<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏至からマイケルの命日へ

6月22日は夏至でした。その前日の午後8時の空。
大きな雲が、マンハッタン上空にポッカリ浮かんでいた。
b0173754_13134661.jpg

夏至の強いエネルギーが降り注いでいたようで、それに伴い、肉体の浄化も
進んでいる感じでした。それは空からもサインがあり、この日のNY上空は
特別に光に包まれていた。

b0173754_134024.jpg


b0173754_1341483.jpg


夕方には大雨が降り、わずか10分で止んだかと思うと・・・・
b0173754_13381715.jpg

この土砂降りのわずか5分後には夕日が出たのでした。
b0173754_13385214.jpg


1年前に「Intel-カレンダー写真コンテスト」に数枚の空の写真を応募して、
その中の一枚が特選に選ばれたことは前にも紹介したが、その写真は、
マイケル・ジャクソンが亡くなった翌々日、NY上空に虹がかかった一枚で、
「約束の虹」というタイトルをつけたもの。
b0173754_14131833.jpg

特選に入賞した写真数は、日めくりカレンダー用なので全部で365枚。
2011年365日のどの日に私の写真がアップされたかというと、6/17でした。↑

この日はどんな日であったか振り返ると、なんと3度も雷雨があった日でした。

*6/17の日記:http://yukistar88.exblog.jp/15782707/

採用されたカレンダーの日付が6/17と忘れていたこの日、無性に虹が見たくて見たくて・・・。
3度の雷雨が来て、きっとどこかで虹が出ているに違いないと思いながらも見ることなく、
残念に思っていたら、ヒーラーのNaokoさんが見たとブログで。それはよかった!

*Naokoさんの「虹」の日記:
http://ameblo.jp/happychirpy/entry-10926831427.html

*マイケル・ジャクソンから愛のメッセージ:http://yukistar88.exblog.jp/14793034

*6/23
久しぶりにChina TownのJoe's Shanghai へ。
相変わらずの人気店のようで、列ができていたので、Take Outに。
定番の一番人気の蟹の小籠飽と卵・葱チャーハン。
b0173754_1343571.jpg

             China Townで買ったヒヨコのお菓子・・・・
b0173754_1344957.jpg

    ではなく、これ”さつまいも”です。目もあるし・・・
    このシェープ、エジプトの砂漠で見たヒヨコ岩に似ている。
b0173754_581391.jpg

食用にはちょっと躊躇う形なので、水栽培してみようかと・・・。お楽しみに!

そして6/25は、早いもので、マイケルが亡くなり2年が経った。072.gif

この日はNJ郊外の知り合い宅にて、6家族合同ガレージ・セールに参加。
郊外の住宅街は、木々の緑も濃くキラキラしていた。
b0173754_13285674.jpg


5月から無性に不要品を処分したくなり、セッセと片付けをしていたところ、
タイミングよく、友人よりセールの話しがきたのです。とにかくシンプルになりたくて・・・。
とりあえずこれは第一段ということで!売れ残りは寄付しましょ。
b0173754_13294487.jpg

b0173754_1330252.jpg

実はこのお宅に伺ったのは、15年ぶりだということに気付きました。
友人のBaby Showerでお邪魔したのが最後ですから・・・その娘さんも今では15歳。
このお宅は日系2世のご家族で、80代のお婆さんは外出はできなくなっていたが、お元気そう。
セールも楽しいが、このファミリーとの再会も内心喜んでいた私でした。

広いバック・ヤードには、野生の子ウサギも現れて。かわいー子!001.gif
b0173754_1335419.jpg

セールの合間に、バック・ヤードでキャッチボール。
b0173754_13454729.jpg

午後4時、ガレージ・セールも終盤。そこに現れた70代のバイカー・カップル。
しかもミッキーマウスのアウターを着ている。若々しくてかっこいー!失礼します。
b0173754_13473220.jpg

不思議とこの日において、天候を全く心配していなかった私でした。
しかし、予報では雷雨となっていたので、空は結構怪しかったが、雨も降ることなく・・・ホッ!
「心にないものは見せられることはない!」の良き実践でした。034.gif
b0173754_1404429.jpg

不要品処分の意味は、古きを捨て新しきものの導入とも。
今の日本に求められていることでもあり、”マネジメントの父”とも呼ばれ経営学の第一人者である
P.F.ドラッカー氏も、「今一番必要なことは、古きを捨て新しきを取り入れることだ」 ・
「継続するためには変革が必要である。」と。

ドラッカーは、未来に起こるべく帰結を見ているようで、既に起こった未来を使っていると。

彼の定義は、ACIM(奇跡のコース)と共通していて、何かが起こる上で、その影響が出るまでの
社会的事象は時間を要す。が、この世を変える、良き未来を築く、その作る仮定において、
理想社会を描けるということは、既にその意識を変えたことになる。=未来に起こる。
という思想なのだ。意識改革は、いわゆる”信じる心が実を結ぶ”ということになりますね。

震災後の日本において、再建へ向かおうとしている今、必要とされるメッセージではないかと。


*P.F.ドラッカー氏の名言集:http://www.portem.co.jp/meigennroku.htm

マイケルの命日ということで、行き帰りの車中では彼の曲をかけながら偲んでいた。060.gif
b0173754_1411244.jpg

永遠のスーパースター、マイケル!たくさん愛の歌をありがとう!
今は天国で、こんな感じで、私達を見守っているでしょう。
032.gif
b0173754_1494378.jpg

[PR]
by yukistar88 | 2011-06-26 14:13 | Comments(14)

夏至(6/22)は上昇気流の節目。

056.gifこの5,6月は変化・変容を迎えている方が多いように感じています。

スティタスの変化や心のあり方など、人それぞれ感じ方・受け取り方は異なるかも
しれませんが、今までとは違うことにチャレンジしてみたり、人間関係に変化があったり、
躍動感が出てくるなど、この時期に起こることや心の変化を観察してみてください。

そして5月より、頻繁に「1:11」・「11:11」のゾロ目を目にします。
リセットの時を迎えているのでしょうか。古きシステムから新しきエネルギーへの移行。

058.gif6/18には、太陽から久しぶりの強烈なるワンネスの光が出ていました。
太陽光は、ギラギラと輝き、まるで生きているかのようでした。

b0173754_14574771.jpg

b0173754_1458788.jpg


不要品を処分して、新しいエネルギーを取り込む準備を。
そして新たなチャレンジも楽しむなどして、上昇気流に乗りましょう。

私は週末(6/19)に。健康の為、再びゴルフを楽しみました。
晴天の中、18ホール歩いてのプレィです。(NJ郊外)
b0173754_151763.jpg

1ヶ月前にギックリ腰になりましたが、無理しない程度に、森林や土からのイオンを浴び、
自然界との触れ合いを楽しみながら、汗だくになり、爽快感スィッチ・オンです。
b0173754_1514938.jpg


空もとてもゴージャスで、快適な空と緑をご覧ください!

b0173754_153337.jpg


「ガイヤの法則」や「タオ・コード」、「タオの法則」の著者である千賀一生氏からも
下記のようなメッセージがありました。(ゴルフ場で撮影した空の写真と共に。)

b0173754_1534687.jpg


055.gif「今、私たちはとても重要なポイントにあります。
b0173754_15255142.jpg

6/22は夏至ですが、今回の夏至は、特に日本人にとって上昇気流を生じ易い夏至となります。
『タオの法則』の三十六章などでも少しふれていますが、とくに節目の前の陰陽作用は
重要な意味を持ちます。
太陽系リズムの先の節目である3月の春分は、言うまでもなく、大地震による暗黒の日々と
言ってもいいまっただ中で節目を迎えています。
b0173754_1551568.jpg

こうした失うことの多い後の節目は、『タオの法則』二章の「手放し難きを手放せば、
得るべきを得る」で、上昇気流の節目となります。
b0173754_1555611.jpg

今回の大地震の後、個人的にも不調な時期を体験された方が私の周囲にもたくさんいました。
日本人全体が大きな捨てるサイクルを体験したのです。今、徐々に潜在的には上昇気流が
生じつつあります。
b0173754_157098.jpg

今回の大地震の意義については、『ガイアの法則Ⅱ』や『タオの暗号』でもふれる予定ですが、
日本人にとって重要なエネルギーと関わっています。このエネルギーに乗るか乗らないかは、
個人のあり方にかかっています。
b0173754_1572450.jpg

この節目によりよく上昇気流に乗るためには、節目の日に何かをしても意味がありません。
節目のタイミング以前にスタンバイになっていなくてはならないからです。
そのためのタイミングとして重要なのは6/21です。ぜひ大切にしていただけたらと思います。
b0173754_1574088.jpg

どんな感覚で大切にしたらよいのかは、『タオの法則』五章が参考になります。
未来を快の感覚で予感している状態。これが、節目を上昇気流に持ち込むポイントです。
イメージするのではなく、予感するのです。考えるのではなく、感じるのです。
b0173754_1583641.jpg

いったん上昇気流が発生すると、人生はほっておいても上昇し続けます。
上昇と言っていますが、宇宙の流れに乗る状態が、人間には上昇と感じるのです。
魂が望むとおりに人生が流れるのです。 (千賀一生)」


この日の夕方、大きな雲にリクエストしてみました。いつもと違う形を見せて・・・と。
その結果がこれです。斑なる波うつ形を見せてくれました。

b0173754_1511770.jpg


b0173754_15112174.jpg


b0173754_15113534.jpg


まだまだ福島周辺の余震は続いているようです。福島第一原発のニュースを見ては、
原発に対して、少しでも不安や恐れの気持ちで見ていませんか?
もしそうでしたら、それはせず、日本、そして地球全体を光で包むように祈ります。
エナジー・ヒーリングでもそうですが、病気や患部に意識をおいていくのではなく、
その方の全体をヒーリングしていきます。その部分に意識をおいてしまうと逆効果になることも。
これはヒーリングの上でも重要なポイントであり、全体に光を送ります。
072.gif
[PR]
by yukistar88 | 2011-06-21 15:17 | スピリチュァル | Comments(4)

震災後100日目は雷三昧&ラジウム鉱石と自然の力

*6/17、
午前5時、NY地方は早朝より雷雨となり、凄まじい雷音で目が覚めてしまった。
すると、今度は急に恐怖心が来て、子供の頃に経験した雷への恐れの感情が蘇ってきた。
それは小学1年生の頃、初めて両親と別々の夜を過ごした時のこと。
埼玉県の親戚宅に一人でお泊まりした夜、激しい雷があった。
父母はいないし、雷は怖いしで、その時の不安と恐怖の感情がこの朝に蘇ってきた。
すると今度は、東日本大震災で身内や友人、知人を亡くしたとか、震災孤児の悲しみ、
また、震災とは関係なく、幼少期に親と離れ離れになった子供の気持ちに深く同情する
思いが出てきた。
6/18は、あの大震災から丁度100日経った日で、この頃が一番喪失感を感じる時になるそうだ。
再び犠牲者の冥福を祈り、供養の日とします。

b0173754_9542890.jpg


この日は午前5時と午後3時、そして午後5時と3度の雷雨という雷三昧の日となった。
2度目の雷雨後に出てきた太陽はキラキラと輝いて、清々しかった。043.gif

b0173754_9544322.jpg


その後に、雲がふんわりハート型になっていったのだけれど・・・虹見たいなぁ?
b0173754_1059281.jpg


人の横顔のような雲も登場する。きっとどこかで虹が出ているでしょうね。
b0173754_9571271.jpg


最近、日本から帰ってきた友人より、お土産としていただいた「姫川薬石」。
ヒーリング・ストーンというか、ラジウム鉱石で、α線を強く放射する石。
免疫力・自己治癒力を高めると昔から言われているそうだ。

「姫川薬石」は、6500万年前の溶岩から出来た石で、恐竜が絶滅した時代、
当時、隕石落下の放射能を含んでいるともいわれる。うーん?!
b0173754_10112649.jpg


体の痛い部分や内臓疾患なる部分に当てたり、お風呂に入れて「ラドン温泉」としての効果も。
また、飲料水に入れたり、ご飯を焚く時に姫川薬石を入れると、艶が出るとも。
   現在、お試し中にて、まずデトックス効果ありです!006.gif

055.gif「姫川薬石」について:http://vivi-accessary.ocnk.net/product/507


*富士山ニニギさん、姫川薬石の発見者。
http://ameblo.jp/tatsurugi/entry-10921657083.html

056.gif先日、1年ぶりにゴルフをした。ギックリ腰になり約1ヶ月が経ったが、あまり無理しないよう、
なるべく大人しく過ごしていたものの、なんとなく誘われるがままにプレィしたら、なんとも
これが予想外に腰痛が良くなったのでした。
b0173754_10204165.jpg

久しぶりのグリーン、広々とした芝生、時々現れる小動物と接しながら気持ち良くプレィする。
          あー、この感覚、忘れていたかも。026.gif
b0173754_102145.jpg

b0173754_10212187.jpg

自然界からのイオンを全身に浴びたことで効果があったのか、適度な捻り運動か?!
3年前に椎間板ヘルニアになり、ストップしていたゴルフでしたが、実は必要だったかも。

ところで、スターターの小屋にいたインコ系の鳥。この時は昼寝中だが、3日前にどこからか
飛んできて、ここに住みついているそう。人慣れしていて、頭をなでるとツンツンと猫のように
頭を突き出すというからカワイイ!顔が見えず残念!スターターのオジサンと仲良しみたい。
b0173754_102501.jpg


ということで、”自然の力は素晴らしい!”と再確認した日でした。

b0173754_1103638.jpg


これは友人からまわってきた天使の写真。バチカン市国サンピエトロ大聖堂内で。
ラファエルかミカエルか・・・どう見えますか?
b0173754_10451613.jpg

バチカン市国は、1999年、イタリア巡礼一人旅の時に訪問している。
なぜか急に思い立って計画したキリスト教を学ぶ野外学習の旅でした。
チャンスあれば、またいつか訪れてみたい。(サンピエトロ大聖堂/1999年)

b0173754_1046090.jpg


今月からスタートしたシリーズ「日本人のルーツ」というテーマの釈正輪氏による講和。
その内容は、後日、まとめた内容をアップしますので、しばしお待ちを!
029.gif
[PR]
by yukistar88 | 2011-06-18 10:29 | 自然 | Comments(2)

天からギフト、不動明王のお出まし?!

*6/9,上弦の月の日、NYは今年一番の暑さで、華氏102度(摂氏39℃)となり、一気に猛暑!
と思いきや、6/11は、華氏62度(摂氏16℃)と、気温差が激しい日々なのだ。

最近の不思議ストーリーとして、私のセーターを友人にあげたところ、友人はそのセーターを
タンスにしまい、数日後にそのセーターを着ようとタンスを開けて出した瞬間、中からパラパラと
お米が出てきたそう。タンスの中にお米がこぼれていたのかと思ったが、また数日後にも
同じように、タンスを開けてそのセーターを出した瞬間、そのセーターから米粒がパラパラと
出てきたという。米が湧くタンス?天からの恵み?日本昔話にありそうな出来事では。
これがその米粒で、この5倍の量が溜まったそう。ちなみにタンスにお米は入れてないと。

b0173754_13355734.jpg


ダウンタウンのBattery Parkで、見かけた珍しい黒髪ロング風の鳥さん。
こちら、アジサシ(鯵刺)、チドリ目カモメ科の一種だそう。

b0173754_13405475.jpg

しばらく撮影していると、モデルのようにジーとそこにいてくれました。

b0173754_13411411.jpg
























動物写真家は、必ず動物の写真を撮る時に話しかけると聞いていたので、
私もこの鳥に話しかけながら、撮影していました。
そして、この夜に見た夢は、大きな木々に数百羽の鳥達がとまっている、
この世では見たことない「鳥の楽園」を覗いてきました。023.gif
この鳥のスピリットからの招待かもしれません?!

Battery Parkの花々たち。初夏の草木は、新緑に囲まれ爽やかに感じます。
b0173754_13424366.jpg


b0173754_1346534.jpg


b0173754_13425928.jpg


b0173754_13431370.jpg


グランドゼロの再開発も順調に進んでいるようです。タワーも60階にさしかかり・・・

b0173754_13491142.jpg


観光シーズン真っ盛りの6月は、”自由の女神”へのフェリーもほぼ満員。

b0173754_1350922.jpg

         そして、西側にはダイナミックな雲が見えていた。

b0173754_13513030.jpg

    3分後には、更にダイナミックな形になって・・・まるで火焔光‏のよう!

b0173754_13524431.jpg

            この雲は、不動明王の光背のように見えて来た。

b0173754_13534451.jpg


055.gif不動明王は、サンスクリット語で「アチャラ」「アチャラナータ」といい、
動かないことを意味することから「不動」と訳されたそう。
古代インドにおいて不動明王は、シヴァ神を意味するものでした。

五大明王は、不動明王を中心としてその左右に二体ずつ、四方に位置する降三世明王・
軍荼利明王・大威徳明王・金剛夜叉明王の総称で、 密教の五人の偉大な明王を現し、
この五人の明王たちが、全方位の衆生を救済していくとされていると。

明王は、如来や菩薩のように慈悲深い相ではなく、忿怒の形相をしているが、
それはこの忿怒の形相には、時には厳しく叱りたしなめることも必要であることを
意味しているそうで、その姿は両眼を見開き、天と地をにらみつけている。

右手には悪業や煩悩を打ち砕く知恵を象徴する剣、左手には衆生を仏の道から外れない
ために慈悲の象徴として羅索(けんじゃく)を持っているのが特徴。

また、不動明王の背中には煩悩を焼き尽くすとされる火炎光背があるのは、
常に火焔の中にあって、その燃えさかる炎であらゆる障害と一切の悪を焼き
尽くすことを現しているという。
家内安全・交通安全・商売繁盛にご利益があるとされ、多くの人々から「お不動さま」
として広く信仰されている。(Copyright(c) 2011 仏像 All Rights Reserved.)


       にゃんとも驚いた!今日も良き日でありますようニャ~。
b0173754_14551473.jpg

[PR]
by yukistar88 | 2011-06-12 15:07 | スピリチュァル | Comments(2)

太陽フレアと火山噴火&初夏の公園

5月末に初めてギックリ腰になりましたが、今年になり、私の周りの友人たちも次々とギックリ腰に
なっていたことに気付きました。やはり地球の波動も関連しているのかもしれませんね。

b0173754_12333616.jpg


この6月第2週は、太陽フレアがとても活発なようです。下記のリンクをチェック!034.gif

*Solar Watcher:http://www.youtube.com/user/SolarWatcher

*宇宙天気ニュース:http://swnews.jp/

太陽フレアは私たち身体へも影響あるようで、友人や私も頭痛の症状が出ました。

058.gif太陽フレアは、米東部時間の6/7、M2.5の中規模クラスに、更に非常に激しいCMEと
達したようで、発生から約30時間で地球に到達されるとなると、6/9、しかも満月の日に
当たるようですが、6/10,11も要注意日となっています。

このような規模の磁気嵐が発生するのは2006年12月以来のことらしく、この磁気嵐の影響で、
電力供給網やGPS(衛星利用測位システム)衛星など何らか支障をきたす恐れがあるようです。
極地の上空を通過する航空機は、安全上の理由から通信を確保するため、航路変更を
余儀なくされる場合があるかもしれません。

頭痛など何らか身体への影響もあるかもしれませんので、心得ておいてください。
そして地震や火山噴火へも影響を与えるともいわれます。

b0173754_11522467.jpg

                  (6/3撮影-NY)

地震・雷・火事・津波・テロ・・・と、自然・人工災害とありますが・・・
2011年は、九星学的にも、地震と火山噴火の多い年と聞いています。

今年になり、ハワイ島のキラウエア火山も活発になったそうで、
また、日本国内では5/27に草津白根山で火山性地震が発生し、
そして桜島の火山活動も活発化しているそうです。

2010年4月と5月には、アイスランドのグリムスボトン火山が噴火し、
火山灰の影響で欧州の空港が閉鎖したニュースは印象的だったが、
2011年の噴火記録は下記の通り:

1/12、イタリアのエトナ火山
1/27、日本の九州新燃岳
2/21、フィリピンのソルソゴン州ブルサン火山
3/5、ハワイ島のキラウエア火山
4/20、エクアドルのトゥングラウア火山
5/21、アイスランドのグリムスヴォトン火山
6/3、メキシコのポポカテペトル火山の噴火(2008年から継続)。
6/5、チリのプジェウエ火山の噴火活動(50年ぶり)。
6/13、アフリカ東部エリトリア、ダビ火山が噴火(1861年の噴火依頼)。


2011年1月のエトナ山噴火からスタートした大規模な火山活動も巨大地震の
動き同様に、西から東へ移動しているかのよう。

太陽嵐(Solar Storm)の活動周期は、11年周期で、およそ11年ごとに、活動が活発な
極大期とそうでない極小期とを繰り返していく。
太陽活動が極大化する2012年頃(2010年-2012年と予想)このとき地球の地磁気
シールドに、通常になく大きな穴が開くため、太陽フレアに対する地球の防御体制は
弱まり、太陽フレアが放出するエネルギーが地球の磁場を混乱させ、強力な電流に
よって高圧変圧器が故障し、電力網が停止する可能性もあるので、その対策も
検討されているでしょう。

b0173754_1153287.jpg

                           (6/5撮影-NY)

6/3に噴火したメキシコのポポカテペトル火山は、2008年から噴火活動が継続していたようですが、
6/5に起きた南米チリの火山噴火は50年ぶりの大規模噴火、3000人を超える住民が避難し、
隣国アルゼンチンにも火山灰が及んで空港が閉鎖されるなど、影響が広がっているそう。
プ ジェウエ・コルドンカウジェ火山群は、4つの火山からなり、1960年に噴火が起きて以降、
大きな噴火は確認されていなかったようです。



また日本国内では5/27に草津白根山で火山性地震が発生しているようで、近くの浅間山も気になるところ。

*気象庁
http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/STOCK/volinfo/VK20110527102048_305.html

*2000年〜2011年 世界中の地震数。
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eqarchives/year/eqstats.php

*世界の1/10 の地震は、日本周辺で発生。
http://2channero.blog.fc2.com/blog-category-16.html#entry51

b0173754_11535924.jpg

                        (6/3撮影-NY)

*2009年、九州に行った時、バスで別府温泉を通りながら説明していた中に、
日本のアトランティス島伝説=「瓜生島の伝説」というのがあり、380年前の
大地震により別府湾沖にあった瓜生島沈没のことを聞いたことを思い出した。

1596年、別府湾で直下型地震M7.Oの大地震だったようだが・・・島が沈没とは凄い。

「慶長元年(その年の1O月に元号がかわったため正確には文禄5年1596)閏7/12
午後2時すぎ、諸国に大地震があって、土地が裂けたり山くずれがおきたりしたが、
しばらくしてやんだ。住民がようやく安心していたところ、海が鳴動をはじめたので,
人々は四方に逃げ、山野に避難した。府内の町でも水難をおそれた人々が高台に
なっている勢家町に集まった。
このとき、村々の井戸の水が急に干上がって、しばらくして山のような怒とうが海面に
もり上がったかと思うと、おし寄せてきた。府内とその近辺の村々に海水があふれて
家々が流没した。6時間後、水がようやくひいたあと、府内の大小の家屋は大半が倒壊、
人畜の死亡は数知れなかった。瓜生島はあとかたもなく消えうせて海底に没した。」

*瓜生島沈没(日本のアトランティス物語)
http://www.ailab7.com/uryuu.html

b0173754_1155791.jpg


メモリアルデーの週末、NYに来て初めて友達となった同じ生年月日の友人と遅ればせの
バースデーランチを。その後は、セントラル・パークでマッタリしました。024.gif

お天気もいいので、ほとんどの人は水着で日光浴。
b0173754_11585621.jpg


   好きなスポット、シェークスピア・ガーデンを散歩し、
b0173754_1283031.jpg

b0173754_12114065.jpg

b0173754_1284657.jpg

  ここもデート・スポットしても素敵なヴェルデべール城へ。けど私一人・・・
b0173754_1294778.jpg

ここからの眺めもお気に入り。
b0173754_12101276.jpg

     池には亀たちも
b0173754_12103630.jpg

「Shakespeare in the Park」。
デラコルテ劇場(Delacorte Theater)で行われるシェイクスピア野外劇は、
40年以上続く恒例イベントで、NYの夏を代表する風物詩として、人気高い無料イベント。
そのリハーサルが行われていた。6/9から2ヶ月間。まだ観たことないですが・・・
b0173754_12121828.jpg

たくさんのワンコたちも散歩。この双子ワンコはシューズをはいていた。
b0173754_1217294.jpg

日陰でマッタリ。026.gif
自然界の精霊か・・・ここ最近、肉眼でもこれと同じ光が一瞬見えるのです。
b0173754_12161649.jpg

久しぶりのセントラルパークで癒されました。芝の上で寝ころぶって気持ちいいですね!

b0173754_12295196.jpg


*5/31、メモリアルデーより夏の到来、海・プール開きとなる。
   6/1、NY港に寄港していた航空母艦も大西洋へと出航。
b0173754_12272172.jpg

    Navyは全員デッキにて整列、お見送り!
b0173754_12273792.jpg

    「任務ご苦労さま!行ってらっしゃい!」
b0173754_12274727.jpg


6/9は上弦の月。クリスタルを塩水で浄化したので、この日も月光浴しようと思う。
b0173754_12314791.jpg


そしてNYは、6月第2週は連日35℃となり、一気に真夏モード。
6/9は、華氏100度(摂氏38℃)heart waveになるそうで、気をつけて!
042.gif
b0173754_12523465.jpg

[PR]
by yukistar88 | 2011-06-09 12:56 | 自然 | Comments(0)

⑧.鎌倉散策同窓会&生・日の丸に見送られ

*4/16,
中学時代の同級生、東京組が計画してくれた鎌倉散策へ。
海外在住ということもあり、同窓会に無縁な私は、今日のイベントも
とても楽しみにしていた。鎌倉駅午前11時集合!
今日集まるメンバーとは、30年ぶり以上になるので、年齢がバレる。
・・・は、さておき、本当に久しぶりの再会なので、会う前から緊張!
皆さん、お変わりなく・・・元気そう。まずは鶴岡八幡宮からスタート!

b0173754_830985.jpg

b0173754_817379.jpg


と、ここで携帯電話から地震速報のアラームが鳴り、その2,3分後の11:19am,
栃木県南部で震度5強の余震が発生。私らの中学校のある地元は揺れたことでしょう。

ニュースでは、
「東日本大震災のM5以上の余震回数が、本震から3ヶ月足らずの2日午前8時までに
500回に達したことが、気象庁の観測で分かった。
誘発されたとみられる内陸の地震は、この中に含まれていない。
これまで国内の地震で最多だった1994年の北海道東方沖地震(M8・2)の
本震から80日で126回を大幅に上回り、観測史上最多記録の更新。」


鶴岡八幡宮に来て、石段の脇にあった大銀杏(高さ30m、周囲7m)が昨年、倒れたことを
思い出した。後に、この大銀杏が倒れた日を調べてみると、2010年3月10日
いうことで、東日本大震災のほぼ1年前に当たる。
もしかして樹木からの警告だったかもしれませんね。
植物は私たち人間のエネルギーも察知しているので、サインを送っていたのかも。
今、新たな芽が出ているということで、復活なるこの意味は、この震災への復興、
リセットの時を迎えるサインとも受け取れます。

今回訪問した熱海の来宮神社の古い大樹が倒れたのは、5/2でしたので、
気に留めておきたいと思います。

この社殿では、結婚の儀が執り行われていました。縁起良し!
b0173754_8221277.jpg

b0173754_8203571.jpg


久しぶりに再会した同級生のS子さん、女性同士色々お話ししながら、
閑静な住宅地を通りぬけ、報国寺、通称竹寺までのんびり歩いていく。

b0173754_8253124.jpg


*報国寺:http://www.kamakura-burabura.com/meisyokamakurahoukokuji.htm

      美しい竹林の報国寺をしばしご覧ください!029.gif

b0173754_9285312.jpg

b0173754_9293889.jpg

b0173754_930482.jpg


       背筋が伸びそう、まっすぐ生える竹、和の風情を十分に感じてみる。

b0173754_93025100.jpg

b0173754_9304535.jpg


  竹林の中に茶席をしつらえた竹の庭にて、瞑想にもよさそうな空間でした。

b0173754_9311241.jpg

b0173754_9314125.jpg


竹林の隣に意外にも洞窟があって、ここだけメキシコのCaveのようで、異空間。

b0173754_1015534.jpg


b0173754_10163086.jpg

b0173754_1017678.jpg

b0173754_10172652.jpg


   この日の参加者と記念撮影。所長伴ちゃん、計画してくれてありがとう!

b0173754_10181554.jpg


      リフレッシュするに最高の報国寺でした。

b0173754_10185799.jpg


 再び鶴岡八幡宮方面へと戻る。珍しい!このレトロなポスト、まだ実在するのですね。
b0173754_10203258.jpg


伴ちゃんがインテリアを手がけた和食レストラン”ゆるる”にて、遅めのランチを。
大好物のサザエの壷焼きがコースに含まれ、大満足!
b0173754_10214853.jpg


3時間以上、じっくり談話しながら懐かしい面々との会合でした。
帰りは、中町通りを通りながら鎌倉駅へ。NY姉妹店もある和菓子”源吉兆庵”本店。
b0173754_10235592.jpg


今回の日本で最後に訪問した神社は、自由が丘の熊野神社。
ここで空を見上げると・・・微かに日暈が出ていた。

b0173754_10464883.jpg


*4/17
渋谷から、初めて湘南新宿ライナーに乗る。

b0173754_10245830.jpg


午後3時より、ここ地元でも中学時代の同級生たちがプチ同窓会を開いてくださり、
30年以上の再会となった同級生も多勢いました。
懐かしく、当時のことを思い出したり、30年間をこの短時間で埋めるには時間が足りないけれど・・・
こうして皆が元気でいてくれることは何よりも嬉しく、この再会により新しい仲間の扉が開いた
かのようで、これからできる限り会いたいと思いました。砂永さん、幹事ありがとう!

b0173754_10283266.jpg


*4/20
19日間の日本での滞在も終わり、NYへ。
成田空港は過去にないほど閑散としていた。原発事故の節電の為、照明も半分だけ。

日本にいた外国人はほとんど3月中に日本を脱出したようで、今回日本で見かけた
外国人は数える程度でした。成田空港のショップもレストランもガラガラで、
被災地への義援金はかなりの勢いで集まっているようだが、日本の消費も
まわしていかないと経済が傾いてしまうので、90%キャンセルとなった観光業、
外食産業なども復活していただきたいと感じました。GW以降は復帰したでしょう。

NY行きの飛行機も1/3程度の乗客率で空いていた。

成田を離陸して間もなく、西の空に傾く夕日を見ながらゾクゾクした。龍と日の丸?!

b0173754_10492788.jpg


これぞ真の日の丸、和の国を支える日の丸を見たのではないかと・・・。
日本に入る前、ハワイで日の丸の光を迎え、日本を去る時も日の丸に見送られたかのよう。

b0173754_1025279.jpg


*ハワイで日の丸の光:http://yukistar88.exblog.jp/15340668/

航路はいつも通るアンカレッジ経由ではなく、福島原発から出る放射線を避けるかのように、
ハワイ諸島の北側を飛んでいた。日付変更線も過ぎ、太陽から美しい光線が反射。
b0173754_10545214.jpg


成田空港を出て12時間後、NY上空。真下はダウンタウン。「ただいま」
b0173754_1056183.jpg


今回は震災後の日本ということもあり、感慨深いものがあった。
「1つになろう!頑張れ日本!」と立ち上がる日本を肌で感じた貴重な滞在でした。

この度は導かれるがままに10ヶ所の神社巡りとなり、各地の神様にお祈りしました。
おつきあいくださった仲間へ、ありがとうございました!056.gif

***********072.gif***********072.gif*************072.gif************


*5/25
   日本のゲストと共に、Musical "Mary Poppins”観賞。

b0173754_10592160.jpg


ミュージカル”メリーポピンズ”は、1964年にウォルト・ディズニーが自ら
プロデュースした映画のミュージカル版で、ストーリーの主題は、家族で
いることの幸せ、大人になっても美しい心であることのすばらしさを表現。

b0173754_110310.jpg

音楽は、「チムチム・チェリー」や「鳥に餌を」、といった映画音楽の名作が
15曲。それにテンポのよいダンスで、子供も大人も楽しめる親しみやすい
ミュージカルですね。最後は空中を舞うエンディング。目の前にメリーが・・





*モロッコ・レストラン”Sahara East”にて、シーシャ(水タバコ)・ナイト!
b0173754_113292.jpg

モロッコ料理のハモスやファラフィル、ケバブーなど美味しい!
b0173754_114241.jpg

   30種以上のフレィバーから「エジプシャン・ファラオ」をテイスティング!
b0173754_1005126.jpg

              皆、Non Smorkerですが・・・私も初トライ!
b0173754_1145822.jpg

    久しぶりに友人らとの夕食会、楽しいひと時でした。

b0173754_11233577.jpg



*5/30,
最高のお天気なメモリアル・デーの日中、テラスにいる間に、我が家にドロボーが入った!
鍵かけていたのに・・・ゴソゴソ音がして・・・寝室に見知らぬ男性の気配,逃げたー!005.gif

ドロボー追うMr.犯人は「撃つぞ!」といいながら手にしていたのはペンだったので、
外で取り押さえ、ポリスに通報して逮捕された!
常習犯みたいで、ポッケからどこかで盗んだジュエリーとか鍵が出てきた。
4台もパトカーが来たけれど、なにはともあれアッパレ!

ところが、警察署でリポート提出の際、署長より、むやみに犯人を捕まえるなと逆に注意されたそう。
     武器を所持している場合が多いので、危険だそうです。


このところ、水漏れ・ギックリ腰・泥棒と嫌な出来事が続いていたが、これらは全てもう過去のこと。
今この瞬間はこうして無事であり、幸せを感じている自分がいる。
嫌な出来事が起きても、それを上回る良き事があるので、そちらにフォーカスしています。
そして、今がハッピーならこの先もハッピーであるのだから・・・
016.gif
[PR]
by yukistar88 | 2011-06-02 11:42 | 世界の旅 | Comments(6)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧