<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

12月のイベント&2011年をかざる大龍神雲。

055.gif2011年もあと2日。今年は本当に時間が経つのが速かったです。
毎日がバタバタと過ぎていきますが、この時間の感覚はますます加速するのでしょうか?
それでも日々の眠気はあるので、睡眠時間はたっぷりとるようにしていますが、最近の夢は
学校のシーンが多く、恐らく睡眠中は魂がどこかに飛んでいっては勉強をしているようです。
睡眠中も脳が働いているとしたら、一体いつ休めるのやら・・・です。015.gif

来年は、シンプル&スロー・ライフを目指しています。・・・・が、果たして?


b0173754_11522667.jpg


エンパイヤビルは、例年にないカラフルなクリスマス・ライトアップでした。
b0173754_13214730.jpg

このような飾り窓?とはオランダではいかがわしい固有名詞ですが、クリスマス・ウインドゥ見っけ。
b0173754_11245172.jpg


*12/24
友人宅のホーム・-ポーティに顔出しました。
クリスマス・ツリーのキラキラが、38階の窓に反射して幻想的でした。
b0173754_11295095.jpg

5歳のHちゃんとサンタ・ケーキをご馳走になりましたよ。024.gif
b0173754_11303889.jpg


*12/25
クリスマス当日の夕焼け空の優しい色は幸せな気分にさせてくれます。026.gif
b0173754_13224966.jpg

b0173754_1132310.jpg

b0173754_11335154.jpg


前の日記でも紹介した太陽をかすめた長い尾を引く「ラブジョイ彗星」の画像を、
米航空宇宙局(NASA)が公開しました。

b0173754_1138428.jpg

国際宇宙ステーション (ISS)から撮影したダン・バーバンク船長は「これまで宇宙で見た中で、
最も驚嘆すべきものだ」とコメントしています。
ラブジョイ彗星は太陽に接近し、熱で溶けて消えると思われたが、12/16に太陽に最接近した
後も生き残り、ガスやチリなどが長い尾を引いていて、来年1月末ごろには日本でも見えるそうですが、
太陽から遠ざかるにつれ急速に暗くなっており、肉眼で見るのは難しいようです。
b0173754_131577.jpg

                        (チリ上空で見えたラブジョイ彗星)

*12/26
友人らと忘年会ランチへ・・・ところが、クリスマス振り替え休日で、ほとんどの店はお休み。

何気にマンハッタンを歩いている時に、フッと、この光景を見て、ACIM(奇跡のコース)の
基本なる教えを感じた。045.gif

b0173754_11412779.jpg

一見何気ないアパート。アパートの外観ではなく、外壁に反射している光の群れに
フォーカスしています。

貴方に見えるのはアパートの外観?それとも反射する光の群れ?

もし外観だけなら、一方的な見方だけで物事を捉えているかもしれません。
光のフォーカスできたなら、別の角度からの視点もあるでしょう。
それは、よりポジティブな見方へと、そこから心の扉がますます開かれるでしょう。
b0173754_11513286.jpg

アパートに反射する木の影。ACIMでは、人は自分の鏡であるという説。
自分=木を映す影、人間関係においての基本として、相手をみて己を知る。
そして、どんな状況であれ、悲しみや恐れなどのエゴにフォーカスするではなく、
窓に反射する光を見る=相手も自分も同じ存在であり、愛をシェアするために、
ここに存在していることを思い出します。


*12/27
Kiyomiさんのマクロビ料理クラスで、一足先におせちをつくりました。

ロンドン在住のKiyomiさんの妹Emiさんもアシスタントで参加です。
お豆腐とかぼちゃの伊達巻きの生地をつくるKiyomi&Emiさん姉妹。
b0173754_128422.jpg

お持ち帰りにするので、おせちはつまむ程度・・・といっても、お雑煮もあり結構お腹いっぱい。
b0173754_129436.jpg

お重箱に入れて完成!
b0173754_248191.jpg


クラスの模様は、Kiyomiさんのブログから:http://artofworld.exblog.jp/17008788/

Kimomiさん宅の天井に銀河系の輝き・・・072.gif
b0173754_12185777.jpg

Think Geekというサイト(http://www.thinkgeek.com/gadgets/lights/8ed4/)
にある、その名もレーザースタープロジェクターというものだそう。
暗い部屋の方が輝きが増します。ここから→http://artofworld.exblog.jp/16996540/

*12/28
この日は久しぶりに韓国サウナで温まりました。一年の垢おとし?はしませんが、
1回のサウナで、身体の力が抜けてしまい動けなくなり、2時間も爆睡。014.gif
こんなことは珍しく、一年間のデトックスだったのかもしれません。(混雑していた)
外に出ると、真上に一際目立った雲が見えて・・・。
b0173754_12173018.jpg

帰宅途中、日没後の真っ赤な光と赤い柱。美しきEarth Colorを見せつけられましたね。
b0173754_12182690.jpg


*12/29
この日は2011年をかざるに相応しい特別な空でした。
朝と夕方にダイナミックな龍神雲が現れ、ばっちり撮影できました。043.gif

9:50am、空に呼ばれて外へ出ると、「こっち!」とばかりに片手上げている雲に呼ばれて・・。
b0173754_12213727.jpg

捩れ雲はどんどん近づき龍雲へと変化していく。11月末に見た雲に似ている。
b0173754_12245548.jpg

鮮やかな彩雲へと・・・
b0173754_1226012.jpg

尾っぽがスーと細い。
b0173754_12262914.jpg

     雲を変えて、再び彩雲が・・・
b0173754_12273323.jpg

この大龍雲は東の空へと移動していきました。
b0173754_12312512.jpg

更に夕方、帰宅途中のドライブ中に見事な日暈が現れて・・・
b0173754_7452213.jpg

     車を止めて、撮影します。
b0173754_12341646.jpg

この空は龍神様からだということ、この雲を見て感じました。
b0173754_12345631.jpg

日暈が消えた後、何体もの龍神様が姿を現し、来年の辰年にと姿を見せてくれたのでしょうか。
b0173754_12403314.jpg

(数体の龍雲全景を撮影してくれた、photo by 育子)


2011年の年末最後まで、素晴らしい雲を見せてくださり、感謝の気持ちで一杯になりました。016.gif

053.gifそして来る2012年は、聖なるパートナーシップのエネルギーの年だそう。053.gif
                      (光&音 イシスのアンクより)
b0173754_1303521.jpg

                           (著作 Kenさん)

私の周りでも、昨年くらいからいろんな出会いにより、愛する人と繋がる報告があります。
そのほとんどがソウルメイトとの再会であり、独身・既婚に関わらず、そんな聖なるパートナー
シップのエネルギーに溢れています。Love & Joy彗星もそのサインかもしれませんね。
そして、愛に繋がることは究極の癒しであり、人類統合への一歩として、平和へと
導かれていくでしょう。


b0173754_1422126.jpg


072.gifVoice of Shekinah Encounter 第13章 ~Call in all angels~

聖なるパートナーシップにて、すべての天使が召喚される

天使の輪くるくる回りて
調和、至福、祝福、讃美
天地を貫く光の柱の中の2人に注がれる

2人の結びつき、世界を結び
子供たち(創造物)に生命注ぐ
光の柱さらに揺るがないものに建設される

その柱、清く明るく柔軟であれば
新しき次元の世界が降りてくる

あなたの目にも映るだろう

b0173754_14321257.jpg

                                 (ドレの神曲より)

また、ますます宇宙とのコミュ二ケーションも活発となり、時間・空間・距離を越え、
地球という惑星だけではなく、全ての惑星とのバランス、それは私たちの意識向上、
覚醒により、大きく変化する年として与えられることでしょう。
全ては貴方次第!光あるのみ!十分にアンテナを張っておいてくださいね。


b0173754_13261226.jpg


061.gif最後に、12/29の大龍雲を動画でご覧になり、エネルギーを感じてください!



http://www.youtube.com/watch?v=Xxx-qkMX6f0&list=UUT23WyItowHNB3zNZQPLWkw&index=2&feature=plcp

072.gif2011年もマイブログを読んでくださって、有難うございました。
来年はどのような空を見せてくれるでしょう。

2012年も皆様にとって、輝く年となりますよう。そして、来年もよろしくお願いします!
029.gif

b0173754_1621302.jpg


*「奇跡のコース」のワークブックをご一緒に
[PR]
by yukistar88 | 2011-12-30 13:35 | スピリチュァル | Comments(4)

クリスマスに贈る「伊勢神宮と原始キリストとの関係」&NYのX.mas

072.gif072.gif072.gifMerry Christmas! 072.gif072.gif072.gif

まずは、皆様にクリスマス・プレゼント!053.gif

*12/23の早朝に、ニュージーランド南島クィーンズタウンの米戸実氏より撮影された
Lovejoy彗星です。ここらどうぞ!http://homepages.ihug.co.nz/~mkyoneto/camel.htm

b0173754_1521644.jpg


072.gif更に、ゴージャスな星空ツアーへ!



日本のクリスマスシーズンでは、クリスチャンでない日本人でもお祝モードとなる。
単なる商戦だけじゃないようで、それは下記の内容にてお伝えしていきます。
意外にも、日本神道とユダヤ・・・原始キリストの密接な関係を知り驚くことがあります。

以下、釈正輪師の「伊勢神宮について」の講和内容より、まとめてみました。

「伊勢神宮のはじまりは、天橋立で有名な、京都府宮津にある籠(この)神社だそう。
7世紀頃を起源とするそうで、元伊勢と云われている。

b0173754_14484723.jpg


元伊勢は、京都を始めとして、滋賀県、奈良県、愛知県、岐阜県と14ヶ所移動したと伝われ、
15番目にして平安時代の中期に、今の三重県に伊勢神宮として鎮座した。
大神は今でも伊勢神宮内でも移動をしていて、それは20年に一度の式年遷宮として、
とりおこなわれている。

なぜ伊勢神宮は移動したかというと、数々の理由は伝えられているが、伊勢神宮を始め、
日本神道の祭祀は、古代のイスラエル宗教が原形ではないかと言われていて、
それは旧約聖書がヒントになっている。

日本神道の神は、古代イスラエルの神(現ユダヤ教)と同一である。それは・・・

例えば、神輿に掲げる二羽の鳳凰は、イスラエルでは、アーク(聖柩)といわれる神輿であり、
羽を広げた天二体の天使(ケルビム)に匹敵する。アークは、木製(アカシア材)で出来ていて、
イスラエル建国に対して、神との契約の箱である。

055.gif神輿中にあるものは3種の神器で、モーセが捕集されたイスラエル人を介抱し、
紅海を渡り、カナンの地へ連れて行く旧約聖書の物語の中でも登場している。

①.モーセがシナイ山に登り、神と人との十戒の契約を刻んだ石板。
  所謂十戒の石板とよばれている。

②.モーセの兄(アロン)の杖。(蛇に変わったといわれる。)

③.マンナの壷(カナンの土地にいく時に飢えをしのぐための食料となったお米?
   (焚いたお米を乾燥)マンナ)。

b0173754_15155016.jpg


イスラエル国家は、アークと三種の神器があってこそ、本当の建国だといわれている。
敷地面積では世界最大級といわれる仁徳天皇の墳墓は、マンナの壺の形状をしている。

3種の神器は、神から選ばれし者のみが持てるとされ、凝縮された宇宙の最大の
パワーがあり、スーパーウェポンにもなる代物だそう。

第二次世界対戦最中、米国やドイツ(旧ナチス帝国)のヒトラーも欲していたようで、
一説によると、アークは当時エチオピアの教会にあると伝わっており、アメリカと
ナチスはそれを奪取する目的で、砂漠で戦線を繰り広げたさえいわれている。
そのイスラエルの三種の神器は、日本にあるという噂もあります。

キリスト原理主義(原始キリスト)と日本神道は良く似ていて、◎三位一体とは、
御父(エロヒム=宇宙の創造主)、御子(ヤファエ(ユダヤの神)=イエスキリスト)、
聖霊(ルーハ)を言う。

b0173754_1519478.jpg


神道の儀礼、二礼、二泊手、一礼の所作は、イスラエルの祭礼そのもので、それは
神を招来(呼ぶ)び、拝殿上のしめ縄は、雷雲を現し、椣・御幣(紙)は閃光(稲妻)、
鈴は雷音を表す。七五三の数も古代イスラエルに伝わる数秘ゲマトリアは、ユダヤ式
占星術なのである。また、イスラエルに今も伝わる赤い色彩は災禍を逃れる印であり、
羊の鮮血で色どられる。

日本神道の神話では、天照大御神の弟がスサノオミコトとなっているが、実は
天照大御神はスサノオノミコトそのものであり、女神でなく男神(アマテルカミ)である。

b0173754_14155714.jpg

日本人の気質は感性・感受性に富んでいて、他者を尊う心がある。”和をもって尊し”
古きものを大切にするなど、日本人がここまで養えたのは小島国家または列島故の
民族性が開花したとも言える。特殊なDNAの血統を持った民族でもある。その価値観は
世の中が混迷の時代でありながら、日本が一番の突破口として担うのはないかともいえる。

日本神道における三種の神器は、

①.八坂勾玉(やさかのまがたま)。
②.八咫鏡(ヤタノカガミ)。
③.草薙(クサナギ)の剣。

b0173754_14113100.jpg

イスラエルの3種の神器と共通していて、

①.モーセの十戒を刻んだ石板(人間と神との契約)=②.ヤタの鏡(人間の心を映したもの)

②.モーセの兄アロンの杖。(蛇に変わる)=③.草薙(クサナギ)の剣

③.マンナの壷=①.八坂の勾玉(やさかのまがたま)

アラム語とは、イスラエルの公用語で、マンマは米のことをいい、マンマは幼少時の
ご飯を指し、北朝鮮・中国北東部でも幼少時にはマンナ=マンマといっていたそうだ。」



061.gif「日本のルーツは古代イスラエル」

http://www.youtube.com/embed/8QaKf1m_Rwk


以上、イスラエルと日本との興味深い繋がりを知りましたが、私たち日本人がクリスチャン
でなくても、結婚式を教会で挙げたり、クリスマスを祝う傾向があるのは、実は日本神道が
原始キリストに通ずる信仰である、とふまえた上で、DNAか?潜在意識にあるからなのか?!

そして、伊勢神宮のお話を聴きながら、この10月に訪問した天橋立にある元伊勢を思い
浮かべ、そこへ旅するまでは天橋立に元伊勢があるなど全く知らずに訪問したのですが、
エネルギー的に元伊勢籠神社はなんとなくスキップしていて、そこから400m先に離れた
静謐な山の中に在る眞名井神社の方に惹かれるので、そちらを十分に参拝してきました。

*眞名井神社の日記:http://yukistar88.exblog.jp/16854178/

b0173754_1514535.jpg


更に、イスラエル国家のアークと3種の神器ですが、その中のモーセの十戒を書いた石板、
その十戒をを神から授かったシナイ山へ昨年9月に訪れていたので、元伊勢といい、老師の
講和に従うかのような旅の順路にも驚きですが、原始キリストに触れる聖地への旅日記も
アップしているので、シェアしたく思います。029.gif

「モーセが十戒を授かった聖地シナイ山登山とご来光」http://yukistar88.exblog.jp/14344082/

b0173754_15164492.jpg



                   **072.gif** NYのクリスマス風景(12/2011) **072.gif**

World Financial Center
b0173754_15261085.jpg

World Financial Center
b0173754_15403565.jpg

World Financial Center
b0173754_154112.jpg

Freedom Tower
b0173754_15275110.jpg

NY Stock Exchange
b0173754_15284712.jpg

Wall St.
b0173754_15291659.jpg

Empire State Bldg.(二重エンパイヤビル)
b0173754_1530119.jpg

Sacks Fifth Ave.
b0173754_153136100.jpg

Rockefeller Center
b0173754_153247.jpg

Rockefeller Center
b0173754_15332141.jpg



064.gifこちらの動画もお楽しみください!

061.gifSaks Fifth Ave 2011 Holiday 3D Projection!



なんともカワイー!!母なる子守猫、猫の手も借りたい・・・動画!



           
b0173754_15441271.jpg

天然なる光のクリスマスツリー(photo by Yamato)

              072.gifHappy Holidays!072.gif
[PR]
by yukistar88 | 2011-12-24 15:48 | NYの街並み | Comments(5)

断捨離と日本からの新風-ヒーリング料理。

072.gifマイブログのタイトルに、なぜ「ブルースカイ」を使用しているかというと・・・
それは、晴天の日に見える青空は、雲に覆われると見えなくなる。
雨や曇りの日は、どこか気分もブルーになりがちだけれど、雲で見えないのは
心の影が邪魔しているようなもので、雲の上には、太陽とブルースカイがいつもあると
いうことを忘れないでほしいから。
雲を悲しみや恐れなどのエゴと例えるとして、青空や太陽は光と愛のような存在みたいでしょう。
ブルースカイは、いつも私たちの中にあるということ、それを思い出してほしいからです。


b0173754_11204380.jpg

12月に入り、本格的に断捨離を始めた私は、それと同時に体調を崩しました。
約1週間、左肩の強烈な凝りと歯の神経に及ぶまでの痛み。歯に問題があるのかと
歯科医で検査しましたが異常なし。
それは数日後に自然治癒しましたけれど、振り返ると、10月の日本からNYへ戻る
2日前から、左肩の凝りがあったので、今回でスッカリ抜けました。この11月末からの
地球浄化と共に、断捨離をきっかけに、スッキリ抜けた気がします。久々に強烈でした。

断捨離とは、ただ単に部屋の不要品を処分するだけでなく、人間関係や身体にも及び、
また、自分を見つめるいい機会でもあるそう。
まだ半分しか終わっていませんが、どんどん手放すことがありそうで、ボチボチ続けていきます。

その後、前の日記で紹介したLovejoy彗星が太陽に接近した後くらいから、パワフルで愛に
満ちたエネルギーをジンジン感じています。それは、至福感と歓喜の感情を与えてくれる正に、
Love&Joyのエネルギー!それに関連したメッセがあるので、最後に紹介します。
016.gif

*12月上旬、日本から、ヒーリング料理人の本道佳子さん軍団がNYにやって来た。
b0173754_1019120.jpg

今回の来米目的は、CRSのホリデーパーティのお料理、そしてNJでの料理クラスのため。

今年のCRSホリデー・パーティーでは、本道式「生命のディナー」をサーブ。
彼女の見た人と食のさまざまなストーリーのお話をお楽しみ頂き、NYで手に入れた食材と
日本古来の発酵食品や調味料などをあわせた本道流の身体に優しいお料理をしてくれました。


*本道佳子さんのHP:http://www4.ocn.ne.jp/~miracle2/index.html

            http://www4.ocn.ne.jp/~miracle2/hondo_01.html

*12/10
ということで、この日の夕方、フェリーでNYCへ向うと、早くもサンタクロースが。
最近のサンタはソリーではなく、フェリーでプレゼントを運ぶ?!053.gif
b0173754_107551.jpg

・・・というのは冗談で、マンハッタンに入ると、あちこちにサンタクロースの姿!
b0173754_1074547.jpg

ウィリーを探せみたい。本物はどれ?て、毎年サンタのコスチュームで集合イベントが
あるらしいが、知りませんでした。ペアサンタもいいね!
b0173754_1075832.jpg


024.gif5:00pm、CRSでのホリデー・パーティがスタート。一部は50名限定。

まずは、三宅亜紀子さんのお話会で、彼女は就職経験なく23歳で結婚し、25歳で夫の留学に
付き添いアメリカへ。30歳で長女出産し、2歳の時、自閉症・精神薄弱の障害がある事が判明。
36歳で次女出産し、専業主婦として障害児と新生児の子育てに格闘していた日々に離婚となり、
その後の2 年半の裁判を経て38歳で離婚成立。という、30代の終わりまでずっと専業主婦でしたが、
離婚した年からホスピスボランティアを始め、同時にNew York Universityにて ソーシャルワークの
Master’s Programに入学。
一学期一課目ずつから始めて、シニアーセンター、NYU Medical Centerでの2年間のインターン
シップを経て5年かけてMaster’s Degreeを取得。44歳でNY州のライセンスを取得後、45歳で
生まれて初めての就職を経験したという。
Cancer Careという非営利団体にて、癌患者のためのカウンセリングの仕事を3年間勤める。
2008年にBeth Israel Comprehensive Cancer Centerにてオンコロジーソーシャルワーカー
へ転職し、現在51歳ながら、NY州Clinical Social Workerのライセンスを取得するため勉強中
という逞しい女性です。

b0173754_10294666.jpg

続いて佳子さんのお話会へ。
「ヒーリング料理人」本道佳子さんは、かつてニューヨークの一流レストラン、Hudson Clubや
野村証券のVIP専用エグゼクティブダイニングのシェフを経て、ハリウッド映画、世界仏教徒会議、
帰国後は歌舞伎座等々、フリーランスの料理人としてケータリングなど。近年は、死期間近な
方々を対象に『最後の晩餐』、東北震災後の被災者の方々のための炊き出しと、東京築地市場
運動Tsukiji Woman の立ち上げ、東京湯島に「湯島食堂(じきどう)」オープンといった活動、
他により、食べ物という生命がいかに生命を救い育てるか、ということを見つめてきたようだ。
b0173754_14474184.jpg

今まで料理を通して経験してきたことに加え、東北の被災地での炊き出しや日本の現状などを
含めた内容のお話でした。
b0173754_1031755.jpg

弥須子さんより、T子さん、大輝さん、マーミンさん、佳子さんの紹介!
b0173754_10342057.jpg

*6:30pmより、レセプションにて、お料理登場!
今回は野菜だけのメニューで、大輝さんのつくったゴージャスなカリフラワーとリークの1品は
目を惹きました。どこかスペイン風アートなデザイン、ガウディやピカソのイメージを感じます。
b0173754_10363497.jpg

会場の皆さんは、「美味しい、美味しい!」と幸せそうな表情でした。NYにないビーガンですね。
手前は、バターや卵を使用しない豆乳ティラミス。マーミンさんの五目おこわも好評でした。
b0173754_1038412.jpg

幸せになるお料理を食べて、皆さん大満足にて、夜10時、お開きに。018.gif

つづいて、NJでの料理クラス。
前日の12/11、クラスをする場所を提供してくださったNY郊外のMさん宅へミーティングへ。
b0173754_10541185.jpg


*12/12、
佳子さんとは、かれこれ15年来の友人ですが、8年ぶりのNYで、うちに泊まるのは初めて。
まずは朝一のハドソン川にて、リフレッシュ。「気持ちいいー!」と深呼吸。
b0173754_10573570.jpg

*10:30am、最初は、自己紹介やお料理や調味料などの説明から・・・
b0173754_1055834.jpg

いつものことながらメニューは決まっていなくて、当日お楽しみ!のパターン。
日本から調達してきた無添加のたまり醤油など優れもの調味料を紹介しながらのお料理。
b0173754_10595111.jpg

イケメン・シェフとパーティでも人気だった大輝さんは、実家のある富士宮の黒蕎麦とデザート担当。
b0173754_110581.jpg

出来上がったお料理は、全て植物性の素材だけ。
b0173754_1115463.jpg

b0173754_11151878.jpg

最後にマーミンさんによる調理器具デモンストレーション。これがすごい!
b0173754_1133626.jpg

クッキングヒーターソーサリーⅡは、短時間で調理できるし、ガスコンロの約2倍の火力で電気代は約半分。
b0173754_11141029.jpg

このコンロで、わずか数分で帝国ホテルのハンバーグを作ってくださいました。私もほしくなりました。
b0173754_11153916.jpg

集まってくださった主婦たちも最後はニコニコ顔にて、足元も軽やかにお帰りになりました。
佳子さんのトークは、お料理を通して、ACIM(奇跡のコース)の教えも入っているような気がしました。

035.gif最後に記念撮影!Mさん、ご協力ありがとうございました。
b0173754_11213685.jpg


日本から新鮮な風を NYとNJに置いていってくれたかのようです。
佳子さん、大輝さん、Tomokoさん、マーミンさん、ありがとう!


*森のキッチン、マーミンさんHP:http://www.mori-no-kitchen.com/

*本道佳子さん経営の湯島食堂HP:
http://www.yushima-kitchen.com/

*佳子さん関連のブログ:http://ameblo.jp/wajimanokaien/entry-10930730762.html
               http://ameblo.jp/saladeng/entry-10721645931.html

b0173754_1122753.jpg


072.gif12/22は冬至ですね。今、世の中の風潮として原始回帰を迎えています。
今年の冬至は、節目の一つである2012年に続く大きなステップで、大切なタイミング
ということなので、千賀一生氏からのメッセージを伝えます。


 「節目に乗る」と言うと、多くの人は節目の日だけを大切にしようとしますが、それでは
意味がありません。古代の人々は、節目の日以上に、そのための準備期間を神聖な
期間としていました。準備期間とは、その周期の1/16期間に相当します。
 12月の頭前後がその聖なる期間の始まりで、既に入っています。

 この間に私たちは何をしたらよいのでしょうか?
 以下、要点

★ゆったりと過ごし、思考よりも、直感、フィーリング、インスピレーションを最優先させる。
(これが後々まで影響します)

*冬に木が葉を落とすよう、捨てるべき過去の観念、考え方、あり方をできる限りすてる。
(この時期には、すてなければならない促しがしがあります。それに素直に従うのです)

★心の中をきれいさっぱりにするためには、体と環境の大掃除も役立ちます。
(血液がきれいになると、思考も健康になります。たくさん汗をかくことが効果的。
わの舞は内側から汗をかきますので節目に最適です)

 一番大切なことの一つは、何もしない時間をできるだけ多く作ることです。
これは、私が一番努力してきたことの一つでもあります。できそうでできないことです。
 心が完全な空白となった時、必ず、自分にとって必要な導き(インスピレーション)が入ります。
 これは、念じて祈ることとは正反対です。完全な受け身になるのです。
真に受け身になれば、必ず導きに入ります。
しかし、ゆったりと空白の心にならなければ導きをキャッチできないのです。
古代の人々は、この心の空白を作るために儀式や儀式へのステップを踏んだのです。

 明日の夜は月食、このタイミングでは、私たちが月にエネルギーを与えます。
 月は女性性のエネルギーの象徴、そして、135度文明は、女性性文明です。
 女性性の力を自身の中から顕現させ、満ち満ちて明日をお迎えください。
 それは、自身のためだけではなく、多くの存在によき力を与えることに繋がります。
 とくに冬至の神聖期間にあたっていますので、重要なタイミングとなります。

      *千賀一生氏のHP:
http://taocode.jimdo.com/

今週末はクリスマスですね。次回は、NYのクリスマスをお届けします。072.gif

061.gif12/10、NYサンタクロース集合イベント:


[PR]
by yukistar88 | 2011-12-21 11:32 | Comments(9)

太陽へ接近する彗星たち&ワンダホー雲

072.gif12/16、
直径約 200mのLovejoy彗星が太陽に大接近し、通過したその様子が見られます。


  クリィック↓
http://swnews.jp/

もし次の映像になっていましたら、上の過去の閲覧「2011/12/17 13:46 」をクリィックしてください。

そして、これはここ最近頻繁に起きている現象で、太陽に接近する彗星が多いとのこと。
10日にはレモン彗星、11日にはフォーブス彗星が近日点を通過したようです。
太陽からの磁気エネルギーが宇宙全体に及んでいるのでしょう。

b0173754_19761.jpg

9/11に接近したエレニン彗星は 太陽フレアの中でほぼ完全に消滅したのに対して、
この神風特攻隊のようなLovejoy彗星は、太陽コロナの温度が摂氏110万度でありながら、
生き延びたそうで、ラヴジョイ彗星(Comet Lovejoy)は太陽表面からわずか140,000kmの
ところを飛行していたそうです。

NASA の太陽観測機ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)は、彗星がその軌道で
太陽に最も近い(近日点)ところから出てくる姿をとらえています。

b0173754_13103943.jpg

http://news.yahoo.com/comet-defies-death-brushes-sun-lives-151858543.html



最近、太陽フレアも急増しているので、私は動悸や心音の変化、、眠気という症状が出ていますが、
頭痛やイライラ、鬱の症状で出る人もいるようです。


そして、前の日記からのつづきですが、12月に入っても彩雲やワンダホー雲は続きます。
たまたま空を見た瞬間に見えるのですが・・・。


*12/2
b0173754_1103920.jpg

b0173754_1124863.jpg

実はこの中央に彩雲が見えていました。
b0173754_1133460.jpg

夕方には、巨大な鱗雲が登場!
b0173754_1141069.jpg


*12/3
夕方、西の空に羽のような細長い彩雲が・・・。
b0173754_1151480.jpg

その周りには、羽衣や天使の羽のような雲がたくさん浮かんでいました。
b0173754_1184248.jpg

天使の羽シリーズです。ご覧ください!
b0173754_1191378.jpg

b0173754_1192738.jpg

b0173754_1194210.jpg

b0173754_1195549.jpg

なんと鴨がV字型になって、西へと飛んでいきます。感動!
b0173754_1203380.jpg

b0173754_1204624.jpg

ゴージャスな天空のショーでした。
b0173754_1215215.jpg


*12/4
NJのMさん宅で、東北震災へ向け支援金集めのチャリティー・バザーが開催されました。
最初にインドからいらしたMayaさんによるチャンティング瞑想からスタート。
b0173754_1241468.jpg

手作りの品を主に出展しています。
b0173754_1245624.jpg

私もヒーリング・コーナー担当と陶芸&クリスタル・ブレスレットを出展させていだきました。
b0173754_252375.jpg

Mさん宅のべべちゃんはヌイグルミのよう。昔、アビューズされていて、救済したそうです。
b0173754_262793.jpg

Mさんたちは、NJの主婦を中心に、ボランティアや難民救済・義援金集めなど活動しています。
*花水木、ぼくたちの地球(ほし)http://hanamizki.exblog.jp/

    バザーが一段落し、休憩にと外に出た時にも彩雲が見えました。
b0173754_1311456.jpg

   雲も羽のように美しく・・・。
b0173754_1314096.jpg

   タツノオトシゴ雲も見えます。
b0173754_1322950.jpg

    ポニョ雲も・・・
b0173754_1325733.jpg

    大きな鳳凰雲。
b0173754_441390.jpg

    NY郊外の自然の中での空にも癒されました。026.gif
b0173754_1343450.jpg


056.gifNews!
2013年6月に、うちの近所でF-1レースが開催されるようで、先日、その発表記者会見が
F-1主催者からあったようです。
数ヶ月前より始まった建築工事もそのためのようで、トンカントンカン毎日音が響きます。

レース開催中の3日間、F-1の車のエンジン音による騒音や通行止め?!どうなるのでしょう?
1年半先のことですが、今から注目されているようですね。
b0173754_1373159.jpg

(photo by NJ.com)

061.gif2013年、F-1情報のサイト:
http://www.nj.com/news/index.ssf/2011/10/gov_christie_announces_first-e.html

インド人のアイディアはすごいかも!005.gif
b0173754_1592097.jpg

人口増加に向け、私たちはますますリサイクルも考えていかないといけませんね。
    ここから見てください。↓
http://rocketnews24.com/2011/12/16/163662/

今年もあと2週間少しですね。年内にやるべきことは済ませ、来年への準備もしていかれますよう。029.gif
[PR]
by yukistar88 | 2011-12-17 01:55 | 自然 | Comments(8)

彩雲つづき&ホリデー用クッキング。

12/11/11には、一日に2回も11:11を見ました。最近、頻繁に「1」のぞろ目を目にしています。
周りの人も多いようで、これは、チャンスの扉が開こうとしている、願いが実現するサインの数字のようです。


b0173754_8285475.jpg

今年(2011年)のMacy's Thanksgiving Day Paradeに登場したキティちゃん!
未だかつて生で見たことないパレードですが、これは見たかったかも。残念!
023.gif
b0173754_8221921.jpg

街はクリスマス一色に。ホリデーのディスプレィも華やかですね。
b0173754_8301683.jpg

b0173754_8302844.jpg


*11/18に、このような珍しい虹色の光がサンキャッチャーから反射されました。
b0173754_8312732.jpg

そして、この日を皮切りに、翌日から次々と彩雲とワンダホー雲との遭遇が始まった。

*11/19
b0173754_8385460.jpg

b0173754_8391828.jpg

*11/20
b0173754_8393337.jpg

       この彩雲の右側には十字雲が現れた。
b0173754_8394611.jpg

*11/25
これは前の日記で紹介した龍&鳳凰雲。
b0173754_8415277.jpg

その後の夕焼け
b0173754_842551.jpg

*11/26
b0173754_8424152.jpg

             3点セット雲
b0173754_8425983.jpg

      ムカデのような形の中央に彩雲が見える。
b0173754_8432994.jpg

b0173754_843395.jpg

鮮やかなる彩雲の登場!なぜか他の誰も気づかない・・・視界に入らないみたいで。
b0173754_8435186.jpg

b0173754_844272.jpg

*11/27
b0173754_8442666.jpg

中央の三角雲の下にある彩雲は、仮面のような顔に見える。両サイドにグルグル巻雲は珍しい。
b0173754_8443633.jpg

*11/28
b0173754_84666.jpg

b0173754_8464484.jpg

b0173754_0233940.jpg


  *ワンダホー雲は12月中旬へも続くので、そのつづきは次回に。

*11/29
NY在住の日本人にも人気なヒデ子・Coltonsaさんのクッキング・クラスへ初参加しました。
彼女のクッキング・ベースは、御持て成し用で、フレンチ・メニュー。
b0173754_851515.jpg

この日のメニューは、サンクスギビングにちなんで、ロール・ターキー他、以下の通り・・・・

クラス開始前に、カクテルをサーブしてくださるので、ちょっとほろ酔い気分に。012.gif
11月はアップルサイダーのMulling Spice。069.gif
基本はシナモン、ナツメグ、クローブズ、オールスパイスをミックスしたホットな食前酒。

ここでは料理実践方式ではなく、先生のお料理を見ながらメモをとっていきます。
皆さん、カメラ撮影もバシバシ。
b0173754_8512646.jpg

ひょうたんのような形のバタースクワッシュと洋ナシのスープ。
b0173754_8563649.jpg

さっぱりめなスープで、スクワッシュの実も一緒にザクッと食べます。
b0173754_853402.jpg

メインは、ロールターキー。薄くたたいたターキーの胸肉の中には香草(sage)と
うまみのあるPecorinoチーズで下味したターキーの挽肉がたっぷり詰まっている。
b0173754_9151386.jpg

Duck Fatで玉葱を炒めているので、深みのある味わいに。
b0173754_913817.jpg

バター炒めしたポテトにローズマリーと塩で味付けしたポテトをサイドに。
なんとなく和風に、つくね味もいいなと思いました。
b0173754_955977.jpg

デザートは、アップルソースで作るアップルパイ。
林檎はGrany Smith種を使うので、酸味と程良い甘さ加減に。
b0173754_9155157.jpg

塩気が効いたButterscotch Sauceとアップルパイの見事な相性。
生クリームとシュガーパウダーものせて豪華に。
b0173754_9161376.jpg


ランチの料理クラスで、ワイン飲み放題ていうのも・・・最後には皆さん、へべれ気味?!012.gif
ポートワインに似たシチリアの赤ワイン、Marsalaもお薦めだそうです。


クリスマスには、何をお料理しましょう? 鍋料理・・・・日本人ですからね。068.gif
[PR]
by yukistar88 | 2011-12-14 09:25 | Comments(2)

⑩.新宿中村屋のインドカレーの歴史&9.11メモリアルへの光。

最近、宇宙の彼方での新しい発見なるニュースが増えてきましたね。

最近では、太陽系外の600光年彼方に、極めて地球に似た惑星を発見されたようです。

NASAのケプラー宇宙望遠鏡で発見されたこの惑星は「ケプラー22b」。
半径は地球の約2.4倍で、生命にとって必要不可欠な液体の水が存在する可能性が
あり、仮に同惑星に地表と大気が存在すれば、気温は摂氏約22℃ということで、
地球外生物のお出ましも近いのはないでしょうか。

b0173754_6331217.jpg


また、300万光年離れた銀河系に巨大なブラックホールが発見されたようです。


b0173754_13184723.jpg


*12/7は、月と金星が最接近する日ですが、NYは雨で見られませんでしたね。072.gif

*12/10は、月全体が地球の影に隠れる皆既月食 今回の月食は双子座にて起こるため
 私たちの心の内側にこそ真の「知恵」があることを示しているそうなので、
 ハートの声に耳を傾け、”内なる叡智”とつながるよいチャンスだそう。
 日本では全地方で欠け始めから終わりまで全過程を見ることができ、こんな好条件の
 皆既月食&赤い満月はなかなかないそうです。


                *** 日本旅行記の続きで、最終編です。 ***

*10/12,
東京の古き友人らとの会食には、新宿の中村屋をリクエスト。
なぜなら、ある日のTwitterで、翻訳家の山川紘矢氏が、
「今、新宿の中村屋で、オムライスを食べています。とっても美味しいですよ。」
というつぶやきに、ピンときて中村屋に行きたくなり、初めて中村屋レストランへ。

メニューは中洋折衷ですが、お薦めのメニューは、オムライスとインド・カレー。
特にカレーは美味しかったです。(新宿女神会の写真はぼけてしまいNG!)

b0173754_13192365.jpg


そして、ここへ来て意外なる中村屋の歴史に触れることになったのです。034.gif
レストランホールに、こんな書が・・・

b0173754_13204498.jpg


あるインド人と中村屋との関係。
ラース・ビハーリー・ボースは、1910年代のインドを代表する過激な独立運動の指導者で、
彼はインドに留まることに身の危険を感じると共に、武力革命のための武器と資金を
調達するために海外への逃亡を企画。その逃亡先として彼が目をつけたのが、日露戦争に
勝利し、国力を高めつつあった日本でした。
日本の地を踏んだR・B・ボース、時は第1次大戦中(1915)、日英同盟が締結されており、
同盟関係を楯にイギリス政府は執拗にボー スの身柄受け渡しを要求する。
国外退去命令を受け、追い詰められたボースは、右翼の巨頭、頭山満の力を借り、
新宿・中村屋の敷地に身を隠し、相馬夫妻と出会ったそうだ。

b0173754_13225756.jpg


それから相馬夫妻は4カ月間命がけでボースを 匿い、ちなみに、この間にボースが
相馬夫妻にカリーライスを作り振舞ったのが縁となり、中村屋は昭和2年「純印度式
カリーライス」を発売したそう。
この後約4年間、日本政府、英国政府の追及が続き、10数回にもわたり隠れ家を移り
住む逃亡生活が続いたが、行動を共にしたのは英語が喋れた相馬夫妻の長女俊子で、
これも運命なる出会いか、大正7年に結婚。逃亡中なので隠れて結婚式が行なわれたそう。

b0173754_13222943.jpg


同年、第一次世界大戦が終結したことを受けイギリスによる ボース追及が終わり、
一家は中村屋敷地内に新居を立て生活が始まる。
ところが、その翌年(大正12年)、俊子は肺炎で享年27歳の短い生涯だったそう。
その後のボースは日本国籍を取得し、インド独立運動に邁進。
その活動は東南アジア諸国に及んだそうで、中村屋のカレーライスを食べて、
そんな知られざる歴史を知るきっかけとなりました。詳しくは↓


*カレー誕生の秘話:http://www.nakamuraya.co.jp/curry_room/room_01.html
            http://www.nakamuraya.co.jp/salon/p14.html

元々はパン屋で、日本初の「クリームパン」を売り出して大ヒットし、一躍新宿を
代表する人気店となったのだそうですが、その後の看板メニューとして人気の「インド・
カリー」、その裏には、ボースの独立にかける熱い思いがこめられたいたのですね。026.gif

ちなみに、カレーはインドから日本へ伝わったのではなく、インドを植民地にしていたイギリスが
取り入れ、イギリス料理として明治41年に日本へ伝わったそう。日本海軍がイギリス海軍を
真似してよくカレーを食べたので、海軍の経験のある人から日本中に広まっていったそうです。
中村屋のインドカレーは、昭和2年からになります。

b0173754_13234575.jpg

                            ボーズと俊子

061.gif”インドカリーの父 ラス・ビハリ・ボース ”



丁度、私たちが行った1週間後から改修工事のため休業となり、現在は仮店舗で営業。
リフォーム後も楽しみですね。また、カレーライス食べたいなぁ。

*中村屋HP:http://www.nakamuraya.co.jp/index.html

「カレーに含まれているターメリックは日本でいうウコンで、自然のアンチビオティックであり、
消化力を高め、腸の活動をよくする働きもあり、、すばらしい抗菌作用を発揮するようです。
血液を浄化するだけでなく、血管の新陳代謝をよくする働きもあるといわれています。」

http://ayur-indo.com/ayur/ayurveda5-3.htm



NYを舞台にした「地球にやさしい生活」という映画を上映していたようだが、見られず・・・。

b0173754_13261248.jpg


日本滞在もあと少し、震災直後に比べると、浅草にも外国人観光客が大分戻ってきているね。

b0173754_13272542.jpg


高校生の修学旅行、懐かしいセーラ服。ここからスカイツリーも見えますね。

b0173754_13274015.jpg


実家の近くのレストランで。デザートはハロウィーン風。そんな季節でしたね。

b0173754_13285875.jpg


日本を発つ前日の夕空も素敵でした。

b0173754_13302152.jpg


b0173754_13304364.jpg


*10/19
成田空港で見た真っ赤な夕焼け空も印象的!外でないのが残念!後髪引かれます。

b0173754_133235100.jpg

今回の日本も充実にて、奈良・京都、東京の神社巡りや温泉など充電できました。
皆様のお陰です。ありがとうございました!016.gif にゃらん・ペン。

b0173754_16461170.jpg


AYAさん撮影の富士山も素敵なので紹介します。2011年2月撮影(河口湖畔)。

b0173754_13362765.jpg


右下に白龍も見えますね。美しゅうございます。ありがとう!

b0173754_13365592.jpg



*11月になり、NYの街はボチボチ、ホリデーシーズンの装いに。
秋の味覚りんごも、豊富な種類がマーケットに出回ります。

b0173754_14401072.jpg

ホリデーギフトショップも出始めて・・・。

b0173754_14404266.jpg

今年の晩秋は暖かいので、防寒具の売れ行きはどうでしょう?がら~ん・・・


b0173754_1440572.jpg


*11/19、
この日は一歩も外出しないでいましたが、夕方、彩雲が何度も出るので、外に出て彩雲を
追うことにしました。

b0173754_13423032.jpg


彩雲を撮影しながら歩いていくと、普段散歩しない方面へと進みます。
少し前まで立ち入り禁止だったところは、いつの間にか公園になっていて、
フォークのオブジェ?!が置かれているので、近づいてみると・・・

b0173754_13454359.jpg


それはなんとWTCビルの鉄骨でした!こんなところに・・・039.gif
この地区での犠牲者を悼み、このようなメモリアルを置くことになったようです。
しかも、ここは以前、丁度WTCが見渡せたポイントでもあります。

b0173754_1349436.jpg

b0173754_1350133.jpg

私によってもこの鉄骨の部分は印象強く、WTCの姿が蘇ります。

*11/25、
9.11トリヴュート・センターでボランティアをしている親友のK子さんにも知らせたく、
青空がとても美しいこの日に、2人で向いました。

b0173754_13553662.jpg

この前にお花が置かれていました。2つの鉄骨は寄り添っているようにも見えます。

b0173754_1354669.jpg

二人で鉄骨に触れながらしばし祈りました。その後、雲が・・・。
一筋の雲をたまたま撮影していましたが・・・これがだんだん膨らんで・・・

b0173754_13571577.jpg

b0173754_13573473.jpg

その雲の下に、一瞬でしたがシルバーに光るUFOを見ました。
更に変化し、太陽にかかると、龍と鳳凰が合体したような姿に化したのです。
雲はまるで生きているかのようで、二人して興奮気味に撮影し・・・

b0173754_13584722.jpg

そして、K子さんのカメラから撮影すると・・・
よく見ると、太陽と雲の真下にグリーンの光が何かを照らしています。
そう、丁度その光の真下が、上のWTCメモリアルのあるところなんです!!

b0173754_1455153.jpg


これはまるで、
祈りの対してのお返事が光となって示されたかのようでした。感動!001.gif

シルバーに光るUFOは、実は9.11事件の当日、最初のビルが崩壊する寸前にも見ていました。
この日に見えた光と繋がっている気がしてなりません。

そして、この翌日から毎日のように彩雲が現れ、しばらく美しい空が続きます。

016.gif今日、紹介したい動画です。
まず、Naokoさんのブログからですが、赤ちゃん同士のおしゃべり。
これ超かわいーーー!!彼らの前世は歌舞伎役者でしょう。「たたたたたぁあ~」
   ↓
ここをクリック!


072.gif必見です。貴方がなぜこの地球にいるのか・・・ぜひお聞きください!(まつ毛が白い?!)

061.gifシャーマン、キーシャからのメッセージ「地球人として生きること」:




http://www.youtube.com/watch?v=ZTN4lG2PctQ&feature=youtube_gdata_player
[PR]
by yukistar88 | 2011-12-06 14:25 | 世界の旅 | Comments(13)

⑨.吉祥寺と洗足の女神会&温かいサンクスギビング・パーティ

*11/30はNYロックフェラーのクリスマスツリー点灯式でした。072.gif
今年もあと1ヶ月。この1ヶ月間に今年の目標・抱負を振り返ってみませんか。

11/27、太陽フレアの影響で、活発な磁気圏活動が発生し、米アラスカ州で
十字状オーロラも出たそうです。「遊造」古賀祐三代表-撮影

b0173754_13103840.jpg

そして、私たちの身体へも様々な体調不良なる症状、鬱やイライラ、頭痛、肩こり、眠気など、
人により症状は異なりますが、私も28日の夜から急に左肩が硬直し、歯の神経にまで及ぶ
強烈な違和感に襲われ、心臓がバクバクと動悸も激しくなっています。
30日は、様子をみながら岩戸塩水を飲んだり、今は亡きサイババの灰(ビブーティ)を
すりこんだりして、様子を見ています。ヤレヤレ・・・。046.gif
b0173754_12452155.jpg


この「岩戸の塩」は、ミネラル豊富な天然サプリメントのようなものですね。
私は、ハワイの友人から日本のお土産にといただき知りました。このお塩の効能は以下:

「伊勢二見浦の旅館「岩戸館」の女将さんが、精魂込めて作っている奇跡のお塩で、
数々の病を治す切欠をつくってくれる奇跡のお塩といわれています。
あらゆる病、癌や白血病も治し、今では放射能除去も出来ると説明もあります。

今まで我々は添加物や電磁波、公害なので大分身体に負担をかけています。
それらを除去し、本来の自分の身体に戻れるように手助けしてくれるお塩です。
今では日本人にとって大問題の放射能の除去、これもやってくれるとの事です。
文明は我々に便利さを提供してくれましたが、反対に地球の生物でもある人間には
暮らせない環境を作ってしまいました。

女将さんが塩を作る切欠となったのは、天からの声。
この場所で、この方法で、こと細かく指示されてお塩は出来上がりました。
満ち潮の塩を汲み、鉄の釜で炊き、天然のお塩を作っていくのですが、
鉄の釜で作るために女性にも嬉しい鉄分が含まれています。

本にがりは、コップ一杯の水に三滴入れ、朝晩飲みます。
これがおいしいと感じるならば、その成分が全然足りていないのです。
これがおいしくないと感じる頃には、自分の身体は正常になっています。

今人間の体温がどんどん低くなっていき、これが病気への抵抗力を失って
いる原因となっていますが、この本にがりで体温を上昇させる効果があります。

また、腎臓など、塩分を控える病気もありますが、これに関しても効果が
あるそうです。本当に必要な成分を摂取すると、回復するわけです。
スーパーで売っているのは偽者で、反対に身体を悪くするので飲まないように。
海草より酵素が作れるのは、日本人だけであるとも説明を受けました。

それから動物の被害も、人間が火を焚かなくなったからだそうです。
人里は火が境界線でしたが、今はごみを燃やすと駄目ですので、動物からすると
全部自分のエリアと思ってしまうようです。

動物を見ていると、自然からのメッセージが分かると。
自然災害の前兆も、全ては動物が先に気がつくこと。それを日々観察して、
直感を養うのが本来の人間の姿だと。

また女将さんは、伊勢神宮の中を歩くには裸足でサンダルの方が良いと言っていました。
出来るだけ裸足の状態で地面と接すると電磁波が除去されるそうです。」


もちろん病の原因は内側からもあるので、外的・内的の両側からの癒しが必要でしょう。

*岩戸の塩:http://www.iwatokan.com/shio/

太陽黒点の発生による電磁波への対策としては、白山道氏のブログによると、
1.肉体のダイエット。肉体的にも身軽に成ることが大事で、そうすると心臓への負担が激減する。

また、このようなシフト時の対処法として効果的なのは、水を飲んだり、眠ったり、瞑想したりする
ことだそうです。

先週から急に片付けモードに入り、シンプル・ライフになりたくて、断舎離を実行しつつあります。
不要品を手放し、スペースを作る。そんなわけで、この11月末から12月上旬にかけて、
私たちの周波数、または、波動調整期間という気がしています。

また、ニュースではあまり報道されていなようですが、11月末にイスラエルがイランの
原子炉を”先制”攻撃したようで、「第三次世界大戦」という噂もあります。が・・・
こうした世情も私たちの心の反映であるので、今後私たちが見たいものは愛と光なのか、
それとも闇の影なのか・・・今、問われているのかも。グラウンディングをしっかりしていきます。

072.gif12月のメッセージとして:

{数字のメソッド 著者 辻 麻里子さんより}

★12のキーポイント
 巨大な組織。大きな単位。取り仕切る。まとめる。自信。
 ゆらぎがない。優等生。模範的。至福。教官。家族。家系。
 家を守る。先祖を敬う。記憶の整理。統合。融合。魂の旅路。

★12月 メッセージ
 太陽のエネルギーが降り注ぐ月。
 地球が太陽から守られているような月。
 地表面を突き抜けて、地球内部に命の光が吹き込まれる月。



     ****** 10月の日本の旅日記の続きです。*********

*10/11
今年5月にNYから日本へ帰国したエミリンさんとその友人らと吉祥寺猫祭のイベント目的で
集まりましたが、結果、猫のショップ1件寄っただけで、あとは井の頭公園散策とACIM中心の
トークとなりました。

b0173754_1465943.jpg

まず、井の頭公園内にある弁財天(弁才天)を参拝して・・・。

b0173754_147426.jpg

弁財天とは、元はインドのヒンドゥー教の神様サラスヴァティーだそうで、
サラスヴァティーとは聖なる(豊かなる)河といった意味で、水の神様。
日本の三大弁才天は、江ノ島・竹生島・厳島で、全て水の側に祀られていて、
この井の頭弁財天も井の頭池の中にありますね。

b0173754_149246.jpg

井の頭公園の歴史は、安土桃山時代末期にまで遡り、江戸を中心に関東地方を
治めた徳川家康は、市民の飲み水を確保するため、この地にある七井の池
(7つの湧水があった)の水質調査を命じ、日本で最初の上水道となる自然流路の
神田上水を完成させたそう。徳川家康はお茶をたてるのに、この湧水池の水を
用いたそうで、現在でも「お茶の水」という通称で残されています。知らなかった。

b0173754_1491977.jpg

東京に住んでいた頃は、1,2度訪れたことがあり、その時の印象は薄かったですが、
今回、公園の森を歩いてみると、地面から木々から心地いい気を感じました。
東京のパワースポットなのでは・・・。ikoさん宅の近所ですね。

b0173754_1418382.jpg

そのまま勢いで、お隣の三鷹の森-ジブリ美術館へ。

b0173754_20573864.jpg

ところが本日閉館。トトロがお留守番していました。

b0173754_14223696.jpg

どちらにせよ事前に予約がいるようなので、またの機会ですね。

b0173754_23593795.jpg

皆とはランチしたり、カフェでお喋りの有意義なひと時。063.gif
こんなカワイー動物の顔。最近ますます技が細かい、さすが日本人!
b0173754_14313686.jpg

自分の体験談をシェアすることは誰かにとっても必要なメッセージであります。
               吉祥寺での女神会、ありがとうございました!


*10/13
東急目黒線西小山駅 徒歩3分にある明美さんオーナーの”Blue Dragon”へ。
妹の晴美さんとも久しぶりの再会でした。T子さん、Ikoさんも揃い、一緒にランチ。

b0173754_14453979.jpg

明美さんは元宝塚ジェンヌで、アクセサリーデザイナーでありながら、ガーデニング、
ルームコーディネート、デコレーターなどマルチな才能の持ち主。
「Blue Dragon」は、エンジェルの世界、そしてベルサイユ宮殿のようにキラキラしている。

b0173754_16103416.jpg

彼女の手に触れると魔法がかかるようで、今、話題のココペリも変身します。(真ん中)

b0173754_14495586.jpg


*「Blue Dragon」:http://bluedragon-an.jp/

妹の晴美さんも近所で、米ぬか100%の酵素風呂「Ondine」をしています。
以前体験しましたが、ポカポカ全身から汗が噴出し、デトックスされました。

*酵素風呂「Ondine」:http://www.ondinef.com/access.htm

                洗足での女神会、ありがとうございました!


                            *新宿女神会、中村屋の歴史につづく

*************056.gif Thanksgiving Day *****************

*11/24はサンクスギビングデー、

未だかつて生で見たことないMacy'sのサンクスギビング・パレード。
今年はキティちゃんのバルーンも登場したようです。

b0173754_15145134.jpg

このホリデーには、ターキーをクランベリーソースで食べるのが一般的ですが、私は、
クランベリージャムをつくってみました。
ビタミンC豊富なクランベリー、甘すっぱくてヨーグルトにかけても美味しいよ。

b0173754_1594284.jpg

前日23日は、友人K子さん宅へお泊まり。English Gardenのようなアパート周辺。

b0173754_15203051.jpg

K子さんの愛猫レナちゃんと遊んだり・・・夜中にこんな出来事が!
b0173754_15185342.jpg

それは、私の枕元にレナちゃんが来て、「ニャン」と鳴き、肩をチョンチョンと叩いた。
「ここにいると!」という感じがして。翌日、K子さんにそのことを話すと、レナはそんな行動は
したことないので、多分、私が飼っていた亡きミケではないかと・・・ウルウル。
猫も犬も人間の感情を理解し、全てエネルギーでキャッチしているのよね。

064.gifサンクスギビングデーは、K子さんのゴスペル仲間のDebbieさんファミリー宅のパーティへ。
Whitestone Bridegeを渡り、Bronxまでドライブ。

b0173754_15321567.jpg

ファミリーといっても、Debbieさんの本当の家族でなく、親しいファミリー。
血縁はなくとも本当の家族のように皆、温かい人たちでした。
82歳とは思えないUncle Wattsさん、ターキーをカット。
b0173754_15334283.jpg

             かなり大きいサイズのターキー。
b0173754_2111097.jpg

ディナーのデッシュは、手作りソウルフード中心で美味しかったです。
b0173754_15365758.jpg

b0173754_1537154.jpg

皆でテーブルを囲み手を繋ぎ食べ物と神へ感謝の祈りを捧げ、いただきました。024.gif
b0173754_1556726.jpg

1970年代、彼らが実際人種差別されたお話など、昔の貴重な思い出なども聞いたり・・・。
過去に色々な経験もしてきたけれど、今はDr.や教師など立派な方々であり、ハートも温かく、
とてもいいエネルギーを受け取りました。「You are my family!」って。043.gif

b0173754_15573883.jpg

坂本九の「上を向いて歩こう」”スキヤキ・ソング”やキューバ音楽の”Guantanamera”などを
ギター演奏で歌いましたよ。約1名寝ているし・・・060.gif

b0173754_1629994.jpg

愉快で温かい人たちの愛に触れたThanksgiving Nightでした!皆さん、ありがとう!
016.gif
[PR]
by yukistar88 | 2011-12-01 16:27 | 世界の旅 | Comments(6)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧