
そのような一転生、人生を終えたところで、
どうしてどうしてこの根源である本質と
融合することができましょうか。

これはわたし、どこでコマーシャル描かれ
ているものを見たのか。
おそらくベッドのコマーシャルだったでしょう。
『人生の3分の一は睡眠である』と。
人生の3分の一を睡眠をむさぼっているならば、
どうして本質である神との合一ができましょうか。

心を尽くして、精神を尽くして、魂を尽くして、
力を尽くして、汝の主である神を愛して、
愛した時に、神はあなたがたに自らの姿を
写し見せることを知ってもらいたい。

今回、中国でもいました。
わたしは神なんて絶対に信じません、
わたしは宇宙や地球なんてあるいは、
誰も絶対に信じませんと。私は一言、
『あなたが神を信じようが信じまいが、
あなたが信ぜずとて、神はここに存在する。
あなたが信じないから存在しないという
ことは不可能です。どんなに時代の新旧に
おいて、その真理は変わることはない』と
言いました。神が時代の新旧において、
人間の観念、概念で作り変えること、破壊
することもできるでしょうか。

神は不死不滅永遠の愛の法則であることを
知ってもらいたい。だからあなた方は、偶然に
これが現れた偶然に何かが起こった
(と言うけれど)。 
針先一点でも、偶然というものが神の愛の法則は
完全ではないということを知らねばなりません。
一点の狂いもありません。

たとえばわたし自身が、じゃ今生は非常に
わたしは正しく誰かが見ても、どう見ても
もしわたしが正しく生きてる、と見ていると
言いましょう。しかし、わたし自身、様々
災難がぶつかり災害がぶつかり、いろんな現象を
ともなってわたしの人生はもうドン底の人生よ、
というならば、みなさんから見れば、何で
あんなにも正しく生きてるのに、何の結果
なんだろうというかもしれない。



b0173754_13542338.jpg



病気に例えても、3つのパターンがあることを
知ってもらいたい。たとえばわかりやすく、胃に
ガンがあるとします。ある者は、物理的な面で
作り上げたガン。ある者は霊的な面。ある者は
過去幾転生の中で、正しく生きることができな
かったその結果刈り取りで、自らそのガンで
もってその全ての今までの思い癖、悪習を
克服せんとしている者。

もし病気に物理的な面というならば
たとえば、医者に『あなたはこれ以上、
酒、たばこ、やりすぎると、胃にガンができる
だろう』と。そう言われたところでやめることが
できない。
酒におぼれ、たばこを吸いで、麻薬やそういう
薬物を吸い、それでもって作り上げた胃のガン
ならば物理的な現象といえましょう。

しかしそうでなく、なぜガンがというならば、
れは破壊的な想い、破壊的な言葉、破壊的な
行為、霊的な面でつくりあげたガン。あるいはまた、
恨み、怒りで、嫉妬、そのような破壊的な意識状態で
つくりあげたガンならば、それはまた霊的な面といえ
ましょう。

しかし今生、霊的な面でも物理的な面でもないにも
関わらずガン、だというならば、それは幾転生の
過程の中で、道を神として生きることができなかった
結果、今生こそガンでもって今までの全ての汚れを、
全ての思い癖、悪習、焼く尽してまいります。
それで克服してまいりますと。そのように背負って
くる者もいましょう。

だから同じ病気に例えても3つのパターン。
だから我々も、このようになぜ今生こんなにも立派に
生きてるにもかかわらず、なぜその者が、あのような
災害にまきこまれなければならないのか、なぜその
ように災難に飲み込まれていかねばならぬのか、
それは、その者の一点の狂いのない計算から、全てが
この現象の中におかれていることを知ってもらいたい。

もちろん我々は、一人一人が愛そのもので生き、
愛そのものでこの地球を宇宙を調和させるならば、
あえてそういう宿題を引きずり出して混乱する必要も
ありません。だから、真理は全てを自由ならしめん、
と言っているのは、その意味ではないでしょうか。

たとえば、わたしが、戦国時代だったならば、私が
誰かと戦いあって、城を攻め落とすのに誰かを殺した、
といいます。どこかの大将を。必ずそのものの息子が、
必ずわたしにかたき討ちで、むかってくるだろうと。
私の息子が、またその殺した息子をかたき討ちに
いくだろうと。じゃそのような無智、めくら、迷いで
生きるかぎりは永遠に続き続き続き、いかねばならぬ
ことではないでしょうか。今、現象の世界でおこって
いる戦争もその通りです。戦争で平和を勝ち取った国は
一つもありません。

だから戦争を止ますのは愛です。でそのような
かたき討ち、かたき討ちで、そのような現象を
止ますのは、愛であることを知らねばなりません。
愛で克服できぬものはありません。全て、宇宙真理と
いう愛という、その智慧なる火花で焼く尽すために
今我々は、全国で全世界でこの真理をもちいてる
ことを知ってもらいたい。


人類はひとつ
神はひとつ
宗教はひとつ
世界はひとつ
宇宙はひとつ


その状態で、全人類が愛のボルトとなって、
全てを支えていかぬかぎり、地球崩壊で国々の
崩壊をまぬがれることはないことを知って
もらいたい。

共に我々は、さきほども岩波さんが言われたように、
同じ兄弟姉妹であるならば、共に手を携えて、
共存、共栄、共生、愛わかちあっていき、本当の
美しき地球を建設していくために、今我々は
ここに生きていることを知ってもらいたい。ただ
この世の現象に溺れ生きるために、物や金や物質に
溺れるために、全世界の富を持ったところで、一瞬に
してあの津波にのまれ、で、地震の下敷きになれば、
今まで目の色変えて汗水流して、あるいは兄弟姉妹を
蹴落としてでも、稼いだ金はどうなりましょうか。
一円だって一物だって死後の世界まで、あの世まで
この世の物質を持ちかえったものはおりません。

持ちかえるのは、我々はどれほど、正しき愛という
表現で、あるいは愛という徳で、この自分の魂、
心をを飾れるか、であることを知ってもらいたい。
だから、わたしがものごころついた時から、
私のお母さんが常に教え説いたのは、
『あなたはこの肉体という表現体に、金、銀、
ダイヤ、宝石で飾るあなたではなく、常に愛と
いう徳で、愛で、この魂を心を飾れる者となり
なさい』と言われました。
だからわたしの生き方は『愛するは愛される
よりも美しく全てを幸せにする』とわたしは
生きてまいりました。

 『愛を得ようとする者、愛を失い、愛を放つ者、愛を得る』

 『命を得ようとする者、命を失い、命を放つ者は、命を得る』
 
 『持てる者、更に多く与えられ、持てぬ者は持ってる
  ものさえも奪われる』と。

この世界崩壊、取らぬように、このボルト、
愛のボルトで我々はしっかりと、手を携えて、
共に我々はにぎりしめていたいと思います。

今日も、この時期、この状態であるにもかかわらず、
多くの友とここに集い学ぶことができたことに感謝します、
ありがとうございました。

(以上、転載終わり)こちら:



 上江洲先生は、サイババにも似ているような。

b0173754_15554442.jpg


現在のヘアースタイルや服装は James Brownに
似ていましたが、どうでしょ?

見た目より気さくな方でしたから、ついつい045.gif


b0173754_15473672.jpg

             034.gif 「真我に生きよう!」


   ④、四国金比羅神社参拝へつづく



[PR]
by yukistar88 | 2016-03-13 15:34 | スピリチュァル | Comments(2)

NY猛吹雪&月とバシャールのメッセージ、月のリズムと新年会&日本でのイベント


2016年1月 23日、米東海岸では、観測史上

過去2番目の記録となる暴吹雪で、満月と重なり、

とてもパワフルだったようです。


22日の夜から降り始め、NY・NC・NJ州など

5州に非常事態宣言が発令され、一部地域は停電も。

学校や企業、エンターティメントや交通機関など、

全てストップされました。積雪68cm観測。



b0173754_12114927.jpg



吹雪の来る前兆を示す日暈は、このように

上部にアイスクリスタルを見せていました。

吹雪の来る10時間前です。




b0173754_12120128.jpg



非常事態宣言も出たので、飛行機、列車やバスなど

交通機関も運休、そして一般車両の交通規制もあり、

それはそれは静寂な日となりました。

吹雪の風向きによっては激しかったようですが、幸い

我が家の窓側は風が当たらず、シンシンと降る雪見でした。


しかし、一歩外に出ると・・・

こんなにも吹雪ていたので、びっくり!

雪が顔に当たると痛く、呼吸もできない

程の勢いでした。













そんな中でも元気なワンコたち。

やはり♪犬は喜び庭駆け巡る♪なんですね。




b0173754_12121465.jpg


飼い主さんへ、ここ掘れワンワン?!

b0173754_12122530.jpg


そんなわけで、私は1/24発の日本行きのフライトに

乗るはずでしたが、欠航となったので、変更しました。

NY周辺の7,000便程のフライトが欠航になったようです。


週末と重なったこともあり、変更要請するために航空会社に

電話しても、ずーーーとbusyで、1時間くらい待ちましたよ。


それでもこの時期はオフシーズンなので、問題なく変更

できたのはラッキーでした。



アルプス雪山状態

b0173754_12123783.jpg


全て真っ白に埋め尽くされて・・・



b0173754_12123296.jpg



27日に両親と温泉1泊を予定していましたが、父が

具合悪いということで、数日前にキャンセルしましたが、

結局間に合わなかったことで、結果オーライという

そういう流れだったようです。雪の頃には父も元気に!



こちらは除雪隊で、夜中も頑張っていました。

ご苦労さまです!



b0173754_12121995.jpg




23日の夜には、雪も止み、満月が顔を出したのです。




b0173754_12124530.jpg




NYは雪国だけに、除雪の対応は素早く、翌朝には、

主要道路は問題なく通行できるようになっていました。



ニュースでも、交通情報を伝えたりで、

weather newsでは、今回は、2006年に

次ぐ積雪となったようです。



b0173754_12124176.jpg




吹雪の翌朝、いつもより早くに目が覚めたので、

朝陽を拝みに外へ。



b0173754_13362064.jpg


雪の波紋も美しく・・・マイナス5℃でした。




b0173754_12143151.jpg

大浄化後の御来光です!

b0173754_12143933.jpg



スマホでの撮影では、オレンジ色の玉が出ました。



b0173754_12150624.jpg


デジカメでは、こんな光に。




b0173754_12151995.jpg



前日の天候とは一転して晴天となり、

白銀の世界に包まれていました。




b0173754_12144582.jpg



b0173754_12145938.jpg



b0173754_12145330.jpg


b0173754_12161195.jpg



雪解けの水しぶきが銀粉のようの舞い、また

彩雲も出て天からのギフトをいただきました。




b0173754_12161997.jpg



日中なピンク色の玉になりました。



b0173754_12162547.jpg



動画ではこんな感じ、キラキラ・・・






https://youtu.be/Hd3WU6o1sxA





夕焼けもかなりゴージャスだったのですが、

窓越しでの撮影のため、室内のライトが反射してしまい。



b0173754_14004981.jpg




072.gifムーンパワー情報です。参考にどうぞ!


月は新月から始まり満ちて満月へ、そしてまた新月へと

戻ります。その周期は29.5日。その間、黄道12星座を

一周します。

月の満ち欠けは人の無意識の領域や健康状態にも

影響を与えるとされ、月のリズムに合わせて暮らすことは、

私たちの生活を快適にしてくれると考えられています。

 最近では、カレンダーや手帳などで、月の満ち欠けが

書かれたものをよく見かけるようになってきました。

雑誌などのダイエットやスキンケア特集でもよく見かける

ようになり、月のリズムで暮らすことへの注目が高まって

います。


月のリズムは大きく分けて4つ。「新月」「満ちゆく月(上弦の月)」

「満月」「欠けゆく月(下弦)」です。


各月齢にはそれぞれに適した特徴があり、特徴に

あわせて行動することで、月のパワーを得られたり、

行動の効果を実感しやすくなるのです。



b0173754_14003370.jpg


*新月……始まりのとき

 新月は月齢ゼロの「始まり」の時。何かを新しく始めたり、

決意したりするのに適しています。月の成長パワーが得ら

れるので、この時に始めた物ごとはスムーズに成就すると

言われています。また、太陽と月が重なるため、陰と陽が

統合され、自分の潜在意識と顕在意識がつながる時とも

されています。自分の深いところにアクセスできるので、

心の中の願望を意識化して、お願いごとをするのに

最適の月齢です。


★オススメの行動★
・かなえたい願いを決めて、お願いごとを書く
・新しいプロジェクトをスタートさせる
・アイデアをまとめる(新月のアイデアは育ちやすい)





b0173754_13355672.jpg



*満ちゆく月(上弦の月)……補給、摂取のとき

 満ちゆく月の時は、吸収力が高まっています。

身体は栄養分をよく吸収し、心や頭脳は新しいものを

吸収します。

気力や体力も満ちていくと言われているので、新たな

基盤を作っていくことに適した生産的な時期です。

この期間は新月で決めたことなどを行動に移していく

といいでしょう。

美容・健康面では栄養を与えるケアがオススメ。

ただし食べ過ぎた分も吸収されやすいので、ダイエット

中の人は注意が必要です。


★オススメの行動★
・何かを学び始める、知識の吸収をする
・企画、アイデアを行動に移す
・美肌成分を含んだパックなどをする




b0173754_13360920.jpg




*満月……達成・完成のとき

 満月は達成、成就の時です。よくも悪くも結果が

ハッキリとあらわれやすいので、その状況から

やり方を見直したり、物ごとのバランスを取り直す

などをするといい時期です。

また、満月の日は気分が高揚するので、パーティー

など多くの人と交流するのにも適しています。

ただし、喜怒哀楽が過剰になる傾向があるので、

感情のコントロールに気をつけましょう。出血が多く

なる日とも言われているので、手術や抜歯などの

治療には向いていません。


★オススメの行動★
・人と会う、交流会やパーティーなど多くの人が

集まる場所に行く
・物ごとの見直し、達成状況の確認
・月光浴で浄化&パワーチャージ




b0173754_13360357.jpg



*欠けゆく月(下弦の月)……放出・洗浄のとき

 欠けゆく月の時は、浄化や解毒の作用が高まる

時期です。新月に近付くほど、その力は強くなります。

排出作用がある時なので、身体の毒出しや、清掃や

消毒、断捨離や洗濯などに向いています。

満月で見直したものを手放す作業は、ぜひこの欠け

ゆく月の時にやりましょう。また、乾燥、固定などの

作用もあるので、手術や治療などはこの時期に

行うといいと言われています。


★オススメの行動★
・ダイエットを開始する
・部屋の片付けや不要品の手放し
・望まない人間関係との縁切り





b0173754_13361542.jpg





*新月・満月は自分を見つめ直すのに最適!

 新月や満月は、月のリズムの区切りのタイミング。

この時に何かを決意したり、見直したりすると物ごとが

スムーズに進みます。

新月や満月はどの星座で起こるかで特徴が変わるので、

それに合わせて願いごとや見つめ直すことなどに意識を

向けてみましょう。

普段意識していなかった自分や、心の奥底にある願望に

気づけるはずです。


 529日は双子座の新月が起こります。

新月は始まりのとき。月のリズムで暮らすことに興味を

持った人は、次の新月から試してみてはいかがでしょうか。

続けていくうちに、様々な変化が感じられるはずですよ!

(永沢蜜羽)


.満月は達成、成就の時のようなので、このタイミングで、

不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の

期間で手放していきましょう


b0173754_14004367.jpg




今回の満月の特徴


【満月が起こる場所】獅子座


【満月になる時刻】12410:46


【獅子座満月のキーワード】「クリエイティビティ」

「自己表現」「ドラマティック」「遊び」「華やかさ」……etc.


 2016年最初の満月は、獅子座での満月です。

獅子座は太陽を守護星に持つ「自らが中心となって輝く」

星座。

創作活動や恋愛、自己演出やドラマティックな気分など、

「自分を自分らしさを解き放つ」ための純粋な衝動を

与えてくれます。


 また、獅子座のエネルギーは「自分自身を愛する力」も

授けてくれます。「強い自己肯定感」や「楽しく生きること」を

実感できそうな、1年の始めにふさわしい満月となるでしょう。




b0173754_15185639.jpg





獅子座満月にオススメの「手放し&改善ワーク」


 満月の夜は、自分の無意識に光が当たるとき。

「存在感」や「個性の輝き」など、獅子座的特徴を手に

入れたい人や、逆に「自己中心的になりすぎる」など

獅子座的欠点が思い当たる人は、この満月で、下記の

ような手放しと改善を誓ってみましょう!



★手放し&改善の例★


「他者の評価を手放して、自由に創造力を発揮

できる自分になる」


「その他大勢でいることを手放して、自分らしい

存在感を持つ」
「冷めた考え方を手放して、ドラマティックな人生を

楽しむ」……etc.



★獅子座的特徴が悪く出ていないかもチェック!★



「自分が注目されていないと気がすまない」
「まわりを振り回すような行き過ぎたリーダーシップを

とってしまう」「態度が大きすぎたり、傲慢になったり

してしまう」……etc.


このようなことが思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

 手放し&改善ワークは、月光が心にしみこんで

いくイメージで行うのがオススメです。不調和なものが

あったら手放しや改善を誓い、うまくいっているものは

感謝の気持ちとともに、そのままうまく進むことを願いましょう。



 特に今回は、2016年最初の満月! 「自分らしい魅力」

打ち出す決意をするには、最適のタイミングです。

この1年を楽しむために、獅子座が持つ「主役級に輝く

パワー」を浴びて、自分の個性を愛して表現していける力を

手に入れましょう!

 万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは

地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを

馳せて、そのエネルギーを感じてみてくださいね。

 空気が冷え込む今の季節は、夜空がとても美しく

えます。あたたかい飲み物を片手に、お月見を

楽しむのもいいかもしれません。2016年になって初めて

満ちる月。そのパワーを感じながら、楽しい1年間を

思い描いてみてくださいね!


(永沢蜜羽) http://free-fortune.jp/content/87140


b0173754_15240481.jpg





056.gifバシャールからの2016年に向けてのメッセージ


”ハイブリッドの種”


3次元密度の濃い次元の中で、私達は幾度とな

同じ事を繰り返してきたのでした。過去のデータを

分析しては、あれやこれやと模索するも、必ず同じ

事が繰り返されてきたのです。しかし、同じ事が

パターン化して起こる事に気がついた時、私達は

初めて悪循環から抜け出る事が出来たのです。


ポジティブ側に進み出して間もない私達は、新種の

人間である6番目のハイブリッド種へと変化中で

あると、バシャールは話しています。私達のDNA

機能は大幅に改善され、寿命も今まで以上に伸びて

ゆくようになるでしょうと、バシャールは話しています。

そして、今まで考えつかなかった高度な情報にアク

セス可能となり、私達の科学力は著しい成長を

遂げるようになります。



ここで理解して欲しい事は、レムリア時代~アトランティス

時代初期までの私達の体の機能は、今のような病気や

ウイルスに脅かされてしまうような柔な体では無

かったと、バシャールは説明しています。

しかし、サバイバー社会(弱肉強食社会)へとシフト

した頃から体の浄化機能がスローダウンし、細胞

成長を妨げ、結果的に病気が充満する社会となって

いったのです。これらは全て、私達の分離

意識の結果であると、話しています。



2013年~2015年の3年間を使ってシフトに向けて

波動調整を行ってきた私達は、2016年からは、

今まで学んだ事全てを活用して応用する事に

あると、バシャールは話しています。貴方は、既に

ポジティブのに向かって上昇するを全て

知っています。あとは、ありのままの自分で

それらを活用し、光に向かってブレる事なく上昇して

ゆけば良いのです。さぁ、一緒に歩んでゆきましょう


新しい地球のスターシード達へ

年齢を重ねる度にヒトは賢くなると言いますが、

体が思うように動かなくなってしまうのも事実です。

しかしバシャールはこう話します。”老化現象”を食い

止めるには、ワクワクの波動で楽しく幸せに生きる事が

大切であると話します。詰まり”老化現象”とは、“大い

なる全て”の完璧なエネルギーをフル活用できず、

貴方の体のあちこちに”波動停滞”が生じる事にあると、

話しています。ですから、100%の貴方でワクワクを

追いかける事で、何時でも若々しさをキープする事が

可能というわけなのです。

とは言っても、なんだかグズグズしてしまい、なかなか

ワクワクに取りかかる事が出来ない、という事もある

でしょう。それは、貴方がワクワクをしようとしている

その”方法”自体が、今の貴方の波動と同調(シンクロ)

していない事にあるのだと、バシャールは説明しています。

例えば貴方のワクワクが文章を書く事だとします。

何時もならスラスラと書ける文章が、今日はなんだか

グズグズしてしまってなかなか取りかかれない。

そういう時は、貴方の波動と同調出来る方法を見つけ

る事が肝心である、と話します。場所を変えてみるとか、

タイプで書き起こしてみるとか、カフェでお茶しながら

書いてみるとか、貴方のワクワクを様々な型に変化

させて楽しんでみると良いでしょうと、バシャールは

話しています。


   ***1月の新年会の様子***
*1/13
NY式部会で活躍されている方やセラピストたちとの新年会でした。
b0173754_15212596.jpg

1/2生まれの式部会理事長であるRieさんのバースデーのお祝いも。
おめでとうございます!
サプライズで、店内全員がバースデーソング合唱♪

b0173754_15213691.jpg


二次会は、初めてのバカラホテルのサロンへ。

b0173754_15214657.jpg


豪華で静かな落ち着くティサロンでした。
女子力アップへの道など女性ならではのトークに。

b0173754_15215445.jpg

豪華なバカラのシャンデリア

b0173754_15215923.jpg

偶然にも仕事の休憩時間に集まってた。
そして、偶然?!にも2月は4人揃って日本に参ります。
それぞれがイベント開催したり・・・お楽しみに!
コーチング講師のRieさん、マクロビ料理講師のKiyomiさん
ヒポノセラピスト&ウォーキングインストラクターのMayumiさん

b0173754_15222421.jpg

*1/16
Red Hookの隠れ家Hiroko邸にて新年会。
b0173754_15224500.jpg
1/1生まれのMireiさんのバースデー祝いも。
Happy Birthday024.gif
お正月生まれの人は家族とは祝えても、
お友達とはなかなか・・とのことです。

b0173754_02493323.jpg
b0173754_15223302.jpg


ポットラックは、冬らしく暖冬系のお料理が並びました。

b0173754_15225838.jpg


「ロブスター印籠が目に入らぬか」・・・
助さん格さん?!なーんて。023.gif



b0173754_15230364.jpg

*1/17
ステキなNJ郊外の友人宅にて、
この日は、少しだけ雪が降りました。

b0173754_15233499.jpg

絵画のような風景、窓がフレームに見えませんか?

b0173754_15233908.jpg

*1/18のMartin luther king Jr. day のウェディング
マイナス8℃もなんのその、ノースリーブの花嫁とブライドメイドたち。


b0173754_15235450.jpg



ダーと1月のイベントや空模様を紹介しましたが、
冬の空も素晴らしく、吹雪の大浄化後も神々しい空が
見られました。今後も注目していきたいと思います。



056.gif日本でのイベントのご案内になります。

2016年の旧正月、一年の重要な節目となる節分・

立春のタイミングに、「ピース&ラブ誘導瞑想と

サウンドヒーリング」を三鷹「沙羅舎」の

舞遊空間にて行います。


ピース&ラブ瞑想では、サウンドヒーリングの音色を

奏でながら誘導瞑想し、アセンション・アクティベーション、

デトックス&クリアリングを行います。

あなたの本来の姿、感覚、魂、全ての活性化と私たちが

再び統合、感覚(ワンネス)の体験、そして神聖なる

宇宙からのエネルギーも伝授されること、本来の自分に

戻るよう、愛と喜びに満ちた人生を歩むためのサポートを

目的としています。


瞑想後は、ヘルシーで美味しい沙羅舎特製

マクロビ料理のランチをご提供致します。



瞑想中は、寝転んでも受けられますので、

どうぞお気軽にお越しくださいませ。



{瞑想第一部}:11:00-11:45

サウンドヒーリング&誘導瞑想


{休憩(15分)}


{瞑想第二部}:12:00-12:45

サウンドヒーリング&誘導瞑想


ランチタイム:13:00~14:15


沙羅舎のマクロビ料理をお楽しみください。



*日時:2016年2月6日(土)11:00-14:15

*場所:沙羅舎(JR三鷹駅南口から徒歩6分)

  玉川上水沿い(風の散歩道)を進み、フランス料理店の先を
  右折すると、左手に「沙羅舎」があります。

  東京都三鷹市下連雀3-1-24
  tel/fax 0422-41-8617

*会費:¥7,000


*問い合わせ・申し込み先:info@crystalspace.jp


お名前・携帯番号をお知らせ下さい。

FBのイベント参加にポチして下さい。


https://www.facebook.com/events/1676751492598230/



*リラックスできる服装をお薦めします。

ヨガマットか、大判タオルを持参ください。

波動水に興味ある方は、ミネラルウォーターを持参ください。




★誘導瞑想担当:AKIRA

プロフィールコンシャス・トランスフォーマー、ソウル・

サイコロジスト、スピリチュアル・ティーチャー、ヒーラー、

カウンセラー、ライフ・コーチ、州認定ヒプノセラピス、秘教学


17年間の海外生活(NY、フランス、ハワイ)で数々の

セミナー、ワークショップ、スピリチュアルパスを経て帰国後、

自身が求めていたスピリチュアルな道と一致する

I AM Universityと出会いトレーニング後、日本で唯一の

I AM University名誉認定コーチとして認定される。


I AM Universityとはアクエリアン時代の新しい統合された

覚めのための意識改革を奨励している機関です。


AKIRA HP: http://www.crystalspace.jp/




★サウンドヒーリング担当:星ゆき


星ゆき HP: http://yukistar88.holy.jp/






056.gifまた、この度、NY在住マクロビ料理講師・九星気学

鑑定士のKiyomiさんの紹介にて、広島のマクロビ

料理講師のマリエ先生オーナーの「マクロビオティック

24cookingschool」にて、Kiyomiさんのマクロビ

スィーツのクラスと共に、私のサウンドヒーリングを

させていただくことになりました。


広島平和祈念公園から10分という距離にある

スペースにて、広島での初イベントに感無量です。


どうぞお近くの方は、お気軽にいらしてください。



2/10,11共、マリエ先生のマクロビご飯付きでございます。


マクロビオティック24cookingschoolのHP:

http://mm-cooking.jp/



詳細は、こちらにございます。KyomiさんBlog:


http://artofworld.exblog.jp/24904607/




*2月10日(水)

13:30-15:30  マクロビスィーツクラス(野田清美)

16:00-18:00  20分個人セッション (定員各6名)

        (九星気学-野田清美 / エナジー・音叉ヒーリング-星ゆき)


18:00-20:00  瞑想&サウンドヒーリング(星ゆき)

20:00-21:00  ヒーリング・ディナー(山口眞利枝)



*2月11日(木)

10:30-12:30  瞑想&サウンドヒーリング星ゆき)

12:30-13:30  ヒーリング・ランチ山口眞利枝)

14:00-16:00  マクロビスィーツクラス(野田清美)



プッチーくんも今頃、どうしているのだろう?

気になる方は、すっとこさんのブログでチェックしてね。



b0173754_12171515.jpg



日本でもよろしくお願い致します。
しばらくブログは、お休みになりますが、
戻りましたら再開致します!

温かくしてお過ごしくださいね029.gif


[PR]
by yukistar88 | 2016-01-26 13:55 | スピリチュァル | Comments(0)

2015年振り返る。NY会式部会のコラボと音叉ヒーリング報告&松果体

いよいよ2015年も幕を閉じようとしています。
皆様、今年もお疲れさまでした!

今年もたくさん空や諸々の写真を撮りました。
ザッと、今年の空のフォトベスト3を選んでみました。
9月の日本行きの飛行機から見えた手雲は特別賞!
て勝手にやっております。
夕焼けベスト1は、これでしょうか。

全く同じ空模様を見ることなく、一番身近な自然
ということで、空に楽しませていただています。

来年の空も乞うご期待!しましょ!


b0173754_12065938.jpg


b0173754_12070841.jpg


b0173754_12071507.jpg


b0173754_12072118.jpg


貴方にとって、今年一番のニュースは何でしたか?


私は、9年ぶりに猫を飼うことになったことでしょうか。


ご縁でやってきたプッチーくん!

猫アレルギーも乗り越えさせてくれた奇跡の猫だね。


来月で丸一年を迎えるとは・・・本当に早い!



バスタブに侵入!なぜなら・・・

b0173754_12182011.jpg


ペロペロ

バスタブに残っている水滴を飲むためでした!も~~


b0173754_12183816.jpg



プッチーは元々人懐っこい性格、でも最初は、様子を

伺いながら、ベッドの下にいることが多かった。

最近は、意志もはっきりしてきたし、とにかくご飯より

遊ぶのが大・大・大好き!


なぜ毎回、プッチーの写真がアップされるのかは、

プッチーの元里親やプッチーの初恋の方々への

現状報告もあり、また、私も知らないプッチーファンが

いるからなのですよ。


更なるプッチーの写真は、下方に続きます。



他のニュースとして、8月に初めてCA州の聖地
シャスタに行ったこと。多くの人がシャスタを
訪れ、しかもリピーターも多いシャスタ。
なかなか行くチャンスがなかったのですが遂に!


*天国のようなパンサーメドウズとシャスタ山:


b0173754_12430951.jpg



9月、長野で初サウンドヒーリングと戸隠古道参り。
ご縁にも感謝でした!

シャスタも戸隠でも自然界に触れるだけでも十分に
メッセージを受け取ることができるし、太陽と大気、
大地と水など、四大元素に感謝の時でした!


全てがベストタイミングな戸隠訪問:



b0173754_12430477.jpg



報告がてら、私事が続きますが・・・



*12/7
NY式部会にて、第6回目となる”瞑想とサウンドヒーリング”
 &ランチのコラボを2015年の良き締めくくりとしても
無事終了しました。


ホリデーシーズン恒例の青木家クリスマスツリーは豪華絢爛!


b0173754_12564470.jpg



Masamiさんもランチの準備にスタンバイし、
12人分メニューをサクサクッと支度していました。



b0173754_12565973.jpg



NY式部会理事長なるRieさんには、毎度お世話になっております。

自らのライフコーチング講座やセッションなど多忙な日々で
ありながら、日米の多様な講師のサポートなど、ご活躍中。


b0173754_12572073.jpg



午前11時半より瞑想スタート。

年末なので、一年の大祓いを意識した瞑想で。



b0173754_01371273.jpg

     (photo taken by Rie)



瞑想後は、サウンドヒーリングへと。


b0173754_13032519.jpg
      (photo taken by Rie)



約50分間のサウンドヒーリングも終了し、その頃

キッチンでは、ホクホクのチキンポットパイが出来上がり!



b0173754_13075693.jpg




Masamiさんがサーブしてくださいます。

エプロンもMasamiさんの自作なんです。



b0173754_13080129.jpg




Masamiさん手作りのチキンポットパイと

ビーツサラダとイチゴカクテルのホリデーランチ!




b0173754_13080523.jpg




お味は、Rieさんのこの顔が物語る!ですね。


b0173754_13150257.jpg




デザートにと、お土産も全て手作り、フィナンシェと

グラノラも満足していただけたようでよかったです。


私からは、レモングラスのソープをギフトに添えて。



b0173754_13144815.jpg




ランチタイムは、歓談の時間として、

永住組や駐在員も、初対面の方も多く、

この場を利用して繋がっていただくことも

目的の1つです。


b0173754_13365512.jpg



b0173754_13081657.jpg




余談ですが、12月のホリデーシーズンであり、

後方の中世風タペストリーにマッチしてか、

”最後の晩餐’の絵画が浮かんできました。



b0173754_13175737.jpg

しかも人数も同じ13名!



b0173754_13082425.jpg




皆さま、ご参加ありがとうございました!


サウンドヒーリング後の皆さんの表情が、

より清々しくなるので、それも嬉しいですね!


参加してくださった方々の声として:

意識が遠くへ飛んでいた・体が各音の周波数に反応していた・

お腹の胎児がよく動いていた・身体が軽くなった・心身共

癒されていいエネルギーを受け取ったなど。


Masami さん&Rieさん、お疲れさまでした!016.gif





072.gifそして1年前、音叉セラピーのマスターである

Dr.John Beaulieu著者「人間チューニング」を

読んで、なかなかマニャックな内容だなと思い

つつ、もっと音叉のことを勉強したいという

意欲が少し出てきていました。

ぼんやりと、彼の講座を受けてみたいなという

思いがあり、だからといって、リサーチまで

することなく過ごしていました。


この本を購入する前に、右側のアンモナイトの絵に

惹かれたので、家の壁に飾っていたのですが、この

シンクロも実はデジャブ?!だったかも。



b0173754_13460503.jpg


今年の8月のある日、ある女性と出会い、彼女は、

Dr.John Beaulieuの音叉ヒーリングを受けて、

交通事故で損傷した脳が回復したというのです。

彼女は、Dr.John Beaulieuの音叉ヒーリングクラスを

受講したことがあるというので、紹介していただき、

私も12月にNYで開催された3日間集中講座に参加する

ことを決めたのです。この運びも導きを感じます。


ちなみに、この書にある渦巻き貝の

理論は・・・


「フィボナッチの音叉は、下垂体から松果体に至る

経路に共鳴するそうで、創造性、ビジョンの探索、

依存症、トラウマなどの治療に有効であり、

これらは貝殻に見られる渦巻きに基づいている。


貝殻の渦は、フィボナッチ数列と呼ばれる数列に

変換でき、更に音叉にも変換できるのだと。」


音叉が発する音もバイブレーションも波動であり、

代替療法としても今後も期待できそうです。



b0173754_14375825.jpg




ということで、以下、Dr.John Beaulieuの集中講座のリポです。



*12/11-13

初日は短時間のワークショップで、音叉コンサートが

中心でしたが、受講生は、皆床に寝転んでスタンバイ!



b0173754_13551900.jpg



実は、私もずーと音叉ヒーリングを受けたかったので、

これは自分へのギフトでもありました。


先生とアシスタントらによる音叉の音色は、心地良く、

すっかり身心はユルユルに・・・本当に嬉しかった!


振り返ると、この4年間、やる側に徹してきたこと、

そのことが走馬灯のように回想され、スピリットが

喜んで涙が込み上げてきました。007.gif

受けるって、こんな気持ちいいんだなぁと改めて実感。


と今更ながらですが・・・。


床に身体が密着して磁石で張り付いたかのような

感覚、かと思えば宙に浮いたような感覚もあり、

エーテル体、アストラル体、体内水分もクレンズ

されているのがわかりました。



2日目の講座は、音叉の歴史、宇宙理論、

物理学的なことや各音叉の説明や使い方など・・・



b0173754_14260880.jpg


また、先生はホリスティックな情報の知識も

豊富で、興味ある内容なので、それは楽しい。


ユーモアを交えてお話してくださっていますが、

やはり全部の英語を理解するのは無理でしたので、

そのハンディは残念でしたが、私にとって必要

部分はなんとか。




b0173754_14022208.jpg



動物への音叉ヒーリングももちろん可能で、実際に

腫瘍が消えた実績も。動物は特に敏感ですね。


そして、今まで心臓ペースメーカーやインプラントの

人へは、音叉セラピーは禁止と聞いていたのですが、

先生によると可能であると。そのテクニックも伝授し、

それだけでも受講した甲斐がありました。


猫や山羊に音叉ヒーリングするDr.John Beaulieu

b0173754_14024961.jpg



3日目のクラス後、先生と。


奥様のTheaさんは聖母マリア

みたいな方でした。



b0173754_14025977.jpg



私も今回の講座受講により、更なる音叉(Tuning Forks)を

揃え、次なるステップアップ&パワーアップへと、

来年に向け精進して参りたいと思います。





動物にも有効てことで、実験第一号のプッチーくんに

Otto tunning forkの波動響かせたら、敏感に反応して


ゴロニャンびっくりポン!



b0173754_15015166.jpg


b0173754_15012401.jpg


b0173754_15013531.jpg

そしてBrain setである

Alpha,Beta,Theta, Deltaを聴かせると・・・


クンクン臭い・・・



b0173754_15022200.jpg


松果体に感じてみる



b0173754_15042359.jpg



ペロンとちょっと舐めてみる・・・



b0173754_15045035.jpg


ちょっと触れてみる・・・



b0173754_15052558.jpg




そして、最後はアンモニャイト・ポーズで爆睡!



b0173754_01292519.jpg



敏感に反応していたようです。




056.gif次回の”瞑想とサウンドヒーリング”は、

2月に東京と広島で行う予定です。


一年の節目にあたる節分の頃、2/6(土)

東京三鷹にあるマクロビ料理とお茶のお店

”沙羅舎”にて、行うことになりました。


素敵な”舞遊空間”で、マクロビ料理ランチ付きになります。


詳細は、次回のブログでアップしたいと思いますが、


FBをしていらっしゃる方は、こちらからどうぞ!


https://www.facebook.com/events/1676751492598230/






*12/25

クリスマス当日の朝、気温が上昇していたので、霧が発生していました。





b0173754_13385920.jpg




満月とクリスマスが重なった日で、雲が

多かったですが、なんとか満月が顔出しました。




b0173754_13390818.jpg



この12月は過去になかったの程の暖冬で、12/22から
雨や曇りの日が続き、12/28にやっと晴れたと思ったら・・・


b0173754_12310138.jpg


12/28の夕方から霰が降り、気温低下し、
冬らしくなってきました。
まるでハーキマーダイヤモンドのような霰。



b0173754_12323532.jpg







055.gifここからは、松果体に関する解説になります。


興味ある方はどうぞ!


松果体は脳の真ん中の目の真裏に位置していて

松ボックリに似た形をしています。

哲学者のルネ・デカルトは松果体を研究していて

魂の鎮座」「直感の座」だと力説していて、キリストは

目が一つであるならば、身体中に光が溢れよう」

表現したそうです。


松果体は、ヒーリングやリーディングをする際にも

重要な器官だと言われています。そして松ボックリは

古代から松果体のシンボルとして多くの古代遺跡で

発掘されています。古代バビロニア、古代エジプト、

マヤ、古代インド等の遺跡から出てきています。

現代でもバチカンの大広場やローマ法王の装飾品、

アメリカ連邦議会議事堂の天井画などにもモチーフ

として表現されています。古代エジプトではホルスの

目の形が松果体と同じ形をしています


b0173754_15070801.jpg


また松果体は人間にイメージを見させる働きをする

そうですが、太古の人々やアボリジニ族の人々はテレ

パシーや透視力を日常の生活に取り入れていたため、

松果体をみずみずしく保ち続けていたそうです。

そんな松果体の身体への働きですが、私たちの意識に

深く関係するセロトニンというホルモンを分泌しています。

光を目と連動しながら、松果体を通して受け取った光

脳下垂体を通して身体の中の水分を通じてすべての

細胞へと伝えています。凄いですね!松果体は光の

センターのようなもの。第六チャクラ(別名:精神的

チャクラ)も松果体に当たります。



b0173754_01302056.jpg

松果体は実に小さい器官で子供の頃はグリーンピース

程の大きさで、大人になると米粒ほどに小さくなってしまい、

さらに現代人はどんどん収縮しているとのこと。

その理由の中に重金属などの汚染や劣悪な栄養素、

ストレスや睡眠不足が挙げられます。機能が弱くなると

健康や直感を鈍らせてしまいます。その他にも松果体に

悪影響を及ぼすものの代表格であるのがフッ素」と

「電磁波」。歯磨きペーストやガム、調理器具、缶ジュース

など、私たちの生活のいたるところで使用されているフッ素は、

体内に入ると松果体に蓄積されて石灰化を促すそうです。


市販されている歯磨きペーストはフッ素配合が多いですが、

毎日使うものなので自然派ブランドなどで無添加のもの

使うことをお勧めします。私はアーユルヴェーダ製品の

auromareというメーカーの歯磨きペーストが磨いた

あとスッキリするので愛用しています。また、哺乳動物が

微弱な電磁波にさらされると、松果体の働きに異変が起こり、

メラトニンの分泌障害が引き起こされるんだとか。

ちなみにベルギー政府は、2002年にフッ素が骨粗しょう症の

リスクを増加させ、神経系統を阻害する可能性があるとして、

虫歯予防のためのフッ素サプリメントを販売禁止にしました。



b0173754_01302797.jpg


松果体の石灰除去には二つの方法があるので紹介します。

一つは生活の中に含まれているフッ素(フライパンや水道、

歯磨きペーストなど)から松果体の石灰化を防ぐこと、そして

もう一つは松果体に存在している石灰を減らし松果体を

活性化させることが挙げられます。松果体を活性化させる

簡単なトレーニング法に、「早朝や日没前の太陽を見る

(昼間は危険なので注意)」「眉間にペンの先などを近づけ、

その感覚に集中する」「マクロビオティックの食事をとる

食材では特にアーモンドが効果的)」「呼吸法」があります。

古代の人々が松果体を様々形で象徴したことは、人類が

スピリチュアルな存在である事を忘れずに伝承するため

だったのかもしれませんね。




b0173754_15085785.jpg



528hzの単音や音楽を聞く事で松果体をクリーンにできる説も

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1913455.html



In Deepさんのサイトより一部転載:
http://oka-jp.seesaa.net/article/413655086.html
<転載開始>


ジョン・レノンが 196866日に BBC のインタビューで

この社会は、狂った目的を実現するために、狂った人間

たちによって動かされている

(原文:Our society is run by insane people for insane objectives

と語った場面。上の訳文つきの動画は、YouTube にあります。


近頃の社会を見て思い出すジョン・レノンの言葉

最近は、何だか「健康シリーズ」のような感じの記事が続いて

いて、あまり時事にふれていないのですが、どうも最近の

ニュースは陰惨というか、暗澹とした気分になるものが多く、

ややどよんとした気分に陥りつつある昨今ではあります。

基本的に命への想像力が足りない感じの出来事の数々

あるいは、犯罪を起こした当人はもちろんですが、それを

責める側にも想像力が足りないような
責めるべき本質が違う気がしたり。

何だかこう、「人類全体の知性」が衰えてきているの

ではないかという雰囲気さえ感じてしまうのは、あるいは、

最近書いていたような、汚染による脳や身体の衰退と

いうことと関係しているのではないか、と思ったりもします。

上に唐突に、47年前のジョン・レノンのインタビューなどを

載せたくなったのも、そのあたりと関係しているかもしれません。

仮にその時にジョン・レノンが言っていたことが本当ならば、

その「狂った目的」というのが何かはわからないですが、

そんな世の中になってきているかもしれないなあ、と、

やや思わざるを得ない面もあります。

上のインタビューでは、ジョン・レノンは下のようなことも

言っていて、残念ながら、非常に近い結果となっています。


528Hzで石灰化が改善?



b0173754_15092134.jpg



私たちを含む多くの人類の松果体はフッ素による石灰化によりすでに「永遠の機能停止」に陥っているかもしれない
 20150203

では、原因との関係は明確ではないながらも、現代の

多くの人々の松果体が加齢と共に石灰化していて、

たとえば、アメリカでは過去 17年間で 40%の人たちの

松果体が石灰化している推計があるこことなどを

書きました。

(出典は英語版の松果体に関しての Wikipedia Pineal gland


b0173754_15093880.jpg



松果体が石灰化、あるいは石化した状況。

これは十代の若者。 World Poblic Unon より。


松果体というのは、カルシウム、リン、フッ素化合物などを

蓄積しやすい場所のようで、自然の状況でも、加齢と共に

蓄積量が増えて石灰化していくものではあるようです。

ですので、ある程度の年齢の人々の場合、程度に差は

あれ、松果体の石灰化が進んでいる可能性もあります。


人間の器官で、石灰化が言われる代表的な部位は「血管」

ですが、これは1度石灰化すると、元には戻らない、あるいは

元に戻すことは非常に難しいとされています。

松果体も多分同じで、1度石灰化すると戻らないもの

だと思っていました。

そして、アメリカ人の 40%が松果体が石灰化している

ということも。



(つづきは、上にリンクにあります。)


以上、松果体に関する内容でした。




b0173754_15095515.jpg




055.gif時代と共にアップデートされているメッセージです。

お読みください。


「新しき人」


新しき人は、霊能者ではない。

彼は、何かが見えたり、聞えたりはしないかもしれないが、

必要な時に必要なことがわかり、

必要な時に必要なことを話し

必要な時に必要なことを行う。

また、新しき人は超能力でもない。

彼は、不思議な技を行わないかもしれないが、

多くの人と共に多くのことを成し遂げる。

また、新しき人は完全な人でもない。

彼は、自分の中に弱さや欠点があるからこそ、

他者と繋がることができることを

十分に理解している。

また、新しき人は賢者でもない。

彼は、その智慧が自分からではなく、

源(神・天)から来て居ることを

誰よりも良く理解している。

ゆえに、古き人は新しき人を理解できない。

なぜなら自分と見た目が変わらないから。

しかし古き人が常に不安と恐怖の中にいるのに対し、

新しき人は、常に愛と安らぎの中にいる。

なぜなら自分の強さが源(神・天)に

起因することを理解し、

必要な時に助けがくることを、

常に確信しているのだから。

天の御心が行われますように、と

かつてイエスは祈った。

新しき人の祈りも同じである。

なぜなら彼は、自分が直面する全ての現実が

天の御心であり、自分の糧であることを

誰よりも深く理解しているのだから。


「新しき人と真の天戸開き」より

http://www.futurecreation.club/posts/403594



b0173754_13392081.jpg



では、今年も毎ブログを読んでくださって、ありがとうございました!


2016年も皆様にとって、ますます輝く一年であり、

平和で安心な世の中へと繋ぐ光を見ていきたいと思います。016.gif






[PR]
by yukistar88 | 2015-12-31 00:25 | スピリチュァル | Comments(0)

サイマソニックといなわら亭、Bedfordツアー&エトナ山大噴火(12/4)

12/15未明、三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が、

好条件で見られるようです。(遅れてすみません)

毎年ある流星群の中でも、一番多く流れ星が

見える日になるようです。期待しましょ!


また、12/22の冬至もパワフルな日のようで、

瞑想したり、お風呂で温まるなど、心身浄化も致しましょう。



こちらは、11/22の美しい夕焼け。

マンハッタンのビル群が、ここまでたくさん
一気に黄金に輝くのは、珍しいことでした。



b0173754_14245132.jpg



この日、サイマソニックセラピーのモニターお試し期間中で
あるSenkoさんが、NJまで来てくださり、友人らの施術を
してくださいました。その施術が丁度、終わった瞬間に、
この夕焼け空が現れて、なんというベストタイミング!!



b0173754_14251625.jpg


ハドソン川もピンク色に染まります。



b0173754_14252494.jpg


燃えているような西側の夕焼け空



b0173754_14255686.jpg



こちらは少し前で、11/2の夕焼け。

東の空に、扇型の夕焼け雲が見えました。
東側に見えるのは珍しい!


b0173754_02571135.jpg

こちらは西側の夕焼け空


b0173754_02571863.jpg


南はマンハッタンで、真っ赤に包まれていました。


b0173754_02572469.jpg



*10/27
CT州South Norwalkへ、Megumiさんのサイマソニックセラピー
と「いなわら亭」 Commyさんの音ご飯をいただきました。

グラセン駅からNew Heaven Lineの快速列車で、約1時間、
小トリップな感じです。

が、私は指定された列車時刻を勘違いしてしまい、ローカル
列車に乗車してしまい、急遽、最初の停車駅であるハーレム
125st.で下車して、乗り換えました。(汗)


待ち時間に見かけた貨物列車。@125 St.駅

b0173754_02573042.jpg


海沿いを走ります。



b0173754_02573448.jpg

初めてのSouth Norwalk駅下車。

こんなステキな教会を見かけました。


b0173754_02573882.jpg

10月末で、丁度紅葉が美しかったです。

「いなわら亭」前の樹木


b0173754_02584244.jpg


マルコちゃんとキースちゃんのお出迎え。



b0173754_02583823.jpg


マルコちゃんは、ママの鼻をつまむのが好き!



b0173754_02584887.jpg


Commyさん手作りのお野菜中心のヒーリング音ご飯!



b0173754_02574600.jpg


色合いも秋らしく・・・美味しかったです!



b0173754_02575172.jpg


「サイマソニックセラピーとは、音振療法であり、
体の中から音が聞こえてくる音、リンパや血液、髄液の
流れがシンフォニーを奏でるように聞こえる。
それらの音を解明してつくられた音がサイマソニック
なんだそうです。

サイマティクスの約800種類の周波数から選択された

周波数を不調を起こした部位に共鳴させることにより、

乱れた周波数が徐々に矯正され、本来の健康を取り戻す

ことができるのです。


サイマティクスの科学的研究は、18世紀にバイオリンの
音が砂の上に模様を作り出すことを発見した、音楽家であり、
科学者でもあったアーネスト・クラウディニに始まります。
その後、スイスの科学者ハンス・イェニー博士が、トノスコープ
という装置を開発し、音(振動)が物に動きを与え、物の形姿を
作るという詳細な実験研究を行いました。そして彼は、この分野
の学問領域の名前をギリシャ語の波動の意味を持つ
(Kyuma=キューマ)をとって、CYMATICS(サイマティクス)
と名付けたのです。

ほぼ、同時期にマナー博士は…時を同じくして、マナー博士は
音(振動)を使って治療を行う研究を30数年にわたって続けて
おり、自身のセラピーにソニック・レゾナンス・セラピーや
アコースティック・セラピー等という名前をつけていました。
しかし、ハンス・イェニー博士の研究がマナー博士の理論を
実証するものであることからサイマティクス・セラピーと
いう呼称に切り替えたのです。イギリス在住のマナー博士は、
現時点で40年近くかけて、人体の各部位がもつ固有の音(振動)
の周波数を計測し、臨床実験を積重ねてサイマティクス・
セラピーを開発しました。」



私は受けてみて、音叉とイネイト(むつう整体)とQXを
組み合わせたような施術と感じました。

宇宙音のような響きをスピーカーから流し、身体に
当てていきます。
施術中はスペース・サウンドのような高波動により身体を
クレンズされるような感覚、または、羊水の中で母親の
心音と水流と宇宙語がミックスされたかような響きに
包まれる感じがしました。宇宙の高次なるエネルギーを
受け取りながら、波動による手術を受けているような感じ
ですね。お陰さまで、1ヶ月半くらい続いてた右膝のギク
ギクしていた痛みは消え、腰痛も軽くなりました。



b0173754_02592747.jpg

*12/1
そして、1ヶ月以上おいて、12/1に再度、
モニターによる施術を受けました。

列車の中で、見かけたスマホの11.11


b0173754_03122599.png


マルちゃん&キースちゃん、ご飯おねだりタイム



b0173754_02592114.jpg


キースちゃんの耳・・・

この日は、美肌効果のある波動も入れていただいたので、
肌もツルツルに!


b0173754_02594741.jpg


音ご飯は、酒粕を使ったグラタンや煮込みなど、

体が芯から温まりました。ポカポカ温泉入浴後のような・・・



b0173754_02594127.jpg


マクロビ料理講師のKyomiさんも一緒でした。



b0173754_02593281.jpg


帰宅は、午後7時過ぎてしまい、すっかり夜景色。



b0173754_03001623.jpg

Megumiさん&Commyさん、ありがとうございました!043.gif


*サイマソニックセラピーに関して:http://www.cyma.co.jp/




*11/9
日本からお二人の友人が来米していたので、以前から
リクエストもあったBedford Tourしました。



b0173754_03025857.jpg


このようなイラスト?落書きもBrooklynらしくもあり。


b0173754_03091005.jpg


この日は空がとびきりゴージャスでしたよ。


b0173754_00362369.jpg


b0173754_03004514.jpg

b0173754_00415970.jpg



環天頂アークとクロス雲で、神聖な空でした!



b0173754_03014357.jpg


この図も不思議な感じしませんか?



b0173754_03014991.jpg


そして、一押しのイタリアンレストランAuroraでランチ。

私は、リピーターで、雰囲気も味もよかったので・・・



b0173754_16001673.jpg


店内も落ち着いた雰囲気です。


b0173754_03022646.jpg


テラス席もありまして、冬でも大丈夫です!


b0173754_16002708.jpg

アペタイザー、メイン、ドルチェ、そしてワインも1杯ついて、
なんと$20!かなりお手頃です!



b0173754_16003671.jpg


お手ごろで美味しいから、お薦めなんです!



b0173754_16004246.jpg


ドルチェは、Prifix Lunch には、2種あり、
パンナコッタも美味しいですが、このバニラ
アイスクリームエスプレッソもたまりません!



b0173754_16004973.jpg


この日は、普段お会いできない方々まで参加いただき、
勢ぞろいでした!


b0173754_03025338.jpg


そして、ミユキさんのクリスタルショップ"synchronicity"へ。

月曜定休ですが、特別に貸切で。
皆さん、夢中で買い物モード?!
本当ナイスセレクションですので喜ばれます。


b0173754_03042935.jpg


私の空の写真も一部、こちらに
置かせていただけることになりました。


b0173754_03075465.jpg

*Synchronicity
167 N 9th St., Brooklyn, NY 11211 | TEL: 718-486-3900


アーリーバードで、お得な日本食コース($20)が食べられる
”Fushimi”です。ランチもディナーも皆と満足な日でした。



b0173754_03040088.jpg




*12/4、
そして、友人源和子さんのボランティア活動である
サダコ鶴ですが、オオカミ少女もはれて卒業し、なん
とか12/4にNHK”ニュースウォッチ”でOAされました。

広島で被爆した禎子ちゃんが病床で薬の紙で折った
6羽目のサダコ鶴がトルーマン大統領図書館に寄贈された
取材のニュースです。





b0173754_03082233.jpg


実は、その1週間前、BS-1の国際報道でもOAされて、
その放送告知は知らされてなくて、たまたま和子さんが
拙宅にいた時にTVをつけていたら、突然流れてびっくり!!

本来、外出するはずで、TV観ない時間帯であり、
導きを感じます。咄嗟にビデオ稼動な和子さん!でした。

それを撮る私も私ですが・・・えへへ


b0173754_03081709.jpg


ご覧なっていない方へ、日本の友人通して録画、
そしてcopyさせていただきました。8分程です。

和子さんも通訳で登場しています。


*NHK「ニュースウォッチ」で放送されたサダコ鶴
トルーマン大統領図書館に寄贈の報道:



*NHK BS-1「国際報道」でのリポート:



一連の流れを知りたい方へ:

*「トルーマン大統領図書館へ羽ばたいたサダコ鶴」日記:




しかし、12/4に無事ニュースで放送されたその翌日、
和子さんの愛猫が亡くなったのです。
しかも急なことで・・・
レナちゃんが和子さんの元にやってきたのは2007年、
野良猫だったレナちゃんはレスキューされたのです。

2007年は、和子さんが広島被爆者である禎子ちゃんの実兄、
佐々木雅弘氏らと出会った年であり、今回のトルーマン大統領
図書館に寄贈された、その報道が何度も延期されながらも
放送された翌日に旅立つとは、なんというタイミングかと。
まるで、この一連のプロジェクトを見守ってきたかのよう。

前に飼っていた愛猫ゴン太の命日は10/20で、その2年後の
10/20にレナちゃんはやってきたという、それも偶然とは
思えず、ペットもご縁でやってくるのですよね。

レナちゃん、ありがとう!ゆっくり休んでね。

これはつい2ヶ月前のレナちゃん、最後の写真に。

b0173754_03100735.jpg

我が家のプッチーもそんなご縁でやってきました。

我が家で4軒目の里親であり、いろんな事情があり、
流れ流れてやってきたさすらいのプッチー!
ご縁をいただきました。



b0173754_03111277.jpg


最初は、ベッドの下にいる時間が長かったけれど・・・
こりゃ、ラッコポーズだね。


b0173754_03112032.jpg


今では、このようにマッタリ!
堂々と窓際のソファでスヤスヤ。寝顔に癒されています。



b0173754_03112741.jpg


来てくれてありがとうにゃ!ぶりっ子ポーズもお手の物!



b0173754_03105894.jpg


レナちゃんの訃報後、プッチーくんは和子さんを癒していたね。
ニャハハな顔だけれど・・・まっ、いっか!


b0173754_03105137.jpg




*11月末から今いち体調が優れませんでした。
首から肩、胸上部にかけて、とても不快な感覚があり、
定期健診の結果は特に異常なく、そして、度々起こるこの
症状をかかりつけのDr.に話しても、特に問題なしで終わって
しまう。この症状は、かれこれ8年は繰り返し続いていますが、
今も問題なく、過ごしているのは、病気ではなく・・・

こうして、今も健康であることに感謝でありますが、やはり
サイキックスポンジ体質は避けられないようで、時に本当に
しんどいことがあります。
ならば、これを覚悟して生きていくしかないのでしょか。

ということで、今回の体調不良は、どうやらシチリア島の
エトナ山噴火が原因のようです。

大噴火が起きた12/4に、症状が一気に消えたのでした。
うぅうう008.gif



ということで、いつも後で判明しますが、12/7に情報入りましたが、
12/4に シチリア島のエトナ山が大噴火しました!005.gif



b0173754_03080859.jpg


空気中の灰の量が基準値を超え、火山学者によれば、
1999年以来の活発さを示しているとか。



b0173754_03081292.jpg







2003年に、エトナ山に登ったことがありますが、活火山なので、
地熱で足元が熱かったのを覚えています。そこで不思議な
こともありました。その時の日記です!


*エトナ山訪問日記:http://yukistar88.exblog.jp/17581738/





061.gifエトナ山噴火の迫力ある動画:








072.gifバシャール「2016年秋に全てが変わる」





今回の動画では2016年秋にすべてが変わる」というスタート

地点メッセージで終わっていますが、この時のセッションでは、

今後かなりの確率であり得る現実(未来予測というものはない

のですが)が今の人類のエネルギー状態から予言されていま

したので、その部分に関しても簡単に記載しておきます。

これは201412月の段階でのバシャールからのメッセージ


2016年秋:すべてが変わります!

変化は瞬間に起こることもあれば、ある程度の期間を経ての

変化もあります。どちらにせよ、振り返ってみた時に変化は

2016年の秋に始まったと思えるでしょう。
地球外生命体の存在が確かなものとなって確認されていき

ます。地球以外にも生命体が存在することは98%の可能性で

明らかなものとなります。

金融情勢、経済状況が突如変わるでしょう。再度、経済的な

大不況が起こるでしょう。アメリカを筆頭に経済システムと

税制の見直しが始まり、国の立て直しに入っていきます。


以下、ネガティブな内容もあったので、あえては省きました。


072.gifホリデーシーズンなので、少しづつNYの街で
見かけたクリスマスイルミネーションも
紹介しますね。

こちらは、Load & Taylorのかわいーバージョン。









b0173754_03155742.jpg


b0173754_03160920.jpg



b0173754_03160418.jpg


b0173754_03161527.jpg


b0173754_03095731.jpg


長くなりましたが、最後まで読んでくださって、
ありがとうございます029.gif




[PR]
by yukistar88 | 2015-12-15 01:29 | スピリチュァル | Comments(4)

アンマの慈愛エネルギーに触れる&7月の空

日本はかなりの猛暑のようですが、NYも日本ほどでは

ありませんが、猛暑日が続いています。058.gif

日傘、サングラスで紫外線対策を、水分補給と静脈(首・脇の下・

足の付け根)を冷やして、熱中症対策して、気をつけてください!



b0173754_12105972.jpg


    新月を迎えた頃 7/17 正午の太陽を撮影したもの。



「光環現象」といって、一般的に、霧・花粉・黄砂と

いった微粒子によって、光が散乱、回折、干渉して

起こるそうですが、このケースは雲のようにも。




 2匹の龍神がクロスしているような雲です。(7/9)


b0173754_12475478.jpg




*7/17、マンハッタンを歩きながら、たくさんの雲と遊びました。



     題して・・・「雲と塔のランデブー」



b0173754_12183977.jpg


b0173754_12183054.jpg



b0173754_12182019.jpg



b0173754_12184679.jpg



072.gif世界的に有名なスピリチュアル・マスターやリーダーと

直接お会いするチャンスがなく、その情報に疎いだけなの

かもしれませんが、「会うチャンスがない・・。」と呟いた

昨年の秋、友人からダライラマの講演チケットを譲って

いただいたことがあり、初めてダライラマ14世とご対面

することができました。



b0173754_12203941.jpg
              (2014年11/4)



この模様は、以前ブログでも紹介しましたが、彼のチベット語での

講和は、言葉がチャンティングに聴こえてしまい、失礼かと

思いつつ、すっかり熟睡してしまいましたが、これは私だけで

なはく、どうやら彼の発する言霊エネルギーに反応し、眠気に

包まれたようで、いわゆるレム状態というかヒーリング状態に

陥ったようです。

実のところ、ステージに掛けてあった大きな曼荼羅の幕と

ダライラマ囲む僧侶たちの姿を見て、そこだけ異空間が

漂っていて・・・そんな空気感に酔っていました。



*そして7/12,13,14と、アンマがNY入することを知り、タイミング的に

参加できたので、会場にフラッと軽い気持ちで寄ってみました。


「初めて参加。」と会場のスタッフにいうと、初心者の列に並ばされ、

順番に整理券を受け取るようにと。



b0173754_13085944.jpg



10-15分待っただけで列は進み、整理券もゲットできたので、

案外早い!?と期待しながら、会場に並んでいた椅子に腰掛け

ますが、アンマが入場するまで、1時間以上あったので、時間

つぶしに、会場内に設置されているインド系やスピ系ショップ、

インド料理レストランやカフェが並んでいたので、一通りフラフラ

見て周りました。これらはの売り上げ一部は、移動費などアンマ

基金となるようですね。


予定より、やや遅れてアンマは入場しましたが、その前兆から、私は、

やたらアクビが連発、彼女の説教なるメッセージを伝えている間は、

やはりウトウト状態となっていました。なので、彼女発するヒンディー語

(サンスクリット語?)に、ダライラマと同じ現象になっていました!!




b0173754_12295445.jpg



初めてアンマと会うことで、何を受け取るのだろうと期待しつつ、

インドの音楽演奏と歌の時が最もパワフルな時で、アンマが神と

繋がる瞬間=宇宙エネルギーと交信しているように感じました。


いつハグが始まるのかなぁ・・・でも歌はなかなか終わりません。

隣のアメリカ人女性も初参加で、午後9時半をまわった頃、時計を

みては長いですよね。遅くなっちゃいますよね。」と会話しながら、

「?・?・?」な私たち。015.gif


午後6時に会場入りし、7時半から説教、音楽、儀式、そして、

ハグ開始は午後10時頃でしたでしょうか。


数年前にアンマのハグを体験した友人から聞いていたのは、ハグは、

ほんの数秒で、しかもスタッフが、引き離すかのように「はい、終わり!」

とあっけないものだったと。それを聞いていたので、事務的なハグを

イメージしていたのですが、どうやらそれはもう止めて、なるべくじっくり

に戻ったようです。その方が、アンマの表情がハッピーとも聞いています。

それはそうでしょう。



b0173754_12391465.jpg

               (まだ人も疎らな午後6時頃の会場)



Aの整理券から順番にハグがまわってきますが、

私の券は、「X-2」

アルファベットを口ずさみ、A.B.C.D.......M.N.O....S.T.U....

ほとんど最後に近い「X」なので、相当遅くなるような。

半分くらいの頃で、既に午前0時を過ぎています。

最悪は最終バスで帰ろうと思っていたのですが、なんと私に

ハグがまわってきたのは午前2時でした。最終バスも終わってた。

初めてなので要領がよく分からなかったのもありますが、

まさかこんなにも時間がかかるとは全くの想定外で、途中で

諦めて帰ろうかと思っていたところ、会場でバッタリ友人と会い、

その友人はつい最近インドでアンマに会ってきたばかりで、彼女

いわくは、このくらい待つのは海外では早い方なんだとか。

アンマイベントのボランティアもしているので、この3日間通っている

そうで、その友人と会ったことで、私は諦めず待つ決心したようなもの。

私が終わるまで、一緒に待ってくれたのでした。ありがとうね!Aちゃん。

前日は週末だったので、より多くの人々が来場し、明け方までかかったそう。


b0173754_12334099.jpg


アンマはハグしながら、耳元で何か言葉をつぶやきますが、ヒンディー語と

ばかり思っていたら、ハグ直前に、スタッフからネーティブ言語を聞かれ、

「Japanese」と答えたので、どうやら「愛おしい娘/息子」と日本語で言った

ようで、そうと聴こえず、私は宇宙語に聴こえていました。(笑)


私が見ていた限り、アンマは会場入りした時から最後まで、

トイレ休憩をされていなかったように思います。ということは、

7時半から午前3時半の約8時間?!



b0173754_12315513.jpg


私的には、この世には特別な人は存在しないという思いが

ありますが、アンマを見ているうちに、そこまでして大勢の人々へ

ハグする=愛情の深さ=ミッションに捧げる姿勢に感銘しました。

いわゆる、”慈愛エネルギー”ですね!


そこには彼女がやっているというより、宇宙=神のパワーを

受けているからこそなのでしょうが、私利私欲を捨て、神の

お仕事を請け負い、そのミッションに自分を捧げるそんな

コミットしてきたダライラマもアンマも、彼らの御霊(spirit)に

感謝の気持ちで一杯になりました。


世界のmother&father、ありがとう!


b0173754_12332302.jpg

  

アンマはJuly 4th頃にNY入りというか、全米を回るそうです。

NYでは、他州から来ている信者もいました。

来場者のサリーなどのインド風コスチュームも見応えあって、

目を楽しませてくれましたね。


それと夜中に飲むチャイティーがとても美味しく感じました。

というか、本場の味が味わえるようです!友人は、プーリーが

美味いと、アンマと会うこと+グルメも兼ねて楽しみなようです。


次回もしチャンスあれば・・・長い時間待つのは、ちょっと・・・

ですが、友人同様、美味しいチャイティー再び、そして、

レストランでの本場インド料理も試してみようかなとも、

フッと思いました。043.gif




056.gif今回は、プッチー王子のエクササイズのコーナーです!


皆さんもご一緒にいかがでしょうか?

これで猫背も解消でしょうか。


「僕のシッポは、傘の柄にもなるよ。」



b0173754_12515281.jpg


前後脚、ストレッチ!



b0173754_14164378.jpg


屈伸その1


b0173754_12513467.jpg

屈伸その2


b0173754_12514014.jpg



終わったら、お決まりの昼寝!zzzZZZ


b0173754_12524500.jpg


ご自慢のロングテール!後ろから失礼します。



b0173754_13093389.jpg


      後から見てんじゃにゃ~よ!


b0173754_14113724.jpg




055.gif最後に今日のメッセージ:


NHKで放送していた「天海祐希、魔法と妃と女たち-ロンドン編」

の番組の中で、ある画家の女性宅にて、アフタヌーンティを

楽しみながらの会話にあった一言です。



b0173754_13085171.jpg


「過去を愛し、未来に起きることを恐れない」


”今を生きる”マインドの原点ですね。


祐希さんも「今、感じる。今、伝えることが大事なんじゃないか。」

と仰っていました。



b0173754_13414697.jpg



さりげなく貴重なメッセージを受け取りました!Thank you!!





[PR]
by yukistar88 | 2015-07-22 14:06 | スピリチュァル | Comments(6)

夏至の海デトックス&UFO目撃と地球外生物のサポート

2015年の夏至は、日本時間では6/22、午前1:38、

アメリカ東部時間では、6/21、午後12:38でした。


夏至とは、1年で一番昼間が長い日とされ、英語では、「the summer solstice」

太陽が地球上を通る線=横道といい、その横道と赤道上ラインとが
一番離れて通過する地点があり、それを夏至天といい、その夏至点を
通過する瞬間が夏至で、通過する日を夏至の日というそうです。

海外での夏至の迎え方は、異なりますが、夏至に纏わる儀式や祭り、
そして太陽に感謝する日ともされ、日光浴を楽しむ人も多いようです。




b0173754_13585259.jpg




当日は、あまり夏至を意識していなかったのですが、無性に
自然に触れたくなり、急遽、NJ Shoreへデトックス海水浴へ。

砂浜を歩いたり、冷た~い寒流の大西洋の海水に禊のごとく
浸かりましたが、氷水のように冷たくても、慣れてくると気持ちよいもの。

空には、大きな白龍級の雲が現れていました!↑



紫外線が最も強い日でもあり、今年の夏至の頃は、太陽フレアや
磁気も強くなっていたので、相当パワフルな夏至だったようです。

私もこの日には、太陽フレアも活発なこともあり、心臓が一日中、
反応していました。




b0173754_13590637.jpg





太陽黒点の出現日と心臓急患の発生は、医学的に示唆されているそうで、
敏感な方は、眠気や動悸など、症状が出ると思われます。
私もサイキック・スポンジ体質なので、天体や地球の磁場変化により、
身体が悲鳴をあげることもありますが、そういう時は友人のヒーラーたちに
エネルギーを送っていただいたり、水分補給も心がけています。





b0173754_13590232.jpg



夏至も冬至も、その頃になると、本能的にデトックスや

断捨離をしたくなるようなので、自然と海に足が向き、

身体が求めるごとくデトックスしたのかもしれませんねぇ。



ビーチでムール貝や蟹を食べた・・・カモメたちがね!




b0173754_13591657.jpg



蟹三兄弟でしょうか。



b0173754_14114329.jpg



アジア系のおじさんが、釣りをしていました。

大物が引っかかったみたいで・・・



b0173754_14115212.jpg




野次馬が続々と集まり・・・

そういう私も釣り好きなので、近づいてみると・・・



b0173754_05024628.jpg


これは大きい!スズキでしょうか?!おじさんも大満足!



b0173754_14120300.jpg



夕食は、近くのシーフード・レストランで。

ロブスターロール、スチームクラム、海老タコス、サラダ。



b0173754_14122270.jpg



午後8時過ぎ、夕陽が傾いてきて・・・




b0173754_14123244.jpg



夕陽の上に、棒状と縦の雲が出ていますが・・・これに注目!



b0173754_14133987.jpg



サンセット・クラウンいただきました!

というのは、たまたま夕陽が頭上にのっただけ。



b0173754_14134621.jpg



先ほどの龍神雲は、消えずにいて、帰宅路も一緒でした。

左が顔ですね。夏至の日に龍神雲の出現なり!



b0173754_14143980.jpg



072.gif6/26には、太陽と金星と土星が並び、その一方では、

地球と金星と木星がほぼ並び、互いにクロスにしますが、

正確には後者は、7/1に一直線上に並ぶようです。

金星と木星が重なった時に、ベツレヘムの星が現れる

といわれています。2000年前のイエスが誕生した時期と

同じ天体図になるので、注目されております。



http://www.ditrianum.org/en/articles/earthactivity/0026.htm



b0173754_03004619.jpg





055.gif天体に関する内容につづき、天野聖矢氏がまとめてくださった

地球外生物のメッセージを紹介します。


私も最近、スペース・エンジェルに対して意識を

向けていたので、このメッセージはタイムリーでした!



b0173754_14141618.jpg



【協力者たち】

地球に生物が住めるようになるまでには、多くの時間が

必要でした。あなた方人類が住むようになったのは、

地球の歴史から見ればつい最近のことです。


そのようになるまでには、たくさんの者たちの援助が必要でした。

テラとガイアは地球上の生物が生きるためのすべてを与えています。

しかし、具体的な細かいことをするわけではありません。

生物が住めるようにするために、地球環境を整えたのが

誰だかわかりますか?


あなた方は「信じられない」と言うかもしれませんが、

異星人たちなのです。
彼らは、地球以外の惑星からわざわざやってきて、

地球のために働いてくれていたのです。


「地球以外の惑星に、人間のような知的生命体がいるはずはない」


と信じ込んでいる地球人にとっては、とても信じられない

でしょう。でも、それは事実なのです。


「宇宙連合」という組織があります。銀河系には「銀河連合」

という組織もあります。それぞれの銀河や惑星たちの代表が

集まってつくっている組織です。地球のような惑星が新たに

できたときなどに、要請に応じて、協力する組織です。


彼らは要請を受けた惑星にやってきて、仕事をすることに

なっています。ただし、その惑星に介入しすぎることは

禁止されています。あくまでもその惑星の自主性に任せる

いう原則は貫かれています。


実は、地球という惑星は多くの宇宙連合の異星人たちに

支えられてきたのです。彼らは、あなた方には気づかれ

ないように、地球のために仕事をしているのです。


特に、生まれたばかりの地球で、生物が住めるように環境を

整えるためには、多くの銀河連合の異星人たちの協力が

なくてはならないものでした。彼らは、「スペース・

エンジェル」呼ばれることがあります。

出身惑星という枠を超えて、他惑星のために協力するのが

彼らの仕事なのです。


地球にテラとガイアが入り、豊富な水が生まれ、海ができて

くると、次第に地球自体の温度が下がり始めました。

空は今のように澄んだ青空ではなく、今よりもずっと低く

たれこめ、いつもどんよりとしていました。

大気は薄汚れたような黄色で、遠くのほうが見えません。
大気には亜硫酸ガスがたくさん含まれ、酸素はとても少なく、

あなた方人間が生きられるような環境ではありませんでした。

最初、地球の周りにはオゾン層がありませんでした。

そのため、有害な宇宙戦や紫外線が降り注いでいました。

火山の爆発もあちこちで見られました。大地は今のように

しっかりとはしていません。まだ温度が高くてとても軟らかく、

足を下ろそうとするとズブズブと地面の中にめり込みそうです。

海はというと、温度は高いですが、ボコボコ沸騰しているほど

ではありません。ちょっと熱い温度という感じでしょうか。

でも、今のあなた方が入ったら全身真っ赤になってやけどを

してしまいそうです。

見渡したところ、地表にはまったく生物はいません。


スペース・エンジェルたちはどこにいるのでしょう。


実は、彼らにとって地表は危険すぎるので、地球の内部にいて、

仕事をしていたのです。地球内部で、地球神霊と密接に

連絡を取りながら仕事をしていたのです。
火山の爆発をコントロールしていたのもスペース・エンジェル

たちでした。


あなた方はまたまた「信じられない」と言うかもしれませんが、

今でも彼らは地球内部にいて、あなた方に気づかれないように、

地球のために仕事をしてくれています。


太陽意識 聖アントニウス
「ガイア黎明 生きて意識ある地球はこうして生まれた」より



【宇宙時代の幕開け】

新たな時代というのが
開かれていったのならば、

早くに僕たちの言う地球自体が、
宇宙連盟の中に、
また僕たちの姿を現して、
対等に話ができる時代がくるのが、
もうすぐ目の前まできているということ。

(アミ)
『宇宙連合からの呼びかけ』より




【宇宙の仲間】

あなた方を愛しているのは、

あなた方を見守っている
高級霊と呼ばれている、
天上界の諸霊だけではなく、
神々だけではなく、

私たち宇宙の友たちも
あなた方を愛しています。

(バシャール)
『宇宙連合からの呼びかけ』より




【見守られている】
銀河連合、
宇宙連盟というのがありまして、

やはり私たちの星からも銀河連合の中、
宇宙連盟の一員として、この地球という
ものを見守っております。

(ベーエルダの光る人)
『宇宙連合からの呼びかけ』より




スペース・エンジェルを意識していたのは、
過去に彼らとのコミュニケーションがあったから
なのですが、目撃したことをシェアしますね。



*2005年11月、
サンフランシスコの南、カーメルという街で撮影した写真の
太陽光線の下に、不自然な長いベールの白い光が写っていた。
ちょっと見え難いのだが、白い光の下に、SF映画に出てくる
ようなイカに似た姿の宇宙人が浮き出てきました。
写真鑑定も得意なあるアメリカ人ヒーラー(Cynthia)が、
これをモニターに映し出し、更にクリアな画質で見ながら、
この宇宙人と交信しメッセージを受け取ってくださいました。



b0173754_04160311.jpg


「なぜ写真に現れたかというと、我々と同じミッションを
持つ者を観察している。人類は地球だけでなく、人間以外の
存在も多くある。そしてエンジェルもいる。地球は一つの次元、
人間は生まれつき「恐怖」を持っていて、それが細胞に組み
込まれている。人間は気付いていないかもしれないが、我々
宇宙人はこの地球に力を貸し、進化させたりサポートもしている。
地球上には人間の姿をした宇宙人も存在する。2000年の
ミレニアム以降、人間は生きるか死ぬかの瀬戸際にあり、
今、地球は変化の時期を迎えている。
重要なポイントは、今後宇宙人からコンタクトされても
驚かないでほしい。このことは他の人にも伝えていってほしい。」

ということでしたので、多くの方に伝えていきます!



私も過去にUFO目撃を何度か経験していて・・・


1つは、9.11テロ事件の日、ツインタワーの最初のビルが

崩壊する寸前に銀色の光を見て、その時は何か不明でしたが、

その数年後に、ある動画で、テロ事件の日にWTCビルの側に

UFOが飛び去る映像を見せられたことで確認したのです。



また、2012年8月、群馬県の龍舞での空を撮影した時に、

偶然にも写真に写っていたことも。3機同じ機種のUFO



b0173754_04242378.jpg



ズームすると、こんな形!



b0173754_04241728.jpg


このUFOは専門家によると、地球から遥か25光年離れた「ライラ」から

やってきたそう。2013年1月号の雑誌「ゆほびか」に同じUFOが

掲載されていました。




そして1つは、呼んでみたら上空に現れてくれたことがあり、

過去の日記にアップしているので、興味ある方はどうぞ!

(2008年10月 / 2009年12月)


*UFO目撃した時の日記:http://yukistar88.exblog.jp/12476304


b0173754_05000749.jpg




最後は、プッチー王子のユニークなポーズ特集!016.gif




爪とぎカリカリ

b0173754_14251208.jpg


大開脚ポーズで、失礼します!



b0173754_14242165.jpg

眩しいでごじゃるにゃ。


b0173754_14242748.jpg