<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

3月のイベント報告と4月のイベント情報@NY&東京+モナコ映画祭入選映画"Kasumi"

*3/22、満月の日の太陽と雲です。
漸く春の訪れを感じられるようになりました。


b0173754_13071727.jpg


満月の日は、太陽・地球・月がほぼ一直線に並びました。



b0173754_13072602.jpg



今年になり、サウンドヒーリングをさせていただく
チャンスが増えてきました。波動や周波数が 今
注目される時代となり、サウンドヒーリングが、
少しでもお役に立てるようなら、私もできる限り、
お勤めして参りたいと思います。


*3/3、桃の節句の日は、臨月の妊婦さん3名様の
プライベートセッションでした。
以前、8ヶ月の妊婦さんへサウンドヒーリングを
したことがありますが、安産だったという報告が
ありました。
音浴は、羊水や胎児へも響きますので、胎教にも
良くお薦めしています。

この日のセッションでも、サウンドヒーリングが
始まるなり、お二人の赤ちゃんは、アクティブに
動きだしたそうです。
皆さん3月が出産予定でしたので、今頃は新米
ママさんデビューでしょうか?!



b0173754_10074471.jpg




*3/16、
マクロビ料理講師のMoetさんとの初コラボでした。

NJ地区でのグループセッションは2度目で、
久しぶりでした。



b0173754_10082014.jpg


優しいおふくろさん的なメニューのMoetさんの
ランチでした。

デザートのストロベリームースも美味しかったです。

b0173754_10080099.jpg


この日のメンバーです!
ありがとうございました!



b0173754_10074955.jpg




*3/21

寒さがぶり返した春分の日、そして21日明け方には

雪が降り、朝起きると、当たり一面薄っすら雪景色。




b0173754_12121666.jpg



そのうち太陽が顔を出し晴天に恵まれ、クレンジングに

相応しい清々しいお天気を迎えることに・・・。



b0173754_13073198.jpg


NY式部会の会場に入ると、真っ先に目に

飛び込んできたのは大きな桜の木!

マロッチ様が(理恵さんのご主人)が用意して

くださったのだとか。



b0173754_14291219.jpg


窓辺には、春らしい色とりどりのヒヤシンスや

チューリップも。外はまだ冬モードですが、ここは

すっかりお花見春気分!ありがとうございます。




b0173754_14294557.jpg


午前11時過ぎより、冬から春へ向けてのクレンジングを

意識した瞑想、そしてサウンドヒーリング。




b0173754_14304273.jpg



b0173754_11420009.jpg



063.gif 後半は、優雅なひととき。
Shizukoさんによる英国式アフタヌーンティのおもてなし。


b0173754_14322468.jpg


Ikukoさんもヘルプに来てくださいました。

お二人の手際よい準備とおもてなしに皆さん大満足!




b0173754_12161578.jpg


Shizukoさん手作りスコーンや4種類サンドイッチ

美味しく、紅茶は、オーガニックアッサム、ダージ

リンセカンドフラッシュ、オリジナルアッサムブレンド

と3種類のティステイングも。




b0173754_14324224.jpg


スコーンは、焼きたてを召し上がります。



b0173754_14324873.jpg



お持ち帰り用には、アールグレイ茶葉とレモン

風味のマドレーヌ。しかも、ほとんどがオーガニック。




特別にShizukoさんの手作りナチュラル石鹸も販売され、

なんと完売。(ちなみに4/29のバザールでも販売)



b0173754_14340709.jpg



ご参加くださった皆様ありがとうございました。

参加者の中には、ジュエリーデザイナー・

アナウンサー・日米での料理の先生・看護士や

ヨガのインストラクターなど、そんな多才なメンバー

との出会いもある式部会なんです。


今回は、数名様キャンセル待ちとなる程

でしたが、次回ご縁ありましたらお気軽にどうぞ!



b0173754_14334710.jpg



式部会初参加の方もいらっしゃり、また育児に

ストレスを抱えていたママさんも癒されましたと。

サウンドヒーリング中、すっかり熟睡していました、

リラックスできました、全身ビリビリきましたなど

コメントいただきました。

そして、残念ながら翌日と勘違いしてしまった

方もおりましたが、イベントが終わる頃、

わざわざ1時間かけて郊外から駆けつけて

くださった方も。ご足労様でした!


その方へも紅茶をサーブしたり、サンドイッチをお持ち

帰り用にサッサとラッピングしてくださったお二人さん、

そして、お時間つくってくださった理恵さんへも感謝!




b0173754_14335615.jpg



NY式部会のRieとして、皆さんの支援をして

くださっているRieさん、いつもありがとう!


最近、発見したことがあって、偶然とは思えない・・・

紫式部に似ていると思うのは、私だけでしょうか?


式部会の名付け親は、娘のハルカちゃんだ
そうで、なるほど鋭いかも!


b0173754_14374153.jpg



皆様、お疲れさまでした!



*3/6NY群馬県人会に参加しました。

NY一、んっ⁈東海岸一美味しい江戸前寿司店

”牛若丸”のオーナーシェフも群馬県人で貸切り。


b0173754_12033261.jpg



群銀さんから焼きまんじゅう、LAから
いらした永井酒造から水芭蕉(群馬地酒)や
地beerやお土産のお米の差し入れもあり、
美味しいお寿司といい、なんと豪華な。



b0173754_12034435.jpg

b0173754_12051133.jpg


b0173754_12043268.jpg



b0173754_12033822.jpg


在米55年でアーチストの飯塚氏は富岡市出身で、
貴重なアメリカ昔物語も。



b0173754_12090924.jpg



いつも一生懸命オーガナイズしてくれる幹事の
Naomiさん,Konishiさん、Iizukaさん,ご苦労さま!



b0173754_12054264.jpg


大好きなHARBSのミルクレープがraffleで
当たりましたよ!ありがとうございました❤︎



b0173754_12061216.jpg


この年次総会の参加者は約50名参加!
来年の総会には、群馬県知事も参加されるそう。


b0173754_11554521.jpg


以上、3月のイベントご報告でした。





ここからは4月に向けてのNY&東京でのイベントの

お知らせで、私のお仲間なので紹介させてくださいね!




056.gif「水と森の聖地、伊勢神宮」・「奇跡に出逢える

世界の聖地」の著者で、写真家稲田美織さんの

写真展のお知らせです。


3/29-4/11までNYのTENRIギャラリーにて
『伊勢と世界中の聖地写真展』を開催します。
15年間撮り貯めた写真の展示を開きます。
NYのテロの目撃から、調和の鍵を探して
巡った世界中の聖地、また導かれた伊勢神宮
の神域、美しい祈りの写真を展示します。


b0173754_06245875.jpg


オープニングパーティは、3月31日18:00-20:00

ギャラリートークは、4月2日、14:00-16:00

住所 43A West 13th Street NYC 10011 (Bet.5 Ave.&6 Ave.)
電話 212-645-2800





056.gif4/1、11:00am~

美しくめぶくための、春のトリプル・コラボレーション
「クリスタルボウル × CymaSonic演奏会」のお知らせ
 
春分もすぎ、
いよいよ暖かくなって春本番です!
服装も足取りも軽くなるこの時期、
心と身体をかる〜くする「演奏会+お茶会」に
いらっしゃいませんか?
 
マンハッタン近隣各所での演奏会をはじめ、
国内外でご活躍中のクリスタルボウル&
ピアノ演奏家・守谷 直恵さん
ヘルシー&ハッピーライフを周波数で
応援する、サイマソニック・ヒーリングの
山田 惠さん。
いなわら亭でスピ薬膳をお届けしている、
野原 木綿子さん(こみちゃん)。
 
この3名によるコラボで、今春のリラクゼー
ションをいち早くお楽しみいただきます!
 
守谷さんが奏でるクリスタルボウルの天の
調べに乗せて、「サイマソニックDJ」と
なった山田さんが身体へのアプローチを
大型振動スピーカーと重低音ウーハーに
替えて空間を包み込みます。
 
「クリボウの倍音」×「床(ボディ・皮膚)
と耳で聞く周波数」
 
この心地よさは前代未聞、そして初公開!!
音が白うさぎとなって、みなさんを
「夢の世界」へご案内します。
 
夢から戻った後は、こみちゃん@いなわら亭
による、同じく音を聞かせた「音スコーン」
と本邦初公開!の「テラヘルツ・ティー」
で、身体の中からもたっぷり、癒やしと
エネルギーを受け取れます。

b0173754_14581181.jpg
 
++++++++++++++++++
 
音作りのテーマは「めぶき」。
 
本格的な春を前にして、この時期は体も
心も冬に縮こまった状態からリリースされます。
ヘルスケア的にはデトックスやダイエットに
最適な季節といわれ、新しいエネルギーが
身体の中からわいてくる頃です。
 
木々や草花の新芽がめぶいて新しい生命の
サイクルに入るように、あなたの心と身体
にも、これからの季節に美しく花開く
ための「めぶきのリラクゼーション」を
プレゼントしませんか。
 
これまでの自分を受け止め、新しい自分へ
生まれ変わる…
ご自分の生命と愛、そして幸せの胎動を
感じてください。
 
++++++++++++++++++
 
日時:4月1日(金) 11時30分〜13時30分頃
場所:アッパーウエスト・自然史博物館裏
(お申込み後に、詳細をお知らせします)
 
会費:$40・おみやげのスコーンつき!
定員:20名
 
*1時間程度のセッションを予定しています
*当日はぜひ、横になって全身で「音」を
感じていただけるよう、ご愛用のヨガマットを
(必要でしたらブランケットも)ご持参ください
*テラヘルツについてはこちらをどうぞ
http://www.tamelis.net/tera/merit.html
 
4月の始まりの日、三月うさぎのお庭で
「守谷・アリス」と「マッドハッター・山田」
がお待ちしてます。「ヤマネ・Commy」の
お菓子とお茶もどうぞ♥
 
ハートに「ピコン!」とサインが来たら、
こちらの申し込み用メールアドレスまでご予約を!
 
サイマソニック・ヒーリング事務局
cymasonic@gmail.com






056.gif今回で4回目となりますマクロ美講師のKiyomiさんとのコラボ。


*★***春の瞑想とサウンド・ヒーリングのワークショップ***★**


春の4月3日と5日に、星ゆきのガイドにて、
グラウンディングとデトックスを中心とした
冬から春に向けての心身クレンズ(浄化)を
意識した瞑想とサウンドヒーリングをお届けします。

瞑想後は床に寝転んでいただき、音叉
ヒーリング(チューニング・ フォーク使用の
サウンド・ヒーリング療法)をメインに、シンギング
ボールや 自然界の音を奏でる民族楽器の音と
バイブレーションを浴びていただきます。

生体エネルギーとチャクラ活性へのサポート、
ボディの調律、マインドを リラックスさせる効果
など、心地良いリラクゼーションのひと時を
お楽しみください。
(*瞑想は経験がない方も大歓迎、
ヒーリング中は眠っていただいても構いません。)



b0173754_09471271.jpg



シンギング・リンと528Hzのパイプバーも
ご用意しますので、倍音なる光の シャワーに
よる免疫力アップ、DNA修復、愛の波動も
感じていただけたらと思います。

*シンギング・リンについて:http://kiring.com/what.html

サウンドとバイブレーションから波動水もできますので、
ミネラルウォーターをご用意ください。

*サウンドヒーリング体験者の声:
「目眩が治った・頭痛が治った・心地良く熟睡した・
心身が軽くなった・身体に気が通った・ 頭が
すっきりした・悩み事が消えた・お酒の量が減った・
食が細くなった・宇宙空間を 漂う感覚がした・
体の一部がビリビリ感じた・身体が勝手に動いて
調整されたかのよう ・睡眠が深くなった・朝の
目覚めがよくなった・視界が広くなった・故人と
対面した」


★星ゆき: HP:http://yukistar88.holy.jp/



今回は私から、春のデトックスお手当と気分を
落ち着かせ春のデトックスを促すアロマバス
ソルトのプレゼントをご用意しています。
そして、マクロ美レメディ(お手当)をご用意します。

今回はヒーリング後の、レメディ(お手当)
中心のデトックスメニューです。 半断食に
なっていますので、参加費用をリーズナブルに
してみました。
今回は日曜日のアフタヌーンティータイムの
クラスと夜クラスを開催いたします!
音叉とのコラボは、好評となり第四弾の企画
です!
ぜひこの素晴らしい体験を皆さんとご一緒
できたらと思っています

前回の様子はブログに投稿しています。
こちらも是非ご覧になって見て下さいね!


あと、日本滞在中に広島でもコラボさせて
いただきました。こちらのブログは↓です〜!



毎回毎回パワーアップしているゆきさんの
ヒーリングを是非!超オススメのクラスです。

開催日 
4月3日の旧暦ならひな祭りの日!
5日の大安日開催となります。

☆ 4月3日(日)コラボアフタヌーンティータイム


☆ 4月5日(火)コラボディナークラス 


講座費用は、各クラス40ドルとなります。
定員は7名です。 

ゆとりの人数設定なので、お早めにお申し
込みくださいね!
波動水があるように、お土産でご用意した
アロマグッズも皆さんと一緒に音叉の
セッションを受けますので波動アロマ
グッズになりますよ〜 持続力が増す事
間違いなしですね!
開催場所はご存知の皆様も多いことと
思いますが、私の自宅、マンハッタンの
ミッドタウンイーストです。

お申し込み頂いた方へ、リマインダー
メイルを送らせて頂く際に
詳細をお知らせしています。
セッションは横になって頂きリラックス
した状態で行います。

ご参加される皆さんへ床に横になった
際に痛くならないように
サポートするタオルやブランケットを
ご用意頂くようお願いいたします。
(数にかぎりがありますが、こちらでも
ご用意しています。)
また波動水に興味のある方はミネラル
ウォーターボトルをご用意下さい。

セッションの後にお手当を中心とした、
軽食と質疑応答を考えています。

ヒーリングワークとデトックスの相性は
とても良いので、 ぜひ体験してみてくださいね。

お申し込みは kiyomiart☆hotmail.com (☆を@に置き換えて)

ご希望のクラス時間、お申し込みの方の
お名前と当日のご連絡用として携帯等の
電話番号をお知らせ下さい。

お申し込みお待ちしています。

野田清美





056.gif NY式部会にて

『春のポケット・ブティック』バザールが

 開催されます。


*4月29日 (金) 10:30am〜2:00pm


私からは、空雲写真と陶芸、クリスタル

ブレスレットの販売とプチ音叉ヒーリングです。


詳細は、こちらにあります!

http://ameblo.jp/ny-shikibu/entry-12140720565.html




b0173754_09480976.jpg





056.gifそして日本の皆様へ


友人である葉山在住のMARIAはるなさんの個展@銀座

b0173754_13005380.jpg

4/11-16と、銀座の”ギァラリーうぇすと”にて、
天使や妖精など、夢のような世界へとお誘いします。


b0173754_12585923.jpg

作品集の紹介です。

b0173754_14215738.jpg

b0173754_14223203.jpg


b0173754_14230278.jpg

b0173754_14233374.jpg


b0173754_12592299.jpg


MARIAはるなさんのプロフィール


b0173754_10495711.jpg




056.gifこちらは、NY在住のMisakiさんが制作した
短編映画「KASUMI」が昨年のモナコ国際
映画祭に入選いたしましたので、紹介します!

4/14までウェブにて無料公開しています。


もし「希望」のメッセージを感じ取って

頂けたならシェア頂けますと幸いですとのこと。


b0173754_10073697.jpg

私は3回観ましたが、観るたびにまた新たな

メッセージがあります。

映像も美しく、NYの街並み、そしてストーリーは、

観る者によって、いろんな捉え方があるかもしれ

ません。ぜひご覧くださいませ!

26分の映画です。



061.gif「KASUMI 」 (4/14まで視聴できます)

  full version (26 min.)本編(26分)


ここからご覧ください!


- no moment without hope -
www.misakimatsui.com




035.gif最近のプッチーくんです!


「いい写真だね!」とプロのアメリカ人

フォトグラファーに褒められました!045.gif



b0173754_14553438.jpg


b0173754_14553948.jpg


b0173754_14551518.jpg


b0173754_14555002.jpg


ピアノ演奏するLeoくん!


b0173754_12094210.jpg


024.gif一足お先のBD祝い、ありがとうございました!


b0173754_12101192.jpg


そして、3/24-30と、初めてセドナへ行きます。

昨年8月にシャスタデビューし、アメリカ大陸の

自然に触れる旅は、ネィティブアメリカンに触れる

ことでもあります。漸くセドナに行くチャンスが

巡ってきたようです。



b0173754_11543120.jpg


次回の日記(ブログ)は、3月末になります。


皆様、お元気でお過ごしくださいね!016.gif






[PR]
by yukistar88 | 2016-03-24 11:37 | イベント | Comments(2)

⑥.足利パワースポット厳島神社の巨石と女神会&マッキンリーに眠る植村直巳物語

056.gif 日本滞在記のつづきですが、
NY在住で同時期に日本滞在していたRieさんから、
「2/16は、東京で時間ありますか?」と。
「残念ながら、その日は北関東にいるので難しいかも。」
というと、「では、みんなでそちらへ行きます!」と。
その翌日にはメンバーも即決、偶然にも皆さん都合が
OKで、本当に特急列車で90分かけて、栃木県の足利に
いらっしゃった!
毎度ながら、この即決力と実行力には驚かされます。

そして、2/16には、NY在住2名、岐阜から1名、
東京から2名というメンバーが集まり、アッという間に
”栃木女神会”となりました。



b0173754_15212931.jpg


折角遠方から来てくれるのだから、美味しいランチを
と選択したのが、足利のココファーム&ワイナリー



b0173754_10002364.jpg


モービルチャイムを鳴らす料理人本道佳子女史。
今や雑誌やTVでも大活躍!ですね。
2,3年ぶりの再会でしょうか。



b0173754_10003375.jpg

今回の栃木女神会メンバー!
2年前の東北巡礼の旅以来の方も。



b0173754_10004536.jpg


ココファーム&ワイナリーのランチは、手頃でお薦め!


b0173754_10005385.jpg


翌日バースデーというNY在住のMayumiさん!
サプライズケーキ!感動の涙ね。おめでとー!

今が旬のストロベリーケーキ、日本のケーキは絶品!


b0173754_10005929.jpg


ランチ後は、聖地巡りその道のベテランである
岐阜在住のTomokoさんもいらっしゃるので、
皆で足利の名草厳島神社を参拝することに。






b0173754_15231150.jpg


誰もいなくて、ひっそりとしていました。


b0173754_15224212.jpg


鳥居をくぐって間もなくすると黄金の川があって。



b0173754_10011687.jpg


疑いなく本物の砂金がありました!
こんな身近なところにあるなんて!!


b0173754_10012403.jpg


更に奥へと山林を歩きます。


b0173754_10040666.jpg


やはりパワースポットですね!


b0173754_10031649.jpg


参道を歩きながら撮影すると・・・光が出る出る。
こちらはスマホ撮影の光。


b0173754_10041865.jpg


こちらはデジカメでの撮影。
美しい光が出ました!


b0173754_10042866.jpg


調和のとれた神々しい光です。


b0173754_10043411.jpg



名草厳島神社は、弘仁年間弘法大師空海によって

勧請されたと伝えられ、江戸時代中期には別当で

ある金蔵院によって巨石の上に石宮、 後に弁財

天像(現在も金蔵院弁財天堂に祀られる)が

造立されました。江戸時代の祭典の際には、

弁財天を運び祭礼を行っていたましたが、

明治維新の神仏分離により、 厳島神社と

なり平成元年新たに弁財天を造立しました。



b0173754_10024964.jpg


弁慶の割石


b0173754_10022869.jpg

b0173754_10021968.jpg


b0173754_10023625.jpg


鎮座している名草巨石群は国指定の天然記念物。   
足利七福神めぐり社寺の一つで弁財天<福徳財宝・家内和合>の神社です。



b0173754_10030280.jpg


巨石の左側から胎内くぐりがあります。


b0173754_10024335.jpg

湾曲滑らかな巨石ですね。胎内だけに女性エネルギー。


b0173754_12292478.jpg


これで巨石のサイズがわかりましょ?!


b0173754_10032527.jpg


この巨石より、まだ奥へと山道を進みます。


b0173754_10041243.jpg


名草巨石群に到着です!
ここが本宮で、その上はポッカリ天空を
仰げるようになっています。


b0173754_10052973.jpg


この中央が”本宮”になります。



b0173754_12340969.jpg


祈祷巫女Tomokoさんが、ここで
いろは唄、ヒフミ唄、アワ唄を歌いました♪

すると風が吹いてきて、サーサーと木々が
揺れ出しました。

霊気や神気を感じるのはこの風なんです!



b0173754_10054295.jpg


そして、唄い終わった瞬間に、私の中では
その瞬間に弘法大師が浮かんできて・・・

とその時です!目前の一本の木から「プォ~~ン」という
音というより声が聴こえたのです。この音は皆が聞いてて、
「ワッ!なに?」と。神様からのお返事と受け取りました。
弘法大師?!


日が暮れる頃で、太陽の日差しが出たり消えたり
でしたが、目の前に見えた木々の合間に大きく
光る石が見えて・・・・これがどうしても鏡に
見えるのでした!
そして、瞬時に撮影したその直後パッと光が
消えてしまったのでした。お示しですね。



b0173754_12341531.jpg


次に、足利の鑁阿寺(ばんな)へ。
漢字が難しいですが・・。


b0173754_10063542.jpg

寺の周囲のお堀には鯉。


b0173754_12410956.jpg


鑁阿寺は、源姓足利氏二代目の足利義兼(あしかが

よしかね)が、建久7年(1196年)に、邸内に持仏堂

(じぶつどう)を建て、守り本尊として大日如来を

祀ったのが始まりといわれています。

 その後、三代目の足利義氏(あしかがよしうじ)が

堂塔伽藍を建立し、足利一門の氏寺としました。

 周囲に土塁と堀をめぐらした寺域はほぼ正方形で、

約40,000平方メートルあり、鎌倉時代の武家屋敷の

面影を今に伝えています。

 境内には国宝指定の本堂など貴重な建物が多く、

また大正11年には国の史跡に指定されています。




本堂


b0173754_12295378.jpg


裏手のこのお堂には、徳川家の家紋があります。
ちょっと謎?!それは・・・こういうことらしく、

創建は鎌倉時代と言われていますが、現在の建物は
徳川11代将軍家斉の寄進によって再建され、
本殿に源氏の祖を祀ってあります。
拝殿には、県指定文化財足利15代将軍像を祀ってあり、
葵の紋と言えば徳川家の家紋。徳川11代将軍家斉の
寄進などもあったからか、徳川幕府からも保護されて
いたのではないかと。




b0173754_12355589.jpg


その手前にある御霊所は、俗にいう赤御堂、
ここの瓦屋根に注目!もしや封印マーク?

源氏の祖と足利十五代の将軍像を祀り、
建物は徳川十一代将軍家斉寄進とのこと。




b0173754_12304705.jpg

一切経堂

b0173754_10070267.jpg


ここはお隣の足利学校。
日本で最も古い学校として知られ、その遺跡は
大正10年に国の史跡に指定されているそうで、
ここは時間的に閉館となり残念!
またのチャンスに参りましょう。



b0173754_12370218.jpg


そして5:30pm、
ご一行様は東京へ戻るので足利駅でお別れです。

この日の足利市内の神社と寺巡りは、
Junさんがご案内してくださいました。
ありがとうございました!



b0173754_12294667.jpg


実家のナナちゃん、急に片足がびっこ引くようになり、
音叉ヒーリングをしてみました。

ジーーと動かず、受けてくれました。
効果あるワン?!


b0173754_07090883.jpg



*2/18
いよいよ日本を離れる日。
成田空港では、たくさーーんのアジア系外国人で
溢れていて驚きました!100mの列。


b0173754_12402079.jpg


NYまではアンカレッジやアラスカ上空を通ります。

こんな雪山を見て・・・



b0173754_12410188.jpg


ここを通る度に、マッキンリーで遭難した
冒険家植村直巳氏を思い出します。
彼は遭難する前までどうだったんだろう?



b0173754_07105356.jpg




何年もそんな意識を抱いていたせいか、NYに
戻ってすぐ、衛星放送にて植村直巳特集
番組の放送がありました。



b0173754_12561320.jpg


植村直巳が遭難した時のことを、詳しく知りたい
って、心のどこかで思っていたから・・・



b0173754_12570326.jpg


ありし日の植村氏は、とても嬉しそうで。



b0173754_12553360.jpg


冒険家だけに、常に危険と隣り合わせ。



b0173754_12552831.jpg


自然を相手にひたすら自分の夢を貫く・・

番組では、マッキンリー登山へと挑む植村氏を
見送ったスタッフは、これが彼の最後の姿だと。


b0173754_12561898.jpg


こちらは、上空から見かけたシーン。

厳冬期のマッキンリー登山成功者は植村氏が
初めてだそうで、達成した後に遭難したというのは、
まだよかったのでしょう。彼にとって夢を果たせた
ので、それならよかった!とも思えました。

冒険家として夢を追い続け、この最期はある意味
理想であったのかもしれません。
それはマッキンリーを思う度見る度に植村さんが
浮かびますから。彼はあの山に永遠にいらっしゃる。


b0173754_12562297.jpg


北関東で見た光芒夕焼け空



b0173754_10001392.jpg


NY上空。機内からの撮影で、マンハッタンが
夕陽に照らされ輝いていました。



b0173754_12395260.jpg



恒例のプッチーくん!
窓の外を覗き黄昏る。


b0173754_13035914.jpg

そろそろおネム・・・


b0173754_13034448.jpg



やっぱり寝ちゃう!アンモニャイト?!



b0173754_13035256.jpg



密かに嵌ってしまったある方のパフォーマンス!

ピーター似の美人なモンゴルのシャーマンですが、
あまりにダイナミックな演奏に惚れました!

猿・狼・鳥・馬の鳴き声が出来るのも凄い特技で、
とにかくご覧くださいませ!





https://youtu.be/4SMvVUyxpvQ



オーケストラたちも唖然?!
圧倒されたような表情では。













https://youtu.be/YeAp1fPt8Eg





2016年1,2月の日本滞在記はこれにて完了です。

最後まで読んでくださってありがとございました!016.gif




[PR]
by yukistar88 | 2016-03-23 02:06 | 日本の旅 | Comments(0)

⑤.国生み神話日本で最初の国土 淡路島聖地巡り&迫力の鳴門渦潮接近!

072.gif春分の日を迎えたと同時、3/20はお彼岸の
中日で、3/19-23の間は天体の影響もあり、
新たなエネルギーが降り注ぐと云われています。


b0173754_11110573.jpg


日本時間では、3/20 午後1:30
米東部時間では、3/19 午前12:30

太陽が魚座を抜けて牡羊座にはいり、
宇宙レベルの2016年が明けるそうです。
 
宇宙レベルの2016年は、月と金星の
勢いが強く、どちらも女性を象徴する
ので、女性の存在感が増すそうです。
女性役員や社長など・・・
ということは・・・
アメリカ大統領も可能性大ですね。

男性たちは、明るく華やかな女性と仲良く
したり、仕事をすることでチャンスが開くとも。
 
2016年の鍵は、異性メンバーとつるむと
運気がアップされるそうですよ。
(Keiko開運情報)


まぁ、異性に限らず明るい方と一緒に
行動しますと、引き上げてくれますね。

そして、春分の日が明ける12:30-1:30の
時間帯で気付きましたが、前日に見た夢は、
この時間に天から何かが降ってくるという
内容でした。




b0173754_11115127.jpg


3、4月は三寒四温で、天候も不安定に。
私もここ数日は眠気が強く、人によって
様々な症状が出ているようですね。

この期間は、瞑想や聖地訪問、自然に触れる、
エネルギーワークなどで過ごされると良いです。





      ***** 056.gif 日本滞在記のつづき *****

*2/12
四国琴平の金毘羅神社を参拝し、その足で鳴門海峡
から淡路島へ。

前回(2015年9月)の日本で、初めて淡路島を案内
していただき、その続きとなるべく、今回は要
スポットの淡路島の奥地へと続き、イザナギと
イザミア二神伝説に纏わる自凝(おのころ)島神社、
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)諭鶴羽山
(ゆづるはさん)神社、岩楠神社と絵島への
訪問となりました。



b0173754_15091553.jpg



四国と淡路島を繋ぐ大鳴門橋



b0173754_15093638.jpg


諭鶴羽山(ゆづるはさん)神社は、淡路島最高峰(約608m)の
諭鶴羽山頂にあり、日が暮れる寸前でしたが、雨予報が
一日ずれたので安全に行くことが出来ました。


舗装されていない車一台しか通れない細ーい山道
でしたが、途中、野生の親子鹿と遭遇。ハロー!



b0173754_15095760.jpg


どの山もそうですが、山頂手前でエネルギーが変わります。
そこから結界が張られているかのような感覚があります。



b0173754_15094625.jpg


4:30pm、
諭鶴羽山頂にある諭鶴羽山(ゆづるはさん)神社に到着!



b0173754_15100246.jpg


アイススケートの羽生結弦選手もここを参拝された
ことがあるそうです。「ゆづる」だけに?!


b0173754_15101222.jpg


「ゆずりは木」


b0173754_15100738.jpg


和歌山県と徳島県の境目、その海に向って、
天の浮橋遥拝所(520m)から手を合わせました。



b0173754_15104789.jpg


天の浮橋遥拝所から国生み神話伝わる沼島が
よ~く見えます。島好きとしては行ってみたい。




b0173754_15103082.jpg


境内には、立派な親子杉の御神木。


b0173754_13023687.jpg


行きとは違うルートで下山すると、途中にダムが
あり、深い緑色が美しくもあり神秘的でした。



b0173754_15130704.jpg


しかし、山頂から流れる川にはほとんど水が流れて
いなくて、ダムの下流に当たる諭鶴羽ダムの湖水は、
ほぼ枯渇状態だったので、もしや水不足?!


b0173754_03434099.jpg



この日は朝から曇り空でしたが、諭鶴羽山神社
参拝後に雲が激しく移動し、日が射し始めたのです。



b0173754_15150024.jpg


長い龍のような雲も現れて・・・


b0173754_15150850.jpg



下山と同時、願ってもいなかった夕陽が
見られたのでビックリ!


b0173754_15110466.jpg



しかも夕陽は一瞬のこと!
5分後には再び雲に隠れてしまいました。



b0173754_15110935.jpg




この日の宿は、鳴門海峡近くの”潮崎の湯 やぶ萬”
泉質が実に良くて、お肌がツルツルになります。

記憶では和歌山県白浜温泉の南 椿温泉と龍神温泉も
同じような泉質でツルツル温泉でした。



b0173754_13102225.jpg



夕食は、ふぐ刺しとてっちり鍋。
冬ならではメニューであり。
10年ぶりにふぐを食べたような。


b0173754_15152073.jpg



南あわじは、独立するという話題もありますが、
地元の人たちは、素朴で優しいです。

”潮崎の湯 やぶ萬”の女将さんが、これまたええ人で、
一生懸命なんですねぇ。しかも今時 朝ご飯も部屋食という。
一部屋一部屋御挨拶にまわっていたのではないでしょうか。
創業100年とのことで、建物は新しくないですが、
温泉といい、女将さんの人柄にはガッテン!





*2/13、

この日は、朝一で鳴門渦潮を船から見物。

とうとう雨雲が押し寄せ、朝から雨で、
更に風も強く、春一番なんだとか・・・。

それでも予報より一日半遅れの雨で、
助かりました。



b0173754_15140058.jpg



大鳴門橋のたもとにある道の駅に立ち寄り・・。

潮の流れが激しくて怖くなります。
風の音が激しいので、ボリューム注意!




https://youtu.be/PdfDlrc24tw



あら、エッサッサ!?
若い頃はこんなことできなかったけど・・。



b0173754_15143106.jpg


鳴門渦潮は、一定して発生するのかと思っていたら、
潮の満ち引きで渦の発生は変化するそうです。

私らが接近する時間帯は、渦巻ピークタイムらしく、
ということは、渦が激しいと船が渦に巻き込まれる
のでは?・・という心配は入りませんでした。

お天気が最悪で雨風も激しく・・・ということは、


b0173754_15164250.jpg


大蛇か龍が水面で大暴れしているように
見えてきました。だから雨?!


b0173754_15170779.jpg


渦潮のメカニズムはこちら↓


b0173754_03433002.jpg

b0173754_03432531.jpg



それでも渦は所々見えたり消えたりで、
タイミングがあります。

鳴門渦潮はパワースポットで、この渦に入って
祈祷する阿舎利もいるのです。無謀ですが。


なぜパワスポかというと・・・・
アニメ本「アマテラス」にも出てきますが。
スパイラルのエネルギーなんですね。

宇宙銀河も自然界のカタツムリや巻貝、
胎児は渦巻きを描いて産道を通って
産まれてくる、注連縄は雌雄の蛇神、
生命波動エネルギーを現す陰陽の
偉大な神の力=渦巻き螺旋が神の力と。


b0173754_03523399.jpg

更に・・・

日本列島を護るには、「竜の腹の勾玉を探せ」。
勾玉は生命の元の形(胎児)、よって
「陰陽2つで、日の本をつくる」=国造りの原点。
つまり・・・竜の腹、陰陽2つの勾玉が指す
場所は、淡路島と琵琶湖!

創世神であるイザナギとイザナミが始めて
造った島がおのころ島=淡路島。

日の本を護るムーの神剣は・・・
手がかりは鳴門渦潮にあるのかも・・・

で終わっている「アマテラス」なんですよね。

それは以前から実行したかったことでもあり、
暴風雨に当たりながらも渦へ向けて祈願。
ビッチョリになりました。



b0173754_14173233.jpg




迫力ある鳴門渦潮の動画です!
風の音がすごいのでボリューム気をつけて。





https://youtu.be/Fa0JOJaHP3c




帰り道?帰り海はなんとカモメの大群に見守られ・・・



b0173754_11432239.jpg


というか餌をあげると接近してくるのでした。

これがおかしくて、餌にぱくつく瞬間とか。



b0173754_15142499.jpg


風にたなびき、こんな滑稽な姿も笑えます。
よたってる子も。



b0173754_15141633.jpg



咸臨丸という蒸気帆船に乗りました。

そして、お気づきでしょか?



b0173754_15140950.jpg


渦潮クルーズは1時間ツアーで、ずっと
土砂降りだったのですが、終わった頃
太陽が出ました!

そして、福良港を離れる前に、大・大好物の
サザエのつぼ焼きをパクッ!4つで¥500は安。
食好物ベスト3なので、あ~満足!


b0173754_15240939.jpg



次は、おのころ島神社へ。
日本三大鳥居の1つで、21.7mあるそうです。



b0173754_15172675.jpg



正殿前にはあるこの石は、イザナミとイザナミの2神が
つがいの鶺鴒が石にとまって、契りをかわしている姿を
見て、夫婦の道を開かれて御子がお産まれになったとの
神話がある神石。なので、縁結びの神社でもあります。

<赤白の綱を握ってお参りする方法>
・新しい出会いを求めている方
白、赤の順番に縄を握り、想いを込めて祈る。

・一人で来られて、今の絆をより深めたい方
赤、白の順番に縄を握り、想いを込めて祈る

・カップルやご夫婦など二人の絆をより深めたい方々
男性は赤、女性は白の縄を握り、二人で手を繋いで
想いを込めて祈る。

*「引っ張らないでください」て注意書きがありました。


b0173754_15290590.jpg


b0173754_15220309.jpg



「古事記」「日本書紀」によると、伊弉諾尊
(いざなぎのみこと)・伊弉冊尊(いざなみのみこと)の
二神が天上の「天の浮橋」に立って、「天の沼矛(ぬぼこ)」を
もって青海原をかきまわし、その矛を引き上げた時に、
矛の先から滴り落ちる潮(しお)が凝り固まって一つの
島となった。これが「おのころ島」で、二神は、その島に
降りて、夫婦の契りを結んで国生みをされた。
初めに造られたのが淡路島で、その後次々に島を
生み、日本の国を造られたとあります。



b0173754_11463295.jpg




上記の「天の浮橋」ですが・・・


b0173754_11460206.jpg


イザナギ&イザナミが舞い降りたスポット
”天の浮橋”は、おのころ島神社から400mの
地点にあり、しかもわかり難く、住宅に
挟まれていました。


b0173754_15225623.jpg



サッーと手を合わせ、このスポットを離れ、
遠くから見ていたら、”天の浮橋”の場所に一筋の光。

あー、やはりイザナギ&イザナミが舞い降りた
スポットなのだなぁーと。


b0173754_15231328.jpg



南あわじから北上して、次は、
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)へ。



b0173754_15330811.jpg


ここは、すべての神功を終えた伊弉諾尊が、
国家統一を天照皇大神に託して、幽宮
(かくりのみや)を構え、余生を過ごされた
故地とされています。


b0173754_15174336.jpg


説明はこちらにあります。


b0173754_13103428.jpg



興味深い羅針盤?のような


b0173754_15175605.jpg


国生みの順番https://goo.gl/PjTGZI

まず淡路島が生まれて、四国が生まれて、
隠岐島という順に生まれていったそうです。

b0173754_15181685.jpg


ただ伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)は、
政治的な雰囲気が強かった。


更に北上し・・・

春一番&暴風雨の中、伝承古事記・日本書紀の

国生み神話にも登場している日本最初の国土と

されている岩屋漁港にある「絵島」別名

「おのころ島」へ参る。


この絵島も今回の要なる目的地でした。

「絵島」の別名は「おのころ島」
古事記、日本書紀の国生み神話に登場する
「おのころ島」は伊弉諾尊と伊弉冉尊の
二神が天の浮橋の上に立ち、「天の沼矛」
ぬぼこ)で青海原をかきまわし、その矛先から
したたり落ちたしずくが凝り固ってできた島
ここそが日本最初の国土とされています。


おのころ島には諸説あり、淡路島内だけでも
「おのころ島」伝説がつたわる場所はいくつか
あり・・・て、本当たくさんそう云われている
スポットがありすぎて、混乱しますよね。


b0173754_15244563.jpg


「絵島」は、昔から月見の名称として名高く
「平家物語」の「月見の巻」にも登場しております。
地質学的に珍しい約 3千5百万年前(古第三紀始新世)
の岩屋累層砂岩層が露出した小島で、岩肌の侵食模様
が特徴的です。



b0173754_15271567.jpg



この島は、砂岩でできており、もとは陸つづき
した波の作用によって島となりました。
この自然が生み出した絵島は、周囲の山水との
調和も見事で、特に夜景は「海に浮かぶ光の舞台」
として、神秘的な姿で人々を魅了します。

この縞模様はアリゾナ州アンテロープに

似ているのでは。なにやら予知めいているかも。



b0173754_15280027.jpg



雨が激しくて、中までは入らず、
外側でお祈りさせていただきました。

こっそりエジプトのシナイ山の石を預けて
きました。なぜか・・・ここに起きたくて。


b0173754_15510076.jpg


「千鳥なく 絵島の浦に すむ月を 
波にうつして 見るこよいかな」
(西行法師)


岩屋にある恵比須神社の鳥居をくぐって進むと
その奥に岩楠神社はあって、背後に高さ十数mの
岩壁があり、そこに岩楠神社が祭られています。

この洞窟は、昔52mの奥行があったのですが、
現在高さ1.6m 幅1.10m 奥行3mとなり、
前面の左右に上古の祭壇の跡があります。
昔の風習から、現在でも古びた祭器や神体を
納受けする場所になっています。

また、この洞窟は、イザナギの幽宮であるとも
いわれています。



b0173754_15242612.jpg


ここで更にビッチョリになりましたが、

最終日でよかったです。

この大雨で、枯渇気味の諭鶴羽ダム湖水や

渓流も増水したのではないでしょうか。


お雛様にも逢えたし、大好物のサザエ壺焼きも

食べられたし、安全に無事に四国と淡路島巡礼の

旅も終わり、ありがとうございました。


おまけで、オーブや光の写真を見つけました!


b0173754_15234477.jpg

b0173754_15233659.jpg


  ⑥.足利の厳島神社で女神会?へつづく




淡路島の他の聖地紹介はこちらから:



紫苑(しおん)の山 
山頂には、古代ユダヤ人が築いたといわれる
祭祀場の「百合の宮」があり、古代イスラエルの
10部族がたどり着いた証としてお祀りをしています。
紫苑の山は古代ユダヤ人がたどり着く前から
すでに祭祀場として活用されており、縄文人が
開いた祭祀場として「布留辺の宮」もあります。
2011年に開かれたのが「桃の宮」という祭祀場で
あり、天理教を興した中山みきさんの予言を
受けて「地軸」の確立のためにお祀りをして
いるそうです。
淡路島、そして紫苑の山を守り続けている
魚谷佳代さん。著書でも多くの想いを伝えて
いますが、《スターピープル》という雑誌の
インタビューにおいても以下のように
7度目の地球立て替え」を語っています。



035.gifはい、今日のプッチーくん!
遊んでシリーズです。

b0173754_15344349.jpg



b0173754_15471072.jpg


b0173754_15445444.jpg


パクッ!


b0173754_15462464.jpg



たくさん遊んでちかれたにゃ。

おやすみ~ZZZ014.gif



b0173754_15485530.jpg


日本の滞在記はあと一編続きます。
読んでくださって、ありがとうございます。029.gif






[PR]
by yukistar88 | 2016-03-20 11:14 | 日本の旅 | Comments(4)

④.四国の創業400年老舗旅館と金比羅神社参拝&ファームとプッチー

*2/10
広島でのイベントを終えて、午後から岡山へ移動し、
岡山から瀬戸大橋を渡る列車で四国へと向かいました。


この景色は、金刀比羅宮(ことひらぐう)236mから
望む讃岐平野・・・讃岐富士も見えます。


b0173754_17261369.jpg


3年前、岡山から四国経由で小豆島へ行った時にも、この
瀬戸大橋を渡る列車に乗りましたが、再びこの沿線を辿り、
穏やかな瀬戸内海の景観に心が和みます。
そして、四国独特の美しい景観を思い出しました。

列車で瀬戸大橋を渡り高松方面へ。


b0173754_17280156.jpg



瀬戸大橋を渡る列車からの風景動画:







琴平駅で下車し、宿泊は創業が江戸時代初頭(寛永4年)、
400年の歴史ある老舗旅館”琴平花壇”に泊まりました。

だからといってそんなお高いわけでなく・・別館泊なんで。



b0173754_17292086.jpg


こちらの離れはきっとお高いとは思いますが・・・



b0173754_17341876.jpg


庭園には、2月でも早くも梅が咲いていましたよ。



b0173754_17332022.jpg


旅館の前は、金倉川が流れていて・・・風流です。



b0173754_17351703.jpg


徒歩5分のところに、屋根付きの鞘橋があって、
江戸時代にタイムトリップしたかのよう。
歴史を感じます。



b0173754_17383173.jpg


これは、鞘橋(さやばし)は、神様が通られる浮橋
ともいわれ、刀の鞘の形に似ていることが名称の由来。

架橋以来幾度となく災害にあい、現在のものは
明治2年(1869)に建築されたものだそうです。


b0173754_17444606.jpg



香川県の登録有形文化財であり、金刀比羅宮大祭の
御神輿の渡御、湖川神事、田植え祭などの神事の
時のみ用いられ、普段は渡ることはできません。



b0173754_17445773.jpg



寛永元年(1624年)、別当げんによって加橋されたそう。



b0173754_17462974.jpg


金比羅神社参道の商店街。


b0173754_17510133.jpg

情緒ある街並みですね。


b0173754_17503951.jpg


♪格子戸をくぐりぬけ、見上げる夕焼けの空に・・・♪
「わたしの城下町」て感じでしょか?!



b0173754_17504850.jpg



この野良猫は、すごい低姿勢でね。
同じ茶トラでもプッチーはこんなポーズはしにゃい。
というか警戒ポーズでしょ。絵巻に描かれているよ。



b0173754_17540013.jpg



琴平花壇の露天風呂。琴平の夜景を眺めながら・・・
誰もいなかったので。

一見、日本人?と思う女性は、実は外国人で、
タオルを湯船に入れてましたから、わかっちゃう。



b0173754_17510900.jpg


*2/12
初めて四国に泊まって感じたのは、とても平安で
日本の昔ながらの風情がそのまま残っていて、
建築物もですが、どちらかというとエネルギー的な
面で、昔のまま時が止まっているような本州には
ない優しさと静けさがあると思いました。

それはもしかしたら四国八十八ヶ所巡礼者が
般若心経を唱え巡礼されていることで土地の浄化が
されている、そして瀬戸内海独特の穏やかな気候の
ということもあるかもしれません。


朝陽が美して、見惚れました。

先の天気予報では、この日は雨の予報でしたが、
1日ずれたようでよかったが、翌日はどうなる?


b0173754_17511978.jpg


400年の歴史ある旅館は、
ほっこりさせてくれます。



b0173754_17512617.jpg


いよいよ金比羅山に登りますが、参道にある
由緒ある酒蔵に立ち寄りました。




b0173754_17531989.jpg


中腰で何をしているかって?!お酒呑んでいる
つもりでしたが、見事に外れていましたね。(笑)




b0173754_17541492.jpg


裏には、見事な御神木がありましたが、そこへ突然、
アジア系外国人たちがやってきて柵を越え、いきなり
御神木に抱き付いていたので、なんともマナー違反な。
お友達は、遺憾と思い注意してくれました。ありがと!

そんな外国人観光客のマナー違反な光景をあちこちで
見かけます。それは、TVでも話題になっていましたが、
昔、海外旅行ブームだったバブルの頃に、欧米に
旅した日本人が、教会でのミサ中、フラッシュ撮影
してしまったり、当時はそういった意味で、マナー
違反なことをしていたとコメントしていました。

なので、旅行者が増えて経済効果には良いですが、
国内旅行する日本人には、やや迷惑という声も。



b0173754_17542581.jpg


参道口から御本宮までは785段、奥社までは1,368段の
石段ということで、篭に乗る人もいるようです。




b0173754_17550011.jpg


ここにしか売っていない金比羅飴の売り子さんたち。



b0173754_17555138.jpg



う~ん、金比羅神社に来て気付いたことがあります。



b0173754_17551321.jpg



それは・・ご覧の通り看板が目立ちませんか!
あちこちに広告もあって・・・商売気ありすぎ。
なんとなくイメージダウンで残念。
大門の被写体的も看板で品格が下がります。
宮司さん、頼みますよ。



b0173754_17550797.jpg



石段は緩やかで、ひたすら階段ではないので、
そんなにハードには感じませんでした。



b0173754_17552896.jpg



金刀比羅宮は、象頭山中腹に鎮座する神社です。
「ことひらぐう」=「こんぴらさん」と両方の呼び方があります。


b0173754_17560497.jpg


神馬が2頭、白馬くんは11歳、黒馬くんは24歳。



b0173754_17565533.jpg



遂に785段登り、金刀比羅宮(ことひらぐう)に到着!



b0173754_17575625.jpg


ここから見る讃岐平野、讃岐富士や瀬戸大橋など絶景です!
薄っすら霞んで、まるで墨絵のよう。



b0173754_17573467.jpg



象頭山(標高538m)動画で一望してください!







高さ25mの楠木脇には、結婚式を挙げる
カップルと遭遇。白無垢姿はいいですね。



b0173754_17582051.jpg


更に、御本宮拝殿では神楽舞いが・・・・

なんとも縁起良いタイミングでした!


b0173754_17571888.jpg


直所

b0173754_17580292.jpg



b0173754_17580844.jpg


ずっと曇り空でしたが、本宮に着くと、
太陽が出ました!


b0173754_17593684.jpg


拝殿より東側の景色見渡せるこのスポットも
お祈りさせていただきました。



b0173754_17591699.jpg



南渡殿の奥に睦魂神社がありますが、
目立たないので、殆ど誰も来ないんです。




b0173754_13185450.jpg


睦魂神社こそがパワースポットのようで、
参拝させていただきました。


b0173754_17592895.jpg


睦魂神社の御祭神は、大国魂神・大国主命・少彦名神です。禁厭・医薬の神様といわれています。















b0173754_14511685.jpg


その隣は本宮本殿南垣で、蒔絵が素晴らしい!



b0173754_17574588.jpg


絵馬殿の絵馬

絵馬殿には、各地から祈願報賽のために奉納された無数の絵馬が掲げられています。元々は生きた駿馬を神に奉納したのが始まりで、後に「絵馬」を奉げるようになったとか。馬ばかりではなく、武者絵や美人画の絵馬も現れるようになったそうです。金刀比羅宮は航海安全祈願の信仰を集めていることから、特に船の絵馬が多くみられ、また、特に貴重な絵馬は学芸館に保存されているそうです。




b0173754_17590763.jpg



旭社の装飾

上層の屋根裏には巻雲が、そして柱間・扉には人物・鳥獣・草花が彫刻されています。どれも稀に見る華麗な装飾です。旭社は、天保時代の芸術の精華を集めた建物なのです。








b0173754_17570286.jpg



そして、ランチはやはり讃岐といえば・・・
名物の讃岐うどんで決まりでしょ!
うどんの写真なしでした。

ツルツルなコシがなんともいえないですね!


b0173754_18011593.jpg


琴平花壇でスニーカーをお借りしたので、
返却にいくと、丁度お雛様を飾りつけたばかりで、
ギリギリ拝見することができました!ラッキー!



b0173754_18012561.jpg



⑤、鳴門渦巻と淡路島のパワースポットへつづく




3月のポカポカな日に、NJ郊外にあるMetropolitan Farmへ。
うちから車で40分程にあり、歯医者さんの帰りに寄りました。


b0173754_18085919.jpg

Metropolitan Farm入り口


b0173754_18081103.jpg


敷地内のお屋敷


b0173754_18084132.jpg

ターキーやニワトリが、仲良く放し飼いされています。


b0173754_18082203.jpg

プラントも売られています。


b0173754_18083352.jpg


生みたて卵は1ダース(12個)$6!

冷蔵庫に入っているのを取り出し、セルフ会計で。



b0173754_18085382.jpg

このFarmにいると、つい和んでしまいます。


b0173754_18084701.jpg



どうして和むかというと・・・



ターキーとニワトリの鳴き声








043.gif最近のプッチーくんです!


早寝早起きと規正しい生活。
日中はここがお気に入りスポット


b0173754_10585594.jpg


ソファの上も好きだよ。
フカフカが好きじゃない、
硬い所が好きて変わっている。



b0173754_18091742.jpg


ほらね。

b0173754_18100553.jpg

あー、今日もよく寝た。


b0173754_18102015.jpg


鳥の鳴き声がすると、窓の外を覗いちゃう。
短足ですにゃ。



b0173754_18102749.jpg


*3/11の雲は、ゴージャスでした。

3.11への日本や世界各地からの祈りかな。


b0173754_18110062.jpg

b0173754_18110747.jpg

b0173754_18105544.jpg

b0173754_18120518.jpg



055.gifこちら、”芸術は爆発だ!”の岡本太郎が
人生に行き詰まった時に残した言葉。



b0173754_02334412.jpg


このメッセージにより、彼は真我に目覚め、
彼のアートに花が咲いたそうです!


b0173754_02311918.jpg


016.gif今日の一言 ”冬来たりなば 春遠からじ”





[PR]
by yukistar88 | 2016-03-15 02:41 | 日本の旅 | Comments(4)

上江洲義秀先生 天災(東日本大震災)語る&NY光話会

先日は気温25-28℃の日々が続き、早くも初夏を
感じましたが、再び気温が下がり三寒四温ですね。

冬から春へと体も調整する時期なので、
適度な運動や食生活、リラクゼーションも
心がけてほしいもの。

3/13より、アメリカは夏時間へと変わります。



b0173754_13522315.jpg


先日、舌をザクッと噛んでしまいましたが、治癒するに
2,3日ととても早く、確か乳房も他の皮膚と比較すると
回復が早いのですよね。
舌も乳房(乳児にとって)も食に関する部分であり、また、
目や耳、手足、腎臓など、片方の機能が衰えてももう
片方で生存できるよう、そういう意味では、神様は人間の
体を完璧につくってくださったことに感謝ですね!

そういうことは普段あまり考えることなく、生かされて
いることは当然!とスルーしてしまいがちですが、こう
して日々生かされている、それには、太陽や月が一定の
リズムでいてくれる、空気がある水がある、呼吸ができる、
ご飯が食べられるなどなど、そういったことも実は奇跡で
あり、人は怪我や病気になって、普段気付かないことに
気付かされ、また、生かされていることを改めて考え
させられるのでありましょう。

なので、普段と変わらない生活が持続していることは
幸せなことで、感謝すべきは多々あるわけで、毎日、
感謝の10ヶ条を実践するのもいいかもしれません。

なんでもいいです!
寝る前のほんの5分間 今日の感謝を振り返ります。

*今日は美味しいご飯をありがとう!
*笑顔をありがとう!
*太陽よありがとう!
*温かい言葉をありがとう!

感謝することがドンドン増えていきますよ!016.gif



b0173754_13525359.jpg



072.gif日本滞在記のつづきは次回にして、
今回は下記の内容をお届けします!


先日行われた沖縄出身の上江洲先生のNYセミナーに
参加しました。かなり前から周りの方々から先生は
素晴らしいと聞いていたものの、今まで関心なかった
ですが、友人からの紹介もあり、一度はお目にかかり
たいと思い参加しました。

上江洲先生は、現在は山梨にお住まいだそうですが、
青年期はアルゼンチンで過ごされたそうで、学校は
ほとんど通うことなく、明想(瞑想)中心の生活を
過ごされてきたようです。

実際お会いしてみると、皆さんに慕われるごとく、
気さくで慈悲・慈愛の方であると実感しました。

セミナー内容は、正にACIM(奇跡のコース)とも
共通していて、本来、精神世界的なメッセージの
根源は同じなわけで、彼が説く「真我を生きよ!」
というのは、本来の自分に目覚めることで、世界
平和へ繋がるということだと思います。

印象に残った彼の言葉では、
*「我の中に一体の境地がない限り、戦争やテロは
終わらない」
(ACIMでも、自分以外の他人はいない、
この世に起こる出来事は、全て自分の内に
あるものが映し出されているというのと
同じで、嫉妬や人を責める心がある限りは
戦争も終わらないわけです。気をつけないと。)

*原因によって結果が支配されている。
*吐く息が全て体の状態を現す。吐く息に心と
感情全てが入っている。
*怖いと思うな、勇者になれ!
*先生も生徒であれ!
*アメリカ合衆国は、全ての人種を受け入れる国で
あり、霊的・物質的に受け入れてこそがアメリカ!
*中国とは、中の国と書くように、琉球や日本から
放ったものを中国から広げる。
*宇宙の真理とは、命・愛もってのもの。
*宗教に分離なし。

個人的に質問したことがあって、宇宙エネルギーに
関してはやはり変化しているようで、機械や人間へも
影響が出ているそうです。その言葉を受け取った後、
私自身、自分の役割がまた1つクリアになった気が
しました。”真我に生きよ”の奥の奥へと導いてくだ
さる方でもありますね。

*上江洲義秀先生のHP: http://uezu.net/



b0173754_15463428.jpg



以下、あるリンクにあった先生に関する内容:

上江洲義秀先生(ウエズ先生)は、沖縄に生まれ幼少より
アルゼンチンに渡り日本に戻りました。幼いころより様々な
事柄を理解をしている特殊な子供でありました。 宇宙意識と
繋がるための過酷な瞑想を通して宇宙意識とひとつとなり、
神のエネルギーを自在に操ります。 その結果として、
30年に渡って横になって眠たことがありません。 
食も水分の摂取も必要なく、たとえお付き合いで食したと
しても体内で光へと変換され、排泄さえもコントロール
できる自在の人であります。 それでいて、それを誇示
することも無く、ただただ、謙虚に存在します。

沖縄に戻り暮らした頃には、神の力を降ろす事により
病を治すヒーリングを行っていました。 数分で癌が消え、
糖尿病が治り、ありとあらゆる病から人々を開放する、
いわゆる奇跡を行っていました。 先生を訪れる者たち
の数は膨れ上がり、人々は列を成して奇跡を求めました。 
しかし、数年たてば、同じ病をまたもや作り出して人々が
戻ってくるのを見て、これまで行ってきた奇跡では、
人々が生き方や考え方を変える事ができない事を
見て取ったのでした。 

その後、「肉体のヒーリング」を中止し、「悟りのための
ヒーリング」のみを行うようになり、全国を文字通り
365日一日も欠かすことなく、奉仕の旅をして人々の
「成長と悟り」を促すヒーリングと明想のサービスを
行っています。 自らは宣伝することも無いため、
人から人へと伝えられて、たくさんの者達が今、
この特殊な存在に気づき始めています。 」  




b0173754_13535247.jpg



3.11東日本大震災から5年を迎えましたが、
5年前の東日本大震災が起きた日、先生はNYで
光話をしていらしたそうです。

上江洲先生が過去のセミナーでの天災(東日本大震災)や
病気、結婚などに関して語ったメッセージを紹介します!
長いですが・・・ズッシリきますので。


「天災」

この災害を天災、あるいは偶然と片付けている方々が
おります。天を知らぬ者がどうして天災などと言え
ましょうか?

天とは神の無限として完全意識が天であることを
理解できるならば、はたして天は、我々に災害を
もたらすことがあるでしょうか? 
或は災難をもたらすことがあるでしょうか?

天災、なんの天災かと。天は神の完全意識である
ことを知らねばなりません。じゃ神の完全意識は
常にあなたがたを愛し、常に見守っていることが
天であることを知ってもらいたい。

じゃ天災でなければ何なのか? 
あるいは偶然でなければ何なのかと言います。

この宇宙に一点だって偶然が存在するなら、
神の創造は完全ではありません。なにゆえに神の
創造は完全なのか? 一点の狂いのない、無限の
法則の中に万物は創造され生かされていることを
理解してもらいたい。ならば、天災でなければ、
何なのかと聞かれます。

動物や鉱物、植物が、天変地異、天候異変を
引き起こしているのではないのだと。
或は、今、岩波さんが言われたように、
母なる大地が勝手にそのような現象を引き
起こしているのではないんだと。
だから地球を変えていくのは、動物や植物、
鉱物ではないんだと。美しくこの地球を立て
直し、美しい地球建設へ導けるのは、万物の
霊長たる人間といつもわたしは話して参りました。

ライオンが象が、草原をかけめぐることはでき
ても、地球を変えることはできぬと言います。
花は美しく咲きほこることはできても、
地球を変えることはできぬと。
雨は地表を洗い流すことはできても、
地球を変えることはできません。

じゃ、地球を変えることができるのは誰なのか? 
美しい地球を建設することができるのは誰なのか? 
これこそ万物の霊長として、今、生かされている
我々一人一人であることを知ってもらいたい。

じゃ、この今のように、さまざな破壊的な現象を
起こさせているのは誰なのか? (それが)
人間であるならば、人災ということを知らねば
なりません。だからこそ、人間の心が愛に満たされ
生きることができぬかぎり、今の現象は続いていく
だろうと。いつこの現象の世界から、戦争、テロ、
今のような災難や災害がいつ止むのかと聞かれます。

それは、あなたがた次第と言います。
あなたがたが真の自分が何たるかに目覚め
生きるまで続くでしょうと。 



b0173754_15311095.jpg



わたしは今回の地震も何十年前から説いてきました。
2011年に入ると共に、あなたがたの想像も越える
現象がおこるだろうと。
今だかつて人類が、体験したこともない経験した
ことのない、みなさんはそれを目の前に見せつけ
られていくだろうと。それをわたしは、何十年前
から説いてきました。

それを身近に感じたのは、明日はNY(セミナーに出発)
という、ちょうど東京の無限の会(3/9)の
セミナーで八王子のインターを越えた時でした。
もうこれは止めていいものか、で、動かして
いけないものか。神は決してその現象は止めて
はならぬと言われました。

だから、知っていながらにして、それを見るのが、
はたしてあなたがたは、どれほど辛いという
ことを理解してゆかねばなりません。
あなたは過去が見える、今が見える、未来が
見える、こんな能力を与えられていいといいます。
もちろん、この現象という世界はまぼろしです。
たとえまぼろしという現象世界であっても、
はたしてNYでも多くの方々が祈りました。
兄弟姉妹のために祈っていきましょうと。
で、朝に昼に番に、その祈りがありました。
日本の兄弟姉妹のためにと。

これは肉体という側面から見れば兄弟姉妹で
しょうが、常に実相という根源の世界に意識を
置いているわたしからすれば、どうなのか。
今わたしが、わたしと説いてるわたしは肉の
わたしではありません。肉のわたしならば、
それは兄弟姉妹、とも言えましょう。
しかし、今回犠牲をとった一人一人は誰なのか? 
他の面をもったわたしです。他の名前を持った
わたしです。

だから、わたしでないものが今回、犠牲として
この現象にまきこまれた者はいないことを知らね
ばなりません。じゃそのわたしが失われていく姿が
何週間、何カ月、何年前に見れるわたしが、ど
ほど辛いか、みなさんに理解できましょうか?

結果という幻の世界、どうでもいいという人間も
います。そうならば、なぜ肉体を持ってここに
いる必要があるのかと。
我々は、神、我として美しくこの現象の世界を
生きるために、一人一人が名前を、あるいは
形を変えた一人一人が生かされていることを
知ってもらいたい。

だから、ちょうど八王子のインターをくぐった
あたりで、明想の中で今回の現象を見せられた
時に、わたしの心はかきむしられるような痛みを
感じました。わたしは少々のことでは、痛みも
全てをはねのける自分自身が、ここまで今回
わたしは感じました。

ちょうど、どういう現象で見せられたのか。
たとえば建物を作るのに、柱と梁を結ぶのはこれは
みなさんが想像もできぬほどの大きなボルトで留めて
います。わたしも何十年間とび職で鉄骨を組みたてた
体験があるだけに、一本二本のそのボルトで結ばれて
います。でそのボルトそのものは、我々に意味すれば
何を意味しているのか?

愛です。その愛というボルトが、とうとねじれて
引きちぎれる姿を、その時見ました。
で、わたしはそれを止めていいものか。
で、それを現象をどうすればいいのか?

『これは全世界の人間が、真実の我を我として
理解していくのに、どうしても必要』
ということに)おいて、わたし(に対して神は)
『どうしても動かすな、』と言われたことに、
わたしの心はかきむしられるような痛みを感じました。

それは私が言い続けてきた中にも、まだ万分の一
(の天災の現象)。で、それを見た後に、あと
二つの大きいものを見てます。その愛のボルトが
ひきちぎれるか。でそれを本当にそのままにして
愛で建設していけるかは、日本の人間と、今私が
覚者上江州義秀先生について中国、ヨーロッパ、
アメリカ、いたるところに飛び回っているそ
方々の意識次第であること。

たとえば、みなさんの人体にもツボというものが
あります。で、みなさんを破壊するにもツボを
はずしていれば、何十発皆さんに弾丸を撃ち
込んでも簡単には死にません。しかしそのツボに
あたるならば、一発で豆一個をあてた状態で、
みなさんの肉体は崩壊します。

このように現象というこの結果の世界には、
全てこのように一つ一つの国々に、あるいは
その地球トータルにそのツボがあります。で、
今回は日本というこの状態がおかれているし、
現れているでしょうけど、次にわたしが見てい
るのは、これは世界をも崩壊するほどのツボが、
そのボルトが、愛を灯さずにして、今ひきち
ぎれようとしています。

だから私は今、どの国が今一番重要であり、
その国そのものをたたかれれば、もう世界の崩壊、
というものを、わたしは見ています。これはまだ
言葉には言えません。これはまだ神はけっして
この現象の世界に口を通してどの国を、という
ことは語ることは許されていません。

必要にして必要なところに、その愛の波動という
慈場をつくりあげていることをみなさんは知って
もらいたい。
今、一番重要な場所にわたしは飛び回ってます。
もしそこが愛という波動を失えば、そのボルトは
ひきちぎれていくだろう。世界の崩壊へと繋がっ
ていく場所をしめされていくだろうと。

だから、その時も明日地震(がおきる)という時も、
あの東京の無限の会で多くの方々から現象的に
多くの質問がありました。金がなくて苦しいと。
じゃ、あなたは今、食べるものも失っているのかと。
で、住む家も失っているのかと。あるいは暑さ寒さを
しのぐ、この洋服もないのかと。
それは充分に満たされているのかと。

この瞬間、どんなにあなたが世界の富を持って
贅沢三昧で生きているにしても、
明日があなたに見えましょうか?
明日がその時私には見えておりました。
今日の金持ちは、明日のドン底を見るかもしれない。
今日、どんなに美味しいものを贅沢で食していても、
翌日からはで、わたしがNYでそのニュースを
見たかぎりにおいては、きゅうり一本、もう
食べていれればいいほうと言われました。
あるいはおにぎり一個。 

このような今まで我々が生きてきた贅沢が、
いつまで続くのか、とわたしは何十年前から
光話の中で語ってきたか。

今こそ我々は、真実の自分を愛として、
神として、立て直しいかねばならぬ、もう
そのドン底のふちにたたされていることを
知ってもらいたい。
個人ことの泣きごとを言ってる場合ではありません。
もしわたしが、見ているそのボルトがちぎれる
ならば、世界崩壊の現象が起こるということを
知ってもらいたい。そのボルトは何を意味して
いるのか。それは一人一人の愛です!
一人一人の愛でもって、柱と梁が支えられている
ことを知らねばなりません。そのボルトがちぎれて
みてください。その梁と柱がもう崩壊するほかない
ことを知ってもらいたい。



b0173754_15270970.jpg


自分とは何者なのか。果たして、物や物質で
争う万物の低長といえましょうか。 
この大宇宙を創造し、大宇宙に命を与え、
愛として、智慧として、力として、光として、
全ての存在の根源である能力を携えたあなたが
たが万物の霊長であることを知ってもらいたい。

万物の霊長たるものが、動物、植物、鉱物よりも
劣った生き方で、同じ形の上から見れば皆さんは
兄弟姉妹と言うかもしれない。
しかし、わたしが、わたしという根源から見る
ならば、全てわたしであることを知ってもらいたい。

わたしがわたしと説いているのは、肉体という
側面からわたしを説いているのではありません。

わたしとは、神です。 
わたしとは、愛です。  
わたしとは、真理です。

そこの側面から見ているわたしならば、今回犠牲を
とってこの肉体をぬぎゆく一人一人が、全てわたし
であることを知らねばなりません。だから皆さんに、
あなたがたの前に、今立っているわたしに真実の
わたしが見えるならば、そのわたしがあなたで
あることを知るだろう。とならば、みなさん、
なんと言いましょうか?

わたしはあなたであり、あなたはわたしであり
我は全体であり、全てが我なりと。
このように言い切ることができるではないでしょうか。

もう分離で争っている時ではありません。
戦争やテロで同じ根源にして一体なるものが、
戦い会ってる場合ではありません。共に真の自分が
神であることに目覚め、神であるわたしを、全てを
愛分かち合って生きれる一人一人になってもらいたい。

いつもわたしはこのようにも説いてまいりました。
たとえば、ある者が わたしの病気、わたしの
悩み、苦しみ、まぬがれることができるだろうか、
と、わたしのもとに訪ねてきたと言います。
これは例えです。今みなさんに語るのは。

で、わたしはその者にこう言いました。

あなたは、あの何カラットのダイヤや宝石をちり
ばめた金の腕輪でもいい、銀の腕輪でもいい、
その台に乗せて、はめておけよと。
その時、その者はこう言いました。
わたしはそのような物を買うお金もありません。
またそのような物を作りに行く時間もありません。
とうとうわたしに言われた時期で体調を崩し、
ドン底に陥ったとき、『あなたに言われた通り、
金、銀、、のその台にダイヤをちりばめて腕輪を
作ってきましたと。

わたしはその者になんと言いましょうか? 
もうその時期は過ぎ去ったと。だから私は
今回NYでも『やれる時に、やれることを
できぬ愚かな者になってはならぬ』と。

『やれる時にやれることを徹底してやりぬく、
あなたがたになってもらいたい』と。

過ぎ去ってから歯をくいしばって歯ぎしりしても、
足ずりしても、もう間に合うことがありましょうか?
もしわたしはこれは後悔とかそういうものでは
ありません。多くの方々に、わたしは決して悩み
苦しめるために言うことではありません。

もし、日本の人口のもう少し何分の何でも
今日岩波さんが言われたように、
真剣にこの肉体を伝導体にして明想を通して、
愛の波動、バイブレーションを放ち生きるものが
出ていたならば、今回のものでもくい止められない
ものではなかったことを知ってもらいたい。

それは、今の科学は根拠がなければ天変地異や
天候異変は、愛のない結果と言ったって、
それは信じることはありません。
それは日本という国は、マグマが下を通り、
それがプレートがはねあがって何がどうして
というその理屈づけで、その地震や雷、台風も
いいかえます。

全てそれそのものが愛の波動でもって、
どうするのか。破壊的な波動が触れて、
どう現れてくるか、その差が常に我々の
上にのっかっていることを知らねばなりません。
その中に、我々は生き生かされていることを
知らねばなりません。

だから、この2011年、2012年、2013年の全ての
浄化が終えた時には、逆にこれほど破壊をとる
そのエネルギーが、愛と言う波動に働きいきた時
どうなるのか。今回の地震から津波でこの現象世界を
飲み込んでいくには、ほんの一瞬だったではないで
しょうか? 
ほんの一瞬でこれほどの破壊力を持つエネルギーが
それはエネルギーは建設のエネルギー、破壊の
エネルギー・エネルギーそのものには何の
かわりもありません。ただ人類の意識という
その意識に、そのエネルギーがどう働いていくか
だけであるかということを知ってもらいたい。

だから、もし今回働いたそのエネルギーが、
この地球建設、そのエネルギーとして働くならば
どういう現象が起こるのか? 
これもまたみなさんが、想像もできぬ働きで、
この現象の世界をいかしていくだろう。

切羽つまってからやろうなんて、不可能で
あることを知ってもらいたい。だから時間
ある限りは、あの愚かなる五名の女性のように、
いつお婿さんが迎えに来てもランプのふやを
磨いて、灯りをともして、いつでも天の扉を
くぐっていけるように準備してほしいと。

しかし、愚かなる5名の女性はまだ時は早い、
まだお婿さんが迎えに来る時期は早いと、
飲んで食べて、歌って踊って肉の快楽に溺れて
生きてる間にとうとうお婿さんが迎えに来て
しまった。あわてだして、ランプのふやを
磨いたところで、灯りを灯そうとしたところで、
もう天の扉はしまって間に合うことはなかった。
もう入ることはできなかった。
賢い女性は、いつもランプのふやを磨いて、
灯りをともして準備していた。いつお婿さんが
迎えに来ても笑い微笑み喜んで天の扉を
くぐることができたと。

どの方を我々は生きていくのか。あのなまけ
ものの女性のように人生を失っていくのか、
あるいは賢い女性のように、日々に我々は
たゆまぬ努力を積み重ねて、根源という本質の
世界に錨をおろしていれる自分であれるのか。
そこはもう幕が二つに引き裂かれる時が来る
だろうと、言われるように、ここまでせまって
いることを知らねばなりません。だから時間の
ある限りは。まだ時はある、まだ時間は余裕と
飲み食いしてる間にとうとう迎えが来るだろう。
じゃお婿さんが迎えに来るとは、何を意味するのか。 
肉体を脱ぐときを意味します。

もちろんわたしは今回犠牲となった方々の非難、
批判ではありません。この状態で、一瞬にして
地震の下敷きとなり、あるいは波にのみこまれて、
この肉体脱いで去り行ったなら、果たしてどれだけの
人間がどれだけの方が根源と言う実相に錨おろせた
方がいたのか。ほとんど無にも等しいほどだろうと。
なぜなのか。
肉体持ちながら、どこから出てきたのかどこに
帰るのか、それを見失ったものが、どうして実相
という本質の世界に帰ることができましょうか。 
また幽界という迷いの中に、自分をとどめおく
ことほかにありません。また幽界という迷いの
世界から、またこの現象という結果という仮想の
世界へ、輪廻転生、転生輪廻を繰り返して、
迷ってまい戻ってくる愚かなる者となるか。
今、肉体持ちながら、どこから出て来たのか、
どこに帰るかを、それを知るものとなれるか。

もう一人一人がその位置に立たされてることを
知ってもらいたい。わたしは自信持って言える
ことは、わたしは4歳、5歳にしてそれを追求したと
言います。どこから出て来たのか、どこに向かって
旅をしているのか、旅の目的は何なのか。
旅の目的を終えてどこへ帰るのか。
わたしはそれを4歳、5歳で追及して、はっきり
その答えを自らわたしは掴んでいます。

で、死んで人間はどこへ帰るのか、死んで墓と
言うけれど、墓の向こうはどういう世界が待って
いるのか。死を追求したのは2歳と言います。

だからわたしにとっては、ただこの世の学校で学ぶ、
読み書き計算、魅力も感じなかった。
もう物心着いた時には、なぜ人間には輪廻転生が
あるのか、なぜカルマというカルマが存在するのか。
様々な疑問をわたしは何十年間も追及して参りました。

今の人間のように、我々を育てた大人のように、
ただいるからいる、ただ周りのものが食して
生きるから生きる。そのようなむなしい人生を
むために、わたしは今生肉体を持ったもの
ではないと学校の先生に言い切りました。
だから学校の先生が、わたしの質問にわたしの
納得いくほどの答えを答えきれた先生が1人も
いなかったがゆえに、わたしは今生、ただ読み
書き計算を学ぶために、ここに肉体持ったのでは
ないことを、わたしははっきり言い切りました。




b0173754_15255125.jpg



人間意識、肉体意識というこれは偽我です。
その偽我から神性意識、霊性意識,仏性意識と
いう真我に目覚め、真我を顕現して、一転生を
正しく、美しく、終えていくために、今肉体
あることを知ってもらいたい。

最高学位を得て、地位や、名誉、財、富、金、
物に恵まれて、年頃に来れば、いい男性いい
女性にめぐりあって結婚して子供をつくり、
生涯、優雅な生活を終えたところで、その人生は
無智、めくら、迷いの人生を終えただけにすぎぬ
ことを知ってもらいたい。

真の自分(を)神としてみいださぬかぎり
完成とげた人間は一人もおりません。
だからわたしは、結婚とは二通りの結婚があると
言います。今、この現象の世界で女性が男性が、
結婚と言います。
もちろんわたしはそれを否定はしません。しかし、
今生我々が真実の結婚を求めて肉体を持ったのは、
神との一体感であることを知ってもらいたい。

『神は我なり。我は神なり。我と神とは一体なり。』
その境地にいたることが真実の結婚であることを
知ってもらいたい。

だからわたしは、(真実の)結婚は、結ぶ、魂・
『結魂』と書きます。 『神との一体感、神との合一』 
六十七億の人間の目的は、本来この結魂を望んで
この現象の世界に肉体あることを知ってもらいたい。

もちろん今から結婚しようとする、この現象世界で
結婚しようとする若い方々に結婚するなという
権利はありません。またわたしは止めにきたもの
でもありません。しかし、この結婚は、今の女優
みたいに、今日は誰と結婚して明日はまた離婚。
で、明後日はまた誰かとくっついて、また離婚。
可哀そうなものよ、と言います。
果たしてその状態で真の自分を見失ったその一転生、
人生を終えて、周りから見れば何億という結婚式が
あげられ、優雅な生活で一転生を終えて良いという
でしょう。

実相という本質の世界から物が見える世界から見れば、
これほどむなしい人生はないと、知らねばなりません。 
これほど可哀そうな者はないことを知らねばなりません。



b0173754_15512768.jpg



神との合一。
これは世界のいろんな教えで説いているヨーガ。
キリストのヨーガ、クリヤヨーガ、ハタヨーガ、
瞑想ヨーガ、カルマヨーガ、クンダリー二ヨーガ、
ヨーガ、ヨーガで、世界いたるところで、その
ヨーガ教室で教えられています。
そのヨーガそのものも知っていない、ヨーガその
ものを理解できずにヨーガを教え説いている者の
なんて多いことか。

わたしもほとんど、アメリカ、ヨーロッパ、中国
行く場所行く場所でヨーガというヨーガを見ています。
イギリス、フランス、あるいはノルウエー、スエーデン、
ニューヨーク、いたるところでヨーガを見ます。
しかし、未だかつて真実のヨーガに出会ったことは
ありません。

真実のヨーガは、さまよう思考で、様々な悪しき
思い癖、悪習、全てを制御した中に、無限という神
との一体感、合一が、これが本当のヨーガである
ことを知ってもらいたい。神との一体感の無い
ところに、何のヨーガがありましょうか。

我と神とは一体なり。その境地にいたってこそ、
真実のヨーガ、真実の結魂、であることを知って
もらいたい。

今回の中国でも、「わたしにも永遠の伴侶が見つかる
だろうか?」「いつみつかるだろうか?」
あるいは、わたしに教えてほしいと言われる、
そのように質問をした方もいっぱいいました。

『なぜ、あなたは、常に永遠の伴侶と一体では
ないのか。どの伴侶を望むのか。いつかむなしく
朽ち果てていく、この表現体であるものを、
あなたは真の伴侶として得たいのか。』

真の永遠の伴侶は、人々の中に内在したる神で
あることを知らねばなりません。
神と我とは一体である、その境地に至った時に、
久遠にして常在、不滅にして絶対実在。

久遠とは永遠のあなたがた、常在とは常に在る
あなたがた不滅とは、一度だって破壊されたことの
ないあなたがた実在とは実際に在るあなたがた、
それと完全なる融合ができた時に、その境地に
至ったときに、みなさんは永遠の伴侶を見出し
たことでしょう。二度と死ぬこともない二度と
病み苦しむこともない。

だから全世界ではっきりわたしは言い切ります。
わたしの永遠の宝物は、世界誰をも奪うことは
できない。
世界の武器をむけても破壊することはできない。
たとえわたしが今回の災害で津波に飲み込まれたに
しても、あるいは地震の下敷きになったとしても、
わたしの不滅の宝物まで奪った津波はありませんで、
破壊した地震はありません。

なぜでしょうか? 

あなたがたの目に写し見れる所にわたしは
宝物を持ってるではありません。
この現象の世界には銀行にとて一円の貯金も
ない。しかし世界の誰よりも、永遠不滅の
無限の宝物を所有してることもあなたがた
には理解できぬだろうと。

これこそ、無限の宝物、神との一体感です。
だから真実の至福、永遠の不滅の至福とは、
神を我としての一体感が無いかぎり、世界の
富を掴んだところで、そこには幸せも喜びもない
ことを知ってもらいたい。

昨日までは、こんな物が食べられるのかと、
そのように生きていた方もいたかもしれない、
の何万人の中には、しかし、一夜明けてからの
今日からはどうなのか。きゅうり一本、おにぎり
一個食べれていれればいいほう。

これは、わたしがちょうど何十何年前に、南米の
生活を終えてわたしがちょうど沖縄の地を踏んだ
時に、その現象を見せつけられています。

今、人類の意識が、個人欲望、自分さえよければいい、
自分の家庭さえ守っていればいい、自分の国さえ
豊かであればいい、この利己主義、この欲望、その
ような意識から全体意識への目覚めがなければ、パン
ひとかけらのために親子が殺しあう時がくるだろうと。

だから、この先みなさんが愛のボルトでしっかりと
支え、一人一人がつなぎあってなければ、そういう
現象がいつ起こりくることもしらぬことを知って
もらいたい。

まだわたしが見せられた現象からすれば、今回の
ものでも万分の一にしかすぎぬことを知らねば
なりません。もし、それが大きく拡大していき
地球そのものの一番最高ポイントを叩かれる
ならば、世界崩壊であることほかにありません。

愛のボルトでしっかりと留めおくためには、皆さん
一人一人が真理に対する理解とで、一人一人が真理を
顕現し、一瞬一瞬生きることが最高な愛であることを
知ってもらいたい。

自分さえよければいい、自分の家庭さえ守っていれば
いい、自分の国が豊かであればいい(ではなく)
今このような物があったればこそ、全世界から、
『我々はじゃ、日本に何ができるのか。日本の兄弟
姉妹のためにどう手伝うことができるのか、何を提供
すればいいのか』と。
ある国は、電気を発電する発電機だとか、あるいは
また、今流失するその核を納めるためのまた放水車と。
さまざまなものが国々から手をとりあってそこに
寄せられているのは、それがなかったならば、
どうだったでしょうか? もちろんわたしはそう
いう現象がいいと言ってるのではありません。

人間はドン底に至らないかぎり、真実の愛わかちあう
ということをできぬのかと。なぜそのような痛みを
痛手をおう前に、なぜ人類ひとりびとりが手をとり
あって愛わかちあって生きることを見失っているのかと。

神はあなたがたの共存、共栄、共生を望んでいる
ことを知ってもらいたい。

我が子たちよ、共に手を携えて、共に存在しあい、
共に栄えあい、共にひとつなる愛をわかち
って生きよと。
常にあなた方の内側で内在の神、わたしは常に
訴えていることを知らねばなりません。
肉体というこの現象我の側面からわたしを
わたしと説いてるではありません。

ここに集いし、あなたがた一人一人が、神として
全ての根源であるこの原因の中に君臨したる
あなたがたけっしていと小さき弱き、このような
災害に振り回されて混乱するいと小さきあなたがた
ではありません。あなたがたの力、あなたがたの
受け継いだその遺伝、遺産は、想像もできぬ
無現そのものの力であり、愛であり光であり、
智慧であることを知ってもらいたい。

我は神なり・我神なるがゆえに、無限の智慧、
無限の力、無限の愛の泉宝庫、我が内にあり、
これほどの能力をあなたがたは、神、我として、
今即、受け継いでいることを知ってもらいたい。
これわたしは全世界に、これこそが真実の
DNAとわたしは言いました。さまざまなこの
肉体的な不調和、病をDNAで受け継いだい
弱き、小さきあなたがたではありません。

神、我として、神そのものの全ての能力を、
受け継いだあなたがた。本当の真実のDNAを
受け継いだあなたがたが万物の霊長として、
神そのものであることを知ってもらいたい。

何を受け継いだといいましょうか? 
悩みや苦しみや、この肉体的な不調和を受け
継いいと小さき弱きあなたがたではありません。
無限を携えたあなたがたです。無限の能力を
一瞬一瞬顕現できる最高能力を携えたあなた方です。
これこそが、真実のあなた。いつかこのように、
朽ち果てる、変化してやまぬ、この肉体物質が
あなたがたではありません。

我、血や肉体、姿、形でもなく、人間、肉体、
個人でもなく、その背後に実在する無限にして
絶対実在である無限の愛であり、智慧であり、
力であり、全てトータルして神ということを
知ってもらいたい。じゃ今まで教わった神は
何なのか。手の届かぬはるかにまします
神なのか、白い髭をそこにたくわえて、杖を
ついてあなたがたの前に現れる神を神なのか。

神は全ての存在の根源である。これはどうして
無限なる神がみなさんの前に言い切ることが
できるのか。無限の神をもし言葉で語った
としたら、神を知らぬ者。
無限の神は、常に例え、方便でしか語る
ことができぬことを知ってもらいたい。
それは中国の偉大なる老子と言う方が、
こう説きました。知られざるものは、決して
語ることはできぬと。で、語るものは、また
何も知ってないということを知らねばなりま
せん。語るものは知らずで、知らぬものは
神はあれだ、これだと語っていくだろうと。

果たして無限の神が無限の愛が、無限の真理が、
どうして言葉に語ることができましょうか。
だからわたしは、愛は無限なる真理は、
説きえざるものと説いて、『説き得ざるものは、
悟るしかない』といいます。

つまり悟るというのは、実際にその神を
自ら感ずることです。あるいは実際に感じる
ことです。それで神であってどうして説き
得ない神を説くことができましょうか。
どうして文字で書きしるすことできない神を、
言葉や文字で書きしるすことが、また言葉で
説くことができましょうか。

もしわたしが神の全てを説いたというならば、
その者はうそでしょう。どうして無限の神が
言葉に説くことができましょうか、どうして
無限の神が文字で書き記すことができましょうか。
説き得ざるものは悟るしかないと。
悟るとは、実感、実際に感ずることです。
それは明想から訪れることを知ってもらいたい。

明想。だから明想は、真実の神を我として実感
するために、あるいは直感するために、味わう
ために最高手段であることを知らねばなりません。
世界に未だかつて明想を通さずにして、真実の
自分を見出したものは、一人もいないという
ことを知らねばなりません。
明想は決して遊びごとではありません。
決して明想は遊びの道具ではありません。
また幽界なるこの憑依を受けて混乱することが
明想があることではありません。

真の自分のが何者かを探るために、真の自分が
何者かを追求するために、明想という正しさが
与えられていることを知ってもらいたい。
明想を通さずにして、いまだかつて本当の
我と融合した者はいない、というほどに、
明想はいかに大切なことであるか。
ただ一般の人間のように、ただ生きてるから
生きてる、ただここにいるからいる、ただ
周りの者が食して生きるから生きる。
そのような一転生、人生を終えたところで、
どうしてどうしてこの根源である本質と
融合することができましょうか。

これはわたし、どこでコマーシャル描かれ
ているものを見たのか。
おそらくベッドのコマーシャルだったでしょう。
『人生の3分の一は睡眠である』と。
人生の3分の一を睡眠をむさぼっているならば、
どうして本質である神との合一ができましょうか。

心を尽くして、精神を尽くして、魂を尽くして、
力を尽くして、汝の主である神を愛して、
愛した時に、神はあなたがたに自らの姿を
写し見せることを知ってもらいたい。

今回、中国でもいました。
わたしは神なんて絶対に信じません、
わたしは宇宙や地球なんてあるいは、
誰も絶対に信じませんと。私は一言、
『あなたが神を信じようが信じまいが、
あなたが信ぜずとて、神はここに存在する。
あなたが信じないから存在しないという
ことは不可能です。どんなに時代の新旧に
おいて、その真理は変わることはない』と
言いました。神が時代の新旧において、
人間の観念、概念で作り変えること、破壊
することもできるでしょうか。

神は不死不滅永遠の愛の法則であることを
知ってもらいたい。だからあなた方は、偶然に
これが現れた偶然に何かが起こった
(と言うけれど)。 
針先一点でも、偶然というものが神の愛の法則は
完全ではないということを知らねばなりません。
一点の狂いもありません。

たとえばわたし自身が、じゃ今生は非常に
わたしは正しく誰かが見ても、どう見ても
もしわたしが正しく生きてる、と見ていると
言いましょう。しかし、わたし自身、様々
災難がぶつかり災害がぶつかり、いろんな現象を
ともなってわたしの人生はもうドン底の人生よ、
というならば、みなさんから見れば、何で
あんなにも正しく生きてるのに、何の結果
なんだろうというかもしれない。



b0173754_13542338.jpg



病気に例えても、3つのパターンがあることを
知ってもらいたい。たとえばわかりやすく、胃に
ガンがあるとします。ある者は、物理的な面で
作り上げたガン。ある者は霊的な面。ある者は
過去幾転生の中で、正しく生きることができな
かったその結果刈り取りで、自らそのガンで
もってその全ての今までの思い癖、悪習を
克服せんとしている者。

もし病気に物理的な面というならば
たとえば、医者に『あなたはこれ以上、
酒、たばこ、やりすぎると、胃にガンができる
だろう』と。そう言われたところでやめることが
できない。
酒におぼれ、たばこを吸いで、麻薬やそういう
薬物を吸い、それでもって作り上げた胃のガン
ならば物理的な現象といえましょう。

しかしそうでなく、なぜガンがというならば、
れは破壊的な想い、破壊的な言葉、破壊的な
行為、霊的な面でつくりあげたガン。あるいはまた、
恨み、怒りで、嫉妬、そのような破壊的な意識状態で
つくりあげたガンならば、それはまた霊的な面といえ
ましょう。

しかし今生、霊的な面でも物理的な面でもないにも
関わらずガン、だというならば、それは幾転生の
過程の中で、道を神として生きることができなかった
結果、今生こそガンでもって今までの全ての汚れを、
全ての思い癖、悪習、焼く尽してまいります。
それで克服してまいりますと。そのように背負って
くる者もいましょう。

だから同じ病気に例えても3つのパターン。
だから我々も、このようになぜ今生こんなにも立派に
生きてるにもかかわらず、なぜその者が、あのような
災害にまきこまれなければならないのか、なぜその
ように災難に飲み込まれていかねばならぬのか、
それは、その者の一点の狂いのない計算から、全てが
この現象の中におかれていることを知ってもらいたい。

もちろん我々は、一人一人が愛そのもので生き、
愛そのものでこの地球を宇宙を調和させるならば、
あえてそういう宿題を引きずり出して混乱する必要も
ありません。だから、真理は全てを自由ならしめん、
と言っているのは、その意味ではないでしょうか。

たとえば、わたしが、戦国時代だったならば、私が
誰かと戦いあって、城を攻め落とすのに誰かを殺した、
といいます。どこかの大将を。必ずそのものの息子が、
必ずわたしにかたき討ちで、むかってくるだろうと。
私の息子が、またその殺した息子をかたき討ちに
いくだろうと。じゃそのような無智、めくら、迷いで
生きるかぎりは永遠に続き続き続き、いかねばならぬ
ことではないでしょうか。今、現象の世界でおこって
いる戦争もその通りです。戦争で平和を勝ち取った国は
一つもありません。

だから戦争を止ますのは愛です。でそのような
かたき討ち、かたき討ちで、そのような現象を
止ますのは、愛であることを知らねばなりません。
愛で克服できぬものはありません。全て、宇宙真理と
いう愛という、その智慧なる火花で焼く尽すために
今我々は、全国で全世界でこの真理をもちいてる
ことを知ってもらいたい。


人類はひとつ
神はひとつ
宗教はひとつ
世界はひとつ
宇宙はひとつ


その状態で、全人類が愛のボルトとなって、
全てを支えていかぬかぎり、地球崩壊で国々の
崩壊をまぬがれることはないことを知って
もらいたい。

共に我々は、さきほども岩波さんが言われたように、
同じ兄弟姉妹であるならば、共に手を携えて、
共存、共栄、共生、愛わかちあっていき、本当の
美しき地球を建設していくために、今我々は
ここに生きていることを知ってもらいたい。ただ
この世の現象に溺れ生きるために、物や金や物質に
溺れるために、全世界の富を持ったところで、一瞬に
してあの津波にのまれ、で、地震の下敷きになれば、
今まで目の色変えて汗水流して、あるいは兄弟姉妹を
蹴落としてでも、稼いだ金はどうなりましょうか。
一円だって一物だって死後の世界まで、あの世まで
この世の物質を持ちかえったものはおりません。

持ちかえるのは、我々はどれほど、正しき愛という
表現で、あるいは愛という徳で、この自分の魂、
心をを飾れるか、であることを知ってもらいたい。
だから、わたしがものごころついた時から、
私のお母さんが常に教え説いたのは、
『あなたはこの肉体という表現体に、金、銀、
ダイヤ、宝石で飾るあなたではなく、常に愛と
いう徳で、愛で、この魂を心を飾れる者となり
なさい』と言われました。
だからわたしの生き方は『愛するは愛される
よりも美しく全てを幸せにする』とわたしは
生きてまいりました。

 『愛を得ようとする者、愛を失い、愛を放つ者、愛を得る』

 『命を得ようとする者、命を失い、命を放つ者は、命を得る』
 
 『持てる者、更に多く与えられ、持てぬ者は持ってる
  ものさえも奪われる』と。

この世界崩壊、取らぬように、このボルト、
愛のボルトで我々はしっかりと、手を携えて、
共に我々はにぎりしめていたいと思います。

今日も、この時期、この状態であるにもかかわらず、
多くの友とここに集い学ぶことができたことに感謝します、
ありがとうございました。

(以上、転載終わり)こちら:



 上江洲先生は、サイババにも似ているような。

b0173754_15554442.jpg


現在のヘアースタイルや服装は James Brownに
似ていましたが、どうでしょ?

見た目より気さくな方でしたから、ついつい045.gif


b0173754_15473672.jpg

             034.gif 「真我に生きよう!」


   ④、四国金比羅神社参拝へつづく



[PR]
by yukistar88 | 2016-03-13 15:34 | スピリチュァル | Comments(2)

③.新月の願い事&祖父の魂と共に広島平和記念公園とサウンドヒーリング@広島

072.gif今日(3/9)は魚座の新月になります。

久しぶりに新月の願い事に関してです。

以下、
上段は、日本時間(青)
下段は、米東部時間(赤)

新月直後から48時間以内

3/9 10:54 - 3/11 10:53 
3/8 20:54 - 3/10 20:53


・この48時間の間の「ヴォイドタイム」は、

3/9 10:54 - 3/10 4:40
3/8 20:54 - 3/9 14:40


ということは、米東部時間では、
3/9の午後2:40以降から
3/10の午後8:53までですね。


★新月が魚座にあるときに願うと実現しやすいこと
 (願い事は2以上10以内)

・想像力
・内なる幸福感
・霊的敏感さ
・信心深さ/精神性
・霊的癒やし
・慈愛の心
・被害者意識からの解放


3/20の春分の日までは、エネルギーの変化が加速
されるようなので、体調の変化や人間関係など、
方向転換に適した時期でもあるようです。




b0173754_14281500.jpg



<今後1ヶ月のラッキーアクション>

 ● 水をたっぷり飲む(いつもより多目に)
 ● ぬるめのお湯にゆっくり浸かる
 ● リフレクソロジーを受ける
 ● 子供の頃好きだった絵本を読んでみる
 ● タロットカード、オラクルカードを引く
 ● ワカメの味噌汁を飲む




子供の頃、好きだった絵本は何ですか?
私「ちびくろサンボ」かも。
トラがバターになるというのが受けた!
その絵本、持っているのですよ!

b0173754_14374898.jpg


しかし、ダッコちゃんといい、この「サンボ」も
蔑称語に当たるとかで、学校から撤去されたそうですね。



b0173754_16031627.jpg


イギリスの作家ヘレン=ワトソン=バンナーマンによって
書かれた「ちびくろサンボ」は、1899年にイギリスで出版
されました。日本では昭和初期に雑誌「コドモノクニ」で
紹介されて以来、大変な人気を博した名作童話です。
原作のタイトルは、”The Story of Little Black Sambo”
これが「ちびくろ」と訳されたタイトルが差別用語に
当たるということで、黒人差別をなくす会などの圧力を
受けて、日本では1988年以降、絶版になってしまった
そうですが、今は復活したそうです。



b0173754_16032444.jpg




055.gif春分の日頃、再び大きな流れが到来するようです。
以下;

5次元の強力なエネルギーがアセンションの大波で
アンカーされつつあり、新たなポータルが開こうと
しています。高次元より、この新しいエネルギーを
自分の体と地球にグランディングさせようと長い間
取り組んできました。
去年2015年9月28日が、5次元に入る日になり、
そして、多くの人が新しい光のコードを取り込み
波動を上げていっています。




b0173754_02262031.jpg


これから、アセンションの第2波が起ころうとしています
3月20の春分の日に光のデータを持つガンマ線が銀河の
中心から直にガイアに送信されます。

しかし、このイベントにまだ十分準備できていない
たちは、人生の波乱を経験する人かもしれません。
今回、食生活の乱れや摂食障害、不眠、疲労感などを
経験することもあります。
その場合、過去にメンタル的な問題を抱えて鬱や
例えば怒りが噴出して感情が暴発する時があったとも。

今上に上げた心身の徴候があればそれは怖れからで、
変わることへの不安でしょう。でも心配することなく、
皆さんの感覚は鋭くなり、地球や肉体に大量に
浸透する今回の光のコードを取り込みことになります。
これから歴史上最大の変化の中に進んで行きます。
最善に寄与しないものは、瓦解して行きます。
光が周波数を変え、自分の高い状態に値しない
ものは人生から消え、人生の神聖な目的のための
スペースが生まれます。



b0173754_14280949.jpg



体は変わりつつあり、DNAの質が向上しています。
不快なことは祝福として表に出ています。
そう思うか苦しみと受け止めるかは自分次第ですが、
向き合って、これはどういう意味なのか?」
問いかけてみてください。



b0173754_13570918.jpg



スピリチュアル的な浄化はあなたの意図と想像力に
かかっています。例えば白いスクリーンを見て、
それが自分の内面だと思ってください。
その内面がスクリーンに点になって表れたり何かの
サインやシンボルに見えたりします。
想像次第でいろいろな形になります。映ったものに、
変換とヒーリングの意図を明確にしながらバイオレット
フレームの光線を送ってください。

「私は進化する(したい)。必要なものがスクリーンに
出て解決される。今解決し癒されアセンションします」


https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/02/24/2016-02-short-short/




b0173754_02244026.jpg




     **********056.gif 日本の旅日記のつづき **********


*2/8、広島へ向う新幹線の中からみえた富士山!



b0173754_13213040.jpg



こんなにクリアに見えたのは久しぶり!



b0173754_13213872.jpg



姫路上空には、このような雄大な光芒放つ雲が現れて!



b0173754_10021088.jpg



b0173754_10022639.jpg



b0173754_10030793.jpg


湘南でも光芒


b0173754_10024978.jpg


行く先々で光芒現る!の巻でした。



b0173754_10025789.jpg


夕陽も美しくて感動しました!


b0173754_10031547.jpg


b0173754_14184111.jpg




*2/10、
3年半ぶりの広島市訪問。
そんなに早く月日が経ってしまったことに驚きます。



b0173754_14191167.jpg



NY在住のマクロビ講師Kyomiさんの紹介で、
広島在住のマクロビ講師であるMarie先生の教室
"マクロビォティック24cooking school"にて、
コラボを行うことになり、そのイベント前に
広島平和記念公園へ足を運びました。



b0173754_14192326.jpg



父方の祖父は群馬県中島飛行場(現在の富士重工業)に
勤務していて、第二時世界大戦時、中島飛行場で米軍の
空爆により亡くなったのですが、その命日が、この日
2/10だということを今回知り、祖父の命日という
タイミングに広島を訪問することになり、祖父の魂と
共に広島平和記念公園を歩こうと意識しました。



b0173754_14192988.jpg


2歳で被爆し、12歳で他界した
佐々木サダコさんの像


b0173754_14194923.jpg


サダコちゃんの折り鶴は今や海外6ヶ所へ寄贈され、
その平和活動をずっと目撃してきた友人(源和子)
側で見てきて、特にこの4,5年は、広島とのご縁が
また一歩深まったように思っていました。



b0173754_14244891.jpg


太田川は、太陽に照らされてキラキラしていました。



b0173754_14193724.jpg



原爆ドームの裏側にある慰霊碑は、3年半前の
原爆記念式典の日にも神々しい光が出ていました。




b0173754_14194223.jpg



b0173754_14203759.jpg



2012年8/6、こちらが広島原爆記念日に訪問した時の
日記とサダコ鶴に関する平和活動一部記録です。


*「67回.広島平和記念式典と神の光」:

http://yukistar88.exblog.jp/19013684/



*「折り鶴が繋ぐトルーマン元大統領の孫と被爆者による平和への扉」:

http://yukistar88.exblog.jp/19043980/




b0173754_14214883.jpg


b0173754_02291471.jpg


b0173754_14221930.jpg


前回来た時は、気付きませんでしたが、
”灯和の径”という白い光の玉を見つけました。



b0173754_14564465.jpg




動画でご覧ください。キラキラと映ります。




https://youtu.be/Ew2D7boO1yo




b0173754_14225692.jpg


もうすぐ3.11、東日本大震災から5年経ちますね。
自然災害、人工的な災害でも失った人命への想いは
悲しいもの。この3/11も祈りの日と迎えたく思います。

広島在住の方が言っていました。
被爆者でも本当に辛い経験をされた方は、
今も何も語りたくないものなんだと。




そして、イベント会場である
"マクロビォティック24cooking school"へ。
そこは、あのサダコちゃんが通っていた
袋町小学校の真向かいでした。



b0173754_14231815.jpg


b0173754_02364303.jpg


会場へ入ると・・・

ワッ?!写真付きで、Kyomiさんと私のイベント告知?!
ご丁寧にありがとうございます。


b0173754_14270012.jpg


九州のマクロビ講師で数秘術師でもあるMiwaさんが
ヘルプにいらしてて、イベント前に、Kyomiさんの
マクロビスィーツを運んでくださいました。
ありがとう! 

Kyomiさんのクラスの模様はこちら:http://artofworld.exblog.jp/24959201/



b0173754_14270875.jpg


*6:30pmから瞑想とサウンドヒーリング、スタートです。


b0173754_14240963.jpg


ヒーリング後は、皆さんでマクロビディナーを
いただきます。サッサと手際よく準備する皆さん!



b0173754_02241755.jpg


Marie先生や Miwaさんたちが作って
くださったマクロビ料理のディナー。



b0173754_14235153.jpg


この夜は、"マクロビォティック24cooking school"を
サポートしていらっしゃるスタッフも加わり、
スペース的にもピッタリな人数でした。

着物姿の方は、ここへ来る前になんと野村萬斎氏の
狂言を観てきたそうで、つい先日NY公演で萬斎さん
とはお会いしたばかりでしたが、この日は、広島
入りしていたのですね。

そして、着物で寝転んで受けていただいた方は
初めてで着くずれしないかと心配しましたが、
逆に帯で固定されて楽に受けられたとのこと。
なるほどでした!

また、サウンドヒーリングは、「施術される方に
よって、音が発するエネルギーが違う。」ということ。
また、Marie先生からは、「言葉はいらない、
音だけでも十分なヒーリングになるのね。」と
コメントいただきました。

北CA州のシャスタ山に行った時、ヒーリングや
ワークショップを受けなくても、ただただ自然界の
中にいるだけで、それでヒーリングされるし、瞑想と
同じ状態になれるのと同じかもしれません。

この夜は、なんだか宿坊の雰囲気があり、それもその
はず!皆さん、修行僧の過去生の方が勢揃いでした!

お一人様のセッションをした時に、その方の修行僧
時代の過去生が出たのもそういうことだったのですね。

食後は、男性陣もサッサと皿洗いされて感心!

ご参加ありがとうございました!



b0173754_14234455.jpg



初日のイベントも終了し、スタッフのお疲れさま会!
手前から、Marieさん、 Kyomiさん、 Miwaさん!



b0173754_14235975.jpg



*2/11、 2日目は、10:30amスタート

7名の方が参加してくださり、中には島根から
2時間かけていらした方々も。
その方もマクロビ講師などされているそうで、地域
コミュニティーの中心としてご活躍されているようです。

ご縁をありがとうございます!



b0173754_14252280.jpg


ランチは新鮮なお野菜中心で。

肝臓のお手当てともなるメニューも。



b0173754_14253016.jpg


b0173754_06164521.jpg


大勢で食べるご飯は美味しいですね。

ご参加くださりありがとうございました!

そして、2日間に渡りお世話になりました。
Marie先生、 Motoさん、 Miwaさん、 Kyomiさん!



b0173754_14254189.jpg



私は一足先に、広島駅へ向いました。

広島を離れる前に見た雲。


b0173754_14260457.jpg


広島駅も外国人で溢れていて、新幹線ホームでは、
このようなシャッターチャンスを狙うバックパッカー隊!




b0173754_14264279.jpg


もちろん撮影の被写体は、新幹線!
そういう私も撮影してましたけど。045.gif



b0173754_14263354.jpg



新幹線から景色と雲


b0173754_14274391.jpg


b0173754_14275144.jpg


     ④.初の四国スティ、金比羅神社参拝へつづく




035.gif最近のプッチーくんです!

すっとこさんのブログ愛読者には、プッチーファンも多く、
こちらにもプッチーを定期的に登場リクエスト
いただいております。


のび~~るんです!

b0173754_14285465.jpg


目がキラキラ光んです!


b0173754_14293365.jpg


本当はプッチー用ではないのだけど入りました!


b0173754_14293963.jpg


お気に入りなら、あげましゅ!


b0173754_14294500.jpg



プッチーくんは、ほとんど鳴きません。
鳴いても「ニャッ」が、一日1,2回程度。

でもね。最近変化があって、一日一回、
「にゃ~ん」て猫らしい鳴き声を発するのです。
本当に珍しいこと!
それは遊んでのオネダリの声なんですけどね。

か細くて、妖精の声みたいな鳴き声なんですよ。
ていうのは、やはり猫親パカちゃんでしょか。


そして、夜10時半には、自分のお気に入り寝床に
入っています。早寝早起きなんで午前5時半には、
リビングルームに移動して、大人しく一人で
たたずんでいるようです。

なんて規則正しい生活リズムなんでしょね。

これは隠れ寝床で眠る体制に入ったプッチーくん!



b0173754_12021073.jpg




056.gif更に・・・
3/16、NJのミツワから5分の個人宅にて、スプリングクレンズの
瞑想とサウンドヒーリング&マクロビランチのコラボを致します。
以下、お知らせを添付致しますね。

Moetさんの美味しいマクロビ料理もお薦めです!
少人数制ですので、NJ地区の方も他州の方もどうぞ!

b0173754_13522182.jpg


音叉ヒーリングセラピストの星ゆきさんをお呼びして、
トックスシーズンにピッタリのサウンド
&マクロビオティック食のWクレンズして
頂けるクラスを企画しました。
冬に溜め込んだ老廃物とエネルギーを排出の季節である春に、
是非、皆でデットックスしましょう。

 サウンドヒーリングとは、生体エネルギーと
チャクラ活性へのサポート、ボディの調律、
マインドをリラックスさせる効果などがあります。
そして、瞑想は宇宙と繋がりながら内観するチャンスでもあります。
瞑想後には床に寝転んでいただいて、サウンドヒーリング
(チューニング・フォークをメインに使用するサウンド・
ヒーリング)をメインに、シンギングボールや
自然界の音を奏でる民族楽器の音とバイブレーションを
浴びていただきます。
心地良いリラクゼーションのひと時をお楽しみください。

MENU: ワンプレートランチ&デザート付き


b0173754_15572520.jpg

日時: 3月16日 11時~14時半まで
場所: Edgewater (詳しくは、メールでお返事いたします。)
内容: スプリング・クレンズの瞑想とサウンドヒーリング 軽食付き
費用: $50(デトックスクレイのお土産付き)

CONTACT: moet@moetskitchen.com

お申し込み先:momochin235☆gmail.com(☆を@に変えて)




[PR]
by yukistar88 | 2016-03-09 14:22 | 日本の旅 | Comments(2)

②.3月のエネルギー&東京グルメとサウンドヒーリング@東京・埼玉

072.gif3月になり、1日から空模様が素晴らしかったです!

そして、2月中旬から夢見が深くなってきました。
夢の世界=魂の世界な感覚もあり、もう1つの次元で
色々動かされているような気がしてなりません。


b0173754_07292854.jpg


2/23の満月からまた波動も変化してきているようで、
眠気がある時は、しっかり眠ることでしょうか。

3/8-10はスーパームーンで月は地球に接近しますが、
新月のため見ることはできないようです。
ただ部分日食は見られそうで、インドネシア方面では
皆既日食とのことです。

3/19,20は春分の日であり、その頃からまたエネルギーの
シフトがありそうです。


b0173754_09282446.jpg




以下、天下泰平氏ブログより:

2/23の満月は1年に1度だけの「木星が同座する満月」
キリスト生誕時に出現した「ベツレヘムの星」
一部とも言われ、とにかくキリストと関係が深い
“木星”が2016年以降は非常に重要な存在となっており、
とにかく「木星に注目」と各方面よりメッセージを
頂きますが、木星は「拡大と発展の星」でもある
ようなので、今回の満月に決めた見直しや改善を
木星が強く後押しをしてくれるとも言われています。

また、今は乙女座の木星が山羊座の冥王星と調和的な
角度を作り始めているようで、この配置は、来月3/9に
起こる「魚座新月(皆既日蝕)」において強調される
ことになるそうです。

今年の3月は春分(3/20)を含めて大きく宇宙のエネルギーが
シフトするタイミングであり、この3月9日の魚座新月
(皆既日蝕)も大きな節目となりそうなので、明日の
満月は3月に起こる世の中と個人の転換期のための
準備期間のスタートとなるかもしれません。

(天下泰平ブログ:



b0173754_00560924.jpg




3/20春分-大きな目覚めの第2波が到来



5次元の強力なエネルギーがアセンションの大波でアンカーされつつあり、新たなポータルが開こうとしています。多くの人や高い存在たちがこの新しいエネルギーを自分の体と地球にグランディングさせようと長い間取り組んできました。去年2015年9月28日が、5次元に入る日になりました。そして、多くの人が新しい光のコードを取り込んで5次元に一致する波動へと上げて行きました。長年その準備をしてきた人には、その時にコードが届きました。これから、アセンションの第2波が起ころうとしています。3月20の春分の日に強力な光のデータを持つガンマ線が銀河の中心から直にガイアに送信されます。

しかし、このイベントにまだ十分準備できていない人がいて、その人たちは、人生の波乱を経験していた人かもしれません。今回、食生活の乱れや摂食障害、不眠、疲労感などを経験することもあります。その場合、過去に、メンタル的な問題を抱えて鬱や例えば怒りが噴出して感情が暴発する時があったかもしれません。今上に上げた心身の徴候があればそれは怖れから生まれています。変わることへの不安です。でも、心配することはありません。皆さんの感覚は鋭くなって、地球や肉体に大量に浸透する今回の光のコードを取り込みます。これから歴史上最大の変化の中に進んで行きます。最善に寄与しないものは、瓦解して行きます。

皆さん、たとえ失業するとか関係が終わるのではないかと思っている人は心配することはありません。光が周波数を変えて。自分の高い状態に値しないものは、人生から消え失せ、人生の神聖な目的のためのスペースが生まれます。「魂の闇夜」に直面する場合は、あなたは自分をマスターする段階に進んで行こうとしているのです。体は変わりつつあり、DNAの質が向上しています。不快なことは祝福として表に出ています。そう思うか、苦しみと受け止めるかはあなた次第ですが、向き合ってきれいにしてください。「これはどういう意味なのだろう?」と問いかけてください。感覚や気分、気持ちはあなたの注意を引こうとしているのです。自分に注意を向けて意図してください。

スピリチュアルな浄化はあなたの意図と想像力にかかっています。例えば、白いスクリーンを見て、それが自分の内面だと思ってください。その内面がスクリーンに点になって表れたり何かのサインやシンボルに見えたりします。想像次第でいろいろな形になります。映ったものに、変換とヒーリングの意図を明確にしながらバイオレットフレームの光線を送ってください。「私は進化する(したい)。必要なものがスクリーンに出て解決される。今、解決し癒されます。アセンションします」と言ってください。




そして、2/14には、太陽周辺で太陽より大きな
何かが飛来した珍現象が起きたようです。
不思議現象は、数年前からあったようですね。



b0173754_12195783.jpg




056.gif2/1、東京ではヒーリングを中心に、また友人らと
過ごすなど、美味しいご飯もいただきました。


イギリス訪問時にもお世話になったFukiちゃん、
都内のお宅に伺い、野菜鍋をいただきました。
マクロビ料理のインストラクターでもあり、これから
じっくりご自分の道を歩まれることでしょう。ありがとう!

それにしても、東京のお家がロンドンの時のお家と
似ている空間でびっくりでした。偶然とはいえ、
本当、ロンドンのお家にいるような錯覚も。


*ロンドン訪問時の日記:http://yukistar88.exblog.jp/22482872/



b0173754_23031366.jpg




大好きな街で、私の故郷でもある表参道。
今では、賑やかすぎるほど大勢の人が往来している
けれど、交差点にある山陽堂は昔から変わらない。

変わったのは壁画の絵で、私の幼少時は、少女が
赤い風船を放してしまった”風船が飛んじゃった”でした。

表参道は明治神宮へつながる参道なので、昔は
人気がほとんどない閑静な散歩道でした。

でも大晦日の除夜の鐘が鳴る前から元旦にかけての
初詣の時だけは、たくさんの人の足音がしたそう。
と父母は話していました。
当時(てどんだけ昔?)の表参道には、キディランド
一軒しかなかったです。どこかに当時の写真あるかなぁ・・・
出てきたら、紹介しますね。



b0173754_12322056.jpg


表参道交差点からも近い南青山にある
薬膳料理レストランOVE南青山でランチ。



b0173754_12321172.jpg


昨年11/17、NY式部会で行われた康塾・東洋医学講座の
講師鈴木氏の奥様が働いている。そんなご縁で伺いました。

*11/17、NY式部会で行われた康塾・東洋医学講座日記



b0173754_12324302.jpg


採光も気持ち良く、広々とした空間がとても快適でした。
ギフトコーナーもあって、食以外も楽しめます。

自転車ショップがパートナーなんだそう。



b0173754_12324988.jpg


私は、3日間煮込んだ薬膳カレーを。
珈琲かハーブティがついて、なんと¥1,080!
南青山でです!

他にそそられたメニューとして、黒ゴマ豆乳うどん。






b0173754_12335183.jpg

きな粉パフェと珈琲。


b0173754_12335781.jpg


左がOVE南青山の薬膳師であるRieさん
お二人ともRieさん!


b0173754_23091831.jpg


メンバーは、NYから同時期日本帰国中のRieさんと初対面の
サウンドヒーラーのChigusaさんと元NY在住のYukariさん。
人から人へ繋ぐご縁、ありがとうございました!

ここは隠れ瞑想室!


b0173754_12341711.jpg


そうなのです!
レストラン内に黄金に輝く?!瞑想室があるということで、
お邪魔しました。
片隅にチャイムがあって、すてきな音色を奏でます♪


b0173754_12353295.jpg



*2/3、
元NY在住だったK夫妻と会う約束をしていて、
この日は彼らの結婚アニバーサリーでした!

SMAP草彅くん似のKodacchiさんと石田ゆり子似のEmiちゃん。



b0173754_12355629.jpg


与野にある昭和の香りがするアットホームな
洋食屋さんでお食事しました。おめでとう♥



b0173754_00205709.jpg


お二人は、ACIM(奇跡のコース)をベースにした
シェアリングのファシリテーターとして、週一回
おひさま会も開催しています。

陶芸家でもあるEmiさんの愛溢れる手作り器も癒されます。


b0173754_12360831.jpg


御利益ありそうなKodacchi地蔵拝



b0173754_00244262.jpg


さりげない玄関先のWelcome Cat!


b0173754_00251339.jpg



*2/4,
そして、与野にある古民家カフェ”きのか”にて、
おひさま会とサウンドヒーリングをしました。



b0173754_12361993.jpg


カフェきのかは、2度目の訪問となり、とても
落ち着く空間で、皆との再会も嬉しかったです!


b0173754_12362856.jpg


カフェオーナーKyokoさん手作りケーキも
美味しくて、ありがとうございました!



b0173754_12365806.jpg


この日の夕方、神楽坂にあるuma-kaguraszakaへ。
お店のオーナーであるK夫妻と骨盤矯正エクササイズの
インストラクターであるA子さんとお会いしました。

前回のイベントでは、uma-kagurazakaで
お世話になりました!
皆さんの父や母のような存在のK夫妻、そして
元気ハツラツなA子さんと短時間でしたが、
お会いできてよかったです。

uma-kagurazakaでは、ジャズセッションやレンタル
キッチンスペースもありますので、覗かれてみてください。



b0173754_22435698.jpg




*2/4
久しぶりに元NY在住チームのMさんとアメリカ
生まれのTちゃん(ワンコ)とも会いました。



b0173754_12381704.jpg


当日までこのメンバーが揃うとは知らず・・・なぜなら
元NY在住、現在シンガポール在住のEさんは、親戚の
訃報により急遽一時帰国となり、この日だけ都合よか
ったので会えることになったのです。

言霊古代文字アーチストの紫水さんもおいでまし。
再会を喜び、そして、Mさんの美味しいご飯もありがとう!



b0173754_12380835.jpg


15年前に作ったMさん宅にお嫁にいった
アロマポットも大事にしてくださって嬉しいです!



b0173754_12415217.jpg



*2/6、
節分・立春が過ぎた週末に、ヒーラーAkiraさんとの
ピース&ラブ誘導瞑想とサウンドヒーリングのコラボ。

今回は、三鷹にあるマクロビ・レストラン沙羅舎の地下、
舞遊空間にて行いました。

ここは、伊勢神宮・出雲大社の専属カメラウーマンでも
ある美織さんが繋いでくださいました。
彼女の著者「水と森の聖地伊勢神宮(小学館)」は有名で、
この日の瞑想会も参加してくださり、新たな本の英語版
制作で多忙な日々を送っているそうです。



b0173754_12371829.jpg


舞遊空間は演劇もできるくらい広いスペースなので、
30名は入れるのでは・・・と思っていましたが、
こうして畳一畳を各自敷いてみると、今回の
参加者でぴったりの空間になりました。




b0173754_12372931.jpg



午前11時からスタート!
日中なので、暗幕カーテンで目に負担
かからない明るさに調整します。

小唄を歌っている?!いえいえ・・・046.gif



b0173754_12374688.jpg


50分の誘導瞑想&サウンドヒーリングを2回終えて、
寝転んで居眠りされた方も多く、中には深く入って
しまった方も。

ランチは沙羅舎特製、美味しくてヘルシーな
マクロビランチを皆さんでいただきました!
こりゃ宴会みたいな図ですね。

皆さん、ピカピカなすっきりお目覚め表情に!
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。



b0173754_12375726.jpg


丹精込めて作られている沙羅舎のマクロビランチ



b0173754_12385022.jpg


デザートもかなり美味しくてお薦め!



b0173754_12394046.jpg



*2/7
更に移動して、茅ヶ崎のKyokoちゃん主催
アロマスクールへもお邪魔しました。
こちらでも、ちょっとした瞑想とサウンドヒーリングを。

シェアリングも深く、皆さんのスピリットが
どんどん輝いていくのですよね。



b0173754_12401975.jpg


チャコの海岸物語!
14歳のチョコやん、長寿犬として表彰されたのですよ。

さくらちゃんというアニマルセラピストのお陰でもありますね!


b0173754_12395878.jpg


音叉ヒーリングのマスターJohn先生から伝授した
動物への音叉ヒーリング。チョコやんへもお試し!



b0173754_12403038.jpg



次回は、この海岸でサウンドヒーリング&ピクニックを
したいね!とK子ちゃん。

野外でサウンドヒーリング、それは自然の中
だけに更に心地良いのです!

2/25-3/1開催の”奇跡のマリア展”は、タイミング合わず、
行けなかったけれど、大盛況おめでとう!



b0173754_12404228.jpg



東京では数人の個人セッションもさせていただきました。
”ヒーリングとは、一人だけが癒されるのではなく、
両者共に癒されて成立する”

カウンセリングしていくうちに、ある瞬間フワ~と胸に
心地良いエネルギーを感じるのです。
これが来た時は、クライアントさんのハートも開いた瞬間、
というよりも元の愛の状態に戻ったということになります。

それぞれのメッセージをお伝えする度に、自分へも気付が
きますし、その繰返しが大切で、そんなチャンスをいただ
いている、それがヒーリングの醍醐味ともいえます。



b0173754_07295582.jpg


あるクライアントさんから、「江原啓之氏からも同じ
メッセージを言われました。」と、それは初めてのこと!
それもそのはず、江原さんのセッションを受けたことある
人に出会ったのは初めてで、彼が無名の頃もその地区では
人気のスピリチュアル・カウンセラーだったようです。
今でこそ彼は個人セッションは受け付けていませんが、TV
出演し有名になったらなったで、やらせとか偽者という噂も
立っていたので、個人的には信用していましたが、疑ってた
方へは、これにて彼は本物であることが証明されましょう。

ただパワーがなくなるというケースはあり得ますが・・・。

メッセージは、全て上からキャッチしたものをお伝え
しているだけであり、ビジュアルで見えた時は、それを
お伝えし、ビジュアルの解釈は経験を重ねていくうちに
より鮮明になってきました。
そして、チャネリングやリーディングを行う者は
単なる媒体であるという点、勘違いされませんよう。




b0173754_07415471.jpg



都内でちょっとしたハプニングが!
滞在していたホテルのフロントで、
「目黒警察署からレターが届いています。」て、
マジ顔で渡されました。
果てなんだろう?心当たりないまま封を開けると、
免許証の落し物通知でした。

気付かないうちに、お財布から日本の自動車免許証が落ちて
しまったようで、週末前のギリギリな時間に目黒警察署へ。
証明するIDとして、保険証なし、パスポートも持ち歩いて
なくて、落とした免許証がIDになるからいいか!という
ことでOKでした。
拾ってくださった方、有難うございました!
そして、気をつけようと気を引き締めました。



b0173754_13180726.jpg



043.gif「おかえりにゃさい」

約2ヶ月ぶりに再会したプッチー君。
元旦から元里親のお宅で過ごしていたのです。
実家から戻るなり、エサをパクパク!

「あれっ、ここ何処だっけ?」
という顔はほんの数分だけのこと。



b0173754_12423308.jpg


後光射すプッチー王子
「また少し兄ちゃんににゃったでしょ?」


b0173754_12421567.jpg


お部屋も喜んでいるのかな、キラキラと
いいエネルギーが射し込んでいるね。


b0173754_12425681.jpg


相変わらずあくびが出ちう


b0173754_13031570.jpg


「僕のこと覚えている?」
ここもお気に入りスポットだにゃ。



b0173754_12430635.jpg


「かわい~」と言われりゃこの通り!


b0173754_13290025.jpg



「どう?僕かわい~?」
といわんばかりのぶりっ子ポーズ!



b0173754_13015410.jpg



ここからはお知らせになります。

★3/21、春分の日サウンドヒーリング&アフタヌーンティ★


一年の節目でもある春分の日(3/19,20を迎えるにあたり、

スプリング・クレンズを意識した瞑想とサウンドヒーリング(音叉と自然界の

音を奏でる楽器による音浴)にて、マインドとボディへのヒーリングを致します。


ヒーリング後は、英国式アフタヌーンティを提供致します。


日常から離れたリラクゼーションのひと時をお楽しみください。



b0173754_13020189.jpg


*日時:321日(月)11001315

*場所:NY式部会(アッパーウエスト)

   (住所は申し込み後にお知らせ致します)

*参加費:$45

*持ちもの:床に敷く用のヨガマットか大判タオル、身体に掛けるもの。

     (敷き物は限定でレンタルもご用意できます)

    波動水もできますので、ミネラルウォーターもご用意ください。

    楽な服装でお越しください。

アフタヌーンティメニュー:(オーガニックベース)

*紅茶(ダージリン・カフェインフリーのアッサム

*スコーン(2種)

*サンドイッチ(4種)

*お持ち帰り用マドレーヌ(2種)


*問い合わせ・お申し込み:yukistar88☆hotmail.com(☆を@に変えて


                 もしくは、Facebookのイベントページにポチしてください。


                        https://www.facebook.com/events/492843544248862/



お陰さまで満席となりました!

b0173754_13021754.jpg


★瞑想&サウンドヒーリング担当:星ゆき

(ソウルナビゲーター/音叉ヒーリングセラピスト)

2003年よりACIM(奇跡のコース)の教えを学び、

2004年よりスピリチュアル・カウンセラーとして、

音叉ヒーリング・セラピストとして活動始める。


*HP http://yukistar88.holy.jp/



b0173754_13023407.jpg


★アフタヌーンティ担当:吉田しずこ(Si'sKitchenLabo)

京都市出身。日本では保育園の栄養士として勤務し、

離乳食や乳幼児の献立、手作りおやつなどを手がける。

自身のアトピー経験から、2010年より手作り石鹸制作・

講師を務める。

Tea Harmony New York にて、英国式アフタヌーンティを

学び、Tea Instructorの資格取得。

現在、NJにてお惣菜デリバリーなど料理研究家としても

活躍中。


*instagram siskitchenlabo




b0173754_09433580.jpg


しず子さんのアフタヌーンティは、とても美味しいです!

お気軽にご参加くださいませ。029.gif



3/16は、NJでマクロビランチとのコラボもやります。

お知らせは次回に。



  「③.広島平和記念公園&サウンドヒーリング@広島へつづく」





[PR]
by yukistar88 | 2016-03-02 08:55 | 日本の旅 | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧