<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

⑨.茅ヶ崎での夏休み&日本のマイフレンズ

前の日記が平和祈念式典の内容で、ややリキ入りましたが、ここからリラックス・モードになります。045.gif

*8/7
広島から神奈川茅ヶ崎へ移動し、友人でアロマセラピストのKyokoさん宅へ。
夕方、Kyokoさんのワンコ、チョコやんの散歩がてら、一緒に海岸へ。

b0173754_12281774.jpg

潮風が気持ちよくて、広島では緊迫していたのか、かなりユルユル・モードに。026.gif
b0173754_1230241.jpg

20代前半の頃は毎週末、湘南に来てサーフィンを楽しんでいましたよ。
                  (烏帽子岩とサーファー)
b0173754_12295088.jpg

                  チョコやんのお友達かな・・・
b0173754_12315774.jpg

夜はKyokoちゃんと居酒屋へ。なんでも一番のお気に入りの居酒屋とか・・・。
             さすがに海鮮は美味いし、ここはなんでも旨し!
b0173754_12331527.jpg

           お嬢なチャコちゃんは絵になるね。
b0173754_12451932.jpg

             そんな彼女も12歳!人間のようなワンコです。
b0173754_11393889.jpg

Kyokoさんのセラピー・ルームは、リノベーションされて、更にレベルアップ!
ゴッド・ハンドと呼ばれるKyokoさんのトリートメントは素晴らしい!ここにいるだけで癒されます。
上田のアロマセラピストのタッキーさんと並ぶ人気です。八ヶ岳滞在中、ぎっくり腰寸前になった私。
すがさずタッキーさんとKyokoさんが飛んできて、同時に癒してくれた時はジーンときました。
その想いが嬉しいよ。お陰様でぎっくり腰にはならず、その後の旅も順調に。ありがとね!016.gif

072.gifMrs. Pineappleのブログ:
http://kyokospa81.exblog.jp/
b0173754_12532257.jpg


*8/8、Kyokoちゃんと湘南で、気分は夏休み。058.gif
といってもバタバタと半日だけでしたが、久しぶりにチャリに乗って海岸へ。
b0173754_12554042.jpg

昨日より海水も澄んでいたので、ちょっとだけ海水浴。体が求めていたのでしょう。
カラスの行水のようにピチヤピチヤと浴びた私でしたが、もっと浸かりたい・・・て。
b0173754_1257025.jpg

このツーショットを見ての通り、過去生では母と娘ですから、ファッションがマダムと少女の
ような差がありますね。043.gif
b0173754_12583953.jpg

海水浴は15分程度で、その後は市営プールで泳ぎます。こーいうプール、なんか懐かし~
b0173754_12591126.jpg

Kyokoちゃんとは、更に8/12の湯島での”輪の会”でも会えます。


*夜は東京へ移動して、従妹宅へ。
従妹は、OLの傍ら美容師のヘアー&メイク、着付けの副業もしている頑張りやさん。
お部屋の着付けサンプル用浴衣が涼しげ。従妹のヒロリンも湯島に参加で後ほど紹介。
b0173754_134333.jpg


*8/9の夜、元同僚、クラスメートの友人たちとの会食で、2度目の中村屋へ。
           キクちゃん&コマちゃん、いつもありがとう!
b0173754_1391519.jpg

タカちゃん、30年来の友人たち。皆ちゃんのお陰で、日本滞在もハッピーだよ!
b0173754_1393029.jpg

*8/10、chiemittiさんとランチ。ここのパンケーキが美味しいということで。目黒駅ビル内。
b0173754_13143079.jpg

chiemittiさんも湯島の”輪の会”出席にて後ほど登場です!肝心のパンケーキ、写してなかった。
b0173754_13172490.jpg

すみません。お店情報お願いします。chemittiさん!
011.gif

*8/10、ジャーナリストのikoさんと渋谷のカフェで会いました。
暫く体調を崩していたので元気になってよかったです。歩くハリウッド映画辞書ていうくらい詳しいよ!
b0173754_1318398.jpg

その後に、二人で思いつきで明治神宮へ。
渋谷駅から歩こうと思ったら・・・・丸井の前でこんなバスを見つけて・・・
無料で原宿駅まで行くいうので、乗車する。それにしても派手!場違いならぬバス違い?!
b0173754_1322645.jpg

明治神宮参拝。今夜は神宮外苑での花火大会があるので、浴衣姿が目立ちます。風情あるね。
b0173754_13262996.jpg

御社殿の空間は、神聖なエネルギーに包まれていますね。心地いい風に吹かれて・・・
隣でオリンピック中継のラジオを聴いている人がいたような・・・どこか昭和の香り。
b0173754_13282744.jpg

ikoさんと二人して、想い出せないでいたハリウッド映画女優の名前、Sandra Bullock!
たまーにあるよね、こういうこと。やばし(笑)


この夜、TVを見ていたら、懐かしい「伊豆の踊り子」を放送していた。
というか、じっくりこの映画を観たことなかったので、見入ってしまった。
b0173754_13331812.jpg

昔、三浦友和のファンだったので、しみじみ若き頃の友和を見て凛々しいなと。016.gif
b0173754_13333667.jpg

     百恵ちゃんも綺麗だし・・・笑顔がステキです。
b0173754_13342228.jpg

やはりお似合いのカップル!この頃の伊豆はもっと素朴だったのでしょうね。昭和の香りね。
b0173754_13355279.jpg


056.gif歴代の踊り子役には、美空ひばりや吉永さゆりなどなど。
映画では、キャストを替え過去に6回上映されたのですね。
1974年放映-「伊豆の踊り子」、今日は懐かしいこの曲と映像を楽しんでね!
029.gif




      
[PR]
by yukistar88 | 2012-09-30 14:18 | 世界の旅 | Comments(10)

⑧.折り鶴が繋ぐトルーマン元大統領の孫と被爆者による平和への扉

072.gif前の日記のつづきより;

⑥.戦死した祖父の魂と共に広島訪問&9.11から11年:
http://yukistar88.exblog.jp/18988748/

⑦.67回.広島平和祈念式典と神の光:
http://yukistar88.exblog.jp/19013684/

*2012年8月6日
広島原爆祈念日の式典と、夜の灯籠流しも生で見て感じたいと思っていました。

b0173754_0385148.jpg

式典後、夕方6時から始まる灯籠流しの申し込みをし、それまでの間、広島市内を
歩いたり、広島平和記念資料館の見学などしてついやした。
                     (市内を走る路面電車)
b0173754_1364139.jpg


*6:00pm、太田川に最初の灯籠が川に流される。

b0173754_13102124.jpg

b0173754_13111675.jpg

               約1時間後の灯籠の様子・・・

b0173754_13202292.jpg

              とてもカラフルな灯籠の数々。

b0173754_1320535.jpg

             この時、空に浮かぶ黄金色に光る雲・・・

b0173754_2223452.jpg

            更に日は落ちてきて・・・情緒たっぷりに。

b0173754_1321199.jpg

             夜は夜なりの平和公園は賑やかな雰囲気に。

b0173754_132821100.jpg

スクリーンに映る女性は、米在住の被爆者である笹森恵子(しげこ)さん。
彼女は13歳で広島で被爆。その10年後の1955年、米作家故ノーマン・カズンズ氏の
尽力で25人の「原爆乙女」(Hiroshima Maidens)の一人として渡米し、ケロイド治療を
受けながら、整形外科手術は30回以上にも及び、結婚・出産を経験し、現在は米CA州
在住で、介護医療に携わっています。現在も癌が再発するなどして治療繰り返し、
アメリカでも英語で平和活動をしている被爆者の一人です。

b0173754_1327513.jpg

不謹慎かもしれないが、あちこち催しもあって、どこかお祭りモードでもあります。

b0173754_13293427.jpg

原爆による多勢の犠牲者、悲惨な出来事であったが、今でこそ穏やかに故人の冥福を祈る。
そんな想いで、目に見えないスピリットに語りかけ撮影した一枚に多くのオーブが写っていた。
灯籠流しには、たくさんのスピリットが集まるということがわかりました。
こんなたくさんのオーヴは、ペルーのアマンタニ島以来になります。

b0173754_13322016.jpg

     灯籠流しの列にはたくさんの人達が並んでいた。
灯籠の申し込みをしたものの、こうして灯籠を直に見て感じる、それだけ十分でした。

b0173754_1334391.jpg


その夜の日テレ系ニュース番組「NEWS ZERO」に、トルーマン元大統領の孫ダニエル氏と
被爆者佐々木氏のインタビューと式典の模様が放送されました。

b0173754_13413710.jpg

櫻井さんが、広島で取材したニュース画面をアップしながら、この番組では伝えていない
部分も含め、紹介します。

メディアでは伝えていないことですが、ダニエル氏は、まだ祖父が果たした役割を知らない頃の
息子たちと一緒に、折り鶴の本を読んだことがあるそうで、数年前の日本の新聞記者の取材で、
その話を伝えたことで、平和運動に取り組んでいる禎子さんの兄で被爆者の佐々木氏が
面談を強く希望したそうです。
面談の前の2009年、二人が電話で話した時に、佐々木氏がダニエル氏に、「赦し」なる言葉を
述べたその瞬間、ダニエル氏は電話の向こうで号泣されたのだそう。号泣されたのは、祖父の
任務とはいえ、心のどこかに、もしや祖父自身の魂の辛苦なる想いか、心の奥に秘めた想いが
解き放たれた瞬間だったのではないでしょうか。

b0173754_13455194.jpg

ダニエル氏は、「祖父を敬い、愛する心は変わりない」と公言しながらも、1945年に
祖父が下した決断が広島、長崎にどのような結果を招いたのかをきちんと理解する
ことが大切であると。また、被爆者の皆さんの人生にどんな影響を与えたか理解しな
くてはならないと思い来日を決意され、奥様と2人の子息(23歳、15歳)を伴っての
訪問となりました。

b0173754_23435080.jpg

今回の訪日は、ダニエル氏と、もう一人アリ・ビーザー氏、彼は広島・長崎両方への
原爆投下機に搭乗していた唯一の米兵の孫で、2011年8月にも広島入りしていて、
今回はダニエル氏と共に広島・長崎の被爆地訪問。(ダニエル氏の右隣-手前)

b0173754_13462568.jpg

2010年5月、ダニエル氏と佐々木氏は、NYのグランド・ゼロの追悼施設にて面会し、
その施設には、5羽あるサダコ鶴の最初の1羽が寄贈され、ダニエル氏も禎子ちゃんが
病床で折った小さな折り鶴を手にとり、心動かされ、彼女の病床の情景を思い描いたそう。

b0173754_13471538.jpg

    (原爆の子の像でサダコの兄佐々木氏と鐘を鳴らすダニエル氏) photos by 産経新聞

被爆者との対面では、「どんなことを言われても受け止める。」と覚悟し、被爆者は、ダニエル氏の
今回の行動は、米国では非難されるかもしれない、それでも勇気を出して寄りそう姿勢を
見せてくれた。」とダニエル氏に歩み寄り、握手をかわしたようです。051.gif

b0173754_13491794.jpg

また、ダニエル氏は広島での初日には、「二度とこのような悲しい出来事を繰り返さない
ためにも、 被爆者証言や現地で自分の目、耳で見聞きしたことは米国に戻ってから多くの
人に伝えていくつもりです。」と繰り返しコメントされていたそうです。

今回の訪問は、国や政府でなく個人レベルでの親善・交流ですから、こうして実現できた
ことも奇跡といえば奇跡であり、多くの方々のサポートが運んだ導きでしょうね。

b0173754_1350313.jpg

実は式典前夜、私もダニエル氏らと同じホテルでしたので、面会するチャンスがあり、
訪日への歓迎と、広島・長崎への訪問に際し、それは素晴らしき瞬間を迎えることと
信じています、とご挨拶させていただきました。
取材では立場上、険しい表情が多かったですが、なんとも優しい素顔のダニエル氏。
同行しているK子さんと。実は二人共、連日の取材でかなりのハード・スケジュール。
ご家族も日本の猛暑は初体験で、汗をぬぐいながらの移動だと申しておりました。

b0173754_1474459.jpg


広島平和記念資料館を訪れる米国人の中には、記帳に、
「No more Hiroshima, but remember Pearl Harbor
(広島を繰り返してはならないが、真珠湾も忘れるな)」と記す者もいるそうで、
佐々木氏もダニエル氏も互いに感じている、アメリカ人にあるパールハーバー、日本人に
あるノーモアヒロシマという気持ちがある以上、主義主張をぶつけるだけでは、何も変わら
ないという思い。終戦から67年のこの和解は始まりであり、サダコ鶴とトルーマンの孫
ストーリーは、これが最初のステップとして、今後の展開も見守りたく思います。

b0173754_1431383.jpg

056.gifそして、その翌月の9/22、折り鶴平和プロジェクトの3羽目のサダコ鶴がハワイの真珠湾に
寄贈されることが決定したというニュースが飛び込んできました。
寄贈式典は、2013年9月21日の予定です。

佐々木氏の息子祐滋氏とK子さんもその寄贈式典に出席しましたが、この橋渡しをしてくださった
のもダニエル氏であり、真珠湾寄贈式典のサポーターとして、パールハーバーサダコ鶴寄贈資金
活動に御尽力頂いてる方々ハワイ上院議員、日本総領事館副領事、日系団体・企業の代表や
関係者が集まったそうです。残る2羽はどこへ寄贈されましょう。

*産経新聞での3羽目のサダコ鶴寄贈ニュース速報。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120923/amr12092310130001-n1.htm


*源和子さんのHP「奇跡の大使館」:http://miraclembassy.com


K子さんが、今回ダニエル氏と広島・長崎式典など10日間の同行している中で、
一番心に響いた彼の言葉は、「核兵器撲滅、戦争のない世の中というスローガンの
中で見出した究極のゴール、使命は戦争体験者らが互いに癒し合うこと。まだ赦せない
という思いに囚われている日米の戦争体験者を引き合わせ、大きな視野と思い遣りを
持って、お互いの立場や見解の違いを越え、理解し合あえ る機会を作りたい。」という、
胸のうちの思いを静かに語ってくれたことだそうです。
その実現のため、協力してくれる人達もどんどん集まると信じています。

*8/7、
広島を去る前に、今一度、慰霊碑へ向ってお別れをしてきました。

b0173754_14302664.jpg


072.gifまた来る日まで、さよなら広島・・・多くの平和への祈りをありがとう!

b0173754_1341567.jpg


055.gifK子さんは、今回の広島・長崎訪問への同行はボランティアで、本当にご苦労様でした。
本業である彼女が勤務するNPOでの仕事、教育プログラムでのプロジェクトに、毎年、
アメリカ人の特に歴史教員を引率し、広島を中心に日本国内を周る研修ツアーをしています。

その中で、日米における歴史に触れることも多く、学術書や書物に書かれている内容から、
また、広島平和資料館の展示室の歴史背景でも詳しく説明してあるそうで、そんな中から
簡単にまとめた第二次世界大戦に関する歴史を一部紹介します。
私自身、歴史が苦手でして、今になり勉強させられております。参考にさせていただきます!

マンハッタン計画のもと、原爆投下をもとは推し進めていたのはルーズベルト大統領で、
ルーズベルト大統領は、戦時中の1945年4/12の昼食前に脳卒中で死去し、副大統領
ハリー・S・トルーマンが大統領に昇格した。が、急に引き継いだトルーマンには原爆プロ
ジェクトのことは大統領に就任するまで何にも知らされていなかったそう。
その当時、日本も原爆を開発しようとしていたことも事実。
その後5月にはドイツが降伏、8月には日本が降伏して第二次世界大戦が終結する
目前の死であったそうだ。

ソ連も日本降伏前に参戦しようと本土上陸していたり、戦後のソ連とのドイツの東西分配を
避けたいアメリカがソ連に「急に参戦した勝戦国」として、いいところを持っていかれない
ようにアメリカが一国で太平洋戦争を終わらせたい焦りもあったともいわれている。

マッカーサーは、日本占領軍の棟梁として力を発揮していたが、トルーマン大統領の
次期大統領の座を求めていたが、本国での支持が得られず、寂しい晩年だったとも。
今も大手町の第一生命ビルに、昭和天皇が出向いた当時のマッカーサーの執務室が
あるそうです。

*マンハッタン計画:(英: Manhattan Project)とは、第二次世界大戦中、枢軸国の原爆開発に
焦ったアメリカ・イギリス・カナダが原子爆弾開発・製造のために、科学者、技術者を総動員
した計画である。計画は成功し、原子爆弾が製造され、1945年7月16日世界で初めて
原爆実験を実施した。更に、広島に同年8月6日・長崎に8月9日に投下、計数10万人が
犠牲になり、また戦争後の冷戦構造を生み出すきっかけともなった。


061.gifこの9月にNHKで、戦後の日本の政治、経済復興を目指した吉田茂物語「負けて、勝つ」が放送されましたね。

http://www.trend-review.net/blog/2012/09/002374.html



*戦後の日本を知るためのお薦めなる1冊:
b0173754_13553085.jpg

孫崎亨著者「戦後史の正体」:
日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、本質が見えてこない。
元外務省・国際情報局長という日本のインテリジェンス(諜報)部門のトップで、
「日本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者がこれまでのタブーを
破り、日米関係と戦後70年の真実について語る1冊。




061.gif各メディアでの報道:

*「トルーマン元米大統領の孫が広島」の記事(47News):
http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012080401002159.html

*サダコ鶴(被爆者)とトルーマン元米大統領の孫の対面(産経新聞):
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120815/trd12081507580002-n1.htm

*8/6 BBC ニュース(Video 動画):
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-19153321

*Yahoo.com News (ヤフー・ニュース)
http://news.yahoo.com/truman-grandson-visits-hiroshima-bomb-memorial-123905648.html

061.gif日本人は誇りを取り戻すべき:





この翌年2013年、源和子著「奇跡はつばさに乗って」
(講談社)が出版され、彼女自身がこれら一連の流れを
直接目撃してきた様子が書かれています。
児童書なので、中学生から読むことが可能であり、
世界平和へと願いを込めて、紹介したく思います。

b0173754_11284421.jpg


                    茅ヶ崎の夏休みと湯島食堂の輪の会へつづく



[PR]
by yukistar88 | 2012-09-26 15:24 | Comments(7)

⑦.67回.広島平和記念式典と神の光


072.gif竹島をめぐり韓国と、尖閣諸島の領土争いで中国と、隣国同士はなぜ仲良くできないものか?
戦争のきっかけは領土問題が主だけれど、今回の日中対立も、誰かが意図的に仕掛けているという、第三次世界大戦へ引きこませる闇の勢力に負けないで。034.gif

中国での日系企業を襲撃したり、反日デモに参加した中国人の中には、100元(約1200円)を受け取った人もいると証言があったから、影(闇)で動かしている組織がいるのだね。デモを反対する和平願う中国人もいるのに、その方は報道されないでいる。日本のメディアもその組織に加担している可能性ありだそうで、闇は物質欲だから。まずは個人レベルの争いを止め、報復というパターンを止め、真の平和を願う貴方へ、二度と悲惨な戦争を起こさないために、今できることをしていきましょうよ。


055.gifこのような記事もあります。「戦争を望むその裏には・・・」
http://www.bllackz.com/2012/09/blog-post_21.html?spref=fb


b0173754_13181794.jpg


*2012年8月6日、初めて広島原爆平和祈念式典へ出席。

b0173754_13114715.jpg

式典の模様はほぼ毎年TV中継で見てきたけれど、TVでは伝わってこないこともある。
初めての平和式典にて、現地で肌で感じたことやその模様を写真で紹介していきます。


*7:45am,一般席への入場、既に満席なのか、入り口がふさがれている?!もしや遅すぎた?

b0173754_11513391.jpg

と、別の一般席入り口に進んだら、余裕で空席があった。方側に集中していたようだ。来賓席は屋根なし。私はテント内の一般席へ。K子とトルーマンさんは、どこかなぁ?

クマ蝉の鳴き声が辺り一面に響き渡り、暑さを増幅させるが、この日は雲が多いため、例年よりややましらしい。
8:15am,原爆投下された時刻に黙祷。
この時、天からスパイラルのエネルギーに包まれるのを感じました。以下、野田首相など、各来賓の献花とスピーチ・・・


b0173754_1152322.jpg

広島市長のスピーチが終わるやいなや、伝書鳩が放たれ・・・

b0173754_11541026.jpg

広島市内の中学生による合唱など、約1時間で式典は終了。段取りはスムーズでした!

b0173754_12681.jpg

熱中症防止に会場では冷たいおしぼりと水のサービスあり、日本ならではの気遣いに感動。

b0173754_120579.jpg

ミスト・サービスも助かります。057.gif

b0173754_1213620.jpg

ある宗教団体は反原発運動を、中学生は外国人に英語で話す練習する姿など目撃。

b0173754_1263710.jpg

          暑いけれど、どこか清々しい空気も漂っている。

b0173754_1271939.jpg

式典に合わせて、広島へ観光に来ている外国人も多かった。

b0173754_1220067.jpg

2歳で被爆し、12歳で白血病のために他界した佐々木禎子ちゃんは有名で、禎子像も多くの方々に囲まれていた。


b0173754_12135975.jpg

    佐々木禎子に関する新聞も英語と日本語の2ヶ国語で展示。

b0173754_12213589.jpg

祖父が戦死した中島飛行場の空爆に関する記事もありました。

b0173754_1553652.jpg

式典後に公園内でみたものは、平和へのメッセージで溢れていました。 某宗教団体の平和への祈願。

b0173754_121458100.jpg

          東京大空襲を経験した老人の平和への訴え・・・。

b0173754_12154782.jpg

           平和を願う千羽鶴
b0173754_12162032.jpg

            佐々木禎子物語のパフォーマンスと紙芝居

b0173754_1216561.jpg

昔ながらの紙芝居スタイルで、歌交じりの笑顔のステキな紙芝居のおばちゃん。

b0173754_1217581.jpg

         千羽鶴と平和をイメージしたアートは、誰でも描いてOK!

b0173754_12265973.jpg

            ダイナミックな午後の空・・・・

b0173754_12275797.jpg


*2:30pmから、「コンサート祈り」へ。

コズミックダイアリーの著者、マヤ暦研究の第一人者柳瀬宏秀さんの講演とミネハハさんの歌のコラボ。060.gif
ミネハハさんの歌声は、Sarah Brightmanのような透き通る声で、会場では涙する人もいました。「アトランティス」・「ありがとう、地球」も心に響く曲でした。

b0173754_12404279.jpg

ミネハハさんは、昔はCMナレーションで活躍されていたようで、「グリコ」「人形の九月」、「ブルーレット置くだけ」「お正月を写そう、フジカラーで写そう」「夏の元気なご挨拶日清サラダ油セット」「黒猫ヤマトの宅急便」などなど、聞き覚えある声なわけです。043.gif
AYAさん、ありがとう!

コンサート後、太田川の平和な景色を見ながら、67年前には、あのような悲惨な過去があったなど信じられない・・・。

b0173754_12533276.jpg

        原爆ドームへ近づいていく。ここへ来たのは2004年以来・・・

b0173754_13122370.jpg

b0173754_13123945.jpg

         慰霊碑を写すと、不思議な六角形の光。

b0173754_13353256.jpg

         夕方、平和公園を写すと、六角形の虹色の光。

b0173754_13483122.jpg

六角形の光の形象は伊勢白山道氏も解説していますが、このような光の形象のことを「亀甲紋」といい、出雲大社をはじめ、全国のスサノオ系の神社や、国津神が御祭神の神社において、この亀甲紋の形象が神社を表わす紋章として使用されているそうで、いわゆる神気の地を意味しているのでありましょう。

b0173754_1354395.jpg

   夕方6時からの灯篭流し・・・夜の平和祈念公園もしっかり探索させていただきます。
b0173754_1348641.jpg

*6:30pm,広島平和記念資料館から見える原爆ドームと慰霊碑、焼香する人々の列は絶えず。

b0173754_11481438.jpg


*「トルーマン元米大統領の孫が広島」の記事(47News):
http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012080401002159.html

*サダコ鶴(被爆者)とトルーマン元米大統領の孫の対面(産経新聞):
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120815/trd12081507580002-n1.htm

072.gif2012年後半も地域的な豪雨や熱波、竜巻、地震、台風など、地球内部からのエネルギーに左右されるようで、 人間もそのエネルギーに影響され、アセンションの意識アップ(次元上昇)に伴い、イライラしたり、体調が優れないなどあったようですが、それもそろそろ抜けてくる頃かと。2極分化が顕著に現れてくると、シフトなる出来事が起こりますね。
金環日食、金星の太陽面通過、シフトの中間ポイントである夏至を終えて、2012年のアセンションのクライマックスといえる時期を迎えようとしているようです。それは、9/22の秋分の日から12/21の冬至の日迄の期間であり、これから1番変化変容する時期のようで、しっかりと気を引き締めて!そして年末には、闇を越え、光に満たす割り合いが増えると期待しています。
特にこれからの3ヶ月間は揺らぐことなく、新しい世界への扉、光を見て進みましょう。
029.gif

1つ前の日記
⑥.戦死した祖父の魂と共に広島訪問&9.11から11年:
http://yukistar88.exblog.jp/18988748/

次の日記
⑧.折り鶴が繋ぐトルーマン元大統領の孫と被爆者による平和への扉:

http://yukistar88.exblog.jp/19043980/


                                   魂の浄化なる灯篭流しへつづく



[PR]
by yukistar88 | 2012-09-20 14:20 | 日本の旅 | Comments(14)

⑥.戦死した祖父の魂と共に広島訪問&9.11から11年

056.gif日本の夏編:1つ前の日記のつづきより;

*8/3/12
実家で飼っている芝犬ナナちゃんのお散歩へ。
猛暑で、ハァハァ呼吸が荒くて辛そうだけれど、ワンコはこれで体温調整しているのかな。

夕陽と写したら、ポカポカな光が入っていました。072.gif

b0173754_12195139.jpg

まるでエンジェルのような光・・・「ゥワァン、まぶちぃ」と言っているかのようなナナちゃん


b0173754_1220241.jpg


水泳続けて早20年?!水泳も趣味の1つである私にとって、水泳競技も興味あり!
ロンドン・オリンピックに出場している日本選手も外国人に見劣りすることなく逞しいね!
メダル獲得おめでとう!066.gif

b0173754_12232226.jpg


*8/4、
広島へ向う前日、東京へ寄り、夕方、新宿御苑を散歩。
こんなにのんびり御苑を歩いたことはなく、都内のど真ん中での森林浴も捨てたもんじゃない。
こんなご立派な庭園があるとは知らず・・・都会のオアシスにてリフレッシュ!
b0173754_1251211.jpg

           東南アジア風な建物と池。

b0173754_1251535.jpg

         docomoのビルも池に反射して・・・。

b0173754_12525279.jpg

           お気に入りの一枚!タイトル”天然”

b0173754_12535842.jpg

       ベルサイユ宮殿内の庭園を思わせるフランス薔薇園


b0173754_12545163.jpg


*8/5
広島へと向う途中、神戸で下車し、MさんとS子さんとランチを。063.gif
神戸在住のMさんの手作り石鹸ファンで、毎回日本に来る度に購入している
ルルドの聖水入りアロマソープ、それはそれは愛がたっくさん!016.gif
このクリームイエローのハート型エンジェル・ケースも石鹸です。
b0173754_12592913.jpg


056.gif私の父方の祖父は、私が生まれる前の昭和20年2月10日に戦死しています。
中島飛行場(当時軍用機工場)勤務中、空爆にて亡くなったそうです。当時祖母は40歳。
そこから母の手1つで、父を含む7人の子供を育てたというから、それには頭が下がり
ますが、その祖母も19年前に他界しました。広島訪問する前に、祖父のお墓参りをして、
祖父の魂と共に向おうと思いました。(祖父の故郷にある戦没者慰霊碑)

b0173754_1249827.jpg

家系のカルマを引き継ぐのは、隔世・・・孫にいくと聞いています。

今から25年前、新宿の花園神社近くを友人とお喋りしながら歩いている時に、突然、
通りすがりのオジさんが、私らの会話に入り込んできて、「貴方の先祖で成仏できて
いない人がいますね。」と言われて、それは戦死した祖父ではないかとその時に思えて、
実はそのオジさんは易者で、その場で私の将来など無料で鑑定してくれて、お礼をと
思い追いかけたら、既に姿が消えてしまったという不思議なことがありました。
私の将来像まで占ってくれたのですが、今にして思えば、その易者の言った通りの
人生となり、驚いている次第です。

「家系のカルマを引き継ぐのは、隔世・・・孫にいく。」と聞いています。
確かに、自分の意志というより動かされたかのように、広島出身の男性と広島原爆
投下日と同じ8/6に式を挙げ、結婚と同時にNYへ移住し、奇跡的に即visaが取れて
メディア会社に勤務。そこでK子と出会い意気統合し、その後は彼女と共に反戦デモや
平和への活動と同時に、ほぼ毎年、K子との世界旅行が続き、それは旅を通して宗教に
纏わる野外学習。振り返ると何か戦死した祖父のカルマを継いで、平和を求めて
生まれてきたのかなーと思うようになっていました。
そういう意味では、この夏の日本訪問は、1つの節目のように感じました。

今回の広島平和式典へ出席するきっかけは、そのK子さんが、広島・長崎へ
原爆投下を命じた当時のトゥルーマン大統領のお孫さんであるダニエル氏の
通訳&アテンドをボランティアですることになり、私も同時期に日本滞在しているので、
それなら広島の現地で、共に心を寄せ合いたいと思いましたが、
平和祈念式典前日の広島市内のホテルは、1年前よりどこもほぼ満室で、宿が
とれたら広島へ。なければ行かない・・・とお任せしていたら、ある被爆者の方が
部屋を譲ってもよいという知らせがあり、私も行く運びとなり実現しました。

そして、立場は違いますが、トゥルーマン大統領の表には出ていない原爆投下に対する
苦悩なる思いがあったとしたら、それを孫であるダニエルさんが、彼のカルマの解消という
使命もあって、広島・長崎への訪問へと導かれたのかもしれませんね。

b0173754_22542754.jpg


ダニエルさんは「祖父を敬い、愛する心は変わりない」と公言しながらも、1945年に祖父が
下した決断が広島、長崎にどのような結果を招いたのかをきちんと理解することが大切で
あると考え、子息2名(23歳、15歳)を伴っての訪問です。
また、広島での初日には、「二度とこのような悲しい出来事を繰り返さないためにも、
被爆者証言、現地で自分の目、耳で見聞きしたことは米国に戻ってから多くの人に
伝えていくつもりです。」と繰り返しコメントされていたそうです。

b0173754_1513352.jpg

                  Clifton Truman Daniel

*K子さんのHP「奇跡の大使」:http://miraclembassy.com/

055.gif伊勢-白山道のブログより:
人類におきましては、お爺さんと孫との霊的関係とは非常に密接なのです。
自分の子供以上の霊的関係が存在しています。
遺伝学的にも隔世遺伝の法則が存在するように、子供よりも自分の孫に遺伝の特徴が現れます。
孫は子供以上に可愛いという祖父母が多いのは、遺伝学的にも霊的にも意味が在るのです。
ロシアの神秘家グルジェフの代表作は「ベルゼバブの孫への話」という表題ですが、これも「孫へ」
という霊的なキーワードが置かれています。

ダニエルさんも偉いですが、出席を静かに受け入れた広島の方々と日本人も立派だと思います。
これが他国ならば、日本人のように静かに受け入れることが出来たかは不明です。
人間は、どんなに強がっていましても、最後には自分の良心に従わざるを得ないのです。
普段から自分の良心(内在神)を意識した生活をすることが、最も間違いない人生を歩かせます。
一見は遠回りに見えましても、自分の良心に従うことが真の幸福へと連れて行ってくれます。

034.gif全文はこちらから「人間を突き動かすのは自分の良心」:

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/914d67c8f3af795d7b91759a99315a72

広島平和公園を訪ねたのは、これが2度目で、初めての訪問は、2004年のことでした。

式典前夜に平和記念公園を歩いてみると・・・明日の準備がなされ、人もまばらに祈念碑に
手を合わせる人、焼香する人、献花する人など、どこかの宗教団体も祈願していました。
私も今夜のうちにと、焼香を済ませました。

b0173754_13404672.jpg


b0173754_13405942.jpg


*8/6
いよいよ広島平和祈念式典当日。

目が覚め時計を見ると、丁度、「5:55で」した。これはGoサイン!でしょう。
来てよかった、行くべく時に来たと解釈しました。049.gif

b0173754_13481025.jpg

ホテルの窓から見えた景色は、元安川に平和大橋、その向こうが平和公園。

b0173754_13505817.jpg

          この日の朝の空はこんな感じで、お月さん付き。

b0173754_1524284.jpg


午前8時からの式典に向け、7時半に平和公園へ向います。


                                広島平和祈念式典へつづく



     ************072.gif************072.gif************072.gif*************

今年は9.11事件から11年が経ちました。
昨年の10周年の9/11に見た雲は、それは不思議なもので、ここに記録があります。


*2011年9/11の日記:http://yukistar88.exblog.jp/16287313/

            今年の9/11の日の空はこんな感じでした。

b0173754_1404375.jpg

b0173754_1405864.jpg

b0173754_1411233.jpg

9/11の夕方はCRSにて、グループ瞑想に参加し、愛する人々へ光を送りました。
その帰り道に見えたグランドゼロからのライトアップ。Flat Iron Bldg.と並んで。

b0173754_1412883.jpg

こちらはNJ対岸からのライトアップ、空が澄んでいたので、光よ、天高く届け~。

b0173754_1458050.jpg


*9/13
コーチング講師のRieさんとランチをしました。Upper West Side にある
Fairway Mkt.2階のカジュアルなレストランですが、ここも美味い!

b0173754_14583243.jpg

Rieさんは、とてもパワフルで活気があり、周りの方々への配慮など、きちんと耳を
傾けてくださる頼れるおっかさんのような存在です。
仕事も家事も全て完璧にこなし、御持て成し上手であり、そのバイタリティには見習う
ものがあり、自分にはない新鮮な部分を気づかせてくださいます。笑顔もステキ!

b0173754_1495489.jpg


b0173754_14105671.jpg

つい京都出張から戻ってきたばかりで、またすぐにロンドンへ出張へ行かれるその合間に、
私のヒーリング・セッションを受けたいということで、お宅へ伺いました。

b0173754_23324781.jpg

最近、引っ越したばかりということで、お家の浄化も兼ねて、音叉ヒーリングもしました。
そのセッションでのこと、Rieさんの正直な心の動きなどシェアしてくださった日記を紹介します
私事の仕事の部分はあまり紹介していませんでしたが、少しづつPRもしていこうと思います。


*コーチング理恵さんのブログ:ここからどうぞ050.gif
http://blog.goo.ne.jp/rie3612/e/db0ea07fb8c6504358a1ff349c1a3733
[PR]
by yukistar88 | 2012-09-15 14:21 | Comments(4)

⑤.縄文カフェと美味しい重ね煮&ヒーラー心得。

*7/31のつづきより
霧ヶ峰高原ハイキングを終え、八ヶ岳最後の夜は皆さんで夕食会。
二次会はサプライズということで、連れられた先は・・・なんと縄文カフェ?!039.gif

b0173754_1242335.jpg

ここのオーナー舘野氏がつくった竪穴式住居・・・・内部はこんな感じ。
b0173754_12473687.jpg


舘野氏は、自然農・自給自足・田舎暮らし・自然散策などの体験スペース『野風草』をされていて、
この時も皆さんの前で、自然農法・エコロジーのお話を、ボソボソ話されていました。
パチパチと上がる炎は、どこか懐かしい。

b0173754_12563148.jpg

数日前の谷川岳エコハイキングツアーの時にも、焚き火が減ったことで、自然界の
サイクルが崩れて・・という話を聞いたばかりで、なんともタイムリー。

b0173754_12562060.jpg


*8/1
tentotenへは2泊し、2日目の朝ご飯も野菜中心に。ご馳走さま!
b0173754_12572858.jpg

ブックスタンドにあった妖精の本は、とてもいい波動を感じたので、1冊ほしくなりました。
b0173754_12583080.jpg

b0173754_12584048.jpg

タッキーさん、Kyokoさんと私は次なる目的地へ。ジャム子さんと佳子さんとは、ここでお別れ。
ありがとうございました!016.gif
b0173754_12593815.jpg

私たちは、長野県安曇野へ向います。前方に南アルプスが見えて・・・

b0173754_1304424.jpg

長野県安曇野では、タッキーさんお薦め、戸練ミナさんの重ね煮クラスを受講するため。

*戸練ミナさんの重ね煮:http://www.toneri-mina.com/index.shtml

b0173754_13153714.jpg

*重ね煮とは:野菜の調理法は生・蒸す・焼く・煮る・揚げるなどいろいろ。
中でもとびきりおいしく野菜を食べられる調理法のひとつが「重ね煮」で、
鍋に野菜を層にしてズンズン重ね、水を一滴も加えないで蒸し煮にします。
1つのお鍋の中で野菜同士を調和させるので、「人参ってこんなに甘かったの!?」と
びっくりするおいしさになります。何種類もの野菜を一度にたくさん食べられて、保存も
きくのでとっても便利! 家族の健康を考える良き料理法。


              本日の食材。
b0173754_1361218.jpg


鍋底と重ねた野菜の上の2ヶ所に重ね塩(うまみを出す)をふります。
上の塩は宇宙からのエネルギーを、下の塩は土地のエネルギーを受け取るためで、
野菜との調和により、波動が上がり、自然治癒力を引き出すともいわれます。

下の塩の上に、刻んだ野菜を並べていきますが、下に置くのは上に伸びる力を持つ葉菜、
上へいくほど下に伸びる根菜を重ねていきます。

b0173754_1382924.jpg

鍋は土鍋がお薦めだそうで、ずん胴型の土・鉄・セラミック・ステンレスもOK。

野菜たちに感謝の祈りを捧げ、蓋をして弱火でじっくり30-40分煮るだけで、はい、出来上がり!
b0173754_13152216.jpg


重ね煮の具でつくったパスタ、春巻き、スープ!
これが信じられない程、美味しかったです!016.gifシンプルな料理法なので、お試しを!

b0173754_13195010.jpg

そして、ミラクルツアーの締めくくりは、諏訪大社参拝。

b0173754_13255557.jpg

この土地の神様へのご挨拶と、この旅も無事に終わりましたことの感謝を。

b0173754_1326461.jpg


*8/2
タッキーさん宅へお世話になり、朝、ロンドン・オリンピック観賞。
b0173754_1331273.jpg

体操の男子個人総合で、内村選手が金をとった表彰式の模様。おめでとう!024.gif
b0173754_13313942.jpg

オリンピックはアメリカでの放送では、アメリカの選手中心なので視聴する興味が低く、
今回の日本滞在では、丁度、大会と重なったことで、久しぶりに日本選手団の活躍ぶりを
見られて嬉しかった。数十年ぶりにメダル獲得した種目も多く、彼らの活躍ぶりは良き
刺激となり、自国民の応援は、絆を繋ぐ手段でもあったと思います。
071.gif

b0173754_13474518.jpg

帰る前に、2年前に行った秘境のCafe Pani へ。
b0173754_1350062.jpg


*2010年5月、Pani Cafeの日記:http://yukistar88.exblog.jp/13362852/

店のオーナーは、私を見て、「あー、覚えているよ。ヘアースタイルといい、変わっていないねぇ。」
と覚えていてくださった。嬉しいですね!
b0173754_13505931.jpg


              人気の玄米ランチ・・・

b0173754_13534856.jpg

タッキーさんも癒されて。アレンジとドライブ、ご苦労様!ありがとうネ!001.gif

b0173754_14484724.jpg

    デザートに杏かき氷。何回食べたかなぁ、かき氷。知る人ぞ知るカフェなのだ。

b0173754_13542911.jpg

この日の夕方は、長野ではゴージャスな扇型雲が広がっていた。
b0173754_13561298.jpg

b0173754_13562577.jpg

     群馬県へ移動した時の夕陽もステキでした。
b0173754_13564689.jpg

b0173754_13565915.jpg


072.gif今や全ての人がヒーラーとして、人と交流していく時代ではないでしょうか。
特にライトワーカーなる魂の成長へのリーダー的存在の心得えとして、理想なるマインドです。

自分が癒されていない人は人を癒すこともできません。
自我自欲なく、個人愛からユニバーサルな愛、人類愛へ、全ての人は平等とみる博愛へ。
そして無償の愛・・・無限なる愛を注ぐことが理想。

自分の肉体を1つのコマとして、そのコマを使う神の仕事へとお使いくださいと誓った
その時から、貴方は動かされ、そして必要な報酬もなんらかの形でやってくるでしょう。
たとえ一人の人でも癒すことができたなら、それは素晴らしきこと。

周りや世界がネガティブ(エゴ)のエネルギーにあるとしても、何よりもパワフルである愛(spirit)の
エネルギーで見ることで、時間がかかっても必ずや愛の波動へと転じることでしょう。

手とり足とり全てやってしまうことは本当の愛ではなく、時に手放し、親が子供の成長を
見守るように、思いやる・信じる心がパワーへと繋がるので、誰か一人でもその人の光を
みていれば、その人は輝いていけます。これぞ真の053.gifパワー!
時間や距離に関係なく可能なので、信じてくださいね!
029.gif

9月のエネルギーは、ご自分の身体のケアをするのがとても重要な時期です。
何も計画することなしに、シンプルに静かに、思索にふけるための自由な時間を
持つことが重要な時期・・・・つづきはこちらから



                      戦死した祖父の魂と共に広島平和式典へ、つづく
[PR]
by yukistar88 | 2012-09-10 21:25 | 自然 | Comments(13)

④.ミラクル・ツアー 霧ヶ峰高原でUFOキャッチ!

*7/31
早朝目が覚めたので、朝一の瞑想は、tentoten敷地内にある小川の畔にて。
   朝陽がキラキラ、ジャム子さんいわく、ここは龍神様が降りてくるスポットと。
b0173754_1325131.jpg

小川の側には、「おいわどん」と呼んでいるパワーある岩もあり、手を合わせます。

b0173754_13275529.jpg

朝食は、小川のせせらぎを聞きながら、ピクニック風に外でいただきます。皆、ユルユル顔。

b0173754_13293651.jpg

ジャム子ちゃんとタッキーが用意してくれたbreakfastは、重ね煮のピザトーストと
スープとプレスサラダ。愛情たっぷり。
b0173754_13304664.jpg

朝食後は、場所を移動して、コーヒー・タイム。063.gif
無農薬農園のYukariさんもジョインして、女子会メンバー勢ぞろい!寛ぎますね。063.gif
b0173754_13323529.jpg

この日はくっきり富士山も見えました!夏の時期に、ここまで富士山が見えるのは珍しいことだそう。
それを聞いて、更なる感謝な気持ちに!016.gif
シャスタに行ってきたばかりのKyokoさんは、「シャスタ行かなくてもここで十分じゃん!」と。

b0173754_13341876.jpg

ミラクルツアー2日目は、霧ヶ峰高原を目指します。雄大なる八ヶ岳と田園風景・・・

b0173754_1336119.jpg


ちょっと早めのランチは、ご当地お薦め天ぷら蕎麦。このボリュームはやばぃ。045.gif

b0173754_133739.jpg


霧ヶ峰高原、車山の麓に到着。ここにあるコロボックル・ヒュッテは、昔、湯島食堂の佳子さんが住み込みで
バイトをしていた所であり、今回、数年ぶりの訪問!

b0173754_13452613.jpg

コロボックル・ヒュッテは、1956年 (昭和31年)オープンで、当時のこの辺りは
無人境で交通手段はなく、山小屋で使うすべての物資は、約3.5km離れた西の
霧ヶ峰(現在の強清水こわしみず)から背負って運んだそうで、山小屋で使う水は
300m下の沢から運び、天水(雨水)も利用し、郵便も新聞も届かない、電気、電話、
ラジオもない時も。電気が届くようになっても明かりはランプを使っていたそうです。

b0173754_13504771.jpg

昔は霧ヶ峰でも遭難する人が多く、雪崩、吹雪、濃霧、落雷、寒さなどで死亡する人がいたようで、
ここに泊まる予定の6人が行方不明になり、そのうち1人は凍死したなど、ここは登山者の安全を
守るための避難小屋の役目もしてきたといわれています。

以前ボーイッシュだった佳子さんは、この日はレディの装いでの登場で、オーナーの手塚氏は
最初気づかず・・・。彼は霧ヶ峰生まれ、霧ヶ峰に育ちで、スキーパトロール歴25年、
スノーレスキューのエキスパート。久しぶりの再会に握手・・・そんな感動の瞬間!
b0173754_13415272.jpg


そして、いよいよ念願の霧ヶ峰高原ハイキング・・・・実は3度目の正直!
2004年7月に初めてここへ来た時は、時間がなく諦め、再度2010年5月に来た時は、
シーズン的に早すぎたのと悪天候でハイキングどころではなかった。
そして今回は夏のシーズンに来れたこと、タッキーさんのお陰もあり実現しました!043.gif

b0173754_1403886.jpg

*2010年5月の日記:http://yukistar88.exblog.jp/13362852/

高山植物など、ニッコウキスゲも美しい。花の奥を撮影しようと、細い線に触れたら、
ビリビリと低電流が流れて手がしびれました。そういうこと?!046.gif

b0173754_143742.jpg

佳子さん以外のメンバーで、車山の山頂目指して登ります。(photo by Jamko)

b0173754_14519.jpg

登り始めて間もなく、1羽の小鳥がピーチクパーチク、カン高い声で鳴いています。
かなり接近しても逃げず、ひたすら鳴き続けるので、皆して小鳥の撮影大会!

b0173754_1463318.jpg

一体何が起きているのか?これがミラクルの1つであり、ジャム子さんが撮影した中の
一枚にUFOらしき物体が写っていたのです。(photo by Jamko)
b0173754_1484072.jpg

ジャム子さんは、あの小鳥は「こっちもあっちだよ。」と喋っていたといいます。
そういえば、霧ヶ峰に到着する寸前、上空にUFOらしき物体を目撃しましたよ。

この時点では、まだこの写真に気付かないでいたので、ひたすら山頂を目指します・・・

b0173754_1410132.jpg

広大なる絶景を占領です!皆、開放的になり、すっかり童心に戻っていました。あれっ、ヒーリングポーズ?!

b0173754_14111020.jpg

           さて、もうすぐ山頂スポット。
b0173754_14134913.jpg

      2:45pm、山頂到着!そこには車山神社があります!
b0173754_14144882.jpg

  ここで感じたのは、ハワイ島のマウナケア山頂に似たエネルギーでした。
       (ハワイ島標高4205m山頂のヘイアウ(神社)-2006年10月撮影)
b0173754_14174993.jpg

            清々しい山頂からの景色!
b0173754_14204772.jpg

       天体観測所もあって、これもハワイ島マウナケア山頂と重なります。

b0173754_14214493.jpg


      ハワイ島にある各国の天体観測所(2006年10月撮影)
b0173754_14225746.jpg



061.gif 動画:車山山頂からのヴュー



山頂からの太陽。この車山も実はUFO飛来のスポットとして、有名だそうです。
マウナケアもそうで、あそこは地球で一番宇宙に近いスポットだと思います。
b0173754_1427926.jpg


帰りは、リフトに乗って下山。白樺湖を下に、スーと心地良く降りましたね。

最近、シャスタ山の行ってきたKyokoさんは、霧ヶ峰はシャスタと似ているので、
「シャスタ行かなくてもここで十分じゃない。」とつぶやいていました。

b0173754_1428775.jpg

UFOネタが続きますが、この後8/16、群馬の龍舞という場所で空を撮影した写真に
よく見ると、同じ機種のUFOが3体写っていました。064.gif

b0173754_1433073.jpg

      ズームすると、コンテーナーの中にツブツブがきちんと整列したUFO!

b0173754_14332724.jpg


このUFOは専門家によると、地球から遥か25光年離れた「ライラ」からやってきたそう。
2013年1月号の雑誌「ゆほびか」に同じUFOが掲載されていました。

今後もUFO出現が増えていくと思われますので、要チェックですね!
034.gif

*過去のUFOに関する日記:http://yukistar88.exblog.jp/15085617/


「観光」とは文字の通り、光を観るというように、その土地に入り、愛と光の目で
見て、その波動を送ることで浄化作用があるかもしれませんね。


そして、ミラクル・ツアーはこの後も続きます。・・・縄文カフェと重ね煮クラスへつづく
[PR]
by yukistar88 | 2012-09-05 14:39 | 自然 | Comments(6)

③.人と人が繋ぐ大自然の中での合宿

056.gif夏の日本に来て、田んぼの鮮やかなグリーンが目に飛び込んできます。
青々とした稲穂が、まっすぐに伸びる様は、フカフカのカーペットのようで気持ちいい!


b0173754_10591144.jpg


*7/30
長野に住む友人タッキーさんと共に、まず清里へ向いました。
これからの3日間は、タッキーさんのアレンジしてくれたグループ合宿が始まります。

b0173754_10483622.jpg


清里のタッキーさんの友人ピエールさんが働いているチーズ&ヨーグルト店で、
ヨーグルトソフトを食べながら、チーズ工場を外から覗くと・・・ピエールさん「初めまして。」

b0173754_10541963.jpg


ランチには、タッキーさん常連である「Cafe わらぴよ食堂」にて、マクロビ料理を。

b0173754_10551928.jpg


天井が高くて、快適な空間の店内。ここで、ハワイのシンクロがあったのですよね。

b0173754_1121026.jpg


ステキなオーナーご夫妻とご一緒に記念撮影!  上方にダブル・オーヴが写っています。

b0173754_2182277.jpg


*Cafe わらぴよ食堂:http://ameblo.jp/warapiyo-syokudo/

続いて、無農薬野菜をつくっているYukariさんの農園へ。
ほぼ一人で、この農地の作業をしているそうで、大忙しのYukariさん!
この大きな葉はズッキーニ!雑草も必要で、野菜たちが雑草と競争するのだとか・・・。

b0173754_1151586.jpg

今日の収穫は、ズッキーニを中心に。光沢があって瑞々しそう。全ての野菜が生き生きしています。

b0173754_1163295.jpg

さて、今日からお世話になるピクニックハウスtentotenに到着です。

b0173754_1183259.jpg

そう隠れ家的な宿なので、あまり知られたくないという人も・・・。045.gif

b0173754_1113283.jpg

  ここは・・・八ヶ岳や南アルプスの山々に囲まれて・・・

b0173754_11133047.jpg

         ハーブ園に囲まれて・・・

b0173754_1120720.jpg

すぐ側には小川が流れ・・・またまた清流-④ 自然の宝庫なる癒しスポット!016.gif

b0173754_11202661.jpg

    チラッとguest roomも紹介しますと・・・

b0173754_2162968.jpg




b0173754_2164192.jpg




















ここでお世話をしてくださるジャム子ちゃんがハーブティをサーブしてくれます。063.gif
今まで、こんな美味しいハーブティを飲んだことはありません。癒されます!026.gif

b0173754_11164118.jpg

そのジャム子ちゃんも不思議な能力のある女性で、誰かに似ていると思ったら・・・
             「魔女の宅急便」の少女でした!

b0173754_11215978.jpg

6:00pm過ぎ、湯島食堂の佳子さん、到着!
なんでも東京から静岡の富士ノ宮市へ寄って来たようです。お疲れさまー!

b0173754_11352468.jpg

丁度、日が落ちてきて・・・夕陽のオーヴのような光。

b0173754_1136363.jpg

tentotenは、基本的に自炊なので、皆で手分けしてお料理します。ジャム子さんと
ピエールさんもヘルプ。料理人佳子さんは本業なので強制的に休憩していただきます。

b0173754_11383430.jpg

Yukariさん無農薬農園の今日のとれたて新鮮お野菜中心に、皆でクッキングは楽しい!
2人のアロマセラピスト、長野に住むタッキーさん&茅ヶ崎に住むKyokoさん!045.gif

b0173754_1141742.jpg

     6:30pm、夕陽も美しく・・・

b0173754_11422349.jpg

                皆でつくった夕食完成!

b0173754_11444612.jpg

とりたての野菜を調理して、皆でワイワイ食べるアウトドアをずっ~と求めていたことに気付きました。
夢が叶いましたよ!夏ならではのアウトドア、ありがとう!

b0173754_23481429.jpg

夕食後も、ハーブティーにデザートをつまみながら、夜遅くまでトーク・・・

ジャム子さんがこの場所に、tentotenをつくるまでの不思議なる導きのお話など、
ネーミングの通り、”点と点を繋ぐ”ように、”人と人と繋ぐ”・・・そんな思いが込められています。

私もここへ来て、ここに登場している方々を含め、繋げていただけたことに感謝しています。

こうして、皆さんとシェアリングなる貴重な時間を過ごさせていただきました。


b0173754_121727100.jpg


 072.gif谷川岳や霧ヶ峰のハイキングも心のどこかでいつか実現させたいと思っていた。
そして、採りたての野菜を調理して、外で皆とワイワイ食べることも実現しました。

このように人生において、やりたかったこと、行きたかったところへ行けるなどなど、
些細なことでもそれが実現したなら、とても嬉しいし、感謝の気持ちになりますね。


正に、”夢が叶う”です。

  夢を口にするプラス(+)思考、愚痴を口にするマイナス(-)思考、
く」とは、そんな文字ですね。では、愚痴を捨ててみよう。夢が「」うよ!


  ちなみにACIM(奇跡のコース)では、何をするかより誰とするか・・・が大事といいます。

b0173754_1053412.jpg


                  *霧ヶ峰高原ハイキングでUFO遭遇へ つづく
[PR]
by yukistar88 | 2012-09-03 12:20 | 自然 | Comments(14)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧