<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

③.メキシコ、海の仲間たちと民族舞踊&太陽フレア

*2/13、「聖なるセノーテへシュノーケリング」のつづきより:(地球探検、海編)

セノーテのシュノーケリングとランチの後、次なるスポット、AkumalのYal-ku Lagoonを潜る。
b0173754_125761.jpg

入り江から湾へと約90分休まず泳ぐアドバンス・レベルなので、ちょっと緊張!
b0173754_12471157.jpg

ガイドのGustavoさんが先頭となり、メンバーはついていく。
b0173754_1265921.jpg

        深さ1-2mの海中の様子。
b0173754_12464968.jpg

Sergeant Majorという熱帯魚の微笑みでお出迎え!妙にフレンドリー。
b0173754_1243496.jpg

      そのわけは・・・餌オネダリ?!口パクパク・・・全く警戒せず、接近してくるし。
b0173754_12451262.jpg

     この魚の群れを見られただけでも満足!043.gif
b0173754_1241228.jpg

   深さ3m-~、沖へ向うごとに徐々に深くなっていく。途中リタイアする人も出てきた。
私も少し前までは深い海域は怖かったが、ベリーズのブルーホールを潜ってから大丈夫に。
b0173754_1242375.jpg

    時にサメも登場するらしい。005.gif風がやや強く、リーフの波は高め。
b0173754_12415475.jpg

         海に漂う海草たち
b0173754_1242455.jpg

      小さめだが、ブルー・コーラル、発見!
b0173754_12564861.jpg

    そして念願のスティング・レイ、海底に静かに佇んでいた。
b0173754_12574736.jpg

ガイドが見つけた念願の亀さん!043.gif追わないようにと・・・。この海域には2種類いるそう。
b0173754_1258284.jpg

潜るに際し、珊瑚を傷つけないようなど自然保護に対する規制は厳しかった。
地球環境維持の一環としても、こうしたガイドによる個々へのアドバイスも重要。
この自然の生態系が崩れることなく、ここから地球の海全体へ祈ります。072.gif

*ベリーズのブルーホールの日記:ここから

そういえば1匹の野良猫と遭遇したら、ツアー参加者は皆、その猫に注目していた。
なんと皆、猫好きで飼ったことがあるとか飼っているという話題で盛り上がった。
そんな共通点があるとは。その猫ちゃんはシャイで出てこなかったけれど、見てる。
b0173754_1347496.jpg

約5時間に渡り、メキシコの水に触れるツアーに参加できてよかった。
ガイドのGustavoさんにはお世話になり、参加メンバーたちも皆、気さくな方たちで楽しかった。
b0173754_13452079.jpg

Akumalの住宅街。建物の色はカラフルなメキシコ・カラー。
b0173754_13443395.jpg

b0173754_13444812.jpg

b0173754_1345518.jpg

         日差しが落ちてきた頃に。
b0173754_13491615.jpg

         ドームの中央に月を入れてみる。
b0173754_13502029.jpg

     ディナーのテーブルに、Mexican Music演奏060.gif陽気な曲が流れる!
b0173754_13521993.jpg

     食後、シアターを覗いてみると幻想的な世界が見えた。
b0173754_1354232.jpg

今夜の演目は、メキシコ民族舞踊。先住民なるコスチュームは煌びやかで派手。



    こちらは、美しく艶やかな舞い。


                           
       マヤ文明の遺跡”Tulum”ツアーへつづく029.gif


   *********072.gif**********072.gif**********072.gif************

2/18の満月より眠気を訴える人が多くなっている。そういう私も寝ても寝てもいくらでも眠れる。014.gif

b0173754_14304581.jpg

*2/20の夕方、かおりさんと共に見ていた本当の飛行機雲?!
この3分前に雲を撮影しようとしたら、カメラの調子がおかして撮影できなかった。
なんとなく撮影のタイミングを遅らされたよう.
なぜなら3分前は単なる十字雲だったのが、カメラが直った時には、この形に。
後にも先にもカメラは壊れていないので、そーいうことかも。044.gif
b0173754_1472426.jpg

そしてこの夜、一晩中雪が降り、翌日21日のPresident's Dayは一面雪化粧。

b0173754_14124875.jpg

b0173754_15261153.jpg

友人宅へ立ち寄り、高台からのヴュー、左前方はマンハッタン全景。
b0173754_14113692.jpg

22日はニュージーランドのライストチャーチ市で、震度7の大地震が発生し、
いまだ行方不明者もいるということで、一日も早い救済と復旧を願います。

2/22とぞろ目の日でしたが、この日撮影されたオーロラの写真。南極海(代表撮影)
これは停船中の観測船「しらせ」から観測されたもの。(22日1:30am/日本時間同日7:30am)

b0173754_14212261.jpg

そういえば2/14、4年ぶりに最大規模の太陽フレア(太陽フレアは磁場の不安定化により発生)が
発生したとの報告があり、同時に噴き出す大量の荷電粒子が16日夜(日本の17日昼頃)に
地球の大気圏と衝突し、通常より低緯度の地方でもオーロラが夜空を舞う可能性があるとのこと。
コロナからは大量の物質が宇宙空間に放出され、船外活動中の宇宙飛行士に深刻な放射線被曝を
もたらす危険があるようで、地球磁気圏に衝突すると、通信衛星や送電網が多くのダメージを受ける
そうだが、今回地球へ向かう太陽風には特に危険性はないと予想されたようだ。とりあえず安心!
眠たいのは、このせいなのかな~?
009.gif
[PR]
by yukistar88 | 2011-02-24 14:48 | 世界の旅 | Comments(8)

②.メキシコ-マヤ文明の聖なる泉セノーテ編&マシューくんメッセージ

056.gif2/12の大雨により、予定していたコズメル島シュノーケリング・ツアーは中止となったことで、
このツアーへの参加は不可能となり、別のシュノーケリング・ツアーへ変更することに。
変更したツアーは、”3-Snorkeling Sites"というセノーテ・Cave ・オーシャンを巡るもので、
こちらも興味あったので、もっとマヤ文明に触れるべきというHSからのメッセージなのかも。


b0173754_7554596.jpg


*2/13
お天気も回復し、気温は25℃と少し低めだが晴れたので、ひとまずホッ。

b0173754_6555963.jpg

Mr.はそのツアーには興味がないということで、私一人で申し込み、8時ホテル出発!
ミシガンからのカップルとシカゴから女性2名、そしてスウェーデンからの年配カップルと
私の7名の参加者でした。ガイドは現地のGustavoさん。まずは聖なるセノーテへ。
b0173754_7242473.jpg

セノーテ(Cenote)とは、石灰岩台地の陥没穴に地下水が溜まった天然の井戸・泉の
ことで、ユカタン半島の北部低地では、川も湖もないため主要な水源としていた。
語源はユカテコ・マヤ語の「ゾノト」(dzonot)から転化したと考えられている。
b0173754_724612.jpg

竪穴洞窟は、マヤ族達が生活用水を取り出し、生贄の儀式にも使用したとされている。
ユカタン半島の多くのセノーテは、第一に真水の供給源であったが、チチェン・イッツァや
バランカンチェー洞窟のセノーテのように巡礼の地、供物を捧げる場として機能したものも
あり、崇拝の対象となった多くのセノーテは、マヤの雨神チャクに捧げられていた。
そういう場所では、人骨や生贄の儀式に使用したと見られる装飾品などが発見される。
        ちなみに、そういうセノーテには潜りません。046.gif     (3/2006撮影)
b0173754_7253229.jpg


私たちが訪れたセノーテは、200年前までマヤ人が住居としていた集落にあり、今は
プライベートな敷地として管理している者との同行でしか立ち入ることができないスポット。
ガイドが専用の鍵でゲートを開け、ジャングルを暫く奥へと進むとその村は見えてきた。
       マヤ族が実際住んでいた家。
b0173754_7484484.jpg

     いよいよセノーテへ潜ります!ボコボコ
b0173754_747413.jpg

         ひんやりした淡水
b0173754_7505553.jpg

       透明度もよく、水中は別世界!
b0173754_7502314.jpg

         お魚もちらほら見かけました。
b0173754_7514843.jpg

b0173754_752268.jpg

ほんのり硫黄の匂いがするのは、水底に見える石灰からでしょう。
b0173754_7535637.jpg

所々底から泡が浮かんできます。温泉でなく冷泉?!だとしたら美肌効果も?!
b0173754_7543144.jpg

水上では、ロープからジャンプして飛び込んだりもできます。
b0173754_7571034.jpg

    ここでは、ハンモックで休憩もできますよ。
b0173754_7575038.jpg

次は洞窟のセノーテへ。同じ敷地内にあるので、車でちょっと移動します。
きちんとロッカーもあり、貴重品など置けるようになっているので便利。ツアーご一行。
b0173754_7585438.jpg

ガイドも説明していたが、セノーテでも洞窟も海でも、絶対にサンスクリーンを肌に
塗って潜らないでとのこと。自然保護の為、自然への敬意ですね。
b0173754_823686.jpg

ユカタン半島のセノーテは、チクシュルーブ・クレーターを埋めた石灰岩の層の中に
形成されたもので、泉の下層には大規模な鍾乳洞が水没している。
b0173754_84199.jpg

水面下では決して形成されることのない鍾乳洞が見られるのは、氷期の海水準低下時に
形成された長大な地下川型洞窟系が後氷期の海面上昇に伴い、内陸部では地下水位が
上昇することによって洞窟系全体が水没したといわれる。
b0173754_841964.jpg

このような洞窟の天井の一部が崩落して陥没ドリーネが生じた結果セノーテができたそうだ。
この水脈は一部カリブ海にも繋がっていて、雨水はすべてこの地下水脈に流れ込んでいくそう。
世界最長の水中横穴鍾乳洞の水脈総延長は、約153kmに及ぶらしい。
b0173754_8265026.jpg

      では皆で一緒にCaveの中を潜りましょう。
b0173754_845567.jpg

洞窟の奥へと進んでいく程暗くなっていくが、ライトが数ヶ所に点灯されているのでなんとか。
b0173754_843256.jpg

水の中はこんな感じで、オーヴらしい光も写ります。ちょっと怖い・・・009.gif
b0173754_828284.jpg

一番最後になってしまい、一人洞窟の奥に取り残されたらゾクゾクして怖かった。

Caveでのシュノーケリングが終わるとランチ・タイム。063.gif
ツアーのメンバーであるスウェーデン人のご夫婦と一緒のテーブルで食べます。
奥さんはバリバリのダイバーで、今回のメキシコは24日間の滞在だそう。
ご主人はこの写真では怖い顔に見えるが、とっても優しい方で、同じ機種の水中カメラを
持っていたので、親しみを感じました。スウェーデンといえば”IKEA”が有名ですね。
b0173754_8371157.jpg

          ハイビスカスも華やか!
b0173754_838832.jpg


056.gifマヤ文明では貴重な水源であった聖なる泉セノーテ、
                ここのお水に”愛と感謝”の祈りを捧げました!


            次はオーシャン・シュノーケリング編へ、つづく



********** 072.gifマシューくんからのメッセー072.gifジ**********

火曜日, 2月 08, 2011 マシュー君のメッセージ(41)
チュニジアを発火点に、エジプトに飛び火した一般市民の民主化運動のうねりは、
更にバーレーン、リビヤ、イエメン、イランといった北アフリカと中東 全域を驚くような規模の
エネルギーとなって渦巻いているようです。まさにマシュー君の指摘している世界的な
大変動の顕著な現れのひとつですね。アルジャ ジーラは”魔法のランプからジーニーが
出たんだ”と言っていましたが、この流れはもう押し留めることはできないでしょう。
世界の大国と自称している共産 党独裁国の中国は、これらの一切の報道を禁じ、
インターネットも制限しているようですが、いずれ市民が立ち上がり内部崩壊が起きて
来るのでしょう。そ れに引き換えぬるま湯に浸かったような日本はどうなるのでしょう?



「唯一 成長する道は自分自身にこう問いかけることです。「間違っていると思っていた
ことが全て本当は正しかったらどうなるのだろう?」偉大な科学者はみなこれを
知っています。求めている研究が行き詰まると、科学者は仮説をすべて捨てて始め
からやり直すのです。あらゆる偉大な発見は、間違っていることを受け入れる心と
能力から生まれています。」
               ニール・ドナルド・ウォルシュ「神との対話①」より


2011年2月13日

エジプト・チュニジア、ライトワーカー、光を生きる、経済システム・つぎの改革、
他の分野の変化、テレパシー交信とガイダンス、識別力とガイダンス、自由意志、ソウルメイト

1. この宇宙ステーション(領域)にいるすべての魂たちから心からのご挨拶をします。
マシューです。チュニジアの市民たちと同様に、勝利を収めたエジプ トの人々を僕たちは
とてもうれしく思います。そして、自由を求める声が連帯して平和的にわき上がるすべて
の国の人々にも同じように思うでしょう。過去数週 間の出来事は、光が集合意識に浸透
していることの明白な証拠です。それを、あなたたちの世界は、目的をもって1つに
まとまった人々のパワーとして目の当 たりにしているのです。地球の可能性のエネルギー
場では、この活気づいたエネルギーの止めようのない勢いは、あなたたちの世界が
あらゆる形の抑圧と迫害と 貧困から自由になる日の到来を速めています。

2. これから先、宇宙のあらゆるものが加速しつづける中で、重大な出来事が次から
次と、あ るいはそれどころか同時に起きて来るので、頭がクラクラしてくるほどでしょう。
イルミナティはボロボロになって残っている自分たちの支配が終わりになるのを見て、
これから現れて来る真理はとんでもないものだと人々を説得しようとするでしょう。
そして何も知らない同調者たちは、自分たちの固い信念をひっくり 返されまいと
抵抗するでしょう。例えば地球の文明社会の起源です。頑強な進化論支持者たちと、
それと等しく聞く耳をもたない天地創造説論者たちが、両方と も部分的に正しく部分的に
間違っているという真理をどう困難なく受け入れるでしょう?宗教の本当の目的とキリスト教
の根幹になっている虚偽についての真理 が明らかにされるとき、それは敬虔な信者たちに
とってさらにどれだけ困難なことになるのでしょう?

3. それらの驚くべき真理が明らかに されると同時に、さまざまな大きな変化がもたら
されると、それは多くの人々には衝撃的なことになるでしょう。この混乱と不安はすべて
地球が第三密度から抜 け出る前触れであることを知っているあなたたち、ライトワーカー
(光の使者)たちは、これからの数ヶ月の困難を乗り越え、困っている人たちを助けるための
理想的な心構えができています。

4.ライトワーカーについてちょっと話しましょう。何百万の人々がそれぞれに平和と自由の
ための国際的 な瞑想と祈りの集会とデモに参加しています。たくさんの個人と団体は
地域支援プログラムに関わり、ほかの人たちは海外の人々の支援活動やそのような
活動を している団体を金銭的にサポートしています。いま世界中のたくさんの人々が、
自分たちの地域や国や世界をより良くしようとはたらいています。

5. そして、それらの何百万のうち比較的わずかな数の人間たちが自分たちをライト
ワーカーだと思っています。彼らは自分たちのこころに従っているのですが、 精神の団結、
補助と分かち合いで助けて行こうという思いやりの団結・・光の神性なる活動の団結です。
よって創造された輝く光が、あなたたちの世界全体の波動を高め、地球のアセンションの
旅の勢いを増していることには気づいていません。でも、それらのライトワーカーたち・・
実際は、世界人口の大半なので すが・・はアセンションとか黄金時代についてはまったく
何も知りません。彼らは状況をよくしようと一生懸命にはたらいていますが、あまりにも
欠乏していることの多さに圧倒されそうで、それらの親愛なる魂たちの多くが、
「なんという世界を、私たちの子どもたちとそのまた子どもたちが引き継ぐのだろう?」と
絶望しているのです。

6.あなたたちは自分たちがライトワーカーだと知っているのですから、自分たちが光を
作っていることに気づいてい ない大勢の人たちから刺激をもらって、あなたたちの周りの
気づいている仲間たちを越えて援助の手を差し伸べることができるでしょう。まだ何も
知らされてい ない人たちの絶望感によるネガティビティ(破壊的エネルギー)を、単に
あなたたちが光に生きることによって無くすことができます。僕たちは説教したり布教
活動することを言っているのではありません。あなたたちが輝くような精神で生きることで、
あなたたちの歓びと自信のエネルギーがあなたの周りの全ての人たちを動かすことを
言っているのです。あなたたちの光を最高の輝きで照らしてください・・それが最も意味の
ある充実した人生のミッション (目的)です。

7.あなたたちの知っていることを隠すべきだとは思わないでください。あなたたちも知って
いるように、家族や友人、隣人、同僚たちは彼らの考えや信条に合わない者は何でも
受け入れようとはしないものです・・彼らにはまた別の”光を見る”機会があることを知って、
それを尊重してください。でも魂の探求者たちにとっては、直感と信念を分かち合える仲間を
もつことは非常に心強いことですから、頭が柔らか い人たちが話をしてもいいと言ったら、
その人たちが気持ちを害さなく聴ける範囲でできるだけのことをしてください。彼らがいくらか
でも疑念を抱いているよ うに見えても、あなたたちはやがて成長して満開に花咲くかもしれ
ない種を植えたのです。地球の光は、あなたたちの誰もが意識レベルでは思い出せない程
強 くなっているので、こころが広く開いているように、人々の意識も先入観をなくしつつあるのです。

8. 国民の暮らしをより良くするための改革に既に着手しているところも含めて、今、様々な
変化が多くの政府にあきらかに現れて来ています。ですから次の段階は国内と国際的な
経済システムにあきらかな変化が起きて来るでしょう。その新しいシステムと十分な専門知識と
誠実さを備えた管理責任者たち全員は準備が万端に整っていますが、古い体 から新しい
ものへの転換は急速にはいきません。
イルミナティの金融システムを完全に取り除かなければ、貴金属本位性の金融システム
への移行が思うようにスムースにいきません。金融機関による”平常業務”を防止する規制を
講じなければいけないと同時に、国家貨幣価値の均等化も進める必要があります。

9. 各政府を支配して来た多国籍企業には法的な規制を課し、そのロビー活動を終わらせ、
税の抜け穴を塞がなければいけません。不正な方法で被った国家の負債は・・
外国資本による資源の買収と外国援助金が国のインフラ整備ではなくエリート層に
行っていることです・・スピリチュアル(霊的)と精神的に高潔な男性 と女性たちが
政権の座につけば無効にされるでしょう。そして、資金の投入とそれ以外の支援に
よって最低生活基準の状況がなくなるでしょう。個人とビジネス の公正な課税制度を
設けなくてはいけませんが、同時に難民を自国に戻し、ホームレスに住居を提供し、
差し押さえになっている資産状況を改善させなければな りません。

10. 雇用機会の創設と助成金によって、求職者たちが専門分野の職に復帰し、
あるいはほかの職業への訓練を受けられるように しなければなりません。また
商品やサービス、技能そのほかの能力への報酬は均等にしなければなりません。
全ての子どもたちと大人たちに通学の自由が認められ、教育は普遍的な真理が
反映され、高校卒業後の教育コストは一般の手の届く範囲にされ、そしてあらゆる
分野の芸術教育が意欲ある生徒たちに開かれなけ ればなりません。

11. 農業は自然と調和するものでなければなりません。食用動物は人道的に
扱わなければならず、地球のすべての魂たち に豊富な滋養ある食物がなければ
なりません。自由エネルギーの利用が実践され、化石燃料の使用は終わらせな
ければなりません。適正な医療がすべての人々の 権利にならなければなりません。
司法と刑罰制度を改正し、不正を改め、すべての奴隷取引を終わらせ、所有物と
みなされている社会的地位の低い女性たちを尊 重しなければなりません。メディア
コントロールを終わらせ、同様に麻薬とポルノ産業とあらゆる種類の汚染そして
環境破壊を止めなければなりません。

略・・・・「http://moritagen.blogspot.com/」へ

13.別のとても重要な分野は、地球がテレパシー交信の開通を可能にする
エネルギー領域に入っていることです。だれでもこの魂と魂との交流能力を生まれ
ながらに持っています・・それは魂の一成分と言えます。地 球により高い波動が
行き渡るにつれ、そのような交信が以前よりも早いスピードで開かれています。
でも、もしまだだからといってがっかりしないでください。 その時期が来れば必ず
そうなりますから。でも、例えばニルヴァーナにいる愛する人とどうしても交信したい
という切迫感があると、それがエネルギーバリアー(障壁)をつくり接続を遅らせて
しまうので注意してください。

14. 光の存在たち・・霊体であるあなたたちの愛する魂たちや高位の領域にいる
マスターたちやスピリチュアル(霊的)に進化している肉体をもった宇宙文明人たちです。
あなたたちと話そうとしているのではないことに 気をつけていることが大切です。
闇の存在たちも同様にあなたたちに近づいて嘘の情報を伝えようと待ち構えている
のです。そのような彼らを追い払うのには、キリストの光(創造主の愛の顕現)の
保護を求め、光の存在たちのみがあなたたちに近づけるのだと要求するのです。

15. 保護を求めるのとそれを受け取るのはいたって簡単ですが、それなりに責任を
もって行動しなければなりません。もし疲れていたり、病気やなにか悩み事を抱えて
いる場合は・・ストレスの多い状態がなんで あっても・・けっしてテレパシー交信を
しようとしないでください。あなたたちのエネルギーレベルが非常に低下して光の
存在たちの高い波動に届かないため、 そうすることは低位の存在たちにいつでも
来てくださいと言っているようなものだから。初心者は自分に自信を失いがちですが、
それもまた低い波動を生ん でしまいます。ですから、これは生まれながらにある
能力だということを思い出して自分に自信をつけさせてください。でも、うぬぼれて
しまうとかならず低い レベルの存在たちに近づいてしまいます。なぜなら、
傲慢さには光とは相容れないエネルギー付着があるからです。その一方で、
謙遜と感謝には光の波動があり ます。

16.テレパシー交信の相手から発せられる光はこころで共鳴することを知って、
それを導きとしてください。低い存在のエネルギー は光に対する抵抗や阻害因子
のようにはたらき、接続を止めるようにあなたたちに警告して来ます。なにを達成する
にしても同じように、 練習によって発信元の波動が高いのか低いのかを見極める力が
強化されると同時に、メッセージを明確に受信する能力も向上させます。

17. テレパシー交信の増加と相伴って起きているのは、あなたたちの爆発的な
”情報の時代”です。あなたたちは情報の氾濫の中にいます。何が真実で何が
違うか 見極めることは、正確な情報を得るためばかりではなく、識別力を養うことが
スピリチュアルな進化での前進になるために重要なのです。インターネットによって、
以前では比較的一握りの人たちにしか知られなかった確実な情報が、世界中に一瞬に
して配信されるようになりました。それはたくさんの事実を報道するに はベストな情報
発信源ですが、それと同時に地球の内外にいる闇の存在たちにも便利なものです。

18. 彼らの計略を推し進めるために、よく知られているスピリチュアルな情報に嘘を
ちりばめて、高位の光の存在からのメッセージだと称する資料が実際に政府や企業の
書類に書き込まれているかもし れません。ほかのケースでは、情報を受け取る人たちや
チャネラーたちが、自分をよく知られた尊敬されている光の存在だと主張する最低位の
エネルギーの存在 たちに接触していることに気づかない場合です。すると彼らは偽の
情報を伝え、それを受け取る側が流してしまいます。いくつかのメッセージは海と陸地に
大変動が起きて、あなたたちはETによって救出されなければならなくなり、そして地球に
戻ったときは地底生活を余儀なくされるといった話・・全くのナンセンスです。

略・・・・「http://moritagen.blogspot.com/」へ

20.こういったことはすべて僕たちやほかの光のソース(情報源)からのたくさんの
メッセージで語られていることを僕たちは重々承知しています。では、どうして僕たちは
それを繰り返して言うのでしょう?僕たちの月々のメッセージが届く頃にな ると、
僕の母はたくさんの人たちから連絡をもらいますが、その人たちは希望や楽観的な
気持ちをもつ根拠を与えてくれるメッセージを心待ちにしているので す。僕たちの
情報に信頼を置いてくれていることを僕たちは歓迎しますが、あなたたちの気持ちを
高め、将来の見通しをさらにポジティブ(前向き)にする目的 でそれを期待している
のでしたら、僕たちのメッセージは彼らの目的にはかなっていないことになります。
その目的はつねに地球がアセンションして第三密度か ら出て黄金時代へと向かう
この移行時期へのスピリチュアルな導きと啓示を提供することです。そこに僕たちの
宇宙ファミリーのメンバーとしてふさわしい場 所があなたたちにあるでしょう。
僕たちのメッセージが、あなたたち自身の能力の代わりになるようにと意図された
ことは決してありません。

略・・・・「http://moritagen.blogspot.com/」へ

30. 自分のソウルメイトを知ることはどれほど大切なのでしょうか?
ソウルメイトが分からないとアセンションできないのでしょうか?

ソウルメイトについて誤解があるので、僕たちの答えは何がそれで、何がそうでないか
という説明が主になります。ソウルメイトは、”おたがいにひとつ”で、そ の転生で
おたがいを見出すまでは”成就”できないというこの全宇宙にふたりだけの魂の
ことではありません。あらゆる魂は同じグループ、すなわち魂のクラス ター(集合体)と
一緒にたくさんの転生を共有します。そしてそれらの転生の中でそれぞれの魂は
たくさんの異なる役割を演じるのです・・男性、女性、異性愛 者、同性愛者、母親、
父親、パートナー、娘、息子、友人、敵、教師、生徒などです。それらの転生は
コンティナム(時空連続体)の中で起きています。そこで はそれぞれの魂の
パーソネージ(肉体を持って転生した魂)が非常に多くのほかのパーソネージたちと
同時にたがいに交流しています。魂レベルでは、すべての 魂たちが分けられない
つながりであることを知っているのです。

31. これらの人たちが地球で出会うと、魂レベルでおたがいが誰だか分か り、
そしてまた再び肉体を持った転生を親密に分かち合うことを選んだのだと知るのです。
意識レベルでふたりは魅力を感じますが、それはふたりにとって特に 意味あることに
なるのです。これはあらゆる関係にあるふたりの人間に当てはまり、それはかれらの
人生形成にあたって特に大きな影響を与えることになりま す。彼らがおたがいに
ロマンチックに魅了されるとき、自分たちをソウルメイトだと思うでしょう。
実際ふたりはそうなのですが、そのような親密なつながりを 感じられる唯一のふたつの
魂というわけではないのです・・彼らと同様に親密な関係があるのだけれど、
意識レベルでは思い出さない宇宙にいるほかのすべての 魂たちをそれでは除外して
しまうからです。あなたたちがスピリチュアルな進化をつづけるうちに、あらゆる魂たちは
無条件の愛でむすばれていることが分かる でしょう。それは、それがあるからソウルメイトが
見つかった思っている恋人同士が抱くロマンチックな愛より、はるかに崇高な感情なのです。

32. あなたたちの進化の旅は一瞬たりとも一人だけではないことを第一にいつも忘れ
ないようにしてください。この宇宙のあらゆる光の存在たちがあなたたちと一緒にいて、
あなたたちの想い描いている世界を創造する手伝いをしています。宇宙のコンティナム
(時空連続体)では、あなたたちがすでに創造している世界で す。
_____________________

愛と平和を/スザンヌ・ワード著

原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄

[PR]
by yukistar88 | 2011-02-20 09:08 | 世界の旅 | Comments(4)

①.メキシコ、マヤ文明に触れる旅(ククルカン編)&マザー・シップ雲(2/16)

056.gif2011年2/10-15、
年に一度の家族バケーションとして、メキシコのカンクンの南に位置するPlaya Mayaへ行ってきた。

メキシコは今回3度目の訪問となるが、NYからカンクンまで約3、4時間のフライトという
近さに加え、マヤ文明の遺跡、ジャングルや海でのエクスカーション、また食事も美味しく、
カリブ海の中でも人気のバケーション・スポットとなっている。


*2/10、
ホテルに到着した時の空は、ずっしり重たい感じもしたが、なんとなく神秘的にも。
b0173754_14244481.jpg

ホテル敷地内のあったピラミット-チェチェンイッツのミニチュアはよくできている。
チェチェンイッツは、ユカタン半島の内陸部にある世界遺産に登録されているマヤ文明の遺跡で、
カンクンから車で3時間の距離に位置する。
b0173754_1424552.jpg

このピラミッド、ククルカン神殿では毎年春分と秋分の日の2回、北階段の下の蛇の
頭像と9層のピラミッドのなす影が合体し、天下る巨大なククルカン(トルテカの神の
象徴である羽の生えた蛇)が現れることで有名。(3/2006撮影)
b0173754_15191330.jpg

9世紀初頭に完成したこの神殿は、高さ25m、底辺55m、階段数は91段で、四方にこの階段が
あるので全部で364段。それに頂上の一段を併せると365段、つまり一年を365日としたマヤ・
カレンダーと数字が一致する。

マヤ人は太陽エネルギーが最も集中すると信じられた春分、秋分の日の夕方に、
天から神である蛇がうねりながら降りて来る姿を影で現わすという巧妙な仕掛けを創造し、
マヤの天文学、建築技術の高さを象徴的に示す神殿となっている。
3/21には、世界中から人々が集まり、神が現れる瞬間を見守るようだ。

このピラミッド、ククルカン神殿へは1992年に初めて訪れた時に頂上まで昇ったが、
7,8年年前くらいに転落死事故があり、それ以来禁止になってしまったようだ。
確かに、足が竦む程の急斜で危険した。今では貴重な一枚に。(頂上から/1992年撮影)
b0173754_15194132.jpg


061.gif天から舞い降りる大蛇:ククルカン(マヤ動画) 必見!




チェックインの際、ラッキーなことにOcean View Frontのお部屋にアップグレードという、鼻からギフトが?!
b0173754_14201337.jpg

なんとなく宇宙船内を思わせる近代的な廊下を通って・・・
b0173754_14275374.jpg

Playa del carmen地区は、近年、観光向け再開発が進み、ラスベガス並のゴージャスな
ホテル群となっており、主に欧米諸国からのツーリストが訪れる。
ホテル内にジャングル?!天井にはミケランジェロの宗教絵画もどきになっていてイタリアン・チック。
b0173754_1433319.jpg


*2/11、
午前7時、バケーション時は早起きになるので、海を目前に朝一の瞑想からスタート!
朝日の光線は神聖で、新鮮な空気は瞑想に相応く、もちろんLight Bodyで!026.gif
b0173754_14393747.jpg

       そのままビーチを散歩して・・・鳥たちも活動開始だね。
b0173754_1440346.jpg

            岩もちょこちょこ出てきて・・・。
b0173754_14413596.jpg

             浅瀬でも小魚がいる、いる!
b0173754_14414585.jpg

朝食時の訪問者は大きな猫?!ではなく、ハナグマという動物です。ウェイターは”バンチョウ”といっていたが、スペイン語ね。テーブルから砂糖を盗んでいたけれど。
b0173754_1445214.jpg

       初日は、ホテルのビーチでゆっくり過ごします。
b0173754_1446164.jpg

                 エメラルドーグリーンのカリブ海。
b0173754_14462659.jpg

ランチはBuffetにて、必ず数種類のTacosも。味はアメリカ本土より断然うまし!
b0173754_14514528.jpg

日が暮れるまでビーチにいたところ、フッと思い立ち太陽を撮影すると神々しい光が出て。
b0173754_14473243.jpg

          高次元なる光のようにも・・・。
b0173754_14474441.jpg

            鮮やかな光に癒されます。
b0173754_1448173.jpg

日が暮れる午後5時-6時の間、鳥たちは森から塒(ねぐら)である島へ移動するよう。
いくつものグループとなり、次から次へと沖の方へ飛んでいく。039.gif
b0173754_14502870.jpg

10年前にはカリブ海の島々には日本食レストランなど全くなかったが、ここ数年で、
どの島でも見かけるようになってきた。それだけ寿司が注目され、人気となったようだ。
宿泊したホテルにも”Haiku"という日本食レストランがあったので入ってみる。
b0173754_22432698.jpg

いわゆる鉄板でお馴染みの「紅花」に似たメニュー。もちろん寿司もあるがアミーゴが握るよ!
b0173754_22434264.jpg

私らの右隣には(写真下)、カナダからの年配カップルが座り、ご主人はトロントにある日本食
レストランへもよく行くそうで、寿司も好きで特にサーモンが好物だと。
左隣の若いカップルはアメリカ中西部から来たようで、日本食初トライらしく、オーダーの仕方も
箸の使い方もわからず、私が食べるのを模範にとジーと見ていた。009.gif
b0173754_22435769.jpg

こうして世界に日本食が広まるのは喜ばしいことだが、寿司・刺身を食べる人口が増えることで、
漁獲量規制の問題が出てきているのも懸念される。

*2/12
この日は丸一日雨となり、また気温も低く波も高く危険ということで、申し込んでいた
コズメル島シュノーケリング・ツアーは中止となった。この時期に丸一日悪天候は珍しい。
Indoor Poolで泳いだり、Gymでエクササイズという日になった。
卓球する人もいたり、ゲストは皆、ホテルで過ごすしかない一日となってしまった。
b0173754_15473912.jpg

現地のメキシコ人もいっていたが、年々気候が変化してきていて、気温差も激しく、一日で
約20度の温度差もあるという。そんな気温差から、インフルエンザにかかる人も出てきて
いるらしく、また毛布の販売業者も出てきたりと、近年の気象異常も気になるところ。
b0173754_15553717.jpg

私は今回メキシコに入る前から、首の後部から左肩にかけバリバリに硬直してしまい、
ちょっと肉体的に辛い旅でしたが、そんな中でもマヤ文明に触れるツアーに出かけたので、
次回に紹介します。029.gif     つづく

**************************************************************

*2/16の空
正午過ぎに空を見たら、広大な雲にキラキラ太陽、”Mother Ship”という言葉が浮かんできて。
前の晩から今朝にかけ-5℃以下という寒さだったが、この雲の出現により気温が上昇し、
明日から18℃になるという予報。メキシコの温風がついてきたかな。
b0173754_1559194.jpg

b0173754_15595844.jpg

雲のテクスチャーも美しく・・・龍神にも見える。
b0173754_1603774.jpg

ほんの30分程で、この広大な雲は消えてしまった。
また、この日は“天使の囁きの日"と聞いていたが、その通りなるエンジェルの羽が現れた。072.gif
b0173754_1674771.jpg

b0173754_1673361.jpg

マザー・シップ雲に守られていたエンジェルは、やがて羽ばたいていったのでした。
b0173754_168611.jpg

            エンジェルくんの誕生!旅立ちの時!
b0173754_1682243.jpg

    053.gif 今日も素敵な空に感謝!そして今日も一日ありがとう!

[PR]
by yukistar88 | 2011-02-17 16:31 | 世界の旅 | Comments(2)

ほのぼのアート展&2012年アセンションへのメッセージ

*2/4
旧正月が明けた翌日、昔よく通っていた公園の近くを通ったので、
ちょっと寄り道してると、一面雪・・・広大な雪景色と化していました。
b0173754_1415192.jpg

公園の向いは、ホース・ライディング場となっていて、北海道を思わせる光景。
b0173754_14193456.jpg

            空には、オーロラのような雲が一面に広がって。

b0173754_14202440.jpg

公園を後にNJのHackensackまで行き、タイ料理レストランにて友人とランチ。
b0173754_1422449.jpg

いつも行くタイ料理店はお休みだったので、友人お薦めの別のタイレストランにしました。
            ここのトムヤンクンスープもいけます。
b0173754_14225515.jpg

           タイ・グリーンカレーとパドタイは定番ですね。

b0173754_1423168.jpg


*2/5
056.gifCRSのアート・ギャラリーにて、“微笑~ハリソンから” (日付が!025.gif
子田江美 陶芸・写真展のオープニング・レセプションが行われました。
b0173754_13435930.jpg

ちょっとだけお手伝いして、後は演奏会や歌などのプログラムを楽しみました。
b0173754_13444262.jpg


この日、集まった方々はエミさんの友人やヒーリング関係の仲間など約7-80名程でしょうか。
ほのぼのアットホームな雰囲気の中、とても和やかなひとときでした。(photo by Kenzo)
b0173754_1344182.jpg


エミさんの陶芸作品は独特で愛に溢れています。写真には自然のハーモニーが溶け込んで。026.gif
b0173754_13463614.jpg

     特にエンジェルたちの表情はユニークで、その微笑みは癒されます。
b0173754_13472615.jpg

          このエンジェル・ファミリーは 日本に向け飛び立ちました。
b0173754_13474392.jpg


まずはエミさんのインタビューからスタート!一枚目からいきなりオーヴ登場!HSかな?
CRSのオーナーであり、ACIM講師ヒーラーの香咲弥須子さんがインタビュアとなり、
エミさんの作品に対するコンセプトやヒーリングを通して感じてきたことなど質問していきます。
b0173754_1353314.jpg

エミさんのひたすら人に与える姿勢は見習うべくことであり、そんな人格から自然と
愛に満ちた作品が完成するのでしょう。作品はその人の個性と内面が投影されるもの。
b0173754_13535473.jpg


061.gifほんのちょっこし、インタビューの様子:


その後はエミさんのご主人子田っちさんとマクロビ料理講師でもある清美さんとのギター2重奏。060.gif
b0173754_1356886.jpg

”コンドルは飛んでいく”のメロディはなんともマッタリ、会場の皆を惹き付けてましたね。ありがとう!
b0173754_1356575.jpg

次は、マクロビ料理のクラスで一緒だったキミ子さんのソロ!060.gif
「おじいさんの古時計」と「涙そうそう」の2曲をウクレレを弾きながら歌ってくれて・・・。
キミちゃんのお父様は昭和に活躍した横綱力士で、お兄さんは有名なシンガーです。中央にWオーヴも!
b0173754_1433836.jpg


皆さんが持ち寄った手料理が並べられ、ヘルシーなデッシュなどバラエティーに富んでいます。
b0173754_149465.jpg

エミさんの陶芸を購入したゲストも大喜びで、ハイチーズ!

b0173754_14281710.jpg


055.gif清美さんの日記:ここからどうぞ!

2/8より再び厳冬のNY。気温-10℃となり凍りつく寒さです。
強風が吹き、ハドソン川にも荒波が立っていました。
b0173754_14533378.jpg

     マンハッタン西側から「自由の女神」が見えたのでズーム。043.gif
b0173754_1454786.jpg



 072.gifシャーマン・キーシャさんから、2012年アセンションへのメッセージ!072.gif

私たちは新しい人類へと進化していくのです。
愛の法則によって生きるものになっていくのです。
多くの人は、世界がどのように変わっていくのか理解していません。
そのために、世界が大きく崩壊していくのではないか・・・
という恐れを引き起こしているのです。

何らかの自然災害は起こるでしょう。
もし自然災害で生き残れなかったとしても、それはいつの世でも起こることなのです。

惑星地球は、とても硬い核を持っています。
その核は熱い溶岩で覆われています。
ボールの回りに油がぬられているような状態なのです。

地殻は溶岩の上、表層の部分です。
地球の極が変わるとき、この全部が動くわけではありません。
中心はしっかり固定され、地殻だけが動くことになります。

みんなが考えるような悲惨なことが起こるわけではありません。
母なる地球は伸びをして、最高の状態におさまっていくのです。

そして、確実にここが天国となっていくのです。
私たちも生きてその状態を見ることになるのです。
その変化はすでに始まっています。
極はすでに動き始めています。

そして、膨大なエネルギーの波が、地球に押し寄せてきています。
なぜならば、私にはエネルギーが見えるし、エネルギーが押し寄せて
きているのも見えるからです。

科学的にもどれだけのエネルギーが地球にやってきているのか、
測ることもできているのです。
去年は3倍ものエネルギーになっていたのをご存知ですか?
大量のエネルギーが惑星地球に押し寄せてきているのです。

このエネルギーは、私たちがちゃんとこのエネルギーを消化できるように、
無理のないようにやってきています。
人によっては、この新しいエネルギーがくることで、副作用のようなものを
感じているかもしれません。 私たちの身体は、この新しいエネルギーに
慣れていこうとがんばっているのです。

大きな変化が起こるとき、大量のエネルギーが惑星地球にやってくることになります。
少しずつそのエネルギーに慣れていくことをしなかったら、
人間の身体は持ちこたえられずに死んでしまうでしょう。
でも、その変化がすでに始まっているのは確実なのことです。

今、母なる地球も人間の身体も今までにないエネルギーの振動を体験しているのです。
この惑星のほとんどの人は、これおは昔から言われ続けてきたことだと考えています。
でも私たちは、今それが起こっているのだということに全く気づいていないのです。

世界は変わっているのです。
私たちの身体も変わっているのです。
私たちのDNA構造も実際変わっているのです。
私たちがこの変化を体験することになるのは確実なのです。
私たちは生きて、この変化を体験することになるのです。
それは確実に私たちの変えるかどうかにかかっているのです。

私たちが生き方を変えず、頭で生き、エゴで生きるのならば、
私たちはここにとどまることはできないでしょう。
なぜならば、それは母なる地球に悪影響を及ぼすからです。
母なる地球が進化していくことは、宇宙の法則なのです。
でも、その母と共に進化していくのか、いかないのか・・・
それは私たち一人ひとりによるのです。

私たちに求められているのは「愛」であることだけです。
それだけなのです。
そんなに簡単なことなんです。

そして、あなたの魂は常に正しい方向へと、いつもあなたを導いてくれるのです。




(一部抜粋して書いてみました。 )

私たちは今、夢のように素晴らしい時代に生きています。
今まで、この惑星地球がこんなに素晴らしい時を体験したことはありませんでした。
 
   略

変化はすでに始まっています。
わたしたちは、母なる地球と共に目覚めるチャンスを与えられているのです。
私たちが自分の在り方を変えていくのに実際あと2年しかありません。

   略

これまでに地球の極の変化を体験したことがあるのはマヤの人々だけだ
ということを知っていますか?
そして、そのマヤの人たちが初めてほんの数ヶ月前に口を開き始めたのです。

彼らは「恐れてはいけない」と言っています。
なぜなら、これが素晴らしいことになっていくからです。
私たち人類は大きく進化するチャンスを与えられているのです。
目覚めを体験しようとしているのです。

そしてあなたが目覚める時、すべてのことが明らかになっていくでしょう。
そしてあなたは、ハートから生きることになるのです。

私たちは今、脳の30%も使っていないことを知っていますか?
でももう少ししたら、その全部を使えるようになるでしょう。
私たちが恐れているのはなぜかというと、このことをわかっていないからです。

あなたが目覚めたとき、すべてのことは丸く収まることでしょう。
何も恐れることはありません。
マヤ族の長老アラハンドロは言っています。

私たちが見ることになる壁の崩壊があるとしたら、それは私たちを取り囲んでいる
刑務所の壁の崩壊だけだ・・・と言っています。
私たちは牢獄から出ることになるのだから喜んで楽しみにしていなければ
ならないと言っているのです。

あなたが、あなたのエネルギーと感情を注ぎこむことがあなたの現実になります。
これは、全人類に与えられた贈り物なのです。
あなたが感情を向けたものはそれがどんなものであれ、それがあなたの
現実となるのです。

これから数年内に多くのことが変化するでしょう。
私たちは、どんなことが起こるかわからないまま恐れにとどまることもできます。
そうなれば、あなたは恐れの世界に生きることになります。

でも、あなたがハートの世界に生きるのならば、これから起こることに
ワクワクしながら生きることになるのです。
そうすれば、あなたは喜びに生きることになるのです。
もう一度言います、恐れることは何もありません。

もし明日、全世界が素晴らしいものになるのだと分かっているとしたら、
あなたは恐いですか?
地球が天国になるのです。
私たちは天国に住むことができるのです。
すべて私たちの選択なのです。
あなたがハートにとどまり、愛そのものになって生きるのならば
あなたは目覚めて母なる地球と共に、いと高きところへ行くことになるのです。
これは過去に地球の極の変化を体験したマヤの人々によって伝えられたことです。

極の変化、その全工程は、ほんの数分で終わります。
あっという間の出来事です。
でも、その後、真っ暗闇の日は何日か続きます。
その間も、ハートを中心に過ごすことがとても大切です。
家族は一緒に集まり、愛をもって穏やかに過ごしてください。
必要以上に恐れてはいけません。
すべて無事に過ぎゆくことだからです。

そして、再び太陽が顔を出したとき、あなたは新しい地球を見ることでしょう。
そして、すべてのことが明らかになるでしょう。
私たちは目覚めてゆくのです。


b0173754_10352725.jpg

                                       (エジプト-シナイ山)

このメッセージの中でも触れていますが、マヤ文明といえばMexico。
2/10-15と寒いNYを脱出し、MexicoのPlaya Mayaへ行ってきます!
マヤ族の長老アラハンドロは何処にいるのでしょう。
029.gif
[PR]
by yukistar88 | 2011-02-09 15:07 | スピリチュァル | Comments(2)

③.ようこそ雪のハーレムへ

*1/29、
以前、chiemittiさんも所属していたというNYのゴスペル・クワイア”ココロ”のレッスンに参加する。
友人K子さんも現役所属ということもあり、私は今回2度目の参加。060.gif

b0173754_1448217.jpg


Chemittiさんと地下鉄でハーレムまで行くことに。
地下鉄内で話し込んでしまい、うっかり乗り過ごし、1つ先の125 St.で下車。
時間的に余裕あったので、145 St.までの20ブロックをハーレムの街並み観ながら歩くことに。

滅多に来ることないハーレム。他のエリアとは異なる独特なアフリカン・アメリカンなる
ブラック・カルチャーの地区。音楽はR&B、ジャズ、ブルース、ゴスペル、ラテン、レゲエ、
アフリカ各地の民族音楽からヒップホップまで幅広く好まれている。060.gif

昔に比べるとそんなに危険ではなく、また昼間ということもあり、2人してハーレムの
雪景色を堪能しながら撮影大会!以下、雪のハーレム・ツアー!
b0173754_14394644.jpg

           たまたま出くわしたSt.Nicholas Park。
b0173754_1444292.jpg

この公園沿いを歩いてみると、NYとは思えない建物など目にしたので新鮮でした。
b0173754_14473636.jpg

              歴史ある教会を横目に・・・
b0173754_1455946.jpg

b0173754_150927.jpg

              初めて目にする教会ばかり・・・
b0173754_1525033.jpg

b0173754_153760.jpg

              これがハーレムの街並み。
b0173754_1534788.jpg

  それにしてもゴミ多くない?雪で清掃車が遅れたのかも。
b0173754_155428.jpg

  138-144St.の一画だけ、オランダ風建物が並びヨーロッパぽい。
b0173754_1564272.jpg

NYは元々アメリカ先住民が住んでいたが、オランダの植民地「ニューアムステルダム
(Nieuw Amsterdam)」として町の歴史が始まり、毛皮貿易と農耕を中心に町が
繁栄したという歴史的背景もあるので。
b0173754_157086.jpg

         レンガ色のビルは素敵!
b0173754_1574552.jpg

        この教会の外見は可愛いー!
b0173754_1595856.jpg

ゴスペル”ココロ”のレッスン会場である教会の側で空を見上げると・・・・
      虹が出ていた!ほんの一瞬でしたがラッキーなこと!016.gif
b0173754_1591360.jpg

そのまま上を見ていたら、木の枝そのまんまツララが目に留まって・・・。

b0173754_1512973.jpg


*2:00pm
ココロのメンバーも集まり、人気者のグレゴリー先生も登場し、レッスン開始!
b0173754_1385534.jpg

この日は新年初ということもあり、18名の参加者でした。
b0173754_1514398.jpg

私はソプラノをトライしましたが、英語の歌詞に慣れていないので口がうまく開かない。042.gif(photo by K子)
b0173754_15153044.jpg

 
ソプラノ・アルト・テノールのハーモニーは美しく、人間の声が織り成すアートですね。
約2時間歌いっ放しで、後半はさすがにグッタリ・・・・・でも心地いい!
ゴスペルは、メロディと歌詞によっては心に響く曲も多く、歌いながら泣けてきたり、
神と通じて感極まることも。実際、この日もある曲にウルウルきてしまった。002.gif

ということで、充実なるゴスペル・レッスン体験でした。
そろそろお腹も空いてきたけれど、帰り道に見かけたハーレムの美容室。
パーマ?ドライヤー・マシーンに座る女性群の姿がとても懐かしく、絵になっていました。
       でかした、Chemittiさん!これ今日一でしょ。(photo by Chemitti)
b0173754_15343034.jpg


ということで、1/30、4日間共に過ごしたChemittiさんも無事テキサスに帰りました。
マクロビ料理実践、ACIMクラス、ショーや撮影大会、マリーナ宅訪問、そしてゴスペルと
私も一緒に楽めました。雪にしても歌にしても全てが互いにとってギフト!072.gif
そして常にHS(内なる神)からのメッセージが届いていることに気づかされる。ありがとうね!
029.gif

         chiemittiさん宅に嫁いだマイ陶芸作品。食卓で活躍してね!
b0173754_00154.jpg


055.gifchiemittiさんの日記:ここからどうぞ!


056.gif*2/2、アメリカでは、「グラウンドホッグ・デー」。

「グラウンドホッグ(Groundhog)」は「ウッドチャック」というリス科マーモット属動物の一種で、
この日、ウッドチャックは冬眠から覚め地上に出るということで、自分の影を見て驚いて戻って
しまうのだが、それによって春の訪れを占う習慣があります。

有名なのは、ペンシルベニア州パンクサトーニーで行われるもので、ウッドチャックが
*影を見て驚いて戻ったら、冬があと6週間続く / *影を見ずにそのまま外にいたら、春はもうすぐ

ということで、果たして今年は・・・?



結果は・・・「春はもうすぐ」でした!ワーィ!001.gif

そのせいか節分を過ぎた頃より、なんとなく春が匂うのです。
雪の予報が出ていても雨になったり・・・確実に春の足音が・・・
しかし、実際はまだ2月ですから油断できません!

そんな頃、静岡在住の同級生から、2/4に桜が開花したというお知らせがありました。
さすがに2月の桜はNYではあり得ませんが、一足早い春の便りは嬉しいですね。
            ♪春よ~来ーい♪
   (photo by Jun S.)
b0173754_1531421.jpg

                                  

そして5年来の友人だったブラジル人のRosimere(左)が今月末に故郷のブラジルへ帰ります。
b0173754_167071.jpg

寂しくなりますが、今度はブラジルで会いたいね。オブリガーダ!Até logo. Ciao!

[PR]
by yukistar88 | 2011-02-07 15:55 | NYの街並み | Comments(5)

②.ようこそNYのギリシャ、スイス、北極へ。

040.gifchiemittiさんがNY滞在中は、私も一緒にNY観光をエンジョイしました。

*1/28
積雪の中、互いのEnglish Teacherだったギリシャ系アメリカ人のMarina宅を訪問しました。

b0173754_14475665.jpg

b0173754_14481897.jpg

        久しぶりの再会、Marinaのマザーは90歳ですがお元気です。
b0173754_14485761.jpg

この家に住んで約50年経つというのですが、とても綺麗にしています。
古きものを大事に使うなど、キッチンも工夫されていて見習わないと・・・。
これは1930年頃のドイツ製のアンティークな珈琲ミルで、今も使っているそう。
b0173754_1541367.jpg

Marina手作りギリシャのデザートFINIKIAもいただきました。アーモンド味で美味い!↓063.gif
b0173754_1521928.jpg

chiemittiさんもMarinaもbird watcherで、Marinaは餌付けしているので、毎日小鳥がやってくるそう。
この日も数種類の小鳥さんたちが来ていました。かわい~
b0173754_15441694.jpg
b0173754_15443293.jpg




























仲睦まじいカップルや珍しい赤い鳥もいたり・・・Marinaには夫婦鳥もわかるのだと・・。

b0173754_15534760.jpg

         図鑑を見せながら 鳥の種類を説明してくれるMarina。
b0173754_14572294.jpg

マザーは手先も器用で、今でもニット編みなどしていて、教会や施設に寄付しているという。
彼女はギリシャ語の方が得意です。「エフカリスト!」ハイチーズ!
b0173754_1555453.jpg

       家の中に、ギリシャ、サントリーニ島の壁画のレプリカが!
b0173754_15382440.jpg

こっ、これはサントリーニ島の博物館で見たことがあって・・・。
約3600年前に遺跡から発掘された中の1つ。その頃日本は弥生時代。(サントリーニ島の博物館で)
b0173754_15135678.jpg

サントリーニ島といえば、伝説のアトランティック大陸だったといわれる島であり、
私の中では世界で一番好きなスポット。1998年に訪れた時のことを思い出す。
b0173754_15394274.jpg

b0173754_1751647.jpg

b0173754_1745421.jpg

b0173754_15201514.jpg

と、ついアルバムを見ては浸ってしまう。026.gifまたいつか・・・今度は053.gifをシェアしながら訪れたいな。


Marinaとは各国の言語の共通点や相違点について話したり、またNYでもスイスのアルプスが
見られるということで、その通りに実行してみた。以下、NYのスイスアルプス編:
b0173754_1525128.jpg

b0173754_15251677.jpg

b0173754_15252817.jpg

数日間続いた氷点下から、とうとうハドソン川にも氷河が流れて・・・。これはNYの北極ですね。

b0173754_1529514.jpg

b0173754_1530596.jpg


*この日の夜は某会合にて、NY在住の指揮者高原守氏のトークを聞くチャンスがあり、
彼のメッセージには共鳴するものがあり、有難く思いました。以下:


1.音楽は素晴らしいギフトである。
2.英語の「Present」とは「今」という意味もあり、今というこの瞬間をプレゼント(贈り物)
として大事に過ごす。
3.どんな小さなことでもいいので、ボランティアを心がけるように。
4.習得したものは次の世代へ伝授していくよう。
5.姿勢を良くし、口元を少し開けた状態が理想で、奥歯をかみ締めることなく、
常にリラックスした表情でいることが良い。


自分は指揮者という仕事柄、棒を振ってきたが、人生も棒に振ってきたというジョークも。003.gif

帰り道、「未知との遭遇」シーンと遭遇。これはNYの宇宙ということで・・・。


b0173754_16295044.jpg


*2/3、旧正月が明けました。これで本格的に2011年の到来ですね。
        China Townでは、お正月用の飾り付けが出回ります。
b0173754_15321610.jpg

          赤・赤で、派手な飾り付け。
b0173754_15323425.jpg

この日は節分に新月というスタートに相応しい日であり、新月の祈りは効果的かもしれませんね。

072.gif今年も貴方に沢山のミラクルとギフトが届きますように!!


055.gifchiemittiさんも同じ内容を日記にアップしています。こちらから!

                     ③.次回は「ようこそ雪のハーレムへ」
[PR]
by yukistar88 | 2011-02-04 16:04 | NYの街並み | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧