<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

⑧.木に現れた聖母マリア様&千光寺の龍神様と水無神社(後編)

*7/26はマヤ暦の元旦にあたるそうで、前日7/25は、時間から自分を解放して、自由な
時間を楽しむという日でしたが、いかがでしょう?26日はとても眠かったです。014.gif

b0173754_12241873.jpg


2012年夏、私の住む商店街にある細い木に現れた聖母マリア様。

b0173754_1231178.jpg

久しぶりにその前を通りましたが、数ヶ月前に、心ない人がその神聖なる木に火をつけたようで、
半分焦げていましたが、マリア様の姿は健在でした。今ではエンジェルたちに守られて・・・。

b0173754_12315340.jpg


このマリア様が出現したばかりの時は、多勢n人達がつめかけていました。
当時の様子:http://yukistar88.exblog.jp/18644730/

最近、Queens地区へ行く機会が多く、毎週のように出かけています。
7/23、友人の猫に会いに、そしてヒーリングを兼ね友人宅を訪問、その近所に
珍しいというか、レトロな郵便ポスト・・でなはく、Fire Alarmを見かけました。
このような古い型は初めて見ました。貴重!!

b0173754_12339100.jpg


その場所で、猫が道路を横断しようとしたので、「危ないから気をつけてね。」とテレパシーを送ると、
私らの方を見て、「ニャーン」と話しかけてきて接近。友人いわく、この猫が出てくるのは珍しいと。

b0173754_12343147.jpg


すると、スリスリしてきましたよ。テレパシーが伝わったのでしょうか?!

b0173754_12353236.jpg


近所の公園のアヒルたちもフレンドリーでした。餌がほしいだけでしょか・・・044.gif

b0173754_12371662.jpg



   *************072.gif**************072.gif*************


                 056.gif日本滞在記のつづきです。

高山の神社巡り・・・高山の要なる日輪神社を参拝した後、千光寺へ。


b0173754_12592211.jpg

千光寺は、北アルプスを展望する山上の古刹で、仏教寺院としては約1200年前に、
弘法大師の十代弟子のひとり真如親王によって建立され、隆盛期には山上に19の院坊、
伽藍が建ち並んでいます。着いた時は、お天気は晴れていました。が・・・058.gif

b0173754_12594556.jpg

元禄7年(1694)武田信玄の軍による飛騨攻めの際、兵火にかかり炎上してしまい、
後に飛騨国守となった金森公が名刹を偲んで再建し、現在は高野山真言宗で、修禅
観法の道場として山岳仏教の古風を伝えているそう。

江戸時代中期には円空上人が巡錫し、60余体の仏像、円空はこの寺の和尚と意気
投合し,200体余の仏像を刻んだというその博物館を見学。

b0173754_1323765.jpg

本堂と並んで宿儺堂、弁天堂、少し離れて薬師堂があり、さらに山の上には愛宕社
鎮守堂もあり、古代信仰の霊跡としてのお寺。飛騨三十三観音霊場第三十三札所。

b0173754_1311040.jpg


055.gif円空(寛永9年(1632年) - 元禄8年(1695年 ))は、
江戸時代前期の行脚僧、全国に「円空仏」と呼ばれる独特の
作風を持った木彫りの仏像を残したことで知られる。
円空は生涯に約12万体の仏像を彫ったと推定され、現在までに
約5350体発見されている。
円空仏は全国に所在し、北は北海道・青森、南は三重県、
奈良県までおよぶ。多くは寺社、個人所蔵がほとんどである。
その中でも、岐阜県、愛知県をはじめとする各地には、円空の
作品と伝えられる木彫りの仏像が数 多く残されている。
その内愛知県内で3000体以上、岐阜県内で1000体以上を
数える。また、北海道、東北に残るものは初期像が多く、
岐阜県飛騨地方に は後期像が多い。多作だが作品のひとつ
ひとつがそれぞれの個性をもっている。円空仏以外にも、
多くの和歌や大般若経の扉絵なども残されている。

本堂へ向う前の雲の様子。めぐみさんが見つけました。
マリア様のようにも見えますが・・微妙


b0173754_154068.jpg



昔、今は亡き丹波哲郎が円空を演じた映画があったようですね。
ポスターが貼られていました。

私たちのタクシードライバーは、3.11の大震災の後、
この千光寺の住職らと、東北へ
支援活動へ行ったそうで、住職をよくご存知という
ことで、本堂にて、お経を上げていただき、私たち
だけで、奥の本堂へ入ります。


b0173754_1325471.jpg

b0173754_1334742.jpg

その本堂の天井には、血天井ともいう、天井に狩野深雪が
血のにじんでいる龍の絵が! http://senkouji.com/


b0173754_1331876.jpg


ここでしばらく過ごし、出る前に、ご挨拶して写した
一枚に一際光る目玉のようなオーブ。


b0173754_1355385.jpg


千光寺の本堂を出ると、豪雨となっていて、正に龍神様のお出まし!057.gif

b0173754_137171.jpg


この渦巻いた分厚い雲は、龍神様の腹と感じました。
そして山を下ると雨は止みました。


b0173754_1371680.jpg


そして、高山の神社巡り最後を飾るのは神社は、水無神社でした。


b0173754_1392635.jpg

水無神社 古来、飛騨国一ノ宮として名高く、創建は神代にありと
社伝にあり、史上にあらわれるのは平安時代初期のこと。
祭神は御年神を主祭神に14柱の神々で、摂社・末社を合わせると
国内の神はほとんど網羅されてしまう程です。社名の 水無は「みなし」
(水成)と読み、音読して「すいむ」さんの名で親しまれているそう。
意味は「水主」であり、社前を流れる宮川の源流<位山>を水主の
神の坐す神体山として奥宮と定めています。位山にはイチイの
原生林があり、この木から天皇が持つ笏(しゃく)を作り、歴代天皇
即位時に献上する慣わしになっているそうです。

最後に、皆さんと記念撮影をして、高山駅でお別れとなりました。

知子さん、めぐみさん、ドライバーの中西さん、ありがとうございました
016.gif


b0173754_13131136.jpg


夕方、高山駅前からバスで、ikoさんと共に世界遺産の
白川郷へ向います。移動中の約50分は、ほとんど居眠りしてしまい・・・
なんとバスの乗客は私たち以外全て外国人でした。


高山の思い出の品として・・・宮川朝市で売られていたヘンプ(麻)
ののれん。買おうか散々迷ったあげく結局買わず、後で後悔して
いたら、その2週間後に、NJの友人夫妻が高山を訪していることを
FBで知り、のれんのことを伝えたところ、宮川朝市の同じ露店で、
風情あるデザインののれんを購入してくださいました。

                 これで¥1,990とは、素晴らしい!001.gif

b0173754_13591565.jpg


こののれんを見る度に、宮川で見たお魚のお遊戯を思い出します。



b0173754_13592534.jpg


                  ⑨.白川郷編へつづく・・・


b0173754_13181261.jpg



*隠された真実: http://www.kirisuto123.com/

055.gif天照大御神は、女性とされていますが、実は、アマテル(男性)なのだそう。

伊勢神宮は今から約4200年ほど前に、アマテルカミ尊(男性)に
よって創設されました。アマテルカミ尊は神武天皇の時代、
神武派の人々が自らの出自の正当性を主張するために、歴史から
抹殺された人物です。なぜこのようなことが起こったのかとい うと、
アマテルカミ尊こそが国の(世界においても例のない)天皇家の
初代だからです。
神武派の人々にとって、自分たちこそがもっとも権威ある古い家柄で
あるという事を主張するためには、初代天皇家であるアマテルカミ尊の
歴史と事跡はまことに都合の悪いものだったのです。
彼らにしてもその事が後々、我が国にどのような影響を及ぼすことに
なるかについては考えが至らなかったのでしょう。自分たちの出自の
正当性を主張するために、邪魔になった過去の伝説的歴史を否定したに
すぎないと、その時は考えたのだと思います。
事実このことが、決算されるには二千年以上の時がかかりました。
天皇家はアマテルカミ尊の時に初めて創設されたものなのです。
天皇家がどのような経緯で始まったかが、正しく伝えられなかった
事によって、日本の歴史と本来あるべき姿は随分と変化しました。

ちなみに、現在の天孫降臨説で取り上げられる、ニニギ尊は、
アマテルカミ尊の二男の息子です。初代與謝身天皇アマテル
カミ尊の孫にあたる方です。
アマテルカミ尊が宗像神社の建設のため、九州地方を訪れた時、
孫であるニニギ尊を幣(ぬさ)に入れて、一緒に高千穂の峰に
登った事があるのです。そのことが、天孫が高千穂の峰に降り
立った、「天孫降臨」と誤って伝えられました。今ここに天皇家の
本来の姿と、その役割を正しく伝えるために、伊勢神宮と伊勢の
神が、どのようなものであるのかについてお伝えしたいと思います。

アマテルカミ尊は世襲家であるイザナギ家(大丹生家)の頭首と
して、田造り、山造り(植林)の指導をしていました。
アマテルカミが丹波の天の橋立の付近で、農業・林業の指導を
していたある日、夢の中に初代イザナミ(伊邪那身)命とカムロギ
(神漏樹)命が現れました。
 話は変わりますが、イザナギ(伊邪那岐)尊とイザナミ
(伊邪那身)命は、改竄(かいざん)された歴史書である「古事記」
「日本書紀」においては神話上の神様とされていますが、本当は長い
間伝統的に続いてきた世襲の名家であり、実在の家系である丹生家・
大丹生家の始祖であり、人類の始祖である実在の人物です。

超古代から連綿と続く、日本の、いや地球の人類の歴史は、
丹生家・大丹生家(皇家=すめらぎけ)に代々伝えられてきました。
アマテルカミ尊 は世襲家である、イザナギ家(大丹生家=
スメラギ家)の頭首でした。
ある夜、夢の中に初代イザナミ命(女神)とカムロギ(神漏樹)
命が現れて、二人を代表して、初代イザナミ(伊邪那身)
命が伊勢の神の真実をアマテルカミ尊に伝えたのでした。
それはこの地球上に生命が誕生する物語でもありました。
ここに初代イザナミ命によって伝えられたことをお伝えします。
現代人にとってはいささか不思議な話も含まれますが、現代の
科学は全てを解明した訳ではありません。
科学によってはいまだ解決できない事も多いのです。



[PR]
by yukistar88 | 2013-07-27 13:42 | 世界の旅 | Comments(2)

⑦.7月の美しき空模様&高山の日輪神社(中編)

*7/22、満月のこの日、イギリス時間4:24pm、英王室のウィリアム王子とキャサリン妃の
第1子となる男児がロンドンのセント・メアリー病院で生まれましたね。
故ダイアナ妃も孫の誕生を天国で喜んでいることでしょう。
024.gif

b0173754_13172546.jpg


この7月は実に空が美しく、日本でもアメリカでも各地の空模様を拝見していますが、
正に、”天空の美”といえましょう!
016.gif

*7/19、車でQueensへ出向き、サウンド・ヒーリングをしている知り合いを訪ねました。
帰り道のQueens Blvd.を走行中、それはエネルギッシュな光芒放つ雲を目指してドライブ。
このタイミングで、”目標に向って突っ走る”というメッセージをいただいたかのよう。

b0173754_1220137.jpg


Queensboro Bridgeから見るマンハッタンが好きです。1987年、初めてNYを訪問した時、
空港からマンハッタンに入る時に見たこの光景に感動したものです。

b0173754_12214938.jpg


渋滞のお陰で(?)、遠回りのWestside Highwayを通ることになり、豪華な夕日のギフトを!

b0173754_12225588.jpg


GWBを走行中に見えた夕日。「良い子はドライブ中に撮影しないでくださいね。」034.gif

b0173754_12234996.jpg


*7/20の夕方はまたまた虹が出ました。ここ最近、毎週のように虹を見ています。

b0173754_12251210.jpg


いろんなタイプの雲がミックスされています。

b0173754_12254742.jpg


*7/21、こちらも素晴らしく・・・・羽と綿のような雲ばかり。

b0173754_12264927.jpg


同日の夕方、極めつけの夕焼け空!外食中に飛び出して撮影しちゃいました!

b0173754_12282412.jpg




              ***************072.gif****************072.gif****************

            056.gif日本滞在記のつづきです。

*6/12/2013、
飛騨高山の旅、当初の予定では、古代太陽信仰(磐座)の位山(くらいやま)へ登る計画も
ありましたが、6月は、蛇、蜂、熊が出るので、女性だけのメンバーということもあり断念
しましたが、いつか登ってみたい聖地なる位山ですね。
どうやら天皇家は、度々位山へお忍びで来ているようで、なぜなら、かつての神代日本の
日球(ひだま)として輝く神境であったとか、その秘密を明かす神跡がここに眠っているそう。
それは標高1529mの位山に眠る巨石群にあるようで、伝説に「位山の主は、神武天皇へ
位を授くべき神なり。天孫降臨伝説もあり、飛騨の語源となった日球王朝が、神武天皇
以前に存在していたことを物語っているともいわれています。

b0173754_12522966.jpg


そしてT子さんの案内により辿り着いた日輪神社。ここは、飛騨のピラミッド群を統括する
中心的存在、コントロール・センターと言われ、あのアトランティスと直結している神社とも。
創立年代は不詳ですが、本殿は宝暦4年(1754年)の建築で市の指定文化財。

b0173754_12524666.jpg

天照皇大御神、“太陽神天照大神”を祀ってあるのです。この神社の建立場所が
「太古のピラミッド」という説があります。参道を上がると本殿があり、本殿の扉を開けて
自由に中に入り参拝できるようになっています。知る人ぞ知るかもしれませんが・・・。

b0173754_12582640.jpg

b0173754_12525983.jpg


キリスト教伝道者・酒井勝軍がこの地が日本太古のピラミッドと唱え、1938年陸軍大佐の
上原清二が『飛騨神代遺跡』を発表し、「日輪神社は太古ピラミッド、弥広殿」と呼ばれる
太陽祭祀遺跡だったという説を披露。以来「超古代文明の謎」に触れたいと参拝する人も
多く、スピリチュアリストにとっては聖地のような場所。そんなワクワクする神社でした!

b0173754_12571727.jpg


日輪神社が飛騨の中心で、ここを中心に放射線状に巨石群やピラミッド型の山が
分布していることから ここからエネルギーが放射線状に流れているという説もあります。
頂上部には神体石、太陽石と推測される巨石があるというT子さん、その石はどこ??
と皆で探したら、右奥に隠れて、しかも立ち入れないよう柵の向う側にありました!
どんどん探検していく私たち。宇宙と一体感を感じる神聖なスポットということです。
巨石に触れてエネルギーをチャージしたり・・・これは象形(?)文字でしたか?!
なぜこんなにたくさん、しかも一列に穴が開いているのでしょう。暗号?!

九州の阿蘇にある巨石、押戸石とリンクしているかもしれません。その日記はこちら↓

*九州パワースポット巡り(黒川温泉&押戸山、阿蘇編)の日記:
http://yukistar88.exblog.jp/12513300/

b0173754_12575963.jpg


興奮さめやらず、遅めのランチに、とろろ蕎麦をいただきました。

b0173754_12585793.jpg



*隠された真実を追究しているT子さんのサイト: http://www.kirisuto123.com/

つづいて龍神鎮座の千光寺と水無神社へと向い、飛騨高山の旅も終盤を迎えます。

                  ⑧.高山の神社巡り(後編)&白川郷へつづく

[PR]
by yukistar88 | 2013-07-23 13:14 | 世界の旅 | Comments(9)

⑥.夕焼け空と言霊ワーク&宮川朝市と高山の神社巡り(前編)

*7/12の夕方、セッションを終え、Washington Sq.parkにて、天国を思わせる草木・花々が
咲くガーデンに見惚れながら休憩。


b0173754_1226597.jpg


*7/7、今シーズン初のゴルフへ。カートでなく、全て歩いて周る健康ゴルフ。042.gif

b0173754_12334218.jpg

猛暑で暑かったけれど、緑が多いお陰でやや涼しく、木々からのアルカリイオンを浴びながらの
プレィ。自然散策しながらのウォーキングです!


b0173754_12341282.jpg


そして7月中旬は、夕焼け空の美しい日々が続いています。
           7/11 この雲が、パーと空一面に広がって真っ赤に染まりました。

b0173754_12361015.jpg

b0173754_12365967.jpg


            7/15 上弦の月と共に・・・

b0173754_12374193.jpg


*7/14、July 4thの次の花火は、sponsored by All Star M.L.B.Gala


b0173754_12492527.jpg

b0173754_1250196.jpg



*7/9、紫水さんの言魂ワークショップへ参加しました。
ワークショップの前に、麻でできた紐の結界を張ります。身軽で、宇宙人ぽい紫水さんです。

b0173754_12522943.jpg


「開運言魂(ことたま)文字&アートとは?日本は【言霊の幸ふ国】すなわち"言葉の霊力が
幸福をもたらす国"といわれといわれていました。(万葉集)言霊とは、古代日本では、
言葉に宿っていると信じられていた不思議な力のことで、発した言葉どおりの結果を
現す力があるとされていたようです。その言霊のパワーを、古代にあったと言われて
いる文字にて形にした形霊(かただま)を言魂文字とし、そしてその文字からアート作品に
したものを『開運言魂アート』と称しております。

神代文字に代表される古代の文字は漢字伝来以前から日本に存在し、宇宙(神)の
エネルギーを形にして表していると言われています。また、「神字を常時携帯することに
より、正神界からの気線と常に深く繋がることになり、 ハイヤーセルフからのメッセージを
受け取りやすくなります。 また、サイキックアタックから身を守ることにもつながります。 」
ともいわれています。
古代の文字の存在については、その真偽について様々な説があり、現に伊勢神宮には
藤原鎌足や稗田阿礼、菅原道真、平将門、源義経、木曽義仲、後醍醐天皇といった
歴史上の人物の奉納文(写し)が現存しているらしいのと(ご参照「伊勢神宮の古代文字」
より(日本的霊性))

b0173754_1253546.jpg

■紫水の古代文字体験記
最初に古代の文字を書かかせて頂いた時の体験が凄まじかったです。
初めて書くのに、何故か懐かしいような感じがしました。
書いていると頭上からとてつもないパワーが降ってくるのを感じました。
そして、、、このようなビジョンが見えてきました。。。
私は常に頭上に霞のような膜がかかり意識が半眠状態になっていました。
しかし、古代の文字を書き始めるとその霞が消えはじめて天からとてつもない眩い
光が降りて来て意識が覚醒し、本来の自分に目覚めました。
それは静かで清らかで神々しい輝きを放つ魂の存在でした。
日本中がそのように意識の上に膜がかかって、 自分自身の本来の気高く輝かしい魂に
気付かず半眠状態で存在していたのでした。
そして、日本だけでなく、地球全体に膜がかかってしまって居る。
日本人を始め、世界の民族は皆、美しく清らかで気高い思想と魂と精神を持っている
というのに、 その自覚もなく、半分眠った状態で流れるように生きているとは!
完全に目覚めたら、皆が自分の才能を完全に活かし、互いを認め尊重し合い
美しく清らかで気高い精神で素晴らしい世の中を創り上げ、全ての人が幸せに
生きられる世の中になるのではないか、それは世界中に、全人類に言えることなのでは
ないのか、以来、開運言魂アートやセッションやワークショップなどを通じて、日本の多くの
人々のみならず、世界の人々に 魂の持つ本来の素晴らしさ、輝かしさに気付かれて・・・」


ということで、新月に合わせ、7/9のワークショップでは、皆さん、2-10個の願い事を神代
文字で書きました。もちろん私も・・・普段願い事をリストにすることがありませんでしたが、
あえて紙に書いてみると、より明確にイメージがわきますし、そして最後は愛だけが残ります。



           ***************072.gif****************072.gif****************

               056.gif日本滞在記のつづきです。

*6/12、
客室から見えた朝日。神々しく、天照大御神様のご来光と感じました。
高山は、エネルギー的に高いスポットですから、敏感な方は感じられると思います。

b0173754_13131927.jpg

b0173754_13132722.jpg


部屋から望む北側のヴュー。台風が関西に接近しているにも関わらず・・・晴天。

b0173754_1322382.jpg



早朝6時からやっている宮川朝市へ。地元のおばちゃんたちが、手作りの味噌や漬物、
野菜などを川辺や高山陣屋の前で売っています。朝市は最高!麻ののれん買いそこね・・。

b0173754_13111893.jpg


b0173754_13134545.jpg

b0173754_13135393.jpg


                   宮川の景色

b0173754_13141825.jpg


美しきかな、この川にいる鴨や金魚?鯉も伸び伸び泳いでいます。

b0173754_13145639.jpg


お魚たちは、一列に並んだり、じゃれあったり、ダンスしたり・・・楽しそう!
b0173754_1315487.jpg

レトロなカフェもあります。福山の鞆ノ浦を思い出します。

*レトロの宝庫”鞆の浦”: http://yukistar88.exblog.jp/18180501/

b0173754_1432123.jpg


左の赤い顔なし人形は、「さるぼぼ」といって、飛騨高山で生まれた郷土人形、
その昔子供が産まれたときの御守として、玩具の代わりに与えられたそうです。
「日本で一番古いぬいぐるみの原型とも言われ、奈良時代に中国から伝わり、
貴族の間で重宝されたようです。また「さるぼぼ」とは、飛騨高山の言葉で
「猿の赤ん坊」という意味で、赤い顔と体が猿の赤ん坊に似ていることが由来。

「猿」という読みをかけて、「災いが”さる”」、「家庭”猿”満(かていえんまん)」、
「”猿”むすび(えんむすび)」など、厄除けや縁結び、女性の安産のお守り。


「本陣平野屋」のロビーから、中橋で、結婚式を挙げたカップルの記念撮影。

b0173754_13203889.jpg


056.gifいよいよ高山の聖地めぐりの始まり・・・・
不思議なご縁で揃った今回のメンバー。初対面でありながら実は魂的には初対面でなく、
この4人の共通点を元巫女であり、サイキックであるT子さんが感じ取ってくださいました。
それは、丹生家の前世つながりとアトランティスの終わりにもいたということですが、
アトランティスは心当たりあり、20代後半まで、何度も大津波の同じ夢を見ていました。
同行のMさんも今年になり、大津波の夢をよく見ているそうです。

時間制限ある為、タクシーを貸切りました。まずは天照皇大神宮・伊太祁曽宮から。
158号線沿いに「天照皇大神宮」と彫られた石碑があり、川の方に下っていくと・・・

b0173754_13261684.jpg

天照皇大神宮の額を掲げた鳥居。そして境内社の神明宮、通称「旗鉾大神宮」が見えて、
創立年代は不詳で、ここに天照皇大神宮が祀られたのは17世紀初頭とされています。

b0173754_13585020.jpg


     拝殿の奥に二社殿があり(右-伊太祁曽宮、左-天照皇大神宮)。

そしてT子さんの案内で、一般的に知られていない社殿の脇から奥へと進み、裏側へ。
b0173754_13311276.jpg

足を滑らせたら川底に転落しそうな細い山道を進むと見えてきたものは・・・005.gif

b0173754_13591967.jpg

   えー、こんな奥にも社殿が?ここが奥宮でありましょう!

b0173754_13315850.jpg

タクシードライバーもここが地元でありながら、初めて知ったスポットだと申しておりました。
この時期は蛇が出るので、唯一男性であるドライバーの方も各スポットへ同行してくださり、
彼も神社や聖地などに興味があるようで、歴史の裏話に驚いていました。斎籐一人さんの
話しもよく聴いているそうです。

T子さんは、奥宮の前で、ヒフミ歌を歌います。歌っている間だけ、蝉が鳴き出しハーモニー♪

b0173754_13344368.jpg


続いて、別の伊太祁曽神社へ。
丹生川には伊太祁曽神社が沢山あり、その中で今回重要な二ヶ所へ連れていって
くだいました。この2番目の伊太祁曽神社に、円空が彫った夫婦神(男女の円空仏、
アマテルと瀬織津姫の夫婦神){表向きは違う名前}があるはずということで、探しましたが、
見つからず。円空が夫婦神を残した所は、真実の歴史が秘かに守られた所だそうです。

社殿の中を失礼しましたら、見えない存在さんたちが、いらっしゃいました。

b0173754_13371357.jpg

         陽だまりがキラキラ、美しいです。

b0173754_1342158.jpg


次に、リフレッシュの銚子の滝へ寄りました。

b0173754_13443038.jpg

         本当に気持ちいい滝でした。

b0173754_13445895.jpg



061.gif ”銚子の滝”で、リフレッシュしてね!043.gif




                  まだまだ奥が深いよ! ⑦.高山の神社めぐり(後半)へつづく029.gif
[PR]
by yukistar88 | 2013-07-18 14:08 | 世界の旅 | Comments(8)

⑤.July 4th 花火&ぶらり高山さんまち

*7/8の夕方から蟹座の新月を迎えました。ムーンカレンダーでは、
「これまでの活動は終結に向かい、新たな行動への準備に向かう凪のような穏やかなひと時」
というメッセージがありましたが、いかがでしょう?私も正にその心境であります。


b0173754_13214860.jpg


7/9の新月では、CRSで行われた紫水さんによる言霊ワークショップに出席し、
神代文字にて願い事を書いてみました。その模様はまた次回にでもお伝えします。

*7/4、アメリカ独立記念日、恒例のMacy's主催、花火大会の模様です。

数年前からハドソン川サイドで打ち上げ、ベスポジにて、有難く見物させていただいています。

b0173754_13221837.jpg

      ということで、花火の写真をシェアしたく思います。

b0173754_13251917.jpg

昨年夏の長瀞での花火大会を思い出しました。http://yukistar88.exblog.jp/19138332/

b0173754_13253442.jpg

     土星、ハート型、スマイリーも登場しました!
b0173754_132632.jpg


      061.gifファイナルの花火を動画でどうぞ!




061.gif煙で見えなくなってしまい・・・花火終了と同時に聴こえるのは船の汽笛。



*7/5、BrooklynのBedfordにあるギャラリーで行われたOpening Receptionへ。

Bedford Ave.はNYでもトレンディーな地区で、ファッションやレストランなどでも人気スポット!

b0173754_13335176.jpg


オーガニック・チョコレート屋、”Mast Brothers"、
山積みの麻袋は、珈琲ではなく、オーガニック・カカオ。コクがあり、チョコ好きにはたまりません!

b0173754_1337396.jpg


AGギャラリー(107 N. 3rd St. Brooklyn)にて、キネシオロジストのNorikoさん作の
アースカラーによるアートに囲まれ、ご主人のOsamuさんのサウンド・ヒーリングとギター演奏。
特にギターの音色は素晴らしく、皆さん、夢心地でした!060.gif

b0173754_13401312.jpg

帰りに、Brooklynらしいビアホールに寄って、喉を潤しました。068.gif

b0173754_6171250.jpg



*7/7、七夕の日、夏を代表する入道雲。雲は想像をかきたてますが、何に見えますか?

b0173754_13422342.jpg


*7/8、午後8時過ぎのにわか雨後のプチ・レインボー。最近よく見かけますよ!
      フレスコ画のようでもあり、天使が舞い降りてきそう。
032.gif

b0173754_134452.jpg



*************072.gif**************072.gif************072.gif************


056.gif日本滞在記のつづき・・・

*6/11、飛騨高山に着いた日の午後、宮川を眺め・・・

b0173754_14153564.jpg


時代劇のセット!ではないです。国指定史跡の高山陣屋。閉館してしまったので説明だけ。

「高山城主金森氏の下屋敷の一つで、金森氏が上ノ山(山形県)へ移されてからは、
徳川幕府の直轄地となり、江戸から代官や郡代がきて、ここに役所をおき飛騨の
政治をとったそうです。役所を「高山陣屋」とよび、おふれを出したり年貢の取立てなど、
直轄地時代は、明治まで25代177年間続き、クレ葺屋根の門の扉に残るしみは、
梅村騒動で農民に殺された門番の血痕といわれています。
明治に入ってからは、県庁、郡役所、支庁、県事務所など代々、地方の役所として
使われ、郡代役所の建物が残っているのは全国でも高山だけとのこと。」

b0173754_14195797.jpg


いやぁ、本当にタイムトリップしたかのような昔ながらの建物ばかり。039.gif

b0173754_14322620.jpg

        陣屋の隣には、こんなものが・・・

b0173754_1422676.jpg



        飛騨高山のさんまち、古い町並みを散策します。

b0173754_13493545.jpg

           木の温もりは落ち着きますね。

b0173754_13522599.jpg

            昭和の香りがしますね。

b0173754_13531475.jpg

     飛騨高山名物、栃の実・・・せんべいや餅などに入って売られています。

b0173754_13554023.jpg

初めて知った栃の実、栗にも似ていますが、デンプンやタンパク質を多く含有する種子は、
栃の実として渋抜きして食用になるそうです。栃の木は、25mにもなるようで、家具
などの材料となり、21世紀頃には、ウォールナットと同じ銘木級の高価な木材だそう。

b0173754_1441587.jpg

ショーウィンドウに、懐かしいケロリンの桶やオロナインの看板に惹かれ店内へ。

b0173754_1453122.jpg

ここミノワ薬店は、創業大正10年という老舗で、今の店主は4代目らしく、かなりユニーク。
外国人観光客も多いことから、数ヶ国の外国語電子辞書を使って接客しているという。

b0173754_14112981.jpg

今ではアンティークとされる昔ながらの引き出し式の薬箱をいただきました。
グローバルにもお客とのコミュニケーションを大切にしていることは素晴らしい!045.gif

b0173754_14123689.jpg

 さんまちには酒蔵も多く、見学と試飲もさせていただきました。白酒が有名です。


b0173754_14333822.jpg


午後6時、NYのコーチング講師Rieさんからの紹介にて、岐阜市に住むT子さんと合流し、
初対面にて、いきなり温泉へ。ここは”りらっくす蔵”といって、明治時代の古民家を利用した
女性専用の温泉。肌がツルツルする泉質で、雰囲気ある空間でした。

b0173754_14394852.jpg


湯上りに冷たいハーブティを、東京のジャーナリストのI子さんと、岐阜の巫女のような
T子さんと3人でりらっくす!右上方に連結オーブも現れ、一緒に楽しんでいるかのよう。

b0173754_14413618.jpg

夕飯を食べながら、T子さんより、隠された天皇家に纏わる歴史話を聞きました。
食前酒のハート型の器が珍しくて・・・。053.gif

b0173754_14443463.jpg


そして、午後9時、もう一人、初対面である岐阜市に住むMさんもいらして、4人で談話、
というか、それは翌日の高山の神社巡りへの予備知識なる勉強会でした。

宿泊した宿、本陣平野屋の女中さんもただ者ならぬ方でした。孫悟空を見たことあるとか・・・

神社巡りにて、どのようなミラクルが起こるかは、お楽しみに!029.gif


                          ⑥.高山の神社巡りへつづく
[PR]
by yukistar88 | 2013-07-10 15:01 | 世界の旅 | Comments(2)

④.NY近郊の天橋立スポット&美しき飛騨川とチラリさんまち

*7/3、雷雨後のぼんやりとした美しく大きな053.gifハートの夕焼け空にうっとり。
これからJuly 4th(アメリカ独立記念日)の花火大会です。その模様は次回に!


b0173754_3194583.jpg


*7/1、CT州在住の友人Eさんの日本帰国の送別会ということで、CRSでの送別会は
参加できなかったので、改めて送別兼ねてのGreenwichツアーの日となりました。

Greenwichといえば、NY,NJ,CT州トライステートの中でも、一番の高級住宅地と
されている地域で、洗練されたお店も多いです。お薦めのカフェで。063.gif

b0173754_3335539.jpg

b0173754_6591874.jpg


心地よくて瞑想にいいスポットがあるということで、Eさんが案外してくださったその場所は、
Greenwichの住民のみ入れるプレイベートな公園の中で、公園というよりも島というか、
小さな半島まるごとのその敷地は、野鳥や動物たち、森と海に囲まれた天国に近い自然の
宝庫なるスポットでした。

b0173754_3252825.jpg

あいにくのお天気でしたが、この公園にいる間は小雨程度で、人も疎らで、ビーチでは、
涼しいくらいの方がよかったり、ベストな天候ということになりますね。

b0173754_3255880.jpg

そして、この敷地に入った瞬間から、日本三景の1つである天橋立が浮かんできてならず・・・。
同じエネルギーに思えて、ビーチのさざ波の音もですが、重なるものが多いのです。

        (Greenwich Beach)
b0173754_32640100.jpg

          (こちら天橋立の海)
b0173754_3271529.jpg

同じような曇空というのもあるかもしれませんが、海から受ける波動も似ています。
龍神さまが関係する土地に入ると、雨に降られることが多いですね。

*日本三景の天橋立を渡る。(前編):http://yukistar88.exblog.jp/16754103/

*天橋立日本最古のパワースポット眞名井神社(後編):http://yukistar88.exblog.jp/16854178/

このように、過去にも世界各地同じエネルギーで繋がるスポットがいくつかありましたが、
記憶しているのは、

*NYバッテリーパークと厳島神社:http://yukistar88.exblog.jp/20280791/

*イタリアのカプリ島と伊勢・志摩の賢島(カシコジマ)

*ペルーのマチュピチュと長野の分杭峠/九州の押戸山/白川郷

*NYの自由の女神と高崎の白衣大観音

*NY、自由の女神のクラウンの螺旋階段とオアフ島のダイヤモンドヘッドの山頂の螺旋階段

*NJ州のCape Mayと フロリダ州のKey West

*伊勢神宮とエジプトのカルナック神殿 :http://yukistar88.exblog.jp/14221745/

*カリブ海のAntigua島と広島の仙酔島 

そして、*CT州Greenwihと京都の天橋立    ここに記録しておきましょ。

b0173754_342881.jpg

すっかりビーチで寛いでしまい、その後に瞑想スポットへ。
そこは大きな木の下にベンチが2つと巨石があって、その巨石の地下から温かい熱が放出されて、
まるでスチームサウナか温泉にはいっているかのような感覚がします。裸足で感じてみます。045.gif

b0173754_3455977.jpg

この巨石の上でヨガや瞑想する人もいるそうで、石に刻まれた文字は、瞑想へ誘うような
ことが書かれていることから、何もいらない、ただここに腰掛けて、景色を眺めてという感じ・・・
いわゆる隠れパワースポットではないかと思いました。

b0173754_3463487.jpg

ということで、失礼して、この上で瞑想タイム・・・この刻印を読む前に瞑想しましたが、
やはり自然と、全てのことに感謝の気持ちが湧いてきます。
誰か発言していましたが、「石の上にも4人(3年)!」て。011.gif

b0173754_3473698.jpg

b0173754_3474647.jpg

      かわいーシマリスもフレンドリーで・・・

b0173754_3481472.jpg

       野ウサギもあちこちに・・・

b0173754_3484430.jpg


白鷺は幸せの象徴だと・・・言霊アーチストの紫水さん

b0173754_3511151.jpg

その後はぐるーーと、1時間かけて島を一周。どんなに歩いても疲れなくて・・・。

b0173754_352587.jpg

これは天橋立にある橋ですが、どことなく似ているでしょう。

b0173754_66668.jpg

途中、三途の川を思わせる川が出てきましたが、ここも気持ちよかったです!

b0173754_3524995.jpg


豪邸巡りといい、至福感に満たされるツアーを有難うございました!



***********072.gif*************072.gif*************

    056.gif日本滞在記のつづき・・・

今回は初めての岐阜へ行こう決めていましたが、NYの友人より岐阜に住む巫女のような
女性(T子さん)と繋いでくださり、またこのブログへアクセスしてくださったMさんといい、
東京のI子さんと共に、初対面でのメンバーでの旅となりました。
この4人のメンバーの共通点も出てきたり、高山では神社巡りを主とした岐阜の聖地なる
スポットを知る旅となり、また白川郷へも足を伸ばし、日本の美を追求する旅となりました。
高山へ行くまでの列車からの川景色も言葉では表せない美しさで、篤とご覧あれ!


*6/11、
東京駅午前9時発の新幹線に乗り、名古屋で特急飛騨ワイドビューに乗り変えた。
車窓から見えた飛騨川は、日本独特なる清川の景観で、私にはとても新鮮でした。

b0173754_44565.jpg

やや左側の木々の中にポツンとある鳥居、秘境な神社でしょうか。気になります!
b0173754_4182421.jpg

このようなダムもなかなか見ることはありません。
b0173754_4193016.jpg

b0173754_3543140.jpg

b0173754_4245271.jpg

ここは下呂温泉。残念ながら今回はスキップしました。
b0173754_4252118.jpg

大きな武家屋敷のような邸宅ですね。このお宅が気になって・・・

b0173754_4253965.jpg

「?花銀」という看板がありますが、最初の漢字が読めません。わかりますか?
b0173754_4284753.jpg


午後1時過ぎ、高山へ到着し、宿は宮川の畔にある「本陣平野屋」へ。
この宿に入った瞬間、ジワ~と地下から体内へと気持ちいいエネルギーを感じました。

b0173754_1028305.jpg

       こちらが宮川。

b0173754_4424498.jpg

早速、ガイドブックを片手に「さんまち」を歩きます。
なんというか全くの別世界に入ったしまったようで、ワクワク感が止まりません。

b0173754_443973.jpg

高山の「さんまち」は、400年ほど前に、高山城主金森長近が整備した城下町で、
3つの(安川通りをはさんで上下)南北通り筋を中心とした町並みは風情があり、
連子窓と出格子を持つ古い町家が軒を連ねた情緒豊かな景観の街です。

b0173754_449294.jpg

お昼には、さんまちにある「恵比寿」のお蕎麦をいただきました。

b0173754_3552723.jpg

店内にある庭園を見ながらとは、心が休まります。時が止まっているようで、有難いですね。

b0173754_4504655.jpg

古くからの酒蔵もいくつか見かけました。水が良い土地なので、美味しい地酒が出来るでしょう。

b0173754_452168.jpg


宮川、鍛治橋の『手長・足長像』の二像。
これは、嘉永元年、江戸時代末期、数々の高山屋台造りを手掛けた飛騨きっての名工・
谷口与鹿(たにぐちよろく)が、出雲神話の登場人物である足名稚(アシナヅチ)と手名稚
(テナヅチ)をモデルとして彫刻したといわれています。

b0173754_4573343.jpg

足長像は足名椎命(アシナヅチノミコト)と手長像は手名椎命(テナヅチノミコト)は夫婦で、
足長が父、手長が母らしいです。

b0173754_4575541.jpg


今回は「ちらり、さんまち」ということで、次回は、たっぷりさんまちを紹介します。
古き良き日本が好きな方には、たまらないスポットでありましょう!029.gif


                          ⑤、「ぶらり、高山さんまち」へつづく
[PR]
by yukistar88 | 2013-07-05 05:08 | 世界の旅 | Comments(6)

③.戦死した祖父の99歳の妹と初対面&東京編(日本橋)

いよいよ2013年の下半期を迎えました。
6月末に再び断捨離して、今まで自分が手にしてきたものを整理して、新しい始まりの時の
ためにスペースをつくることが大切です。自分へのメッセージでもあります!

b0173754_74575.jpg

     6/26、雨上がりに、薄っすらと見えた虹。

b0173754_713535.jpg

6月末の3日間、レインボーカラーにライトアップされたエンパイヤステートビル。
30日のゲイパレードに伴い、3日間限定だそうで、初めて見ました。

b0173754_721682.jpg

   連日の暑さで、公園では噴水浴する人もいましたよ。

b0173754_723755.jpg

  どんなに暑くても、夏の夕暮れは心地良いもの。

b0173754_725634.jpg



あるメルマガにあったメッセージを紹介します。

「主人公の若い医者が、大きな病院に勤めているのですが、そこで、いろいろな派閥抗争や
出世競争に、巻き込まれて、身も心も、ボロボロに、疲れている時に、定年退職間際の
年寄りの医者から、質問されます。
「君は、医者にとって、一番大切な仕事は、何だと思う?」
その質問に、主人公の若い医者は、しばらく、熟考した後、
「えーっと、それは、患者さんの病気を治して、健康になってもらうことじゃないでしょうか?」
と、呟きます。すると、その年寄りの医者は、ニッコリ笑って、
「うん。それが、わかっているんだったら、君は、いい医者になれる」と、言います。
そうなのです。この年寄りの医者は、たくさんの医者が、派閥抗争や出世競争、金儲け、
プライド、見栄などに、しばられ、医者として大切なことを、忘れていることを、危惧して
いたのです。これは、全ての職業に、言えることだと思います。

ヒーリングの仕事などでも、大切なことは、目の前にいるお客さんの身体や心を、
癒すことです。それ以上でも、それ以下でも、ありません。それだけなのです。
それを、続けるだけです。

「ヒーリングの仕事で、大金持ちになろう!」
「有名になって、テレビに出よう!」
「ライバルのヒーラーには、負けたくない!」
などのエゴが出てきた途端に、ダメになっていたヒーラーさんをたくさん見てきました。

「仕事」という単語は、「事に仕える」という文字が、現わしているとおり、
自分の都合ではないのです。
目の前に起こる出来事に、全力で、仕えるということです。
「目の前で、困っている人を、自分なりの方法で、助けることを、続けていく」
という地味な作業の繰り返しです。
ビジネスというものには、あまり派手なことは、期待しないほうがいいのです。
若いうちは、物事の派手な表面ばかりに目がいきますが、実際には地味な裏面が、
本質だったりします。趣味や遊びでは、自分を優先させてもいいのですが、
仕事の場合は、やはりお客さんを優先させるという、当たり前のことが大切なのです。
うまくいっているお店や会社は、必ず「自分の目線」よりも、「お客さんの目線」を、
大切にしています。

余談ですが、結婚の場合も、最初の頃は、「自分が幸せになりたい!」
でもいいと思いますが、その姿勢をずーっと続けようとすると、行き詰ると思います。

やはり、幸せな結婚生活を長く続けている人を見ると、自分を含めて、配偶者や
その親戚、子供たち、近所、地域社会など、全ての人が、幸せになるような姿勢で、
生きているようです。

もし現在、仕事で行き詰っている方は、「自分は、何のために仕事しているのか?」
ということを自問してみてください。そして、何が一番大切で優先順位は、
どうなっているのかを、もう一度、考えてみてください。
苦しんでいる時は、何か大切な原点を、忘れていることが多いのです。以上。

発行者:トーマ イタル :toma_atlas@yahoo.co.jp。」

072.gif私の意見は、もちろんヒーリングの世界でもビジネスとして成功している方は
たくさんいます。その本質、どの仕事においても、好きで、エゴのない心で挑むこと。
その手段を使って何を目指すかによるでしょうね。貴方は何を目指しますか?



056.gif日本滞在記のつづき・・・
昨年の夏、日本に里帰りした時、8/6の広島原爆祈念日に、初めて平和祈念式典に
出席しましたが、その時は、戦死した祖父のことを偲ぶ想いもあっての出席でした。

*戦死した祖父の魂と共に広島訪問&9.11から11年:
http://yukistar88.exblog.jp/18988748/

今回、両親から、戦死した祖父の妹さんが99歳で健在ということを聞き、
ぜひ会いたいと思い、祖父の妹さん宅へ伺い、初めてのご対面となりました。
祖父の妹さんは、いわゆる元祖キャリア・ウーマンでしょうか。東武鉄道㈱に
定年まで勤務し、7人の子供を育てたそうです。すごいなぁ・・・
99歳でも自分の足で歩き、普通に会話できるし、とてもお元気でした。
来年は100歳の「百寿」祝いなので、また会えるといいなぁ。(親戚らと)

b0173754_791589.jpg


広島平和祈念式典のことが出てきたので、ここで報告したいことがあります。
この式典にて、ある重要な役目を果たした親友のK子さんが書いた本が
いよいよ7/5に出版されます。タイトルは、「奇跡のつばさに乗って」
この時の広島での模様も書かれていることでしょう。

*折り鶴が繋ぐトルーマン元大統領の孫と被爆者による平和への扉:
http://yukistar88.exblog.jp/19043980/


b0173754_711358.jpg


「2011年9月11日。NYツインタワーのテロ跡地に、いくつもの千羽鶴が
掲げられました。折り鶴を知らないアメリカの人々は平和の象徴である千羽鶴の
由来を知って、メモリアルホールに折り鶴を飾り、さらには1万羽の鶴をかざる
計画を立てます。

一方、「サダコ」の名で世界中に知られた広島の被爆少女・故・佐々木禎子さんの
遺族は、禎子さんが病床で折った折り鶴たちを、平和の礎として世界中に贈りたいと
考えていました。 サダコ鶴とニューヨーク9.11 が結びつき、やがて、9.11で身内を
亡くした日米双方の遺族たち、原爆投下を決定したトルーマン大統領の孫と被
爆者たちの交流に発展していきます。そして、サダコ鶴が再び海を超え、
ハワイ真珠湾に羽ばたきます。
その他、本書では、パレスチナ人少年と被爆者との心温まる交流、元・神風特攻隊員と
元・米海軍兵との友情など、国境を超え、さまざまな人々や、それぞれの想いを
つなげていく連鎖が始まります……。 写真もふんだんに掲載した臨場感あふれる
内容は、子どもから大人まで、多くの人たちに知ってほしい出来事です。
禎子さんの遺族の通訳を担当したNY在住の著者が、「サダコ鶴」の行方とその力を
傍らで見つめ綴った奇跡のドキュメント!」


親友で旅友でもある和子さんが、記念すべき本の出版をしますが、ここまで書き上げるに
約5年の歳月かけての作品でもあります。その連鎖なる奇跡のストーリーをぜひ!

*源和子のHP:
http://miraclembassy.com/category/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%80blog/



*6/9、
日本橋三越にて、岩合氏の猫あるき展に、友人らと行ってきました。
予想上回る混雑で、サインの列に並ぶことなく、ただ岩合さん撮影の世界の
猫ちゃん写真を鑑賞しました。癒される世界の猫たちは、BSTVでも見ましたよ。

b0173754_7113460.jpg


      ご一緒にありがとう!Eさん、Kっちさん、Yさん、Yちゃん!

b0173754_759836.jpg


その途中、日本橋で気になった像を発見!翼を持った龍?を見つけたので撮影
しましたが、道ゆく人々は皆、撮影していたので、何か有名な像らしく、後で知りましたが、
これは以前放映された映画「麒麟の翼」の像だそう。ここがその映画のロケ地でもあり、
日本橋は五街道の起点であることから、「ここから羽ばたく」という意味を込め橋の中央に
大きな翼を持った麒麟の像が設置されているそうです。この麒麟像は物語における重要な
意味を表しているようで、作品のテーマは「悲劇からの希望と祈り」だそうです。

b0173754_7121875.jpg


b0173754_712368.jpg


写真展の後は、ヒーラー仲間のT子さんと表参道で会い、そのまま青山へ向い歩いていると、
根津美術館に辿りついたので、立ち寄ることにしました。

b0173754_7135481.jpg


展示されている龍をあしらった中国の青磁も見事でしたが、こんな都心に、こんな広い
敷地の日本庭園があるとは知りませんでした。立派であり、瞑想によさそうです。

b0173754_715448.jpg

b0173754_7152978.jpg


根津美術館のことを調べてみると、
「根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎
(1860~1940)が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、
展示するためにつくられた美術館です。
平成23年3月末の時点で、7,414件を数えるにいたっています。これらの
うちには、国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件がふくまれています。・・・」

ということで、根津氏は東武鉄道㈱元社長ということは、つい数日前に会ったばかりの
祖父の妹が勤務していた会社であって、時期が重なっているので偶然?!


060.gif夕方から、アマナマナのシンギングボール瞑想へ、ヒーラーH子さんも加わり、3人で受けました。
シンギングボールの音色に癒され、願い事をたくし、心の洗濯なる時間でしたね。

b0173754_758745.jpg

072.gifこの半年間に、クォンタムヒーリング、コーチング、キネシオロジーなど受講するたびに、
そして新月のシンギングボールの瞑想でも共通して、自分のゴールなる願い事を
立てるチャンスが来ています。2013年という太陽が活発な今、私たちが目指す目標を
きちんと掲げる時期が来ているのでしょうね。

今から下半期へ向け、そして更なる実践へと導かれていくことでしょう。

貴方のゴール、魂が求めている本当の目標は何ですか?034.gif



                   *** 東京見物シリーズ ***

                 四谷二丁目のお神輿と和太鼓

b0173754_7204680.jpg

b0173754_753085.jpg

         夏の風物詩、夏祭、「ワッショイ、ワッショイ!」024.gif

b0173754_7211740.jpg

                新しい歌舞伎座

b0173754_7185693.jpg

    そのほぼ向いに、ぐんまちゃんの家がありました。

b0173754_7193232.jpg


                          ④、飛騨高山・白川郷の旅へつづく
[PR]
by yukistar88 | 2013-07-01 07:28 | 世界の旅 | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧