<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

愛のスピリットへ&Cape Mayへバケーション-1

072.gif人はなぜこの世に生まれ、何を目的に生きていくのか?
無限なる宇宙に浮かぶちっぽけな地球、同じ惑星に住んでいる者同士でありながら、
テリトリー争い、国と宗教の対立、奪い合い、戦い、殺し合い、そこから何を学ぶのか?

b0173754_1404224.jpg

など、ある頃からそんなことを強く思いつぶやき、神様へ尋ねるようになっていた。
この世に生を受けてから、親の躾、学校教育、社会、一般常識、そして人の体験を含め
人生経験からあらゆる情報や知識が脳にたたきこまれていく。

自分の人生は、自分で選択してきているのだから、文句いえないよね。
自分で進む人生を踏まえて親を選んでここに生かされているのだから受け入れるしかない。
目的・使命を担ってここに存在しているのだから、あとは自分の足で歩んでいくだけ。

肉体を持った人間は、親の選択、性別、人種、教育や社会など、次々とやってくる制限の
中で過ごしていくうちに、本来の愛のスピリットに霞がかってしまったのかもしれません。

赤ちゃんの微笑や動物のしぐさは、ホッとするし、癒されます。

母親から生まれ、あの頃の純粋なマインドは、どこにいってしまったの?
あの頃の笑顔と愛に満ちた純粋な心を思い出してみます。

b0173754_14103246.jpg

アメリカ政府は、内戦が続くシリアで化学兵器が使われたとして、早ければ数日以内に、
シリア政府側に対してミサイル攻撃が行われる可能性があると伝えています。
攻撃は3日間に限定したもので、軍事力をそぐよりアサド大統領に警告を発するためだと。

繰返される戦争・・・私の心のどこかに対立、攻撃する心があるなら、今すぐ消します。
どうぞ貴方の心にもその感情があることに気づきましたら、直ちに消してくださいね。


072.gifしばらく有効期間ですので、感じてくださいませ。(AYAさんのブログより)




       ***********072.gif************072.gif***********072.gif***********

             1ヶ月遅れのアップになりましたが・・・044.gif

*7/29-31と、NJ最南端にある英国情緒漂う海辺のリゾート、Cape Mayへ出かけました。
  車で約3時間南下していくと、ビクトリア時代の田舎町の雰囲気を残す街があります。

b0173754_14341610.jpg


  街全体がアメリカ合衆国国指定歴史建造物に指定され、現在ショップ、カフェ、ブティック、
  ギャラリー、ガス灯時代の宿が並んでいます。

b0173754_14354794.jpg


午後3時着,すぐビーチへ。ところが、遊歩道から海までの距離が遠い、遠い!

b0173754_1437870.jpg

ビーチに隣接して、一定の距離をおいて遊園地がありますよ。
大西洋は寒流なので、夏でも海水はとても冷たくて、まるで禊のよう。

b0173754_1440187.jpg

夕方になると人も減り、太陽の日差しも弱くなり、そんな頃が実は好き。

b0173754_0291390.jpg

引き潮となりカブト蟹を発見!もしかして踏んでいたかもしれませんね。ごめんネ!
ここNJ Shoreでは、カブト蟹が多く生息しています。

b0173754_14415559.jpg

               自然が織りなす波紋が美しい。

b0173754_1246488.jpg

サンセットの頃、広告にあったシーフードレストランへと向います。
サンセットのタイミングを逃しましたが、夕日が沈んだばかりの地平線も美しい。

b0173754_1444576.jpg

Seafood Restaurant"Crab House"の看板、見っけ!
        広大な原野にポツンと・・・なんかこれ好きだなぁ。

b0173754_14445664.jpg

        レストランの前は、ヨットハーバー。夕焼け空に見惚れます。

b0173754_14464872.jpg

メリーランドクラブを食べました。ハンマーでたたきながら、黙々と。あまり身がない・・・

b0173754_14475263.jpg

食後は、Board Walkを歩きます。これがアメリカ流テピカルなサマーバケーションかも。

b0173754_14493375.jpg

               ムムッ、Tokyo Sushi・・・お味は?

b0173754_14503684.jpg


                      Cape Mayへバケーション-2(後半)へつづく


*8/24、快晴でカラッとした最高のお天気の日に、グルメ女子会第二弾、
      Mayumiさんお薦めのLong Islandにある韓国レストランへ。

b0173754_1511637.jpg


ここ”Hanjoo”というレストランの焼肉は、なんとクリスタルで焼くという。
美味しくて、ちょっと食べ過ぎてしまいましたが、お値段も良心的でお薦め。

b0173754_1513265.jpg


それにNY1美味しい冷麺もあるということで、オーダーしましょう。

b0173754_1532463.jpg


初対面の女子たちともアッという間に溶け込み、話しは尽きません。
カフェやショッピングのおまけ付きで、十分すぎる週末でした。
            美玲さん、ドライブありがとう!
016.gif

   
b0173754_159228.jpg

[PR]
by yukistar88 | 2013-08-28 15:29 | 世界の旅 | Comments(0)

⑬.愉快なBronx Zoo&東京タワーと増上寺

*8/19、
11年ぶりにNYへ来た東京在住の友人親子と共に、Bronx Zooへ。
気温25℃という快適な日でしたが、夏休み中なので結構混雑していました。

b0173754_13224124.jpg


はて?039.gifこの動物園、最後に行ったのはいつだったか記憶ないほど昔だったよう。
Bronx Zooは、世界中の約650種4000匹の動物が飼育されており、
東京ドーム23個分の広さという世界最大級の動物園の1つだそうです。

b0173754_1324141.jpg

最初に、アジア・プラザからスタートし、ここではラクダ乗体験ができます。
サハラ砂漠とシナイ山でのラクダを思い出し・・・「ハダハダハダッ」ラクダ使いの子供の声。

b0173754_13254062.jpg

ジャングル・ワールドでは、レイン・フォーレストのミストが心地良く、猿の親子など。

b0173754_13274460.jpg

b0173754_13281858.jpg

           アマゾン川に生息する魚たち。

b0173754_1330267.jpg

次はモノレールに乗りながら、動物たちを見物。
ディズニーランドに来たような・・・童心に戻りワクワクしてくる。

b0173754_1332815.jpg

               バンビの群れと・・・

b0173754_13323738.jpg

                象のお尻だけ

b0173754_13325957.jpg

           孔雀が羽を広げて・・・・ヤッター!006.gif

b0173754_13333053.jpg

                ブロンクス川

b0173754_13342383.jpg

ランチタイムに、ブルーの美しい孔雀現る。餌ほしさかな。

b0173754_13361059.jpg

麒麟はジーとしていているので、時間が止まっているかのよう。アフリカの野生麒麟に会ってみたい。

b0173754_13364650.jpg

            マンドリルの夫婦でしょうか。

b0173754_13373334.jpg

      マンドリルのお尻は、虹色に輝いていて美しい!

b0173754_1339055.jpg

コンゴ・ゴリラのコーナーでは、3猿ならぬ3ゴリラ。
見まい聞くまい話すまい・・・ではなく、昼寝・ノミ取り・瞑想。貴方はどのタイプ?

b0173754_13474642.jpg

             山羊に餌をあげるKenちゃん

b0173754_1353284.jpg

                ご立派なZoo Center。

b0173754_1353292.jpg

             内部は、どことなくモスクを思わせる。

b0173754_13535389.jpg


他、恐竜サファリやマダガスカル、ミツビシ・リバーウォークもありましたが、午後5時で
閉園の為、タイムアウト!時間が足りませんでした。それほど広いてことですね。

久しぶりにいろんな動物と触れ、ほのぼのすっかり癒されましたが、Kenちゃんは
この夜、熱を出してしまいました。どうやら連日のNY観光の疲れが出たのでしょう。
1日で熱は下がったので安心しましたが、親子のコミュニケーションも信頼が第一。
動物も人間も親子愛は、同じですね。


b0173754_15171663.jpg



*8/20の満月。ズームで撮ってみました。

b0173754_1402556.jpg


*8/22、半日続いた雷雨の後の雲。大きな草鞋のよう。

b0173754_15115721.jpg


*8/23、太陽にくっきりと暈が出ていました。

b0173754_14464882.jpg



                 ***********072.gif************072.gif**********072.gif************


長くなりましたが、やっとこ、6月の日本滞在記-最終編となりました。042.gif

*6/17、有楽町にて、ユニークな雲やゴージャスな見かけて・・・

b0173754_1462457.jpg

b0173754_1465091.jpg


今では、すっかりスカイツリーが人気ですが、改めて東京タワーもステキです!

b0173754_1475958.jpg

 初めて芝公園へ。都会の真ん中で、この空間だけが浮いている。薔薇と共に・・・

b0173754_1483344.jpg

この日はかなりの強風で、飛ばされそうでした。犯人はこの雲かも。

b0173754_1492798.jpg

芝公園をそのまま歩いていくと、増上寺にたどり着きました。

b0173754_1494934.jpg


浄土宗の七大本山の一つで、 明徳四年(1393年)、浄土宗第八祖酉誉聖聰上人に
よって開かれました。三縁山広度院増上寺が正式名。
江戸貝塚(現在の千代田区平河町付近)の地に、浄土宗正統根本
念仏道場として創建され、文明2年(1470)には勅願所に任ぜられるなど、
関東における浄土宗教学の殿堂として宗門の発展に寄与する。

江戸時代の初め源誉存応(げんよぞんのう)上人が徳川家康公の帰依を受け、
大伽藍(がらん)が造営されました。以後徳川将軍家の菩提寺として、また関東十八
檀林の筆頭として興隆しました。
戦災によって徳川将軍家霊廟は焼失し、焼失をのがれた三門・経蔵・黒門などを
含む境内は、昭和49年(1974)完成の大本堂とともに、近代的に整備されました。

b0173754_14155677.jpg

そういえば、ヒーラー仲間のNaokoさんが、日本に行く前に私のヒーリングをして下った時、
「増上寺」というメッセージをいただいていました。不動明王も2体ついていたそうで、
ここに導かれたのかもしれませんね。

b0173754_14161223.jpg

日本の猫を代表するかのよう。三つ指揃えて、「おいでにゃす。」

b0173754_14172188.jpg

               こちらは昼寝中の黒猫ちゃん!

b0173754_7571618.jpg



*6/19、NYへ帰る前日に友人たちと宴会。今回も有難うございました。
      冗談も飛びかい、楽しいひと時でした!

b0173754_1422239.jpg


*6/20、羽田空港を離陸して見えた雲に挟まれた富士山。

b0173754_14234176.jpg

               機内から見えた神秘的な朝日。

b0173754_14241556.jpg


              早朝、NY着。JFK周辺は湿地帯なのだ。

b0173754_14244654.jpg


長期に渡り、日本滞在記をゆっくりアップしてきました。
10-20年ぶりに再会した元同僚たちとも会って、新宿で懐かしいOB会。
また、逗子、四万温泉や妙義神社など、飛騨高山、白川郷を中心に各地の神社巡りも
充実しました。その土地折々の名物をいただき、また、自然や水の豊かさ、懐かしい蛙の
合唱など、再び日本の良さを見直す滞在となりました。感謝。
            皆様 有難うございました!(完)
016.gif


    056.gifお知らせです。

   Dr. 松野の「がんは誰が治すのか~現代医療を超えて」セミナー

    ■日時 :9月 7日 (土) 2:15~5:30pm
    ■会場 : CRS ( Center for Remembering and Sharing )
         123 4th Ave. (bet. 12th St. & 13th St.)
    ■参加費: $20(ドリンク付き)

    ■申し込み・問い合せ:umishinju@gmail.com(Naoko Umitani)

    Dr.松野のブログ:http://ameblo.jp/noetic123/
     「私たちはガンが怖いと思っています。
     ガンになれば医師に治してもらえばよいという社会に
     どっぷりと洗脳され、疑問を抱かず、往々にして医療の
     犠牲となってしまうためです。
     Evidence-based medicine と称し、科学主義の仮面を
     かぶった現代医療は、「生命」はおろか「病気」が
     何たるかもわからずに、ひたすら対症療法的な処置を
     行います。ですからガンを治せないのです。
     ガンが治るには、抗腫瘍免疫態勢が整うことが不可欠です。
     それには、私たちの「意識」のもちかたも関与します。
     これに気づかないという点で、現代医療にはきわめて
     重大な欠陥があるのです。ガンは治るべくして治ります。
     私の経験からいえば、ガンほど治りやすい病気はないとも
     いえるでしょう。
     私の肝臓にも転移していたS字結腸ガンは手術も抗ガン剤
     治療も受けずに良好な経過を辿ります。
     ゼロ・フィールド(量子真空場、空、あの世)から派生・
     展開するオートポイエシス(生命の自己組織化)という
     側面から生命現象とその偏りである病気を捉え、ガンに
     対処する方法を皆さんとご一緒に考察したいと思います。

        Dr.松野のブログをご覧ください。:
http://ameblo.jp/noetic123/

[PR]
by yukistar88 | 2013-08-24 15:13 | 世界の旅 | Comments(0)

⑫.パワースポット、セントラルパークと妙義神社、富岡製糸場&102歳日野原先生のNY講演

私のブログで一番アクセスの多い日記にあるメッセージを今一度、紹介します。

b0173754_827550.jpg

                 (Brooklynから見たNYC)

*8/15、イギリスから来たゲストらと、15年ぶりに、1887年オープンの
Brooklynにある有名なステーキハウス”Peter Lugers"へ行きました。

b0173754_12355628.jpg


相変わらず、ジュージーで質の高いステーキに、大満足!ご馳走さまでした。

b0173754_10229100.jpg

b0173754_11305522.jpg

b0173754_12363739.jpg


072.gifバシャールから以下のメッセージ(2012年)

バシャールは、ネガティブな世界について具体的な事は意図してか全く話さない。
天変地異などに付いてもあまり話さない。一途にポジティブな未来像を描こうとする。

これは人々の興味をポジティブ側に引きつける事で、より多くの人がポジティブな
地球へ行かれるようにする為だと思われる。

我々は、天変地異や一大変化の話しに興味を持ってしまう傾向がある。
あまり興味を持って共鳴してしまうと、そういう世界に引きつけられてしまうから。
だから、彼はあえてネガティブな未来は描かないのでしょう。

b0173754_7314130.jpg


バシャールは更にこう言った。
ネガティブな人がポジティブな方向へ変化を望んでいる時、その変化は大変動、
破壊的な形で起きてくる傾向がある。ネガティブな人は何事も悲観的で、困難を
伴うと考えるから、そういう未来を体験する事になる。

バシャールが描くポジティブな未来への移行は、ゆっくりとしたもので、何十年もかけて
徐々にシフトしていく。2012年はターニングポイントではあるが、そこですべてが
急変するわけではない。

あと、宇宙人にはポジティブな存在とネガティブな存在がいるので、チャネリングした時は
注意をした方がよいと、ネガティブな存在はポジティブな存在の様に装いながら、
ネガティブな情報を流すようだ。

後何年で地球は滅亡するとかの情報は、ネガティブサイドからの情報のよう。
ネガティブサイドからの影響を受けないようにする為には、アファメーションで、
「ポジティブな存在のみから影響を受けます。」
というと、ネガティブな存在たちは影響できなくなるそうだ。

★ワクワク
ワクワクとは、情熱(excitement, joy, love, passion)などを意味する言葉。
しばしば「ワクワクすることをしよう」という提言がなされる。

バシャールによれば、「ワクワクする」というのは「人生の中で真の自分を表現する
ことの出来る波動」を表し、その波動は同じような波動を引き寄せるという。

自分のワクワクする気持ちに従って生きることが人生の目的であるとも発言している。

[バシャール - 「自分が1番ワクワクすることを見つける。ワクワクの基本! 」



★並行世界と選択
人間は何かを決断(選択)するたびに、その決断をした地球に意識のフォーカスを
合わせているということ。[1]この世に偶然やアクシデントと呼ばれるようなものは
一切なく、全ては自分が引き寄せた結果であると語っている。

★無時間
バシャールによれば、時間や時間の連続性といったものは人間が作り出した概念(思い込み)で、
過去や未来などあらゆる時間が「いま、ここ」に同時に存在しているという。

★豊かさ
バシャールは豊かさを「やりたいことを、やりたいときに、やれる能力」と定義している。
バシャールの2012年についての考え方は極めて明確で、大きく言って3つある。

*エネルギーの変化。 *オープン・コンタクト。 *パラレル・アースへの分化


034.gif全文はこちらからどうぞ!

*2012年と日本に向けバシャールからメッセージ&龍神日輪:
http://yukistar88.exblog.jp/16149508/

b0173754_7322198.jpg


また、ハレラさんからの情報で、地球は8月から南北の磁場が逆転開始、世界各地で
異常気象(集中豪雨、洪水、異常高温・熱波など)が発生中でポールシフトが
11月迄に完了するとの事。従来の気圧の変化だけでは説明できない大変動。
NASAは太陽が すでに南北磁極の反転した事 を報告。読んでおくべきサイト。
極力水を取り、体力が下がらないよう万一の災害に備えることが肝要かと。


http://saigaijyouhou.com/blog-entry-350.html

b0173754_7325458.jpg



と上記に、セントラルパークのパワースポットの写真を組み込んでみました。

コーチング講師の青木理恵さんの自宅近所に、キラキラ光る石がたくさん発見されたということで、
これらは、バンゲア大陸が形成された2億5000年前からの光る石という説もあります。

そのキラキラする巨石の上にて、写真を撮ると・・・こんな光が出ました。
しっかり光のシャワーを浴びて、オーラもピカピカに?!

b0173754_7532969.jpg

b0173754_7382230.jpg

                (photo by Rie)


ハドソン川淵にも、キラキラ輝く石がゴロゴロしているのですが、
もしやそのバンゲア大陸が形成された2億5000年前からの石でしょうか。

b0173754_8395629.jpg



   NYへお越しの際は、ぜひセントラルパークのパワースポットへ。029.gif


   ***********072.gif***********072.gif**********072.gif************

*6/15/13

日本滞在記のつづきですが、こちらは、群馬県のパワースポット、妙義神社です。

b0173754_742856.jpg


       ゴツゴツとした形の妙義山へと向います。

b0173754_74427100.jpg


妙義山の主峰、白雲山の中腹にある妙義神社。創建は宣化天皇2年(537)。
日本武尊をはじめ名だたる神々が祀られています。

b0173754_747051.jpg

総門/関東一の壮大さを誇る、鮮やかな朱色の総門。高さ12メートル。
切妻造りの八脚門。国指定重要文化財。

ここをくぐる前に、右側の仁王さまから「ぐわぁ」というサウンドの声が聴こえました。
以前もある観音像と対話した時も、内側から「くぁ~ん」という返事をいただいたことがあり、
これで2度目です。「よく来たのぉ」という挨拶に感じました。

b0173754_7463528.jpg

唐門、国指定重要文化財。

b0173754_7474073.jpg


社(本殿・弊殿・拝殿)/上毛の日光と言われるほど見事な彫刻があり、柱の金箔の龍や、
羽目板壁の鳳凰は圧巻。また、借景庭園としても有名。春はしだれ桜、秋は紅葉の
絶景がつくり出される。国指定重要文化財。

b0173754_7475416.jpg

       
b0173754_748118.jpg


上毛三山の一つである妙義山の東麓に鎮座し、妙義山信仰の中心となっている神社。
近年は、たびたび大河ドラマのロケ地として使用されている。2005年の「義経」における
鞍馬寺、2009年の「天地人」における雲洞庵のシーン撮影は、当社で行われた。
2007年の台風による土砂崩れで一部被害が出たために修復が必要となったため、
本殿に繋がる階段以降は立ち入り禁止となった際は、波己曽社殿を仮殿と定めていた。

波己曽社(はこそしゃ)/本殿・幣殿・拝殿からなり、旧本社と伝えられている。
三百数十年前に建造されたと推定される。県指定重要文化財。

ここに光が射しているので、ここが一番強い気のスポットではないかと。
このカメラ、神気のスポットに光が現れるので、わかりやすいです。

なんでも平成19年の台風9号による山腹の土砂崩れで、この境内の一部が倒壊した
そうで、この波己曽社は無事だったことが奇跡だったそうです。なので、暫くは本堂への
拝観が行えない状態で、長らく続いた修繕も終わり、平成24年12月8日から
社殿の参拝ができるようになったそうです。つい最近というのも知りませんでした。

b0173754_7482975.jpg


波己曽社の左側からは、山中へつづくトレイルがあり、その森に少し進み、森林浴と
鳥のさえずりなど聴いていましたが、なにやら足に吸い付くヒルを発見し!「ゲゲゲッ」
なかなか皮膚から離れなくて、離れた後、岩の上におく・・・気持ち悪かったです。
なので、これ以上は山ガールの支度をしていなかったので、行くのを止めました。

b0173754_7485123.jpg


お口直しに、森林の音をお聴きくださいね。なにやら「グッグッ」と鳴く奇妙な動物の声も。

061.gif



060.gif こちらの鳥のさえずりは最高です!「ここにいるよぉ。」風に聴こえます。




こちらの巨石もパワフルでした。
b0173754_810045.jpg


この御神木、特に右側の木には、何度も蛇が登るといいます。何か感じるのでしょうね。

b0173754_8103915.jpg


幸い妙義神社にいる間は、雨が降らず・・・神社を出た後、雨が降り出しました。057.gif


056.gif次に世界遺産登録を目指している富岡製糸場へ。
日本初の機械製糸工場で、敷地および主要な建造物は2011年時点で現存している。
官営模範工場の一つであり、明治5年10月4日(1872年11月4日)に操業開始。

b0173754_8162913.jpg


富岡製糸場は、殖産興業を推進するために国が建てた大規模な建造物群が
現存する産業施設で、 繰糸場は長さ約140.4m、幅12.3m、高さ12.1mで、
当時、世界的にみても最大規模なスケール。
工場建設は明治4年(1871年)から始まり、翌年の明治5年(1872年)7月に完成、
10/4には歴史的な 操業が開始され、繭を生糸にする繰糸工場には300人取りの
繰糸器が置かれ、全国から集まった工女たちの手によって器械製糸が始まりました。
 外国人指導者が去った明治9年以降は日本人だけで操業され、官営期を通しての
経営は必ずしも黒字ばかりではありませんでしたが、高品質に重点を置いた生糸は
海外でも好評でした。

b0173754_816429.jpg

器械製糸の普及と技術者育成という当初の目的が果たされた頃、官営工場の払い
下げの主旨により、明治26年(1893年)に三井家に払い下げされ、その後、明治35年
(1902年)には 原合名会社に譲渡され、御法川式繰糸機による高品質生糸の大量生産や
蚕種 の統一などで注目されました。

昭和13年(1938年)には株式会社富岡製糸所として独立しましたが、昭和14年
(1939年)には日本最大の製糸会社であった片倉製糸紡績株式会社(現・片倉工業㈱)と
合併。その後、戦中・戦後と長く製糸工場として 活躍しましたが、生糸値段の低迷などに
よって昭和62年(1987年)3月ついにその操業を停止し、その後も場内のほとんどの
建物は大切に保存されています。

b0173754_8165427.jpg


詳しくは、こちらをご覧くださいね。http://www.tomioka-silk.jp/hp/index.html


*8/15、もすうぐ102歳になる日野原重明先生のNY講演へ行きました。

先生と最後にお会いしたのは、98歳の時のNY講演会でしから、あれから4年。
お変わりなく、しっかりした口調でユーモアを混ぜての、1時間立ってのスピーチでした。

b0173754_8274079.jpg


長生きの秘訣は、「ヴィジョンを持ち、努力すること!」
3Vを目指せ。Vision Venture,Victory...
スピーチの中にも英語がかなり出てきます。元気いただきました。

   誰ですか?「もう歳だから・・・」なんて言っているのは・・・
045.gif

b0173754_828145.jpg

他には、30歳の時の体重をキープすること。
身内の不幸、病気などのピンチの時に自分の行き方を変えられるチャンスだと。

      「自分の運命は自分でデザインしましょう!」とのことです。

本当に、自分の人生は、自分次第ですから、選択は貴方次第!といえますね。
最近は「いのちのギフト」という本を出版されたそうです。


b0173754_728866.jpg



          今日もブログを読んでくださって、有難うございます。016.gif
[PR]
by yukistar88 | 2013-08-18 08:38 | 世界の旅 | Comments(6)

⑪.319年続いている「千と千尋の神隠し」のモデル旅館&ベービーシャワー

056.gif2013年7月20日に公開された宮崎駿監督の新作アニメ映画、「風立ちぬ」は
5年ぶりの作品だそうで、前回の作品「崖の上のポニョ」は、広島県福山市の鞆の浦が
舞台で、そうとは知らずに、昨年春に仙酔島へ行き、その島へ行くには鞆の浦から船に
乗るのですが、そこは潮待ちの港として江戸時代に栄えた国際商業都市、その町並みが今も
残された「ニッポンの宝」とも言うべき古き港町と知りました。そして、たまたまランチをした
お店にポニョのモデルの金魚がいたり、なぜか宮崎監督の所縁の地を訪ねるシリーズへと。


*レトロの宝庫”鞆の浦”:http://yukistar88.exblog.jp/18180501/


b0173754_14275963.jpg

              (四万温泉積善館)

彼の作品の中で一番好きな・・・といっても全作品を観ていませんが、とりわけ
一番印象的だったのが、「千と千尋の神隠し」であり、そのモデルとなった旅館が、
群馬の四万温泉にあると知り、今回は行ってしまったわけです。


*6/14
                四万温泉へ向う途中の空。

b0173754_14365656.jpg


                  四万湖ダム・・・

b0173754_14372941.jpg


神秘的なブルーの四万湖。ちょっと不気味で、いいエネルギーとはいえなかったです。046.gif

b0173754_14381519.jpg


                     積善館へ到着。
b0173754_1624294.jpg


元禄4年建築され1694年創業、積善館は「関(せき)」の姓を名乗る当主によって代々受け
継がれています。しかし、祖先は源氏に仕えた「佐藤」姓の武士であったと伝えられています。
その何代目かの子孫(佐藤肥後守清忠)が、1182年(寿永元年)に源頼朝より
下関(現山口県)にあった所領とともに「関」の姓を賜ったことから、 現在の「関」姓を
名乗りました。その後、関家は関東に移り、何代かの変遷を経て群馬県吾妻郡中之条町
大岩に居を構えました。その関家から四万に分家をしたのが、1613年(慶長18年)に
没した初代「関 善兵衛」です。
その関家から四万に分家をしたのが、1613年(慶長18年)に没した 初代「関善兵衛。
その後、4代目か5代目の「関善兵衛」が1691年(元禄4年)に現在の場所に 湯場と宿を
作り(現在の積善館本館の建物で当初は2階建)、その3年後の 1694年(元禄7年)に
旅籠宿として開業をしました。関家は、代々この地域で名主をしている家系であり、
土地の人は「関善兵衛」 のことを親しみをこめて「せきぜん」と呼んでいました。

明治時代に入り、第15代の関善兵衛が中国の古い儒教の経典「易経」の中にある
『積善(せきぜん)の家に余慶(よけい)あり』(善いことを積み重ねた 家には、必ず
良いことが起こる。)という言葉に関連させて、 呼び名の「せきぜん」を『積善』と表わし、
その下に旅館を表す『館』を付けて、 『積善館』という名前にしました。
現在の積善館本館の玄関に掲げられている大きな木の看板の「積善館」の文字は、
この第15代関善兵衛の筆によるものです。 現在は、第19代目の亭主だそうです。


*積善館の歴史:http://www.sekizenkan.co.jp/info/history.html

b0173754_153141.jpg

                 正面玄関

b0173754_1522206.jpg

積善館に着くくなり、19代目亭主の説明による「千と千尋の神隠し」ツアーが始まります。
意外にも男性ツアー客が多かったです。まずはパワーポイントでの説明から・・・

b0173754_1445554.jpg

とその前に、
積善館の元禄風呂は、吉永小百合主演映画「天国の駅」のロケ地でもあったそう。

b0173754_14452228.jpg


061.gif1984年映画「天国の駅」、積善館元禄風呂での吉永小百合さんの入浴シーン。美しゅう・・・
        http://www.pideo.net/video/dailymotion/18afaf17d3077053/

これが元禄時代から、そのまま残されている元禄風呂。日帰りも可能ですよ。

b0173754_1552714.jpg

撮影禁止なので、広告の写真で。両サイドの小さな扉の中に一人用サウナがあります。

b0173754_1554644.jpg


「千と千尋の神隠し」に戻ります。アニメと実際の客室を比較してみてください。

b0173754_1513986.jpg

b0173754_1627417.jpg


       映画では、この客室は女中部屋でした。

b0173754_154914.jpg

b0173754_154237.jpg

アニメでの旅館の周りは海でしたが、積善館の外は渓流です。想像がくらみます。

b0173754_1563827.jpg

b0173754_1565159.jpg

障子の細部までも映画に描かれていて、宮崎監督の繊細さが伺えました。

b0173754_1533031.jpg

            ここでは、たくさんのオーヴがいたね。

b0173754_1544241.jpg


亭主いわくは、この映画のモデルとなった客室は、30年間使っていなかったそうで、
ということは宮崎監督は、1961-2年頃にここに宿泊していたことになるとのこと。
では、その当時、この部屋をスケッチか、写真を撮っていたのでしょうか?!

その他には、映画内の油屋のデザインは、江戸東京たてもの園の子宝湯、
道後温泉本館、油屋内部の宴会場は目黒雅叙園を参考に したともいわれています。

       本館から新館へ通じる洞窟みたいな廊下。

b0173754_15265969.jpg

それにしても本館は、さすがに築300年以上経っているので、すごかったなぁ・・・
そういえば庭で蛇ちゃんを見てしまい、目が合った瞬間、お互い逃げました。
湯治客やお一人様も多いようです。積善館、一度はおいでよ!て感じでしょか。

b0173754_15291866.jpg


近所にあった昔ながらのゲーセン?!昔は6軒あったようですが、今は1軒に。
ピンボールですよね。ここに結構芸能人も来たようで、児玉清とか・・・コメディアン系も。

b0173754_15314349.jpg

四万温泉の清流に触れてみます。ここはいいエネルギーで、リフレッシュできました。

b0173754_15322840.jpg

        カフェでは、珍しい温泉マークのカプチーノ。063.gif

b0173754_1533643.jpg

        道路に野生猿出現!目が合っちゃいました!

b0173754_15333682.jpg


四万温泉を後に、パワースポット妙義神社と世界遺産登録目指す富岡製糸場へ、つづく

そして・・・

*8/3/13
NY群馬県人会の幹事をしている高崎出身のNaomiさんのベビーシャワーへ出席しました。024.gif

b0173754_15504976.jpg


その日は快適なお天気となり、パーティー会場は、Queensのやはり群馬県人会の
メンバーであるSatomiさん宅にて。可愛ーくデコレーションしてくださって・・・。

b0173754_1552435.jpg

            お料理もたくさん!ご馳走さまでした。
b0173754_15532423.jpg

バックヤードでは、風が心地よく、BBQも焼いてくださって・・・ルーマニア風ソーセージも美味!

b0173754_1555361.jpg

       お隣のにゃんこも見ています。(chiemittiiさんのキョウノイチマイみたい)

b0173754_15553417.jpg

    Naomiさんファミリーとお友達。第二子は8月半ばに出産予定です。

b0173754_15563446.jpg

      臨月のNaomiさんと・・・おめでとうございます!

b0173754_16334514.jpg

帰り道のマンハッタンに入る手前、横に長~い雲が出ていたので、パチリ!雲は逃しませぬ・・・045.gif

b0173754_15575218.jpg


                以上、群馬県関連の日記でした。016.gif
[PR]
by yukistar88 | 2013-08-10 16:08 | 世界の旅 | Comments(0)

⑩.白川郷の魅力&龍神雲登場!

056.gif2013年6/13、(日本滞在記のつづき)
この頃、台風3号の接近予報が出ていましたが、進路を変え熱帯低気圧に変わったようで、
気持ちいい晴天でした。はい、晴女です!旅先では、スンナリ早起きになれます。
爽やかな朝一の散歩へ、空気も澄んでいて清々しい!


b0173754_12455382.jpg

           朝日もレインボーの光に包まれて・・・。

b0173754_1249222.jpg

              雲もナイスです!

b0173754_1432556.jpg

     その後、太陽は鱗雲に覆いつくされてしまいました。

b0173754_12522272.jpg


*7:30、他のゲストと共に朝食をとります。朝ご飯に、飛騨味噌焼きは贅沢ですね。

b0173754_12525659.jpg

        合掌造りの客室はこんな感じです。私らのお部屋紹介。

b0173754_12541013.jpg


*9:30から観光スタート。白川郷集落を散策します。

b0173754_12545030.jpg


古民家を一般公開している3軒を周ります。まずは、ふる郷「長瀬家」。

b0173754_12575455.jpg

合掌造りは、2本の部材を山形に組み合わせてつくるサス構造で、屋根が両手を
合わせたような形になっていることから名付けられた。豪雪に耐えられるよう、屋根は
60度に近い急勾配で、ほぼ正三角形の特異な形をしている。

b0173754_12592273.jpg

合掌の上に組まれた屋根下地に使われる部材は9種類にも及ぶ。これらの材は、
全て縄やネソで結束され、台風や地震にも強く柔軟な仕組みになっている。
ネソとは、マンサクのこと。これはよくたわむ材で、乾燥すればするほどよく締まる
性質を利用したもの。ここにも先人たちの知恵が伺える。

b0173754_12595466.jpg


太い柱をサス、又はガッショウともいい、三角形の上の二辺に当たる骨組の材。
棟方向に加わる力に対抗させるために筋違いを入れたものをオオハガイと呼ぶ。
オオハガイは長い材で交差するように結束し、ガッショウ材を固定する。
コハガイは、ガッショウ材の足元を固めるためにX字状に筋違いに組む。

b0173754_1311327.jpg


屋根裏も3,4階まであり、屋根の内側の空間は、床に竹すのこを張りっていて、
一階の囲炉裏の煙や暖気が屋根裏まで届くように工夫されている。

b0173754_13104596.jpg


            和田家と神田家へ
囲炉裏から出た煙が茅葺き屋根から抜けるようになっていて、煙は茅や梁など木材を燻して
害虫や腐りから守る効果がある。このため各民家では囲炉裏の火を毎日欠かさなかった。
昔の知恵を学ぼう!034.gif

b0173754_1315476.jpg

神田家の親戚でしたか、この叔母さまは70歳で、神田家専属の現役ガイドをしています。
お肌もきれいで生き生きしてらっしゃいました。Ikoさんとハイチーズ!

b0173754_1325371.jpg

         これ絵じゃなくて、屋根裏の窓から見える外の景色。

b0173754_1331783.jpg


この日は、関西地方は38℃という猛暑になり、ここ岐阜も6月にしては温度が高くなり、
日差しは強かった。では、お気に入り合掌造りを3枚ほど。

b0173754_1342525.jpg

b0173754_134838.jpg

b0173754_1341728.jpg


バスで、白川郷北端の荻町城跡展望台まで行きます。その途中の景色。
北アルプスに囲まれ、豊なる自然環境は最高!

b0173754_13131822.jpg

           展望台から合掌造り集落を望む。

b0173754_13141978.jpg


  061.gif動画でもどうぞ!




         展望台から太陽を写すと・・・エネルギッシュです!058.gif

b0173754_13153267.jpg

集落のいたるところには、畑や田んぼ用の水路があり、そこには天然の鮎や鯉などが泳いでいる。
アルプスの雪解け水のお陰で、水は清く豊富なのだそう。羨ましい!
b0173754_1315352.jpg


蓮の花に触れたいと思っていたので、こんなたくさんで私は大満足でした!
b0173754_1316388.jpg

ランチには、きつねうどんと飛騨牛コロッケを。名物「五幣餅」も後でいただきました。

b0173754_13174096.jpg

       お昼は縁側にて、この景色を眺めながらいただきます。

b0173754_13182042.jpg

                お土産屋さん

b0173754_13184376.jpg


圧川を渡り、いよいよ白川郷ともお別れ。名残惜しいねぇ・・・025.gif

b0173754_13194710.jpg

列車から見る下呂温泉・・・今回はパスしたので、景色だけ。

b0173754_13202053.jpg

名古屋から東京までの新幹線の中で、Ikoさんが見っけた虹!よくぞ気付きました!

b0173754_1321713.jpg


*8/5(月)の午後、日本時間の8/6、広島原爆祈念日にNY上に現れた龍神雲。
            鱗もくっきり・・・

b0173754_13371819.jpg

       こちらは龍道ですね。久しぶりに興奮しました!

b0173754_13373567.jpg

ビリビリとエネルギーも来ていました。スカイ・スペクタキュラでしょうか。

b0173754_13383398.jpg

おまけは、ちょっぴり053.gif雲ということで、締めさせていただきます。

b0173754_13391680.jpg


072.gif昨年(2012年)8/6は、広島の平和祈念式典に出席していたのでした。なんて1年が早いのでしょう。

*67回.広島平和祈念式典と神の光:http://yukistar88.exblog.jp/19013684/

そして、また来年の夏に、この白川郷のことを思い出すのでしょうね。
旅は、私にとって宝であり、人生の永遠の学習でもあります。


                   ⑪.映画「千と千尋の神隠し」の舞台、四万温泉の積善館へつづく
[PR]
by yukistar88 | 2013-08-06 13:52 | 世界の旅 | Comments(2)

⑨.地球内部情報&古き良き日本の白川郷

いよいよ8月。夏も本番といいたいところですが、天候が不安定で、寒暖の差も激しいですね。
豪雨、熱波、干ばつ、山火事、砂嵐、洪水など、自然災害は地球に繰返し発生しますが、
どうやら地球の極ジャンプが原因と指摘されています。以下;

b0173754_1149463.jpg

                 (ツイン雲よ、どこへ行く?)

地球の地場が変化することで磁力の場所が移動すると、磁力の影響を受けていた気流や
海流の流れも変わり、その結果、急激な温度変化や異常気象が発生するという。

ポールシフトの影響、そして、地球への太陽出力が減少しつつあるともいわれていて、
太陽出力が減少すると、地球の中核温度が高くなり、磁場が熱くなり、磁力が弱まる
その結果、磁極は徐々に移動していくと磁力が弱まり、、北極の移動速度が加速していく
ということです。と地球・宇宙の進化の過程においては守られているので大丈夫でしょう!

b0173754_11495654.jpg

 (いつの間にかセントラルパークの噴水に蓮の花が咲いていたので、嬉し驚く!)

b0173754_1150679.jpg


また、最近のニュースで、スノーデン元CIA臨時職員が亡命しましたが、彼は、
アメリカ国家安全保障局( NSA )の監視文書の情報をリークした人物で、地球の内部、
地底人の存在を暴露したというニュースがありました。
今後、彼は安全な場所で、米国政府の秘密文書を暴露すると予告しているようで、
真実かどうかは確信ありませんが、地球の内部に高度な知的な人々が存在するという
衝撃的な内容だったそうで、これはスピリチャルリーダーの中丸薫氏の「UFOと地底人」
という本にも書かれていました。興味深い内容です。

(セントラルパークには、巨石がゴロゴロ、これは100人はのれるサイズ)
b0173754_1152739.jpg

b0173754_1151407.jpg

b0173754_11535811.jpg

           珍しい曲線縞模様の石もありました。
b0173754_11515080.jpg


※情報源:Snowden Reveals Documents:
'More Intelligent Homo Sapiens Exist Underground'

■スノーデン氏が地底人の存在を暴露

スノーデン元CIA臨時職員によれば、米国は地球内部のマントル層の下に暮らす
知的生命体の存在が確認されており核兵器で攻撃する計画を立てている。
地球には内部世界があり、そこに高度な文明があるというのはそこに迷い込んだ
米空軍のパイロットが手記を発表しており、信じる信じないは別にして多くの人々の
知るところである。この空軍パイロットの手記では、内部地球では絶滅したはずの
恐竜のような生き物も目撃したことが記述されている。地底の全ての世界・生命体を
総称して、「アガルタ」と呼ばれている。

「アガルタ」の住民は、アトランティスとレムリアの核戦争の生き残りの人々で、
大陸が沈む前に地底に逃げて以来そこに住み続けている巨人族だとも。

人種的にはコーカソイドやモンゴロイドなど多種多様で、人類より数万年以上も
進歩した技術を持っているらしく、またその中の何人かは絶えず地表の人間と
接触して彼等のテクノロジーを小出しに伝授しているという。
そのテクノロジーは、NASAでも使用されているように思います。QXとか・・・

                    (ツイン鴨)
b0173754_1154598.jpg

b0173754_11552077.jpg

                (亀と鴨の三角関係?!)

b0173754_11562487.jpg


■地底人はいずれ地上に出現する

地球内部から未知なる人類が出て来るという話は、「ヨハネの黙示録」でも
予言されている。釈迦も「法華経」中で、地から人が湧いてくると説いている。

地球内部に住めなくなり、彼らが地上に出てくる本当の理由は、地球内部世界が
消滅するからなのだ。なぜ地球内部世界が消滅するのか……

確かな事は分からないが、彗星の接近がポールシフト(地軸移動)や極ジャンプ
(両極反転)を引き起こし、地磁気が一時的に消滅する可能性があるからではと。
(宇宙の法則研究会 渡邊延朗 ◎フォトン・ベルト レポート)

b0173754_11565244.jpg


先日、日本からいらしたゲストと共に、週末のセントラルパークを歩きました。
その時に公園内で見かけた風景などを撮影した写真と共にアップしてみました。
童心に返ったかのように、ジャンボシャボン玉を見て楽しんでいました。
016.gif

b0173754_11585347.jpg

b0173754_1159289.jpg

b0173754_11591466.jpg


072.gif過ぎてしまってからの報告で申し訳ないですが、2013年7/22-29にかけて、
太陽系の惑星により、天空に六芒星(ダビデの星、籠目紋)が描かれたのだそうです。
天文研究者のLuis Vega氏によれば、この太陽系の6惑星が六芒星の形に並ぶ
「ダビデの星型配列」は、1990年以降12回起きており、2013年7月22日から
13回目の配列が起きるそうです。その次の配列は100年以上先になるようです。

b0173754_14403959.jpg

天界も地上も地底もすべて動き出し、1900年以降から数えて"13"番目の六芒星(魔方陣)。

「 最後の審判 」地獄の釜の蓋が開く時 とも言われているこの時期、異界と人間界が
ストレートに繋がった日ともいわれていますが・・・。具体的にどう変化しているでしょう?

六芒星は宇宙での自由を表現したシンボル、六芒星はシリウスアオキラ、
陰と陽が重なる時に、何を望みますか?私は丁度、29日は海にいましたが、
夕方の太陽を撮影しましたら、六芒星に輝いていました。納得です!

b0173754_14521511.jpg

私の望むこと・・・それは「楽しむ」・・・この感情を心がけていきたいです。016.gif
「人生を楽しむ」・・・私の選択です。皆さんは何を?どの人生を選択していきますか?



     ************072.gif***********072.gif***********072.gif************


         056.gifすっかりスロー・ペースの日本滞在記のつづき・・・026.gif

*6/12、高山駅前から濃飛バスにて、白川郷へ移動。約50分で到着!

バス停留所に着き、圧川にかかる「であい橋」を渡って、集落へと向います。

b0173754_12265652.jpg

b0173754_12271790.jpg


それは、期待していた以上に素晴らしいところで、異空間に入りこんでしまったかのよう。
白川郷へ来て感じたのは、ペルーの天空都市マチュピチュのようなエネルギーですね。

b0173754_11114689.jpg

古き良き日本の田舎の生活がそのまま残されている。車もTVもいらない、
自然があれば何もいらない、それだけで十分という感じになります。
電線も全て地下に埋まっているので、このような環境が望ましく、理想ですね。

b0173754_12424456.jpg


       世界文化遺産「白川郷・五箇山合掌造り集落」
平成7年12月、岐阜県白川村荻町(白川郷)と富山県上平村菅沼、平村相倉(五箇山)の
3集落が世界文化遺産に登録された。観光客は、登録前は約60万人程度だったが、人口
わずか2000人程度の小さな村に、約117万人を遥かに上回る観光客が押し寄せるそう。

            私たちの泊まった合掌造りの宿、「孫右工門」

b0173754_12432169.jpg

             宿の周りの景観・・・川のせせらぎも癒されます。

b0173754_1244251.jpg

        夕食は、囲炉裏のある部屋で、宿泊ゲスト全員揃っていただきます。

b0173754_12464675.jpg

居間、食事の間。白川郷の大家族は、一軒の家に家長、兄弟、使用人家族など数十人が
暮らしていたそうで、それは土地が狭小で分家できなかったことに加え、養蚕業は寝る間も
ないほど重労働でまとまった労働力が必要だったからだとか。囲炉裏を囲んで家長が奥、
台所に近い位置が女性、その向かいに男、玄関側に子供たちが座ったそうです。

この夜宿泊していたゲストは、千葉からのカップルと広島からの一人旅の女性と
以前アメリカに住んでいたというシンガポール在住のインド人ファミリーでした。

b0173754_12475383.jpg

  囲炉裏で焼いた鮎は絶品!この他、天ぷらや田楽味噌焼きなどもサーブされました。

食後は、近所を散策しながら温泉へ。ここでもたくさんの外国人と会いましたよ。

b0173754_12483954.jpg

蛙の合唱の鳴き声を聴きながら、満天の星を眺めながらの帰り道。
そんな高画質なカメラではないのに、ここまで写るのはいかに夜空が綺麗か・・・です!

b0173754_1251407.jpg


夜には、たくさんの虫ちゃんが、宿に遊びに来ていました。普段見慣れない虫ちゃんたち。
自然と暮らすとは、こういうことなんですよね。蛾もアブもカメ虫も苦手だけど、共存なんだね!

043.gif日本の夏の風物詩である蛙の合唱!白川郷の蛙たちの声をどうぞ!
私にはとても懐かしく、新鮮なのです!ライトもない夜、真っ暗のままでね。





061.gif親友の和子さんが出版した本「奇跡はつばさに乗って」が7月に発売され、
日本出張中の後半は、ラジオ出演など多忙な日々を送っているようです。
7/31には、関東で人気の長寿ラジオ番組200万人のリスナーをもつ
「大沢悠里のゆうゆうワイド」にライブ出演し、アマゾンの児童書籍部門ベスト3位入りに。

b0173754_1263732.jpg

8/4(日)午前10:30-11:00、文化放送の「浜美枝ダイアリー」にも出演しました。
詳細はこちら!http://hamamie.jp/

8月の広島・長崎原爆祈念日を前に、タイムリーな内容で、小学高学年生から読める本です。

<関西地域>
8月15日(木)午後4:00-5:53、毎日放送MBSラジオ(AM1179)
「ノムラでノムラだ EXトラ!」、この日のパーソナリティーはハイヒール・リンゴさんだそう。
http://www.mbs1179.com/kg/

和子さんが繋いできた平和への扉、ここまで来れた経緯は、ある意味奇跡な
連鎖もありました。私も友人として端で見てきたので、この出版は嬉しく思います。


       「⑩.白川郷観光&Cape Mayへサマバケ」、へつづく
[PR]
by yukistar88 | 2013-08-02 13:40 | 世界の旅 | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧