<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

①.電気も車も使わない自足自給のアーミッシュ村へ

*10/19.20
国境なき料理団-湯島食堂の佳子さん念願であるペンシルバニア州のランカスアターにある
アーミッシュの里へ。他日本から同行されたAさん、Mさん私の4人で訪れました。


b0173754_12143434.jpg


佳子さんは20年前に一度訪れ、その時からまた訪れたいと思っていたそうで、そういう
私も2008年8月に一度訪問していて、やはりもう一度行きたいと思っていました。
何度来ても新鮮に感じるし、アーミッシュに惹かれるものがあるからでしょうね。

10月は紅葉・収穫シーズンなので、秋は行楽としても人気があり、宿はどこもほぼ満室でした。
行きの約3時間のドライブ中は、湯島食堂の守り神である龍神のお出ましとなり大雨。057.gif

それが、ランカスター近くにつれ雨も上がり、紅葉も丁度いい感じでした。

b0173754_12144981.jpg

着いた頃には青空も顔を出して・・・広大な農地が広がります。気持ちいいブルースカイ!
018.gif

b0173754_1215972.jpg

               牛さんもWelcomeと手を振ってくれて・・・

b0173754_1229431.jpg


*1:30pmに到着し、まずはランチ。063.gif
アーミッシュ・フードのMiller's Smorgasbordへ。Buffetスタイルで、前回もここでランチしました。

b0173754_12515187.jpg


アーミッシュは、17世紀、ドイツから移住してきたキリスト教の一派で、電気製品の電話・テレビ・
ラジオや車など近代機械文明を拒絶し、酪農や農業といった自給自足の生活をしています。

b0173754_12155861.jpg

代わりに、馬車(バギー)やオイルランプを使用し、最近では、一部プロパンガスの
使用も認められているようです。

b0173754_12162338.jpg

b0173754_1217328.jpg

17世紀の前半までは、北米東北部一帯はオランダの植民地だったが、第3次オランダ・
イギリス戦争の結果、1674年にイギリス領となり、1681年に、チャールズ二世から
クエーカー教徒のウィリアム・ペンが領地としてペンシルベニアの地を賜った。
ペンは、当時ヨーロッパ各地で迫害を受けていたプロテスタント教徒達のために
「信仰の自由の国」を建設し、Philadelphia(ギリシャ語で兄弟愛)と名付けたそう。

b0173754_1216409.jpg

アーミッシュの信仰は17世紀にスイスに始まり、Jakob Ammon が創設者で、
彼は当時のキリスト教の現状(世俗性)に満足できず、より厳しく、勤勉に、そして
シンプルな生活をすべきだと考えた。
彼らは戦争(暴力)、物質主義、軽率(不まじめ)を拒否し、理想を求めてアメリカに
移住した。彼は神とのよりよい関係を保つためには物欲に囚われない質素で正直な
生活が必要だと考えた。

b0173754_12175410.jpg

近代的で合理的なアメリカに住みながら、250年以上も生活様式や文化を変えない
集団が存在しているのは、彼らの敬虔な信仰心でしょうね。

アーミシュは、プロテスタントのメノー派に属するスイス人-Jacob Ammanが17世紀末に
始めた一宗派で、洗礼は大人になってから自からの判断で受けるべきと主張し、幼児洗礼に
反対することからアナパプチストと呼ばれた。
彼らは16歳で、洗礼を受けるか受けないか決断するようだが、近年は洗礼を
受ける者が増える傾向にあり、現在では全体の95%に達しているとのこと。

b0173754_12333523.jpg

信仰の思想は、「従順」「謙虚」「質素」を生き方の基本としている。
貴族の特権を認めず、教会、教義、儀式や聖物といったものに囚われず、専任の牧師も
必要としない。徹底した平和主義と無抵抗主義から軍役も拒否する。
これでは、カトリックのみならずプロテスタントからも異端とされ、社会全体から猛烈に
迫害された時代があった。この迫害に対して、その教義から自分たちの命でさえも物理的な
抵抗はせず、ひたすら逃げることだけが危険回避の手段であり、 彼らはスイスとドイツ
南部の山間地帯にコミュニティーを作り、自治に近い生活形態をとり、領主や教会といった
外部との関係を出来る限り絶とうと試みた。
迫害されるアーミッシュに救いの手を差し伸べたのがウイリアム・ペンで、新しい領地の
開拓に、アーミッシュの優れた農業技術が必要だったからだともいわれている。

b0173754_1229310.jpg

1720年に最初の一団がアメリカに移住して来たのが始まりで、20世紀初めには
5,000人だったが、現在では、ペンシルバニア、オハイオ、インディアナの3州に全体の
70%が住み、他はカナダのオンタリオ州、南米・中米にも存在し、約145,000人に達する。
ペンシルバニア州のランカスター市のアーミッシュが一番大きい地域である。
そして、今では彼らが生まれたヨーロッパには、アーミッシュは存在していないそう。

b0173754_12313328.jpg

服装はシンプルで、男性は無地のシャツに黒っぽいベスト、そしてズボンをはき、黒いつばの
ついた帽子をかぶる。そしてあご髭を生やしている。
但し、結婚するまでは髭は剃ることになっているので未婚、既婚は一目瞭然。
女性は足首までの長い無地のワンピース、黒い靴下、そして平たい靴で、髪の毛は束ねて、
白いキャップを被る。アクセサリ類は一切つけず、男女ともベルトの代わりにサスペンダー、
ボタンの代わりにカギホックを使用します。
白い服装は、死を迎えた時だけ着用し、結婚式も白はタブーだそう。

b0173754_12324238.jpg


072.gifアーミッシュの3原則として:
No make up, No jewely, No divorce(化粧なし、アクセサリーなし、離婚なし)だが、
死別の場合のみ、ひっそりと再婚できるという。
信仰をもとに他のルールとして、鏡を見ること、派手な色の服や流行の服を着たり美容院へ
行ったり、写真を撮ったりすることは虚栄心の現れとして禁止。
楽器を弾いたり独唱したり、自分の名前を入れて出版したり、また自己の栄光を求めて
よい説教をしようと下準備をしたりすることもしません。
彼らは Pensylvania Dutch と呼ばれる独特のドイツ語を話します。
余計な知識は人間を傲慢にするものであるとして、子どもたちは8年生までで学校教育を
終了し高等教育は受けません。

b0173754_1228452.jpg

バースコントロールも禁止されているので一家庭平均8~10人の子供を産み育て、
中には、21人の子供がいる家庭もいるという。育児は大変そうだが。小さな教区の
中でお互いが同じ信仰をもって家族のように結びつき、助け合い暮らし、社会の隙間に
落ちて誰にも知られずに孤独を深める現代人の孤独とも無縁。彼らには犯罪も家庭内
暴力も親子の断絶もないそうで、人間本来の原点なる思想なのかもしれませんね。

b0173754_12374516.jpg

2週間に1回の割りで村人が集まり、食事を持ち寄てパーティーのような行事はとても
楽しみということで、コミュニティーも充実していますね。

街の中心は観光化されていて、クラフトやキルト、フレッシュな野菜や果実、ジャムや
ギフトショップなどの店も多く、ランチの後はフラフラとショップを数件見ました。
b0173754_12331260.jpg

b0173754_12343968.jpg


*5:00pm,丁度、気球が上がる瞬間に遭遇。005.gif
b0173754_12385542.jpg

b0173754_1239720.jpg

トルコのカッパドキアで気球に乗ったことがあり、空からのキノコ岩や朝日を思い出します。
b0173754_124063.jpg

b0173754_12401828.jpg

この工程を見て、気球に乗った気分になりました。

夕方は、Mallで買い物をしたり・・・。その時の空。
b0173754_12425366.jpg

この夜は少しゴロゴロ鳴っていました。
b0173754_12433494.jpg


ディナーは、宿泊のMotel向かいにあった「ありがとう」という日本食レストランの手板焼き。
佳子さんは、この紅花チェーンを真似た鉄板スタイルは初めてなのだそう。
ここは中国人シェフでした。
b0173754_12575192.jpg


夜は女子会にて、ホテルの部屋でお話会でした。が・・・

私はこの夜寝つかず、真っ暗な部屋のベッドで、夜中3時くらいまで眠れませんでした。008.gif

      おまけは、トルコ、カッパドキアでの気球。(2008年8月)

b0173754_238489.jpg

       カッパドキア上空の気球(高度200m)から。(2008年8月)

b0173754_239313.jpg



                 ②.マーケットと農地ドライブへつづく


064.gif10/27/2012-メキシコ-ポポカテペトル火山は24時間に約70回噴火し、
カナダ西海岸ではM7.7の地震が発生しましたので、環太平洋の地殻が活発になっているようです。
ハワイ島のキラウエア火山も最大容量の溶岩とのことなので、これからの2ヶ月間は意識をより
高くもち、体の変調も注意しましょう。私は目の充血もですが、ずっと頭がすっきりせず、
肩から首にかけての凝りがとれません。体調に出る方も多いと思います。グラウンディングを!


          メキシコ-ポポカテペトル火山の噴火のリンク↓
http://theextinctionprotocol.wordpress.com/2012/10/27/mexicos-mercurial-popocatepetl-volcano-records-70-emissions-in-24-hour-period/
[PR]
by yukistar88 | 2012-10-27 13:02 | 世界の旅 | Comments(4)

NYに断捨離と国境なき料理団旋風吹き荒れる。

056.gif長年の友人である湯島食堂の佳子さんと断捨離で有名なやましたひでこさんが、
LA&NYへやって来た。
他、湯島食堂のスタッフや熊本在住のアーチストやそのスタッフなど総勢8名がNY入り。

LAもNYも佳子さんが昔住んでいた土地なので、彼女の知り合いも多く、土地勘もあるので、
今回初めての訪米というやましたひでこさんと共に、旅と講演会のためにいらっしゃいました。

NYには10/10から入り、その翌日にはNJハナミズキのマミさん宅で、断捨離講演会が行われた。



*10/11

佳子さんの司会進行にて。

b0173754_23521960.jpg


講演会が始まると、ひでこさんは、用意していた席を移動させ、「こちら向きで話しますね。」と
急遽、目の前にひでこさんが座ることになったので、このアングルに。

b0173754_2356654.jpg

034.gif断捨離は単なる片付けではなく、人間関係や内面的なことにも大きき関わるということで、
奥深いお話が聴けました。時折り声のトーンが変わり、胸の奥に突き刺さるような鋭い言葉を
発するので、”喝”が入ります。ひでこさんには、厳格な僧侶か侍系の方がついているのかも。

後半の質疑応答では、個人セッションのように応えるので、これはかなりの集中力がいる
のではないかと・・・本人はそのような意識はないと思うが、かなり慣れている様子でした。

b0173754_0485328.jpg


断捨離から思考の片付けへ。
私たちは片付けができないことで自分を責めてしまうので、それをしないこと。
本来、片付けをしなきゃいけないというのは、自分が子供の頃、親から「片付けなさい!」と
何度も言われ続けてきたので、そのマインドから責めてしまう原因になっている。

*時間・空間・エネルギーを有効に使いましょう。物を管理するとは時間、空間、労力がいります。
自分が持っているものに対して、エネルギーがあり、時間-忙しい、空間-世界、エネルギー-疲れる。

不要なものに囲まれたり、片付けできないと狭い空間で過ごすことになるので、今の暮らしに
ゆとりをもたせること。もったいないと思うもので使っていないなら、人に与えたりして、それを
有効利用していただく。または高価なものを普段身に付けることで、自分を尊重する。
着ない服や読んでない本などはゴミであり、関係の変化を受け入れていないことになる。

とにかく使わないもの不要品は処分し、自分の好きなものだけで空間を埋めると、
空間が快適になり、思考も変化していく。人間にとって、大事なのは、思考・感覚・感性で、
それが達成すると、自分軸ができてくるといいます。グラウンディングでしょうね。034.gif

断捨離の話しを聴いていると、なんとACIMと同じ教えがあることに気付きました。
執着しない、恐れをもたない、ジャッジしない、自分を愛して・・・などです。

片付けできないことにギルティを持つことなく、「~ねばならぬ」を外していくことだそうですが、
最近、この「~しなければならない」のマインドを持つことないというメッセージは頻繁にやってきます。

アドラーの3つの幸福の条件を紹介してくださいました。
1.自分を愛する。
2.他者を信頼できること。
3.何らかの役に立つこと。


         講演後に記念撮影を。018.gif

b0173754_0222711.jpg


*断捨離公式HP:http://www.yamashitahideko.com/

*10/13、NYのExcyのギャラリーにて、やましたひでこさんのNY講演が行われ、
その後は熊本県在住の画家、葉栄司氏の作品展「ソウル・ジャーニー」と

b0173754_0494279.jpg

鶴田信子さんの「ファイバーアーティスト」繊維や布などを用いた作品展示のレセプション。
b0173754_122464.jpg

b0173754_1222889.jpg


葉栄司氏の作品「魂の旅路のすべてが愛」というテーマを携え、 鮮やかな色を使った作品。

           作品の前で、ビジュアル・アーチストのテオさん夫妻と。
b0173754_051443.jpg


「国境なき料理団」代表の本道佳子さんが、葉さんの作品に合わせた料理を提供。
食材や調味料全てに拘りあり、このひじきは満月エネルギーが一杯な特別なものだとか。
b0173754_0522373.jpg

b0173754_0532591.jpg

      中央の男性が葉栄司氏。おちゃらけトーク?!
 
b0173754_054916.jpg
 

         *展示期間、10/13-11/10、Excyまでどうぞ!

この翌日10/14、Upper West Sideにある青木理恵さん宅にて、やましたひでこさん&佳子さん
ご一行様迎えてWelcome Party。この地区はステキな石造りのお家が並んでいます。
b0173754_10585.jpg


日曜日ということで、近所ではフリーマーケットが・・・アンティークなど様々な品が。
b0173754_115474.jpg


豪華な青木宅にて、たくさんのお料理にて、ご夫妻で御持て成し。064.gif
b0173754_12354.jpg

3週間のイギリススティから戻ったばかりの理恵さん、本当にありがとう!またイギリス!!
b0173754_132928.jpg

お料理を前に記念撮影。和子さんと佳子さんは山中湖以来、4年ぶりの再会。
最初、和子さんは気づかず・・・なぜなら佳子さんは4年前よりかなりスリムになったので。
b0173754_152168.jpg

食べて飲んで歓談してのパーティは盛り上がり・・・。024.gif
左は青木家のお嬢さん、20代でもある意味人生悟っている、しっかりしたエキゾチックな女性です。
b0173754_163312.jpg

理恵さんのご主人一押しの赤ワインで、乾杯!069.gif
b0173754_184028.jpg


キッチンでは、マミさんと理恵さんが奮闘してくださって・・・二人共おっかさんだね。043.gif
b0173754_174153.jpg

次から次へと美味しいご馳走がサーブされます。心より感謝!
b0173754_1103728.jpg

パリジェンヌのオーナーもいらして、デザートも豪華に!
b0173754_1101451.jpg


この女子メンバーは、それぞれの分野で活躍されているプロでして、断捨離のやましたひでこさん始め、
ニットデザイナーの信子さん、ヒポノセラピストの真由美さん、コーチング講師の理恵さん、元ラジオDJで
現在は「まゆともトーク」リポーターの桜子さん、そしてミステリオのディレクターであるのぞみさんなど、
下記にご紹介します。(そんな中にお邪魔させていただきました)

のぞみさんが活動している日米の子供のための充実したキャンプ・プログラムを手がけるミステリオ:
http://www.msterio.com/

b0173754_1175815.jpg


  061.gif早速、断捨離のやましたさんの取材も。
              予告編:NYらしい演出です。




            Part-1:断捨離術のワンポイントなるトークが聴けます。





パーティもたけなわ・・最後は皆さんで集合写真!
ひでこさんの肩に手をかけているのは私じゃないですよん。そんな態度でかくないって・・045.gif

b0173754_2203099.jpg


やましたさんは、断捨離は3.11の震災後にはそぐわず、やはり料理には適わないと。
佳子さんは「衣食住」の「食」、ひでこさんは「住」を担当というわけで、この二人のコンビは
断捨離と料理というそれぞれのツールを使って内観していく、ある意味ACIMに基づいた教えが
あると感じました。

皆がハッピーになれる愛のエネルギーに溢れたそんなパーティーでした。
016.gif


*10/18、マクロビ料理の清美さんらとディナーへ。
九星学占いも得意とする清美さんいわくは、来年の私は更に動かされるようで、心得ておきます。

今回、急遽、清美&佳子さんのコラボ料理クラスも2回行われ、大盛況だったようです。
http://artofworld.exblog.jp/18086493/

b0173754_1383211.jpg


*湯島食堂発・・・「力がわく野菜の100皿」、新発売です!

b0173754_1362883.jpg


*やましたひでこさんのブログでもNY滞在記がアップされています。
http://ameblo.jp/danshariblog/entry-11386562327.html

それにしても女子力のパワーはますますアップしていますね。066.gif
私も片付けは大きな課題なので、ここでプッシュされたかのよう。
断捨離、少しづつ頑張りまーす!
001.gif


072.gif1ヶ月以上に及んだ右目の充血は、10/20に治りました。
9.11事件が起きた早朝、急に左目の眼球が鋭く痛んだことを思い出しました。
今回の原因不明の充血は、もしかしたら地球内部とリンクしているのかなとも思い、
私自身、火山とは縁があるので、真っ赤な充血はマグマを意味していたのかな・・とも。

*火山とのご縁なる火山探訪日記:http://yukistar88.exblog.jp/13205282/

マウイ島のヒーラーHaleraさんから、ハワイ島のキラウエア火山のhalemaumau火口が
2008年3月19日以来、最大容量の溶岩が火口上に吹き上がってきていると報告されています。
ハワイの神であり、火の女神ペレ様へ祈ります。溶岩火口の動画をご覧ください

http://hvo.wr.usgs.gov/multimedia/uploads/multimediaFile-419.mov


                      自給自足の生活をしているアーミッシュ村を訪問へつづく
[PR]
by yukistar88 | 2012-10-24 01:45 | Comments(7)

③.カリブ海のゴージャスな空と秋色の空

*10/5-9/2012
バルバドスでは、毎日、空の変化を見ては癒されていました。
鳥のさえずり、波の音・・・癒されます。そして、不思議な雲・・・
b0173754_2512131.jpg


ここにもオネダリ猫ちゃんがいました。食べたら”用なし”もうスリスリしません。
b0173754_2515880.jpg


      072.gif帰る前日に見た感動の空模様:

        沖の方では、シャワーが降っているよう。057.gif

b0173754_13442573.jpg

       これは、煙を吐いているよう・・・。

b0173754_2533168.jpg

        白鳥が飛んでいるようにも見えます。

b0173754_2534570.jpg

    夕日が顔を出す前の閃光がすごかったです。

b0173754_254219.jpg

ゴージャスな夕日となり、言葉が出ません。ただただ感謝の気持ちだけ・・・016.gif

b0173754_2544118.jpg

       夕日が沈んだ後のスペクタキュラーな夕焼け雲!圧巻です!

b0173754_2545951.jpg


最後の晩には・・・粋な計らい!ホテルのオーナー主催のカクテルパーティに招待されました。069.gif
イギリス人オーナーのMr.&Mrs.Oharaは、笑顔でゲスト一人一人を迎え、接客していました。

b0173754_3273947.jpg

他のゲストもほとんどがイギリス人で、ケンブリッジから来ていたカップルと歓談。
このところ次々とイギリスとの縁があるのは、なんでしょう?
そして、リピーターの多いバルバドスには、惹き付けられる魅力あるのでしょうね。
b0173754_3263882.jpg


061.gif夕日の全景を動画でお楽しみください。)最後、波が来て少々よろけてしまい失礼)043.gif



目の充血はしばらく続きましたが、1ヶ月ほどで治りました。
神戸在住の友人も同じ時期から、右目に充血と全く同じ症状が出ていたようです。

NYに戻り、体もラクになりましたが、島で起きた夜の体調不良は自然界の何かの
悪戯だったのかもしれませんね。謎であります!046.gif

久しぶりのカリブ海の空と海に癒されたバケーション、体調は今いちでしたが、
自然との触れ合いを十分満喫しました。ありがとう!
072.gif

************072.gif*************072.gif************072.gif*************

     *10/17、近所の公園にて、秋を感じてきました。 
b0173754_325010.jpg

        鴨レース:「よーいドン!」

b0173754_33355.jpg


                  紅葉リース
b0173754_341526.jpg


                  紅葉ブーケ

b0173754_342915.jpg


遠隔ヒーリングをした直後、空には日輪が広がり、下方が黄金色に光っています。
このような黄金色の光は初めて見ました。
b0173754_335373.jpg


         大きな日輪は見事です。
b0173754_34485.jpg


    そして最後には、上方に3段式に虹の光を見せてくれました。感激!

b0173754_3135544.jpg


*10/14,オーストリア出身のスカイダイバー、フェリックス・バウムガートナーさん(43歳)が
米ニューメキシコ州の上空で史上最高となる高度約39,000mからのダイビングに成功した。
気球カプセルに乗り上空へ上昇、気温が約-68℃の成層圏上部から飛び降り、約10分後に
パラシュートで地上に到着した。

b0173754_733674.jpg

バウムガルトナーさんの最高落下速度は時速約1100キロに達し、音速を超えた初めての
スカイダイバーとなった他、史上最も高い高度の有人気球飛行とスカイダイビングという記録を
打ち立てたそう。
スカイダイビングをトライしてみたいと思っているが、ここまでの高さは想定外。
内臓が破裂してしまいそう。このチャレンジはすごい!落下シーンの動画をどうぞ!



[PR]
by yukistar88 | 2012-10-22 03:29 | 自然 | Comments(8)

②.バルバドスの自然とフレンドリーな亀たち

*10/5-9/2012
朝6時半に目が覚めたので、朝焼けの海を見ながら・・・

b0173754_2231373.jpg

              瞑想からスタート・・・026.gif

b0173754_21423364.jpg

           浜辺で犬の散歩と出会い・・・仲良しなワンちゃんたち。

b0173754_213332.jpg

           太陽が昇った頃、ホテルの敷地内を散歩する。

b0173754_21355068.jpg

日の光に照らされた熱帯雨林植物はキラキラしてくる。この瞬間が好き!

b0173754_21363758.jpg

1952年から営業しているCoral Reef Clubは、ファミリービジネスのホテルで、
元はイギリス人ファミリーの別荘でしたが、それを改装して、今は2代目の息子夫妻が
オーナーを務めているそう。そんな気品ある洗練されたアダルティな雰囲気のホテル。
b0173754_2137293.jpg

熱帯雨林植物の森林浴は心地よくて、体の隅々へと細胞まで浸透してくる。

b0173754_21395053.jpg

b0173754_2143432.jpg

b0173754_21403622.jpg

朝食では、黒い鳥のギャングたちが、残りものをあさります。

b0173754_21432599.jpg


       ビーチの様子。特にこの1年は海水に入ることを体が求めていました。
b0173754_21473613.jpg

彼のヘアースタイルは、エジプトのファラオのようでユニークである。

b0173754_21481088.jpg

唯一参加したアクティビティは、シュノーケリング・ツアー。
潜る前から、ビールを飲むイギリスからロシアからのツーリストたち。私、ラムパンチ069.gif

b0173754_21485481.jpg

3ヶ所のシュノーケリング・スポットをまわるツアー。

b0173754_21542335.jpg

                 最初は、魚の群れと遭遇。

b0173754_2156453.jpg

                      魚の笑顔?!
b0173754_21561462.jpg

                     次は亀との遭遇。

b0173754_2203890.jpg

b0173754_21575345.jpg

          072.gif これは今回のベストショット!「Hey, my buddy!」072.gif

b0173754_2202585.jpg

               私も甲羅にタッチしてみましたよ。

b0173754_21594886.jpg

             触れられるのは慣れているみたい。

b0173754_21584973.jpg

かなりフレンドリーで、”イルカと泳ぐツアー”はあるけれど、亀と泳ぐは初めて。

b0173754_2158561.jpg


野生の亀とここまで接近したのは初めてでした。愛嬌があってかわいー!

b0173754_2212384.jpg

ボートから見るレイドバックなロコの様子。ジャマイカ風・・・

b0173754_21492561.jpg

ここはタイガー・ウッズが結婚式を挙げたホテルらしく・・・
あのスキャンダルから、この島では、チーター・ウッズcheater woodsと呼んでいる。なるほど!
b0173754_223583.jpg


バルバドスは、1979年に大型ハリケーンDavidに襲われたそうだ。
このカリブ海では度々、大型ハリケーンが上陸し、建物や植物が破損することもありますが、
普段、自然の恩恵を受けている地では、それなりの自然災害が起こることは免れないですね。

日本では、1月1日以後,発生した順に台風を第1号とし,以後台風の発生順に番号を
付けているが、アメリカなどでは、英語名(人名)を付けていましたが,北西太平洋または
南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織である台風委員会(日本他14ヶ
国等が加盟)は,2000年から,北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には
同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが提案した名前)をつけることになったそう。
2000年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ,以後,
発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いて,その後再び「ダムレイ」に
戻るそう。台風の年間発生数の平年値は25.6個で、約5年間で台風の名前が一巡することに
なるのだとか。
また、台風の名前は繰り返して使用されるが、大きな災害をもたらした台風などは,その名前を
以後の台風に使用しないように変更することがあるよう。また,発達した熱帯低気圧が東経180度
より東などの領域から北西太平洋、または南シナ海の領域に移動して台風になった 場合には、
各領域を担当する気象機関によって既につけられた名前を継続して使用するようです。


 061.gif  バルバドスの清々しい朝をお届けします。029.gif




                             雄大なカリブの空へつづく
[PR]
by yukistar88 | 2012-10-17 22:25 | 世界の旅 | Comments(6)

①.カリブ海の島バルバドスの海と空に癒されて

*10/5-9、カリブ海の島バルバドスへバケーションへ。
海にたまらなく浸かりたくて、この数ヵ月はウズウズしていました。
バルバドスは、2008年2月に訪問しているので、今回は2度目になります。

b0173754_328414.jpg


その時の思い出として、珍しくArmy柄パンツを
はいていったら、島の人が私を指さして、
「illegal!(違法)」と言うので、訳分からず・・・
「ポリスがいたら気をつけて!」と言われて。
どうも私がはいていたアーミィ柄のパンツが違法
らしく、それは以前、Army柄の洋服を来た泥棒が
多発したようで、以来、Army柄の洋服着用は
禁止になったそうです。
現地に来てみないとわからないこともありますね。
そこで、今回は注意しようと思っていたら、
無意識にArmy柄のペットボトル・ケースを
携帯していました。それはOK!011.gif

b0173754_140968.jpg


Barbados・・・・1620年代、この島がイギリスの
植民地だった頃、アフリカから奴隷として
連れて来られた黒人は、サトウキビ栽培の
プランテーション大農園で強制労働させられた。
1834年に奴隷制度は廃止され、1966年に
イギリス連邦加盟国として独立し、今に至る。

b0173754_1325731.jpg


波島の大きさは種子島くらいで、島を隔てて、
西側にはカリブ海が、東側には大西洋が広がる。
バルバドスは水が豊富で、農作物に適した気候。
主な産業はサトウキビで、ラムと黒砂糖を
輸出している。そして観光業、ツーリストは、
主にアメリカ・イギリス・カナダ人が多く、
嘗ては、ロンドンから超音速旅客機コンコルドが
毎日就航していたそう。

水道水も飲用できるくらい美味しいのです。


b0173754_1331333.jpg


バルバドスの名物はFlying Fish(飛び魚)で、
熱帯地方なのでデープフライにて
食べるのが一般的。そして、大人気は
ロースト&フライド・チキン。

b0173754_135431.jpg


ヨーロッパやアメリカのセレブ、タイガー・
ウッズも来るようで、ここは有名人が来ても、
島人の自然な対応が心地いいらしく、それで
人気なんだとか。確かにリピーターが多い。
億ションのハウスもあり、バルバドスの
生活水準は、カリブ海の中でも一番高く、
治安もよく、全般的に物価も高いですね。065.gif

       オカリナのような珊瑚、発見!


b0173754_1323841.jpg


以前来た時に島のあちこちを巡ったので、
今回はなるべくホテルで静かに過ごそうと。
Coral Reef clubに泊まり、心は弾んでいた
はずが・・・

b0173754_134281.jpg


バケーションの2週間前から右目の充血が
治らず、島に来てからも頭痛と首から
肩にかけてバリバリに硬直し、体調不良と
なり、瞑想を繰り返したり、海と空に
癒されていました。

b0173754_2214495.jpg

b0173754_2315232.jpg

この雲の中には人がいるみたい・・・


b0173754_2223177.jpg

                   彼の頭と似ている。↑

b0173754_222497.jpg

b0173754_2325385.jpg

b0173754_233676.jpg


充血が気になるので、着いた翌日、島の
眼科を紹介してもらい、行くことに・・・
せめてもの島の観光は、その時のタクシー
での移動からの景色。

           ダウンタウンのビル
b0173754_2332594.jpg

              ケルト教会
b0173754_2464161.jpg

          島人の食のマーケット
b0173754_2255773.jpg

         ココナッツ・ジュース売り
b0173754_2263228.jpg


島の眼科医は、インド人のガンジーに似た
Dr.でした。
眼球には問題なく、単なる出血で2,3日で
治ると言われ、安心してホテルに戻りましたが・・・

072.gif夜中に目が覚めたので、夜空の下で
1時間ほど瞑想をしました。
その時に、私の人生目的の指針をもう少し
クリアにすべくメッセージが降りてきて、
更に私が光を見ていくように、という
ご指摘が再度来ました。このバケーションに
おいて、自分と向き合う大切な時間を
ここで持つことができたと思います。

060.gifカリブ海の島々では夜になると、
「コキ、コキ」という鳥の囀りのような
澄んだ鳴き声が聴こえます。
その鳴き声をお聴きください。029.gif





                     *亀と触れるシュノーケリング・ツアーへ、つづく

[PR]
by yukistar88 | 2012-10-15 02:43 | 世界の旅

⑪.長瀞船玉まつりと花火大会&日本の空からギフト

*8/15、
長瀞へ行ったのは、果たして何年ぶりでしょうか。30以上年は経っているのは確か。
畳石と五家宝(ごかぼう)が名物と記憶していますが・・・。
そして、再び渓流との縁がありました。清流-⑤

b0173754_1118791.jpg

渓流では、BBQをしたり、テントを張ったりして、過ごしている人がたくさん。

b0173754_11182775.jpg

お盆中なので、混雑していました。私たちはほんの1時間、川と戯れる程度で。

b0173754_11184743.jpg

30年前の石畳の印象はもっと青々としていたように記憶しています。随分黄ばんでいるような・・・。

b0173754_1119391.jpg

昔に比べて渓流の水が濁ってきているということでしょうね。

b0173754_1119185.jpg

更に秩父の山奥へ進み、華厳の滝を目指します。

b0173754_11235497.jpg

秩父華厳の滝は、日光の華厳の滝の数分の一(華厳の滝ミニチュア版)で落差12m。
秩父地方の人里近くでは唯一の滝で、「秩父華厳」という名の通り一直線に流れ
落ちる形が日光の華厳の姿に良く似ているので、同じ名前だそうです。

b0173754_11291433.jpg

「秩父華厳」という名の通り一直線に流れ落ちる形が日光の華厳の姿に良く
似ているので、同じ名前だそうです。

b0173754_11293743.jpg

紅葉の時期の秩父華厳の滝は、山肌を色とりどりの木々が彩り、その間を澄んだ
清流が流れ落ちる様は、素晴らしく、赤い岩肌は、滝の水しぶきによって濡れ、
より一層赤みを増すようです。

b0173754_11303637.jpg

また、厳寒期には滝が凍りつき、神秘的な姿も見ることが出来るようで、
その美しさは全国の滝の10位に選ばれたそうです。
森林浴しながら、アルカリイオンを浴びてみます。

b0173754_11313326.jpg

滝の更に上方へ行くと、なんちゃって大仏像がありましたが、これはいかがなものかと?

b0173754_11322541.jpg

日帰り温泉+花火大会というツアーへは、J子さんと共に。
今、日本は古民家ブーム!山奥にあるこのような古い軒並みは風情ありますね。


b0173754_1133454.jpg


日帰り温泉の”満願の湯”にて、温泉に入りましたが、奥長瀞渓谷の清流と満願滝を
望む露天風呂は圧巻でした。お湯は、水素イオン濃度9.5phと高いアルカリ性の湯です。

イチゴミルクは日本の味!天然水使用ということで、尚旨し!

b0173754_11431091.jpg

さて、6時にマイクロバスで、花火大会の会場へ移動し、特等席へ。

b0173754_11441376.jpg

いよいよ長瀞船玉まつりの始まりです。

水上安全の祈願と水難供養をする祭りで、たくさんのぼんぼりで飾られた万灯船から
流れる秩父屋台囃子がまつりを盛り上げます。

b0173754_11501672.jpg


水面に浮かぶ万灯船と約1000個の燈篭が幻想的な雰囲気を醸し出す。
b0173754_11514223.jpg

b0173754_1157824.jpg

こちらも広島の灯籠流し同様、オーブがたくさん!!灯籠流しには、魂が来るのですね。

b0173754_11522640.jpg

064.gif7:20pm、花火大会の始まり・・・「たーまや~」

b0173754_11543319.jpg

b0173754_115626100.jpg

やはり日本の花火の方が豪華というか、凝っているよう!
b0173754_11563961.jpg

b0173754_1157337.jpg

まさか今回、日本で花火など見られるとは全く予想していなくて・・・
7月末の墨田川の花火大会をTVで見て、本当に生で花火が見られるとは・・・
私には棚牡丹!J子さん、本当にありがとう!016.gif
b0173754_11574538.jpg

b0173754_11575826.jpg

会場には6万人の観客だそう。すごい!花火もいいけれど、観客の姿にも感動!
皆が一斉に1つのものに集中して喜びをシェアする。ドーンという花火の音が胸に響く。
これも一種のヒーリングですね。素晴らしいアートに拍手!
b0173754_1214715.jpg


       061.gif 動画もお楽しみください。

*長瀞の花火大会-1


*長瀞の花火大会-2


最後はナイヤガラの滝・・・これはアメリカにはないでしょう。かなり芸が細かい!
b0173754_1222535.jpg

b0173754_1271549.jpg


*長瀞の花火-ナイヤラガの滝(一瞬の雰囲気)


*8:30pm、豪華な花火も終わり、屋台を懐かしみながら歩きます。お祭りだね・・・

b0173754_1293475.jpg

     またまた川が・・・。清流-⑥
b0173754_1210194.jpg

入院中の甥っ子のお見舞いへ。スキーで膝を痛め手術したそうなので、お大事に!

b0173754_12285881.jpg

珍しいもの発見!100%ペットボトルのお神輿。これもアート!

b0173754_1212424.jpg


    吐息のような雲・・・「光芒」ですね。
b0173754_12124085.jpg

   *8/19、羽田空港へ向う途中で見えた雲。トグロ巻く蛇のようにも・・・
b0173754_12185998.jpg

そして、日本最終日に空からギフトが・・・。ラッキー・レインボー!
b0173754_12351387.jpg

日本を去る前に、なにかしら空からの”祝福”サインがあります。ありがとう!016.gif
b0173754_12365496.jpg

*8/20、早朝の羽田空港での朝日。
b0173754_12373430.jpg

今回、初の羽田空港で見つけた珍しいもの!023.gif
離陸前に整備士さんが手を振っている!なんかかわいー!こんなCMあったような。
b0173754_1239236.jpg

飛行機のオブジェのよう。なんだかお登りさん?!みたいですが・・・。
b0173754_12415815.jpg

そして離陸後に目にしたものは・・・なんと富士山!成田空港からは見えません。
b0173754_12424911.jpg

富士山を後に、後ろ髪引かれる想いです。どうぞ噴火しないでくださいね。
b0173754_1244472.jpg

そんなこんなの3週間の日本滞在も無事に終わりました。
b0173754_12465099.jpg

今回は7年ぶりの夏の日本ということで、夏ならではの風情を味わい、夏の余暇も
体験させていただきました。到着後すぐ友人の訃報から始まり、高崎の観音様、谷川岳
エコツアー、八ヶ岳の女子合宿、霧ヶ峰高原ハイキング、広島平和式典出席、海とプール、
湯島食堂での輪の会、そして秩父の花火大会、清流との縁もたくさんあって、清流との縁が
6回もあり、清らかな水の豊かな日本を感じられました。
充実の滞在は皆さんのお陰です。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました!
016.gif
[PR]
by yukistar88 | 2012-10-05 13:14 | Comments(8)

➉.イネイト整体&湯島食堂にて”輪の会”、世界の猫

*8/11
今日は、銀座にある「イネイト整体」を受けました。
NYでもイネイト整体のサロンがあるので、既に3回受けていますが、この整体は
普通の整体とは違い、むつう・・・簡単にいうと、横になって寝るだけで、自己治癒力を
高めていくといった自然療法です。

b0173754_15153184.jpg

「イネイト」の語源は、IN と NATURE からきています。内側の自然の力と訳します。
アディオと呼ばれる器具を身体につけたり、側に置くだけで、その器具から波動が
発生し、イネイトが上から下へ、内側から外側へと流れていく生命力の流れの法則を
表わしているそうです。

アディオは、「ADIO」above, down, inside,outsideの略で、この器具には、実は
自然界にある物質を取り込んでいるとも聞いています。
また施術中は、脳にさまざまな電磁波がいかないように、シールドをつけ悪い電磁波が
脳に入らないようにしてくれます。そして、アースを先につけた導電布を足にかけ、
静電気も抜きます。こうしてアディオを回し、波動を発生させると、脳幹と共鳴現象が起こり、
その人のイネイトが活発に働き始めまるといったシステムだそうです。

b0173754_1110473.jpg


初めて受けた時は2時間仰向けに寝かされて、体の各所が勝手にビリビリ痺れたり、
勝手に腕が上がったり、突然胸の中心がビクッと電気が走るような感覚があったり、
それは不思議な症状があって、その症状も各自異なるようです。
そして、施術中は爆眠してしまう人も多いようです。

私のケースでは、数ヶ月間痛かった肩の痛みが一回の施術で治りました。
友人のお子さんも斜視が2回で治るなど、あらゆる即効治癒の声も聴いています。

今回の銀座での施術は、創始者である木村先生のヘルプもあり、横向き施術を受けて
みました。この横向きのポーズとは、胎児の時に母親のお腹、羊水の中のポーズとも
いわれていて、その後1時間ほど、熟睡し、目が覚めてからもボーとしつつ、翌日からは
腸が活発になり、トイレの回数が増えました。そんなイネイトは波動共鳴なので、私が
している音叉ヒーリングと原理は同じです。

日本には全国にサロンもあります。今年から、私の友人もイネイト整体の受講生として、
1年間のスクールが始まるというとで、1年後のデビューを期待しています!

*イネイト整体:
http://www.mutsuu.com/ginza/sa/sa-f.html

b0173754_11102339.jpg


*2012年3月になんとなく始まった”輪の会”、
       第2回目も20人以上の方が集まりくださいました。001.gif

b0173754_12191375.jpg


会の前に、お隣の湯島天神参拝兼ねご挨拶。
第一回も輪の会も雨でしたが、また雨なのは龍神とのご縁なのだとか。

b0173754_12222520.jpg

準備中の様子・・・Kご夫妻には、いつもながらイベント等の準備でお世話になっています。
Yohさんはカメラ担当、Tomokoさんは湯島食堂を陰で支えているマネージャ的存在です。

b0173754_1227991.jpg

仕込み中の湯島食堂のオーナーでヒーリング料理人の本道佳子さん、陽気にご挨拶!

b0173754_12282381.jpg

皆さんと記念撮影・・・朋子さん、恭子さん、そして従妹のヒロリンも登場!

b0173754_12543311.jpg

マクロビ料理講師の清美さんの妹、ロンドン在住のエミさんもサプライズ参加にて、
ロンドン・オリンピック中でありながら来日していたので驚きました。ありがとう!

b0173754_13439.jpg

               一人一人自己紹介。

b0173754_1371113.jpg

       にこやかにchiemittiさん登場!ビーガン・ディナーをいただきます。

b0173754_13294252.jpg

私からは、家系のカルマを引き継ぐのは、隔世、孫にいくということから、広島平和
祈念式典のことと、お盆の時期に合わせ、ご先祖様や故人の魂へ、その方々が生前に
悔いを残しているとしたら、生きている私たちが彼らの人生を完璧だったという想いを
送ることで、悔いも消えるという内容をお話をさせていただきました。
b0173754_13191035.jpg


この模様は、chemittiさんのブログでも紹介されています。
http://chiemittii.exblog.jp/16629029/

AYAさんの友人Mariさんが、神楽舞いを披露してくださり、盛り上がりました。
b0173754_13242621.jpg


          佳子さん囲んでのトークは、真剣なまなざし。
b0173754_13274980.jpg

なぜ群れているかというと・・・、幾つか前の日記で紹介した霧ヶ峰高原に出現したUFO写真に注目!
b0173754_13465830.jpg

Yohさんが撮影してくださった1枚の中から。自分はこんな感じで撮影しているのですね。011.gif
b0173754_785465.jpg


湯島食堂の本道佳子著者「ちからわく野菜の100皿」新発売です!どうぞよろしく!
b0173754_715108.jpg

10月には、佳子さんは断捨離のやましたひでこさんと共にNY入り、講演会があります。
10/13(土)、国境なき料理団の佳子さんとNJのマミさんによるお弁当付きです。
b0173754_7163314.jpg


064.gifNHK BSデジタル放送より、世界の猫歩き(フォトグラファー岩合光昭)
b0173754_1482764.jpg

第1回放送はイスタンブール、第2回は世界で一番好きなサントリーニ島の猫たち。
      イスタンブールの猫もカワイイ!
b0173754_1491371.jpg

b0173754_1492326.jpg

            ブルーモスクの前で。
b0173754_1494727.jpg

           岩合光昭氏の撮影の様子。
b0173754_14102647.jpg

            遊ぼ~よ!
b0173754_14105340.jpg

茅ヶ崎のKyokoさん宅で観たサントリーニ島の猫たちの番組。
b0173754_14121462.jpg

          たまらないね、このアングル!
b0173754_14175929.jpg

         一緒に寄り沿いたい・・・にゃ
b0173754_14204560.jpg

    野良猫に餌を与えている優しいオジさんがいるそう。
b0173754_14212487.jpg

サントリーニ島の夕陽は最高!またいつか行けると信じて・・・
b0173754_14223068.jpg

私の魂の故郷でもある伝説のアトランティス大陸といわれているサントリー二島。
20代の頃まで、高さ30mくらいの大津波の夢を何度も見ていました。
今思えば、それはアトランティスの記憶なのでしょう。
一夜にして大津波と噴火で沈んでしまったアトランティスの記憶。

このサントリーニ島の猫番組を一緒に見ていたKyokoさんは、何かを感じて早速
9月中旬から約2週間、ギリシャの旅へ出かけました。どんな土産話を聞けるでしょう。

丁度、その頃ギリシャで震度4の地震が発生したので、これは何か動かしてきたかな。

b0173754_14245173.jpg


そして、この8-10月に集中して周りの女神たちがすごい勢いで動かされています。
ザッと、見回してみただけでも、理恵さんは京都&イギリス、Kyokoさんはシャスタ&ギリシャ、
chieimittiさんはハワイ、朋子さんはSF&シャスタ、和子さんは日本&ハワイ、郁子さんは
イギリス&LA、A子さんはシアトル&カウアイ島、setsukoさんは韓国、佳子さんはLA&NY、
英子さんはキーウエスト&アラスカ、しずさんはイタリア、たか子さんはカンヌ、清美さんは
ハワイ&日本、Junkoさんも毎週NYの海・山などなど、私は10月はカリブのBarbadosへ。
もちろん海外問わず、あらゆる地球のスポットで今、こうして感じる時なのでしょう。

これは、「観光」という文字通り、その土地の「光」を「観る」ことでの浄化の加速現象でしょうか。
人間のマインドがこの世を作りあげ、それが地球の波動へ繋がるのだから、ワクワクな気分と
穏やかな心で紡ぐ、そんな愛と光のエネルギーに溢れた地球へと包んでいきましょう。
016.gif

     長く続いている日本編ですが、次回で最後です。長瀞の花火大会へつづく029.gif

072.gifミネハハさんのアトランティスの曲の歌詞:ステキです!

   ミネハハさんのCD「宇宙からのラブレター」より
         「アトランティス」:詞:井沢 満 曲:星 勝 編曲:星勝・飯田俊明
 
アトランティスの夕暮れに
あなたと歩いたあの丘
クリスタルの花が
はるかな愛にさざめいていた
幾千の戦 平和をくぐり抜け
 いま再びめぐりあうこのよろこびを
 クリスタルの花がいまも
 なにかを語ってる

アトランティスの夕映えに
あなたと交わした約束
クリスタルの海が
遥かな旅を見守っていた
幾千の嵐 人生をくぐり抜け
 いま再びめぐり逢うこのよろこびを
 クリスタルの海はとわに
 静かに語ってる

生まれて来て、また生まれ来て
誰かを探し、探して
ひとり旅の涙を 知っているのか
アトランティスよ 張り裂ける想いを
風に伝えて

めぐり来て、まためぐり来て
何かを求め、求めて
ひとり旅の涙を 知っているのか
アトランティスよ 張り裂ける想いを
風に伝えて

たどり来て、またたどり来て
望みをたくし、 たくして
ひとり旅の涙を 知っているのか
アトランティスよ 燃え上がる想いを
風に伝えて

[PR]
by yukistar88 | 2012-10-03 15:13 | Comments(6)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧