<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

⑥.小豆島の自然(紅葉・オリーブ)と「二十四の瞳」映画村&7年ぶりの猫

056.gif「二十四の瞳」オリーブの産地でも有名な
小豆島へ訪問する時がやってきた。
平和な国 日本!特に瀬戸内海の温暖な
気候にある小豆島はその代表すべき
スポットだとも思いました。
小豆島行きが確定した日、東京の友人から
小豆島のお土産が国際郵便で届いて
ビックリ!メキシコ行きもクィック・
レスでしたが、このタイムリーな
Goサインに笑ってしまい・・・。
お土産を送ってくれた友人へお礼メール
したところ、発送したことすら忘れて
いたそうなんです。

そして、今回初めての四国に足を踏み
入れることとなり、小豆島へは
、本州からは神戸・岡山・高松の
3ヶ所からフェリーが出ているので、
一番移動負担が少ない高松からの
フェリーを選択しました。
そして高野山に続き、小豆島にも
弘法大師が開かれた四国同様、
島88ヶ所霊場があるそうで、後半は
聖地巡りに。まずは小豆島の
素晴らしい自然と「二十四の瞳」
映画村、オリーブ園からスタートです。



b0173754_13523425.jpg


小豆島の周囲は140kmで、島人口は、
昔は7万人、今は3万人以下なんだそう。
現在、噴火中の西之島同様、1300万年前の
海底隆起(噴火)によってできたそう。
思ってたよりも大きな島で、
2,3日ではじっくり周れずですね。



*11/26、新富士駅から新幹線で岡山駅
下車し、岡山から高松までマリンライナー
という瀬戸大橋を渡る列車に乗りました。
一両目はパノラマ窓のせいか、たくさんの
鉄道マニアがカメラを片手に乗車してました。

瀬戸大橋手前までの運転席には3人の車掌。


b0173754_13485712.jpg


  瀬戸大橋通過中


b0173754_13490917.jpg



あいにくの雨模様で視界は今いちでしたが、
瀬戸内海の景色は見物です。



b0173754_13491749.jpg


パノラマ感覚は、こちらの動画で。








香川県に入ると景観が変わり、
とんがり山が目立ちます。




b0173754_13492177.jpg


いくつかのトンネルを通過・・・・紅葉も見える。


b0173754_14165535.jpg



JR高松駅で友人Ikoさんと合流し、
高松港の小豆島行きのフェリー乗り場まで
徒歩約10分。高松港から大型カーフェリーで
1時間で小豆島へ着きます。




b0173754_05400710.jpg


宿に到着したのが午後6時で、既に
日が暮れてしまいました。
この夜は高台にある国民宿舎泊。



*11/27

朝陽と共に目が覚めて・・・
幸い小豆島に滞在する2日間は晴天に
恵まれました。晴れ女やし!



b0173754_13492728.jpg


国民宿舎からの景色


b0173754_13493215.jpg


b0173754_13493652.jpg


朝9:15、観光バスで周るツアーを申し込み、土佐(とのしょう)港集合。

土佐港の広場には平和の群像(二十四の瞳像)
があります。
これは映画を記念して立てられたもので、
昭和31年11月10日建立 矢野秀徳師作。





b0173754_13494160.jpg



こちらがギネス認定されている世界一狭い
「土渕海峡」。
一番狭いところで9.93mだそう。
ピンとこないけれどね。



b0173754_13494518.jpg



いきなり「銚子渓お猿の国」モンキーショー?!
最初は気乗りしなかったんですけどね。
猿じゃなくて私たちが。
それが芸を見ているうちに、
お主なかなかやるじゃん!て、
10歳のメス猿は綱渡り芸も。



b0173754_13495046.jpg


竹馬芸も!加齢ごとに顔が赤くなるようです。





b0173754_02165713.jpg

b0173754_13495410.jpg


この後方に噴水があり、そこが気持ちよくて・・
温かいエネルギーを感じて。



b0173754_13500006.jpg



それもそのはず!「愛の泉」なのですね。
「二十四の瞳」のストーリーが訴えて
いる”愛と平和”、この小豆島にはいくつか
平和のエネルギーなるスポットがありました。



b0173754_13500552.jpg


猿園から見える景色・・・
右の小山の横に白く見えるのは大観音像!



b0173754_13513330.jpg


そこら中でノミ取り大会!
猿のカップルは夢中です。


b0173754_13514452.jpg


スーと猿に接近して記念撮影。
なんとなく私も猿顔に?!



b0173754_13515315.jpg



次に、日本三大渓谷美の1つである
国立公園「寒霞渓」へ。
行きはバス、帰りはロープーウェイと
いうコース。東西7km、東北4km
という大渓谷で、紅葉が終わりかけて
いたとはいえ十分見頃でした!

ところで、三大渓谷と三大渓谷美と
あるようで、参考まで。

*日本三大渓谷
清津渓谷(新潟県)、黒部峡谷(富山県)、
大杉峡谷(三重県)

*日本三大渓谷美
妙義山(群馬県)、寒霞渓(香川県)、耶馬溪(大分県)


寒霞渓の展望台からのビューは・・・。


b0173754_13544172.jpg


光芒射す雄大な瀬戸内海の景色!
標高612m。
ここもちょっとしたパワスポですね。


b0173754_13544734.jpg



b0173754_13550629.jpg


帰りはロープーウェーで降ります。


b0173754_13533673.jpg


わずか5分の空中散歩です。





b0173754_13545344.jpg


11月末でも見事な紅葉で嬉しいですね。



b0173754_13545829.jpg


小豆島にも所々に奇石怪石や巨石が見られます。


b0173754_13551526.jpg


それらには全てに名前がつけられているようです。


b0173754_14052161.jpg



バスで「二十四の瞳」映画村へ移動する
途中にある醤油記念館。
小豆島はそもそも塩造りが盛んだっそうで、
それが塩を材料とした加工品や醤油業へ
と転換されたようです。
今では、マルキンとタケサンの醤油の
老舗があります。



b0173754_13574149.jpg


b0173754_13580487.jpg



b0173754_14564096.jpg




「二十四の瞳」の映画村は、涙が出る
程平和に満ちたスポットでした。
実はここが平和のエネルギーとしては
ベスト1なのですが、




b0173754_13593660.jpg


特に、この浜辺の穏やかな波の音を
聴いていると、何もいらない
至福感に満たされます。


b0173754_14003439.jpg


b0173754_14251478.jpg


そんな平和なエネルギーに包まれた浜辺をぜひ伝えたい!








b0173754_14273753.jpg


b0173754_14274465.jpg



映画村「岬の分教場」、木造校舎に入ると、
昭和へタイムトリップ!



b0173754_13563541.jpg


懐かしいようで、次々とこの教室の
椅子に座る熟年たち。妙に落ち着くので私も。



b0173754_14260884.jpg


b0173754_14261909.jpg


今回の日本滞在では、群馬のかわぶきの
郷 薬師温泉、川越の城下町並み、
さきたま古墳など、レトロシリーズが続きます。


b0173754_14242073.jpg


b0173754_14263027.jpg


小豆島は、「八日目の蝉」という映画や
ドラマの舞台でもあるのですね。
そのドラマ観ました。



b0173754_14264700.jpg


最後は、オリーブ公園に寄ります。



b0173754_14484336.jpg


たくさんのオリーブの木、そして丁度、秋は収穫時期だそう。


b0173754_14290269.jpg


青と白の世界・・・
地球で一番好きなサントリーニ島を
思わせるギリシャ風建物。



b0173754_14341909.jpg


教会の天井のステンドグラスもステキなんだぁ!



b0173754_14342864.jpg


えーと、ここは小豆島です!


b0173754_14343927.jpg


隣にはハーブ園。
b0173754_14450478.jpg


b0173754_14451442.jpg


ビーナス像


b0173754_14452338.jpg


時間がなくなり、ギリシャ神殿・遺跡や
風車の方までは行けませんでした。



b0173754_14485128.jpg


小豆島の地形は、イタリアのカプリ島の
ようであり、また、ギリシャを思わせる
オリーブ園や中国を思わせる寒霞渓、
ペルーのマチュピチュのような段々畑など、
各外国の雰囲気も持ち合わせているスポットがあるのね。





          



072.gif*1/18/2015、
NYスカースデールへ出張サウンドヒーリング&リーディングへ。

この日は朝からアイスバーン!
至るところ道路が凍結してしまい、
かなり危険な状態でした。幸い友人で
ベテラン・ドライバーMireiさんが運転
してくださり、安全運転でスカース
デールまで行くことができました。

ナビのGoogle Mapには事故多発マーク、
こんなの今まで見たことない。


b0173754_12303731.jpg



アロマセラピストのRieさん宅にて、
サウンドヒーリングとリーディングを。
今回は皆さん前生リーディングとなりました。
初対面の方ばかりでして、ご縁をありがとうございました。



b0173754_12244048.jpg



そして・・・
この日は、運命の日とでもいいましょうか!
ヒーリングの他に、実は猫ちゃんを受け
取る日でもあり、遂に我が家に7年ぶりに
猫がやってきます!その名もプッチー!!



b0173754_13183382.jpg



2006年4月に旅立ったミケ、その後は、
私の猫アレルギーがひどくなり、もう猫は
飼うことはないと諦めていたのですが・・・
にゃんと猫の方からやって来たわけです。
まずはアレルギー反応が出ないか、まずは
トライアルなのですが・・・


これは醤油顔の先代ミケです。
茶トラで白足袋もプッチーとよく似ている。




b0173754_13253381.jpg



プッチーが来るまでの経緯は・・・

聞いたところによると、一番最初の飼い主が愛情注がず、なんとなく
子供の玩具的にプッチーを飼っていたらしく、それをみかねた友人が
引き取ったものの、既に飼っている猫2匹のうちの1匹がシャーシャー
いうもので、これは遺憾と、スカースデールに住むRieさんご夫妻に
辿り着いたようで、預かることに。が、預かるから飼う方向となり、
トータル半年間プッチーを面倒見ていましたが、駐在であることから、
将来的にも猫に負担をかけたくないという意志もあって、プッチーを
長く面倒みられる里親を探されていたようです。

そこでRieさんと私の共通なる友人で動物画家でアニマルコミュ二
ケーターのYumiさんが仲介してくださり、この半年間は彼らの
深い愛情により、本当に賢くてお利口さんに成長したプッチー
なのです。子供ながらに苦労してきたようで、どこか人生悟って
いるようにも・・・全く手のかからない猫なんですね。

Rieさんのブログにもたくさんプッチーが登場しているので、
愛情物語をご覧くださいね。


*すっとこNY再び: http://blog.livedoor.jp/rf0106/

*プッチーが初めてRieさん宅に来た日(7/2014)の日記:


Yumiさんも猫神様的な教育係として愛情かけてくださいました。
プッチーと遊ぶYumiさん。


b0173754_12240580.jpg


車で移動中は、全く鳴かず気配すら
感じないくらい大人し(音なし)
かったプッチー。

我が家に来て、いきなり餌にぱくつく
プッチーはかなりの大物!


b0173754_13293008.jpg



そして、いきなり頬にスリスリしてくれるは、
プッチーの方が愛情深いのだね。参りました!

というか、どうやらRieさんがプッチーに、
「新しいママのユキさんの頬にもスリスリ
するんだよ!」と洗脳?!暗示?
いや、命令したようです。(笑)
しっかり命令通りに実行してくれたね。

毎朝、ゴロニャンの習慣。
一週間も経っていないのに、
この懐きようにメロメロ。


b0173754_13303957.jpg


プッチーはソース顔なんだね
プーチンじゃないよ、プッチーね!



b0173754_13334070.jpg



切りがないので、今回はこの辺で。
そして、嬉しいことに最初の数日間は
少しアレルギー反応が出ましたが、
一週間経って出なくなりました。
ミラクルです!皆々のお陰ですね。
そして猫神様の働きもあるのでしょうか。

プッチーは日に日に顔が変わってきて、
なんとなくミケに似てきたような。
たまに「ミケ!」と呼んでしまうことも・・・
許してね。


*先代愛猫ミケ物語: http://yukistar88.exblog.jp/13144952/




b0173754_13395573.jpg


新猫プッチーです。よろしくお願いしま~すにゃ。016.gif



063.gif1月から暗いニュースが続きますが、イスラム国人質事件の
報道を見ながら、ネットでの偽造情報も出てきたり何が真実なのか?
と思うこともありましたが、一連の流れを見ながら感じたのは、
本来、人質事件なら報道することなく民衆に伝えることなく、
密かに水面下で行うのが普通ではないかと思うのですが・・・
いかがなもんでしょう?
なので、この報道を見てどう受け止めるか。単純にイスラム国は
恐ろしい嫌だ、敵対心なる感情になりますよね。第一イスラム国て、
いつの間にか出来たような・・・。わざわざ敵を作りあげたようにも。
なるべく”分離”をみないようにします。貴方はどう感じられますか?

私のアファーメーションの1つに、
「今日も神の教師たちと共に喜びを経験をしますよう助けてください、」
というのがあります。
朝一は、このアファーメーションからスタートしてみませんか?


     *次回は、「小豆島の聖地巡り」へつづく


[PR]
by yukistar88 | 2015-01-28 14:22 | 世界の旅 | Comments(0)

メキシコの自然&手作り味噌クラスと2015年バシャールのメッセージ

年頭からフランスでテロ事件がありましたが、イスラム教の預言者
ムハンマドの風刺画を載せテロの標的となったシャルリー・エドブ社は、
それにも屈することなく「表現の自由」という部分において、ローマ法王は、
他人を害するような発言や行動などは避けるよう「自由の表現にも限度が
ある」、また、「自らの宗教や神の名の下に戦争を起こしたり殺人を
犯すなど常軌を逸している」と新聞社とテロリストに対してのコメントを
述べられました。


b0173754_16055321.jpg



この地球においては、違いや共感を味わうよう我々は個々に肉体を

持って存在しているのであって、個々の考えや意識も異なりますから、

違いをみせられて気付かされることは多く、「表現の自由」は現代に

おいては決して悪いことではないですが、社会的、文化や宗教、

人種など、それぞれの立場を考慮して発言なり行動なりをする点は

気をつけたいもの。


元旦に放送していた「ゆく年くる年」の番組(TV-Japan)を見ていましたら、

兵庫県姫路市の書写山・円教寺の住職が選んだ今年一年を表す一文字は、

」でした。これは、「節度をもって進んでほしい。」という意味が込められ

ているということで、今回のテロ事件と融合させ、「節度ある表現の自由」も

今年のメッセージとします。





b0173754_16060334.jpg



*1/16、この日の午後、急に温か~い愛のエネルギーを感じたので、
「なんでだろう?」とその答えを待っていたら、Comet Lovejoy
(ラブジョイ彗星)がプレアデス付近を通過中ということでそれかも?!



b0173754_16073645.jpg


アメリカン歌舞伎が、space weather gallery websiteで、
この写真を見つけたようで、ラブジョイ彗星のプラズマの尾が
女神の姿に見えるとも。↓プレアデスと宇宙と愛の融合された
エネルギーが降り注いでいるようで、しっかり受け取りました。




b0173754_16072863.jpg


この日は初めてNY在住日本人女性の間でも有名なナチュラリストの
Tamaさんの手作り味噌クラスに参加でBrooklynまで出かけていました。
Tamaさんのアパートに反射している光が目に飛び込んできて、
これぞ宇宙の光?!Love & Joy♡



b0173754_16120721.jpg


その前に、街で見かけたマカロン店のウィンドーディスプレィも可愛いかった。



b0173754_16144285.jpg


Tamaさん宅の窓際のサンキャッチャーも気になるアイテムでした。
ピカリッ!



b0173754_16130810.jpg



Tamaさんのクラスはもちろん彼女とお会いしたのも初めてでしたが、
彼女はとてもパワフルで、食、特に野菜の歩く辞書以上の知識が
あります。そして、驚いたことに3人目のお子さんは自宅で自分
一人で産んだそうです。その時、二人のお子さんはベッドの上で
遊ばせていたとかで、クラス後にその話で盛り上がりました。
現代が忘れつつある昔の知恵を備えられたライトワーカーなんですね。



b0173754_16134616.jpg


全てオーガニック野菜ランチもTamaさんの手作り!
参加者分のデッシュがズラリ並びます。



b0173754_16193390.jpg

ドレッシングも粽にしてもかなり手が込んでいて、私は
このランチの後、即デトックス効果あり!



b0173754_16180437.jpg


きっと3ヶ月後には美味しい寒仕込み味噌が完成することでしょう。
ありがとうございました!




056.gif記憶がさめないうちにと、新年に訪問したメキシコの旅をお届けします。


さて、こちらがメキシコ?!・・・ではなく、実はNY上空からで。
元旦のNY.
冬はまた景色が違うのですね。当たり前かもしれませんが。



b0173754_16222754.jpg


NYもこんなに美しいのですね!としみじみ・・・
Long Islandの海岸線です。



b0173754_16223816.jpg



NYから約4時間でメキシコ、カンクーンへ。




b0173754_02293945.jpg



カンクーンの沖にあるIsla Mujeres島が今回の目的地でございます。
どこへ行けばいいのかも全て啓示のお任せです。



b0173754_16280216.jpg


今やメキシコ北部では、日本車メーカーやパーツの会社が続々
進出しているそうで、メキシコ人の雇用にも貢献しているようです。

前回カンクーンを訪問したのは2011年で、今回4度目になりますが、
マヤ遺跡やセノーテの泉は既に訪問しているので、リラックス重視
&海でチャージがメインでした。

ユカタン半島はジャングル地帯で、その中にセノーテと呼ばれる泉が
3000-5000あります。それらは地下で繋がっているものが多く、
世界最長は250km、14ヶ所のセノーテと繋がっているそう。
約3億年前、パンゲアという巨大大陸が分裂し、北アメリカ大陸が
誕生し、ユカタン半島の大地は、1億2千年前の太古に海の中で生
まれ、石灰岩が隆起してできた半島なので、石灰岩は水を通すこと
から、これらのセノーテが出来たそうです。
カンクーンから車で3時間半の内陸にあるチェチェインツァという
マヤ遺跡のピラミッド近くにあるマヤ族の聖地であるバランカン
チェ洞窟のセノーテは今回行けませんでしたが、いつか訪ねてみたい
です!とこの日記をアップした日に、ユカタン半島の番組を観て、
この情報を得たのでした。タイムリーすぎ!



                セノーテの泉


b0173754_15025482.jpg



過去のメキシコ旅日記に、マヤブルーといわれるセノーテの泉
(★2つ目)の写真をアップしています。


*2006年のチェチェインツァ:

★セノーテの泉を潜る:

*メキシコの海中:

*マヤのトゥルム遺跡:



カンクーンのスティ先は、Playa Del Carmen地区の波が静かで
澄んだ海水のビーチという条件を最優先してホテルを予約した
のですが、ビーチを見てビックリ!というか唖然!

「えー?!これじゃ泳げないんじゃ?」波打ち際にたくさんの
海藻と風が強くて高波の最悪な条件?!025.gif



b0173754_12281367.jpg


b0173754_11471943.jpg


今や地球全体の気候や自然環境の変化により、以前は静かだった
このスポットも随分変化してしまったものだと思いガッカリし、
夜も風が強くて落ち着きません。同時期にマウイ島へ行った
友人も風が強かったと言っていました。


2015年元旦の夕陽です。



b0173754_11122149.jpg




メキシコ人ワーカーたちが、翌日から溜まった大量の海藻をかき集め、
少しづつ撤去していきましたが、この海藻も立派な肥料として
利用しているようで、ミネラルたっぷりの海藻なので、それは
それでよかったかと。



b0173754_11471166.jpg


2015年の初詣がなぜマヤの地メキシコになったかの理由は、
2つ前の日記に説明しましたが、どんな状況でも受け入れる
ようにし、単なるバケーション目的だけで来ているのでは
ないということも十分承知ではあります。はい!

*2つ前の日記「新春メキシコ・ミラクル鳥三昧」:http://yukistar88.exblog.jp/23992103/


キリスト教の国は新年も引き続きクリスマスモードなので、
ホテルの庭にあるこのデコレーションを見て神聖な気持ちに
切り替え、「Salud(サルー)!」(スペイン語の乾杯)




b0173754_15104243.jpg


*1/2
ということで、更に気を引き締め、翌朝は瞑想&ヨガクラスからスタート!


b0173754_12223551.jpg



ヨガの先生からは、「外側の世界よりも自分の内面にフォー
カスするように。」と新年一発目のリマインド・メッセージが
きました。TVのニュースやネットで得た情勢などに振り回されないよう。



b0173754_01172842.jpg



朝ご飯もなるべく野菜中心?に。朝から赤ワインじゃないですよ。
ビーツのジュース!



b0173754_12293038.jpg


ちょっとここでメキシコのグルメ編になりますが、年々、メキシコ
での料理はレベルアップされているように思います。メキシコ料理は
日本人の口にも合いますし、NYのレストラン業も多くのメキシコ人が
働いていますが、彼らは地道に努力し腕を磨くタイプも多くて驚か
されます。ホテルのメキシコ料理は、はっきりいってNYのフレンチ
よりも美味しかったです!



b0173754_12482057.jpg

        


また、カリブ海諸島の島々では、一昔前まではアジア系料理といえば
中華レストランだけでしたが、今では大抵の島には、日本食レスト
ランがありますし、ホテル内にも多く見られるようになりました。
宿泊したホテルにも、Kiyokoという日本食(アジア一般)レストラ
ンがあり、お寿司をトライしてみましたが、握りよりロールの方が
いいかもしれません。



b0173754_12495516.jpg


b0173754_12500461.jpg


ある日のランチでは、ジャンボ・パエリア登場!



b0173754_01101271.jpg


イカ墨ライスもあり、バッフェ式でどれも美味しい!



b0173754_12494561.jpg


最後の日、お世話してくれた担当ウェイターが「飛び切り旨い
メキシカン珈琲をいれてあげるから見に来て!」ということで、
カウンターへ覗きにいってみた。火でアルコール飛ばして、
ちょっとアイリッシュ・コーヒーみたいじゃない。得意げな表情!
グラッシャス・アミーゴ!Tipはずんじゃうよ。



b0173754_11144705.jpg



グルメ関連は以上です。011.gif



スティ中は、ホテルのビーチでひたすらリラックスでした。
日焼けはなるべく避けたく、ひたすら藁小屋の中で過ごします。



b0173754_13145111.jpg



動画はこちら↓



強風なので、パラセーリングには最適!



b0173754_13512289.jpg


海岸線の東側をずーと歩いていくと・・・白い砂、砂。



b0173754_16064410.jpg


風があるので、ラブラブカップル用ビーチでディナー組には
ちょっと大変かも。余計なお世話ですね!053.gif



b0173754_16091718.jpg



2日目の夕陽



b0173754_15192207.jpg




*1/3、満月前日
そして、3日目には海藻が全て撤去され、クリアーウォーターのビーチとなりました。



b0173754_13510517.jpg


これが本来のEl Dorado Maromaのビーチ!ホッ034.gif



b0173754_03441519.jpg



ところがこの日、一番の強風が吹き荒れました。



b0173754_15181754.jpg



そんな中、空を見上げていたら不思議な雲が現れ、やがて2つの雲が
接近して合流・・・なんとなく結びの儀式に思えて、その時、
知るはずもない神道の祝詞のような言葉と歌が勝手に口から
出てきて・・・何かが行われた感じでした。



b0173754_13572370.jpg


    この瞬間!お祈りタイム。


b0173754_00412412.jpg


     左側に薄っすらと虹色の光が。



b0173754_13583641.jpg



*1/4、今年初めての満月の日、
早起きして見た朝陽は、たくさんの虹の光に包まれていて本当に
綺麗!祝福サイン?!



b0173754_16014857.jpg



目指すは、Isla Mujeres(イスラ・ムヘーレス)島へいざ!

ホテルからシャトルバスで約1時間、そこの港から船は出ています。

Isla Mujeres島+シュノーケリングを申し込み、フェリー出航!
この船の上では、ロシアやカナダ、中国など様々な人種、
国際交流の場となります。



b0173754_15253846.jpg


新しいマリンスポーツでしょうか。水圧で上昇するみたい。



b0173754_15270344.jpg


この鮮やかなブルーは癒されます。目の保養用にUP!023.gif


b0173754_15275181.jpg


珍しいボートも見かけました。


b0173754_15275691.jpg


そしてシュノーケリング・スポットに到着!「今日は風が強いので
無理しないで」とスタッフ。なんという高波!私にとってのシュノ
ーケリング暦で一番の荒波です。幼少より大津波の夢を頻繁に見て
いて、それは過去生でのトラウマがあるようで、深い海が怖くて、
ここに一旦入ったものの波にもまれてしまい、途中で断念しました。
これ、↓高波にもまれて遭難しているように見えちゃって・・・。
写真で見るより相当揺れているので真っ直ぐのはずが斜めになってた。



b0173754_15303260.jpg


荒波で大揺れの時は空を見よ!といつも見ている私。
鳥雲連鎖の空模様は、2つ前の日記にアップしています。



大揺れの中、この鳳凰雲は消えずにいてくれて、見守っていてくれたかのようでした。



b0173754_15374505.jpg


約1時間後、シュノーケリング組は戻ってきます。あるオバ様は
荒波に酔ってしまいゲロリンで、オバ様の周りに魚が群がって
きました。それを見たスタッフは、「魚たちはハッピーだ!」
と一言!ここで、どんな状況でもポジティブな面をみていこうと、
今年2つ目のリマインド・メッセージ!



b0173754_15384173.jpg


このツアーの最後には、Isla Mujeres島のダウンタウンでのショッ
ピングタイムがあって、そんな時間あるならビーチで泳ぎたいと思いつつ・・・



b0173754_15464801.jpg
b0173754_15465752.jpg



ダウンタウンの街中をテクテク歩きます。メキシコらしいショップを
横目に・・・買い物より海、海に行かないと!という思いがあって、
小走りに制限時間内に成り行き任せに歩いていくと、島の反対側の
海岸に辿りつき・・・なんともわかりやすい日の丸のようなマーク!!
ここが今回の目的スポットと感じたので、こちらで初詣させていただきました。



b0173754_15490521.jpg



ここで禊のごとく、体を浸水させていただきました。



b0173754_15524745.jpg


b0173754_15505457.jpg


このスポットを上空から見ると、紫点に当たります。



b0173754_15432812.jpg


そして、メキシコに来てからの3,4日間ずっと強風が吹き荒れて
いましたが、この日の夕方には風も止み、穏やかなsea breezeに
戻りました。me gusta!

夕陽を見ながら船上で宴会?テキーラ呑んでエキサイトしている
人続出!それもフルムーンパワーかな?012.gif



b0173754_15564986.jpg



西側のユカタン半島に沈む夕陽は美しかった。



b0173754_15565552.jpg


東をみると、既に満月が水平線から上がってきて・・・


b0173754_15570151.jpg



あー、夕日(太陽)と入れ替わり満月も海上から見られるとは・・・
嬉しいギフト!



b0173754_15570560.jpg


満月の夜はFire Dance?! 結構な迫力でした。



b0173754_16033564.jpg


今宵は、2015年初の美しき満月なり。鳥も見えますか?



b0173754_16041554.jpg



*1/5、風も止み海も穏やかに波も静かに・・・海水もクリアになっていました。




b0173754_13525668.jpg


イグアナくんも登場!



b0173754_16060051.jpg



浅瀬に魚が泳いでいるのも見えます。




b0173754_16282768.jpg


なんとも平和なエネルギーが漂っていました。



b0173754_16283386.jpg


夕方の風も心地良く・・・



b0173754_16294530.jpg




*1/6、帰る日の朝、ホテルのスタッフから「スペシャルなケーキ
だから!」と勧められ、それならとそのケーキのsmall pieceを
切っていただきました。すると、その中からプラスチック製の
赤子人形が出てきて、皆から「おめでとう!」と拍手。024.gif 
これって、ガレット デ ロワ!

それは、フランスの公現祭(キリスト生誕に関わる行事で、
キリストが公に現れたことを祝う新年のお祭り)で、ケーキの
中に1つだけフェーヴと呼ばれる王冠か人形(キリストの赤子)
が入っています。ロワ(王たち)とは、フランス語で
「ロワ・マージュ(rois mages)」と呼ばれる東方の三博士のことです。
このフェーヴに当たった人は、幸運が1年継続するといわれますが、
メキシコでは、祝福されると共に、2/2の聖燭節
(Dia de la candelaria)に、この人形を教会に収め、パーティを
開き皆に振舞わうようで、「2月に戻ってきてね!」と云われました。

確か20年前にも、フランスでパティシエ修行してきた友人の
手作りケーキに入っていた王冠も当てたことがあって・・・
普段くじ運のない私ですが、なぜかこれには当たる確率が高い
ようです!では、2月もメキシコに戻って来よう?!・・来たい!

初詣のおみくじ「大吉」な気分で、新年から縁起良く、祝福の赤子人形

(中央)も旅のお供であるMy Holy Friendsの仲間入り。




b0173754_16372360.jpg




気がつけば、部屋の隣は教会でした。



b0173754_16372863.jpg


今回は鳥たちとも縁がありましたね。


b0173754_16374646.jpg



帰る間際の最後まで泳いでしまい・・・鳥雲にもありがとう!



b0173754_16374202.jpg


太陽の国メキシコ!お世話になった人々、大好きな海、自然にもありがとう!

見守ってくださって、”ありがとう”を刻みました♡Mucho Gracias!



b0173754_16375106.jpg



リラックスなハンモック♪をシェアします!



b0173754_16375794.jpg



b0173754_16380225.jpg



メキシコの旅を一気にアップしたので、かなり長くなってしまい
ましたが、読んでくださってありがとうございます!016.gif


最後に2015年へのバシャールからのメッセージと新月の願い事をご覧ください。029.gif








072.gif 新月の願い事ご案内

*願い事タイミング
 ・基本的には、新月直後~48時間以内。
 日本:1/20(火)22:14 ~ 1/22(木)22:13
米東海岸:1/20 814 ~ 1/22 813

 ・強いパワーが働くのは新月直後~8時間以内です。

・この48時間の間で、気をつけたほうが良い時間帯「ヴォイドタイム」は、

  日本:1/22(木)10:45~21:49
  米東海岸:1/21 20:45~ 1/22 7:49

--------------------------------------

★新月が水瓶座にあるときに願うと実現しやすいこと

・ユニークな解決法
・予知
・人道的姿勢
・啓示
・ユーモア
・友情
・冷淡/無関心

以下の内容もあるようです。

*自由
*博愛精神
*独創性
*アイデア・ひらめき
*客観性
*ネットワーキング
*情報
*人道的な活動

   ⑤.日本編:平和なエネルギーの小豆島へつづく







[PR]
by yukistar88 | 2015-01-21 00:24 | 世界の旅 | Comments(2)

⑤.今シーズンの雪体験&山中湖と猫だらけ

*1/7は、不思議な空模様で、午後から急に雪雲が発生し、一時的に猛吹雪となりました。それも10分程度で終わり、再び太陽が出てきて・・・丁度、その時Mallのparkingにいたので、一部始終を目撃していた私でした。

これは吹雪前の太陽ですが、i-phoneで太陽を撮影すると、このような赤丸やレンズダストの点が写りますが、こんな風にユニークな太陽との融合は初めてです。太陽と雲が繋がってオバケのような形・・・そして、またもや鳥ちゃん!


b0173754_14082140.jpg


吹雪前の大きな大きな雪雲が太陽を囲みました。



b0173754_14123302.jpg


雪雲が移動していくと・・・やがて猛吹雪となり・・・



b0173754_14125564.jpg


車が飛ばされそうなくらいの突風が吹き雪が舞い、私は車内で待機。

そして10分で猛吹雪は去り、再び太陽がこんにちは。不思議な空模様でした。



b0173754_12410973.jpg



*1/9、少しだけ夜中に雪が降ったようです。近所といっても車で20分ほどの距離にある公園の雪景色。


b0173754_14350947.jpg


b0173754_14352237.jpg




   ******************* 056.gif日本の旅のつづき  *******************



*11/25
初めて新宿西口から高速バスに乗り、山中湖まで行きました。
新宿ヨドバシカメラの常連である私は、店前から出ている高速バスはよく目撃していましたが、自分が乗車するのは初めてのことでやや緊張。

この日は雨模様でしたが、バスは中央高速を走り、約2時間でホテルマウント富士に到着し、7年ぶりに山中湖に住むヒーラーAkiraさんと再会。


Akiraさん宅は山中湖畔にあるログハウス風なお家で、標高1000mに位置しているので、夏は避暑地で快適ですが、どうやら冬は極寒になるようです。こちらへも7年ぶりの訪問になります。

あいにくの雨で、この日は窓から富士山は見えませんでしたが・・・



b0173754_14370831.jpg



晴れると、望遠でこんな風に富士山がくっきり見えるのですね。素晴らしい!!

(photo by Akira)



b0173754_14384021.jpg


元気なクリッタちゃん。あれ~、ちょっとダッシュで逃げたちゃった?!



b0173754_14372346.jpg



Akiraさんもクリッタちゃんにはメロメロなんですね。むぎゅ~かわい~



b0173754_14382090.jpg


Akiraさんは、フランス・NYと過去に住んでいたことがあり、前婦は私の友人でもありましたが7年前に他界し、しばらくは一人で頑張られていましたが、今ではパートナーであるMutsumiさんと娘さんのAyaちゃんと同居です。クリッタちゃんは、実は片目がないのですよ。



b0173754_14383158.jpg



Mutsumiさんは、一昨年まで日系航空会社のフライトアテンダントをしていたそうで、退職後はマクロビ料理の学校に通い、料理の腕前はプロ並み。Akiraさんも実は料理が得意で、お二人で?三人かな。月一回イタリアンレストランを借りて、One Day Chefをしているそうです。Ayaちゃんも天使のような癒し系の女性です。

この日も親子でランチをつくってくださり、本場レストランで食べるようなデッシュに感動!有難うございました!


b0173754_14374429.jpg



b0173754_14375360.jpg


お豆腐のケーキでしたか?!


b0173754_14380175.jpg



夕食には、山梨名物ほうとうをご馳走になりました。ずーと話して食べての一日となりました。


b0173754_14380803.jpg



I Am Universityの講師であるAkiraさん宅には、スピリチュアルグッズやヘルシー食品が揃っております。


b0173754_14400795.jpg



再会と初対面を祝し記念撮影。お世話になりました。

次回は、春にコラボで瞑想イベントをする予定です。どうぞよろしく!029.gif



b0173754_15252134.jpg


そういえば日本滞在中、珍しいニュースが!!



b0173754_14384962.jpg


なんとも小田急線に乗り込んできた飼い猫ちゃん!こんな親しくされたら、ゴロニャンですね。



b0173754_14394887.jpg




無事に飼い主の元へ戻されたようで、ホッとしました。



b0173754_13452208.jpg



なぜかタイミング的に猫三昧になりましたが、これも偶然じゃないでしょ!!


というのも、1/18は運命の日・・・我が家に猫がやってきます。しかも以前飼っていたミケ似の茶トラの猫プッチーちゃんです。↓ (11/2/2014撮影)


b0173754_14552768.jpg



b0173754_14554208.jpg


ミケは、2006年4月15日に天国へ旅立ちましたから、あれからそろそろ7年が経ちますね。

但し・・・私は猫アレルギーなので、トライアルしてからの決定になります。体質改善されているでしょうか。今の育てのママとパパをしてくださっている方が、いずれ日本帰国となるなど諸々の理由もあり、話すと長くなりますので、その件はまた次回にでも。

この2匹の違いは、プッチーはソース顔で、ミケは醤油顔な点でしょうか。

こちらは在りし日のミケりん

b0173754_14560987.jpg



生前のミケ・ストーリー:http://yukistar88.exblog.jp/13144952/




b0173754_14561460.jpg



現在プッチーちゃんを飼っていらっしゃるRieさんのブログにもたくさん登場しています。



サウンドヒーリングとプッチーちゃんのお迎えといい、ワクワクドキドキな週末であります。016.gif



      気が変わり、次回はメキシコ編をお届けします。



[PR]
by yukistar88 | 2015-01-15 15:34 | 世界の旅 | Comments(4)

④.新春メキシコでミラクル鳥三昧&隠れパワスポ北関東古墳

少々出遅れましたが、神年 明けましておめでとうございます
1/8、NYはこの冬一番の寒波がやってきて、-15℃になりました。

私たちは、地球に何しに来たのでしょう?という質問に対して、貴方は何と答えるでしょうか。苦労や困難を体験するためではないはず。誰もが”愛と喜び”を体験し、そして愛をシェアするためにこの地球に存在しているはず。この世での成長を終え、あの世に持っていくことができるのは愛だけなのだから。

今年の抱負は、しっかりと自分が本当にやりたいことの目標を立てられるとよいかと思います。昨年、話題になった「ありまままの自分」というのは、「自分の個性を生かす」という意味でもありますので、自分の心に正直に、心の底から喜びを感じることを選択し、それを実行される時期が2015年ではないでしょうか。まだその目標が見つかっていない方は、とりあえず今何をしたいのかを思い出し、何らかのアクションを起こしてみるというのもその道へ進むべく一歩だと思います。どうぞ2015年も愛と喜びに満たされた一年をお迎えください。本年もよろしくお願い致します。




b0173754_11293606.jpg




今年も幸せを感じられるミラクルを目撃したり、体験したり、それらをブログを通してシェアしていきたく思います。そして、早速今年最初のミラクルがやってきました。それは鳥ちゃん?!実は元旦からMexicoへ出かけていました。

3.11の東日本大震災後は日本へ行くチャンスが多くなりましたが、日本国内の行き先にしても、毎回の旅先はぼんやりと脳裏に浮かんだ場所だったり、人から勧められたり、情報が入ってきたりと、自分で決めているようで決めていないような感じです。

今回のメキシコは、実は4度目の訪問になりますが、昨年秋のある日、NYの地下鉄内でフッと「次はメキシコ?!」と浮かんだそのすぐ後に、同じ車両にメキシコ人のパフォーマーが現れ、メキシコの曲を演奏しているではないですか!なんとも早いレスに、これはGoサイン!と思いました。



b0173754_14021668.jpg



新年早々のミラクルとは鳥!メキシコスティ中は、鳥の形をした雲がずっと一緒でした。まるで見守ってくれているかのようで最終日まで。その鳥雲シリーズの写真をご覧くださいね。

①.まず元旦にJFK空港へ向う途中、トレインの中から初日の出を見ました。初日の出を撮影した瞬間、鳥が羽ばたいていたので、一緒に写っていました。元気で健やかな羽の広がりですね。



b0173754_14010888.jpg




②.そして、メキシコのホテルに着き、最初に海の写真を撮ったものにもタイミングよく鳥ちゃんが。これだけは、やや意識しての撮影だったかもしれません。しかし、その後は・・・



b0173754_14012772.jpg



 ③. 1/2、翌朝、朝陽を見ようとビーチに出てみると、朝陽にかかる雲がみるみる鳥の形に変化していたのです。



b0173754_12212952.jpg



④. 1/4、Isla Mujeres島へ行く船の上で、ずーーと消えずにいてくれたフェニックスのような雲。




b0173754_11481279.jpg

b0173754_13483679.jpg


⑤.対になって2羽の鳥雲は寄りそうにいてくれました。他の雲は移動したり消えたりしたのですが、この2つの雲だけは、島に着くまでの間、消えずにいてくれたのです。



b0173754_11571084.jpg




⑥.今回の一番目的地であるIsla Mujeres島上空についた時にも、大きな翼を広げた鳥雲。



b0173754_14045377.jpg



⑦. 1/6の午前中。
帰る日の最後にビーチで泳いでいた時。この雲もずっといてくれました。




b0173754_11491564.jpg



名残惜しそうに海を去る時、鳥雲も一緒に移動して消えていったのです。本当に不思議!




b0173754_13335436.jpg




⑧.ホテルから空港へ向かう途中の車中から撮影。まるで見送ってくれているかのような鳥雲でした。




b0173754_17290820.jpg



なぜこんなにも鳥に縁がある旅だったのでしょう。自由に羽ばく年なのでしょうか。
旅の最後に、鳳凰雲に「ありがとう!」



b0173754_07191178.jpg


ある番組で鳥に関連する内容を放送していましたが、この地球に存在する全ての生き物の調和は大事であり、鳥は生命体の始まる第一歩の生き物であるということ。新たな大陸や島に鳥が飛来することで、羽についた植物の種が落ちて、糞が土となり、やがて草木が成長して生命がもたらされる。

今も噴火中で、2014年2月末の時点で東京ドーム49倍の広さまで拡大した西之島ではカツオ鳥が住みつき始めたそうで、何年先のことかわかりませんが、いつかは人が住める島へと運ばれるのでしょうね。

こちらは、メキシコからNYへ戻る時に見えたゴージャスな雲海と夕日です。自然の美しい色と調和に新年早々、”愛と感謝”な気持ちで一杯になりました。




b0173754_11585918.jpg


b0173754_11590644.jpg


b0173754_11591465.jpg


ということで、メキシコ旅日記は、日本旅行記の後になりそうです。029.gif





   ************056.gif日本の旅のつづき ************


*11/22、北関東にこのような大規模の古墳があるとは全く知らず、初めて訪れました。

まずは群馬県太田市の全長210ある東日本最大といわれる太田天神山古墳へ。今まで全く知らずしていたこの古墳は、実は隠れパワースポットのようです。ちなみに日本最大の古墳は、大阪府境市の「仁徳天皇陵古墳(大仙陵古墳)」で、全長840m。




b0173754_14204464.jpg



b0173754_14251881.jpg


この茂みに入っていきます。鳥居をくぐり、中央に神殿がありました。




b0173754_14225761.jpg



住宅地にポツンとある古墳で、別名「男体山」呼ばれ、隣にある「女体山」とペアになっているらしく、二つで陰陽のバランスをとっているようで、穏やかなエネルギーでした。



b0173754_14223022.jpg



そして、ここではデジカメが一時的に作動しなくなり、スマホのカメラで撮影しましたが、ここを出た後は、直ったので、0磁場的なエネルギーではないかと思いました。




次に、埼玉の「さきたま古墳群」へ。


「埼玉県」という県名の由来は、この「さきたま古墳群」だそうで、ここでは古墳の上に登れるということで、古墳マニアの人たちには大人気のスポットだそうですよ。7つの古墳があります。





b0173754_15582108.jpg





古民家が見えたので、そちらの方から進みました。









旧遠藤家住宅。





b0173754_14443145.jpg





白川郷の合掌造りを思い出します。懐かしい田舎風なおうちがいい





b0173754_14420567.jpg




なんとも昔懐かしい木造日本家屋。





b0173754_14581698.jpg




かまどがあります。木の温もりは、本当に落ち着きます。





b0173754_14582394.jpg



火鉢があります。農家の家はこんな感じでしたね。




b0173754_14582908.jpg


猫ちゃんがいました。古墳を見つめるの図です。



b0173754_15282338.jpg


後から失礼・・・「ちょっとだけにょ。」お尻にハートの枯葉がついていますよ。



b0173754_15291357.jpg



半野良猫ちゃんたちですね。ちょっとスランプ顔?!



b0173754_16504761.jpg


その奥には、鮮やかな紅葉の木がありました。



b0173754_15314666.jpg


黄金色に輝く銀杏の木。



b0173754_15321660.jpg


桜のようにも見えるのは、山茶花でしょうか。




b0173754_15371524.jpg



ここが有名な二子山古墳です。




b0173754_15341597.jpg


かなり大きいです。



b0173754_15342760.jpg



稲荷山古墳 こちらは登れます。



b0173754_15353580.jpg


上の登ると・・・対になっているので、もう一方の頂上から。



b0173754_15441162.jpg



そこには埋葬施設がありました。




b0173754_15441980.jpg


ここからの景色は、少し離れた別の古墳が見えます。2つのサークルでバランスが良いです。

イギリスのストーンサークルAveburyを思い出しました。



b0173754_15442476.jpg



かなり広大な敷地に渡り、7つの古墳があるさきたま古墳。

裏側には防風林。快適なエネルギーと共にとても寛げる公園でした。



b0173754_15455889.jpg



最後に丸墓山古墳に登りました。





b0173754_15535113.jpg




b0173754_15535928.jpg


ここはパワフルなエネルギーが出ましたね。





b0173754_15540513.jpg





この丸墓山古墳の上に登ってみると、奈良県飛鳥の甘樫丘展望台に似ていると思いました。飛鳥にもたくさんの古墳がありますし、似ているエネルギーなのでしょう。



古墳自体にもヒーリング・パワーがありますし、UFOの発着場という説もあります。





b0173754_15572120.jpg





最後に、埼玉県比企郡にある「吉見百穴」へ。


ここは、古墳時代の末期(6-7世紀)に造られた横穴墓。






b0173754_16112644.jpg






ご覧の通り、日本のカッパドキヤともいわれています。





b0173754_16110328.jpg





穴の数は219個あり、集合墳墓ということです。





b0173754_16364252.jpg


b0173754_16111115.jpg


昭和19年~20年に、吉見百穴とその周辺の丘陵地帯に大規模な地下軍需工場が造られた。今でも通行可能な直径3メートル程の開口部を持つ洞窟が地下軍需工場の跡である。縦と横の洞窟がそれぞれ交差し碁盤の目のようになっているのが特徴。




b0173754_16114354.jpg




太平洋戦争の末期、米軍の大規模な空襲によって日本の航空機製造工場の生産能力は壊滅的な打撃を受けた。当時、東京都武蔵野市の中島飛行機工場は、空襲から逃れるために地下に移転する計画があったが間に合わず、昭和19年11月と12月の2度の空襲によって生産能力が10分の1に落ち込んだと言われている。そのため、現在のさいたま市にあった中島飛行機工場の移転の必要性が急速に高まり、生活物資の調達に便利で、掘削に適した場所である吉見百穴地域に軍需工場が造られることになった。吉見百穴にある地下軍需工場跡は、こうした空襲を避けながら航空機の部品を製造する目的で造られたのである。




b0173754_16120851.jpg


詳細はこちらから:http://www.town.yoshimi.saitama.jp/guide_hyakuana.html




百穴の丘の上から見た西の空は、雄大でした!





b0173754_16240511.jpg



百穴のすぐ近くにある岩室観音堂

このお堂がとても古く・・・弘法大師が岩窟を選んで高さ一尺一寸(36.4cm)の観音像を彫刻して、この岩窟に納め、その名を岩室山と号したそう。現在のお堂は江戸時代(1661-1673年)に再建されたもので、懸造り様式は関東では珍しいようです。





b0173754_16400926.jpg





不思議とこのお堂の天井を写すと、次元移動のように周りが捩れています。





b0173754_16402208.jpg




この奥には、胎内くぐりがありました。鎖をつかって岩の坂を昇り神木を一周します。




b0173754_16493051.jpg


お堂の横には、四国八十八ヶ所の寺の本尊を模した石仏があり、四国八十八ヶ所巡りと同じ功徳があるとされています。




b0173754_16412004.jpg


以上、長くなりましたが、北関東の古墳巡りでした。


マッタリな気分、柿とナナちゃんで締めます。016.gif



b0173754_16505675.jpg


2015年のっけから長い日記になってしまいましたが、今後ともよろしくお願い致します。


本年も皆さまにとって実りある年でありますよう願っています。




                    ⑤.雨の山中湖&小豆島へつづく





[PR]
by yukistar88 | 2015-01-10 17:11 | 世界の旅 | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧