<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「微生物と人間の意識」&「時空を越える量子論」+ヨガ&サウンドヒーリングのコラボ@国立のお知らせ

9月は色々とイベントが目白押しでした。順を追って日記で紹介していきます。

9月半ばの空模様は素晴らしく、特に夕焼けが鮮やかでした!


9/20 Queensから見た夕焼け

b0173754_13255641.jpg


b0173754_13260522.jpg



9/21 NJ側からハドソン川


b0173754_01245832.jpg

b0173754_01250645.jpg


b0173754_01251506.jpg

b0173754_01252539.jpg




056.gifコラボイベントのお知らせです!(やっとこさ)

同じ名前を持つ、ほしゆきと星ゆきによる、ヨガとサウンドヒーリングで自分自身をクレンズし美しく強めるスペシャルなワークショップです。

◆日時◆
2016年10月15日(土)
16:30~19:00 ※15分前よりお入り頂けます

◆場所
 国立駅北口より徒歩2分
『Yoshie Bellydance Atelier Mnemosyne』ベリーダンスアトリエ ムネモシネ

 東京都国立市北1-7-24 スナミビル2F

◆料金¥5,000 ※当日、現金でのご精算をお願い致します

◆持ち物◆
ストレッチの出来る上下服、お飲み物、ヨガマット,身体にかけるもの
※ヨガマットがない方は事前にご連絡ください。数枚であればご用意できます。

♡当日はクリスタルの浄化、波動水ができます。クリスタルやミネラルウォーターを是非お持ちください♡

◆当日の流れ◆
まず、一時間程ほしゆきによるヨガで心身をスッキリさせて行きます。
シャバアーサナの後は星ゆきによる瞑想・サウンドヒーリングに入ります。

ヨガでは、初心者の方にも楽しんで頂けるポーズを、正しい身体の使い方を学びながら、呼吸とともに丁寧に行います。
エネルギーが循環し、本来のリラックスをした自分へと戻るのを感じて下さい。

サウンド・ヒーリングでは、シンギングボールとチャクラ調整・神経に働きかけるチューニングフォークを使う音叉ヒーリングを中心に、DNA修復・愛の波動ともいわれる528Hzパイプバーや自然界に近い音を奏でる数種類の民族楽器の音とバイブレーションを浴びていただきます。
それらの音とバイブレーションは、身体の細胞・水分やマインドに響き、生体エネルギーとチャクラ活性、免疫力アップとクレンジング、メンタルのサポート効果もございます。ワーク中は、眠っても構いません。

◆定員◆
 15名

お問合せ・ご予約はイベントページへの参加ボタン、主催者へのメッセージ、メールで承ります。


   メールアドレス: hoshiyoga★gmail.com(★を@に変えて)


どうぞよろしくお願い致します!029.gif





個人音叉ヒーリングも致しております。
9月上旬の爽やかな季節の日の夕方、Central Parkにて。緑と風との相乗効果で更に深いリラクゼーションへ。
クライアントさんは熟睡でした♬(撮影許可済み)




b0173754_12461597.jpg




生後1ヶ月の赤ちゃんは、低めの周波数が好みで、”妖精の子”と云われるキンダーライアーがお気に入りでご機嫌でした。



b0173754_12462678.jpg


様々なケースを実践しながら、私も勉強させていただいております。



b0173754_12494438.jpg




敏感に感じるらしい動物のサンプルとして、愛猫プッチーくんに音叉を当てると、この通り!



b0173754_12484543.jpg


b0173754_12483851.jpg



バイブレーションがたまらんのぉ



b0173754_12485356.jpg


b0173754_12491075.jpg

にゃんて気持ちいいんだぁ。

b0173754_12492234.jpg


プッチーだけ写真が多すぎるね?!とにかく体をクネクネさせて反応していました。






*9/25、
日系人によるお祭り”
International Food Festival”がNJの公園Van Saun County Parkで行われました。
日本食ベンダーやステージでは、和太鼓やコスプレコンテスト、キッズダンスなど、
私も友人らと、自然石鹸、陶器、アロマグッズ、クリスタルジュエリーなど全て手作りを扱ったブースを出しました。



b0173754_12505125.jpg


b0173754_12510353.jpg


b0173754_12511049.jpg


b0173754_12513993.jpg


b0173754_12513188.jpg


私は、葉っぱシリーズと片口小鉢の作陶とクリスタルブレスレットを。


b0173754_12511789.jpg


b0173754_12514662.jpg


b0173754_12512417.jpg



秋分の日前後より10月にかけて、どんどん変化が出てきています。
マインドフルネス=瞑想を心がけ、必要なメッセージを受け取ってみませんか?



b0173754_13093478.jpg



072.gif 近年は、スピリチュアルリズムと科学の融合なる内容も増えてきましたが、
特に印象に残っている2つのブログの内容をシェアしたいと思います。

今までの概念を覆すような内容もあるかもしれませんが、実はこちらが真実で、今まで社会的にも洗脳や制限をかけられていたりで、それにより潜在意識や本来もっている人間の能力が薄れてしまったということも。右脳活性と松果体再生で、再び本来の私たち、真実をとり戻せたらと思います。



b0173754_13094613.jpg



『これが本当なら、医療の概念が根本から変わります。地球上のたくさんの問題の解決は実はとてもシンプルであった?!(私的に最重要メッセージ』

今年の春前ぐらいに旦那さまの畑へ行ったときに、大地や植物からメッセージを受け取りました。そしてそれをきっかけに最近まで、それに関連したメッセージを少しずつ受け取り続けていました。ちょっとビックリする内容なので、今回もこの間のお金のメッセージの時のようにブログに書くをためらって、ほんとにそうなのかなぁとずっとスルーしていました。

大きな内容はいつもはメモメモするのですが、今回はメモをすることも無く、自分で納得出来ればそれでいいやと放置していましたが、最近起きたある出来事で、内容の重要性を感じましたので、ブログにアップすることにしました

以前も、DNAや不老不死などに関することを書きましたが、今回も人間のこころや、身体、病気に関する驚くような内容です。「バカじゃないの?」と思われる方もいっぱいおられるだろうということを承知でお伝えします。そんなはず無いと思われた方は今回もどうぞスルーして下さい。

何ヶ月もの間ちょこちょこと受け取って来た内容を、医療にも素人の私が書きますので、解釈の仕方がちょっと変なところもあるかもしれませんがお許し下さい。専門家の方で共感して頂けた方がもしおられたら、ここから研究を広げていろんな進歩が生まれればとっても嬉しいで

とっても長い内容になると思いますが、是非最後までお読み下さい

まずこのメッセージを受け取りはじめたきっかけとなった畑での出来事からお話しします。

私の旦那さまは畑を借りて野菜を作っています。毎年春前になると、夏野菜の苗を植え始めます。その苗が大きくなり始めた時、主人のお手伝いをしようと畑に行きました。畑に到着して、旦那さまはいろいろ手入れを始めましたので、私も大きくなってきたトマトの苗の周りの雑草を取ろうとしました。その瞬間、その雑草の土の内部が見えて、そこでは何億?もある微生物がお互いの働きを補い合って動いているのが見えました。そして今私が雑草をとったらお互い補い合っているその微生物の配合?が変わり、働きが変わってしまうのが見えました。そのとき「雑草を取ったらダメなんだ!」とはっとして雑草を取る手を止めました。

そしてその微生物が作り上げたものを、風や風に揺られた雑草、虫等がトマトの茎を微振動させて、その振動によって茎を伝って植物の上の方へ上げて行くのが見えました。そのときにトマトの意識が入ってきて、振動が妨害されていることを感じました。

よく見てみると、大きくなったトマトの茎を、旦那さまが倒れないように支え棒にひもで縛っているのですが、その縛り方がきつすぎて、茎を十分振動できないトマトが、微生物が作った栄養を上手に実まで運べないでいました。そして私は何十カ所もあるひもで縛ってる部分を緩めて行きました。すると栄養がどんどん登って行くのが見えました。

この出来事を経験してから、今の農業のことや微生物に意識が向けられて、そのうち、微生物と人間の身体の関係についてのメッセージも受け取るようになりました。

微生物がいないと必要な栄養が受けられなくなるので地球上の植物は生きていけなくなりますが、もちろんその植物と繋がっている人間も自動的に生きていけなくなりますね。

それ以外にも、人間が人間として生きていくうえで微生物は重要な働きを持っています。

人間が人間としての喜怒哀楽(感情)を感じるためにも微生物は存在しています。感情を感じるためには人体に意識が宿らないといけませんので、『微生物』と『意識』の二つがそろって初めて、その個人の感情を発現していくことが出来ます。

私達が目で見るものや、感じるにおいなど、五感に関わるものは微生物が大きく関わってきます。だからその人その人で同じ物を見ていても、ある人にはきれいに見えたり、またある人には汚く見えたりもします。ある人には臭く感じても、別の人には良いにおいに感じたりします。自分の中の微生物の状態によって少しずつ違って感じたり見えたりしているのです。このように人体に入っての経験は、微生物が不可欠になります。

感情を経験するのに必要なもうひとつのもの、『意識』は、以前にDNAのところでも説明しましたが、人間は経験したい人生が送れるように、自分で決めた基本のDNAを持って生まれてきます。これによって体内の微生物の配合が決まります。DNAは、魂意識と潜在意識、顕在意識の3つの意識と繋がっているのでしたね。

微生物は波動で私達人間の身体を調整して機能させていきます。ある波動を感知すると、微生物は直ちに反応して、同じ波動の形態をすぐに作っていきます。ありの巣の横でさとうを置くと、すぐさまありが群がってくるような感じです

地球上の波動は、微生物が、顕在意識を魂意識と潜在意識から離すように調整されています。その調整波動の影響を受けて私達は地球での喜怒哀楽を思いっきり感じることが出来るようになっています。

ではその地球独自の調整波動の影響を受けなくして、顕在意識、潜在意識、魂意識を完全に繋げることは出来るのでしょうか?

答えは「はい。」です。私達個々の気付きが調整波動の影響を断ち切ります。(これは最後に詳しく説明します。)

これらのことが本当だとしたら、今までの医療の概念も変えてしまうかもしれない多くのことがわかってきます 

先ほど言ったように、人間は自分で決めた基本のDNAで生まれて、それによって体内の微生物の配合が決まります。しかし外から身体の中に加えられる様々なものによって、身体のなかの何億、何十億(何兆かな?)の微生物の配合、割合、共存関係などがどんどん変化していき、それによって私達の感じ方や捉え方、性格等も変わっていきます。

わかりやすくこの間私が経験した例をあげてみます

その人はいつも明るく穏やかで親切な人でした。でも一週間位前からから突然、不機嫌で批判的でちょっとのことで怒りだすようになりました。いつも不満を言ってるので本人も大変つらくしんどそうです。私はその人の顔を見て「まるで般若のお面の顔みたい。。。」と思っていました。そしてあることに気付きました。そう言えばその人が「知り合いからたくさんの種類のペットボトル炭酸飲料をもらった。」って言っていたのに気付きました。すぐさまその人に確かめると、それらをもらったその日から普段はあまり飲まない種類の炭酸飲料もたくさん飲んでいることを聞きました。飲んだ空のペットボトルを見せてもらうと、今流行のカロリーゼロの、アスパルティームやアセスファルムk、スクラロース、ステビアなどの人工甘味料の名前が連なっていました。そしてあろう事かカフェイン強化!!って書いてありました。こんなものを飲んでスポーツなどしたら心臓も止まってしまうかもしれません。。。(最近の若い鍛え上げたな若者の突然死等はこの影響もあると私は常々感じていますが。)

この例を取り上げたのは、このような化学的に作られた物質は、即座に微生物の共存環境を破壊してしまいます。特にこのようなものは、その原料である作物に使われた除草剤や化学肥料、農薬なども大きく影響します。そのため、いつもは均衡を保っていたおとなしい微生物までもが反発や攻撃を始めたり、否定的な思考傾向を私達に伝達します。人工甘味料は特に興奮させて攻撃性を強める微生物環境を作ります。そして人間の表に怒りや、批判、不満と言った感情を強く出してきます。その他に、悲しみを出現させる微生物、自分を否定させてしまう微生物など、あらゆる感情に繋がる微生物環境が出現します。このように化学物質は人間の心に大きく作用して行き、いつもはそんなに気にしないことで強い怒りを感じたり、落ち込んだりしてとても辛くしんどくなります。

以前の記事でも書いていますが、心と身体はとても深く繋がっています。心の奥深くを探り、心を癒して身体の不調を整えて行くということをしている方達はたくさんおられます

例えば肝臓に病気が現れた場合、肝臓は怒りを表しますので、その人の心深くに封じ込められたの怒りの気持ちを探り対処していきます。

これは、感情が発生して、その影響で葛藤を作り、身体に不具合が生じてくるので、その元となる感情を癒していくというやり方です。

でも、実は身体の不調がまず現れて、感情を乱し、心の不調を作っているという逆の発想だとしたらどうでしょう。

例えば人間は個々独特の基本のDNAを持って生まれてきます。(実はこの基本のDNAの段階で、既に、お腹の中にいた時や、父母、家系からの化学的な影響を受けているのですが。。。)生まれてすぐから身体の中に入れた、化学物質を含んだ母乳や粉ミルク、薬などにより、身体の中の微生物の状態はどんどん影響を受けます。例えばその物質が特に肝臓を支えている微生物を乱す働きをするものであればそこから肝臓が弱っていき、それが肝臓に繋がっている怒りという感情を強く感じさせて私達の身体に葛藤を作っていきます。

このように「怒りという感情が沸いたから肝臓が悪くなる。」のではなく、「肝臓が悪くなったので怒りが沸いて葛藤を作った。」ということになります。

これが本当なら、ここからとっても重要なことがわかってきます。

確かに今までのように、肝臓から怒りの感情を発見し、その感情をケアしていくというのも効果はありますが、それを起こしてしまった身体の中の微生物の環境を整えない限り、またちがった怒りが沸いてきて、新たな葛藤を作ってしまうことになります。

根本から治療するためには、微生物の環境をどれだけ元通りに戻せるかが大きなポイントになるということです

ここから今まで私達がして来た治療や信じてきたことが「もしかしたらさらに大きな苦しみを招いていたのかも。。。」という可能性も生まれてきます。

まず、西洋の薬ですが、西洋医学はたいてい、対処両方が主なものになります。流れる鼻水を止めたり、痛みをなくしたり、ステロイドでアトピー症状をとったり、効果を感じるものがたくさんあります。しかし薬は化学物質なので、一時的に良くなったと思えても、その薬が結局微生物環境をさらに乱してしまいますので、根本的治療にならずに、再発を繰り返し、さらに効かなくなってきた薬をどんどん強くして、気付いたときには「身体の他の部分にも大きな影響を与えてしまっていた。」ということになるのです。それが感情にも大きく影響しますので、私達はダブルで苦しみます。

では根本的な治療をするにはどうしたら良いのでしょうか?

結論は、「体内の微生物の環境を出来るだけ整えるようにする。」ということになります。

ここ最近は、『細菌の恐い話が』クローズアップされて、「細菌は殺さないと行けないもの」とされてしまって、どの製品を見ても「抗菌」という言葉が書いてあります。

ショッピングセンターに行くと、手を消毒するアルコールがあります。子供達はそれを大人に言われてたくさん手にスプレーします。石けんもシャンプーもクリームもローションも洗剤もまな板もシーツも下着や靴下も何でもかんでも「抗菌」です。

仕事上、そんな抗菌の製品を使っている人達の手や顔は、共存を保ってみずみずしく保つ等のそれぞれの働きをしてくれていた菌がちゃんと働いてくれなくなり、湿疹でぼろぼろになります。それをなくすためにさらにいろんな化学的なクリームやローションを使う。そして治らないので薬を使ったりステロイド治療したり。

それらの日常品だけではなく、私達が取り入れる食品はどうでしょう。子供のお菓子や加工品、お店で売っているほとんどの物に添加物が入っています。それを避けて野菜をたくさん取ろうと思っていても、その野菜は除草剤や化学肥料、農薬をたくさん使った土地で育っているかもしれません。

最近は、土の中の微生物を壊滅状態に持っていく毒性の強い除草剤があちこちで売られるようになりました。それを使ってしまうと、その土は微生物がいない死んだ土になりますので、特別な化学肥料を使わないと良い実はなりません。死んだ土には害虫がどんどん引き寄せられてきますので強い農薬が必要になります。土を自然に戻さない限り、農業をしている人達は実を実らせるために、強い農薬や化学肥料を買い続けなければなりません。そのような土で作られた野菜は、化学薬品をいっぱい含んでいます。それを食べると私達の体内微生物環境はとても悪くなります。

そして怒りがわいて来たり悲しみが襲って来たり。自信がなくなったり鬱状態になったり。
犯罪が多くなったり憎しみ合ったり、ののしったり嘆いたり。

そして身体を壊して、それは自分たちの観念がそうしたから。と自分たちの性格や感情のせいにして、そしてもっと明るく自信たっぷりで優しい自分になるんだと、何故か次から次へと出て来るネガティブな感情を、いっぱい抑えていっぱいがんばります。

でもそれは自分たちの性格が完璧でなかったからではないです。

これを読んで共感されたかたは、今から是非、自分達の身体の環境を整えることに意識を注いでみて下さい!

先程も述べたように、今、農薬や除草剤、化学肥料などによって地球の大地の微生物の環境が大きく崩されています。大地から食べものや水を受ける私たちは、微生物によって地球と繋がっていますので、そのことに大変大きく影響を受けています。

大地を生き返らせることが、人間やこの地球を、穏やかで健康的で平和で輝く状態に戻していく鍵となります。

畑や道ばたの雑草を見るとき、土を耕している虫や、自身の排泄物などで微生物にとってより良い環境を作ってくれている虫や動物達などを見るとき、いつも微生物の働きのことを考えてみて下さい。自然界に存在するものは全て、お互いの利のために共存しています。ひとつが乱れればそこからほつれが出てきた布生地のように、他の部分もどんどんほつれていきます。

自分の身体やいろいろなものを消毒したい衝動に駆られた時、微生物の働きのことを考えてみて下さい。

抗生剤やいろんな薬を身体に入れたり食事をする前に、微生物のバランスと共存のことを考えてみて下さい。

このメッセージを見て頂いた人達それぞれが自分が出来る方法で、地球や私達自身をもとの状態に戻していくことができれば素晴らしいと思います。

ちなみに私は今は身体は石けんで洗いません。シャワーで毒素が含まれた汗(汗はとっても良いデトックス)を軽く洗い流すだけです。そうすることで、皮膚上の微生物が良い状態を保ってくれます。歯磨き剤を使わず、塩で歯磨きします。そうすることで口の中の微生物がとってもよく働いてくれて、歯や歯茎が健康になります。シャンプーはまだしますが、できるだけ自然のものを使います。

キッチン洗剤やせっけんは全く使いません。ぎとぎとの油汚れでも、さっとたわしとぬるま湯で洗い流した後、アクリル(毛糸)でこすれば、抗菌の洗剤を使った時と同じように、指でこすると「キュッキュッ」と音が鳴るぐらいきれいに油がとれます。肉類を切ったまな板は、洗った後にさっとお酢をつけて流すと気持ち悪くなりませんね。

このように強い洗浄力を持った洗剤等まったく必要ありません。それを使わないと油汚れは落ちないと思わされているだけです。

こんな風に工夫をすればどんどん私達の周りの微生物は最良の状態でいてくれるようになり、身体の不調もどんどん良くなってくると思います。それにつれて心も安定してくるでしょう。

これを医療に繋げることについてですが、前に説明した通り、今は病気の種類によって、その病気に繋がっている感情をがどんなものかということがほぼあらゆる病気で判明しています。例えば肝臓だった場合は怒りが自分の中にあるのでしたね。でもこれはその感情を癒しても、微生物環境が整っていない限り(同じような化学物質を取り入れる習慣を断たない限り)また違う形で怒りを感じて同じような症状を引き寄せてしまうかもしれません。

なのでそれを反対に使って行きます。

例えばある人が腎臓病で苦しんでいるとします。腎臓病は恥の気持ちを持ったときに現れたりします。その恥の気持ちを感じさせてしまう微生物環境は、どんな化学物質を取る時に現れるかということを研究するのです。その化学物質がわかり、それを身体に入れることをやめれば、恥の気持ちの葛藤を感じさせていた微生物の状態が、もとの整った状態に戻っていき、腎臓が癒されてきます。 
むずかしいように感じますが、感情と病気を繋げてくれた素晴らしい研究者達がおられることを考えれば、これも解明出来るまでにそんなに時間はかからないかもしれないと思います。すでに人工甘味料や除草剤のように、何となくわかっているものもたくさんありますね。

今は、たくさんの化学的な物質で薬を開発することに予算や時間をかけていますが、この微生物と化学物質の関係の研究にもっとそういう予算と時間がかけられればよいなと思います。そうすればたくさんの病気が根本から治って行くのではないかなと思っています。

何よりも化学的なものを取ることをやめて、より自然の状態に戻って行くことが、私達を病気の苦しみから解き放ってくれることになるのではないでしょうか。

そして、憎しみや怒り、批判や悲しみなどの私達を苦しめるような感情も、どんどん穏やかになっていくことでしょう。

そうして行くと私達はどこにたどり着くでしょうか?

最初にお話ししたように、私達は地球の波動形態に影響された微生物に寄って、顕在意識が潜在意識と魂意識から離されているのでしたね。そしてそれを再び繋げるものは「気付き」でしたね。

微生物の環境が整えられていくに連れて、地球に影響している波動形態からの影響をどんどん受けなくなっていきます。そして私達は魂意識や潜在意識に繋がりやすくなって、超能力と思えるような力を使えるようになったり、メッセージを受け取るようになったりします。

そして私達を目覚めに導いてくれるものがもうひとつあります。それは『自然界の波長』です。その波長と繋がる時、私達は人間界の集団意識の中から出ることが出来ます。化学的な影響からどんどん抜けて、より自然な状態に近くなると、自然界は私達を受け入れてくれます。

そうするともっと素敵なことが起こります。
今まで毒と思っていたものがそうではなかったことがわかります。

今までとっても悪いと思っていた人がそうでは無かったことがわかります。
今まで間違っていたことが実はそれで良かったのでと気付きます。
今まで醜くて汚く思えたものがそうではなかったことがわかります
恐いものや心配していたことが実は幻であったことがわかります。
しないといけないと思っていたことが、実はどうでも良かったとわかります。
全ては私達の人間の身体を通じて自分がただそう感じていただけだと気付きます。
これはほんとにとっても素晴らしいギフトです。

いろいろたくさん書きましたが、ほんとはこれらのことも全て、私を含めて、これを読んで下さっている皆さんが順調に進んでいますというメッセージなのだと思います。

今私達が出来ることを思い残すことなく経験していき、その過程もワクワク楽しみながら達成して行きましょう!

地球にいるといろんなことがとっても複雑に見えてしまいます。(複雑になっているように見せられているという方が合っているかも。)あらゆる問題があって、私達はそれを解決することに大変な思いをしています。でも私達の身体の状態や心の状態、地球環境の問題の解決は、結局は私達がどれだけ地球上の微生物を守っていけるかにかかっています。そして、人間の心や身体の安定、地球環境の安定は、今ある社会問題のほとんどを解決していくことでしょう。ほんとにとってもシンプルですよね。

多くの人達が、科学を発達させていくことでより安心した生活が得られると思っていますが、実はその反対で、化学的なものを少なくしていって、より自然に近い状態を取り戻していくことこそが、たくさんの人達が望んでいる平和に近づいていけるのです。(でも、もちろん化学が悪いのではなく、これも私達の経験の道筋のひとつであるだけです)

私達一人一人が、今必要だと思って当たり前に使っているものをもう一度見直し考え直してみましょう!そしてたくさんの人達がそのような製品や薬などを使うのをやめることで、生産者もより需要が高い、より自然なものを作ることにシフトさせていけるのだと思います。

私達の一部である微生物たち。殺菌とか抗菌とか言わないで,大切に大切に守っていってあげましょう!



b0173754_13092007.jpg




*時空を越える量子論的仕組みhttp://ameblo.jp/inthetic/entry-12202745749.html

私たちが住んでいる宇宙は「時間」と「空間」で出来ています。

宇宙の始まりとは時間と空間の始まりであり、私たちの人生もある意味、この時間と空間の世界に放り込まれることで始まります。

始まりがあるということは終わりもある。

まだあなたの人生も宇宙も終わっていませんが(笑)、時間はその終わりに向かって流れている。
つまり、過去から未来に向かって時間は流れている。
そう考えるのが普通ですよね。
でも、なんです。
量子の世界では、どうも時間の流れが一方向ではない、ということがわかってきてます。
つまり時間は過去から未来に一方向で流れているのではなく、未来からも流れてきていると言うんです。
言ってみたら、未来のあなたが決めたことが今のあなたに影響している。
「未来のあなたって言われても、未来に行った記憶ないし。」
当然そう思いますよね。
時間が未来から流れている可能性を実験で明らかにしたのが、ワシントン大学のケーター・マーチ教授です。

ちなみに私の名前はケータ・コモリです。
それはどうでもいいのですが、彼の実験は簡単に言うとこんな感じです。
量子の状態は観測するまで確定しない(時間と位置が決まらない)のですが、その状態の予想を2通りの前提で行いました。
一つ目が「時間は過去から未来へ流れる」という一般的な前提での予想で、量子状態の的中率は50%ほど。

二つ目が「時間は過去と未来どちらへも流れる」という前提での予想で、その場合の量子状態の的中率は90%を超えたらしいのです。

この結果から得られる結論は、「量子は過去からだけでなく未来からも情報を取り入れてる」と言うことになります。
つまり、量子の世界では、時間が過去と未来の両方向に流れている。
量子の世界がさらに「ワケワカラナイ」となってしまいそうですが。

じゃあ、時間ってそもそも何?という疑問も湧いてきますが、「そもそも時間は流れていない」という主張する学者もいます。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のブラッド・スコウ博士はこんなこと言ってます。
時間は流れておらず、むしろ止まっている。相対性理論をもとにすると、現在・過去・未来は同じ時空間に広がっていて、それが散在している状態。なので、流れるという表現は間違い。
この概念も一般ピーポーからすると「何言ってんだ?」という感じですが、この解釈のほうがアインシュタインの相対性理論との矛盾がないそうなんです。

この理論を簡単に説明すると、過去・現在・未来は全て同じ空間に並存しており、過去が無くなってもいなければ、未来が今存在していないわけでもない。
過去・現在・未来は同時空内に存在する舞台のようなものであり、スポットライトが「今」どこに当たっているかの違いだけ。これも理解に苦しむとは思いますが。

より簡単に考えるとしたら、街づくりのシミュレーションゲームみたいなものでしょうか。
街を作っていくので「過去から未来へ」という時間の流れはありますが、それはあくまで「そう見せているだけ」で、実際はただのデータです。
データですので、過去も未来も「今」存在している、ということです。

お分かり頂けますかね?と言うことはです。
いずれにしても我々は、いつでも過去、未来にアクセスできるということです。

過去の嫌な思い出にスポットライトを当ててその状態を「今」作ることもできれば、素晴らしい未来にスポットライトを当て、その状態を「今」作ることも出来る。
全ては、「今」あなたが選択できる、ということです。
実際に、それが過去の記憶であろうと、未来の想像であろうと、今実際に目の前で起こっていることであろうと、脳内での処理は全て同じです。
つまり、脳は記憶、想像、現実の区別がつかないんです。

試しに、今とーってもすっぱそうな梅干しを口に入れる想像をしてみてください、と言ってる途端に唾が出てくるはず。
そしてさらに言えば、今唾が出たように、何に意識を向けたか、つまり何を想像したかによって、体の反応が変わります。

あなたが過去の嫌な体験に意識を向けると顔が強ばり体は硬直するでしょう。

逆に過去の良い思い出に意識を向けると表情が緩み体がゆったりするでしょう。
つまりは、結局どちらも「今」作れるということですよね?

そして、あなたに質問です。
あなたはどんな体の状態を「今」作りたいですか?
さっきから言っている通り、その状態は「今」すぐにでも作れるんですよ?
そして、人間が最終的に求めていることは感情的な満足であり、それはイコール体の状態なんです。
顔を強張らせ、体を硬直させながら、ゆったりとした安心感を感じろと言われても無理でしょ?

だから、あなたは、今すぐにでも、幸せ、安心、豊かさを感じることは出来るんです。

出来ないのであれば、それはただ単に思考が邪魔をしているだけ。

「お金がこれだけあれば。」
「こういう人がいてくれたら。」
「こういう家に住めたら。」

そうしたら幸せになれるし、安心できるし、豊かさを感じられる、という条件を付けて、今感じられる幸せや喜びを勝手に封印しているだけです。
考えてみてください。
あなたの体も量子で出来ているんです。

そして、その体という量子の状態は意識で決まります。

あなたを取り巻く状況も全て量子で出来ています。

それらも当然あなたの意識で状態を確定させています。
どうせなら「今」良い状態にあなたの意識で確定させた方が良くないですか?

そして、実際にその「良い状態」がさらに「良い状態」を引き寄せるんです。

結局、あなたは時空を超えて「今」なんでも選択できる存在なんです。

にほんブログ村




b0173754_13485977.jpg


【関連記事】
意識で「量子トンネル」を作ってる
意識が現実化する量子論的仕組み
エネルギー、振動、波動が支配する世界
人が「光」を発して引き寄せてる科学的根拠
脳の量子力学的特性を理解する
リアル「マトリックス」の世界
天才に共通する脳の使い方
意識と可能性の物理学
数値目標は持たない、軸に従う
脳の仕組みから見た引き寄せの秘訣
全ては循環、回転、エネルギー、そして進化
仕事や事業は自己表現で上手くいく
引き寄せとは自分の人生の創造者になること
違和感に従う勇気を持つ
成功より生幸
エネルギーは意図に従う
揺るぎない指標を持つと天才になる
本当の「チャクラが開く」とは
氣のエネルギーを強める脳の使い方
本当の「氣」とその意味
あなたの本質が求めること=人類全体の意図
全てが逆になっている


b0173754_13092849.jpg



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます!016.gif





精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]
by yukistar88 | 2016-09-28 13:16 | イベント | Comments(2)

映画「ハドソン川の奇跡 / Sully」と事故当日の独断リポート&プッチー人生劇場

久しぶりにいい映画を観ました!ハリウッド映画ってバイオレンスシーンが多く目を瞑ってしまうことや後味悪かったりしますが、トム・ハンクス主演「ハドソン川の奇跡 / Sully」は心温まる実話で超お薦め!



b0173754_11584221.jpg



アメリカでは9/9から、日本は9/24から上映スタート。
9/22の秋分の日を迎え、秋からの変化に伴い、この映画もそんなタイミングでやってきたのかも。この波動高き映画を見ることで、意識がグ~ンとアップして心も和らぐことでしょう。
ストーリーは、事故再現シーンもありますが、そんな恐れの方にフォーカスすることはなくて、Sully機長の葛藤とその人柄や助け合う人々の姿に愛と感動が断然強く感じられます!トム・ハンクスの演技も素晴らしいです!




b0173754_13495444.jpg



「ハドソン川の奇跡」というタイトルまでついた当時のニュース、2009年1月15日の飛行機不時着事故がうちの目前で起きたということ、いつも利用しているNew York Waterwayのフェリーによる救助という身近な面もあって、私としてはとても興味深く、この映画を鑑賞しました!あの日のことは今でも鮮明に覚えています。



055.gif当時の日記を残していたので、紹介します。以下;


2009年1月15日

今日は朝から雪が降っていたが午後から晴れた。
午後3時半頃、空を見上げると、空の様子がなんとなく特別に感じられ、薄く白いオーロラのようにも見える雲を見ながら、
「なんて綺麗な雲なのだろう。このようなオーロラ雲は珍しいし、なんとなく今日は特別守られているような気がするのはなぜ?」と心でつぶやきながら、近所のスーパーの駐車場より シャッターを押していた。
そして雲の端に、矢印のような細い雲があり、何かを指しているように思えてならず。その時は何を意味するのかわからず、でも確かに何かを伝えている雲でした。(矢印雲は丁度、ハドソン川の方向を指していた)



b0173754_12014618.jpg




また、雪が止み太陽が出てきた時のハドソン川がいつもより美しく見えたので、テラスより写真を撮っていた。

b0173754_12053221.jpg


上の雲を撮影した後に起きたのは、ハドソン川の飛行機事故でした。
不時着した時刻は、3:31pm、雲の撮影時間は、3:20pmなので、約10分後にその事故は起きたことになる。



友人より飛行機墜落の第一報を受け、うちの近所と聞いて即帰宅。 まさか直撃?と不安にも思いながら。
アパート周辺道路はシャットダウンされ、家に辿り着くけるかどうか?迂回道路は既に大渋滞だったので、ポリスに、「そこの住人なので、通ってもいいですか?」と尋ねると、最初は「No!」だが、「え~?!」と究極の困り顔をしたら「OK!」に。

「飛行機は何処?見えないけれど・・・」どうやら下流に流れてしまったようだ。目の前のハドソン川沿いは、救急車やパトカーなどが何台もピカピカ、夜まで点滅していた。

b0173754_12053855.jpg




各局のBreaking Newsを見ると、墜落直後の映像が映り、そこにはうちのアパートも映っている?!というとは、かなりの至近距離に飛行機が不時着したようで、その不時着地点はわずか100-150mという距離でした。




b0173754_12044991.jpg



幸い死者が出なくてよかった!
日本の両親もニュースを見て心配し電話をかけてきた。2001年の9/11以来の不安だったことでしょう。

日本のニュース報道!



b0173754_12051284.jpg



不時着したのは、ノースカロライナ州シャーロット行きのUS Air1549便(乗員、乗客155人)。
乗客の証言によると、離陸から数分後に機体に衝撃があり、エンジン部分から煙が上がった。機長はラガーディア空港に引き返しての着陸は不可能と判断し、眼下のハドソン川への緊急着水を決断した。トラブルの原因は今のところ、エンジンが鳥を吸い込んで故障する「バードストライク」とみられている。



b0173754_12051844.jpg



機長は機内放送で乗客に衝撃に備えるよう伝えたが、着水はスムーズだったという。機体は前部が水面に浮き、後部がやや沈む傾斜状態で停止した。機内への浸水が始まる中、乗客・乗員はただちに左右の非常口から脱出。水面すれすれで安定を保っていた主翼の上に立ち、膝や足元は濡れながら救助を待ったそうだ。寒い日でした。




b0173754_12052754.jpg
 (マンハッタン側からの不時着寸前の撮影映像)




機体が沈み始める中での救出は、事故の一報で駆けつけた沿岸警備隊や市消防当局などの船舶に加えて、フェリーや水上タクシーも次々と駆けつけ、主翼上に立って救出を待つ乗客や救命ボートに移った乗客らを両岸の船着き場に搬送した。

邦人2人が搭乗しており、2人とも無事救助されたようだ。




b0173754_12050188.jpg


b0173754_12050608.jpg



飛行機は、車の衝突事故のような激しい衝撃を受けながら着水。コロジェイさんによれば、着水と同時に浸水が始まり、あっという間に腰まで水につかった。川水の温度は4.4度。(CNN)

「出ろ、今すぐ出るんだ」、機内には怒号が飛び交い、着水直後機内は一瞬パニック状態になったが、乗客はすぐに落ち着きを取り戻し、乗務員の指示に従い機外への脱出が行われた。

機体が陸上に墜落していれば大惨事となるところだった。脱出・救助作業の迅速さが際立ち、メディアは「乗員・乗客の冷静な対応が奇跡的な全員救助につながった。」と伝えている。

このUS Air-1549便を操縦していたパイロットは、元空軍パイロットで操縦歴40年以上というベテラン機長チェスリー・サレンバーガー3世氏(当時58歳)。水上交通量の多いハドソン川への着水をほぼ無傷で成功させ、「ハドソン川のヒーロー」と称賛された。同氏は2基のエンジンが共に停止した後、隣接するNJ州内の空港への着陸許可を求めたが、結局州境を流れるハドソン川への着水を選択。川には多くの船舶が航行しており、大きな橋も数本あるが、この間をぬって着水を敢行した。着水後もすべての乗客が無事脱出したか機内を見回って確認していたという。

ハドソン川上を低空で飛ぶ旅客機を見て、2001年の同時テロの再来を思い起こした人もいたそうだ。

旅客機に緊急事態が起きたのは離陸後1分もたたない頃だったそう。



b0173754_12045543.jpg


乗客は、「エンジンが爆発してあちこちから火が噴き出し、ガスのようなにおいが機内に立ちこめた。」、「離陸後間もなく、大きな音がして機体が揺れた。」、「離陸して3分後にエンジンに衝撃があり、機長から「衝撃に備えてください、とアナウンスがあった。」と証言する。

目撃者によると、飛行機は急激にでなく、徐々に川に向かって降下し、着水の衝撃を抑えるため、機長が最大限の操縦をしていたことも伺える。

男性乗客は、「機体がひっくり返りバラバラになるのではないかと覚悟したが、そうならなかったのは、素晴らしい着水だった。」と恐怖が安堵に変わった瞬間を語った。また、乗客のJeff Kolodjayさんは、「死を覚悟した」と。


パイロットの判断と迅速な救助が犠牲者を出さずに澄んだ奇跡ともいえる今回の飛行機事故。






 061.gif ハドソン川不時着瞬間の映像:





https://youtu.be/Q7vAXveMYV



機長の人柄、家族や救助にあたった人々の行動や思いやり、また、当時知る事のできなかった事故調査委員での公聴会など、普段私たちが利用している飛行機でありながら、気付かないことや裏の部分もこの映画で知ることができます。また、ロケ地は、ほとんどがカナダだったようです。


日本での映画公開に先立ち、トム・ハンクスは来日したようですね。その模様はこちら。
この事故に巻き込まれた日本人もトム・ハンクスと対面したようです。(写真あり)





061.gif「ハドソン川の奇跡」予告編:




事故発生10分前に見ていた白いオーロラのような雲を見て護られているというメッセージは本当だったのですね。016.gif



2009年1/20付、マシュー君のメッセージの中で、この飛行機事故に関して触れていた。

ニューヨークのハドソン川に不時着した飛行機はパイロットの操縦能力以上のことがあったのです・・彼の手腕には失礼ながら、多くの天からの助けがあったのです。なぜなら、その飛行機に乗っていた人で契約が”切れていた”人などいなかったからです。その飛行機は妨害されたのです。それに責任ある者たちは、オバマを飛行機事故で暗殺しようとしたその恐ろしい計画がどうしてあのような失敗に終わったのか理解できません。彼らは、闇の長い支配が終わったことを受け入れられないように、オバマがキリスト意識(訳注:大宇宙の至高存在意識)の光の通り抜け出来ないグリッド(格子)で守られていることさえも想像できないのです。






雲に護られている!といえば、こんなこともありました!

9/17に、NY&NJで爆弾事件があり、犯人は19日に逮捕されました。が、その数日前の十五夜の日の夕方、マンハッタンで発砲事件がありました。私は、15日の夕方のその時間に現場近くにいたのですが、30St.の陶芸工房を後に、いつもなら6Ave.&33st.(penn station)方面に歩いていくのですが、↓このエンジェル雲が目に留まり雲が移動する方向へ進みたくなり、逆方面の5Ave.へと向かいました。それによりポリスの発砲事件に巻き込まれることなく、安全な迂回ルートへ導かれたようです。

雲の中に人形が見えますか?エンジェルが、左側(5Ave.)にいらっしゃいと手を振っている姿に見えるんです。護ってくれてありがとう!





b0173754_12082432.jpg



b0173754_12083811.jpg



最近のプッチーくんです。
久しぶりにTVに猫ちゃんが登場したので、観ていました。



b0173754_12144705.jpg


真夜中の夜這い・・・どんなポーズで眠っているのか、撮影してみました。
グリーンの瞳が輝いているんだ。



b0173754_12143011.jpg


手長猫て珍しい?

b0173754_12143633.jpg


伸び~~おやすみにゃさい!



b0173754_12161180.jpg


こちらは、コロニアル調に決めてみたよ。




b0173754_12150549.jpg



035.gifプッチーくんは、里親として我が家で4軒目なのです。事情があって、巡り巡ってやってきた奇跡の猫ちゃん。
赤ちゃんの時にちょっとした苦労があって、そんなプッチー人生劇場に興味ある方は、こちらのブログから。
山あり谷あり・・・前編・中編・後編と3篇続きまする。


中編:

後編:





さざ波のような雲(9/16)



b0173754_12154765.jpg


9/17の満月。


b0173754_12142234.jpg



今日はこの辺で失礼します。

10/15のイベントのお知らせは、次回に。029.gif




精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]
by yukistar88 | 2016-09-20 13:19 | NYの街並み | Comments(4)

世界遺産 富岡製糸場に似たPaterson市の歴史&15周年迎えた9.11


★Labor Day(9/5)に、SynchronicityのMiyukiさんがおしえてくれたGreat falls@Paterson,NJへ行ってみました。こんな街があるとは知りませんでした。いえいえ!過去に行ったことありましたが、その時は特に印象に残るものがなかったように思います。



b0173754_23503059.jpg



3連休の最終日の空も一段とゴージャスで、この雲と太陽のバランスは”陰陽マーク”に見えませんか?



b0173754_23534545.jpg



b0173754_23581555.jpg



龍のような長~い雲も登場です!



b0173754_23580918.jpg



Patersonの街中にあるステキな教会




b0173754_23521541.jpg



市長舎でしょうか。屋根がモスクに見えます。



b0173754_23522481.jpg


街中の緑も鮮やか!


b0173754_23553950.jpg


”Great Falls”と呼ばれている滝へ近づいてみます。



b0173754_23524650.jpg



街中に滝!は本当珍しい!しかもこんなにもご立派なんですね!



b0173754_23525523.jpg


残暑厳しい日でした!


b0173754_23530374.jpg


b0173754_23532852.jpg


NJで3番目に大きな市Patersonは、Great falls(滝)を中心に滝のエネルギーを使う工場は1914年まで存在し、当初は繊維産業、後に武器、絹および鉄道用機関車が造られた一大産業都市で、アメリカの工業化の先端を走っていたそう。

当時は、この滝を利用した水力発電が使われていた。いわゆる理想の自然エネルギー!


b0173754_23543235.jpg


祭日なので、Street Festivalをやっていましたよ。



b0173754_23561668.jpg


カラフルなネーティブアメリカン系グッズ



b0173754_23561095.jpg



さざなみのような雲たち。



b0173754_23554730.jpg




昔使われていた蒸気機関車がMuseum前に展示されていました。




b0173754_23535600.jpg


今では貴重な蒸気機関車!



b0173754_15084002.jpg




滝目的で行ったものの、Patersonの街並みに惹かれ歴史を辿ると、1800年後半には「絹の市」と呼ばれる程、絹の生産で繁栄したそう。
このレンガ造りの細長い建物、どこかで見たことありませんか!そう!世界遺産に登録された群馬県の富岡製糸場です!




b0173754_23544383.jpg


こちらがその富岡製糸場の建物。似ているでしょ!



b0173754_23573353.jpg


こちらは、Patersonの元絹工場の建物。



b0173754_23545527.jpg




では、これはどちらでしょう?↓ 富岡製糸場? or Paterson?

b0173754_23574760.jpg



正解は・・・・富岡製糸場でした!

なんてややこしいですかね。とにかく似ているのでびっくり!




Patersonの元絹工場の建物の裏には、手つかずの緑が残されていました。感激!




b0173754_23553340.jpg



ここからはPatersonの景色ですので。



b0173754_23550852.jpg


b0173754_23555423.jpg



帰り際に見えた彩雲


b0173754_23570347.jpg


マンハッタンから車で45分程の距離です。ただあまり治安の良いエリアではなさそうなので、人気のない場所や夜はお薦めしません。駐車スポットも限られているので、週末の昼間がいいかもしれません。





072.gif9/11、あの事件から15年が経ちました。

今回、感じたこと・・・昭和20年8月に終戦となり、その15-20年経った頃の昭和35-40年頃、私らの世代は生まれました。9.11の起きた年を終戦時に当てはめると、このくらいの年月が経って生まれてきたんだなーと。原爆投下から15-20年の間隔とオーバーラップさせて時間を感じてみたのです。意外にも戦争からあまり遠くない時期に生まれてきたんだなーという一人言なんですけれどね。て、おおよその年齢がバレますね!


9/11には、普段あまり見かけないDown Townのビルに夕陽が反射していました!



b0173754_00091251.jpg


それは眩しくて・・・



b0173754_00092193.jpg



夕方には、鳳凰のような大きく羽ばたく雲が見られました。
平和への意識や祈る心が雲や光となり反映しているのでしょうね。



b0173754_00092673.jpg



毎年恒例、ブルーのライトアップも。



b0173754_00093159.jpg



*9/9

★ハワイとL.A.で大好評を博した千羽鶴少女サダコのMusical”peace on your wings” のNY公演を観てきました!



b0173754_00110530.jpg


ハワイ在住の小学生や中学生の歌や演技・ダンスは、魂が込められて立派でした!サダコちゃんが旅立つシーンに涙する人も。私もジーンときてました。折り鶴大使のK子さんは、号泣だったようです。やはり…



b0173754_00105733.jpg




その千羽鶴少女サダコのMusical”peace on your wings” のワンシーンをお届けします。





*8/27にスカースデールのすっとこ様宅にて、愛猫倶楽部(表向き)のポットラックランチ会を開催しました。
大先輩すっとこさんのお料理はレパートリーも多く、あーだこーだと愛猫自慢話が飛び出します。
猫ママさんたちの持ち寄りは、こんなにも華やかで美味しくて、楽しいひと時でした。ありがとう、にゃん友!



b0173754_00094765.jpg


今回は、和風デザートが揃いました。



b0173754_00095555.jpg


愛猫倶楽部のメンバーでございます。どうぞよろしく!



b0173754_00100575.jpg




我 愛猫プッチーくんの得意技”しっぽ巻き巻き”の巻! 「ママ、遊んで~」


b0173754_00103853.jpg



b0173754_02184740.jpg





061.gif2016年9月1日、マレーシア上空に巨大UFOが出現したそうです。
ニュースで、その映像を伝えていまし。凄い!










056.gifお知らせがあります!
10/15(土)16:30-19:00、国立にて、ほしゆきさんのヒーリングヨガと星ゆきによるサウンドヒーリングのコラボを開催致します。NY在住のW星ゆき(同姓同名)による初めてのコラボになります。詳細は次回に。




*Paterson市の歴史:
パターソンで発展した産業には、落差23 mのグレートフォールズからエネルギーを取り出す水路の仕組みが使われた。市は滝を中心として成長を始め、滝のエネルギーを使う工場は1914年まで存在した。その地区には数十の工場や製造用構造物が立ち並び、当初は繊維産業、後には武器、絹および鉄道用機関車が造られた。
1800年代の後半、絹の生産が重要となり、パターソンが最も繁栄した時代の基礎となった。市のニックネームも「絹の市」になった。
1835年、サミュエル・コルトがパターソンで武器の製造を始めたが、数年のうちにコネチカット州のハートフォードに拠点を移した。
19世紀遅く、ジョン・ホランドが発明した潜水艦の実験場となった。ホランドが作った2つの初期モデルのうち、1つはパセーイク川の底で見つかり、パセーイク・フォールズに近い工場跡にあるパターソン博物館に展示されている。
パターソン市は工場で働く移民労働者のメッカにもなった。児童労働規制に焦点を当てた歴史的労働争議が起こり、1913年には8時間労働と作業条件の改善を要求した絹工場のストライキが6か月に及んだが、労働者は経営者側に屈してストライキの前の状態に戻ることを強いられた。工場作業者は危険な環境で長時間、低賃金で働き、工場の回りにある住居棟に大勢が押し込められていた。工場はその後労働組合の無い南部に移転し、さらに海外に移った。
1932年、パターソン市に7,500席のヒンチリフ・スタディアムがオープンした。これは元市長ジョン・V・ヒンチリフから名前を貰った。ヒンチリフ・スタディアムは当初、航行やセミプロの競技に使われていた。
1933年から1945年にかけて、ニグロナショナルリーグに加盟するニューヨーク・ブラック・ヤンキースのホームとなり、その他にも多くのフットボール試合、陸上競技、ボクシングの試合、およびアボット&カステロを含むショーに使われた。
1970年代、パターソン教育委員会がスタディアムを取得し、1997年まで公立学校の行事に使った。現在、ヒンチリフ・スタディアムは補修中である。しかし、ヒンチリフ・スタディアムはアメリカ合衆国に2つしか残っていないニグロリーグに使われたスタディアムの1つとなった。
第二次世界大戦の時、パターソン市では飛行機のエンジン製作で重要な役割を果たし、活気が少し戻った。しかし、戦争が終わると、都市部での荒廃が進んだが、パターソンも例外ではなかった。
1970年以降、高い失業率に喘いでいる。1980年までにパターソン市はアメリカ合衆国でも最も不況の厳しい都市の1つになった。町には映画館や自動車の販売店もなくなり、大きな百貨店は閉店し、子供のエイズ、失業率、ホームレス、文盲率および卒業率といった社会指標が、1990年代の経済ブームに拠る繁栄の間も全てが割る方向に進んだ。問題のある学校は州が肩代わりをすることになった。
かってパターソン市はニュージャージー州北部で買い物やレジャーの目的地であったが、近郷のウェインやパラマスのような町に大規模のショッピング・モールができて競争となり、パターソンの中心街から大手のチェーンストアが消えた。工場は海外に移転したために最大の産業は今では小さな事業の集まりとなった。しかしそれでも、パターソン市には多くの移民を惹き付け続けている。これら移民の多くが小さな事業によって町の経済を再活性化してきた。
町の中心街はこれまで数度大火に見舞われた。最近のものでは1991年に起こった。この火事では、南北がメイン・ストリートとワシントン・ストリート、東西がエリソン・ストリートとカレッジ大通りに囲まれた区画のほとんどが、酒場の地下室からの漏電火事で一飲みにされた。被害の程度が大きかったので焼けた建物は取り壊され、今は屋外市場がそこに建っている。破壊された建物の中でも有名なものにメイヤーブラザーズの百貨店があり、これは町に残っている数少ない百貨店の1つであった。


精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]
by yukistar88 | 2016-09-17 14:32 | スピリチュァル | Comments(2)

地球に似た惑星&人気のBlue Hill Farm&古城ホテル(2016夏休み-2)

072.gif9月になり、朝夕は大分涼しくなってきました。
9/17が満月ですが、9/15が十五夜=中秋の名月となります。
19-25日はお彼岸、そして9/22は宇宙ゲートが開く秋分の日となり、
パワフルな日々が続きます。
その後、年末迄の満月は、少しずつ大きく見えるようです。



8月の夏休み第2弾は、NY在住者なら一度は訪れてみたいスポットBlue Hill Farm
へ。やっと行くチャンスがやってきました。近郊なだけに、いつでも行けるのではと思っていると、案外行かないものです。



*8/17

まるで絵のようなBlue Hill Farm敷地内。


b0173754_13264856.jpg


NYマンハッタンにあるBlue Hill はFarm-To-Table (農場から食卓へ)の中でも大変人気のあるレストラン。その日に一番いい状態で取れたものを調理して食べる。何が届けられるかは農家におまかせ。Farm-To-Tableを最大限に追求しているのが、ここへ食材を提供しているBlueHill Farm(Stone Barns Center)。

マンハッタンから40分ほど北に車を走らせると、そこはのどかな牧草地。ここは大富豪ロックフェラーのホームグラウンドで一家のお屋敷もある。

Peggy Rockefellerは、かねてより牧歌的でオーガニックなものに興味を持っていた。いつの日かNorman-Styaleの理想の農場を開きたいとう夢を抱き、アメリカンファーマーズトラストも設立した。しかし、夢の農場は生前に見るには叶わなかった。残された家族たちが彼女の意志を反映しようと、ここの開設に至ったとのこと。

広大な農場は教育/研究機関も兼ねていて、公開レクチャーなどイベントも盛りだくさん。そして、全米からやってくるフーディーズの目的地、Blue Hillレストランもあります。


2004年春、Stone Barns Farmにもレストランとカフェをオープンし、
このStone Barnsには体験教育農場施設もあります。



b0173754_13265844.jpg


Blue Hillレストラン@Stone Barnsは、人気なようで、かなり前からでないと予約できず、
しかもランチは日曜日だけ、平日はディナーのみ$238します。2日前からネット予約可能なBarでのお食事も$188と、とにかく格式高い!

マンハッタンにもBlue Hillのレストランがありますが、そちらも人気で、
オバマ大統領をはじめ数々の著名人が訪れるのだとか。




b0173754_13270903.jpg



ということで、そこまでは・・・と思い、予約なしでも気軽に楽しめるBlue Hill Cafeで、サンドイッチにしました。Cafeなら$10-20と手頃で、しかもカジュアルな風通しの良いテラス席もあるので、そこもなかなかよいですよ。




b0173754_13271440.jpg



畑散策したり・・・



b0173754_13272749.jpg


敷地内フラフラ~、お野菜やキッチン用品のショップもありました。



b0173754_13273539.jpg


一度訪れたら満足!そんな人気のBlue Hill Farmでした!おしまい


Blue Hill Farm
630 Bedford Rd
Pocantico Hills, NY 10591





そして、この日は、ゴルフコンペの賞品としていただいた宿泊券を利用し、
古城ホテル、Catsle Hotel &Spa@Tarrytown に一泊。


このような古城ホテルがあるとは知りませんでした。



b0173754_13281289.jpg




NY郊外ハドソン川を一望に見下ろす古城ホテル”Castle hotel & spa”は
約120年前にスコットランド様式の私邸として建てられ、1981年に歴史的建造物に指定、1997年よりホテルとして営業開始、2011年より日本資本での経営に。

森に囲まれた古城キャッスルで、19世紀ノルマン様式に浸りながらの
貴族な気分はいかがでしょう?

👑偶然にも、もう一人のほしゆきさんも一週間前に泊まったそうで、名前と共にシンクロがあります




b0173754_13282784.jpg



サービスや行き届いた清掃は日本並み



b0173754_13284633.jpg



ガーデンで寛げるようになっています。



b0173754_13290008.jpg



ピーターラビットだ!野ウサギもいます。



b0173754_13291368.jpg


プライベートなプールも。人も疎らで静かでした。



b0173754_13293409.jpg


この日は雲もゴージャスだったし・・・!



b0173754_13294333.jpg



b0173754_13301411.jpg


b0173754_13302071.jpg


b0173754_13302845.jpg


ゆりかごのような光が射して。



b0173754_13304282.jpg


夕方、一際目立つ雲を発見し、しばらく見惚れていました。


b0173754_13300199.jpg


上方に環天頂アーク(虹のような)が見えますか?



b0173754_13321382.jpg



1本の角がピョ~ンと伸びて・・・生き物のよう。



b0173754_13322442.jpg



とにかく見てて飽きない不思議な雲でした。



b0173754_14431726.jpg



では、古城ホテル内部へのご案内。プリンセス気分になりきるわたくし?!(笑)



b0173754_13312601.jpg


Equusレストランは、オーベルジュ・スタイルの名チュラスフレンチ風料理で、
ディナーは、アペタイザーはとても美味しく、メインはまぁまぁ、デザートも美味しかったです。



b0173754_13310928.jpg



アールデコ調なインテリアは、アメリカにいることを忘れてしまいそう・・・



b0173754_13313617.jpg



元私邸だったとは・・・ヨーロッパにいると錯覚しそう。



b0173754_13315557.jpg


夜中に雨が降った模様。
翌朝、ガーデンで瞑想と音叉ヒーリングを少し。



b0173754_13325805.jpg



この古城ホテルは、紅葉時の秋もよろしいかと思います。日本からのお客さまも喜ばれると思います。


帰りにCity Islandに寄ってみました。久しぶりです!ここ。

そういえば、来週末は9.11、あの事件から15年が経つのですね。



b0173754_13333340.jpg



カモメちゃんたちが、お行儀よく並んでいました。多分餌狙い。



b0173754_13334463.jpg



島の一番奥にあるカジュアルレストランJohnny's Reefにて、大好物のcherry stone clamなどいただきました。うまい!



b0173754_13340010.jpg


この日を境に涼しさも感じ、ゆっくり秋がやってきています。



b0173754_13335327.jpg


以上、NY郊外での夏休み第2弾でした。第3弾もありそうですよ。029.gif




*8/15、
終戦記念日の朝焼けと朝陽



b0173754_13514875.jpg



b0173754_13514048.jpg



開脚のプッチー君!このポーズ、猫の間で流行っているのかにゃ?!



b0173754_13345441.jpg




プロキシマケンタウリという地球に似た惑星が発見されたそうです。既に昔発見されていたのか、8月末にニュースで発表されていました。

プロキシマ・ケンタウリ(英語:Proxima Centauri ラテン語で「ケンタウルス座で最も近い星」という意味を持つ)は、ケンタウルス座の方向に4.25光年離れた位置にある赤色矮星である。太陽系に最も近い恒星として知られている。

1915年に南アフリカ共和国のユニオン天文台で観測を行ったイギリスの天文学者、ロバート・イネスによって発見された視等級は約11等で、地球からの肉眼での観測は不可能なんだそうです。




b0173754_13501215.jpg

ハッブル宇宙望遠鏡で撮影されたプロキシマ・ケンタウリ

惑星の公転軌道の大きさから推測される温度は、表面に液体の水が存在できる程度の暖かさであるという。科学誌『ネイチャー』8月25日号に発表されました。

 プロキシマ・ケンタウリは、南天のケンタウルス座にあるケンタウルス座アルファ星という三重連星の中で最も小さい星である。

ケンタウルス座アルファ星は、昔からSF作家のインスピレーションをかき立ててきて、人類が星間空間に初めて飛び出すときの目的地になると予想されているだけでなく、遠い未来に太陽が死期を迎えて地球が亡びるときには人類の移住先になるとも考えられている。

(参考記事:「宇宙船をアルファ・ケンタウリへ、ホーキング博士らの超高速宇宙探査計画」


プロキシマ・ケンタウリへの旅行:

プロキシマ・ケンタウリは、地球との近さから、しばしば恒星間航行の目的地として挙げられる。しかし、無人探査機のボイジャー1号 (17km/s) で7万年以上、有人で最も速い乗り物であるアポロ宇宙船 (10km/s) で12万年以上かかり、実用的な時間で到達することは21世紀初頭の技術では不可能といえる。

写真と一部記事はWikipediaより

  ー ー - - - -

地球から、主な星や天体までの距離:

4.4光年ーーケンタウルス座アルファ星
8.6光年ーーシリウス
408光年ーープレアデス星団
430光年ーー北極星
1500光年ーーオリオン大星雲M42
230万光年ーーアンドロメダ銀河M31
130億光年ーー遠いクエーサー



b0173754_13503511.jpg

プロキシマbの地表の想像図。空には大きくプロキシマ・ケンタウリが、さらにその隣に小さくアルファ星A、Bが見える (C) ESO/M. Kornmesser





光年単位は想像つかない距離であり、プロキシマ・ケンタウリまで6-7万年かかるそうなので、今の地球文明では全く無理ですね。

あちら側からは、地球へ偵察にいらしているのかもしれませんが・・?!046.gif




精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]
by yukistar88 | 2016-09-05 14:37 | NYの街並み | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧