<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

再び天からのギフト、NY上空ミラクル・レインボー(約束の虹-6/27,28)

*2009年6/27(土) 058.gif057.gif

6/26の夕焼けスペクタキュラショーに感動したその翌日には、ミラクル・レインボーが出現した。005.gif

NYで虹を見るなど滅多にないことで、今まで見るとしても3-5年に一度くらいのペース
だったが、この1週間はカリブ海での虹をきっかけに、過去ないほどの虹を目にすることになった。

27日の夕方、雨上がり後に、「これは虹が出る。」という予感通り、虹が出ていた。
しかもNY上空に留まっている大きな雲から一筋の虹がキラキラと光り、
次第にNYのランドマークであるエンパイヤステート・ビルに差し込む。
まるでSF映画を見ているかのようで、この奇跡の現象は約1時間近く続き、
散歩人の多くは、写真に収めていた。

いつかマンハッタンを包むような虹が出ないかなと思っていたところ、27日の虹は、
それに近い状態で出現したので、イメージの具現化でしょうか。


         NY上空のミラクル・レインボー!

b0173754_1371365.jpg


b0173754_138886.jpg


b0173754_139292.jpg


b0173754_23252533.jpg


虹はハワイ語で、「アヌエヌエ」と言い、「アヌエヌエ(虹)の麓には幸せが宿る」という
ハワイの伝説があります。
虹は良きサイン!そしてこれは、「約束の虹」という意味もありましょう。

この後より頻繁に虹や彩雲などを観測するようになり、
それはNYだけでなく、世界各地で見られるようです。愛と感謝の時ですね。053.gif

そして、偶然じゃないのでしょうね。
この歌詞にあるように、マイケルから約束のメッセージがあるように思えました。


072.gifマイケル・ジャクソン~「Someone in the dark」with ET



6/28(日) 058.gif
丁度、25日にNY港に入航したPeace Boatが出航したところだった。
世界へ向け、国際交流の任務へ行ってらっしゃい!


b0173754_1394921.jpg


夜には、July 4thのリハーサルなのか、花火が上がる。

このようにハドソン川でのイベントは尽きず、いつも楽しませていただいております。


b0173754_13102774.jpg


b0173754_13104848.jpg


July 4thの花火は、何十年かぶりでハドソン川サイドから上がるのでお楽しみに!006.gif

072.gif追記で、「NY上空に虹」の写真がフォトコンテストの特賞に選ばれました。
嬉しく思います。これに薦めてくれた友人Chemittiさんにもありがとう!

[PR]
by yukistar88 | 2009-06-29 13:25 | スピリチュァル | Comments(2)

天からのギフト、夕焼けスペクタキュラ・ショー!(6/26)

Michael Jackson が亡くなった翌日(6/26)、スーパーマーケットやラジオ・
TVの各チャンネルからMichaelの曲がひっきりなしに聴こえてくる。
街の人々はその曲を歌ったり、音楽にリズムを合わせ踊ったり、悲しい反面、
楽しそうな表情が伺える。

そう、Michaelが逝去した今、80年代のマイケル旋風が再び吹き荒れ、20-30年前の
懐かしい曲を聴くことで、脳や細胞の記憶が蘇り、その刺激から若返り効果や活力が漲る
元気スパイスなる”Michael's Power”が街中に降り注がれているようだ。

この6月、NY地方は浄化の嵐が続いているが、26日の夕方も激しい雷雨があり、
その後に、”Michael's Power”効果なのか、天から神秘的なギフトが舞い降りてきたよ。

雷雨が上がると、マンハッタンのビル群は次第に黄金色に輝き出してきた。
この時、胸が躍るような感覚がしたので外に出てみると、空は夕焼け色に染まり、
黄金色から茜色に変化していく。

やがてUFOを思わせるような巨大雲が現れ、ゆっくりとマンハッタンの摩天楼を覆っていく。
その巨大雲の下には虹も現れ、今度は西からマシュマロ雲(=乳房雲)の群れが広がり、
幻想的な空のスペクタキュラショーが展開されたのであります。



    30分間に及んだ夕焼けスペクタキュラショーをお楽しみください。029.gif

①.午後6時半、雷雨となる。

b0173754_1205643.jpg


②.雷雨は止み、夕日が摩天楼に反射し、キラキラと黄金色に輝く。

b0173754_1215178.jpg


③.UFOのような巨大雲がマンハッタン上空に近づいてくる。

b0173754_629877.jpg


b0173754_1251587.jpg


④.巨大なUFOのような雲の左下に、虹が現れる。

b0173754_6421040.jpg


⑤.巨大雲がマンハッタン上空で止まると、周りの雲の群れが集まって広がった。

b0173754_126216.jpg


⑥.西側の雲の配色がとても美しく・・・。

b0173754_126492.jpg


⑦.西側の雲は、徐々にモコモコと浮かび上がってきた。

b0173754_1282729.jpg


⑧.まん丸.マシュマロのような雲(乳房雲/Mammatus Clouds)が広がったり、凝縮したり。

b0173754_1291630.jpg


⑨.こんな雲は有り得ない!顕微鏡で見る細胞みたい。
実はこの(乳房雲/Mammatus Clouds)との遭遇は2度目でした。

b0173754_1211148.jpg


⑩.空一面茜色に染まり、ハドソン川も同色に染まり幻想的。

b0173754_1212743.jpg


同日6/27、ローマ上空を飛行していた友人からの情報では、マイケルが亡くなった
翌日のローマ上空では、4ヶ所で雷が起きていたそう。あんなことありえない!
と上空で目撃した友人も不思議そうにコメントしていました。


   これは1999年、ローマにて、初めて目撃したMammatus Clouds。

b0173754_122492.jpg



061.gifCNNでもこの乳房雲を紹介しています!








この夕焼けスペクタキュラショーは、世界中の人の祈りによるものかもしれません。
祈りが天からのギフトとなって、このような空になったのでしょうか。064.gif

             貴方はこの雲を見て、何を感じましたか?




[PR]
by yukistar88 | 2009-06-27 12:20 | 自然 | Comments(13)

スペインのワイン&マイケル・ジャクソンの思い出(6/25)

サマー・バケーション編は、次回アップということで・・・

今日は、なんでもNY地方は2週間ぶりに晴れたそう。
5日間留守にしていたので天候のことは知らずにいたのだが、
もしかして南の島から太陽を連れて帰ったかも。(なーんて)


b0173754_15143673.jpg


今日のハドソン川には、アジアをはじめ地球の各地を訪れる国際交流の船旅を企画している
非営利NGOである「Peace Boat」がお目見えした。「Peace Boat」は、
地球市民ネットワークづくりのため、1983年から地球一周などクルーズを企画し、
これまでに80ヶ国以上の世界の港を巡っている。いつかこれに乗って、
世界を周りたいという気持ちもあったが、果たしてどうなるか?


b0173754_1515918.jpg


056.gif今日は最後のワイン講座で、スペインのワインについて。
1990年代より、スペインのワインは注目されるようになり、NYでは数年前より人気となっているようだ。
特にスペイン北部のRioja(リオハ)産ワインは、長期熟成タイプにて、品質も良く有名だそう。
その理由は、フランスのボルドー地方の技術を伝授したことがきっかけになっているのだとか。

スペインを代表する赤ワインは、Tempranillo、白ワインは、Albarino、スパークリングワインは、Cava。


b0173754_15154952.jpg


今日は6種のスペイン産ワインをティスティングしたが、癖がなく、口当たりの良いものが
多く、オードブルとして、プロシュート・ハムとスペインのチーズ「Manchego」がマッチ!


そして最後に、先生の手作りホワイト・サングリアもおまけで登場し、
口当たりがよく2杯飲んでしまったがために、完璧ヨッパになってしまった。
012.gif

b0173754_15162114.jpg


クラス後、酔い冷ましに、近くのセントラル・パークでゴロ寝して時間つぶし・・・。014.gif


夜は、6月生まれの友人2人のBirthday Dinnerへ。
本格的タイ料理の店にて、トムヤンクン・スープ、シーフードサラダ、タイカレー、タイ風ヌードル、
蟹フライドライスなど、ちょっとスパイシーだが美味し!


b0173754_15171697.jpg


b0173754_15174552.jpg


二次会は、京豆腐デザート&酒専門店にて、話も盛り上がり、3時間も粘ってしまった。

b0173754_1520770.jpg


                  お誕生日、おめでとうございまーした!056.gif

                 *Pams Real Thai Food(タイ・レストラン)
                  404 W 49th St. / (212) 333-7240



               072.gif マイケル・ジャクソン安らかに 072.gif

そして本日のトップ・ニュースといえば、マイケル・ジャクソンの訃報。50歳とは早すぎる。

私にとってのスーパー・スターは、なんといってもマイケル・ジャクソン。
青春を代表する3大歌手は、ユーミン、サザンオールスターズ、マイケル・ジャクソンで、
未だ彼を超えるスターはいない。

私の3つのやりたいことの1つに、「マイケルのコンサートに行く。」というのがあったが、
その念願はもう叶わず・・・008.gif (ちなみに他2つは、胴上げ体験とスカイ・ダイビング)。

マイケルの思い出は、1987年、彼を目の前で見かけたこと。
その時、彼は日本へコンサートのために来日していて、当時、私は青山のオフィスに勤務していた。
ランチ後、オフィスの窓からある人盛りが見え、咄嗟にマイケル!と思い、勤務中だったが
外に飛び出した。丁度、オフィス前の交差点角に洋書屋さんがあり、彼はそこへ買い物に
来ていたようで、買い物が終わると、移動用のバンのサンルーフから身を乗り出し、
皆に手を振っていた。その距離わずか3m!
こんな間近でマイケルと遭遇するとは夢にも思わず大興奮!023.gif
その時の武道館でのコンサートチケットは入手できず残念だったが、コンサートに行った
知り合いが見たマイケルは、豆粒サイズだったそう。それに比べたらなんとラッキーなこと!

彼のヒットアルバム「スリラー」は、今聴いても元気をもらえる。当時購入したカセットテープ
しか持っていなかったので、1年前、アルバム「Greatest Hits History」の
CDを購入したばかりで、今も時々、聴きながら、「ぜひステージに復帰してほしい!」
とず~と願っていた。そして、この夏、ロンドン公演を控えていたマイケルだったが・・・。

b0173754_15354445.jpg


若くして成功し、巨万の富を手にしたマイケル。その後の彼の人生は、繰り返す整形、
借金、幼児虐待容疑など、歯車が狂ったかのように下る一方。本来はとてもピュアな
スピリットのマイケルだが、富を得たことで、翻弄されてしまったのか、抜け殻のような
マイケルとしか思えなかった。

今年1月に発表された大ヒット曲「スリラー」が、ブロードウェイのミュージカルになることは
実現するのでしょうか?ぜひやってほしい!


永遠のスーパースター、マイケル・ジャクソン、夢をありがとう!

貴方もマリリン・モンローやエルビス・プレスリーのように、伝説の大スターして歴史に
残るのですね。


b0173754_1536823.jpg


      そしてマイケルは、地上のスターから、大宇宙の星になったね。

b0173754_1740272.jpg


25日の夜、マイケルがデビューしたNYハーレムのアポロシアターでは、追悼式が行われているようだ。

暫くは「スリラー」を聴きながら、冥福を祈る日々になりそう・・・。

[PR]
by yukistar88 | 2009-06-26 15:48 | グルメ | Comments(6)

この時期に氷のストーム&イタリアンワイン(6/15,18)

6/15の夕方、NYに集中豪雨がおそった。
8日から9日にかけては、激しい雷雨、15日、そして18日も大雨。
なんだか日本の梅雨にも似た天候となっている。057.gif

6月にこのような天候になるのは異常で、やはり龍がNYに上陸しているのか、浄化の嵐なのでしょう。1つ前の日記で紹介したヒーラー南氏も日本からの飛行機は龍と共にやってきたといっていたが、なにやらそれも当てはまる。
15日、彼のヒーリングを受けた後、私は爆睡してしまい、その豪雨に気付かなかった。
16日もやたら眠たい。これは私だけでなく、家族や友人も同じ症状のようだ。

それに15日の夕方、NJ郊外では雹が降り、地面が白くなったとニュースでも放送していたようだ。こんなこと有り得ない。そして18日、大雨の中、南先生は日本へと帰っていった。

そのNJ郊外の雹の模様を友人が撮影してくれたので、ここにアップしよう。


                             (以下3枚、Y子さん6/15撮影)
b0173754_11183940.jpg


b0173754_11185483.jpg


b0173754_11191121.jpg



6/18
ワイン講座の第5回目はイタリアンワインについて。
前半は、今まで勉強してきたティスティング・テストと筆記テスト・結果は50点くらい。009.gif

イタリアンワインの「Vermentino」という白ワインは、サルデェーニャ島が産地で、先生いわくは、生魚にも合うワインだと。今日はお寿司と豪勢でんね。


b0173754_11244823.jpg


「Collio」Pinot Grigio,イタリアンを代表する品種であるが、これもなかなか美味い!

Pinot Grigioは、アメリカオレゴン州産でもとれることで有名。先日、友人からオレゴン州産Pinot Grigioをいただいた。


b0173754_1127360.jpg


他は、「Gavi」この白ワインは、酸味が強く深い味。赤ワインとしては「Barbera」、癖のない舌に馴染むお味でした。

1999年に初めてイタリアを旅行した時に、トスカーナ地方でのお薦め2種は、赤ワインのChianti(キャンティ)と最高級赤ワインのBrunello di Montalcino(ブルネッロ・ディ・
モンタルチーノ)でした。

とにかくイタリアンワインの種類は、白も赤も多種あるそうで、でも品種管理はフランスよりも雑ということなので、国民性でしょうか。


b0173754_11252231.jpg


やっと2008年発行のハワイ州の¢25(クォーター)を入手した。これで49州+1島揃い、後は2001年発行のNorth Carolinaが揃えば50州全て揃うことになる。左側は、珍しいカリブ島(米の自治領)、プエルトリコのクォーター。・・・ということで1999年から開始した自己満足なるコレクションもそろそろ終結を迎えるだろうか・・・。006.gif

b0173754_1127205.jpg


6月21日は惑星の夏至で、これは惑星とその上に生きるものたちの目覚め、ヒーリング・
バランスを取るための時期となる。ダイアモンド・ライトのパワフルな波が、惑星を明るく照らし、この時期、他の人のハートへのダイアモンド・ライトの伝達者の仕事が準備されており、惑星の変化変容の為のパワフルなエージェントとなるでしょう。


b0173754_114928100.jpg


ということで、夏至に向け、海へバケーションに行ってきます!004.gif
[PR]
by yukistar88 | 2009-06-19 11:54 | 自然 | Comments(12)

自然の力を使うヒーラーとの出会い(6/15/2009)

今まで、いろんなタイプのヒーラーやサイキック、霊媒師系の人と会ってきたが、
瞬時に癒してくれるヒーラー、大分県在住の南先生との出会いは感激でした。

この縁は、6/9の日本クラブで行われたDr.新谷の講演が、異例のギャラリー・
スペースで行われたことから始まる。丁度、その期間中開催していた展示は、
上野未央さんの「無償の愛」というタイトルのパワフルな龍が7匹描かれた日本画、
向日葵、地球を取り巻く龍の作品など、そこからスタートしている。

幼少の頃に大病をした上野さんは、自然や生命の輝き、尊さを向日葵の花に託し、
自然と共生をテーマに、長年に渡り、創作活動を続けてきたという。古来からある
日本文化の心は、自我に囚われず、心を磨き、魂を輝かせることにあり、そのため
には「愛と感謝」しかないという思いを強く抱くに至ると。かけがいのない地球、
生命を救い守っていくのは、私達一人一人の心にあり、その心こそが「無償の愛」で
あるばかりか、大激変社会を生きる鍵ではないかとの思いを日本画家の立場から
投げかけている。

その上野さんのお仲間が南先生で、今回初めてNY講演を開くこととなったそうだが、
その情報を知るのが遅く、既に講演会は満席。それなら15日にギャラリーの方で、
先生と個人的に面会できると上野さんが知らせてくださり、N子さんと共に足を運んでみた。

上野さんは、「普通の田舎のオジサンですから。」といっていたので、そのように
イメージしていくと、本人は珍しくスーツを着たそうで、気さくでパッパと動いたり話したり、
いきなり私の体をスキャンし始めた。
「あー、左側の腰と膝が痛いね。ン?腸にも何か感じる。」とちょっと驚いたがズバリ!
「じゃ今から治しますね。」とほんの数秒でおしまい!この痛みの原因もパッパといい始め、
「それなら、その方も癒しましょう。」と見えない世界のことを彼はまるでマジシャンの
ように、手を使いヒーリング。あれ、瞬時に痛みが消えたような・・・。

南先生は、ホ・オポノポノやOリングも取り入れていて、身体の悪い部分があると、
手が勝手に反応してスキャンできるそうだ。まさに神技?!

彼が使うヒーリングパワーの源は、自然の力。そして、高次元の神なる力からだという。
古来の人はこういった気を使用していたそうだが、文明の発達と共に薄れていったと。


b0173754_13474137.jpg

                                    (N子さん、スキャン中)

先生は、病気を治すことを目的でしているのでなく、皆が幸せに生きていけるよう、
人類は一つであるということ願ってやっているだけのことという。そして神様も1つ。

虫・草、我々の地球において、全てがかけがえのない存在であり、自然界に感謝し愛すること。
大切にするものの優先順位として、「神」・「先祖」・「自分」・「家族」・「人類」・「理想」という。

「ありがとう」・「愛しています」という言葉をかけるだけでも良き波動が体に影響する。
人を憎む、恨む、嫌うことも全て自分に返ってくるので、「全ての人を愛する。」をモットーに。

「愛の力」には限度があるが、「自然の力」には限度がないと。
この世においては、目に見えない世界のことが99%、見える世界は1%に過ぎないと。


前日、先生が乗ってきた日本からNYへの飛行機にも、しっかり龍が導き、
ここ最近は、NYにも来ているようだ。

そういえば、6/8-9にかけて、激しい雷雨があり、そして、この日の夕方も一時的に
豪雨、郊外ではこの時期には有り得ない雹のストームがあったので、浄化の嵐のようだ。

上野さん作の龍の絵は、とてもパワフルで、日本では写真撮影や絵の3m内に近づく
ことも龍が許可してくれないのだが、ここNYにおいては、写真撮影も近づくこともOK
サインが出ているというのだ。なぜか?

このパワフルな上野未央さん作の龍の絵をご覧いただき、力強い波動を
受け取ってくださいませ。
072.gif

b0173754_1259921.jpg


「自然の力」:

私もヒーリング業について約6年が経つが、今、南先生より気を伝授したので、
これからは、「信じる心」・「癒す心」・「愛する心」の3つをモットーに、今後のヒーリングに
お役に立てたらと思います。
001.gif


この後、日本から来ている知り合いとTiffanyで待ち合わせ。
久しぶりのTiffany(上)とTrump Tower(下)など5番街の景色なり。


b0173754_1334333.jpg


b0173754_133999.jpg


b0173754_1332613.jpg


East Villageに建つモダンビル。

b0173754_1335831.jpg

[PR]
by yukistar88 | 2009-06-18 13:33 | スピリチュァル | Comments(9)

NYダウンタウン観光+自由の女神(6/13)

このところ朝夕涼しくなるので油断できない。それに天気予報が当たらない。

13日は、日本から来ている知り合い6名のNY観光案内を楽しんだ。

彼女達は、シャスタ山、セドナと周り、そして最終地のNYに入り、6泊滞在。

午前11時にCity Hallの前にある公園の噴水前で待ち合わせ。ダウンタウンを中心に歩く。


b0173754_944288.jpg


まずはSouth Street Seaport(Pier17)からスタート。
ここで簡単にランチをする。皆さんは、ベジタリアンなので、グリーン・サラダ、
私だけクラムチャウダー・スープ。外で記念撮影。

b0173754_12583632.jpg


Wall St.を通りぬけ、Broadwayにあるトリニティー教会へ入り、しばしお祈り。
ステンドグラスが美しい。


b0173754_1040821.jpg


b0173754_10404299.jpg


Battery Parkにある国立アメリカン・インディアン博物館へ入る。ここは入場無料。
入るなり、ボリビアの民族楽器演奏とダンスが始まったので、しばし見物。
南米独特の笛の音色を聴くと、ペルーを思い出す。

b0173754_9141611.jpg


民族衣装はとてもカラフルで、子供達はボニータ!


b0173754_11122440.jpg


アメリカン・インディアン博物館は、歴史的建造物として保存されていて、
1907年に税関として建てられたそうだ。このホールは、宇宙船を思わせる。

b0173754_9132230.jpg


ほとんどの展示物は、先住民の皮製衣装と動物の骨などから作られた小道具でした。


Battery Park内の自由の女神行きフェリーのチケットを購入し、
リバティー島へ向かう。とその前に、2001年のテロ事件以降、ランドマーク的な
観光名所のセキュリティは厳しく、空港と同じレベルのセキュリティー・チェックを
受ける。なので、6月中旬でも既に観光シーズンとなり、長蛇の列に並び、フェリー
乗り場まで遠く感じた。025.gif

フェリーのデッキより撮影。ベンチは満員にて立ち乗り。


b0173754_9341861.jpg


自由の女神に近づくにつれ、雲行きが怪しくなってきた。

b0173754_9352249.jpg


b0173754_9355183.jpg


今回で5度目の訪問となる自由の女神だが、前回は15年くらい前だったと思われる。
久しぶりに女神像に接近して見ると・・・あれ~、15年前よりも黒ずんでいるかも。

b0173754_9363175.jpg


リバティー島に着くなり雨が降り出してきた。傘をさしながら、女神像の周りを1周する。
057.gif女神像の裏側。


b0173754_9385068.jpg


この自由の女神は、アメリカ合衆国の独立100周年を記念して、
1876年、フランスより贈呈された。アメリカ合衆国の自由と民主主義の象徴であると共に、
19世紀以来、世界各地からやってくる移民にとって、新天地の象徴ともなっている。

この女神のモデルは、フランスの象徴マリアンヌ。銅製だが、緑青の為緑色になっている。
右手では、純金で作られた炎(たいまつ)を空高く掲げ、左手には、アメリカ合衆国の
独立記念日である「1776年7月4日」と刻印されている銘板を持っている。
足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、これを女神が踏みつけている
その意味は、「全ての弾圧、抑圧からの解放、人類は皆自由で平等である。」
ことを象徴している。王冠には7つの突起があり、これは7つの大陸と7つの海に
自由が広がるという意味だそう。


b0173754_9535924.jpg


1984年、ユネスコの世界文化遺産に登録された。072.gif

2001年に起きたテロ事件前は、クラウンの部分まで昇れたが、暫くリバティー島
への入場も禁止だった時期もあり、徐々に緩和され、今ではペディスタル(台座)
部分までは昇れるようになっている。そして、この7/4(独立記念日)には、
8年ぶりに、クラウンまで昇れるよう解禁されるという。

クラウンには、20年前に昇っていて、女神の体の中の構造は空洞になっていて、
台座まではエレベータを使用し、そこからは狭い螺旋階段でクラウンまで昇るのだが、
夏は、(今もエアコンなしなら)蒸し風呂状態になるので注意。


                        (1989年撮影)
b0173754_13512153.jpg


エリス移民博物館の観光とのコンビネーション・チケットなので、帰りに寄れるのだが、
最終フェリーも迫っていたのと、雨がひどくなり寒かったので諦める。
ここは過去もスキップとなり、未だ見学したことがなく、いつ行けるのだろうか?039.gif

b0173754_10383466.jpg


昔、流行った「アメリカ横断ウルトラクイズ」の決勝戦は、ここが会場でしたね。懐かしい!

そして、今や自由の女神はあちこちにあるようで、パリ・ラスベガス、東京お台場、
青森のおいらせにもあるようだ。


夕飯は、ベジタリアン・インド料理。
この3月も東京銀座にあるベジタリアン・インド料理のチェーン店「Nataraj」に行き、とても美味しくて感激したが、ここも美味しく、皆さんご満悦なり!人気なようで満席でした。


b0173754_95897.jpg


*Saravanaas: 81 Lexington Ave. 26St. / (212) 679-0204

午前11時から午後9時に渡り、ランチ&ディナーを除き、約8時間は歩いたと思われる。
お疲れ様でした!
043.gif
[PR]
by yukistar88 | 2009-06-15 10:24 | NYの街並み | Comments(6)

フランスの赤ワインとNYのラーメン事情(6/11)

最近、雨が多く、ジメジメした陽気なり。

11日は、第4回ワイン講座。フランスの赤ワインについてで、
特に、ボルドー地方とブルゴーニュ地方中心に学ぶ。
ボルドー地方のワインの瓶は、角型、ブルゴーニュ地方のワインは、なで(肩)型なので、
ボトルでも区別がつくとも。

フランスワインには、葡萄の品種が表記されていないので、地方の名前から覚えること。
地方だけでなく、地区、村、中には畑の名前まで表記されているものもあるので、まずは
地名を覚えにゃ、何の種類か判断がつかないとも。ちと面倒。


b0173754_12415923.jpg


ボルドー地方の代表赤ワインは、Cabernet Sauvignon,Cabernet Franc,Merlot,
ブルゴーニュ地方代表は、Pinot Noir,Gamayが主なので、それで判断できるという。

こうして、各種赤ワインを飲む比べてみると、今まで自分はMerlotが好きと思っていたが、
実は、Pinot Noirの方が飲みやすかった。ドライより、フルーティな方が好きなんじゃね。
それでも食事によっては、ドライなCabernet Sauvignonが合うのだが
、ドライ同士のMerlotとの区別は、ビギナーにはやや判断つき難いぞな。


イタリア産ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズ)と赤ワインがよくマッチし、進んでしまう。

b0173754_12422156.jpg


毎回、クラス前半は、真剣に先生の講義を聞きながらノートをとるが、
試飲が始まり、後半になると、全て飲んでいないにしても、皆さん、ほろ酔い気分になり、
お喋りや笑い声が多くなる。先生までも、「イヤー、気分よくなってしまった。」という始末。
リラックスしていいのだが、主婦達は、「これから夕飯の支度するの、やる気ないわー。」
ということに。


さて、NYは10-15年前からますます寿司、日本酒ブームとなり、
ここ5、6年前からはラーメンブームで、ザッと私が知るNY&NJのラーメン屋だけでも、
めんちゃんこ亭(2店舗)・麺喰い亭(2店舗)・来々軒・ばってん・せたが屋(3店舗)・
山頭火ラーメン、なるとラーメン、一風堂・味千らーめん・みんか・かんび・佐分利・
サッポロとあり、他にも、伊勢や福松、東京レストラン、Go、つくしなどの日本食
レストランの中でも美味しいラーメンのメニューがありまっせ。

そして、最近オープンした、熊本ラーメンの寺川ラーメン屋に早速行ってみた。


b0173754_130868.jpg


お味はまあまあかな。結構、お醤油以外はこってり系。
NYではとんこつ味のラーメン屋がなぜか多いんですねー。
マイ・ベスト3は、麺喰い亭(Mid Town)とつくしのラーメン、せたが屋ですね。043.gif

ランチで、ラーメン&餃子セットで、$12くらい。日本と比較してどうでしょうか?

と、今日は食い気一色でしたね。
011.gif

b0173754_1313231.jpg


12日の午後から晴れて、蒸し暑くなる。
明日は、日本から来ているゲスト6名のアテンドなのだ。ガッツ!
066.gif
[PR]
by yukistar88 | 2009-06-13 13:12 | グルメ | Comments(4)

病気にならない生き方講演会(6/9)

この夜は、35万例以上診てきた胃腸内視鏡の世界的権威 新谷弘実先生の講演会に出席した。

新谷先生とは、37年前に大腸内視鏡という技術を考案し、世界で初めて大腸内視鏡に
よるポリープ切除を成功させたドクター。


b0173754_1163075.jpg


大勢の人の胃相、腸相を長年見てきて、それらは食生活が大きく影響していることを知り、
その腸相の良し悪しが健康状態のバロメーターになるという。


b0173754_117946.jpg


講演では、パワーポイント使用しながら、見本なる良い腸相から、
悪い腸相である胃潰性大腸炎、クローン病、ポリープ、さなだ虫、大腸癌や結腸癌など、
またポリープ切除のシーンなども見せながら、食生活の大切さを指導してくれた。

新谷先生はとにかく乳製品はやめなさいと。ホルモンが大量に混入され、人間の男性の
生殖機能にも大きく影響し、不妊やアトピー、アレルギーなどの原因になっていると。
また、牛乳の酸化により、老化も早まるそうだ。


b0173754_117407.jpg


b0173754_118625.jpg


ドクター新谷に関して:

「病気にならない生き方」、「腸相は語る」、「ニューヨーク式腸の掃除法 コーヒー腸洗浄のすすめ」
など、新谷先生の出版物もあります。


腸内の憩室に関して、右側にできる場合は、穀物や精製麺からできることが多く、
左側の場合は、肉・乳製品などからできるケースが多いという。


b0173754_1183446.jpg


055.gif ドクター新谷が薦める健康によい食生活と健康管理リスト。

*自分が生まれた土壌で栽培されたものを自然のまま食ベること(身土不二)。
* 穀物(玄米、十五穀米など)・豆類を5、野菜・果物を2、肉類・魚介類 を1の比率で摂取すること。
*動物性たんぱく質は、なるベく魚介類から摂ること。小魚、キノコ類、ごま、ナッツ類、根菜もよし。
*良く噛んで食べる。(1口30-70回)
*夕食は就寝前4~5時間前にすませ、規則正しい時間帯に食事を摂る。
*大食をしなく「腹八分」の食事量を守る。なるベく間食を避ける。
*味噌、納豆などの発酵食品を摂ること。
*精製されたものはとらない。糖分の摂取量を増やさない.
*食品添加物が多い加工食品やインスタント食品を避ける。
*果実は、食前か食間に食べるように。
*アルカリイオン水を食後1-2時間後に1-2杯。1時間おきに飲むとよい。
*チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品はとらないこと。ベーコン、ソーセージも避ける。
*最近の野菜は農薬の影響で栄養価が低いので、サプリメントで補うこと。
*鼻呼吸をすること。
*胃酸過多を抑える薬やサプリメントは避けること。
*酒、タバコも控えること。


避けるべく食品目:油、インスタントラーメン、マーガリン、生クリーム、ケーキ、
ポテトチップス、サラダ・ドレッシング、植物油、マヨネーズ


全部守るのは無理と思うが、まあ過度にならない程度にバランス良くを目標に。029.gif

b0173754_119444.jpg


これが健康を保つ7つのキーワード!

b0173754_1191917.jpg


講演会が終わり、バスターミナルまで歩く。
途中、Times Sq.を抜けると、なんと賑やかな。

最近、この界隈は、時間帯により歩行者天国になったようだ。
夏は観光客も多く、BroadwayのMusicalも今年始めは不況だったが、
今や復活にて大繁盛のようだ。


b0173754_11122220.jpg


b0173754_1113868.jpg


でかデラックス・ストレッチリムジン発見!

b0173754_11132981.jpg


腸相の確認は内視鏡で、自己管理として、毎日の便の様子をチェックしてみましょう。
快食快便でね!006.gif
[PR]
by yukistar88 | 2009-06-11 11:36 | 健康 | Comments(8)

教会でのコンサートと散歩(6/6,7)

6月第一週の週末は、最高のお天気でした!058.gif

6/6(土)、友人達が出演するコーラスのコンサート鑑賞へ。

午後2時過ぎから、約2時間、NYの日系コーラス7組によるコンサートが、82St.のWest Sideにある教会で行われた。ゴスペルや男女混声合唱など、女性が圧倒的に多かったが、各グループの特徴も生かされ、歌声に癒されてきた。


b0173754_954154.jpg


このHoly Trinity Roman Catholic Churchに、初めて入ってみたが、とても素敵な教会で、オーヴも沢山写っていた。

b0173754_9542284.jpg


グリーンのオーヴ(強さ・勢力の意味)や珍しい連結型オーヴなどユニークな姿も楽しませてくれる。

b0173754_1011117.jpg


b0173754_14223439.jpg


b0173754_9562516.jpg


ゴスペル”ココロ”は熱唱にて、心に響く歌声で魂にジーン。

b0173754_139047.jpg


パイプオルガンと教会後部のステンドグラス

b0173754_1015892.jpg


コンサートが終わり、日本から来ている友人とColumbus Ave.の住宅街を歩く。

b0173754_1061780.jpg


85St.辺りで、早めの夕食にと、イタリアン・レストランに入る。
ここのスパゲティ・ミートボールは、なかなか美味かった!「ヴォノー」 Nonna


b0173754_107347.jpg


6/7(日)058.gif
日中はゴロゴロと過ごし、友人がうちに泊まったので、夕方、近所を散歩する。


b0173754_1094967.jpg


昨年秋、ここの緑は全て伐採されてしまったが、今、再び雑草が生えてきていた。
よかったー。貴重な緑は大事!


b0173754_10101880.jpg


うわ~、虹!ここで虹を見たのは初めてのこと。ラッキーかも。

b0173754_10105346.jpg


ちょっと不思議な雲の谷間・・・

b0173754_10122143.jpg


今夜は満月なり。家のクリスタルを月光浴で浄化しましょう!

b0173754_1081581.jpg


b0173754_10235938.jpg


ダイアモンド・ライト・エネルギーは、6/7の満月に増大します。満月は火のエネルギーのいて座、太陽は風のエネルギーのふたご座にあり、それは私達の人生と惑星に変化と変容を提供する爆発するようなエネルギーを与えます。このエネルギーは、1年の中間から夏至の6/21まで増大し続けます。この時期に、目覚めのエネルギーは、惑星の人々の人生を活性化し、今までよりも更に多くの魂たちがコズミック・ビーイングとして、自分を目覚めさせます。 6月に私達の惑星で目覚めのエネルギーが増大することを期待します。

また、必要のないものを全て手放し、変容のワークの中に火のパワーを迎え入れるのに、とても良い時となります。スピリットのエネルギーである火のエネルギーを、あなた自身のハートとソウルに受け入れ、取り入れるのに、とてもパワフルな時期となります。火のエネルギーがダイアモンド・ハートを通して動く時、それは、多くの魂とシェアすることができるとても美しい光の虹を創ります。あなたのハートがダイアモンド・プリズムとなり、あなたの魂の虹色の輝きが、この時期に他の人々を照らしだすことを受け入れてください。虹の受け取り手となり、ハートをオープンにして、1なるものとしてあなたの存在の中に、ほかの人のレインボウ・ライトを受け取ってください。

今日、虹を見て、早速受け取ったようですね。
001.gif

072.gif天使の歌声に癒されます!Liveraの「彼方の光」、←ここをクリックしてね!
[PR]
by yukistar88 | 2009-06-08 10:44 | スピリチュァル | Comments(6)

フランスの白ワインからフランス旅行の思い出(6/5)

シトシトッピッチャン、今日はあいにくの雨、しかも冷たい雨。057.gif

今日は久しぶりの外出?でもないが、ワイン講座③があるので、マンハッタンへ。

b0173754_10451526.jpg


3回目のワイン講座のテーマは、「フランスの白ワイン」でした。ヨーロッパ産ワインのラベルを読むのは難しいらしい。

CA州ワインのラべルには、葡萄品種が表記されているが、ヨーロッパ産ワインは、地名だけが表示されているので、まず地名を覚えないことにゃ、理解できないてことで、土地の味を覚えることで判断することになる。ひょえ~。

ということで、まずはフランスの地図を広げ、地理のお勉強からスタート。
地理は得意だが、地名を覚えるのは不得意。漢字なら頭にスンナリ入るのに、カタカナや
ローマ字になるとスンナリ入らない。これは小学生の頃から変わらず・・・。

Parisを中心に、時計回りに、059.gif
Chanmagne, Alsace, Bourgogne, Cotes du Rhone, Bordeaux, Loire地方を記憶する。

ボトルのラベル表示は、地方名ならまだしも、「地区」→「村」→「畑名」→「人名」まで表記されているものもあるということで、そこまで覚えられなーいし、覚える気力もない・・・と早くも脱落?というか拘りすぎでは。そこまでワイン通になる意欲もなく・・・ならワイン講座受講の意味がない?

日本の地方での物産展にて、野菜や大豆や米など手掛けた人名が表記されているが、
似たようなもの?なにしろ人名を覚えるのも苦手で、それがフランス語になったら、余計
無理なわけパルドン。

本日、試飲したワインは、Chardommay3種、Sauvignon Blanc, Riesling、+ Chateau
Lafaurie-Peyraguey(デザートワイン)の6種で、ほろ酔い気分に、ウイッ!
012.gif

b0173754_10435183.jpg


今日のアペは、刺身とロール寿司で、一番豪華なり。

b0173754_123884.jpg


「生臭さを消すのは、やはり日本酒なんですけどね。」と先生曰く。酒ソムリエの資格もあるので、幅広く比較できるのがI先生の特権。そして、「日本人はやはり米で育っているので、本当のところDNA的にもワインは合わないんですよ。」とも。確かに・・・やっぱ和食には
日本酒かね。

アメリカでは、1990年代から急激な日本酒ブームになっているしね。
では次回は、全く無知である「日本酒講座」を受講してみようかな・・・。


ということで、フランスの地理に触れたことで、2001年4月のフランス女3人旅の思い出に
浸るとしよう。あ~、あの頃は若かった・・・・
015.gif

b0173754_10593294.jpg


初パリは、ビギナー向けのエッフェル塔からスタート!ボンジュール。

b0173754_1221066.jpg


宝塚歌劇団でしか馴染みがなかったベルサイユ宮殿、鏡の間にキョロキョロ、あまりに広大な庭園に圧倒され・・・。


b0173754_114640.jpg


b0173754_1143214.jpg


1997年8/31に起きた元ダイアナ妃の交通事故現場であるパリ市内のアルマ橋トンネル、たまたまそこを通ることになり、その瞬間にお祈りする。ダイアナ妃が、事故の1ヶ月後に夢に出てきて、悲しそうな表情で現れ、一応英語で会話する。その時は、もうパパラッチから追っかけられることなく、ホッとしているのだとか。その1年後には、女のベービーを連れて再び夢に現れた。その時は、幸せに満ちた表情だったので安心した。と同時に、ベービー
同伴の意味から、彼女が真実を伝えに来てくれたことに納得した。ご報告ありがとう!


b0173754_10585822.jpg


パリから列車で9時間かけニースへ、そしてコートダジュール沿岸のエゾへ。

b0173754_1154974.jpg


b0173754_1163755.jpg


エゾでは、初めて海に発生する竜巻を目撃した。バラとのコンビがナイス!

b0173754_1161573.jpg


エゾからモナコまで、人生初のヒッチハイクをする。女3人なら愛嬌より度胸でね。メルシー
049.gif

モナコはちょっと期待外れで、というのもビルの老朽化が進み、なんとなく熱海に見えてきたのでした。

b0173754_1194949.jpg


おフランス・ワインをマスターして、再びフランスの地へグルメーツアーもいいかも!
[PR]
by yukistar88 | 2009-06-06 11:47 | 世界の旅 | Comments(8)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧