カテゴリ:世界の旅( 173 )

③.天空の都 高野山を訪ねて。(普賢院&金剛峯寺)&9.11と青空ゴルフ

*9/14、
空を見上げた瞬間、神聖なエネルギーを感じた雲を見ました!
龍を思わせる雲と虹色に輝く六角形の光が写っていました。


b0173754_13462304.jpg

ブルーに光る雲を初めて見ました!



b0173754_00253915.jpg


b0173754_13463667.jpg


072.gif あれから13年。
9/11にライトアップされる天まで届くブルーの光は、それぞれの想いが重なります。



b0173754_13471275.jpg



水面の色が、偶然にも星条旗と同じ3色に染まっていました。


9.11追悼”風の環コンサートは、今年で7回目を迎えます。演奏や歌は心に響くものばかり。
今年は、大江千里さんのピアノ演奏&折原美樹さんのモダンダンスのコラボもあり、
Kazukoさん司会ご苦労様でした!皆さんの生き生きとした姿が何よりの励みとなり、
また明日から頑張ろうという気持ちになります。


b0173754_13500133.jpg


マンハッタンシンフォニーオーケストラの演奏と合唱。


b0173754_13494761.jpg


今年は、9.11の日本人犠牲者の一人、住山陽一氏の当時まだ生まれて
いなかった息子の太一君も訪米し、式典で父親の名前を呼んだそうです。

今年5月に開館した”9.11記念博物館”は、既に90万人が訪れたそうで。
私はまだ行っていないので、シーズンオフに足を運ぼうと思います。




       ****** 056.gif 日本の旅のつづき ******


*8/15-17、

お盆に初めて高野山へ参りました。東京駅発8:40の新幹線で新大阪駅へ。
南海電鉄の難波駅から極楽橋まで特急で1時間40分。


b0173754_14121105.jpg


b0173754_14130878.jpg


更に極楽橋からケーブルカー(5分)で高野山駅へ。
ケーブルカー内は、半分が外国人でした。
昨年訪れた白川郷といい、世界遺産である高野山への人気も高そうです。


b0173754_14133127.jpg


近づくにつれ、山林深くなっていきます。更にバスで街中へ移動します。
登るにつれ神聖なエネルギーに包まれていくのを肌で感じていきます。

1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置している天空の都。
平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた
高野山真言宗、比叡山と並び日本仏教における聖地です。

                    高野山の総門

b0173754_11052719.jpg



いきなりニョキニョキと雲がユニークでした。


b0173754_14160596.jpg


117もの寺院があり、僧は修行中も含めると1,000人を超えるそうで、山上の人口は
約4,000人なので、4人に1人は僧ということになります。

一日目は、宿坊・普賢院に泊まりました。


b0173754_14142678.jpg



窓から庭園を眺めると、気分が落ち着つきます。



b0173754_14074853.jpg


b0173754_14240320.jpg



他の客間は襖だけの仕切りです。



b0173754_00345209.jpg



日が暮れる前に、高野山真言宗の総本山の金剛峯寺へ。

「金剛峯寺」という名称は、お大師さまが『金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経
(こんごうぶろうかくいっさいゆがゆぎきょう)』というお経より名付けられたと
伝えられ、東西30間(約60メートル)、南北約70メートルの主殿(しゅでん 
本坊ともいう。県指定文化財)をはじめ、座主居間、奥殿、別殿、新別殿、
書院、新書院、経蔵、鐘楼、真然堂、護摩堂、阿字観道場、茶室等の建物を
備え、寺内(じない)には狩野派の襖絵や石庭などが設けられ、境内総坪数
48,295坪の広大さと優美さを有している。


b0173754_07493879.jpg

まず目にしたのが高野杉で、樹高57m・直径2.87m・根元周囲9m・樹齢700年の霊木。


b0173754_12585171.jpg


この広大な庭園(蟠龍庭)が見事で、しばしここで瞑想状態に。
弘法大師御入定1150年・御遠忌大法会の際に造園され、2,340m2の石庭は、
国内最大級だそうです。龍を表す石は、お大師さまご誕生の地である四国の
花崗岩、雲海を表す白川砂は京都のものが使われているそう。




b0173754_08010372.jpg


b0173754_12590708.jpg


美しき回廊を歩きます。素足で寺内を歩きましたが、全く足裏が汚れないので
いかに掃除が行き届いているかが伺えました!


b0173754_08111011.jpg

別棟にある新別殿は、昭和59年(1984年)、弘法大師御入定・1150年御遠忌
大法会の際、大勢の参詣者への接待所として新設され、169畳の大広間!
ここでは、一般参詣者の休憩所とされていて、お茶とお菓子がサーブされます。
しばし庭園と曼荼羅を眺めて瞑想状態に浸りました。


b0173754_10152421.jpg


空海の死後、荒廃しつつあった高野山(金剛峯寺)の復興、発展に尽力した高野山
第二世伝灯国師真然廟は金剛峯寺の最奥にありました。


b0173754_08291271.jpg



庭園も豪華で見惚れましたが、実はここの台所も見所でした!
というのもこの台所は金剛峯寺主殿と共に、昭和30年代に和歌山県指定文化財に
指定されているそうで、多勢の僧侶の食事を賄ってきただけに釜も大きく、
柱や梁も煤で真っ黒。、大きな「かまど」は現在も使用していて、炭をおこしたり、
食物保存庫としては床下収蔵庫や天井からつり下ろした台があり、つり下ろしの
台は風通しをよくし、さらに紙を垂らすことによってネズミの侵入を防ぐ工夫だとか。



b0173754_10165180.jpg



b0173754_10161962.jpg


水飲み場は湧き水を高野槇(まき)の水槽に溜めてスイカを冷やしていて、
その水の音があまりに心地良く、動画をアップしてみました。

ここからどうぞ!







大釜は二石釜といって、一つの釜で約7斗(98キログラム)の御飯を炊くことができ、
一度に2,000人分のご飯が作れるそうです。規模が大きく、驚きです!!005.gif

二石釜の真上には行灯が釣られ、正面に台所の神様である三宝荒神を祀っています。


b0173754_12593760.jpg



5時に閉館ということで、90分はいたでしょうか。ゆっくりと金剛峯寺を堪能しました。

来年2015年は、高野山開創1,200年ということで、祝賀ムードかも。(4/2-5/2 2015)


b0173754_10180713.jpg


普賢院のお風呂は、高野山系より湧き出るミネラルたっぷりの水を使った
大理石のバスタブで気持ちよかったです。
共同トイレも綺麗に掃除されていて、本当に隅々まで綺麗で頭が下がります。

お坊さんの本によると、掃除をするというのは,心の中を整理するのと同じで、
ちりや垢は「心の執着」だと考えるそうで、それらを落とし&払うことによって、
心が清められていく。掃除はお坊さんの仏道修行のひとつなんだそうです。
(by Setsukoさん)

掃除や断捨離は、今、チャレンジ中なので、頭が痛いです。046.gif


b0173754_07480783.jpg



*8/16、朝6時起床、6時半から本堂での朝勤行に出席しました。
お坊さんたちのお経と護摩焚きの間に、ゲストは一人一人焼香します。
その後は、地下にある仏舎利殿ツアーへ。そこには、なんと驚いたことに
仏舎利(お釈迦様のお骨)が祀られていて、それは平成8年にネパールの
パタンに招来され、25日間かけて仏教伝来の道を辿って持ち帰ったものだそう。

一人一人、お釈迦さまのお骨を覗きこみことができて、なんとその骨の
周りに飛んでいるオーブが肉眼で見えました。ゾクゾクしましたよ。

また、仏舎利殿の回廊床の仏足跡にはお釈迦様がインド各地を旅され法を
説かれた聖地の八大仏跡のお砂が納められていて、マニ車を回しながら
聖地巡礼の旅のご利益勤行となったわけです。全てが初体験!

その途中の裏庭には、聖母マリア風な観音様が立っていました。


b0173754_12333315.jpg


朝陽が気持ちよく・・・こんな大きな百日紅(さるすべり)の
木を見たことありません。


b0173754_11422272.jpg




そして、2日目は ・・・・④.壇上伽藍 - 奥之院 - 荒神社 - 丹生都比売神社と続きます。




*9/15、ゴルフコンペの1日アルバイトをしました。

ゴルフ日和な快晴に恵まれ、やはりプレィする方が楽しいですね。
つくづく・・・


b0173754_11531799.jpg


b0173754_11534152.jpg


そんな中、雲と遊んで・・・



b0173754_11540013.jpg


b0173754_11535212.jpg


b0173754_11541160.jpg

森林浴&日光浴しながらの仕事・・・参加者へは笑顔も大事!
このコンペでの優勝賞品は、豪華なANAビジネスクラス日本往復券でした。


b0173754_13084793.jpg

秋を感じる今日この頃(9月中旬)ですが、9/16の空を見ていたら「ゲートが開きました!」
というメッセージが降りてきました。具体的に何のゲートなのか?と思いつつ・・・
周りの人は、体調やマインドに変化がみられたそうです。確か、9月中旬は太陽も活発で、
地球への磁気も高まっていて、ボストン辺りでもオーロラが見られた程だそうです。
9/16は、北関東を震源とする震度5の地震も起きましたね。地球の自然サイクルが
全体的に活発であるのは、私たち人間もシンクロしていて、闇を見るか光を見るか、
一瞬一瞬、選択のチャンスを与えられえているかのようです。
貴方は、どちらを選択しますか?016.gif


グリニッジ標準時を示す地であるイギリスから独立しようとしている
スコットランドのアクションも”ゲートが開く”意味の1つかもしれませんね。
現実の結果はどうであれ、意識での”手放し”の時ではないでしょうか。


b0173754_09534138.jpg
(緑豊なスコットランドの景色)






[PR]
by yukistar88 | 2014-09-18 12:21 | 世界の旅 | Comments(2)

①.緑深き日本の夏と秘境温泉&猫スポット、Brooklynでヒポノ&サウンドヒーリング

072.gif8/30、無事に戻りました。
9月になりましたが、最近のニュースは、伝染病や自然災害の激化など
恐怖心を煽る内容が多く、ネットで真実を伝えるブログも多いですが、
その中でも真実を見極めるのは、やはりご自分の勘ではないでしょうか。

今回の日本では、天候の影響もあり、身体に色々症状が出てしまい、
8/20に起きた広島での土砂災害を起きた激しい雷とゲリラ豪雨を
宮島で体験してしまい、初めて雨に恐怖を感じました。
犠牲者の方々へのご冥福を祈り、1日も早い復興を願います。

世界各地で起きている気候変化や自然災害が多発していく中で、
それも地球の進化と捉え、その中で、できるだけ”地上の楽園”を
感じられる写真などお伝えしたく思っています。


b0173754_10031316.jpg
      (8/7、日本に着いた翌朝に見たUFOのような雲)


とはいえ、8/17から彗星近日点が増え、それにより太陽も刺激され、
黒点が増えることで太陽フレアや磁気も活発化。特に8/27辺りから、
身体に影響が出ている方も多く、腰痛や頭痛、目眩や咳など、私も
この8月中旬から、これらの症状が出ていました。


☆☆沖縄のヒーラー越智けいこさんのメルマガより☆☆

今太陽にシリウスから応援の巨大なエネルギー体が近づいています
宇宙船のような形をしていますが、何と地球の634倍もあります。
NASAの太陽観測衛星が撮った写真を見てください。
見るだけでDNAに活性化のスイッチが入ります。

http://www.keiko-mental-clinic.jp/merumaga-back/139/07.html

地球の地軸も少しずつ動いています。エクスタシーチェンジの時期です。
少し体調が変だったりしますが、太陽系レベルの大きな変化のときなので
その変化に乗っていると思って安心してください。


b0173754_17094382.jpg
               (朝陽、8/7/2014)


8/7、
実家で飼っている犬の散歩をしながら見かけた美しい野花たち056.gif


b0173754_10250789.jpg

b0173754_10252531.jpg


b0173754_10251594.jpg


b0173754_10310060.jpg


      ナナと同じ芝犬とお見合い。(右がナナ)

b0173754_10253538.jpg


群馬の下仁田温泉、山奥にある秘境宿「清流荘」へ父母孝行の旅。

あいにくの雨模様でしたが、森林浴には最適!


b0173754_10280761.jpg

雨の音も渓流の音と同化してしまいます。


b0173754_10281264.jpg

「清流荘」の敷地は広く、昔は魚料理の食事処だったそうで、
釣堀用の生け簀には鯉がたくさん!

b0173754_10342740.jpg

    広い庭園や畑散策も楽しめました。

b0173754_10283730.jpg


                    鹿も飼っている?!

b0173754_10350492.jpg

山には無農薬自然栽培の畑。お料理には、ここの野菜が使われています。

オーナーは忙しそうで、仕事が山積みのよう。時々は、自然の中で働いてみたい。


b0173754_17054694.jpg

b0173754_10351207.jpg


父も朝の散歩・・・広大な山の畑にクギ付け。




b0173754_10351775.jpg


「清流荘」山畑の景色を動画でどうぞ。鳥の鳴き声に癒されます。060.gif







秘境温泉は、露天風呂が最高!鉄分の多い掛け流しは低温温泉。(右)

b0173754_10352663.jpg


「清流荘」のロビーに置かれていた気になる龍の玉!


b0173754_17160045.jpg


下仁田といえば、葱とこんにゃくが有名で、初めて見たこんにゃく畑

b0173754_10370095.jpg


その隣にはヒマワリ畑。太陽が出ていないので、後側から見るとお辞儀ポーズ。


b0173754_10381451.jpg


反対側にまわると、ひまわりに注目されているような感覚に。

b0173754_10383191.jpg

ミニ展望台からはこんな感じ。観衆から注目を浴びているかのよう!056.gif056.gif056.gif

b0173754_10383308.jpg

Yumiさんのアート作品モンちゃんひまわりバージョンもありました!

b0173754_19001499.jpg


リアルに、ひまわり畑を感じていただきたく、動画もどうぞ!







下仁田の隣の富岡市に入り、今年の春、世界遺産に登録された
富岡製糸場も近くにありましたが、昨年行ったので、そこは
スキップし、一之宮貫前神社に寄りました。


b0173754_17225293.jpg


『一之宮貫前神社』(いちのみや ぬきさきじんじゃ)は群馬県富岡市一ノ宮に
鎮座する1400年の歴史を持つお社で、御祭神は「経津主神」(ふつぬしのかみ)
と「姫大神」(ひめおおかみ)で、現在の社殿は3代将軍徳川家光公の命に
よって建てられました。


b0173754_17230019.jpg


群馬県の上毛カルタにも出てくる有名な神社です。

ちなみに、
「日本で最初の富岡製糸」、
「ねぎとこんにゃく下仁田名産」
「ゆかりは古し貫前神社」


カルタのイラストにある境内ですね。そのまんまねぇ。

b0173754_17315371.jpg

b0173754_17231614.jpg


ここでは、雨も本降りになっていました。


b0173754_17232189.jpg


*8/11、
ヘンプアーチストのS子さんに麻ネックレスをオーダーしていたので、
彼女と会って、猫好きな私が好きそうなステキなスポットに連れていって
いただきました。
まずは、大間々の農園カフェ”ねこの時計” 見晴らしの良い高台にあります。
爽やかな風が吹いて・・・


b0173754_17530485.jpg


b0173754_17532238.jpg


カフェ内は、猫グッズで溢れています。リラックスできる空間でした。


b0173754_17533817.jpg



二人でパスタランチにしてみました!ここの農園で採れた野菜使用です。


b0173754_17553004.jpg

ショップもあって、手ごろな値段で、綿麻な洋服や小物も買えますよ。


b0173754_17540160.jpg



もう1件は、桐生にあるS子さん御用達の棉麻専門ショップ”Big Spore

古民家なショップで、フレンドリーな3匹の猫がいます!
レジで店番しているのが、博士くん。ボスな雰囲気で、いい味出しています!

b0173754_18014859.jpg

         こちら助手ちゃん。博士と助手なわけです。


b0173754_18094807.jpg


 ティピがお気に入りな助手ちゃん!


b0173754_18093796.jpg



b0173754_18025063.jpg

  
b0173754_18025609.jpg


愛ちゃんは、ややシャイで写っていなかったなぁ。残念!

通りがけに気になったので、桐生西宮神社を参拝して、S子さんとは別れました。


b0173754_18132023.jpg

今まで知らなかった新しい素敵なスポット、楽しかったです。
                         有難うございました!016.gif


お盆前に、自由が丘に住む従妹とお墓参りを済ませました。


b0173754_18115038.jpg


実家のある日の夕食は野菜づくしに・・・こちらも家庭菜園で採れた新鮮野菜!
何よりも嬉しい新鮮野菜です!


b0173754_18120404.jpg



       *********************** NY編 ***********************


NYに戻った翌日(8/31)、夕方の雷雨後、大きな虹を見ました。
不思議なことに、広島での雷雨とゲリラ豪雨が、移動する先々で発生するのです。

b0173754_18195154.jpg

こちらは、9/2の早朝、朝陽に向って飛び立つグーズファミリー。


b0173754_18225212.jpg


時差ボケで早起きしたからこそ見ることができた貴重なもの鴨。


b0173754_18230587.jpg



8月前半の日本は、サウナのように湿度も高く、不快な気候でしたが、
8月末になり急に涼しくなり、10月半ばの気候となりました。
各地で発生する集中豪雨も多く、8月の日照時間が例年より少なかった為、
野菜の値段が高騰するなど消費、経済へも影響するでしょう。

また、広島で起きた土砂災害での犠牲者や流された家々の映像を見て、
再びの水災害から、誰しもが3.11を思い出されたことでしょう。
ボランティアの方々も協力し、現地入りしているようですが、
離れていてもできること、瞬時にできることは、祈りと広島の強さを
見ることだと思っています。

広島で起きた気候変化を肌で感じ、そのことを踏まえ、再びの日本の旅、
今回は空海と繋がり、高野山・宮島編を中心にアップしていきたく思います。


            ②.幕張メッセで宇宙博&NJ Shoreへつづく


056.gif友人AYAさんのセドナでヨガリトリートの日記を紹介します。
この世の楽園を思わせる美しい写真の数々がありますよ。


072.gif9/6(土)午後3時より、BrooklynのRed Hookにて、
サウンドヒーリングとヒポノセラピーのコラボを行います。

以下、ご案内です!

今年の夏は、どのように過ごされましたか?
本格的な秋を目前に、この夏の疲れをほぐし、新たなシーズンへ向け、
心身共にリラックスしてみませんか。
星ゆきによるサウンド ヒーリングと、浦野素衣によるヒプノティスの
コラボヒーリングを、レッドフックの隠れ家で開催致します。
ぜひ日常の疲れを癒しにお越し下さい。

当日、ヒーリンググッズの展示販売もおこないますので、お楽しみに!


*日時:2014年9月6日(土) 2時~

*場所:Red Hook, Brooklyn, NY (IKEA 付近)

*参加費:$40(ヒーリング+食事付き)

*募集人数:8名

*お申し込みの方は、ヒロコまでご連絡ください。hiroko1020@gmail.com

*会場は個人宅のため、申し込まれた後に詳細を説明させていただきます。


当日の予定:

2時開場、3時よりコラボヒーリングのセッションを開始( 約1時間+)

セッション後、レッドフックの街を散歩、ニューヨーク湾と
自由の女神を臨む海岸で夕暮れを楽しんだ後、会場に戻りお食事を頂きます。

メニュー:揚げ出し豆腐、 ジャークチキン和風ソース、ひじき、
ファーマーズマーケットの野菜を使ったサラダ、出し巻き卵、自家製お新香。


          ★*****************************★******************************★

この夏の疲れをほぐし、新たなシーズンへ向け、心身共に
リラックスしてみませんか。
星ゆきによるサウンド ヒーリングと、浦野素衣によるヒプノティスの
コラボヒー リングを、レッドフックの隠れ家で開催致します。
ぜひ日常の疲れを癒しにお越し下さい。
当日、 ヒーリンググッズの展示販売もおこないますので、お楽しみに!


日時:2014年9月6日(土)2時~
場所:Red Hook, Brooklyn, NY (詳細は申し込み後にご連絡します。)
参加費:$ 4 0 (ヒーリング+食事付き)
募集人数:8名
お申し込みの方は、ヒロコまでご連絡ください。
hiroko1020@gmail.com

当日の予定:
2時開場
3時よりコラボヒーリングのセッションを開始( 約1時間+)
夕方、レッドフックの街を散歩、ニューヨーク湾と自由の女神を
臨む海岸で夕暮れを楽しんだ後、会場に戻りお食事を頂きます。

(メニュー):
揚げ出し豆腐、 ジャークチキン和風ソース、ひじき、ファーマーズ
マーケットの野 菜を使ったサラダ、出し巻き卵、自家製お新香。


       ★*****************************★******************************★

浦野素衣(うらのもとい)
NGH 認定ヒプノティスト・トレーナー& NLP プラクテショナー

★HP: http://www.motoiurano.com/

ヒプノシスに入ることで、潜在意識に直接アクセスし、膨大な
記憶の中から必要な情報を引き出し、問題 解決や自己成長に
役立てることが出来ます。また交感神経と副交感神経の
バランスが整い、自律神経系の調整機能や自己免疫機能を
正常化する作用もあります


星ゆき
スピリチュアル・カウンセラー
エナジー、音叉&サウンド・ヒーラー

★HP:http://yukistar88.holy.jp/   ★ブログ:http://yukistar88.exblog.jp


サウンドヒーリングのグループセッションは、床に寝転んで
いただきながら、シンギングボールやチャクラに対応した音叉
(チューニング・フォークを使用した代替療法)を中心に、自然界の
音を奏でる民族楽器を使いながら、心地良い音とバイブレーションに
包まれていただきます。優しい音色とバイブレーションを浴びて
いただきながら、生体エネルギーとチャクラ活性へのサポート、
心身共にリラックスしていたたけたらと思います。

サウンドとバイブレーションから波動水もできますので、
ミネラルウォーターをご用意 ください。


[PR]
by yukistar88 | 2014-09-03 18:38 | 世界の旅 | Comments(2)

②.Catskillの旅-古き良きアメリカとグリーン浴特集

072.gif8/11のスーパームーンは日本時間3amに観測できるようです。
そして、8/13(日本時間2-4am)には、3大流星群のペルセウス座流星群が
極大を迎えるので、流星が見られそうです。
8/17からは、1年で最も彗星が多く太陽に接近し、8/23からの1週間は
7個の彗星が太陽近日点を通過しますので、太陽が活発化することで、
天候など気象が荒れるともいわれています。


             (8/2撮影)
b0173754_13385865.jpg

Lightworker.comより:

8月11日、月が地球に最接近します。
人類、地球の波動が大幅に上がり
一人ひとりの心が自分自身に深く結びつき、
人間同士が結びついていきます。

この日、スーパームーン祝ってください。
この10日後、新たなテクノロジーがETによって地球に投下されます。
この月の力が関わります。



056.gif1つ前の日記で紹介したCatskillの旅の続きです。
  1896年(明治29年)建築のB&B,Rosehaven Inn素敵なお部屋を紹介します。
              

朝一は気持ち良く、朝陽を写すと、かわいい光が射していました。


b0173754_14474969.jpg


8:00am コンチネンタル・ブレックファースト。
平日ということもあり、他のゲストはいなかったので貸切りでのんびり。


b0173754_14470508.jpg



ゆったりした古き良きアメリカン・ダイニングルーム。

b0173754_16135410.jpg

b0173754_14463609.jpg

こちらはBarコーナー。古時計が歴史を感じさせてくれます。


b0173754_14463018.jpg

リビングルークもアンティークなムード!

b0173754_14464353.jpg


     白で統一されたこのバスルームに惹かれました。

b0173754_14465241.jpg


   バルコニー・デッキで寛ぎのひと時。体が自然や森林浴を求めていたようです。


b0173754_16084915.jpg


バルコニーに掛かっている鉢の中で成長するヒナたち。オーナー曰く、この鳥たちも家族だと。


b0173754_11285719.jpg



Catskillのメイン観光スポットであるKaaterskill Fallsへ。
     上流からの景色を見ようと、山林を歩きます。


b0173754_14481298.jpg

滝壷は真下に30mはあるのでは。高所恐怖症の人は足がすくむでしょう。


b0173754_14482012.jpg


                恐る恐る・・・しゃがんで。

b0173754_14524854.jpg

           滝の上流はなだらかで爽快!

b0173754_14482806.jpg



滝の上流の動画です。







Kaaterskill Fallsは下から見る方が迫力あるということで、場所を移動して、
山道を歩きます。雨が多いようでシダ系植物や苔も見られました。日本ぽい。
大きな岩が、各所にゴロゴロしています。


b0173754_14485980.jpg


  これが下から見上げた滝。滝壷は2つあって、意外とスケールの大きい滝!



b0173754_14501220.jpg


下から見る滝は迫力あり。動画でどうぞ!

 
         




ここから近くにあるNorth South Lakeは、静かーなスポット。
湖畔では、多勢がキャンプをしていました。

b0173754_14515397.jpg


      ボートも乗れます。

b0173754_14520004.jpg


ゴルフ場のクラブハウスも可愛い感じですね。



b0173754_14523037.jpg


 高原を走り・・・NY郊外の旅は終わりに。
わずか2日間のプチサマバケでは、Woodstockで思いがけず黒柳徹子さんとバッタリ会ったり、
   Catskillでは、滝や湖など森林浴を楽しんだ山ガールのひと時でした。


b0173754_14533558.jpg


*7/25
会社のアウトドア慰労イベントBBQ大会へ。ステーキなどお肉も好評。



b0173754_14544924.jpg

野菜は、ポートベラマッシュルームにズッキーニなど。約60人分を焼きます。

私はおにぎり担当で30個ほど。


b0173754_15442580.jpg



          ワンコも遊んでほしいと、見つめられて。


b0173754_14545442.jpg

      子供たちもワンコと楽しそうに遊びます!


b0173754_15104906.jpg


          今度は誰が遊んでくれるのかな。


b0173754_16152711.jpg


ハドソン川沿いのBBQ会場は、緑も多く心地いい風が吹いています。


b0173754_15110419.jpg


064.gifグルメ編:

       たまたま見つけたSOHOのナイスなイタリアンISOLA . 


b0173754_15441002.jpg

Mondrian Hotel内にあるハイセンスなレストラン。

b0173754_14551083.jpg


             ガーデンのテーブルもあります。

b0173754_14551465.jpg


      天窓からの採光が解放感溢れて、快適な空間ですね。


b0173754_14552253.jpg


      創作イタリアンぽく、ティストもよかったです。


b0173754_14552669.jpg


Greenwich Villageも裏通りを歩くと、隠れスポットがあるのですね。



b0173754_14463526.jpg


ここは ”Buvette”というフレンチ・レストランで人気店。
レトロなインテリアを使い。天井のそれぞれ異なる鏡に写るシーンがユニーク。



b0173754_14464774.jpg

ここまではグリーンの世界のフォトが中心でしたが後半はブルーになります。


最近、NYのいろんなスポットへ足を運ぶチャンスが多いです。
アウトドアやグルメなど、レジャー中心に遊んでいる内容が多いですが、
きちんと家事やカウンセリングの仕事もしていますので、ご心配なく。(笑)



        夕暮れ時のグースファミリーの散歩


b0173754_14553799.jpg


        7月の雲特集。


b0173754_15165375.jpg

b0173754_14465489.jpg

b0173754_14465803.jpg


8/4、夕方には、いくつもの龍雲が流れていました。先頭を切った筋の通った長~い雲。



b0173754_14514188.jpg


まるで生きているかのよう!似たような雲がビュンビュンと大空を舞う。



b0173754_14514974.jpg


最後には全員集合!日本行く前日に縁起良い雲を見て、雲と共に飛んでいきますね。


b0173754_14515428.jpg


5月の日本訪問の際に、たまたま出くわした足尾の弘法大師の像。

これは、次回の日本の旅への導きを感じます。


b0173754_15120767.jpg

弘法大師の頭から出ているかのような後光雲、弘法大師のご縁あるスポットへ
参るのかもしれません。約3週間は日本の家族のケアを中心に、聖地も立ち寄りたく思います。


b0173754_15122399.jpg

旅の途中で、ブログをアップできるかどうか・・・?

皆様も8月の夏も楽しんでくださいね029.gif

読んでくださって、ありがとうございます!



[PR]
by yukistar88 | 2014-08-05 15:15 | 世界の旅 | Comments(0)

①.Catskillの旅-Woodstockで天から白い光&「徹子の部屋」のシンクロ

072.gif九星学占いによると、今年の私は動く年周りといわれていて、その通り
動く時は動かされ、しかも、今年は前もってプランを立てるというよりも、
急遽決まるパターンが多いです。自分のワクワクすることに意識しながら、
ここ1年の自分の変化を見つめていきます。
そして、新しい分野へも取り組んでみたり、今後の展開も楽しみにしています!


b0173754_14490067.jpg

            (7/28撮影、CatskillのB&Bにて)



*7/28,29/2014

無性に自然に触れたくて、7月のプチサマーバケーションとして、
車で約2時間のところにある自然の宝庫であるCatskillへ。


フリーウェィ走行中、夏を代表するでっかいカナトコ雲がモクモクと。

b0173754_12415612.jpg

その途中にあるNew Ageとヒッピーの街といわれるWoodstockへ。
イギリスでいうならグラストンベリーのようなスポット。ここは17年ぶりの訪問でした。


b0173754_12430653.jpg

    愛と平和のシンボルが、街の至るところに。

b0173754_12483841.jpg

b0173754_14503730.jpg


Woodstockは、1997年にハイキングで訪れたことがあり、その途中で見かけた
チベット寺院に立ち寄り、その中の本堂で瞑想し、その後に外で写した写真に天から
1本の白い光が射していたのでした。その3ヶ月後に訪れたプエルトリコの山でも同様の
白い光が射し、その後から、目に見えない不思議現象やスピリチャル体験が始まったので、
Woodstockは、私にとってスピリチャルの扉が開いたイニシエーション的なスポットです。

その時の写真。  (1997年10月-Woodstockチベット寺院の前)

b0173754_14475102.jpg


    (1997年12月、カリブ海プエルトリコの山中で)

b0173754_14195863.jpg


WoodstockのNew Ageなショップなど


b0173754_12461967.jpg


b0173754_11265059.jpg



b0173754_12463543.jpg



b0173754_12441645.jpg



Woodstockでランチしようと、あるレストランに入りテーブルに座っていると、
目の前を黒柳徹子さんにそっくりな女性が通ったので、まさかこんな所にいるわけない!
ともう一度、その女性がトイレから戻ってきた時に確認すると、やはり本人のよう!

う~ん、なぜにここにいるのだろう?バケーションぽいけれど・・・。
あまりの偶然な出会いに声かけるべきか、いや、プライベートだから迷惑かなと。
しかし、もう2度と会えないかもしれず、一期一会は大事にしたい!

徹子さんも私らが日本人だと、なんとなく気付いたようで、ここで無視するのは、
かえって失礼と思い、レストランを出る前に、彼女のテーブルに近づき、

私:   「あの・・・黒柳徹子さんですか?」
徹子さん:「はい、そうです。」
私:   「バケーションでこちらへ?」
徹子さん:「そうです!」
私:   「私、NY在住でして・・・折角なのでお写真、一緒によろしいですか?」
徹子さん:「いいですよ。では、貴方ここにお座りくださいな。」
      と気さくにOKしてくださいました。

外国人の連れの方が心良く撮影してくださって、最後に徹子さんと握手していただき、
お別れしました。彼女の手が温かかったこと!

これがその写真で、偶然にもお揃のパープルカラーといい、
          「徹子の部屋」のゲストは私です!みたいな一枚に。(笑)

さすがに徹子さんのポーズ、決まっています!
それに対して私は、この日は誰とも会わないだろうと、ほぼすっぴんで・・・トホホ。




b0173754_12503699.jpg



このツーショットをFBで友人限定シェアしたところ、徹子さんの蝋人形と撮影していると
思った人達や日本在住の友人Eさんは毎週欠かさず「徹子の部屋」を見ている程の
ファンで、この前日、なんとか本物の徹子さんと会えないものかと真剣に検討していた
ところ、この写真を見てビックリと。
また、近所(NJ)に住む友人もたまたまDVDで「徹子の部屋」を見ていたその直後に、
FBで繋がっているそこのご主人が、「ゆきさん、黒柳徹子と写ってるでぇ。」という
タイミングにビックリしたそうで、なんとも周りで同日に、黒柳徹子現象が起こって
いたのでした。これはもしかして、その友人らが引き寄せたことなのかも。

私も尊敬する女性の一人であり、会えて嬉しかった!
しかし、全く歳を感じさせない、お元気な徹子さんは、どこか宇宙人のようでは
ありませんか。といったら失礼でしょか?!

徹子さんと会ったことで受け取ったメッセージは、

「いくつになってもやりたいことをやる!」
「一期一会を大切に、そして人生を楽しむ!」

芸能人との写真撮影は、18年前、NYに歌番組の収録で来た中山美穂のアテンド以来のこと。

そして、なんと友人の友人が「徹子の部屋」のプロデューサーをしているそうで、
このブログ、徹子さん本人が読まれたそうです!嬉しいやら恥ずかしいやら…




Woodstockを後に、ここから30分のところにあるB&B”Rosehaven Inn"へ。


b0173754_13352302.jpg


このB&Bは、1896年(明治29年)に建築されたもので、今のオーナーが
2001年以降買取り、B&Bとして営業していますが、実にステキなハウスです。
”Rosehaven”という素敵なネーミングに惹かれて予約したのですよ。


b0173754_15085504.jpg


お庭も広く、雨が多いので、シダ系植物もたくさん。


b0173754_13362783.jpg

窓の外はマウンテンヴュー。


b0173754_11314864.jpg


この日は珍しく雨が降ったり止んだりで、不安定な天候でしたが、
夕方には、くっきり虹が見えたので、ラッキーでした!


b0173754_23531768.jpg


    

*7/27、午後9時頃、CA州在住の私の師匠のような存在であるIkuyoさんが天国へと
旅立たれました。71歳というまだお若く、しかも7/18にバースデーを迎えた
ばかりで、バースデーには元気そうなお顔を写真で拝見したばかりでした。

Ikuyoさんとの思い出は、2010年1月、サンタモニカで友人と共にランチをした時が
初対面で、ランチしながら、腹がよじれるくらい皆と笑ったのを覚えています。

             (左から2番目がIkuyoさん)
b0173754_14022065.jpg


その翌日に、ナパバレーに近い葡萄畑や清らかな水の土地のSONOMAで一人暮らし
していたIkuyoさん宅を訪問し、夜遅くまで語り合い、彼女のミラクル体験談など
聞きながら盛り上がったのでした。一度しか訪問していないIkuyoさん宅でしたが、
なぜか自分の実家のような故郷のような感覚があり、それ以後、その家に帰りたい
という気持ちが常にありました。それは彼女の慈愛エネルギーだったのでしょうね。

それ以来は、日本でもすれ違ったりで逢えず、ネットでの交流中心になりましたが、
1年前より足を悪くされ車椅子での生活となり、今回の訃報はあまりに突然で、
彼女はもしかしたら、このタイミングを自ら選択されたのかなとも思えました。

Ikuyoさんは、ご主人を26年前に癌で亡くし、以来3人の娘さんを一人で育てた
主婦であり、マスター・ドローレスや世界中のライトワーカーたちと幅広い
ネットワークを持ち、世界中の聖地を旅してきたマザーでもありました。

聖母マリアや観音様のようなエネルギーのIkuyoさんは、いつも皆のことを
大きな愛で包んでくれました。ご冥福をお祈り申し上げます。

大好きだったソノマの家で育ったマンモスレモンを手にしている
ありし日のIkuyoさん!(1/2010)


b0173754_14030405.jpg
 

   永遠の愛と笑顔を有難うございます!安らかに・・・056.gif


    次回は、②.Rosehaven InnのインテリアとCatskillの滝と湖へつづく







[PR]
by yukistar88 | 2014-08-02 14:29 | 世界の旅 | Comments(4)

⑩.浅草三社祭と群馬県の三大パワースポット(赤城神社・総社神社)&それぞれの女子会

1週間が本当に早く過ぎていきます。時間の流れが加速しているようですね。059.gif

*7/25のマヤ暦でいう時間を外した日といわれますが、この説明が適切なよう。

b0173754_10324422.jpg

引用元:Trinity webさんより

★時間をはずした日(緑の日/銀河の自由の日) 7月25日

新年を迎える前の日。
グレゴリオ暦の7月25日を、「13の月の暦」では「時間をはずした日、
/緑の日/銀河の自由の日」と呼びます。

太陽のまわりを巡る地球の公転軌道が、その1回転を完了することを示す日です。

そして、「時間をはずした日」は、13の月や週の枠組みから自由になった、
つまり「時間をはずした」1年の最後の日なのです。

1年=365日は、地球が毎日1自転しながら、
みずからの軌道を歩むプロセス。

そして365回自転すると、地球は1公転を終了する。

この公転を完了する日を迎えてはじめて、
私たちは「地球が太陽のまわりをひとめぐりした」という事実を、
心に刻みこむことができます。

自転という回転。

公転という地球と太陽の関係である回転。

その2つの回転、自転と公転ををつなぎ、バランスをとる1日。

DNAに象徴される自然界の生命のあらゆる動きがらせんであるように、
地球の公転/自転運動がらせん状に進展し、次元スライドを促す日。

今年の成果を乗り越え、それを来年に引き継いでいくという大切な日。

だから、ふだんの生活パターンからも、1年の時間の流れからも、
心身を解放してみることがあなたの心にとって、
身体にとって、大きな意味をもつことになるでしょう。

この特別な1日に意味を感じることによって、
1年=52週=364日の規則的なパターンはひとつの輪としてまとめあげられ、

そして、その輪を閉じることなく、
新しい年に向けて、新しいらせん状の大きな展開をもたらすために
必要な力を生みだしてくれるのです。

*7/26-27は、新月(獅子座にあるとき)で、この3日間は天体の動きが活発な時期でした。


   ****************** 056.gif日本の旅のつづき(最終編) ********************


*5/17、浅草を通りかかった日は、三社祭の真っ只中でした。


b0173754_10374938.jpg


うまい具合に、後方にスカイツリーも見えていました。


b0173754_10373898.jpg


三社祭とは・・・

正和元年(1312)から三社の神話に基づき船祭が始められたと云われています。

 江戸時代には大祭前夜、神輿を観音本堂の外陣に安置されました。

びんざさら舞も堂前の舞台で行われていました。そのことからもわかる通り、

当時は浅草寺と一体となった祭りで、「観音祭」又は「浅草祭」と呼ばれました。

  昔の氏子は観音の縁日にちなみ十八ヶ町あり、南から諏訪町、駒形町、三間町、

西仲町、田原町、東仲町、並木町、茶屋町、材木町、花川戸町、山之宿町、聖天町、

浅草町、聖天横町、金竜山下瓦町、南馬道町、新町、北馬道町、田町がそれでした。

このうち材木、花川戸、聖天を宮元三ヶ町と呼び、すべてを総称して浅草郷とも

千束郷とも云いました。

祭礼は今のように本社神輿をかつぎ廻ることよりも、むしろ氏子十八ヶ町や、

片町、茅町、天王町、黒船町、三好町などから繰り出された山車が中心で、

各町がおのおのの趣向で行列の勢いと絢爛さを競い合ったようです。

この様に昔の祭礼は蔵前筋や浅草橋の各町にまで及ぶ広範囲のものでした。




b0173754_10375505.jpg

下町の女性もキラキラ輝いている!

b0173754_10380336.jpg


b0173754_10380832.jpg



b0173754_10374478.jpg


春の祭に遭遇し、下町情緒たっぷりな祭を見て感じて、新鮮な気分でした!


*5/18,19

群馬県の赤城山へ向かいます。


b0173754_10414232.jpg

b0173754_10420943.jpg


赤城山にある2つの赤城神社を参拝しました。
まずは、三夜沢赤城神社(みよさわ-)」とも呼ばれる中腹にある赤城神社へ。


b0173754_11061699.jpg
天皇家の菊の紋章が・・・

b0173754_11155143.jpg


ここのご神水は有名なようで、各地から水を汲みに来る人が絶えないようです。

b0173754_11070857.jpg


なんでも1998年に、千葉から来た主婦がここで行方不明になったそうで、後から聞きました。
赤城神社主婦失踪事件」とは・・・・・
志塚法子さんは98年5月3日、家族6人と赤城神社にツツジ見物に訪れていたが、正午頃
「賽銭をあげてくる」と言って財布からお賽銭用に101円だけを取り出し、1人で境内の方へ
行ったまま行方不明となった。 志塚さんは身長156センチくらいでやや小太り。
98年当時、約100人が約10日間付近を捜索したが、見つからなかった。
その時の格好は赤い傘を差し、ピンクのシャツに黒のスカート。娘は駐車場から法子さんが境内
とは別方向への場所でただずむ姿を目にしている。
戻らない法子さんを心配した家族はあたりを捜すも見つからず、警察へ通報。
10日間で延べ100人あまりで付近一帯を捜索するも見つからなかった。
参道は山道ながらもよく整備され、崖などの危険な場所や道に迷う箇所もない。
また、ゴールデンウィーク中で神社には沢山の人が訪れていたが、不審な人物や物音を
聞いた人はいなかった。群馬県警にも20件ほどの情報提供があったが、発見に結びつく
有力なものはなく迷宮入りした事件。


とのことです。別次元の入り口があるのか、もしくは誘拐?不思議です。


社殿の横から写すと、このような光が出ました。こんなにパワフルなんですね!


b0173754_11103466.jpg


b0173754_11104037.jpg

最近、神社でよく撮影しますが、ここまでは珍しいかも。

b0173754_11104762.jpg

ちょっと異次元的な光にも感じます。

b0173754_11105373.jpg

更に裏側へ進むと、ご神木がありました。


b0173754_11084193.jpg


女性の子宮を思わせる樹木の空間ですね。

b0173754_11114279.jpg

社殿の反対側へも回ってみました。立派な建築です。


b0173754_11102182.jpg

奥へ奥へと引っ張られるように進んでしまう私ですが、光るものが見えたので行ってみると・・・


b0173754_11165555.jpg


七福神の飾りでした。皓々と輝いていましたよ。

b0173754_11171123.jpg

立入禁止区域かもしれませんが、更に奥へと呼ばれるので行ってみると、巨石が!
撮影してみると、虹色の光が射していました。ここもパワフルですね!


b0173754_11185272.jpg



ここでの参拝を終えた後の空。


b0173754_11201049.jpg

そして、見事なる龍雲が現れました!

b0173754_11202356.jpg


龍の尾が動いているかのよう・・・

b0173754_11201758.jpg

次は、赤城山頂の大沼にある大洞赤城山神社へ。
ここは、中学生時代に林間学校体験で来ていたようです。

赤城神社は全国に300程あるようで、その中の本宮と推測される神社だそうです。
また、赤城姫と淵名姫という美しい二人の御姫様がここに召され神様となったそうで、
女神、女性の願いを叶うと伝えられているそう。それは、1300年代の「神道業」に
記されていて、女性への御利益で有名だそう。


喜びのポーズ?!
b0173754_11302278.jpg
神聖な気持ちで鳥居をくぐります。


b0173754_11305675.jpg

この光景、厳島神社の裏手に似ている。

b0173754_11311107.jpg

巫女さんの姿が見えて・・・


b0173754_11334777.jpg

3つの紋章が意味するものは・・・?

b0173754_11341880.jpg

ここにも巨石!湖畔に1つだけポツンとありました。これも不思議です。

b0173754_11344216.jpg


赤城山の秘境温泉、滝沢館を紹介します。日帰りでの入浴も可能です。


b0173754_11534253.jpg

緑に囲まれた川の畔にあるマイナスイオン浴びての露天風呂は最高!

b0173754_11535023.jpg


もう1軒の秘境温泉-湯ノ沢館は古いですが、露天風呂は混浴で、内風呂はこんな感じ。


b0173754_11541151.jpg

赤城山を下山し、前橋の総社へ。


b0173754_11461132.jpg

この総社神社を参拝すると、県内の549の神社に参拝したのと同じご利益が
あるともいわれています。

b0173754_11463006.jpg

見所は、境内にそびえる2本のケヤキのご神木があり、これは樹齢800年を越えるもの。

b0173754_11484720.jpg


こんな形の樹木も珍しいです!樹木のスピリットを感じましょう。


b0173754_11501553.jpg




もう1本はこちらです。

b0173754_14113906.jpg


b0173754_11502538.jpg

赤城山と前橋とお疲れさまでした!充実な群馬のパワースポット巡りでした。
魂も大喜びで”愛と感謝”です!


教会のようなレストランで、ランチを。063.gif 落ち着く空間です。016.gif

b0173754_13023637.jpg


神社のパワースポット巡りを終えた日の夕焼け空はダイナミックでした。環頂天アークも。


b0173754_11580246.jpg

日本での女子会の様子です。皆さまありがとう!ほろ酔い気分かな。

b0173754_12072460.jpg

グリッドチームは、円卓の中央が真っ赤で、まるで日の丸でございます。

b0173754_12072965.jpg



3人の「ゆき」が揃いました。
ほしゆきさんは東京、もう一人のゆきさんはロンドン、私はNYという
これも偶然ではない出会いですね。初対面とは思えない・・・。


b0173754_12073412.jpg

ほしゆきさんは、ヨガのインストラクターであり、音楽パフォーマー、ベリーダンサー
という多才な女性で、ご主人が単身でNY在住なので、この夏もいらっしゃいました。

名前が同じというだけあって、好みや思考など共通点も多く、ソウルメイトですね。


b0173754_12074242.jpg
                    (7/17)


NYへのフライトでは、初のボーイング787!
快適で落ち着く機内、ウィンドーの明暗調整が自由自在で、
ずっと外の景色が見えるので嬉しい!


b0173754_14103732.jpg


龍雲や日の丸な光も現れました。

b0173754_14064710.jpg

b0173754_12080733.jpg

ということで、長くなりましたが、2,014年4,5月の日本の旅はこれで終わります。

これにて、今回の日本の聖地巡りは終了しました。約1ヶ月間の日本滞在中に
訪れた聖地は、記憶によると、沖縄の斎場御嶽と玉泉洞、久高島の3つの御嶽、
岩手県の龍泉洞と早池峰神社、秋田県の黒又山本宮神社とストーンサークル
大湯環状列石)青森県のキリストの墓、三嶽神社、大石神ピラミッド、福島県の
十文字神社、栃木県の足尾「寝釈迦の霊泉」と日光の二荒山神社と滝尾神社、
東京の浅草寺と増上寺、埼玉県大宮の氷川神社、群馬県の赤城山-三夜沢
赤城神社と大洞赤城神社、前橋の総社神社の22ヶ所でしょうか。
無事にグリッドの旅が終わりましたこと、お礼申し上げます。

ご協力、ご同行してくださったメンバーへ、ありがとうございます。

今回感じましたのは、このように同じ役目、聖地巡りなどしている方々とのご縁が新たに
できたこと。それぞれの担当なるスポットがあるようで、また、そんな意識を高めることで、
次なる旅へもお任せしつつ、導きがあるようです。祝福なる扉へよろしくお願い致します。


そして、読んでくださって、有難うございました!016.gif

最後に、赤城山の露天風呂をお届けします。ビバノンノン060.gif


      




[PR]
by yukistar88 | 2014-07-28 12:50 | 世界の旅 | Comments(0)

⑨.霧降高原と都会の秘境花園?!& 埼玉とNJでサウンドヒーリング

*7/17に、3年ぶりに太陽の黒点が0になったそうです。
この2ヶ月間くらいかなり活発だった太陽が、活動期終止なのか、
一時的休止なのかわかりませんが、心身にも影響しているかも。
私の心臓も大人しくなっていますが、眠気は相変わらずです。
自分の軸は、安全で常に安定へと心がけたく思います。


056.gif深呼吸したくなる山の景色をお届けします。


*栃木県霧降高原での景色。遠くに見えるは筑波山でしょうか?



b0173754_14522128.jpg


白いカーテンのような雲に囲まれていました。


b0173754_14524941.jpg

  霧降高原牧場

b0173754_14525733.jpg


展望台からの景色は関東平野です。


b0173754_14530355.jpg

           ポツンと浮かぶ雲


b0173754_14530770.jpg


060.gif 霧降高原の蛙の声








060.gif霧降高原の鳥と蛙のハーモニー







次は、神奈川県茅ヶ崎の海岸でKyokoちゃんのチョコと朝顔。
チョコヤンは、もうお婆ちゃんなのよね。


b0173754_13410649.jpg

20代前半、ここ湘南でサーフィンをしたことを思い出します。
サーフィンは、マイ青春の1ページ

b0173754_13413831.jpg

b0173754_00362788.jpg


生き生きとしたバラの咲くお宅の前を通りました。
Kyokoちゃんと同じメッセージを受け取るシンクロ、今回もありました。
いつもありがとう!


b0173754_00361562.jpg


東京の中心では、芝公園に建つホテルから増上寺が見えた。



b0173754_13435391.jpg

久しぶりに見たライトアップされた東京タワー。


b0173754_13442155.jpg


朝の散歩へ。朝陽が気持ちいいチャペルへ引き込まれ・・・。


b0173754_13502423.jpg


そこにいたのは・・・茶トラの猫!


b0173754_13504979.jpg


     見てる。

b0173754_13511877.jpg

呼んでみると、目の前でゴロニャン。気を許してくれたよう・・・



b0173754_13520666.jpg


そろそろ餌の旅に行くのかな。バイバイ  でも見てる。

b0173754_13465822.jpg

こんなたくさんの花に囲まれ、貸切状態!


b0173754_13530844.jpg

妖精もいるみたい。



b0173754_13533011.jpg


薔薇の季節に来られて嬉しい!都心にこんな薔薇園があったなんて・・・


b0173754_13541502.jpg


ホテルと草原と雲の美しい図。


b0173754_13545941.jpg

空を見上げれば、太陽には見事な日暈がかかっていた。

b0173754_13552868.jpg


薔薇から生えている東京タワーは、いかがでしょう?


b0173754_13562047.jpg
*5/15

次は大宮の氷川神社へ。Emiちゃんが連れていってくれました。


b0173754_00112289.jpg

b0173754_14050263.jpg

池にいたものは、これ!パクパク

b0173754_14050880.jpg


072.gif浦和の古民家”カフェきのか”にて、サウンドヒーリングのワークショップを行いました。


b0173754_14051935.jpg


日本でのサウンドヒーリングは、初回は2012年に八ヶ岳で、今回は2度目です。


b0173754_14053035.jpg

落ち着く素敵な空間の”カフェきのか”、ここのオーナーのKyokoさんは、巫女さんの
ような女性で、真心込もった手作りケーキやお茶を入れてくださいます。

b0173754_14054041.jpg

やはり最後は記念撮影。T子さんが入っていなくてごめんなさい。


b0173754_14054836.jpg



072.gif7/8、初めて地元NJ、Kunikoさんのおうちカフェのランチとのコラボで、
サウンドヒーリングのワークショップを行いました。

夏の日差しと鮮やかな緑に包まれたステキな郊外のおうちです。


b0173754_14125886.jpg

犬のブーキーと猫のミニちゃんも参加です。


b0173754_14202857.jpg

b0173754_14210322.jpg

Norieさんが撮影してくれた一枚。ありがとう!


b0173754_14204050.jpg

一人一人Chiekoさんのシンギングリンを頭にかぶって倍音体験しました。


b0173754_00144869.jpg

b0173754_14205150.jpg


ランチは、Kunikoさんの手の込んだ夏野菜ランチを外のテラスで
いただきます。

b0173754_14220056.jpg

*本日のランチメニュー:
ルバーブドレッシングのサラダ・生コーンスープ・
空豆のコロッケ・オクラとインゲンの塩麹和え・玄米ごはん・ピーチタルト

まずサラダから

b0173754_14214231.jpg

メインは、空豆のコロッケ・オクラとインゲンの塩麹炒め・自家製糠漬け・玄米

b0173754_14213372.jpg


この日、Shizukoさんのバースデー、サプライズでお祝いしました!024.gif


b0173754_14283581.jpg

デザートのピーチタルトは、卵も乳製品も使わないカシュナッツと
ココナッツとバニラエッセンスなど、とても美味しかったです!

b0173754_14215003.jpg

音と食のコラボへのご参加有難うございました!060.gif

NJでの第2弾は秋の予定。Kunikoさんのブログ:
http://kunikonj.exblog.jp/


7月半ばの夕焼け空。

b0173754_14302537.jpg

6,7月と人との交流やイベントなどアクティブに動いています。
6月末にぎっくり腰になりましたが、お陰さまで早くに回復しつつ、
ジーとしていられない性分なのか、すぐに動いてしまうようです。(笑)

基本的に人との交流が好きなんだと思います。
もちろん一人の時間も好きです。

それぞれが、今、どこで何をしているのか?
皆が楽しく幸せな時間を過ごしているなら、私も幸せ。

すべては繋がっている存在なのだから、個々に行動していても
個々に別なことを考えていても、それも受け入れ認めるわけです。

b0173754_14391815.jpg


               ⑩.浅草三社祭&パワスポ赤城神社へつづく





[PR]
by yukistar88 | 2014-07-22 14:51 | 世界の旅 | Comments(6)

⑧.7月中旬メッセージ&日光-二荒山・滝尾神社&モンちゃんアート

新暦月後れのお盆は8月中旬ですが、7月15日は盂蘭盆(うらぼん)でした。
7月中旬は、大変化なエネルギーもあり、私もこの1週間は、変化に富んだ
期間となりそうで、落ち着きませんでした。
7月中旬のメッセージは、下記にありますので。↓ 029.gif

また、7月前半の雲はこのように、ユニークな形が多く見られましたので、
いくつか紹介したく思います。


7/6、ドーナツ型の雲。


b0173754_13295318.jpg


7/10、大白鳥のような雲


b0173754_13300321.jpg


7/10、道路で見かけた聖母マリアと天使の像


b0173754_13303184.jpg

その後に見た雲は、まるで天使の羽のようでした。


b0173754_13303878.jpg

7/11、住宅街で見かけたマリア像


b0173754_13304809.jpg

その直後に見た優しい雲


b0173754_13305717.jpg

7/12のスーパームーンは、とてもパワフルでした。


b0173754_13310681.jpg

月光浴されましたでしょうか?


b0173754_13311308.jpg

次回のスーパームーンは、8/10と9/9に見られるようです。


b0173754_13311807.jpg


7/11、引っ越したばかりの友人Mさんのアパートを訪問し、帰り間際に、
アパートのルーフから見えた雲と光芒はダイナミックで、Mさん始めファミリーの
今後の人生の祝福ともいえるサインでしょうね。


b0173754_13312817.jpg



*********************056.gif日本の旅のつづき**********************


東北5県の旅を終え、北関東の神社や自然を散策することに。

栃木県の足尾を抜けて日光へと向かいます。


b0173754_02552098.jpg


足尾といえば、その昔、銅山で栄えた土地で、通洞坑は明治18(1885)年に
開坑され、有木(本山)坑、小滝坑を結ぶ足尾銅山三大主坑口の中心となり、
約400年間にわたり堀開いた坑道の総延長は1,234km(およそ東京から博多間)、
その深さは東京湾の深さに近いまでに達しているそうです。昭和55(1980)年
からは、廃坑を利用した坑内観光スポットとなっています。

途中の蕎麦屋でランチ。


b0173754_02563205.jpg


このお店の敷地内も神社で、何気に怪しい石碑が建っていました。


b0173754_02565377.jpg


また、その先の草木湖判にある草木ドライブインで休憩します。いい眺めですねぇ。


b0173754_03045227.jpg


「寝釈迦の霊泉」という看板が目に入り、奥へ呼ばれるように進むと、こんなところに?!
弘法大師とお釈迦様の像がありました!005.gif


b0173754_03064916.jpg


雲は、まるで弘法大師の頭上から煙が出しているかのようにも見えます。


b0173754_03065804.jpg


お釈迦さまのなんとも優雅で心地よさそうな寝顔に惹かれます。

お釈迦さまのオーラを映しているかのような雲にも見えます。

b0173754_03070337.jpg


このお釈迦さまの姿は、背景の山も同じ姿に見えるのだそうです。


b0173754_03555508.jpg
あまり人が来ないこともありますが、この平和な空間が気に入りました。

ここで弘法大師とお釈迦様と出会うとは、次回の旅の予感もなきにしもあらず・・・




今回は、日光東照宮は行かず、まずは二荒山神社から。


b0173754_03571551.jpg


この境内にあるご神木からの光は、こんな感じでした。


b0173754_04204282.jpg


二荒山神社の左脇から山道を登ること約1時間の山奥に田心姫命
(タゴリヒメノミコト)が祀られている二荒山神社の別宮、水の神様が
祀られている滝尾神社があります。ここは隠れ霊地のようです。



b0173754_04220608.jpg


山道の途中にあった洞窟のような穴から、「グァオ~」という大魔神のような声が
聴こえました。「よく来たなぁ。」と言ってくださったと思うのですが、怖い声でした。
過去にも、観音像や不動明像から声が聴こえたことはありますが、3度目の体験。


b0173754_04250795.jpg


途中、心地良いスポットがあったので、ここで休憩します。
パワーやエネルギーのいいスポットは、このように虹光が写ります。


b0173754_04292772.jpg


水の神様だけあって、優しくて清らかな渓流が流れています。



b0173754_04434974.jpg

滝尾神社の説明書には、ここは弘法大師が820年に創建したそうです。
足尾といい、引き続き弘法大師が出てきますね。

b0173754_04364256.jpg

大きな鳥居があり、その奥の敷地は立入禁止で、そこにはご神木の三本杉。


b0173754_04365042.jpg

ここがパワースポットのようです。


b0173754_04365850.jpg


b0173754_04452044.jpg


この左奥に進むと、酒の泉があります。


b0173754_04460049.jpg


更に、その奥にも鳥居があり、このスポットは子授け、安産、子育てなどに
ご利益があるそうです。


b0173754_04463514.jpg


ここまでは、山道を歩きますが、良き波動でしたので、来た甲斐ありました。



b0173754_04465861.jpg

以上日光の2つの神社を参拝し、再び足尾を通って帰宅しますが、
元足尾銅山の小滝坑跡を見かけました。

b0173754_04514325.jpg

b0173754_04515201.jpg


雨が降ったら、通行止めになるのではないかと思うくらい狭い山道。


b0173754_04520795.jpg


その山奥にある秘境温泉、庚申の湯-かじか荘 に寄りました。


b0173754_04521687.jpg


山中の露天風呂は、お湯がヌルヌルしているのでお肌ツルツルに。♪ビバノンノン♪


b0173754_04522345.jpg


水素イオン濃度が9.38という高い数値に驚き!
これは今までの中でベストな泉質かも。


b0173754_04581247.jpg


なぜか、ここに猿田彦神社があるようです。


b0173754_04530192.jpg


帰り道で見た雲は優しいピンク色に染まっていました。幸せな時間・・・016.gif


b0173754_14053154.jpg


日光は20年ぶりくらいの訪問でした。
後に、霧降高原へも行きましたので、次回にでも。
Jちゃん、貴重な神社への導きありがとうございました!


 ********************** NY編 ***********************

*7/5、
NY郊外のMamaroneckに住むYumiさん宅を訪問しました。
皆、猫ママなんです。
壁に飾っているブルーの絵画は、Yumiさんのご主人の作品です。

Yumiさんとご主人の作品展示の日記:http://yukistar88.exblog.jp/22255149/



b0173754_10250443.jpg


Yumiさんのご主人が握ってくれたお寿司をランチに頂きました。寿司シェフでありアーチスト。


b0173754_10245515.jpg

これがモデルのモンちゃん!ベッドの下から出てきませんでした。ぅう


b0173754_10251200.jpg



Yumiさんオリジナルアートのモンチャワールド。
焼芋、おにぎり食べるモンちゃん!


b0173754_10253767.jpg



モンゴウイカ釣り上げるモンちゃん!キュート!


b0173754_10265739.jpg



これが貴重な作品でして、蛍狩りするモンちゃん!



b0173754_10270626.jpg



暗闇では発光するのですよ。たまりませんね。
すっかりモンちゃんworldに、はまってしまいました。



b0173754_10271628.jpg


Mamaroneckのビーチを散歩しました。ピーカンの空が清々しくて・・・


b0173754_10272935.jpg



キラキラした水面に吸い込まれそうでした。


b0173754_13403110.jpg



Yumiさん、 Mireiさん、 Junkoさん、ありがとう!
ちょっとした日帰り旅行の気分味わえました。



072.gifヒラリオン7/13-20のメッセージ:

これから 先の数週間では、可能な限り自分の内側を進むようにして下さい。
地球の表面と、より高い次元のエーテルレベルの両方で、エネルギーレベル
上での多くの活動が行われます。この期間は、大変化の時であり、日が経つ
つれてこのことが益々明らかになってきます。中心を保 ち、自分の真実に
同調することがこの期間をより容易に優雅に切り抜ける助けになるでしょう。
又より多くの時間を屋外で過ごすことに よって、あなた方の周囲の自然の
世界との繋がりを持つことがグラウンディングを確実にし、地球のエネルギーに
触れるので、大きい助けになるでしょう。水の周波数の中に浸ることもあなた
方にとって非常に大きい慰め、浄化、ヒーリングになるでしょう。日日のニュース
には最低限の触れ方をする方が良いでしょう。この期間には多くの事が
隠されたままになりますが、これもあまり長くは続かないでしょう。

世界の全 ての国の舞台裏で力を持っていた者たちは世界一般に自分
たちの活動を暴露されずに秘密にしておくことが出来なくなるでしょう。
新しい エネルギー束が世界中の団体の間でも一般の人の間でもあら
ゆる対話の中で透明性を要求します。秘密が維持出来る時は過ぎ去ります。
地球上の住民の全ての細胞は変容し、純粋になり、変態します。間もなく、
各人のオーラ場の中では、あらゆる闇、又は陰が明らかに見られるように
なる時が来て、この解放が、全ての人の光の中での歩みと、真実と完全さの
中での暮らしを助けるでしょう。各世界の間のベール が急速に消失し、
より高い次元との連絡を通じて道を照らしてきた者たちにとってより大きい
知識と知恵をもたらし、答えを探し求める人 達への伝達をすることがより
容易になるでしょう。

親愛なる 皆さん、あなた方は多くのレベルで以前のものを大きく凌駕する
新しく壮大な形を創造しているのですから、人間であることを受け入れて
下さい。あなた方の中に起きている成長と拡張を観察しているより高い
次元の者たちの一団が最も高く評価しているのは、まさにあなた方 の
人間性そのものなのです。あなた方一人一人が自分の能力を利用し、
これを全ての人のより大きい善の為に同調させることを学んでいるので、
残りの人達と同じ経験を得ながら進んでいるとしても、新しく、素晴らしい
フロンティアでの真の勇気ある開拓者として見られているのです。
あなた方全てにとってこの生涯は容易な道ではなかったことでしょうが、
これは、あなた方の真の壮大さが光に照らし出されて 勝利を得ている
生涯であることを心に留めておいて下さい。

あなた方 を宇宙全体でこのように強力に、ユニークにしている物理的な
惑星上での生涯という学校を通じてあなた方が表現し、得ている事は
ソウルの質なのです。これらの経験はこの宇宙のより高い次元の暮らしに
持ちこまれます。より低い次元の物事はあなた方と共に留まるべきより
高い次元の光へと変換されます。これが非常に多くのことが解放され、
手放されなければならない理由なのです。このプロセスはまだ続いて
いて、より低い振動の全ての人の体とエネルギー場の中の埋め込みが
浄化されるまで続くでしょう。完全なライトボディーを持つ存在に なる人が
多ければ多いほど、次元上昇への加速はより大きくなります。

この時点は紫色の炎の指令を用いての変容が要求さ れますが、この
強力なスピリチュアルなツールは全ての者に利用可能です。毎日それを
使うことは、個人的にも、この時点で地球を取り囲んで いるエネルギーの
変容にも大いなる助けになります。この強力な冶金プロセスを光のハートと
自分のハートの中の歓喜で利用して下さい。
トン ネルの向こうに光が近づいてきています。(翻訳 Taki)



061.gifこれは、ご覧なれますか?
  生命誕生までの9ヶ月を3分にまとめた奇跡の動画です。




           ⑨.日光霧降高原&東京タワーの薔薇園へつづく






[PR]
by yukistar88 | 2014-07-16 14:02 | 世界の旅 | Comments(2)

⑦.青森の十和田湖とキリストの墓、岩手早池峰神社と福島十文字神社&NY猫オフィス

*7/2,3とNY地方は、激しい雷雨となり、7/4の独立記念日の日中は
雨でしたが、奇跡的に接近中のハリケーンも消え雨も止み、夕方から
晴れて、数年ぶりにEast側からのMacy's主催の花火が上がりました。


             (雷雨後の鮮やかな夕焼け空)

b0173754_10582156.jpg


7月上旬、激しい雷雨が続きます。(雷雨直前の空)

b0173754_11012899.jpg


我が家は、West側のハドソン川沿いなので、昨年までの数年間は目前で
花火を見ましたが、今年はビルの合間から微かに見ることができました。


8:30pm、空はまだ明るく、9:30pmから花火開始です。


b0173754_05302646.jpg


マンハッタンの南、ハドソン川下流で、花火見物用船が待機しています。


b0173754_05303599.jpg


West側からも半分見えました。


b0173754_05323246.jpg
b0173754_05322858.jpg


061.gifどこよりも間近で花火を見たい方へ。
 これは初めてなアングル、花火の中から花火を見てみます!









  ****************** 056.gif日本の旅のつづき ******************



秋田県の黒又山とストーンサークルを後に 青森へ移動し、十和田湖で休憩。
東北は山形まで行ったことはありますが、私には東北訪問では、
ここが最北端。山には残雪もあり、湖面は静かでどこか神秘的。



b0173754_06040616.jpg


b0173754_06041619.jpg


次なる目的地、キリストの墓を目指しますが、ナビに従い近道をと
思ったら、なんと通行止めということで、大幅な遠回りの迂回道へ。

迂回することで2倍以上の時間を要しましたが、お陰で奥入瀬渓谷を
通ることとなり、それは予想外のギフトでした。結果的OKですね!


b0173754_06064026.jpg


新緑が美しく、所々小さな滝を見かけました。

b0173754_06065111.jpg


Mapを見ながら、2台の車で移動しますが、キリストの墓に行く前に・・・



b0173754_06091596.jpg


リーダーのM氏がなにやら要なる神社を見つけたので、そこをまず参拝。
大きなご神木です。


b0173754_06100309.jpg



ここは「三嶽神社」というようです。



b0173754_06113079.jpg



青森のキリストの墓があるとは噂には聞いていましたが、本当にここへ来るとは・・



b0173754_06172448.jpg


この階段の上、両側に墓が2つありますが・・・


b0173754_14120432.jpg


     左側が弟のイスキリ


b0173754_06165447.jpg


右側がイエスキリストと表示していました。

恐らく、この墓は空ではないかと・・・


b0173754_10563382.jpg

その昔、ここへユダヤ人が来たという証ではないかという見解に。


b0173754_06174249.jpg


サイキックのT子さんは、しばらくした後、墓のところにイエスが現れたと。

私たちの意識により、姿を見せてくれたのかもしれません。

この直後に道に蛇が現れたのです。あ~、蛇といえばモーセ!
アロンの杖でしょうか。これも偶然じゃないですね。


近くにある大石神ピラミッドと呼ばれる巨石スポットも寄りました。



b0173754_06253174.jpg


この辺りは熊も出るので、要注意だそう。


b0173754_06253905.jpg


この巨石の間から、更に奥へ入ることもできました。



b0173754_06254409.jpg
b0173754_12301654.jpg


所々で、ふきのとうの花を見かけました。このくらいまで咲いてしまうと
食べられないようで、つぼみ時が食べ頃のようです。


b0173754_13352279.jpg



この後は、青森から岩手県早池峰神社まで、約6時間かけての移動です。
夕方から雨となり、日が沈んだ後の参拝になりました。


b0173754_11172631.jpg


盛岡藩の東の鎮山とされた早池峰山の祈願所として、岳妙泉寺が整備され、
慶長15年(1610)から3年をかけて、岳妙泉寺の奥宮として造営されたのが
新山堂(現・早池峰神社)。慶長以後2度ほど修復されましたが、内陣柱を
中心とした軸組や、軒回りの彫刻・装飾などにも慶長期の堅実な手法が
残されています。



b0173754_11173579.jpg


ひっそりとした誰もいな早池峰神社、私たちだけでした。
雨の音と共に祝詞をあげ、T子さんの神唄も歌われました。


社殿右奥に湧水があったので、皆で飲みました。右下に玉響が写っていますね。

早池峰神社の裏側に、沖縄のピンク貝を2個、捧げることになり、この啓示も
私は無意識に受け取っていたようです。


b0173754_11174121.jpg


この夜は、岩手のサンタハウスに泊まり、2つのロッジに分かれてのお泊まり。

午後10時に到着し、就寝は午前0時過ぎていました。寝る前にサウンドヒーリング・・・♪

b0173754_11174797.jpg



*5/6、朝一の空は、まるで鳳凰のような雲がパワフルに広がっていました。

しかし、私はこの朝、右足が肉離れしてしまい、痛みでうまく歩けなくなりました。008.gif
沖縄でかなり歩いたことも影響しているでしょうか、足がもつれていたので、もしや・・・
と思ったいたのですが、東北巡礼最終日の朝ということで、最終日でまだよかった。
あとは、仙台と福島をまわり、実家へ帰宅するのみ。



b0173754_11261838.jpg



今回の東北の旅メンバーの一人であるY子さん、この朝、顔の表情が前日までと
打って変わり、何かデトックスされたかのよう・・・
話を聞くと、夕べというか明け方まで、リーダーのM氏や巫女のようなT子さんらと
深い話となり、どうやらY子さんの過去生が出てきたようで、それは・・・
私にも関連しているアトランティスの時代。
Y子さんは、初対面でありながら、今回のメンバーの中に懐しく、昔どこかで会った
記憶があると言っていたので、当時のソウルメート、ソウルグループなのでしょうね。

伝説のアトランティス大陸が海に沈んでしまったその出来事に関わっていた
ことが蘇ってきたようで、Y子さんは、そのことに触れたとたん大泣きされたそう。
魂レベルで封じ込めていた過去生での感情が湧き出てきたようです。

20代の頃まで、頻繁に見ていた大津波の夢・・・その津波のシーンで終わるのは?
これは私のアトランティスの記憶であり、その時の悲しみや無念な心が残っているのか?
今生で、当時のカルマを解消すべくことがあるなら・・できることをと思っています。

こうして東北の旅を一緒したメンバーは偶然ではなく、過去生での繋がり、そして、
今生での再会により、繋がりを持つことで、前進できると思いました。
今後ともよろしくお願いします!


仙台空港に寄り、津波の爪痕残る大地を感じ、この目で見ました。
木々に囲まれた神社は、無事だったのですね。(左が仙台空港)


b0173754_11445794.jpg



湿地化した平原には、新たな草木が生えてきています。生命のパワー



b0173754_11450640.jpg


最後に残ったメンバーの5人で、今回の締めである福島の十文字神社へ。

なんとも小さな神社ですが、ここが福島では要という啓示通り・・・



b0173754_11473699.jpg



    亀の甲羅に文字が刻まれています。



b0173754_11480680.jpg

神社内で祝詞を唱え、輪になって手を繋ぎ、光の柱をイメージ。
参拝開始と同時に、蛙が鳴き出しました。

A子さんは、祈祷しながら手の動きが止まらなくなってしまったと・・・


b0173754_11482457.jpg



こうして、3日間に及ぶ東北の旅は幕を閉じました。

岐阜からいらしたメンバーは、福島から岐阜まで車で帰られるということで、
本当にご苦労さまでした!

このご縁に感謝し、次回の巡礼の旅へも繋げたく思います。016.gif





035.gifNYの友人S子さんの住むアパート内に、猫カフェならぬ、猫オフィスが
あるということで、訪問しました。オフィスには9匹の猫ちゃん。
全てレスキューされた猫たちで、彼らは、自由奔放、書類やPCの上
でもお構いなしに移動しています。


b0173754_11510423.jpg


b0173754_11511441.jpg

b0173754_11512043.jpg

私も猫に囲まれて幸せなひと時。猫を呼ぶ女に・・・


b0173754_11513356.jpg

愛猫ミケに似た茶トラを見て、温もりを感じながらナデナデしていました。
ミケを思い出し、懐かしく嬉しかった。


b0173754_11514728.jpg



猫ママになった寛ぎのひとときでした。



b0173754_11514076.jpg


sakurakoさんは、オウムと歌います。


b0173754_11515318.jpg



060.gifsakurakoさん、オウムとデュェット。

いつのかにかオウムの真似をしているsakurakoさんでした。









7/26は満月ですね。日本は大型台風、そして、各地でも激しい天候が続きます。

日本地震予知協会によりますと、2014年度は、世界規模で地球ダイナミズムの

轟音が鳴りわたるそう。今年近日点を通過する彗星は74個で過去最多数とか。

太陽活動においても、昨年に続きⅹクラス大規模フレア発生し、それにより

観測史上最大級の地球ダイナミズム・・・巨大竜巻、大火、巨大地震、猛烈台風が

猛威を振るようです。

いろんな方々が世界各地をまわり、少しでも自然災害が防げるよう地球を癒し、

そして、皆さんの意識が水へ大地へ反映され、地球とコネクトしていますので、

どんな時も心穏やかに過ごしていたいものですね。



b0173754_12565314.jpg

                ⑧.日光、霧降高原と水の神、滝尾神社へつづく








[PR]
by yukistar88 | 2014-07-10 12:26 | 世界の旅 | Comments(8)

⑥.美しい北国の春、日本のピラミッドとストーンサークル&サウンドと野菜ランチのコラボ

072.gifいよいよ夏本番7月ですね。山から下山するような時を迎えているような。
6月は、本当の自分を見つめることで、自分に厳しくするではなく、自分に正直に、
真の喜びや優しい道を選択するような時期としてありましたが、7月は、更に
肩の力を抜き、ノビノビと自分自身を無理なく発揮できる方向へ、そんな状況や
環境から、リラックスできる人間関係やそれに伴う出来事が流れていくようです。


b0173754_01005545.jpg
 


  ****************** 056.gif日本の旅のつづき *****************

*5/4

初の東北5県訪問は、まずは岩手県の龍泉洞から、その翌日
盛岡駅へ戻る途中の道端で見かけた水芭蕉の群れに感動!

道路脇に水芭蕉がこんなにもたくさん。ジンジンいいエネルギーを感じました!

b0173754_12463916.jpg


水芭蕉といえば尾瀬が有名ですが、1日30-50kmを歩いた3日間の
高校時代の尾瀬鍛錬旅行は、夏のシーズンだったので見ることができず
?十年ぶりのリベンジとでもいいかしょうか、この東北で、水芭蕉に
出会えたのは、私には、棚ボタなる大きなギフトでした。016.gif


b0173754_12464624.jpg


盛岡駅から見えた岩手山は迫力があって、山頂の残雪が清々しい・・・


b0173754_13094592.jpg



盛岡駅からローカル線のIGRいわて銀河鉄道線と花輪線で十和田南駅まで。


b0173754_13055517.jpg



車窓からの景色は目が離せず、”北国の春”を感じさせてくれるものばかり。
千昌夫の曲にありましたね。♪白樺~青空、南風♪


b0173754_13085526.jpg


また、この頃丁度、東北は桜が満開で、これも嬉しいギフトでした。


b0173754_13091117.jpg


車窓から、角度を変えて見る岩手山も堂々たるもの。

b0173754_13105521.jpg


         日本独特な山間流れる渓流と新緑の広葉樹も美しい。


b0173754_13110383.jpg


空も広い・・・

b0173754_13111908.jpg


約2時間で、十和田南駅に到着。ここからタクシーで宿に向かいますが、
タクシー会社へ電話して駅まで来てもらうことに。そんな素朴さが新鮮。

b0173754_13120437.jpg



今回の東北聖地巡りに同行してくださるメンバーは、4日の秋田で開催された
花水木、音楽コンクールに参加した音楽家の方々で、ほとんどが初対面。

彼らは、秋田からここまで車での移動で、私は別方面から列車で移動し、
宿で合流の約束が、全く同じタイミングで到着したのは奇跡でした!

日が落ちる前に・・といきなりですが、黒又山に皆で登ります。
ここは、東北のピラミッド伝説の山で、綺麗な円錐形をした高さ約280m、
一礼し、本宮神社の鳥居をくぐり登ります。



b0173754_13225292.jpg



山頂までわずか30分ほどで登れますが、結構な山道で急斜面でした。


b0173754_13232274.jpg



黒又山はクロマンタとも呼ばれ、縄文遺跡としてネットでも紹介されています。
平成3年、環太平洋学会の調査で階段状のピラミッドと断定された山です。


b0173754_13233446.jpg


ここが本宮神社の本殿。ここでリーダーのM氏が祝詞をあげ、皆で祈ります。


b0173754_13232918.jpg



b0173754_13234078.jpg

日が沈む前にと、サッサと下山し、次の目的地である鹿角市のストーンサークル
大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)

こんな広大な土地に、ストーンサークルがあるのですね。日本では初めて。

3月にイギリス最大のストーンサークル”エーヴベリー”とストーンヘンジの
2ヶ所訪ねたばかりで、短期間に日本最大のストーンサークルへも訪問できる
ことになったのは、偶然じゃないと思えました。

イギリス最大のストーンサークルの日記:http://yukistar88.exblog.jp/22482872/


b0173754_13300775.jpg

この角鹿ストーンサークルは、縄文時代後期の大型の配石遺跡で、国の特別史跡
ある大湯環状列石。これは野中堂環状列石と万座環状列石の大きな2つのストーン
サークルで構成されてており、このうち万座環状列石は日本最大のストーンサークル。
大湯環状列石の周囲には建物跡があります。縄文時代の竪穴式住居のような。


b0173754_13302064.jpg


近くには、構造が似ている一本木後ロ遺跡があり、それは墓であることが調査に
よって明らかになっている。このため、大湯環状列石も墓群とそれに付随する
祭祀の場であると推測されている。大湯環状列石には日時計状組石があり、
環状列石中心部からこの日時計中心部を見た方向が夏至の日に太陽が
沈む方向になっていると同時に、野中堂環状列石から万座環状列石を見た
方向もその方向になっているそう。古代人の知恵ですね。


b0173754_13302850.jpg


一人一人サークルの中心に立って、エネルギーを感じます。

b0173754_13322179.jpg


イギリスのストーンサークルで拾った小石を1つここに埋めることにしました。
ここで、真剣に波動調整ワークなり。Rieさん撮影ありがとう!

b0173754_13303978.jpg


この直後から、写真に縦の光が入ると気付いたT子さんでした。宇宙人も写ったらしく。
他の立入禁止なサークルの中央エネルギーは、ビリビリと強く感じました。


b0173754_11245344.jpg


懐かしい修学旅行を思い出し・・・学生気分に戻った時。



b0173754_13305866.jpg

ここの桜も綺麗でした。






夕日が当たる桜の木の前で記念撮影!皆さま、いい表情です。



b0173754_13311186.jpg


ここから先ほど登った黒又山が見えますよ。


b0173754_13575973.jpg


広い大地に沈む夕日は、まるでアフリカを思わせるようでした。



b0173754_13565386.jpg

夜は宿の温泉に入り、皆で宴会なる夕食会となりました。
秋田名物キリタンポも嬉しいですね!068.gif

ほとんどが初対面のメンバーでありながら、実は魂でご縁ある仲間だということ。
それは後に発覚します。


b0173754_13311945.jpg


翌朝(5/5)のニュースで、伊豆大島近海を震源とした震度5弱の地震が
発生したと伝えていて、大地は繋がっていますから・・・何やら影響?!
いえいえそんなはずは・・・046.gif


小刻みな地震により、磁場調整も行われていると思っています。


      ⑦.十和田湖と青森のキリストの墓&早池峰神社参拝へつづく



072.gifサウンドヒーリングと夏野菜ランチのコラボのお知らせです。

NJにて、”おうちカフェ”をしているKunikoさん宅にて、
7/8(火)午前11から、コラボのイベントを致します。

既にお申し込みがあったようで、あと1名の残席がございます。

NJの郊外のステキなおうちにて、サウンドヒーリング後は、
Kunikoさんの夏野菜たっぷりランチというプラン。

興味ある方はどうぞいらしてください。遅い告知ですみません。

Kunikoさんのブログから、詳細が紹介されております。





058.gifセントラルパークでみかけた白鷺が美しかったです。


b0173754_21425957.jpg


b0173754_21424955.jpg


b0173754_21514793.jpg



明治41年生まれ太母さんですが、自然が神様、人間の根幹なる
信仰に気付かされます。長いですが、最後まで無理なく聴ける
素晴らしい太母さんの説教をシェアしたく思います。



  



いつも読んでくださって、ありがとうございます016.gif





[PR]
by yukistar88 | 2014-07-01 14:32 | 世界の旅 | Comments(0)

⑤.ドラゴンブルー地底湖の龍泉洞&6月の空模様と水星逆行

*6/21の夏至が過ぎましたが、夏至は、1年で最も昼が長い日、地球が銀河中心の

太陽(セントラルサン)に1番近づく日であり、地球がセントラルサンと太陽系の

太陽の間に入るとてもパワフルな一日でした。



b0173754_14292247.jpg


6/13の満月もパワフルで、この6月は過去の出来事、未完の出来事を
解決・修正するエネルギーが働いていたで、過去からの古いパターンを
打破しようとする出来事や、古い思考パターンに翻弄されたりと色々
起こった方もいらしたことでしょう。


b0173754_14293442.jpg


今、古いパターンから変化・変容して新しいステップに向かうタイミングとして夏至を迎え、

そんなこんなの節目の時期だったと感じます。



b0173754_14310972.jpg


夏至前の空模様は、それは活発で、目を見張るものばかりでした。



b0173754_00492128.jpg


夏至前日(6/20)の空は、1日中ダイナミックでした。

b0173754_00542976.jpg


幻日と環天頂アークが同時に出たり・・・Bedford, Brooklynにて。


b0173754_00544236.jpg


6月のある日、早朝に目にした光景は、グースファミリーの朝ご飯の様子。


b0173754_04010923.jpg



夕方は、家族で散歩・・・

グースファミリーNY観光の巻。「左にみえますのは、摩天楼」


b0173754_04012473.jpg


ママとパパは見張り役で、子供たちは寄り添って眠ります。


b0173754_04014032.jpg


  **************056.gif 日本の旅のつづき ****************


数年前に、九州の小倉駅構内に張られていたポスターのブルードラゴンの色に
魅せられて、いつか行きたいと思っていた岩手県の龍泉洞へ。

*5/3、GW中の日本での移動は何年ぶりのことでしょう。
友人Tomoちゃんと東京駅で待ち合わせしますが、あまりの混雑に驚き!
初めて乗る東北新幹線「はやぶさ」と「こまち」、「やまびこ」もあります。



b0173754_02120967.jpg


盛岡駅到着。Tomoちゃんがレンタカーを予約してくれましたが、
そのレンタカー・オフィスがなかなか見つかりません。
30-40分は時間経ってしまったでしょうか。実はそのズレは調整時間でした。
盛岡駅から約2時間の距離に龍泉洞はあります。途中の岩銅湖を通り・・・




b0173754_02295827.jpg


10年の年月をかけて開通した内陸部と沿岸部を結ぶ3,115mの
長~い早坂トンネルを抜け・・・・



b0173754_02204670.jpg


山と渓流の景色を眺めながら・・・



b0173754_02214586.jpg



無事に念願の龍泉洞に到着です。既に午後4時過ぎとなってしまい、人もまばらに。



b0173754_23045432.jpg



洞窟外の渓流も洞窟内の水の流れも凄まじい勢いです。


061.gif動画でどうぞ!






龍泉洞というくらいなので、あちこちに龍が飾られています。
今回の日本では、沖縄では急遽、「玉泉洞」という偉大な鍾乳洞を見物することになり、
南から北へ移動し、岩手県の「龍泉洞」も同時期に入れたことは偶然ではなさそう。
エネルギー的に関連があるのかもしれませんね。



b0173754_02232809.jpg




龍泉洞は、日本の岩手県岩泉町にある鍾乳洞。岩泉湧窟とも言う。
総延長約1,200m。高低差約249mは日本の洞窟中第5位。
山口県の「秋芳洞」・高知県の「龍河洞」と共に「日本三大鍾乳洞」の一つ。
また、地底湖は龍泉洞地底湖の水として、名水百選に選ばれています。


b0173754_02445349.jpg


いよいよ洞窟内へ入ります。ブルードラゴンの水を生で見られることに
ドキドキします。
6時で閉まるので急いでいたのですが、盛岡駅でレンタカーのオフィスが
なかなか見つからなかったことで、時間調整され、混雑のピークを過ぎた
午後4時から見学ルートが変わり、見やすいルートに。更に空いていたので
結果的にOKでした!


b0173754_02412771.jpg


       水流の勢いに圧倒されます。


b0173754_02442247.jpg


天井や壁の天然石も美しいです。


b0173754_02443165.jpg


   守り獅子がいたり・・・・


b0173754_11490127.jpg


     地蔵岩も見かけたり・・・


b0173754_02560361.jpg


第一、二地底湖を見て、そして、ルートの最後にある第三地底湖へ。


b0173754_02452757.jpg



いくつかある地底湖の中で、最も深いのは水深120mですが、それは非公開とのことで、
水深98mの地底湖がこちらです!

透明で吸い込まれそうなドラゴンブルーは、神秘的でまるで生きているかのよう。
水中ライトアップが光り、水本来の色を美しく見せてくれます。

地底湖の底、その先の世界は何があるのでしょう?


b0173754_02454157.jpg


b0173754_02454723.jpg


約40分に及ぶ龍泉洞探検は終了しました。

この龍泉洞に何か捧げものをしたいと思いつき、しかし、何もそれらしきものを
持参していなかったので悔やんでいたところ、洞窟を出た後に、携帯電話に
つけていたイギリスの聖地チェルスウェルで買ったブルーのプチ十字架の
ストラップが無くなっていることに気付き、自然とそれを捧げてしまったようです。
ブルーということで、意味があったのでしょうね。

洞窟から外に出ると、ポツポツと雨が降り出し、夜には強風が吹き、宿の窓は
ぴゅーぴゅーうなっていました。沖縄の久高島でも、御嶽参りと龍神様祈願後に
暴風雨となり、ここでも同じ天候が続いたのは、龍神の雨で歓迎とみましょう。
ご覧の通り、龍の腹底のような厚い雲に覆われていました。↓ 057.gif

b0173754_03223496.jpg


この日の宿は、龍泉洞愛山で、地底湖水と同じ源泉を使用した炭の湯に入りました。


当初、太平洋側の浄土ヶ浜へも行く予定でしたが、翌日の予定に間に合わないことから
断念し、Tomoちゃんは宮城県へ、私は秋田県へそれぞれ別の約束へと向かいました。
岩手の龍泉洞窟探検、一緒にありがとう、Tomoちゃん!


  ⑥.北国の春、秋田ストーンサークル&東北ピラミット黒又山へつづく


b0173754_00485649.jpg



072.gif天体・エネルギー的に変化の多い6月です!

水星逆行の情報に興味ある方は、下記をお読みくださいね。

水星逆行

http://ameblo.jp/bijotoyaju/entry-11878474985.html


6/17、午後76分に、逆行中の水星が双子座サインに戻ります

水星が双子座に戻るのは5月29日以来になります。

20日には、太陽と逆行水星がコンジャンクションします。

ひと言で、ピント(焦点)が合う。という感じでしょうか。

今回の水星逆行は7月1日午後9時51分まで続き、

双子座24度まで戻ります。

この期間(6月7日から7月1日まで)の、再会とか再訪、

久々の連絡、メンテナンス(修理)には、偶然というより必然。

と言えそうな感じがします。

水星(情報)の時計の針が戻されて、太陽と重なることで、 

このところ、思案していたことや迷っていたことに、

気持ちや考えが定まる、 というタイミングが始まります。

あるいは、 最近の決断や考えを改めることになるかもしれません。

これから決まる、決めることが、本当の結論・決断に相応しいと。

その他には、遅れていた返事や連絡を手にすることもありそうです。

誤解していたことや間違いもわかるかもしれません。

    

ただし、今はまだ、契約や買い物、重要な決断、連絡などは、水星

逆行中なので、月のボイドタイムは外すことをお薦めしておきます。

    

これから7月1日までの水星逆行期で、長い時間、

ムーンボイドと重なる日をあげておきます。

大事な予定は入れないように。以下、日本時間です。


22日午前725分から午後04分まで。

24日午前1050分から午後87分まで。

26日午後857分から27日午前67分まで。

29日午前104分から午後544分まで。

となります。

ネイタル(誕生日)の太陽星座と

ネイタルのアセンダント(上昇宮)を、

合わせて読むと良さそうです。

  

牡羊座生まれ(第3ハウスの逆行水星と太陽)

迷いがなくなり、頭と心が一致すること。

兄弟や親戚との再会。懐かしい場所。

間違いや誤解に気が付くこと。
 
牡牛座生まれ(第2ハウスの逆行水星と太陽)

失くしものや探し物が見つかること。

仕事のやり方を見直すチャンス。
最近の不安の理由がわかること。

 

双子座生まれ(第1ハウスの逆行水星と太陽)

最近の停滞がなくなり、動き始めること。

足りないものを理解するチャンス。

立て直して、もう一度、スタートすること。
  

蟹座生まれ(第12ハウスの逆行水星と太陽)

決着や整理をすべき、けじめの時期。

次のステージのために準備すること。
自分の本音や嘘、秘密に気が付くこと。

  

獅子座生まれ(第11ハウスの逆行水星と太陽)

友人や仲間との再会や相談の時期。
人生や仕事の転機のチャンス。
ブレイクスルーを促す驚きや出来事。

 

乙女座生まれ(第10ハウスの逆行水星と太陽)

ビジネスチャンス。仕事の修正。転職。

パートナーや家族に関する出来事。

近い将来の設計図(目標)を描き直すこと。

  

天秤座生まれ(第9ハウスの出来事)

誤解や錯誤していたことがわかるチャンス。

親戚や婚姻関係の問題。海外旅行。

物理的に離れた相手との再会やコンタクト。

蠍座生まれ(第8ハウスの出来事)

冠婚葬祭に関する出来事。外科手術。

住宅ローンや事業の借り入れ。保険契約。

信頼関係や信用が試されるような出来事。
  

射手座生まれ(第7ハウスの出来事)

将来のためにパートナーと会話を重ねること。

医師や弁護士と相談が必要なこと。契約。

キーポイントとなる相手との再会。お見合い。

  
山羊座生まれ(第6ハウスの出来事)

自分の足りないものや欠点を理解すること。

疲労回復を図ること。休養。病気の治療。

仕事のペースを立て直すこと。仕事の改善。
  
水瓶座生まれ(第5ハウスの出来事)

自信を取り戻し、スランプから脱出すること。
恋愛やこどものことで、嬉しい出来事。

一歩、踏み出すチャンスのタイミング。

   
魚座生まれ(第4ハウスの出来事)

自分の心の底にあるものを察知すること。

家族や両親、住まいに関する出来事。
不安が情熱に変わっていくタイミング。

     


b0173754_03264856.jpg



*6/18の夜、なかなか眠つかれず、ハイパーなエネルギーがやってきて、

一体どうしたのか?と思っていたこところ、インド占星術情報を受け取りました。

                                (Norieさんより)

東海岸時間の6/18夜遅く、木星が蟹座に入りました。蟹座は木星に

とっては「高揚」状態となる星座で、この配置は12年に一度起こります。

高揚の状態にある惑星はそのパワーや特性を存分に発揮し、

木星の場合、高揚は約1年続きます。


現在、土星も高揚の星座である天秤座にあり、これは30年に1度、

2.5年続く現象です。今回の土星高揚は11月の初めまでです。

木星と土星が同時に高揚の星座に戻ってくるのはたった60年に一度。

しかも、木星が蟹座に到達する前に土星が天秤座の次の蠍座に

動いてしまうこともあるので、次にこれら二つの惑星が同時に高揚の

状態となるのは2073年。その次は約400年後まで起こらないそうです。

インド占星術ではトランスサタニアン、土星より外の惑星は考慮しません。

つまり、土星と木星が一番太陽から遠く、長い軌道を持ちます。そのため、

時間をかけてじっくり大きなことを成し遂げるには、これら二つの惑星の

動きが大きく関わるとされています。土星が時間を司り、木星は生命を

吹き込むと言われ、大きなイベントが起こるにはタイミング的な許可を

土星から得て、木星から命を吹き込んでもらう必要があるのだとか。

今から11月のはじめに生まれるお子さんは出生図上木星と土星が

高揚の星座に配置されることになります。それがどのハウスになるかに

よってどういった分野に影響するかは異なってきますが、かなりパワフルな

出生図にはなると思います。

もの凄くざっくり言ってしまうと、高揚の木星は理想と精神性が非常に高く、

人々を導く良きTeacherの性質を持ちます。また、高揚の土星は並外れた

忍耐力、努力、不屈の精神、意志の強さを与えます。

また、個人の出生と同様に、会社の設立日や何かの告知/イベントを行う日

などは重要になります。その場合、出産と違ってある程度日を選ぶことが

出来ると思うので、をれらを行う希望時期の惑星配置をプロに確認して

もらい、他の惑星との絡みも見て日取りを選ぶとより良い結果が

得られるのではと思います



b0173754_03265541.jpg



[PR]
by yukistar88 | 2014-06-24 03:28 | 世界の旅 | Comments(6)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧