<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

⑧.禊なる二見浦の夫婦岩&SFで音叉ヒーリング

 *1/17

          朝のSan Francisco Bay散歩より・・



b0173754_10153902.jpg


 

SFでも音叉ヒーリングを致しました。以前カナダに住んでいらしたアロマセラピスト

Eriさんと再会し、私のブレスレットもオーダーしてくださり、有難うございました

 

あまりPRしていませんが、15年前からクリスタルのブレスレットを作っていまして

宇宙銀河イメージが中心です。お名前をいただいて、その方のイメージでも作らさせ

いただきます。金平糖のようで、美味しそうとも言われますが・・

 

 


 

055.gif Eriさんのブログにて、音叉ヒーリングを受けた感想を頂きました。以下

 

「久しぶりの再会♪音叉ヒーリングなるものを知っていたものの受けた事がなかったので、
楽しみにしていた彼女のセッション。
音叉の音が、クリスタルボウルやシンギングボウルの音の様にも聞こえ、瞑想の世界へ。
と思いきや、なぜか身体は音に委ねられてるのに、頭は余計な事をあれこれ考えてる。

私、頭と首から下がつながってない感覚が。
”頭と身体をコネクトする為の時間が必要だ”と実感しました。
そして、両腕も肘から下が重く感じ、途中、勝手に手のひらを上にしたい衝動に。
というよりも自分の意思というよりも、手が勝手に動く。
頭の上で音叉の音が響いているのに、左足先から上に向かってビビッと走る感触。
Yukiさんが私の身体の周りで音を響かせてくれている間、彼女が歩けば、冷たい風が

一緒に通り抜けて行く。でもその冷たいシュッとした空気がとても心地よいのです。
終わった後も身体が軽くすっきり。
育児に追われている私ですが、自分を見つめ直す時間を持つ事の大切さも感じ、
ヨガマットも新調したところなので、瞑想を含めたヨガ、再開しようと思います。
音叉ヒーリングは1週間効果が続くとか。これからの体調や心の変化が楽しみです。

もうひとつ、Yukiさんにお願いしていた、ブレスレット。
あれこれ言わず、「ただ作って下さい、」とお伝えし、後はお任せ。

私が今長年付けているブレスレットが最近お疲れのようなので、新しいものをひとつ

お願いしようと思ってオーダーしたのですが、まさに今の私にピッタリの石でした。

友人のためにもう一つお願いしていましたが、勿論Yukiさんには彼女の
状況を伝えていません。でも、手元に頂いたのは、まさに今の彼女にピッタリの
石を使ったブレスレットでした

 

http://studiokokuu.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

 

072.gif 音叉ヒーリングのセッションに関して: http://yukistar88.holy.jp/healing.html



 2年ぶりに再会したEriさんとメキシカンのランチ。生後7ヶ月のベビーとも初対面

ベビーの笑顔は癒されますね。母としても立派に育児を頑張られています

 マクロビ料理を活かした離乳食など、子供へも優しいご飯を工夫され、

その内容も彼女のブログにアップされていますので、ご参考ください。

 

 マヒマヒ(魚)のタコスも美味しかったです。MillbreaEl Toritoにて069.gif


b0173754_11022490.jpg


 

SF Bay の鳥シリーズです。鳥たちの寛ぎシーン

 

 


 

           *優美なグレース大聖堂とSF在住の友人たちと再会へつづ(SF編)

 

 


  ****************    056.gif  日本の旅のつづき  ****************

 


 

*12/1からお清めの意味で猿田彦神社を参拝し、次に、禊の二見浦-夫婦岩へ

 

 


*12/2/2013

二見興玉神社参拝とご来光を見るため、早起きしました

鳥居をくぐり、海を見渡し心地良い海風を浴びながら参道を歩きます

心も体も浄化してくれるような神聖なスポットです

 

 



二見興玉神社周辺は蛙だらけで、手舎水にも蛙

「満願蛙」で、神のご神示により水の中にお鎮まりになったカエルに水をかけると願いが叶うとのこと

 

 


 

これに触れると御利益あるのか、皆さん触れていました

カエルはご祭神でもある前日の参拝した猿田彦大神の神使とされているそうです

「無事かえる」「貸した物がかえる」「若がえる」など、ご神徳を受けた人がカエルの塑像

献納する事からカエルがたくさんいるそうです

猿田彦大神は、天孫降臨の際に道案内をした神様でもあり、お伊勢参りが無事できるよう

道案内をしてくださる神様ともされているので、最初に猿田彦神社参拝でよかったのでしょう

 

 

b0173754_02213831.jpg


太陽の神、天照大御神がお隠れになったという天の岩屋

日本には数ヶ所に、「天の岩戸」がありますが、ここもにも?

ここで祀られている神様は、伊勢神宮の外宮にも祀られている豊受大神と

内宮に祀られている天照大御神が、隠れられた場所に豊受大神が祀られているという

 

輪縄が置かれていますが、これで体の悪いところをさすってお納めすると良いそうです


b0173754_11240664.jpg

 

そして、 禊(みそぎ)のための二見興玉神社と夫婦岩を参拝します


b0173754_11252426.jpg

 

まずはご来光を拝みに、朝陽が昇るスポットまで行きます058.gif

 

時期によって朝陽の昇る位置が変わるので、夫婦岩の間からを見るには、48月ですね

この時期は、山側から昇ります

 

 


 

日が昇る寸前の海には霞がかっていて、空の色も美しく変化していきます



b0173754_11480474.jpg

 

 靄がかかり妙に幻想的なもので、沖に見える3本の杭が十字架に見えてなりません。



b0173754_11481042.jpg

 


そんなわけで・・


両側は犯罪人、十字架にかけられていた犯罪人の一人はイエスに

「貴方はキリストではないか。自分と私たちを救え。」と言う。

イエスは、「まことに貴方に告げます。貴方は今日私と共にパラダイスにいます。

(ルカによる福音書23:39-42)

 

 

いよいよご来光が見えてきました。そこには、5060人が注目していました

 

 


 

 

朝陽に染まる夫婦岩は、キラキラしています。この夫婦岩の先には輿玉神石が沈んでいるらしく、

輿玉神石は猿田彦大神縁りの霊石だと言われているそう。2つの神社は関連しているのですね。

 

b0173754_11582077.jpg


        この時期の満月は、夫婦岩の上に見えるそうですよ


b0173754_11590535.jpg

 


伊勢神宮を作った倭姫命があまりの美しさに二度景色を振り返ったと言われたことから

「二見」という名前が付けられたそうな。

 

 061.gif  朝一の伊勢志摩・二見浦の夫婦岩の動画をどうぞ!


 
    

 

 


こちらは、二見浦の夕日になります。


b0173754_13562084.jpg

        

                   .外宮と倭姫命神社参拝へつづく(日本編)


 


    026.gif 雪景色のNYをお届けします。

 

 



5年ぶりに凍ったハドソン川・・・南極観測船のようです。



b0173754_13002853.jpg


 

1月後半も零下の日々が続いていますが、20年以上前のNYの冬は、これが普通でしたので、

普通に戻ったということでしょうね。



b0173754_13000559.jpg




 061.gif  20141/24、沖縄上空にUFO、とてもクリアーでカラフルなUFOたちです。

   今年は目撃が増えそうですね。



            


 


  072.gif 今日の一言:「「見ているものを信じるではなく、信じているものを見ている。」





   

 


[PR]
by yukistar88 | 2014-01-28 13:45 | 世界の旅 | Comments(0)

⑦.お清めの猿田彦神社&美しきヒーリング・スポットSFベイ。

新年早々、急遽SFへ行くことになり、旅ガールの今年の旅予定は未定です。
というのも、無償に行きたくなったスポットは、SF Bayなのです。
しかも満月の1月16日に行くことになり、SFに到着したのが午後8時で、
そのBayから見えた満月は、このように美しかったです。016.gif

b0173754_14300309.jpg

数年前にSF Bayのホテルに泊まり、朝の散歩で見た朝靄に浮かぶ水面はとても神秘的で、
エネルギーもよく、それは忘れられないものでした。
この光景とエネルギーに再び触れたくて・・・とはいえ他にも予定あってのことですが。
このSan Francisco Bayは、ヒーリング・スポットですね。
場所は、SFO空港のすぐ隣、Millbreaになります。(赤い点)


b0173754_14315528.jpg


しかも今回のホテルの部屋は東向きでしたので、朝陽も望めることになり、全てが完璧?!


b0173754_14355099.jpg

西部時間は東部時間の3時間遅れなので、丁度いい感じに早起きもできたので、
普段見ることない朝陽も拝めるというわけです。午前7時過ぎに日が昇ります。


b0173754_14355616.jpg


朝一の散歩に出て、ご来光と共に瞑想タイム・・・


b0173754_14360220.jpg

この時、宇宙天気ニュースによると、断続的に太陽フレアが発生してたようです。

          太陽(天照御大神)にありがとう!


b0173754_14361057.jpg


このベイに生息している鳥たちのさえずりにも癒されますが、彼らの行動を観測していると、
日の出と共に、朝ご飯タイム。


b0173754_14540615.jpg

         常に集団行動・・・もぐもぐ潜る。043.gif

b0173754_14541856.jpg

午前8時には、首を丸めて、さざ波にプカプカとお昼寝というか、朝寝に入ります。

午前10時頃になると、朝靄に包まれ、最も神秘的な水面になります。


b0173754_15543555.jpg


穏やかで、水面の筋も美しい・・・初日(17日)はべったりベイで寛ぎました。
すると体がどんどん軽くなり・・・ジワーと優しいエネルギーに包まれていきます。
何時間でもいたい、ずーと、このエネルギーに触れていたいと感じます。026.gif

b0173754_14551402.jpg

空港と隣接しているので、ひっきりなしに飛行機の離着陸が見えますよ。

不思議とその騒音は気になりません。ANAも見かけました!日本からですね。


b0173754_14563078.jpg

午後になると、鳥たちは活発になり、群れをなして飛び周ります。


b0173754_14563808.jpg

061.gif その姿は、まるで蜂のようでもあり、素早いこと!動画でどうぞ!

 
     



West Endまで歩いていくと、そこにあったものは、サボテンたちでした。

誰かが植えたのでしょうか。


b0173754_14573380.jpg

と、今回はじっくりベイのエネルギーをお届けしました。

切りがないので、SFベイのことはこのくらいにして・・・SF編もつづきます。



  **************** 056.gif  日本の旅のつづき  ****************

2013年12/1-3、伊勢参拝は、まずは猿田彦神社で清めてからスタートし、
次に二見浦神社 - 外宮 - 倭姫宮神社 - 内宮 - 伊雑宮神社の順のコースへ。

初日(12/1)は、AYAさんと別行動にて、一人で猿田彦神社へ。
宿は二見浦だったので、バスで内宮まで行き、そこから近い猿田彦神社へ。
週末なので、観光バスも数珠繋ぎ・・・おかげ横丁も大混雑でした。

b0173754_15311561.jpg
b0173754_15314019.jpg

おかげ横丁と平行して流れる五十鈴川は、のどかで癒されます。


b0173754_15314954.jpg

岐阜に住む巫女のようなT子さんより伊勢に纏わる裏情報をおしえていただいて
いたので、その通りに従いながら参拝させていただきました。左に七五三の姿。


b0173754_15320114.jpg

この神社は、猿田彦大神の妻でもある天宇受賣命をご祭神としており、彼女が天照大御神を
岩戸から出すために、神楽を舞った逸話から、芸能の神が祀られている神社とされています。
そういった理由から、役者やミュージシャンなど芸能関係の人も多く参拝する場所だとか。
また猿田彦大神と結婚したことで「猿の女(さるめ)」と呼ばれていたという説があります。

b0173754_15320856.jpg

猿田彦神社の境内の真ん中には、六角形の石柱が立っています。これは、古殿地(こでんち)と
いう方角を刻んだ石。この石柱の立つ場所は、昭和11年の御造営まで御神座のあった神聖な
位置なのだそうです。
こ文字盤の文字に手の平を当てて祈願すると、願い事が叶うとかで、仕事運・金運・家庭運・
人気運とそれぞれの方位があって、それを順に触るといいのだそうです。
手にしっかり文字が刻印されるくらい押し付けるのがコツらしく・・・私はしなかったです。

b0173754_15321915.jpg

これは「たから石」で、宝船に似ている事からそう呼ばれており縁起物。
蛇が乗っているようにも見えるので縁起が良いと。白蛇は財運の神様とされているので、
お財布をのせる人が多かったで、私もしてみました。
岐阜のT子さんからの情報で、猿田彦神社には、あめのうずめ を祀ってある場所があり、
あめのうずめ は、マグダラのマリアとのことで、場所の詳細は聞いておりませんでしたが、
私は、なんとなく誰も来ない裏手にまわることにしました。

結界を張っているかのよう・・・この先に進む人は誰もいなくて・・・でも行っちゃう。


b0173754_15334367.jpg


やはりここでしょう!



b0173754_15323504.jpg


この御神田は、かなりパワーがあるように感じました。
少しすると、結婚カップルが記念撮影に来ていました。(右側)


b0173754_15324606.jpg

ここでしばらく鎮座させていただきました。

帰りのバスで見かけたいくつもの龍のような雲。

b0173754_15335349.jpg


ということで、まずはお清めの意味で猿田彦神社からスタートし、
次に、夫婦岩と二見浦神社へと続きます。






[PR]
by yukistar88 | 2014-01-22 16:00 | 世界の旅 | Comments(2)

⑥.今宮神社の石の御利益&天の岩戸塩

*1/16は、2014年初の満月です。15日はこのような月に見えました。

今年の中では、一番距離が遠いそうなので、小さく見えるようです。
昨年11/29の太陽付近で崩壊したアイソン彗星が巻き散らしたチリが地球圏内に入るようで、
もしかしたらグリーン(ペリドット)・ムーンが見られるかもとのこと。

ある天文学者が、アイソン彗星が崩壊した後のチリ構成がペリドットのようだったという
発言からの理由です。満月の夜、じっくりと瞑想してみたいと思います。

b0173754_14335083.jpg


15日の朝は、再び霧に包まれました。最近、気温上昇から霧が発生することが多いです。
神秘的な朝のハドソン川。


b0173754_14335856.jpg

こちらは1/9の夜、「月とエンパイヤのランデブー」というタイトルをつけたくなる一枚です。

b0173754_14340529.jpg


        

     *********************  日本の旅のつづき  ************************

*11/30
京都南禅寺の後、午後から今宮神社へ。





今宮神社:京都紫野の船岡山北側に位置するのが今宮神社です。御祭神の三柱をお祀りした
神社は994年船岡山に創建され疫病を鎮めると信仰を集めていました。

都に疫病が広まったとき一条天皇が疫病を鎮めるため御祭神を現在地に勧進せられ、

御霊会を催されました(1001年)。今宮という名称は、それまでこの地にあった疫神社に

対して新しい宮という意味で今宮という名前が付けられました。
4月第2日曜日に催される「やすらい祭り」は、疫病を鎮めるご利益があると言われる

京都奇祭の一つです。

御祭神 大己貴命、事代主命、奇稲田姫命 /  ご利益  疫病退散

b0173754_14425605.jpg

今宮神社境内には「阿保賢さん」といわれる別名「神占石」があり、疫病退治、健康回復を
早めてくれるご利益があるそうです。
手の平で3回石を叩いて持ち上げ、次に願い事を唱えながら3回手の平で撫でて、再び石を
持ち上げてみます。最初に持ち上げた時よりも軽く感じれば、願い事が叶うということです。
また、願いことををかけてこの石を撫で、その手で体の悪いところをさすれば病気が平癒する
との言い伝えがあります。

私もやってみましたが、なんとなく軽く感じました!Good!006.gif

b0173754_14430414.jpg


           3年前に日本帰国したMisaさんと娘のMimiちゃん。


b0173754_14461584.jpg


ここの名物といえば、「あぶり餅」。

今宮神社東門には2件のあぶり餅屋があり、本家と元祖でしょうか?!


b0173754_14460830.jpg


店の前で手焼きを実演、おばさんたちが手で餅を均等サイズにこねています。



b0173754_14480567.jpg

帰国子女の奈良在住MikuとモデルのMimiちゃんも大きくなりました!プロのポーズやね。



b0173754_15141263.jpg


この夜は関西地区の友人らと夕食会・・・・再会の宴。068.gif


大徳寺が舞台で、市川團十郎の最後の作品となった映画「利休にたずねよ」も上映間近・・・、


b0173754_15152944.jpg

          そんな11月末、寒い京都駅でツリーを見ながら、皆とお別れ・・・


b0173754_15180571.jpg


*12/1、伊勢参拝のため、三重県へと移動します。


お伊勢巡りは、素敵な写真を撮られるAYAさんが同行してくださいました。


初日の宿となる天の岩戸塩で有名な「岩戸館」へ泊まります。


b0173754_15282443.jpg
岩戸館の目の前には、静かな海が広がっています。天橋立に似たエネルギーです。


b0173754_15284427.jpg

岩戸塩は、ここの女将さんが夢で塩をつくるようにお告げがあったことから始まったそうです。


b0173754_15314982.jpg



                   塩工房の見学も自由にできます。



b0173754_15293928.jpg


         牧で約20時間も塩を煮詰めるそうです。息子さんが継いでいるそうです。


女将さんの話では、最近の女性は鉄分とミネラル不足だと。体温も低いので病気にかかりやすい。

煮物には南部鉄を入れたり、鉄瓶でお茶を飲んで、鉄分補給してほしいとアドバイス!



b0173754_15313605.jpg


海水を汲み出す場所は神前海岸(こうざきかいがん)。かつては神宮の御塩もこの海岸からの

海水で作られていました。
水を汲む場所の条件は3つ。「山の水と海の水が交わるところ」「山と海の間に工業地帯がないこと」

そして「砂浜があり水が浄化されること」です。


*岩戸塩について:http://www.iwatokan.com/shio/




岩戸館のロビーに置かれている本は興味深いものが多く、各昔話をアニメを読んでみたい。



b0173754_15333920.jpg


そして、AYAさんと共に一際目を引いたのが、こちら!龍神の写真です。



b0173754_15334777.jpg


こんなクリアーに現れた写真は見たことがありません。肝心な著者を忘れてしまいました。


b0173754_15340400.jpg


b0173754_15335687.jpg


                           ただただ驚きです!005.gif



最後に、1/13に撮影した龍雲を紹介して・・・・今度こそ伊勢神宮参拝へとつづきます。



b0173754_15391956.jpg

b0173754_15392867.jpg



                   しばし西海岸へと飛んできますね。029.gif





[PR]
by yukistar88 | 2014-01-16 15:48 | 世界の旅 | Comments(3)

⑤.京都,西本願寺の大銀杏と南禅寺の奥之院&ハドソン川の流氷

今年になり、本来のミッションへと導かれるスピードが早く感じます。
ご自分の本来の役目へと進んでいく中で、多少の葛藤もあるかもしれませんが、
必ず乗り越えらると信じて、受け入れていきましょう。

*2014年1月7日、
NYは、この冬一番の冷え込みとなり、気温は-15℃まで下がりました。
5日の深夜からの吹雪で積もった雪は凍り、非常事態宣言まで出たようですが、
10日以降は寒さも緩和してきましたので、ホッとしたところです。

b0173754_12041890.jpg

ハドソン川が凍ったのは、2009年1月以来なので、5年ぶりのこと。

b0173754_11582581.jpg


b0173754_11562298.jpg

           空には、虹色のハーフ六角形も写っていました。


b0173754_12043693.jpg

1/8の雲は早いスピードで変化し、この白鳥のような雲は1分で消えてしまいました。

b0173754_12044569.jpg

   龍が舞っているようなこの雲も生きているかのようにサーと消えてしまいました。


b0173754_12151761.jpg




   ***************056.gif  日本の旅のつづき **************


*11/30

京都で宿泊した旅館ちどりの目の前は西本願寺でしたので、朝方参拝へ。
そこには、それは大きな大きな銀杏の木がありました。




西本願寺は、京都市下京区にある仏教寺院。浄土真宗本願寺派の本山で、山号は龍谷山。
 西本願寺は通称で、正式名称は「龍谷山 本願寺」、宗教法人としての名称は「本願寺」。
京都市民からは「お西さん」の愛称でも親しまれているようです。


b0173754_12183105.jpg


まるで根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」とも呼ばれる樹齢約400年の大銀杏は、
京都市の天然記念物に指定されています。 本願寺に火災があった時、この銀杏から水が
噴き出して消し止めたという伝説から、「水吹き銀杏」とも呼ばれています。

実際に、銀杏の木は耐火力があるそうで、木の内側は、モービルのように垂れ下がっています。

b0173754_12183638.jpg


b0173754_13053428.jpg

社殿の中に入ります。豪華な灯籠ですね。


b0173754_12185036.jpg

       回廊も開放的で広々としています。


b0173754_12190265.jpg


       ウェディング・カップルが人力車で移動中。時代錯誤・・・


b0173754_12193537.jpg

           城壁も立派な西側本願寺でした。


b0173754_12194107.jpg


続いて、南禅寺へ。
境内はかなり広いようですが、週末なので、観光バスなど大混雑でした。


b0173754_12194650.jpg


         着物姿が粋に決まっています。後から失礼・・・


b0173754_12310607.jpg

三門(重要文化財)

b0173754_12311954.jpg

b0173754_12313097.jpg

明治維新後に建設された、当寺の境内を通る琵琶湖疏水水路閣は、
TVドラマなどの撮影に使われるなど、今や京都でも有名なようです。

b0173754_11372270.jpg


      ここもパワースポットらしいエネルギーがありますね。

b0173754_13142276.jpg


日本の水道橋にしては西洋風ですね。トルコやイタリアでも見たような・・・

b0173754_13213196.jpg


庭園へと参ります。3色紅葉で美しい。


b0173754_13203951.jpg

                ” 雅 ”ですね。

b0173754_13211659.jpg
     
b0173754_13212190.jpg

          紅葉も漂う手舎水 ”和”ですね。

          


      メインの社殿の裏手に墓地があり、その脇に階段がありました。


b0173754_13310368.jpg

どんどん昇っていくと、その上には、奥之宮がありました。

b0173754_13311214.jpg

      この裏側には滝があり、滝行している人の姿も・・・

b0173754_13385417.jpg

 更に上に行くと、風穴がありました。異次元の扉か、周りだけ捩れて写ります。
こういう写真、アマゾンのジャングルで撮影したものに見たことがあります。


b0173754_13393000.jpg

ここまで登られた人は、ほんの数人だけでした。
お札も置かれているので岩と山がご神体ですね。
この時、ほら貝の音色が聴こえてきましたよ♪


b0173754_13401683.jpg

いつもながら神社や寺にいくと、あれよあれよと引っ張られるかのように奥之院へと
足が向いていくのです。

                 南禅寺を後にして・・・

b0173754_13471675.jpg


                  平安神宮まで歩きます。


b0173754_13472312.jpg

        京都在住の友人とのランチには、お気に入りのスガマチ食堂へ。

b0173754_13473122.jpg

2013年で閉店するそうで、最後に行けてよかった。A子さんとMさんとMimiちゃんの4人で。

b0173754_14234917.jpg


2013年夏に甥っ子が撮影した日本列島雲の写真が、Facebookに起用されていました。

そこでのメッセージは・・・

b0173754_14070471.jpg

〔アトランティスが終わり、日本の地が選ばれた〕

次に興す文明は、宇宙文明へシフト・アップしていく、そういう大事な

時期の文明になる。

それゆえに、その救世の場所、その一点から、神の光を、地球全体を

包み込むように発信し、地球を黄金の神の光の玉にしていく。
そのような大計画の発信基地となる場所はどこにするかということが、

まず、その場合に考えられたのです。

その時に、日本の地というものが選ばれ、
この日本列島を、神の国として、いずれ行われるべき大救世運動の

発信基地にふさわしい地となるように、準備をし、守り育ててきたのです。

<天照大神

 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=614171711952123&set=a.545327785503183.1073741828.228454140523884&type=1&theater


↑ここに出てくる「黄金の神の光の玉」とは、11月に日本に行く直前に写つた

この光のことではないでしょうか。


b0173754_16271881.jpg


 

*1/9に、友人の紹介にて、日本在住の同姓同名の星ゆき(有紀)さんと初対面。@CRS


b0173754_14130285.jpg


リーディングさせていただきましたが、どうやらアトランティス繋がりのよう。

前日に、偶然(じゃない?!)にもアニメ映画「Atlantis」を観ていたし、

↑FBの天照大神メッセといい、2つのアトランティスのタイミングはわかりやすい。



b0173754_15035214.jpg



こうして次々、過去生でのご縁あった方と繋がっていくので、頼もしいです。

星有紀さんは、ヨガインストラクターであり、音楽家でもあります。

同様に、パフィーマンスを通してヒーリングの世界でもご活躍のようで、名前が

同じなのは同じミッションを持っていらっしゃるようで、よろしくお願いします!



072.gif こちらもシェアしたい地球外生物のこと。

元カナダ国防省のポール氏のインタビューですが、彼自身が宇宙人に見えます。


061.gif  ETは人類を助けたい by ポール・ヘリヤー

 


      



        

      長くなりましたが・・・次回は⑥今宮神社と伊勢参拝へつづく





[PR]
by yukistar88 | 2014-01-11 14:31 | 世界の旅 | Comments(2)

④.2014年は新月元旦&京都東福寺の華麗なる紅葉。

       072.gif 新年あけましておめでとうございます。

         2014年も宜しくお願い致します。


    NY地方は、2日から大雪になり、大浄化にて清々しい白銀の世界となりました。

  そして3日から5日にかけては、3大流星群の1つ“しぶんぎ座流星群”の時で、

  北東の方角から放射状に多くの流星を観測できるようです。

  特に3-4がピークのようです。間に合うといいですが・・・。


b0173754_01583665.jpg
(2014年 初日の出)

b0173754_02233421.jpg
(1月3日の朝)

また、元旦からM9.9と大きい太陽フレアが発生し、太陽風の強い磁気を
感じたようで、久々に心臓がバクバクしました。そのお陰で、オーロラも発生した
ようですが・・・。ムルマンスクのオーロラ。(宇宙天気ニュースより)


b0173754_03452151.jpg
b0173754_03472701.jpg

 

去年は 日本の中心である伊勢神宮と出雲大社で遷宮が行われました。

この遷宮が意味するのは、「日本の生まれ変わり」です。
この世の中の立て直し、建て替えが 2014年以降も、自然の世界でも 社会でも、

政治でも、経済でも… 
そして、私たち一人一人の心の中でも波及していくことを意味します。 

今年は、古い自分〟を脱ぎ捨てて、生まれ変わること 、
自分にとって 必要なものとそうでないものとをしっかり見極めていくことが開運の鍵です。

何事も得ること、増やすことばかり考えるのではなく、無駄を落として、

なるべくシンプルにしていく方がよい年です。



b0173754_01590613.jpg


また 【午(うま)】は、足を使って駆け抜ける生き物です。
頭でっかちに考えるばかりでなく、「足」を使って 動いていくことも大切です。
新しいことを始める。いつもと違うことをする。

要らなくなった 古い自分にとらわれず、新しい自分で「馬」のごとく走り抜ければ、
不安や恐怖は追いつけません「すべてはウマくいっている」と信頼しましょう

人間関係では ウマの合う人と合わない人と出会うでしょう。
ウマが合わない人は、視点を変えると自分を成長させてくれる人であり、
自分と 違う価値観を持った人です。
その人が何に一番価値を置いているのかを理解し 
歩み寄るのか、距離を置くのかを選択していってください。 



b0173754_14562574.jpg

         (12/31/2013、NYカウントダウン時の様子)

        

神社という所は、ご利益を求めて行くところではなく、
「生かされている自分」という感謝をもとに 
「こんな一年にしていきたいと思います」と誓わせて頂く場所です。
今、日本は大事な岐路を迎えているので、 この大事な年に 日本の再生を

願うためにも 前向きな決意を神様の前で誓うのはとても重要なことです。 

神社のご神体は鏡です。鏡は 自分の姿が映しだされます。
鏡に映った自分から、「我」を取ると 「神」になるのはご存知ですよね。


           カガミ    カミ

祈りを通して「自分の覚悟」と「神社の御稜威(みいづ)」が共鳴し合い、 自分自神と

繋がることで、そのインスピレーションを社会へと還元していくこと 「願い事(我)」

ばかりを言っているような次元では 幸運やシンクロはなかなか起こりません

この我からの「願いごと」が 宇宙に同調し、自然に繋がるための「本来の祈り」に

変わったとき 意味ある偶然の一致(シンクロ)が起き始めます。 

  
あなたが2014年という大きな分かれ道を味方にし、 よりよい未来へと

方向づけ、ますます輝いていかれることを 祈ります。  大樹 


b0173754_12490279.jpg


       (1/3、空に呼ばれた時に撮影した一枚:UFOのような太陽)



.【神社での基本的な祈り方】
1:本殿の前で二礼(直立姿勢から、背を九十度に腰を折り、頭を2回下げます)
2:二拍手(両手を胸の高さで合わせ、右手を少し引いて、拍手(かしわで)を

  2回打ちます)
3:(心の中で) 自分の住所と名前を言う
4:神様へのご挨拶(『○○の神様 ここまで私を導いて下さり、いつもお守り

    頂き 真にありがとうございます』)
5:日本、地球への感謝の祈り。世界平和の祈り
6:親類 両親 兄妹 子供 友人への 祈り(大事な人のことで気になることがあれば、       

  自身の願望は脇に置いて、素直な気持ちで現状を伝えてみてください)
7:自分(お願い事ではなく 今年一年をどのように生きるかを神様にお伝えします)
8:「かんながら たまちはえませ」2回
   (「すべての神様のみ心のままに、よりよくお導きください、

    お守りください」という意味の日本古来から伝わる言霊です)
9:最後に 一礼 (終了)





*******************056.gif  日本の旅のつづき ***********************




*11/29/2013


関西では、最初奈良を訪問するはずでしたが、奈良の友人の都合が悪くなり、

急遽京都へと。そこで神戸の友人S子さんも京都へ同行してくれることになり、

訪問する2週間前に京都の宿を探しますが、一年で一番人気の紅葉時なので、

なかなか空室がなかったのですが、そこは秘書のS子さん!

電話でのみ予約OKの西本願寺前にある旅館ちどり(1泊素泊まり¥3,800)を

予約してくださいました。紅葉は京都駅からも近い東福寺に決めましたが、

期待していた以上に豪華で見応えあり、大満足な紅葉狩りとなりました。



b0173754_03045595.jpg
東福寺は、1255年(建長7年)に19年の歳月をかけて完成したそうで、京都でも1位2位を

争う紅葉の名所だそうです。


b0173754_03035509.jpg


                         見事なる紅葉カーペット


b0173754_03034978.jpg

b0173754_14051738.jpg


本堂と普門院、開山堂を結ぶ「通天橋」には、「通天紅葉」と呼ばれる、葉が三つに分かれて

黄金色になるカエデ数十本が見られます。



           通天橋から見える紅葉は・・・


b0173754_03124059.jpg


              こんな感じに見えます。ビリビリ感じるスポットでもあり・・・




ここはパワースポットですね。光が証明してくれています。


b0173754_03134328.jpg

S子さんが撮影してくれた一枚にも宇宙ぽい光が射していました。



b0173754_03454296.jpg



S子さんも美しき紅葉にご満悦!



b0173754_03124518.jpg



 開山堂の庭園も美しかったです。



b0173754_03204171.jpg



    東福寺の見渡す限りの華麗なる紅葉に、存分秋を感じることができました。




b0173754_03205354.jpg



 お店にあった雑誌にも掲載されていました。




b0173754_03133752.jpg



心から紅葉狩りを期待していたので、東福寺をチョイスしてくれたS子さん、ありがとう!



                      ⑤.西本願寺の大銀杏&南禅寺へ続きます。




*12/29、2013年の締めくくりとして、瞑想とサウンドヒーリングのイベントを

Brooklyn、Red HookのHirokoさん宅で行いました。


b0173754_03250893.jpg

あいにく大雨となり、Red Hookツアーはキャンセルになりましたが、

古き良きNYが残るRed Hookは、見所がたくさんありそう。



b0173754_03311765.jpg
        (Fairway Mkt.のテラスにあるレトロなトレイン)

今回は初トライの融合エクササイズもとりいれ、心身共にクレンズされたと思います。



b0173754_03251856.jpg


後半は、Hirokoさんの手料理による女子忘年会となり、ワインとシャンペンで、

女神たちのますますの飛躍を祝し乾杯しました069.gif



b0173754_03252741.jpg

お料理もたくさんありがとうございました!

 ご参加してくださった皆さん、ありがとうございました!



  2014年もどうぞよろしくお願い致します。


  今年のテーマは、”無限の愛 ∞”とします。時間に追われることなく過ごしたく思います。


b0173754_03253478.jpg



*お薦めブログ、LAでの初日の出ご覧なれます。AYAの美の泉http://ayalove343.exblog.jp/






[PR]
by yukistar88 | 2014-01-04 03:41 | 世界の旅 | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧