<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

⑫.鳥羽の朝陽と伊雑宮神社の秘密&グルメなナパ(SF),セントラルパークの雪景色

*************056.gif 日本の旅のつづき*************


*12/2/2013、
鳥羽の石鏡にある石鏡第一ホテル神倶良へ宿泊し、朝陽を拝もうと早起きをする。

伊勢湾を見渡せる東を仰ぐ大きな窓から、ゲストたちはその部屋に集まり、
甘酒を飲みながらの観賞!朝陽は、まず雲の中から現れました。



b0173754_14280774.jpg



そのうち雲の上から顔出して・・・まばゆいばかりの朝陽は圧巻!
この時、”君が代”の曲がかかり、久しぶりに聴いたせいか、
日本人としてのアイデンティティを実感しました。



b0173754_14281394.jpg




石鏡第一ホテル神倶良へは、過去2回ほど宿泊したことがあり、お気に入りの理由は、
高台から伊勢湾が望める立地であることと露天風呂からのヴュー。

写真に見える↓伊勢湾に浮かぶ神島へも船で訪れたことがあり、約2時間で回れる
素朴な漁村(タコ漁)の神島は、三島由紀著者「潮騒」の舞台で有名。



b0173754_14333133.jpg


映画「潮騒」は、私の世代では山口百恵と三浦友和コンビでしたが、
その昔(昭和39年)は、吉永小百合と浜田光夫コンビで上映されたようで、
2013年6月に、吉永小百合が映画のロケ以来約50年ぶりに神島に訪問した
のだと、地元の人が言っていました。


民宿しかなく、レストランもなく、漁師の食堂だけの神島へ、また行ってみたい!




b0173754_14504755.jpg



また、この旅館の露天風呂が大のお気に入りで、朝陽を浴びながらの
入浴は贅沢ですが、以前は女性用露天風呂から180度伊勢湾が見渡せたのに!



b0173754_14523733.jpg



今回入ってみると、ホールの増設により女性露天風呂が部屋から丸見えに
なるようで、屋根がついてしまい、このビューしか見えないのは残念!



b0173754_14525882.jpg



また、この石鏡第一ホテルでは、毎朝7時に、鳶の餌付けをしていて、
この時間になると、20-30羽の鳶が空を旋回します。



b0173754_14541665.jpg



鳶の餌付けの写真を撮影したら、鳶以外の物体も写っていてUFOのような・・・



b0173754_14570738.jpg


            ズームにしてみると・・・



b0173754_14575579.jpg


この形、2012年6月に群馬県の龍舞の空に出現したUFOと形が似ているよ。

ということは、地球から遥か25光年離れた「ライラ」からやって
きたのかな。
2013年1月号の雑誌「ゆほびか」に同じUFOが掲載されていた
ライラ(Lyra)は、竪琴(リラ)および星座の〈こと座〉のこと。

「Lyra」は、リラ、リュラ、リューラ、ライラとも呼ばれ、リラ星のことで、
リラ(竪琴)をかたどった星座で。輝星ベガと隣の菱形を描く4つの星が目印。
8月下旬の夜8時頃、ほぼ頭上に見えるようです。

「リラ星人」琴座は、銀河系宇宙における人間型生命体の発祥地という。
琴座(リラ)星人は、人間型の肉体を持つ最初の所属で、シリウス星人、
オリオン星人、プレアデス星人、ベガ星人、ゼータ・レチクル星人などは、
みな琴座星人の子孫。


詳しくは↓
*龍舞UFO写真の日記http://yukistar88.exblog.jp/20007436/



b0173754_14590895.jpg
            (2012年8月撮影、群馬県太田市龍舞上空)



     地ビール「伊勢」も、なかなかGood!068.gif



b0173754_15012263.jpg



*12/3
鳥羽からローカル線で約30分(近鉄志摩線上之郷駅下車徒歩約3分)
ところにある伊雑宮神社へ。



b0173754_03571603.jpg


伊雑宮神社は、伊勢神宮 内宮の「別宮」の1つで、伊勢神宮からは
遠く離れた志摩の磯部にあることから、「遥宮(とうのみや)」とか
「いそべさん」とも言われていて、この社殿こそが、伊勢神宮の本当の
本宮ともいわれている説もあり、要です。





b0173754_03595218.jpg




伊雑宮神社の鳥居をくぐると、こんな御神木がありました。

これは、パワースポットといえる印ではないでしょうか。
この形は、初めてですね。




b0173754_03572586.jpg



内宮や外宮のような雑踏はなく、森に囲まれ、鳥のさえずりだけの
閑散とした雰囲気が心地いい。





061.gif こんな感じです。動画で味わってください。




        





神社の隠された真実に詳しい岐阜在住のT子さんからの情報では、
「伊勢神宮の伊雑宮の下にはモ-ゼが持って来た光る石が埋められている。」
ということで、その石のエネルギーに触れる目的もあっての参拝です。

12/3、伊雑宮を訪問したその日にアップされた伊勢白道氏のブログの内容が、
伊雑宮に関してというのは偶然ではなく、真実であることを伝えているのでしょう。

*12/3/2013付けの伊勢白山道ブログから:

「伊勢神宮の伊雑宮(イザワのみや)の鳥居の写真に、紀元前8世紀の
古代ユダヤの大預言者・イザヤとユダヤ民族の起源となる大聖人・
モーゼの横顔が、右側のイザヤの方に向かって話しかけています。
モーゼの染みの部分だけが、ひときわ大きく発光していました。

預言者イザヤは、旧約聖書にありますイザヤ書66章の預言を残しています。
その預言の中には、東方に存在する「海の島々」(伊勢志摩のこと)と、
聖なる山々が存在することが記述されており、そこに人類の救いが
存在することが示唆されているでしょう。
旧約聖書のイザヤ書を解読することで、日本の大いなる秘密が
解き明かされると思います。


伊雑宮の神紋は、籠目紋(かごめもん)です。

これはユダヤの象徴であるダビテの紋章と同じです。
そして、伊雑宮(イザワのみや)の名称の起源は古過ぎてハッキリ
しませんが、私には「イザヤの御宮」だと響きます。
イザワのみや=イザヤの御宮、だと感じます。
旧約聖書のイザヤ書に、東方の「海の中の島々」の記述を読み
取れますので、大預言者イザヤは伊雑宮に来たと夢想します。

まるで西洋の教会の壁画に在りますフレスコ画やステンドグラス画を
思わせるような図柄が現れ・・」





b0173754_03594410.jpg



社殿参拝時に、心の中でHS(ハイヤーセルフ)に「モーセの石はどこですか?
教えてください。」お願いしてみました。

すると、そこへ3人組の年配の方が参拝に現れ、その中のおじさんが、私に、
「この石、ビリビリきますね。」とも言うので、早くもお知らせが来ました!

その後、その中のおばさんがゲップをして、
「ごめんなさいね。私感じるとゲップが出ちゃうので。」と、どうやらサイキック体質のよう。

ということで、ここがそのスポットなのか、AYAさんと共に写真を撮ってみると・・・




b0173754_03575293.jpg




このような光が現れたので、お願いが届いたようで、確認できました!

AYAさん撮影の写真からも強烈なパワーがあることを示していますね。

 さすがにパワフルで、しかも美しい!




b0173754_04075565.jpg
                    (photo by AYA)


b0173754_04080675.jpg
(photo by AYA)





そこで、エジプトに行った時、モーセが十戒を授かったシナイ山で拾った石と
奈良、三輪山の石とを置いて、3つ石の儀式を行いました。

その直後のことです。サイキック体質のおばさんが大声で、
「お父ちゃん、見てぇ!!!すごいよー、社殿の上に水色の光が上に
向って出ている!」と叫ぶのです。なっ、何が起きたのでしょう?!

私には見えませんでしたが、5次元では何かが起きている!
それを知らせしてくださったよう。絶妙なタイミングで、この不思議な方々も
居合わせてくださり、有難いです。




b0173754_04201567.jpg





*モーセが十戒を授かったシナイ山の日記:http://yukistar88.exblog.jp/14344082/





こうしてAYAさんとの3日間の伊勢参拝も無事に終了し、名古屋で解散し、
私は東京へと戻りました。




b0173754_04222528.jpg


                       お疲れ様でした。AYAさん!


                                    東京編へつづく






*************** SFの続き ****************

*1/19/2014

SFのナパへ入る。フレンチでは一番有名とされているBouchon & Bouchon Bakeryの前を通り、

b0173754_04274390.jpg


私らは、アメリカ人シェフの友人お薦めのフレンチレストランでランチ。069.gif

カジュアルで老舗なフレンチBistro Jeantyにて。


b0173754_04304210.jpg
              人気のトマトスープ                         
b0173754_04311730.jpg

アペは、ワカサギフライトエスカルゴで。

b0173754_04312381.jpg

グルメの宝庫Oxbow Mkt. に立ち寄ります。



b0173754_04394120.jpg

CA州唯一のDean& Delucaも寄ってみました。


b0173754_05070658.jpg


更にナパを北上し、ワイナリーを眺めながらカリストガ温泉へ向かいます。


b0173754_04400763.jpg
b0173754_04401356.jpg


              *カリストガ温泉へつづく



*2/18、美しいセントラルパークの雪景色をシェアします!


b0173754_04451187.jpg

池のほとんどが雪に覆われ、ややストレス気味な鴨たち。


b0173754_04462938.jpg

b0173754_04464187.jpg


マシュマロのようなフカフカのスノーマットレスは、いかが?


b0173754_04454103.jpg



シープメドゥも一面雪で、雪だるまがポツンと。絶景です!


b0173754_04470636.jpg




2月半ばは一時的に暖かくなりましたが、月末は再び寒くなり、雪の予報も出ています。

春はまだ遠いかな・・・それでも月日の流れは早いので、アッという間でありましょう。




[PR]
by yukistar88 | 2014-02-24 05:10 | 世界の旅 | Comments(4)

⑪.SFソノマの修道院ワイナリー&伊勢神宮の内宮参拝と日米大雪


*2/12-15にかけて、日本もNYも断続的に大雪となりました。

14日のバレンタインデーに因んで、空からのギフト、レインボー053.gif光をお届けします。


b0173754_15403195.jpg


近所のLeoくん(3歳)からいただいた薔薇の花と♥のチョコです。有難うね!016.gif

b0173754_14003325.jpg

14日から関東甲信は内陸部を中心に記録的な大雪になったそうで、山梨県や神奈川、
静岡県もたった1日で約1mの積雪など、観測開始以来の最高積雪だったようです。
NYは、12-14日も断続的に吹雪となり、埋もれるくいらい積もりました。

b0173754_13165503.jpg


フカフカのスノーカーペットのようです。積雪50cmかな。

b0173754_13170598.jpg

              


   056.gif SF編のつづきより;

私が、珈琲やワインが好きなのは、それぞれの産地の味を楽しむことがポイントで、
いわゆる土地の風味、珈琲豆や葡萄の採れた土地のエネルギーを味わいたいから。

アメリカ産のワインといえば、CA州のソノマやナパが有名ですね。
CAワインのファンなので、水の美味しいソノマやグルメのナパも大好きなスポットです。

このSFの旅で思ったのは、清らかな水と新鮮な野菜と美しい自然、そして良き仲間がいたら・・・
それだけで人生は幸せなのかも!と思えました。



*1/19
朝陽が美しく、早起きは三文の徳でした!

b0173754_13493314.jpg

この日はレンタカーにて、SF市内を抜け・・・

b0173754_13533833.jpg


            Golden Gate Bridgeを走り・・・・

b0173754_13553934.jpg
b0173754_13554559.jpg

            ソノマへ向かう途中、広大な田園風景を走ります。

b0173754_13565208.jpg


Sonomaの丘の上にあるVianseというワイナリーを訪れました。

b0173754_14012103.jpg

このワイナリー、中世の修道院のような建物になっています。

b0173754_15035956.jpg


ガーデンからのヴューは、まるでイタリアのトスカーナかフランスのブルゴーニュを思わせる。

b0173754_15041275.jpg

しばらくここで、ワインを飲みながらボーとしていたい・・・

b0173754_15042195.jpg

ワイン貯蔵庫は、洞窟のような雰囲気になっています。

b0173754_15044042.jpg
b0173754_15092061.jpg

                   扉の外に出ると・・・

b0173754_15093444.jpg



          CA州の太陽は、燦々と降り注ぎ眩しくて強烈です!

b0173754_15163803.jpg



                      グルメなナパとカリストガ温泉へつづく




************** 日本の旅のつづき ***************


*12/2/2013

猿田彦神社 - 二見浦の夫婦岩 - 外宮 - 倭姫宮神社、そし今回は内宮へと参ります。

宇治橋を渡ります。
宇治橋は20年に一度建て替えられるそうで、最近は平成21年11月に建て替えられたそう。

b0173754_15242356.jpg

五十鈴川にかかる宇治橋は、俗界と聖域との架け橋といわれ、神宮のシンボルですね。

b0173754_15243249.jpg


清流、五十鈴川で、心身を清めます。1Km先の二見浦まで続く川で、海の潮で清めるということです。

b0173754_15243908.jpg


小魚の群れに驚きです!15年前に来た時はこんなに魚がいたでしょうか?

b0173754_15244763.jpg


061.gif この美しき五十鈴川を動画でご覧ください。神聖なる光も見えます。

 
      



                               内宮マップ


b0173754_13312369.jpg

  五十鈴川の守り神、水の神ともされる瀧祭神へ。
地元の人々に「おと りつぎさん」と親しまれ、正宮にお参りする前にこの神様に詣でると、
参拝を天照大神に取り次いで下さるといわれているそうです。

b0173754_15310921.jpg

                      風日祈宮橋には神々しい光

b0173754_15391647.jpg

b0173754_15392573.jpg

「荒祭宮」近くの巨木の根もパワースポットのよう。
私には、老人の顔に見えます。

b0173754_15393245.jpg


「風日祈宮」のすぐ横、巨木の下に、多くの人が集まって手をかざしていました。温かい?!
ここは、「四至神」(みやのめぐりのかみ)と言う宮域の境界の守護神、内宮の四法を守る神様だそう。


b0173754_13452076.jpg


最後に、荒祭宮を参拝します。

天照大御神の荒御魂を祀っている第一の別宮で、荒御魂というのは、事にあたって動きを

示す荒く猛々しい時の御魂をいいます。普通の時の御魂は和御魂(にぎみたま)といいます。

困った時に助けてくださる神様、長生きさせてくださる神様と昔から伊勢の人々は厚い信仰を

してきたようです。以上で内宮参拝終了です。あと1ヶ所、最期は要の伊雑宮神社。


b0173754_15394664.jpg
ホッとしたところで、おかげ横丁で、休憩します。

招き猫の専門店「吉兆招福亭」の看板猫。和みます。


やはり締めは、赤福ぜんざいですね。

b0173754_15400204.jpg


この日は、鳥羽の石鏡にある石鏡第一ホテル神倶良へ。

ここは私のお気に入り旅館で、数年前も何度か宿泊しましたが、

ここからの朝陽と露天風呂が最高なのです。

夕食は、AYAさんと並んでいただきました。伊勢参拝、お疲れさまでした!

b0173754_15401015.jpg


                 ⑫.隠された秘密の伊雑宮神社へつづく



*2/7の空も美しかったです。3種の雲が一挙に登場!

b0173754_15404578.jpg

この日の夕焼けも優しい色に包まれていました!

b0173754_15405107.jpg

072.gif 2014年になり、新しいポジションへ向う人、新たなシフトへと向う人など、
  それぞれ加速しているようです。

  火山噴火や洪水、大雪や嵐も地球の内部や表面、大気を浄化しながら、
  今後の地球全体の天候を穏やかに導く進化の一途だと思います。








[PR]
by yukistar88 | 2014-02-15 14:29 | 世界の旅 | Comments(2)

⑩.NYの雪景色、SFグレース大聖堂、伊勢-倭姫宮神社&NY正月イベント


日本も2/8,9と大雪のようですが、NYも今シーズンは雪の当たり年ですから、
毎週のように降っているので、常に雪が積もった状態にあります。

b0173754_14422227.jpg

2/3に降った雪は、朝陽に照らされ、白銀というより純白の世界を見せてくれました。

朝の散歩で見かけた雪だるまは、目がイチゴ、鼻はニンジンでできていて、
イチゴの葉がつけまつ毛のように、目がパッチリ!023.gif

b0173754_14424482.jpg

この時の雪はやや湿気があったので、雪桜満開の樹木になりました。

b0173754_14430586.jpg

龍雲も多く発生し、幻日の虹も見かけたり、空から色々なギフトがやってきます。

b0173754_14425223.jpg

       郊外もゴージャスな雪景色でした。

b0173754_14431182.jpg

凍りついたハドソン川を渡るフェリーがスタックしてしまい、大型フェリーに牽引される
シーン。こんなこと珍しいです。


b0173754_15075303.jpg


056.gif SF編のつづき・・・

*1/18
SF在住のKeizoさんとSF市内Nob Hillの丘の上にあるグレーズ大聖堂へ行きました。
ここは2度目の訪問になりますが、全米で3番目に大きい教会だそうです。

b0173754_15005582.jpg

1849年のゴールドラッシュの時代に建設されましたが、1906年のSF大地震で火災となり、
1964年に再建築されたものだそう。モデルはパリのノートルダム寺院ですね。

b0173754_15010585.jpg

天井から吊り下げられているカラフルなリボンが、綺麗でした。

b0173754_15014024.jpg

丁度、結婚式が行われていまして、神父さんからの誓いの言葉を聞いていました。

b0173754_15083992.jpg
神聖であり、壮麗であり・・・このグレース大聖堂もパワースポットでもあります。

b0173754_15042216.jpg

夕暮れ時のSFも美しく・・・丘の上から見下ろす山の景色に見惚れます。

Keizoさんともここでお別れ。有難うございました!

b0173754_15045024.jpg

SF市内の建造物も豪華で立派なものが多いですね。

b0173754_15160154.jpg

  坂の多いSF市内を走るケーブルカーのレール。

b0173754_15051335.jpg

夕日が反射して黄金に輝くビル。SF名物ケーブルカーと共に・・・

b0173754_15052542.jpg

夜は、久しぶりにKevinとTamaoさんと再会し、チャイナタウンでディナー。
今年は結婚20周年ということで、おめでとうございます!ず~とラブラブなんです。016.gif

b0173754_15055566.jpg
Tamaoさんとは、NYでの元同僚の仲。

b0173754_15060097.jpg

ユニオンSq.隣のThe Westin Hotelでの、日系企業の新年会へも顔出しました。
奄美大島出身の歌手、元ちとせさんがゲストとして来米し、コンサートがありました。

b0173754_15063418.jpg

  次回は、ソノマのワイナリーと、ナパのグルメとカリストガ温泉へとつづきます。029.gif




056.gif 日本編のつづき・・・・

猿田彦神社・二見浦・外宮とつづき、今回は倭姫宮(やまとひめみや)神社参拝です。

b0173754_15365590.jpg
内宮と外宮を結ぶおよそ5kmの美しい並木道路、松の丘に倉田山と呼ばれている場所にあり、
倭姫命は、第11代垂仁天皇の皇女。第10代崇神(すじん)天皇の皇女豊鍬入姫命(とよすきいり
ひめのみこと)の後を継いで「御杖代(みつえしろ)」として皇大御神(すめおおみかみ)に奉仕され、
皇大御神を戴いて大和国をお発ちになり、伊賀・近江・美濃等の諸国を経て伊勢の国に入られ、
現在の地に皇大神宮をご創建されました。
大正10年1月4日、皇大神宮別宮として当宮のご創立が許可され、同12年11月5日にご鎮座祭が
執り行われたそうです。

境内まで、森の中をしばらく歩いていきます。
女性グループが、私たち同様に太陽の写真を撮っていました。

b0173754_15394976.jpg


倭姫宮(やまとひめみや)神社内、どこを撮影しても、神々しい光が写ります。

b0173754_15420260.jpg
       

           下方に鏡のような光。

b0173754_15420865.jpg

後で知ったのですが、倭姫宮神社も実は十字架と深い関係があるそうで、
私の右後方に十字架の光が見えています。

b0173754_15421550.jpg


力強いエネルギーが注がれているようで、ここもパワースポットですね。

b0173754_15441112.jpg

     何気に草木にも光が射し込んで、神聖な雰囲気ですね。

b0173754_15441715.jpg


                   次回は、内宮へとつづきます。029.gif


*1/26、
NYのNPO法人Japan Societyにて、日本のお正月イベントでのボランティアをしました。

友人のK子さん所属教育プログラムの一環で、K子さんの司会にて、日米の高校生による
ボランティア活動も組み込まれたイベントです。

b0173754_15563431.jpg

「お正月イベント」は、獅子舞からスタートし、その他、和太鼓、お餅つき、書初め、
独楽回し、福笑い、瓢箪・作り、など数々のお正月ゲームが楽しめます。

b0173754_15564865.jpg

         和太鼓のリハーサル風景。

b0173754_15565730.jpg


         凧作りコーナー

b0173754_15572952.jpg

       慶応高校の女子高生も楽しそうな書初めコーナー。従妹に似ている。

b0173754_15573667.jpg

       私は餅つきチームへ。中央にオーブも来ていました。

b0173754_15570697.jpg

子供たちも餅つき体験。「よいしょ!」

b0173754_15571418.jpg

Crossings TV取材も入り、この日の来場者は約360名でした。

    最後に、高校生ボランティアとスタッフの記念撮影。お疲れさまでした!049.gif

b0173754_15575036.jpg

     高校生とのコミュニケーションも新鮮で嬉しかったです。


SF&NY編と日本編と重なってしまい、盛り沢山になってすみませんです!074.gif 




[PR]
by yukistar88 | 2014-02-08 16:08 | 世界の旅 | Comments(0)

⑨.伊勢神宮の外宮参拝&SFのグルメスポットFerry Bldg.

*1/28には、マンハッタンを包み込むような大きな日暈が出ていました。

1/31に旧正月も明け、2/3の節分、2/4の春分と、暦の上では春の訪れなる2月ですね。


b0173754_12244856.jpg


*1/22には、このような上昇雲も見えました。

b0173754_14042504.jpg

1/27には、斑目夕焼け空といいましょうか、とても珍しかったです。
まるでメラメラと火が燃えているかのよう。

b0173754_14054488.jpg



************056.gif日本の旅の続き(伊勢神宮参拝)************

 
20年に一度の式年遷宮に伴い、15年ぶりに伊勢神宮参拝を致しましたが、
事前に伊勢神宮ついて、岐阜にお住まいの巫女のようなT子さんより情報を伺っておりました。

b0173754_14585028.jpg
『いせいいなりの神』(生命が生まれるしくみ)を祀ったもので、本来伊勢神宮はこのしくみに
感謝をする場所として造られました。
そして外宮にはアマテル派(初代天皇のアマテルに賛同し、平和な国作りを行おうとした人々)
御霊が集められています。武力で政権を得た神武天皇の配下の人々を神武派と呼んでいます。
 
倭姫(やまとひめ)は、実はアマテル派の御霊を集める為に、みつえしろとして各地をまわりました。
        つづきはこちらへ↓

*伊勢神宮の真実:  http://www.kirisuto123.com/entry1.html
*伊勢神宮と原始キリストの関係 : http://yukistar88.exblog.jp/17441444/

猿田彦神社と二見興玉神社参拝、そして二見浦の夫婦岩の次は、いよいよ外宮へ。
同行のAYAさんが、交通手段や順路なども細かくリサーチしてくださったお陰で、スムースに
巡ることができました。有難うございました!
AYAさんとは偶然ではないのでしょうが、二人して色違いではありますが、同じユニクロの
ダウンジャケットを着用していました。互いに定期的に日米を行き来したり、旅ガールとして、
いつも同時期に動かされているシンクロのご縁があります。

*12/2/2013

二見浦の岩戸館での朝食は、この宿ならではの豆乳花がサーブされます。
5種の薬味をいれていただく粥でして、胃に優しいお味です。


b0173754_13563290.jpg


列車で伊勢市まで行き、外宮へと参ります。別宮に向う道の脇に、「川原大祓」があります。
式年遷宮の時、お祓いをする場所で、この石に手をかざすと温もりを感じるスポットだそうです。

                      御正宮前にある三ツ石

b0173754_13564082.jpg


こちらが旧御正宮、神様のいない抜け殻のようなご様子に。


b0173754_13564892.jpg


そして新しく移動された御正宮へと進みます。
正式参拝される方は、中の玉砂利の部分で参拝されていました。

b0173754_13565622.jpg


外宮の第一の別宮が「多賀宮」で、100段の石段を昇ります。

b0173754_14434918.jpg

  こちらが「多賀宮」、皆さんの動きが気になります。

b0173754_13585384.jpg
伊勢神宮の神力はここにあるともいわれる程の要スポットともいわれています。

b0173754_12460192.jpg


AYAさんに連れられて向った土宮と風宮の間を通る森林の中にあるスポット。

b0173754_13592422.jpg


この周りが一番エネルギーを感じました。霊気なる風も吹いています。

b0173754_13593175.jpg

この森林と池の間で撮影しますと・・・神々しいエネルギーが太陽の光を通して写りました。

b0173754_15494208.jpg
           池に反射する光さえも神々しいです。

b0173754_13584566.jpg


次は、倭姫宮(やまとひめのみや)神社とつづきます。



************056.gifSF編 ***********


*1/18/2014


この日は、バートでSF市内へ移動し、以前NY在住だったヒポノセラピストのKeizoさんと
ダウンタウンに近いFerry Bldg.で会いました。

b0173754_15350968.jpg

b0173754_13594810.jpg

サンフランシスコベイエリア発・オーガニックや地元産の食材のみを利用することに
拘りグルメのお店ばかりを集めた食のエンターテイメント施設がフェリービルディング。
SAFのランドマークとして有名な歴史あるフェリービルティング内をフードマーケットとして
リノベーションし、現在約40-50の専門店が入っている。フェリーの発着ターミナル
として、ここからアルカトラズ島や対岸のサウサリートへのフェリーが出ている
b0173754_15122331.jpg

週末だったので、新鮮な野菜やフルーツなどのMkt.が出ていました。

b0173754_15095266.jpg
           かわいいトートバッグたち

b0173754_15120109.jpg

Keizoさんは、1月上旬NYに来ていて、CRSでもお会いしたので2週間ぶりの再会でした。

b0173754_23275904.jpg

           SFのパワースポット、St. Grace Cathedral Church へとつづく。


[PR]
by yukistar88 | 2014-02-03 15:46 | 世界の旅 | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧