<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

⑤.高野山の桜池院と天然温泉「ゆの里」&火山噴火とガイヤメッセージ

*9/27に、木曽の御嶽山が噴火しましたが、日本では、その1週間前に
NHKスペシャルの番組で「巨大災害」というタイトルで、日本や世界の
火山、過去未来の噴火情報などを紹介したばかりでしたが、私も火山に
関して、2年前の日記で紹介していたので、今一度、読み返してみました。

また、9月始めにエトナ山が噴火する夢を見ていました。

055.gif火山に関する2012年の日記:http://yukistar88.exblog.jp/17581738/


         ↑から抜粋:

072.gif銀河系の中心となる太陽、その太陽の黒点数の変化周期は約11年
ごとにあり、今その進化なる時期を迎えているのだと思いますが、
強い太陽フレアが発生することで、強い磁場、高密度のプラズマを
伴った太陽風が磁気圏に衝突し、強い電気エネルギーが磁気圏内に
生成され、それが原因となって地上や地殻に影響し、地震や火山噴火が
発生しています。
火山が活発な理由の実態としては、磁極が東へ8倍の速度で移動し始め
地球の内部のマグマが動き出し、断層プレートが動き始めたといわれて
いますが、やはりこれを乗り越え、各プレートを完全に接続し、地震など
ない「新生地球」を創るためへと信じています。

地球も生きている、活発なプレートの移動や噴火は人間を基本に考えて
しまうと、厄介なことではありますが、その地上で生活している私たちも
動物も植物も大いなる恩恵を受けているので、生かされていると思えば、
やはり感謝の気持ちを持って日々過ごしたく思います。







地震や噴火のメカニズムに欠かせないものが、”水”であることが最近の
研究結果で解ったそうなので、水への祈りも欠かせないわけです。

下段に、ガイヤメッセージを添付しましたので、興味ある方はどうぞ!



最近、特に気になっているイエローストーン国立公園、

この情報は、こちらからどうぞ!↓


http://matome.naver.jp/odai/2134670026147204801



b0173754_14082441.jpg



そして、2013年11/20の海底噴火によって、日本の小笠原諸島

近海に誕生した西之島の噴火も依然続いています。


*西之島噴火に関するリンク:

http://imagic.qee.jp/sima2/tokyo/nishinoshima.html




b0173754_14085874.jpg
   


*メキシコ、ソノラ州では地面に亀裂など、各地の自然現象。







http://www.yukawanet.com/archives/4732991.htmlhttp://www.yukawanet.com/archives/4732991.html







    *********056.gif 日本の旅の続き   **********



*8/17、お盆休み中、高野山3日目の朝、宿坊桜池院の窓から空を見上がると、

   神々しく黄金色に輝いている雲が見えました!



b0173754_14133134.jpg



早朝、爽やかな空気が漂う高野山!


前日の普賢院での朝勤行に続き、桜池院の6時半からの朝勤行にも出席します。



b0173754_14133866.jpg


桜池院には、英語の通訳できるお坊さんがいらっしゃるせいか、

宿泊者の7割は、特にヨーロッパからの外国人でした。


朝勤行では、僧侶らがお経を上げている間、一人一人ご焼香しますが、

まずは日本人が手本となるようにということで、私からスタート。


笑うことは御法度な場面ではありますが、外国人のほとんどは初めての

焼香体験ですから、日本人の見様見真似であって、それぞれ個性的な

振る舞い、中にはユニークな方もいたりして、笑いをこらえるシーンも

ありました。そんな光景も微笑ましく、高野山も今や国際交流の場となり、

また、仏教の郷に従う外国人に感心した次第です。


長老の僧侶の説教がやや長引き、若い僧侶の通訳もご苦労様でした。



夕食時の様子。襖が開いていたので、廊下から覗いてしまいました。

精進料理のお味は、いかがかな?




b0173754_11320780.jpg



桜池院の庭には、高野くんがニッコリ。


b0173754_14140196.jpg



高野山を後にするのは、どこか寂しくもあり、定期的に通いたくなります

昔懐かしいお寺の鐘の響きが、とても印象的で癒されました。


1回だけ金剛峯寺の庭園で聴いた鐘の音をひろえましたので、どうぞ!


060.gif金剛峯寺で聴いた高野山に響く鐘の音








再び極楽橋からケーブルカーに乗ります。風鈴がたくさん!




b0173754_11152459.jpg



この頃、大雨が降り出してきました。



b0173754_14155337.jpg




b0173754_14162017.jpg



車窓から見えた川は、とても美しかったです。



b0173754_11244055.jpg



「はしもと」で下車し、天然温泉で有名な「ゆの里」 へ寄ることにしました。




b0173754_14171289.jpg



ここは、田んぼの中の温泉施設ですが、高野山麓特有の「金水」「銀水」「銅水」と

呼ばれる3つの役割の異なったお水が湧き出ています。

”月のしずく”という湧き水を汲みに来る方や湯治に来られる方もたくさんいます。



b0173754_14171735.jpg



特に、館内2階にある休憩室の片隅の気がとてもよかったです。



b0173754_14172248.jpg



はしもと駅で見かけたチョビ髭柄の猫ちゃん。



b0173754_11283826.jpg



高野山を後に、大阪の難波駅近くのホテルで懐かしい面々と再会。

元NY在住の女子お茶会となりました。奈良や兵庫に住む友人たちです。



b0173754_11352370.jpg




ここで解散となり、私は広島へ向かい、数日間親戚宅にて、

畑ガールをしたりして過ごしました。



b0173754_11394064.jpg



毬栗もたくさん実っていました。



b0173754_11395365.jpg




8/19は、宮島へ泊まりましたが、その夜中、広島市を中心にゲリラ豪雨があり、

土砂災害が発生、初めて雨に恐怖を感じた経験をしました。



           ⑥.ゲリラ雨と雷雨の広島、宮島の弥山山頂へつづく



************************



072.gifここからはガイヤのメッセージです。

時間が早く過ぎているように感じませんか。

私たちは誰しも死に向っているわけで、それは避けられ

ない事実であり、そんな期限ある人生だからこそ、

今を大切に、今できることからしていきます。


近年、自然災害が活発になりつつありますが、地下プレートが

年々移動し、地震や地下マグマが活発化したりと、地球も生きている、

活性された惑星に生かされている私たちが存在しています。

やがて来るともいわれるプレートの動きがなくなった時は、

人類が住めない環境になるともいわれますが、ガイヤの進化と

共に、私たちのマインドも進化していく、進化というより

”覚醒”という方が適正でしょうか。


私も体調の変化が著しく、地球の変化なるエネルギーを受け

取っているようで、このメッセージを読んでしっくりきました。


興味ある方は、下記をどうぞお読みください。


(9月末のゴルフ場で撮影した秋の景色と太陽光の写真と共に送ります。)



b0173754_12002661.jpg




転載元:zeraniumのブログさんより:

http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/

これから更に強化される「コントロールマトリックス」


自分が変われば周りが変わります。
それはその人の意識が変わったことで周りに放つエネルギーが
変化し、

そのエネルギーに対する周りの人々の反応が変わるからです。

現在、地球を取り巻くエネルギーに大きな変化が生じています。

それで多くの人々が、人類が大きな分岐点に立たされていることに

気づいています。




b0173754_11583434.jpg


たとえば2000年前後から太陽が本質的に変わり始め、地球に降り

注いでくる太陽光線は大きく変化しましたが、ごく最近までほとんどの

人々はその変化に気づきませんでした。しかし太陽光線が非常に鋭さを

増した2013年、今まで気づかなかった人も太陽の異常な眩しさや、

光線の強さを感じるようになりました。それでも太陽はいつもと同じだ

と思っている人もいます。太陽の光の変化は太陽の次元上昇によるもの

ですが、同じ太陽を見てもその変化に気づく人と気づかない人がいます。



 それは意識によるもので、明らかな現象が存在してもそれをキャッチ

するかしないかはその人の意識によります。太陽の変化は太陽系全体の

エネルギーを高め、次元上昇(アセンション)へとシフトさせるための

現象の1つです。しかし地球に降り注ぐエネルギーが変化しているのに、

地球世界での従来の動きに基いた人類社会では、それを認識する

ための意識の変化が全体的に起きてはいません。




b0173754_11584688.jpg



次元上昇(アセンション)とは、今の時代に計画された神聖なプロジェクトであり、

地球や人類や個人がより高い段階へと向かうための調整のプロセスのことです。

その計画の実現に向けて、銀河系全体で宇宙エネルギーが増大しています。

地球は1987年のハーモニックコンバージェンス(惑星直列)において次元上昇に

向けて大きく舵を切り、1995年以降、フォトンエネルギーの活性化とともに地球の

次元上昇のプロセスが始りました。



 そして現在、地球にはタキオン、グラビトン、ポジトロン、クオークなど

素粒子レベルの宇宙エネルギーや、太陽を中継としながらフォトンエネルギーが

大量に地球に降り注いでいます。そして地球のNS極の移動も2000年頃から

本格的に始まり、2012年に入り太陽のNS極の物理的大変化も報告されています。

 太陽の地軸の変化に伴い、世界中でゲリラ豪雨や大洪水、ハリケーンや

台風の大型化、地震や火山活動の活性化、海底の隆起や昔の陸地の出現、

深海や潮流の異変、竜巻、突風、気温や天候の激変、四季の消滅、湖や

川の枯渇、動植物の生態系の変化など、数々の現象が起こっています。

そして日本を含む地球のさまざまなところで、地殻変動の兆候が見られ、

そうした観測データが報告されています。




b0173754_09290158.jpg




しかしこれらはすべて、エネルギーの変容によってもたらされる物理的

側面の変化のプロセスです。では一方で、人はどうでしょうか? 

私たちは長年ヒーリングの世界と関わっていますが、それを通してわかることは、

人々の意識や行動の変化だけでなく、特に最近異常に眠いとか、だるい、

動悸、疲労感、めまい、関節や筋肉の痛み、などの症状を訴える人が

増加しているのを感じています。


それはフォトンを中心とする、エネルギーによる変化が始っているからです。

 太陽を経由して降り注ぐフォトンエネルギーは、頭頂から眉間を通って

各チャクラへ、そして自律神経である交感、副交感神経へと直接浸透して

いきます。多くの人がこの周波数の高いエネルギーを吸収しながら、しかし

このエネルギーの変化に準備ができていないために、さまざまなリアクションを

起こしているようです。この新たなエネルギーに順応していくためには、

意識レベルでの受け入れ準備が必要なのです。





b0173754_09293064.jpg





 一方でこの地球に降り注ぐエネルギーの影響で、これまでのように

お金や物、経済中心に生きれば生きるほどに虚しさに圧倒され、自分の

在りかた、生き方を模索する人々も増えています。しかし、そうした内から

湧き上がってくる衝動に対してどうしてよいかわからず、現実の社会に

失望している人々も多いのです。自分を変えたいのに何をどう変えたら

いいのかわからない、変化しているというが何が変化しているのかわから

ない、今の社会の何が正しくて何が間違っているのかわからないと言います。


 またしばらく前からインディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、ダイヤ

モンドチルドレンなどという言葉が聞かれるようになりましたが、うちの子は

よその子と比べると変わっていてどうしたら良いのか、という質問もよく耳に

します。そのように時代は確実に変化し始めているのですが、未だ社会に

その変化を受け入れる意識の準備ができていないのも事実です。






b0173754_09302347.jpg



そうした中、5年ほど前から、「聖白色同胞団」を中心としたマスターと

呼ばれる光の存在たちが現れるようになり、私たちのそうした内なる心の

叫びに応えるかのように、次元上昇(アセンション)へ向かう準備のための

メッセージを伝えてくれるようになりました。当然、このメッセージは私たち

個人のためだけではなく、それを望んでいるすべての人々に向けられたものです。





b0173754_11591013.jpg




これからコントロールマトリックスが強められる

   アセンションとか2012年とか言っていたけど、何も変わっていない

じゃないかと思っている人も少なくないでしょう。しかし個人にとっての次元

上昇(アセンション)とは、実は外で起きる現象のことではなくて、各人の

中で始るものです。つまり、自らの意識だけでなく、肉体やメンタル、感情

などの霊的レベルを、更に高いレベルへと変化させていくことであり、

それは自分が放つエネルギーの周波数を上げることを意味しています。

自分のエネルギーを変化させることは、決して容易なことではないのです。

 そしてここに1つ、11人に対する大きな挑戦があります。
 それはこれまでの地球世界を支配してきた闇の力が存在しますが、

これから更に強化されようとしているコントロールマトリックス(経済・教育

などあらゆるシステムを通して、人類の意識や感情、心理を操作し、

従属させていくこと)からいかに脱け出し、自由に考え、感じ、自由に創造し、

自由に生きることを手に入れることができるかということです。



b0173754_11585528.jpg



実は地球は、天の川銀河系の中でも、ネガティブ性が90%と最も高くて、

二元性のもっとも高い惑星の1つだと言われています。地球には長い時間を

かけて作られた既存の社会制度や常識や、その中に縛られている大衆意識に

人々を閉じ込めておこうとするコントロールの力が働いています。そのような

コントロールマトリックスに縛られていれば、当然、霊的自由を得ることはでき

ないし、新しい段階へシフトすることはできません。

 次元上昇(アセンション)は頭で考えることではありません。
次元上昇とはエネルギーであり、波動であり、周波数です。つまり論理的

思考では次元上昇を理解することはできないだけでなく、それは私たちが

今いる3次元世界を超えて存在する次元へのシフトなのです。次元上昇とは

感じることであり、未知なる状態に対して意識を開くことです。




b0173754_11592915.jpg




現実社会に生きながら次元上昇(アセンション)に向かって進むためには、

アセンションをファンタジックに捉えることではなく、物の見方や生き方や意識を

変えて地球の変化を理解し、それについて行くことが必要になります。

この本は、人類の次元上昇を助けようとしている光のマスターたちからの

助言集ですが、11つの助言の中には現実を読み解くたくさんの真実や

鍵が集約されています。意識の変化の第一歩は、意識の更に向こう側、

つまり目に見える世界の後ろにある真実に触れることから始ります。

                                        



b0173754_12004598.jpg

                         

  聖白色同胞団(ホワイトブラザーフッド)


地球を助けてきた地球の神々や、光の存在の多くは聖白色同胞団に

属しています。それには銀河宇宙の大聖白色同胞団と、地球の

聖白色同胞団があり、地球や太陽系、銀河宇宙のバランスと

進化を助けている、もっとも重要な役割を果たしている大きな光の

グループの1つです。


 彼らは現在、地球のアセンションプログラムに従い、他の次元で

働く銀河ヒエラルキーや内部地球に存在する数々のエーテルシティ、

光の存在たちと協調しながら使命を遂行しています。人類に対しては、

人々のネガティブエネルギーなどの浄化や、さまざまなコントロール

マトリックスから人々の魂や意識を解放して癒し、進化のプロセスを

促すために動いています。誰にでもガイドである守護霊や指導霊が

いますが、人々の意識が開いてこのような高次元からの働きを受容

できるように導いています。

 ホワイトブラザーフッドは、内部地球のシャンバラに存在しており、

その中心と言われるアガルタシティは、地球内部の太陽が存在する

地球の中心にあり、6次元から8次元空間に存在しています。

しかし最近、聖白色同胞団の中心は内部地球の多次元空間にある、

アマゾンの144光線の宮殿に移りました。その形成時から、太陽系の

守護を行なってきた銀河のコマンドであるアシュター・シェランの、

地球における基地も現在144光線の宮殿にあり、地球のアセンションに

むけてブラザーフッドと協力しています。
          A・ジョルジェ・CR




b0173754_11590377.jpg



メッセージ――啓示が意味するもの

 
メッセージ、すなわち啓示とは何のためにあるのでしょうか。
それはメッセージを聞いたり読んだりする人の意識を開くためです。

啓示はエネルギーです。ですからあなた方は、啓示を通してエネルギーを

受け取ります。そのエネルギーは言葉で表現された神の叡智です。

エネルギーは言葉や音という形を通して伝えられます。

 エネルギーは頭へ、頭の論理的部分へ、そして精妙なエネルギー

フィールド、潜在意識、無意識の世界へと浸透していきます。

ですからあなた方が真剣に啓示や教えを聞いたり読んだりすることには

大きな意味があるのです。言葉という形で伝えられるエネルギーに

心を開こうという気持ちがあるならば、たとえ言葉で理解できなくても、

エネルギーという形であなたの心や霊が理解するでしょう。

努力に従い、少しずつ啓示の中身が理解できるようになるでしょう。


                  ――聖白色同胞団より



    ホワイトブラザーフッド[聖白色同胞団]より緊急メール
 『悟って もっとアセンション』 A・ジョルジェ・CR 著  ヒカルランド


                           抜粋



なぜ私がサウンドヒーリングに導かれたのかが、今、分かった気が

しました。音によって周波数を上げるお手伝いもあるのですね。


自然との触れ合いも大切にしながら、一日一日を有意義に過ごされますよう・・・029.gif




b0173754_11594996.jpg





[PR]
by yukistar88 | 2014-09-30 12:16 | 世界の旅 | Comments(4)

④.天空の都 高野山の奥之院と龍神温泉&小人とフォトンベルト


高野山で見かけた蓮の花です。
お釈迦さまの台座として使われている蓮の花。
なぜ蓮の花なのか?というと、泥水が濃ければ濃いほど、
蓮の花は大輪の花を咲かせるそうです。
泥水とは人生におきかえれば、辛い、悲しいなど大変なこと。
泥水ではなく、真水に近いようなきれいな水である場合、
蓮の花は本当に小さな花しか咲かないそうです。
大輪の花を咲かせるためには、汚い泥水が必要で、
泥水の中からしか立ち上がってこないとのこと。

蓮の花とは、まさに人生の中で花を咲かせること、
そして、その花の中に実があるのが 「悟り」 であって、
辛く悲しい思いがなければ、人間は悟ることがないのだ。
ということをお釈迦さまは教えたかったのだそうです。

b0173754_10554457.jpg


070.gif日本の旅の続きの前に、1つ紹介したいトピがあります。

私たちが肉眼で見えているものは、この世に存在するものの10%で、
他90%は、肉眼では見えないということで、目に見えない世界とは、
どんな世界なのでしょう。

妖精や天使、そして小人もいるようで、幼児や動物などピュアな
生き物には、それが見えるようです。

近所の8歳の男の子も見えたそうで、私に話してくれました。
キッチンに現れたおじさんスポーツ系男子の小人を。
その姿をイラストに書いてくれましたが、タータンチェック柄
スーツにキャップをかぶって、髭の生えたオジさんだったようです。


映像に小人が映っていますが、本物でしょうか。
小人の映像:






   ************056.gif 日本の旅のつづき **************


*8/16
夜は静寂に包まれ、早寝の高野山。

前夜、同行のTちゃんと、互いに弘法大師のスピリットに意識を
向けてメッセージを降ろしてみます。

「貴方には、真実を知っていただきたい。」という言葉が浮かんできて、
それは一体どういうことなのか?

弘法大師という人物像は雲の上の人というイメージがありますが、
実は気さくで人間味ある・・といのも変ですが、そんな感覚が来ました。

高野山巡りをすればわかることなのかな?と思いつつ・・・・
和歌山に住む神事に詳しい方が、事前に高野山を巡るにあたりアドバイスくださり、
そしてこの日の電話にて、自然と空海の秘話などを聞かされ、空海に対しては
スペシャルな存在とみることなく・・・本当に繋がっていることを実感しました。
詳しいことは下記に。



         壇上伽藍内にある高野山を代表する根本大塔

b0173754_01223289.jpg

こちらの年期がある塔の方に、惹かれました。

b0173754_01224322.jpg


外国人ツーリストも多いです。

b0173754_01222030.jpg


美しく並ぶ灯籠にも惹かれます。


b0173754_01225204.jpg


そして、いよいよ奥之院へ。
参道入り口から「弘法大師の御廟」まで、約2kmの道のりを歩きます。
その両側には、20万基を越える墓碑が並んでいます。


b0173754_01241698.jpg


          奥之院入り口で記念撮影!


b0173754_01244501.jpg


観音菩薩像が、スラリと聳え立っている。



b0173754_01235154.jpg


b0173754_12532493.jpg

普段撮影することないお墓の写真を撮っていいものか・・・と迷いつつ。
重く感じられたら、ごめんなさい。珍しくあり、美しくもあり・・。


b0173754_12534081.jpg


御地蔵さまも見かけます。


b0173754_01255250.jpg

この辺りはかなり古く、苔が物語っていますね。

b0173754_01260046.jpg

こちらは、豊臣家墓所

b0173754_01260628.jpg


こちらは、織田信長の墓所。重なる石は崩れないものか。


b0173754_01261274.jpg



b0173754_01261729.jpg

b0173754_12345964.jpg

この奥に、「弘法大師の御廟」があります。
行者さんたちが、般若心経を熱心に唱えていました。
ここで瞑想しながら、空海のスピリットへアクセスしてみます。


b0173754_12345020.jpg

空海のことを書いたいくつかのブログにも公開されていますが、
空海のあるお話とは・・・微笑ましく思います。



「空海と真井御前」:http://blog.hanahinomiya.com/4978

関連リンクから一部抜粋:

「真井御前は弘法大師を甲山に迎えて、17日間の如意輪の秘法を修した。」

。。。。。http://ameblo.jp/the-art-of-living/entry-10421148666.html

六甲山系の東にある甲山。ここに「神呪(かんのう)寺 」というのがあるが、
日ユ同祖ではよーく出てくる元伊勢の一宮籠神社 の神官海部氏の娘で、
幼名は厳子(いずこ)といい、10歳のときに京へ出て、頂法寺六角堂 に
入り、本尊の如意輪観音に帰依して修行に励んでいる時に空海に出会ったと。

そして、20歳のときに、淳和天皇の第4妃として迎えられ、真井御前と
呼ばれるようになったそう。

海人系・空海と丹後の姫真名井御前宿命の愛

  記事の作者は古代史研究家の月海千峰氏である。なんと事もあろ
  うに、あの甲山(かぶとやま)の神呪寺(かんのうじ)の開基、真井御
  前厳子が空海と「愛人関係であったと言われています」と書かれていた。
 
  それによると、空海は京都の頂法寺六角堂で修行中の厳子と最初に出会った。
  年令は29も離れてはいたが、空海は由緒のある海部家の姫厳子を敬愛し、
  厳子も有名な空海に関心と尊敬をいだき、お互いに惹かれあっていった。
  そして遂に丹後元伊勢に伝わる「潮満の玉」を厳子は空海に預けた。
  
  やがて、淳和帝の妃として宮中に入った厳子を6年後、甲山に
  逃がしたのは空海であった。その後の再三の淳和帝から厳子に
  対する呼び戻しの要請を避けるために、空海は厳子に破格の
  阿闍梨灌頂(あじゃりかんじょう)を授けて仏門のもとに保護した。
  そして空海は厳子をモデルに如意輪観音像を彫る。それはまるで
  燃えあがる愛情のすべてをその像の中に凝縮させて厳子に捧げ
  尽くしたようだった。その四年後、空海は62才の3月20日入定する。
  その1日前、厳子は高野山に向かって合掌し、如意輪真言を唱え
  ながら息絶える。33才の短い命であった。
  「空海を思慕する覚悟の自殺、あるいは厳子の死を追って空海が
  入定したのか? 共に生きられなかった2人は、共に死ぬことで愛を
  完結したようです」とこの記事は結ばれている。

兵庫の神呪寺のお堂の建立には、わずか33日でりっぱなお堂が完成し、
また空海が彫刻に着手し完成させたのも33日目。そして、如意尼が
高野山に向かって如意輪呪を誦しながら合掌して世を去ったのも33歳。


そう、「33」という数字がキーですね。そして、空海は立派な方とはいえ、
特別視せず、後世へ必要な伝授と功績を残されたことに感謝の気持ちを
送りたく思います。


b0173754_01262346.jpg


各企業のお墓も競うように並んでいるのですが、これらの墓石が
私には、企業広告に見えてきてならなかったです。たとえば・・・↓


b0173754_01262826.jpg


高野山から東へ車で約30分のところにある奈良の立里荒神社へ。

立里荒神の御祭神は、火産霊神(ほむすびのかみ)・誉田別命。
縁起では、弘法大師が高野山を開くにあたって、伽藍繁昌密教守護のため、
板に三宝荒神を描いて古荒神の地に祀ると共に、壇上の鬼門にも荒神を
勧請して高野山の大伽藍が成ったといわれている。以来、高野山と結ぶ
神仏習合の宮として、明治初年まで宝積院と称し、高野山地蔵院末
そして鐘楼堂も備えていた。明治の廃仏毀釈で宝積院を廃し、仏体などを
池津川へ移して単に荒神社と称して、現在の形となりました。


山上にあり眺めが良く、和歌山の連山を望む


b0173754_01272054.jpg

b0173754_01272779.jpg


いくつの鳥居をくぐり、何段の階段を昇ったでしょうか。

京都の伏見稲荷大社の鳥居を思い出します。


b0173754_01273701.jpg

お年寄りもこの階段を昇っていました。

b0173754_01274378.jpg


こちらにクリスタルを置かせていただきました。



b0173754_01274866.jpg


自然界へも敬意示し、樹木を切らずの荒神社は、空海が通った要スポットです。



b0173754_01275368.jpg


b0173754_01292268.jpg


高野山から約50km、山々を越え和歌山の日本三美人の湯「龍神温泉」へ。
龍神温泉の由来は、弘法大師空海が龍神に導かれて発見した由緒ある霊泉で、
日高川沿いに位置する温泉郷。島根県の湯の川温泉、群馬県の川中温泉と並ぶ、
日本三美人の湯として有名。元湯は源泉掛け流し、泉質は、ナトリウム炭酸水素
塩泉(重曹泉)で、肌がツルツルに




b0173754_01315187.jpg


b0173754_12320081.jpg



龍神村のパワースポット「皆瀬神社」を参拝します。


b0173754_01313491.jpg


他に特は道の駅があるくらいでしたが、念願の龍神温泉に来られて嬉しかったです。

b0173754_10071326.jpg
b0173754_01314039.jpg


行き帰り共、山越えの時は大雨で、携帯電話の電波も入らずひたすら山道。

ここまでの雲海は、滅多にない光景のようです。


b0173754_01333480.jpg


次は、丹生都比売神社へ。午後7時過ぎていました。
和歌山の丹生都比売神社は、全国の丹生神社の総本山で、修行僧は高野山に
入る前と後に参拝する女性エネルギー的なスポットと云われています。



b0173754_01322525.jpg

高野山とは違い、優しいエネルギーに包まれていました。


b0173754_01323908.jpg


橋の上からの景色。日が落ちてかなり暗くなってしまい・・・


b0173754_01335487.jpg


朱色の橋も美しく、自然と巫女のような振る舞いになっていました。


b0173754_01325827.jpg


雨の長い一日でした。宿坊に着いたのは午後9時。
2日目の夜は、桜池院に泊まります。014.gif

夕飯はお部屋にて、なんとコンビニで買ったおにぎりとお惣菜で乾杯。


    ➄.宿坊 桜池院と和歌山の天然温泉「ゆの里」へつづく



     **********************************


072.gif9/23、秋分の日から10月にかけてのエネルギーに関してです。

先日、NYでも地球温暖化防止のための大規模デモがありました。

今、ここで、地球環境への意識を再び高めるべく時期に来ているでしょう。

方や戦争やテロ事件、自然災害の恐怖を煽るニュースも見せられますが、

どちらを見ていきたいか・・・まずは自分にできることから始めます。

空もそんなエネルギーを感じているのか、ここ数日はゴージャスでした。

9/20-23にかけての空の写真と共に、以下のメッセージをどうぞ!



転載元:GFLサービスさんより

メタトロンチャネルからの抜粋・・・2014年9月20 日 秋分の日
.Excerpts from Metatron Channel
Earth-keeper.com
20 September 2014


9月22日の秋分

2014年9月 の秋分は今年の最も強力な太陽イベントであり、大きい強度を
示し、大きな試練をもたらし、強力な再定義の機会です。
今は8月以来猛威を振るっていた混乱か ら落ち着きを取り戻す完全な時です。

9月には4つの影響力があり、強力な逆行惑星があります。
これらは9/22の冥王星、11/16の海王星、11/23のカイロン、
11/23の天王星です。

また革命的な変容(天王星-冥王星の直角)、数年間に亘って影響が残る
明確なスピリチュアル覚醒(魚座の中 の海王星)が起きます。獅子座の
木星は拡張秋分(9/15~26)の週に始まって9/25に牡羊座の天王星と
三分の一対座を形成します。この強さは感情的な高まりを引き起こし、
付加的な解放を表面化させます。


b0173754_14361902.jpg


この秋分は瞑想の時、優先度を発見する時です。それは関係を試し、
練り直す強力なエネルギーの照合の中に埋め込まれています。

2つの完全な秋分とスーパー秋分との三重相の中で特に
起きようと
している事は人間の拡張した33チャクラシステムの適合化と利用、
つまり極性から無極性への 移行を可能にするコードであり、これが
しばらくの間続くでしょう。

これから先5週間に亘って強力な秋分、完全月食の満月及び新月の際の
完全日食が起きます。太陽は2014年9/22に天秤座の深紅の3つ星に入ります。

  9月の秋分 9/22

  水星の逆行開始 10/5~10/26

  満月の月食 10/8

  新月の完全日食 10/223

  混乱の霞の中での霊的明晰さの窓 10/8~10/23

  関係の練り直し 9/22、10/23


b0173754_14355737.jpg


天文学の正しい適用は、人間の心理的、感情的なマトリッ
クスの肉体と
エーテル体に物理的に及ぶ影響の重力波、電磁波になります。

新しい地球に於いては、光の解釈と同じように、結晶グリッドが磁気
グリッドよりも主要になります。そしてこのエネルギーコラー ジュの中へと
影響を及ぼす力があるとすれば、それは天の想念です。人間の集合的な
聖なる側面からの影響のパターンがあり、これは、結晶グリッドを通じて食、
秋分、夏至、冬至という相の中に形成される開口において地球プレーンの
中に注ぎ込まれる宇宙のマインドと言われます。

2つの異常な完全な食とスーパー秋分の3つ組と言う相の
中で特別に
起きることは人間の拡張した33のチャクラシステムの適合と利用を可能に
するコード、極性から非極性への移行であり、これは暫く続きます。
(転載終了)


お気づきですか?ここにもチャクラシステム・・・「33」が出てきました。
更に、33次元の話も出てきます。

先ほどの空海のお話の内容をもう一度転記します。

「兵庫の神呪寺のお堂の建立には、わずか33日でりっぱなお堂が完成し、
また空海が彫刻に着手し完成させたのも33日目。そして、如意尼が
高野山に向かって如意輪呪を誦しながら合掌して世を去ったのも33歳。」


3とは、三位一体を示しますが、神・聖霊・そして自身を指しますね。


b0173754_14354789.jpg

紫色のフォトンベルトに入る地球(9月22日光のフォトンベルトに入ります)
byメタトロンと33次元

作成日時 : 2014/09/20 19:24
画像


私たちは9月22日に光のフォトンベルトに入ります。その時に太陽系は新たな
調和に入っており、地球は次の段階に進んで行きます。それによって平和と
調和の時代に入って行きます。紫色のフォトンベルトが地球の新しい調和を
促進します。過去のポータルは「今」というポータルと結びつきます。

人間のエゴが新しい状態になります。皆さんのエゴはなくなりませんが、
考える際にエゴが前面に出てこないということです。だから違った目で
世界を見るようになるのです。

周りの変化を感じるようになり、確かに波動が変わったと思うでしょう。
エゴの力は中和されこれから到来するエネルギーで落ち着きます。
自分のエゴの力を緩めハイヤーセルフが取って代わるようになります。

なので、身体はエゴではなくハイヤーセルフの観点で機能して行きます。
皆さんはその地点から人生を見て、今後の方向性について見直し、
新しい道に合う周波数に調整して行きます。

モノへの執着、自分への拘りを捨てて人生を見ることが出来るように
なります。思い込んだ自分というものを一時的に忘れてハイヤーセルフの
いる天国にいて人生を見られるようになります。まるで苦しみのない
「臨死体験」をしているかのような状態を経験します。瞑想、あるいは
冬眠のような状態に入ると、人間のマインドは調和した状態になり、
文字通り魂が抜け出し自分の目的を知るとか修正したりとなります。

ガイドを身近に感じることもあります。ガイドの手助けで人生や過去の
経験を見直したり修正を加えたりするようになります。その時には
エーテルレベルで痛みを感じ古い思考パターンを捨てることが
出来ます。ガイドの存在に気づいたり、周りの気配を感じたりすると
すぐにそういうことが起こり、益々繋がりを意識するようになります。

そのような繋がりが生じて自分のしてきたことを振り返る時に、放出が
起こり手放すことが出来ます。その時、さようならと言った後、エゴに
落ち着きが生じてハイヤーセルフを認め始めます。皆さんが向かう
ニュー・エイジにはエゴの座席はありませんので、自分の考え方や
行動を注意深く観察して、日々、自分の状態を修正していきます。

気分や精神状態がいろいろ変わることに気づき、過去に繰り返して
いた考え方ではなく「今」に基づく考え方に変わって行きます。
だから、受け取る情報や気持ちに少し戸惑うこともあるでしょう。

しかし、それは新しい考え方の土台を作るプロセスです。今お話して
いることは、実際に皆さんのハイヤーセルフが決めたことなのです。
だから体はその時々の新しい精神状態に合わせて行きます。
まさにハイヤーセルフがそのように変わるように要求したのであり、
したがって皆さんは、今お話しているようなことを経験して行きます。

それは、皆さんの状態が物質的な固い世界から流れるような世界へ
と進む自然なプロセスです。体にも変化が起こります。身体はもっと
流動的でエーテル的になり、アセンションの回廊を更に進んで行きます。

アセンションは益々加速し、もう後戻りできない地点に達します。
もう固い世界に戻れなくなります。だから3次元にこれが最後という
さようならをする時には何かしら空虚感や喪失感を覚えることもあります。

一度に一夜で新しい状態に変わるのではありませんが、体は徐々に
そういう変化を受け入れ変わって行きます。
そういう風にして皆さんは、スペクトルの端から端を行き来きして両方の
周波数で動き続けます。ここで知っておいてほしいことは、自分の中の
状態と外で起こる変化をはっきり感じ取りますが、これまでそれに
上手く耐えられるように準備してきたということです。

すべては、既にこのメッセージを読んでいる人すべてによって定めら
れた聖なる青写真にしたがって進行しながら明らかになります。だから、
体の衝動や欲求によく注意して自分の精神状態に気をつけてください。
受け取る導きに十分注意してください。人生はもう以前と同じでは
ありません。光の灯台としての役割がこれまで以上に大きくなります。
皆さんはどんどん新しい現実や考え方、生き方をするようになります。

私たちはそばで皆さんを手助けして行きます。皆さんを無条件に
愛していることを知っておいてください。手を取り合って皆さんと
歩いて行きます。いつでも私たちを呼んでください。やって来ます。



b0173754_14353994.jpg


ガイヤ・アセンション2
(地球人の覚醒)フォトンベルト


地球の自転軸の向きは、26000年周期で回転しており、これは歳差運動といわれます。
また、古代マヤ人も26000年の暦を持っており、彼らが残したマヤのカレンダーは、
2012年12月21日が、この世界の最後の日になっています。フォトン・ベルトの
26000年周期と合わせて、驚くべき「シンクロニシティー(共時性)」です。

大気中の2酸化炭素の濃度が、毎年増え続けていることはよく知られていますが、
ハワイ島のマウナロア山の観測データの分析で、1998年は過去10年間の
平均増加率(1.4ppm)の2倍を超える著しい伸び(3ppm)を示したことが
明らかになりました。従来の地球温暖化のトレンドとも異なる、この記録的な
伸びの原因を科学者たちは説明できないでいます。一方、1997-1998年の
エル・ニーニョは、その強度と温度上昇の速度で、あらゆる予想を越えたもの
でした。1997年の6月から12月にかけて、東太平洋の赤道上の海水温は毎月
のように記録を更新しつづけ、平年より4度も高い28ー29℃に達しました。
そして、1998年の5月から6月にかけて、30日間に14度も急落して、突然エル・
ニーニョは終息しました。

1998年は、世界中で、ありとあらゆる異常気象が頻発しましたが、
それは1999年も続いています。たとえば、アメリカでは1月に、アーカンソー、
ルイジアナ、テネシーなどの各州で、暴風雪とともに169個の竜巻が発生し、
1ヶ月の発生数として、圧倒的な記録を作りました。

フォトン・ベルトの影響は、3つの様相を持ちます。太陽はフォトン・ベルトの
影響を受けて変化します。次に地球は、フォトン・ベルト自体と太陽の変化との、
両方の影響を受けて変化します。そして地球の生命は、フォトン・ベルト自体と
太陽の変化、そして地球の変化の影響をすべて受けます。敏感な人は、
原因不明の体の変調を訴えているかもしれません。また、生物圏のドラス
ティックな変化に気づいている人も少なくないでしょう。

さて、フォトン・ベルトの影響が本格化してきた現在、地球と人類がどういう
立場にあるのかを整理してみましょう。すべてが完璧のタイミングで起こって
いる「シンクロニシティー(共時性)」、「神の計画」です。

1. 地球の技術文明が、人間の営みを支え続けることができない、瀬戸際の
ところに来ています(シリーズ第1部「混迷の星ー宇宙から見た地球」
http://homepage3.nifty.com/gaia-as/index1.html#contents を参照)。

2. 世界の政治・経済・社会システムが正しく機能せず、人間性の向上に
寄与するどころか、社会における軋轢を増殖するサイクルにはまって
います(シリーズ第1部「混迷の星ー宇宙から見た地球

3. 母なる地球(ガイア)は、高次のエネルギーレベルに上昇(アセンション)する
ために、既に急速な変貌を遂げつつあり、その過程で、地球の物理的汚染と
人類のネガティブな波動の浄化を迫られています。

4. 人類が知的生命体として次の段階に進む準備として、「意識の変革」が
じわじわと広がりつつあります。感情的な変化だけでなく、肉体自体の変化も
進行していることが、いずれはっきり認識されるようになるでしょう。

5. 高い波動のシステムに支えられる「新しい地球」への動きが加速する
につれ、低い波動のシステムに支えられた「現実の崩壊」が、じわじわと
起こっています。


これら全体が、フォトン・ベルトの摂理の中、後戻りのない「宇宙のプロセス」と
なっているので、個人、企業そして行政などの、ささやかな思惑と関係なく、
事態は進行するでしょう。
人類の「種としての存続」に最も関わりが大きいのは、「ガイアの意図」です。
地下核実験を始めとして、ありとあらゆる人間の暴虐に耐えてきたガイアは、
この段階でも、自分の目的だけのために急激な変動を引き起こすことを、
ためらっています。それは、母の子供への愛です。しかし、「地球を原始に
戻す」ことについては、ガイアと「神」との契約として、すでに決定されて
いるようです。それ以外に、地球を浄化する手段がないことは確かです
(シリーズ第1部の「プラネタリー・クリーニング」


b0173754_14352867.jpg


ガイアの葛藤は、「ガイア・アセンション」へのタイムスケジュールのなかで、
限界に近づいています。現実にガイアは、すでに地下深くの高温のマグマを、
大量に地表近くへ送り込んでいます。その熱が、前記の、急激な地球の
異変の最大の原因です。その次に起こることは、そのマグマを海溝や
地表の断層から、あるいは火山の火口から吹き出すことです。かつて
経験したことのない、大規模な地震や津波がそれに伴なうでしょう。

「銀河同盟(宇宙連合)」は、このような事態のすべてを、正確に把握しています。
そして、宇宙の孤児になってしまった地球人類が、自分たちと同じ歴史を
共有する、宇宙の兄弟であることも知っています。地球の兄弟たちの目覚めと
アセンションの達成、そして再統合(Unity)の実現のために、最大限の支援を
するべく、いま地球の近傍の宇宙空間に、大規模な部隊を展開しています
(波動のレベルが違うため、通常は地球からは見えません)。

大局的に見れば、これは、「フォトン・ベルト」を契機とする、「アセンション」
のプロセスです。「宇宙大祭」であり、「千載一遇のチャンス」です。
肉体の生を終えて生まれ変わることはいつでもできますが、肉体を
持って「アセンション」を達成し、「本来の自分」に戻るチャンスです。


064.gifファンタジーなバブルショー。幻想的で美しいショーです!
         (Fan Yang)






誠に長くなりましたが、読んでくださって、ありがとうございます016.gif



[PR]
by yukistar88 | 2014-09-24 15:06 | 世界の旅 | Comments(0)

③.天空の都 高野山を訪ねて。(普賢院&金剛峯寺)&9.11と青空ゴルフ

*9/14、
空を見上げた瞬間、神聖なエネルギーを感じた雲を見ました!
龍を思わせる雲と虹色に輝く六角形の光が写っていました。


b0173754_13462304.jpg

ブルーに光る雲を初めて見ました!



b0173754_00253915.jpg


b0173754_13463667.jpg


072.gif あれから13年。
9/11にライトアップされる天まで届くブルーの光は、それぞれの想いが重なります。



b0173754_13471275.jpg



水面の色が、偶然にも星条旗と同じ3色に染まっていました。


9.11追悼”風の環コンサートは、今年で7回目を迎えます。演奏や歌は心に響くものばかり。
今年は、大江千里さんのピアノ演奏&折原美樹さんのモダンダンスのコラボもあり、
Kazukoさん司会ご苦労様でした!皆さんの生き生きとした姿が何よりの励みとなり、
また明日から頑張ろうという気持ちになります。


b0173754_13500133.jpg


マンハッタンシンフォニーオーケストラの演奏と合唱。


b0173754_13494761.jpg


今年は、9.11の日本人犠牲者の一人、住山陽一氏の当時まだ生まれて
いなかった息子の太一君も訪米し、式典で父親の名前を呼んだそうです。

今年5月に開館した”9.11記念博物館”は、既に90万人が訪れたそうで。
私はまだ行っていないので、シーズンオフに足を運ぼうと思います。




       ****** 056.gif 日本の旅のつづき ******


*8/15-17、

お盆に初めて高野山へ参りました。東京駅発8:40の新幹線で新大阪駅へ。
南海電鉄の難波駅から極楽橋まで特急で1時間40分。


b0173754_14121105.jpg


b0173754_14130878.jpg


更に極楽橋からケーブルカー(5分)で高野山駅へ。
ケーブルカー内は、半分が外国人でした。
昨年訪れた白川郷といい、世界遺産である高野山への人気も高そうです。


b0173754_14133127.jpg


近づくにつれ、山林深くなっていきます。更にバスで街中へ移動します。
登るにつれ神聖なエネルギーに包まれていくのを肌で感じていきます。

1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置している天空の都。
平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた
高野山真言宗、比叡山と並び日本仏教における聖地です。

                    高野山の総門

b0173754_11052719.jpg



いきなりニョキニョキと雲がユニークでした。


b0173754_14160596.jpg


117もの寺院があり、僧は修行中も含めると1,000人を超えるそうで、山上の人口は
約4,000人なので、4人に1人は僧ということになります。

一日目は、宿坊・普賢院に泊まりました。


b0173754_14142678.jpg



窓から庭園を眺めると、気分が落ち着つきます。



b0173754_14074853.jpg


b0173754_14240320.jpg



他の客間は襖だけの仕切りです。



b0173754_00345209.jpg



日が暮れる前に、高野山真言宗の総本山の金剛峯寺へ。

「金剛峯寺」という名称は、お大師さまが『金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経
(こんごうぶろうかくいっさいゆがゆぎきょう)』というお経より名付けられたと
伝えられ、東西30間(約60メートル)、南北約70メートルの主殿(しゅでん 
本坊ともいう。県指定文化財)をはじめ、座主居間、奥殿、別殿、新別殿、
書院、新書院、経蔵、鐘楼、真然堂、護摩堂、阿字観道場、茶室等の建物を
備え、寺内(じない)には狩野派の襖絵や石庭などが設けられ、境内総坪数
48,295坪の広大さと優美さを有している。


b0173754_07493879.jpg

まず目にしたのが高野杉で、樹高57m・直径2.87m・根元周囲9m・樹齢700年の霊木。


b0173754_12585171.jpg


この広大な庭園(蟠龍庭)が見事で、しばしここで瞑想状態に。
弘法大師御入定1150年・御遠忌大法会の際に造園され、2,340m2の石庭は、
国内最大級だそうです。龍を表す石は、お大師さまご誕生の地である四国の
花崗岩、雲海を表す白川砂は京都のものが使われているそう。




b0173754_08010372.jpg


b0173754_12590708.jpg


美しき回廊を歩きます。素足で寺内を歩きましたが、全く足裏が汚れないので
いかに掃除が行き届いているかが伺えました!


b0173754_08111011.jpg

別棟にある新別殿は、昭和59年(1984年)、弘法大師御入定・1150年御遠忌
大法会の際、大勢の参詣者への接待所として新設され、169畳の大広間!
ここでは、一般参詣者の休憩所とされていて、お茶とお菓子がサーブされます。
しばし庭園と曼荼羅を眺めて瞑想状態に浸りました。


b0173754_10152421.jpg


空海の死後、荒廃しつつあった高野山(金剛峯寺)の復興、発展に尽力した高野山
第二世伝灯国師真然廟は金剛峯寺の最奥にありました。


b0173754_08291271.jpg



庭園も豪華で見惚れましたが、実はここの台所も見所でした!
というのもこの台所は金剛峯寺主殿と共に、昭和30年代に和歌山県指定文化財に
指定されているそうで、多勢の僧侶の食事を賄ってきただけに釜も大きく、
柱や梁も煤で真っ黒。、大きな「かまど」は現在も使用していて、炭をおこしたり、
食物保存庫としては床下収蔵庫や天井からつり下ろした台があり、つり下ろしの
台は風通しをよくし、さらに紙を垂らすことによってネズミの侵入を防ぐ工夫だとか。



b0173754_10165180.jpg



b0173754_10161962.jpg


水飲み場は湧き水を高野槇(まき)の水槽に溜めてスイカを冷やしていて、
その水の音があまりに心地良く、動画をアップしてみました。

ここからどうぞ!







大釜は二石釜といって、一つの釜で約7斗(98キログラム)の御飯を炊くことができ、
一度に2,000人分のご飯が作れるそうです。規模が大きく、驚きです!!005.gif

二石釜の真上には行灯が釣られ、正面に台所の神様である三宝荒神を祀っています。


b0173754_12593760.jpg



5時に閉館ということで、90分はいたでしょうか。ゆっくりと金剛峯寺を堪能しました。

来年2015年は、高野山開創1,200年ということで、祝賀ムードかも。(4/2-5/2 2015)


b0173754_10180713.jpg


普賢院のお風呂は、高野山系より湧き出るミネラルたっぷりの水を使った
大理石のバスタブで気持ちよかったです。
共同トイレも綺麗に掃除されていて、本当に隅々まで綺麗で頭が下がります。

お坊さんの本によると、掃除をするというのは,心の中を整理するのと同じで、
ちりや垢は「心の執着」だと考えるそうで、それらを落とし&払うことによって、
心が清められていく。掃除はお坊さんの仏道修行のひとつなんだそうです。
(by Setsukoさん)

掃除や断捨離は、今、チャレンジ中なので、頭が痛いです。046.gif


b0173754_07480783.jpg



*8/16、朝6時起床、6時半から本堂での朝勤行に出席しました。
お坊さんたちのお経と護摩焚きの間に、ゲストは一人一人焼香します。
その後は、地下にある仏舎利殿ツアーへ。そこには、なんと驚いたことに
仏舎利(お釈迦様のお骨)が祀られていて、それは平成8年にネパールの
パタンに招来され、25日間かけて仏教伝来の道を辿って持ち帰ったものだそう。

一人一人、お釈迦さまのお骨を覗きこみことができて、なんとその骨の
周りに飛んでいるオーブが肉眼で見えました。ゾクゾクしましたよ。

また、仏舎利殿の回廊床の仏足跡にはお釈迦様がインド各地を旅され法を
説かれた聖地の八大仏跡のお砂が納められていて、マニ車を回しながら
聖地巡礼の旅のご利益勤行となったわけです。全てが初体験!

その途中の裏庭には、聖母マリア風な観音様が立っていました。


b0173754_12333315.jpg


朝陽が気持ちよく・・・こんな大きな百日紅(さるすべり)の
木を見たことありません。


b0173754_11422272.jpg




そして、2日目は ・・・・④.壇上伽藍 - 奥之院 - 荒神社 - 丹生都比売神社と続きます。




*9/15、ゴルフコンペの1日アルバイトをしました。

ゴルフ日和な快晴に恵まれ、やはりプレィする方が楽しいですね。
つくづく・・・


b0173754_11531799.jpg


b0173754_11534152.jpg


そんな中、雲と遊んで・・・



b0173754_11540013.jpg


b0173754_11535212.jpg


b0173754_11541160.jpg

森林浴&日光浴しながらの仕事・・・参加者へは笑顔も大事!
このコンペでの優勝賞品は、豪華なANAビジネスクラス日本往復券でした。


b0173754_13084793.jpg

秋を感じる今日この頃(9月中旬)ですが、9/16の空を見ていたら「ゲートが開きました!」
というメッセージが降りてきました。具体的に何のゲートなのか?と思いつつ・・・
周りの人は、体調やマインドに変化がみられたそうです。確か、9月中旬は太陽も活発で、
地球への磁気も高まっていて、ボストン辺りでもオーロラが見られた程だそうです。
9/16は、北関東を震源とする震度5の地震も起きましたね。地球の自然サイクルが
全体的に活発であるのは、私たち人間もシンクロしていて、闇を見るか光を見るか、
一瞬一瞬、選択のチャンスを与えられえているかのようです。
貴方は、どちらを選択しますか?016.gif


グリニッジ標準時を示す地であるイギリスから独立しようとしている
スコットランドのアクションも”ゲートが開く”意味の1つかもしれませんね。
現実の結果はどうであれ、意識での”手放し”の時ではないでしょうか。


b0173754_09534138.jpg
(緑豊なスコットランドの景色)






[PR]
by yukistar88 | 2014-09-18 12:21 | 世界の旅 | Comments(2)

②.宇宙博2014&9月の十五夜と空、大西洋

*9/8は、U.S. Open男子決勝戦と今年3回目のスーパームーンが重なり、
    エキサイティングな夜となりました。

錦織選手の活躍は素晴らしく、優勝は逃したものの、日本テニス界における
更なる前進と希望を与えてくださいましたね。決勝戦はTVで観戦していましたが、
終了後のNYの夕焼け空が一段と輝いていました。


b0173754_08274124.jpg


b0173754_08274889.jpg


こんなにもドラマティックな夕焼けは、マイケル・ジャクソンが旅立った時以来
ではないかと。人々の応援や感動があり、多勢の心が1つになることで、
雲も反応するのですね。

*マイケル・ジャクソン旅立った時の日記:http://yukistar88.exblog.jp/14793034/


b0173754_08275851.jpg

            堂々と入場する錦織選手(CBS)

b0173754_10404672.jpg

          表彰式で。クロアチア代表Cilic選手、おめでとう!(CBS)


b0173754_10405492.jpg


そして、この夜の十五夜満月は一段とキラキラ眩しいくらいに輝いていました。

b0173754_08302222.jpg

              八角形にパワフルに光って・・・

b0173754_08303004.jpg

雲が多かったので、徐々に鱗雲に隠れてしまいました。


b0173754_08303602.jpg


b0173754_08304360.jpg


スーパームーンの日は、体が重く感じ、とても眠い一日でした。014.gif

十五夜に続き、次回は、10/6の十三夜の栗名月をお楽しみに!



**************** 056.gif 日本の旅のつづき  *******************

*8/14、
今年5月、東北巡礼の旅をご一緒したY子さんとお互いの都合が合ったので、
幕張メッセ国際展示場ホールにて、NASAとJAXAのコラボで開催している宇宙博へ
行きました。(開催期間:7/19-9/23)



b0173754_10475496.jpg


Y子さんとは、過去生でのご縁もあるせいか親近感もありますが、昔、
宇宙飛行士を目指していたそうなので、宇宙博は楽しみにしていたようです。
そんなY子さんと同行できて、宇宙好きな私も嬉しく思います。

b0173754_10584371.jpg


お盆休みの為、会場は混雑していて、人気の展示は、約1時間並んだりしました。


b0173754_11130578.jpg

実際に宇宙で活躍してきたシャトルの展示や8K,Super Hi-Visionのシアターでは、
リアルに映し出された宇宙映像から宇宙遊泳気分が味わえました。


b0173754_13214710.jpg

            迫力ある本物

b0173754_11132699.jpg

           こちらはスペースシャトルのトイレ


b0173754_11113962.jpg


         こちらはベッドだそう。


b0173754_13524353.jpg


手の平に地球をのせて・・・など、いろいろ遊びながら見学。


b0173754_11133566.jpg

宇宙食コーナー。宇宙日本食は美味しいそうですね。試食はありません!


b0173754_12150472.jpg

Atlantis号も長蛇の列でしたが、コックピットを覗いた時、今まで地球で嗅いだことない
匂いがしました。Y子さんも同じように感じたそうで、Atlantis号のコックピットから
漂ってきたのは宇宙の香りでしょうか?!

b0173754_11143144.jpg


「きぼう」の機体、若田光一さんのサインが右上にありました。


b0173754_11142475.jpg


約3時間休まず、よく歩きました。 Y子さん、一緒に有難うございました!


b0173754_11493616.jpg


このイベントは、9/23までなので、興味がありまだ行かれてない方はどうぞ?029.gif


*********** 9/1、NJ Shoreで海水浴*****************

7月頃から頻繁に海で泳ぐ夢を見ていました。なかなか海へ行く
チャンスがなく、夏の終わりを告げる日、9/1のLabor Dayに海へ。


b0173754_11501748.jpg

しばらく波と戯れ、無心に海水浴をしていました。


b0173754_11502411.jpg

b0173754_11504504.jpg

ヨットハーバーに沈む夕日を見ながら・・・

b0173754_11503737.jpg


夕方、雷雲が接近してきて、ダイナミックな雲と太陽。


b0173754_11531555.jpg

大きく羽根を広げたような鳥の形をした雲と夕日が美しく・・・
海と空に癒され、早速デトックス効果がありました!

b0173754_11531988.jpg



そして、明日(9/11)9.11.事件から13年が経ちます。
各地で追悼イベントがありますが、私は、友人K子が司会・合唱する

祈りの日再び・・・平和を願い、心を寄せたく思います。

b0173754_12220182.jpg
         (9/7/14のリハーサルのライトアップ撮影)



  ③.高野山での体験&ヒポノ&サウンドのイベント@隠家Red Hookへつづく





[PR]
by yukistar88 | 2014-09-11 13:15 | Comments(2)

①.緑深き日本の夏と秘境温泉&猫スポット、Brooklynでヒポノ&サウンドヒーリング

072.gif8/30、無事に戻りました。
9月になりましたが、最近のニュースは、伝染病や自然災害の激化など
恐怖心を煽る内容が多く、ネットで真実を伝えるブログも多いですが、
その中でも真実を見極めるのは、やはりご自分の勘ではないでしょうか。

今回の日本では、天候の影響もあり、身体に色々症状が出てしまい、
8/20に起きた広島での土砂災害を起きた激しい雷とゲリラ豪雨を
宮島で体験してしまい、初めて雨に恐怖を感じました。
犠牲者の方々へのご冥福を祈り、1日も早い復興を願います。

世界各地で起きている気候変化や自然災害が多発していく中で、
それも地球の進化と捉え、その中で、できるだけ”地上の楽園”を
感じられる写真などお伝えしたく思っています。


b0173754_10031316.jpg
      (8/7、日本に着いた翌朝に見たUFOのような雲)


とはいえ、8/17から彗星近日点が増え、それにより太陽も刺激され、
黒点が増えることで太陽フレアや磁気も活発化。特に8/27辺りから、
身体に影響が出ている方も多く、腰痛や頭痛、目眩や咳など、私も
この8月中旬から、これらの症状が出ていました。


☆☆沖縄のヒーラー越智けいこさんのメルマガより☆☆

今太陽にシリウスから応援の巨大なエネルギー体が近づいています
宇宙船のような形をしていますが、何と地球の634倍もあります。
NASAの太陽観測衛星が撮った写真を見てください。
見るだけでDNAに活性化のスイッチが入ります。

http://www.keiko-mental-clinic.jp/merumaga-back/139/07.html

地球の地軸も少しずつ動いています。エクスタシーチェンジの時期です。
少し体調が変だったりしますが、太陽系レベルの大きな変化のときなので
その変化に乗っていると思って安心してください。


b0173754_17094382.jpg
               (朝陽、8/7/2014)


8/7、
実家で飼っている犬の散歩をしながら見かけた美しい野花たち056.gif


b0173754_10250789.jpg

b0173754_10252531.jpg


b0173754_10251594.jpg


b0173754_10310060.jpg


      ナナと同じ芝犬とお見合い。(右がナナ)

b0173754_10253538.jpg


群馬の下仁田温泉、山奥にある秘境宿「清流荘」へ父母孝行の旅。

あいにくの雨模様でしたが、森林浴には最適!


b0173754_10280761.jpg

雨の音も渓流の音と同化してしまいます。


b0173754_10281264.jpg

「清流荘」の敷地は広く、昔は魚料理の食事処だったそうで、
釣堀用の生け簀には鯉がたくさん!

b0173754_10342740.jpg

    広い庭園や畑散策も楽しめました。

b0173754_10283730.jpg


                    鹿も飼っている?!

b0173754_10350492.jpg

山には無農薬自然栽培の畑。お料理には、ここの野菜が使われています。

オーナーは忙しそうで、仕事が山積みのよう。時々は、自然の中で働いてみたい。


b0173754_17054694.jpg

b0173754_10351207.jpg


父も朝の散歩・・・広大な山の畑にクギ付け。




b0173754_10351775.jpg


「清流荘」山畑の景色を動画でどうぞ。鳥の鳴き声に癒されます。060.gif







秘境温泉は、露天風呂が最高!鉄分の多い掛け流しは低温温泉。(右)

b0173754_10352663.jpg


「清流荘」のロビーに置かれていた気になる龍の玉!


b0173754_17160045.jpg


下仁田といえば、葱とこんにゃくが有名で、初めて見たこんにゃく畑

b0173754_10370095.jpg


その隣にはヒマワリ畑。太陽が出ていないので、後側から見るとお辞儀ポーズ。


b0173754_10381451.jpg


反対側にまわると、ひまわりに注目されているような感覚に。

b0173754_10383191.jpg

ミニ展望台からはこんな感じ。観衆から注目を浴びているかのよう!056.gif056.gif056.gif

b0173754_10383308.jpg

Yumiさんのアート作品モンちゃんひまわりバージョンもありました!

b0173754_19001499.jpg


リアルに、ひまわり畑を感じていただきたく、動画もどうぞ!







下仁田の隣の富岡市に入り、今年の春、世界遺産に登録された
富岡製糸場も近くにありましたが、昨年行ったので、そこは
スキップし、一之宮貫前神社に寄りました。


b0173754_17225293.jpg


『一之宮貫前神社』(いちのみや ぬきさきじんじゃ)は群馬県富岡市一ノ宮に
鎮座する1400年の歴史を持つお社で、御祭神は「経津主神」(ふつぬしのかみ)
と「姫大神」(ひめおおかみ)で、現在の社殿は3代将軍徳川家光公の命に
よって建てられました。


b0173754_17230019.jpg


群馬県の上毛カルタにも出てくる有名な神社です。

ちなみに、
「日本で最初の富岡製糸」、
「ねぎとこんにゃく下仁田名産」
「ゆかりは古し貫前神社」


カルタのイラストにある境内ですね。そのまんまねぇ。

b0173754_17315371.jpg

b0173754_17231614.jpg


ここでは、雨も本降りになっていました。


b0173754_17232189.jpg


*8/11、
ヘンプアーチストのS子さんに麻ネックレスをオーダーしていたので、
彼女と会って、猫好きな私が好きそうなステキなスポットに連れていって
いただきました。
まずは、大間々の農園カフェ”ねこの時計” 見晴らしの良い高台にあります。
爽やかな風が吹いて・・・


b0173754_17530485.jpg


b0173754_17532238.jpg


カフェ内は、猫グッズで溢れています。リラックスできる空間でした。


b0173754_17533817.jpg



二人でパスタランチにしてみました!ここの農園で採れた野菜使用です。


b0173754_17553004.jpg

ショップもあって、手ごろな値段で、綿麻な洋服や小物も買えますよ。


b0173754_17540160.jpg



もう1件は、桐生にあるS子さん御用達の棉麻専門ショップ”Big Spore

古民家なショップで、フレンドリーな3匹の猫がいます!
レジで店番しているのが、博士くん。ボスな雰囲気で、いい味出しています!

b0173754_18014859.jpg

         こちら助手ちゃん。博士と助手なわけです。


b0173754_18094807.jpg


 ティピがお気に入りな助手ちゃん!


b0173754_18093796.jpg



b0173754_18025063.jpg

  
b0173754_18025609.jpg


愛ちゃんは、ややシャイで写っていなかったなぁ。残念!

通りがけに気になったので、桐生西宮神社を参拝して、S子さんとは別れました。


b0173754_18132023.jpg

今まで知らなかった新しい素敵なスポット、楽しかったです。
                         有難うございました!016.gif


お盆前に、自由が丘に住む従妹とお墓参りを済ませました。


b0173754_18115038.jpg


実家のある日の夕食は野菜づくしに・・・こちらも家庭菜園で採れた新鮮野菜!
何よりも嬉しい新鮮野菜です!


b0173754_18120404.jpg



       *********************** NY編 ***********************


NYに戻った翌日(8/31)、夕方の雷雨後、大きな虹を見ました。
不思議なことに、広島での雷雨とゲリラ豪雨が、移動する先々で発生するのです。

b0173754_18195154.jpg

こちらは、9/2の早朝、朝陽に向って飛び立つグーズファミリー。


b0173754_18225212.jpg


時差ボケで早起きしたからこそ見ることができた貴重なもの鴨。


b0173754_18230587.jpg



8月前半の日本は、サウナのように湿度も高く、不快な気候でしたが、
8月末になり急に涼しくなり、10月半ばの気候となりました。
各地で発生する集中豪雨も多く、8月の日照時間が例年より少なかった為、
野菜の値段が高騰するなど消費、経済へも影響するでしょう。

また、広島で起きた土砂災害での犠牲者や流された家々の映像を見て、
再びの水災害から、誰しもが3.11を思い出されたことでしょう。
ボランティアの方々も協力し、現地入りしているようですが、
離れていてもできること、瞬時にできることは、祈りと広島の強さを
見ることだと思っています。

広島で起きた気候変化を肌で感じ、そのことを踏まえ、再びの日本の旅、
今回は空海と繋がり、高野山・宮島編を中心にアップしていきたく思います。


            ②.幕張メッセで宇宙博&NJ Shoreへつづく


056.gif友人AYAさんのセドナでヨガリトリートの日記を紹介します。
この世の楽園を思わせる美しい写真の数々がありますよ。


072.gif9/6(土)午後3時より、BrooklynのRed Hookにて、
サウンドヒーリングとヒポノセラピーのコラボを行います。

以下、ご案内です!

今年の夏は、どのように過ごされましたか?
本格的な秋を目前に、この夏の疲れをほぐし、新たなシーズンへ向け、
心身共にリラックスしてみませんか。
星ゆきによるサウンド ヒーリングと、浦野素衣によるヒプノティスの
コラボヒーリングを、レッドフックの隠れ家で開催致します。
ぜひ日常の疲れを癒しにお越し下さい。

当日、ヒーリンググッズの展示販売もおこないますので、お楽しみに!


*日時:2014年9月6日(土) 2時~

*場所:Red Hook, Brooklyn, NY (IKEA 付近)

*参加費:$40(ヒーリング+食事付き)

*募集人数:8名

*お申し込みの方は、ヒロコまでご連絡ください。hiroko1020@gmail.com

*会場は個人宅のため、申し込まれた後に詳細を説明させていただきます。


当日の予定:

2時開場、3時よりコラボヒーリングのセッションを開始( 約1時間+)

セッション後、レッドフックの街を散歩、ニューヨーク湾と
自由の女神を臨む海岸で夕暮れを楽しんだ後、会場に戻りお食事を頂きます。

メニュー:揚げ出し豆腐、 ジャークチキン和風ソース、ひじき、
ファーマーズマーケットの野菜を使ったサラダ、出し巻き卵、自家製お新香。


          ★*****************************★******************************★

この夏の疲れをほぐし、新たなシーズンへ向け、心身共に
リラックスしてみませんか。
星ゆきによるサウンド ヒーリングと、浦野素衣によるヒプノティスの
コラボヒー リングを、レッドフックの隠れ家で開催致します。
ぜひ日常の疲れを癒しにお越し下さい。
当日、 ヒーリンググッズの展示販売もおこないますので、お楽しみに!


日時:2014年9月6日(土)2時~
場所:Red Hook, Brooklyn, NY (詳細は申し込み後にご連絡します。)
参加費:$ 4 0 (ヒーリング+食事付き)
募集人数:8名
お申し込みの方は、ヒロコまでご連絡ください。
hiroko1020@gmail.com

当日の予定:
2時開場
3時よりコラボヒーリングのセッションを開始( 約1時間+)
夕方、レッドフックの街を散歩、ニューヨーク湾と自由の女神を
臨む海岸で夕暮れを楽しんだ後、会場に戻りお食事を頂きます。

(メニュー):
揚げ出し豆腐、 ジャークチキン和風ソース、ひじき、ファーマーズ
マーケットの野 菜を使ったサラダ、出し巻き卵、自家製お新香。


       ★*****************************★******************************★

浦野素衣(うらのもとい)
NGH 認定ヒプノティスト・トレーナー& NLP プラクテショナー

★HP: http://www.motoiurano.com/

ヒプノシスに入ることで、潜在意識に直接アクセスし、膨大な
記憶の中から必要な情報を引き出し、問題 解決や自己成長に
役立てることが出来ます。また交感神経と副交感神経の
バランスが整い、自律神経系の調整機能や自己免疫機能を
正常化する作用もあります


星ゆき
スピリチュアル・カウンセラー
エナジー、音叉&サウンド・ヒーラー

★HP:http://yukistar88.holy.jp/   ★ブログ:http://yukistar88.exblog.jp


サウンドヒーリングのグループセッションは、床に寝転んで
いただきながら、シンギングボールやチャクラに対応した音叉
(チューニング・フォークを使用した代替療法)を中心に、自然界の
音を奏でる民族楽器を使いながら、心地良い音とバイブレーションに
包まれていただきます。優しい音色とバイブレーションを浴びて
いただきながら、生体エネルギーとチャクラ活性へのサポート、
心身共にリラックスしていたたけたらと思います。

サウンドとバイブレーションから波動水もできますので、
ミネラルウォーターをご用意 ください。


[PR]
by yukistar88 | 2014-09-03 18:38 | 世界の旅 | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧