<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

②.マイナス・イオンたっぷり谷川岳エコ・ハイキング!

056.gif10代・20代の頃、家族旅行で谷川岳の一ノ倉沢へ行ったことがあり、その心地良さと渓流の
冷たさがとても印象的で、行きたいと思っていたところ、この度念願叶いました。

*7/29
一ノ倉沢など谷川岳の岩場は、その険しさから剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つに
数えられ、ロック・クライミングのメッカとなっていて、過去に805人の遭難死者が出ているそう。


b0173754_23171095.jpg


今回は、険しくない谷川岳エコハイキング・ツアーに申し込み、約4時間かけて山道を散策しながら、
一ノ倉沢の先、終点は幽ノ沢にて湧き水を汲むコースを楽しみました。

*谷川岳エコハイキング・ツアー:http://www.minakamionsen.com/ecohike.html

b0173754_23191889.jpg


ガイドさんは、谷川岳の歴史や高山植物の説明などしてくれて、ブナ、チシマザサ等の
広葉樹林帯から一気に灌木樹林帯へ移っているのが特徴だそう。
山道の所々に、「風穴」といって、天然クーラーのような冷たい風が通る隙間があります。

034.gif環境問題でいえば、山の森林植林もよくないとかで、人工杉林では保水力がないために
土砂崩れが起こる原因になるので、谷川のような雑木林が理想だと。
樹木につく虫やカビの大量発生により樹木が枯れてしまうのは、現代は野焼き禁止を
したことが原因であり、そのため山に薪拾いに行かなくなったり 山を護る人がいなくなり、
台風や大雨によってなぎ倒された木は、川を下って海まで流されてしまうのだと。

海岸に打ち上げられる木は、昔ならそこに住む人たちがそれを当てにして薪拾いしたが、、
今は拾う人もなく、その量は半端でなく、それらの処分に困っているそうです。
しかも野焼きができないため、木は海岸からゴミ焼却場に運ばれて燃やすしかなく、
その手間と、塩分を含んだゴミは焼却釜を痛めるという悪いことの連鎖が続くようで、
昔は焚き火を盛んにしていたので、それが防げたのでしょう。

九州の知り合いも申しておりました。
昔は、槙は燃料に、草は家畜の餌として、皆取りあい、分け合い、恩恵に浴していたそうで、
田畑では季節になると、煙が上がり、日本の農村風景の風物詩でしたが、今は洗濯物や、
喉に悪いと敬遠され、悪いところばかり目立つようになったと。煙は自然の殺虫剤。

やはり綺麗な海は綺麗な山が作ると言われるように、全ての自然の恩恵を循環してこそ、
自然と調和して生きる、そのように自然界は全て繋がっているのですね。


b0173754_23212213.jpg


谷川岳は多雪で日照時間が少なく、東面の谷では夏でも雪が残るなど、2,000m級の
山には見られない特殊の地勢をつくっています。

*谷川岳:http://shop.knt.co.jp/ecn/sys/a_contents.asp?f=minakami_tanigawa.html

    あちこちにドクダミも咲いています。
b0173754_23242559.jpg

今回、九州の知り会いが、自家製ドクダミ茶を送ってくださいました。
丁寧に、ほぼ原型のままのドクダミ茶、貴重なる天然100%で有難いです。
b0173754_23244271.jpg


約1時間歩いて、途中マチガ沢で休憩。
ここは昔、三軒ほど宿があったようで、畑や墓跡が残っているそう。
越後から山道を夕暮れ時に下ってきた人が、灯火を見て、「あぁ、町が見える。」と
喜び発した言葉から、マチガ沢と名付けられたと。ここのマイナスイオン値は、9230個/cm3。026.gif
b0173754_022154.jpg

マチガ沢から30分で、一ノ倉沢へ到着!マイナスイオン値は、なんと15,100個/cm3!043.gif
b0173754_0593390.jpg

心地いい爽やかな風がとめどなく吹き付けます!雄大なる一ノ倉沢の景色!
あの雪のところまで登ってみたかったですけどね・・・。
b0173754_111175.jpg

そして30年?ぶりに、この渓流に足をつけます。氷水のように冷た~!!清流-③
b0173754_115311.jpg


ちなみに、冬はこんな感じのようです。
b0173754_156737.jpg


更にその先の幽ノ沢へ。一ノ倉沢から先へ進むと、ここで遭難死した人の慰霊碑を
あちこちで見かけました。地名からして、ちょっと気になりますが・・・046.gif
幽ノ沢の湧き水をボトルに汲みます。ひんやり純粋な美味しいお水でした。
b0173754_1141447.jpg

ここが折り返し地点となり、戻ります。たくさんのハイカーが到着!
b0173754_1145033.jpg

山道ですれ違うハイカーたちとは、「こんにちはー。」とご挨拶!尾瀬でも経験しました。
b0173754_1153717.jpg


        3:00pm、約4時間のハイキングも終了です。お疲れさまでした!
b0173754_12523064.jpg

よく歩きよく汗をかき、たくさんのアルカリイオンを浴びてリフレッシュ!026.gif
b0173754_1324692.jpg

次は長野の友人タッキーさんを訪ね、清里から山梨へ抜け、グループ合宿です。
b0173754_1352477.jpg


         焚き火を復活させたいね!029.gif


                                     山梨の自然合宿へつづく
[PR]
by yukistar88 | 2012-08-29 01:36 | 自然 | Comments(6)

①.高崎の観音様と清流を訪ねて

夏の季節に日本を訪問したのは7年ぶりのこと。
あまりの蒸し暑さに体はなかなか慣れなかったけれど、懐かしい蝉の声を聞いたり、浴衣姿や
花火など夏の風物詩もいいなぁ~と、約3週間に及ぶ日本滞在は盛り沢山で、暑さと爽やか
なる水流と共に過ごした夏休みとなりました。
                 お世話になった皆さんへ、ありがとう!001.gif

b0173754_142971.jpg


いつもながらたっくさん写真を撮ってしまったので、少しづつ紹介していきたいと思います。
(到着した翌朝の東京の空-7/26)

b0173754_13565990.jpg

      
*7/25、空が好きだから、飛行機に乗って雲に近づくと興奮気味に。
二度と同じ景色はないから、それぞれ自然なアース・カラーを楽しむよ。

NYを発つ前に、真っ赤なバックに摩天楼のシルエットがステキ!
b0173754_13451298.jpg

離陸後の見えた景色は、雲下はピンク色に染まり、幻想的でした。
b0173754_1346383.jpg

      三日月が上方に見えて・・・
b0173754_1350265.jpg

     分厚い雲のカーペット。この上でゴロゴロしてみたい。
b0173754_13504066.jpg

        空の境界線グラデーションにウットリ!

b0173754_1351818.jpg


*7/27、日本出張中のK子さんと急遽東京で会いました。それは共通のNYでの知り合いが、
7/25に都内の病院で逝去し、最期のお別れをするためで、この日、K子さんは大阪から
日帰りにて。まだ42歳という若さの死は残念ですが、人の死から考えさせられることは多く、
この件はまた後で綴りたく思います。

急なことで、喪服を用意していなくて、ご遺族からも気にせずということで、このような
服装にて斎場へ向った次第です。帰り道に撮影・・・
b0173754_7593859.jpg

       夕方、群馬へ移動し、ある神社へ立ち寄ると・・・
b0173754_14143452.jpg

           野良猫ちゃんがお出迎え。
b0173754_1413231.jpg

        スリスリとフレンドリーなミケ似の猫もいましたよ。
b0173754_1414556.jpg


*7/28
        今では有名なお菓子、ガトーフェスタ・原田のガトーラスク。
b0173754_1417324.jpg

東京のあるデパートでは、並ばないと買えない程だったとか。商売繁盛にて、立派な宮殿ぽい本社ビル。
b0173754_14175538.jpg

そして、前回時間なく断念した念願の高崎の慈眼院大観音(百衣観音)へ。
b0173754_1423263.jpg

1936年(昭和11年)、実業家井上保三郎によって建立された鉄筋コンクリート製で高さ41.8m。
b0173754_14231684.jpg

            慈愛なる光でしょうか。安らぐ柔和な観音像。
b0173754_14235899.jpg

内部見学してみると、9層に分かれていて、20体の仏像が安置されている。
b0173754_14271116.jpg

トップからの景色。往復10-15分程度で内部見学できます。
b0173754_14275743.jpg

             自由の女神と重なるものがありますね。
b0173754_1428386.jpg

               こちらは自由の女神
b0173754_2328462.jpg

             昭和11年のオープニングの模様。
b0173754_142984.jpg


そして、2007年LAで撮影したこの雲は、やはり観音菩薩であることを確認できました。
b0173754_21453614.jpg

b0173754_223552.jpg


         それにしても炎天下の中、歩くと汗ダクでした。042.gif
      午後には、大きな羽を広げた天使のような雲が見えたよ。
b0173754_1432635.jpg

      と、雄大なる光芒。
b0173754_14322759.jpg

水上温泉郷へ向う途中の渓流にて休憩。水の音に癒されて心地いい!清流-①!
b0173754_1444357.jpg

今回の日本滞在において、不思議といくつかの清流と出合いました。
それは私が求めているからでしょう。次々と引き寄せて、行く先々に青龍?!清流!
ダムも見かけました。
b0173754_14531184.jpg

この日の宿も清流の近くで、素朴で温かい御持て成しでした。清流-②
b0173754_1455328.jpg

    山菜中心のお料理、揚げたての天ぷらを運んでくれます。

b0173754_14552496.jpg



今夜は墨田川の花火大会。日本の花火は凝っているので、生で見てみたい!!
でも混雑しているし、無理だろうから、せいぜいTVで鑑賞しましょう。

b0173754_1456224.jpg

b0173754_14561526.jpg


と手放したからか、後日ギフトをいただきましたよ!
029.gif

                           谷川岳ハイキングへつづく
[PR]
by yukistar88 | 2012-08-21 15:17 | 世界の旅 | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧