<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

②.ハワイ島の滝と海亀リトリートday1&NYの春


178.pngIn April,
春から初夏へと移りゆく変化を感じると共に、
アレルギーのような症状や眠気など。

草木が芽吹く時期と大気の変化も相重なり、
ここへきて太陽風や磁気も激しくなっていたので、
敏感体質の方は、頭痛やイライラ、目まい、咳や
原因不明の吐き気の症状もあるかもしれません。

この時期特有の症状は、自律神経も関係して
いたり、こんな理由もあるそうです。↓

*春の木の芽時と体調不良:
http://www.hassendou.com/jiritu-haru.html




b0173754_12534845.jpg


そういう意味でも、スプリング・クレンジングは
必要なのでしょうね。

来る4/28,29の野田清美さんのマクロ美ディナーと
アフタヌーンティ&サウンドヒーリングのコラボは、
お蔭様で満席となりました。有難うございます!

今回は、新たなチャイムも揃えてみましたので、
よりパワフルな波動とリラクゼーションをお楽しみ
くださいませ♪

ご案内はこちら:http://yukistar88.exblog.jp/26792139/




*********** 178.pngハワイ島でのセミナー&リトリートのつづき **********


*4/5、
6日間に及ぶハワイ島のリトリートセンターでの
音叉セミナーが終了し、更に3日間、ハワイ島の
自然散策をしようと延泊しました。



b0173754_05233834.jpg


ハワイ島南東部Kalani Retreat Centerを
後に、ヒロ空港のrent car shopへ移動。



b0173754_05364105.jpg


通称”お一人様3日間リトリート”の
スケジュールは、ほぼ決めていて、

*day1:滝観光&海亀を見る。
*day2:海水温泉でシュノーケリング&
   マウナケア山のサンセットと星空
*day3:green sand beach&キラウエア火山国立公園

1997年に行ったカリブ海プエルトリコで
友人とrent carをして島を回ったことは
ありましたが、今回のように一人では初めて。
まだこの歳でも初体験があるんですね。(笑)

2日目のマウナケア山は、2006年に日系トラベル
ツアーに申し込んで登ったことはあって、
一般車でなく、ツアーなど特定車両は
4,202mの山頂まで行けるのです。
そして、ツアーでは送迎にかかる時間と
山頂にトイレがない、また帰りが遅く
なるという点が引っ掛かり、また、
今回宿泊するKapohoまでの送迎が
ないので行くのは半分断念しつつ、
自分で行けるかなーと悩んでいたら、
夢で、「行くべし!」というお告げが
あり決行することに!その模様は次回に。


お一人リトリートは、まずヒロ空港近くの
レインボー滝とアカカの滝を目指しました。

あえてリトリートと称するのは、まぁ
一人旅は瞑想チックになりますから。
ところが・・・


b0173754_05365361.jpg



当たり前なのでしょうけれど、ここでは、
植物が生き生きとしていますね!



b0173754_05484947.jpg


こちらがレインボー滝!
残念ながら薄曇りのため、虹は
見られませんでしたが・・。
と、滝を写真撮影している時、
「あれっ、ユキさん?!」
ハワイ島で声かけられるなんて誰ぇ?
と振り向くと、セミナーに参加して
いたNY在住のTさんでした。

今回のセミナーでは、NYからの参加者は
3名で、それぞれrent carを借りて、各自
バケーションをエンジョイする組でした。



b0173754_05485919.jpg



そして、偶然にも観光ルートが同じなので、
車2台でアカカの滝へと向かったのでした。



b0173754_05494605.jpg


道の先に海が広がる。


b0173754_05495350.jpg


彼方にはマウナケア山も。


b0173754_05563408.jpg


アカカの滝に到着!

そこはグリーンが鬱蒼と茂っていました。


b0173754_05564298.jpg



マウナケア山麓から流れるコレコレ川の
下流で、滝の高さは130m。

大地や緑から湧くプラーナ、滝からの
イオンを吸い込み、深呼吸をしてみます。


私は、この時もまだ咳が治らずでした。



b0173754_05501385.jpg



アカカ・フォールズの伝説があるそうで、
それは下記に添付しますので、興味ありましたら。


帰りに田畑の真ん中に立ってみました!



b0173754_05504886.jpg


お腹が空いたので、沿道のフレッシュな
ココナッツとパイナポーのベンダーに寄り、


b0173754_05542694.jpg


ココナツジュースをゴクンゴクン!
と、実はあまり得意ではないのですが、
新鮮なのはそんなに癖がなく爽やかなお味!



b0173754_05503672.jpg



ここに美しい孔雀さんもいらっしゃいました!


b0173754_01282870.jpg


遅めのランチ。
既に午後2時を回っていたような・・・
Tさんが前回来たことあるという
ローカル・レストランへ。


b0173754_05594520.jpg



白身魚フライと新鮮なアボガドのラップ
サンド&コールスロー。緑が眩しい!



b0173754_05595977.jpg


海も見える心地良い風が吹くレストランでした。



b0173754_05595201.jpg


ランチ後、Tさんとは解散し別行動へ。

滝とランチ、一緒にありがとう!

私は途中で見かけた森に立ち寄り森林浴。



b0173754_06011233.jpg


次に、ヒロ空港の北部沿岸にある
フォーマイルビーチへ。


b0173754_06020624.jpg


このベイでは、海亀と会えると聞いたので・・



b0173754_06013666.jpg



その通り、いるいる!
目に前を海亀が泳いでいて、
向こうから接近してくる感じで、
どーしたらいいやら緊張!




b0173754_06035854.jpg


この海域は、海底からスプリング=温泉が
湧き出ているので、ポツポツと気泡が
上がってくるのが水中で見えました。

冷暖の海水とが入り混じっています。
そして、こちらがここのボス亀?!




b0173754_06023628.jpg




なんと75歳のお婆ちゃん海亀なんだそう!

水中でご挨拶しました。貫禄ありますね!

老亀なのであまり沖へは行かず、この
浅瀬をウロウロしているのだそう。

ハワイ語で海亀をHonu(ホヌ)といい、
ホヌは特別保護動物なので、触れることは
州法で禁じられていて、罰金刑のよう。
あとレジのビニール袋も使用禁止に
なったそうですね。
鳥に餌をあげてもいけないそうです。
あっ、あげてしまったかも。



b0173754_06031370.jpg


4/5から3泊お世話になったのは、
Airbnbから予約したguest house”Ellen's Garden”

広い一軒家の内の3ベッドルームを
ゲストに開放しています。


こちらは共有リビングルーム

b0173754_06054567.jpg


ネーミングがGardenというだけあって、
実に広い敷地の庭にたっくさんの植物。



b0173754_06084328.jpg


オーナーのMichaelさんがガーデンツアーを
してくれて、マンゴ・パパイア・パイナポー
など南国フルーツだらけでした。



b0173754_06094684.jpg


b0173754_07052278.jpg


これは、何だったか?ひょうたんぽい。



b0173754_07101281.jpg



殆ど手つかずで、実ったまま放置状態。

こちらは、ハワイアンチェリー。
カラフルでちょっと変わった風味ですが
美味しかった!




b0173754_10100410.jpg


梅もあるので、オーガニック梅干しもできるね。
Michealさん一人暮らしリタイア組で何もしてない。



b0173754_01301264.jpg

カカオまであるとは・・・自家製チョコできるかも。
こんな天然もの見たことない!



b0173754_10102848.jpg



夕暮れ時のガーデンには、カリブ海の
島々にも生息しているコキ蛙の合唱が。





https://youtu.be/O2wGo5RefYI




”Ellen's Garden”は、ガーデンの木々に
クリスマスイルミネーションを総称し、
毎晩キラキラとライトを灯しています。
そんなファンタジーな世界が・・電気代?!



b0173754_12285148.jpg




朝は朝で、また鳴き声が違うのですが、
これが実にキュートで、語りかける
ような鳥?ではなく蛙のささやき。




https://youtu.be/X4H_5KmHmvg




朝ご飯には、お庭でなっているパパイアを
いただきました。これだけで十分!



b0173754_10105227.jpg


このKapohoの住宅街は、治安もよく、
ドロボーはいないよ!とMichealさん曰く。

周りは静か~で、朝は鳥のさえずり、
夕暮れ時から明け方までは、キュートな
蛙の鳴き声という癒しのゲストハウスでした!



b0173754_14131292.jpg



2日目ツアー「③.溶岩パーク&温泉海水でシュノーケリング」へつづく





179.pngNYの春。

4月は三寒四温の時ですが、ポカポカ小春日和の
日には、太陽も眩しく全てがキラキラ!
@Bryant Park


b0173754_12312979.jpg


b0173754_12555617.jpg


b0173754_12541865.jpg


ここからCentral Park
六芒星のような光


b0173754_12305703.jpg


チューリップ畑が広がる


b0173754_13001186.jpg


餌ねだりリスくんも


b0173754_13114755.jpg


b0173754_13001912.jpg

八重桜も満開!


b0173754_13124994.jpg


都会(NY)のオアシスの”春爛漫”でした。178.png






*4/23
爽やかな初夏の晴天の週末。



b0173754_08531570.jpg

NY郊外scarsdaleへ向かいました。


b0173754_08530707.jpg


それは、プッチーの元里親すっとこさんの
ご主人の体調不良ということで、免疫力
アップのためにレンタルヒーリングキャット?
いえいえ、プッチーが、免疫力アップ特命
大使に任命されたので、お連れしました。

それは、プッチーにとっても、いい
エクササイズになるようで、まずは
かくれんぼ!て、頭見えてるにゃん!





b0173754_08535109.jpg

遊んでいる?遊ばれている?

b0173754_01214639.jpg


すっとこさん宅に飾られているプッチーの
肖像画は、ライバルの・・いえいえ、
プッチーの初恋の相手、猫由美さん作です。
色鉛筆画ですよ!プッチーの幼少時の表情
ですが、大傑作ですね!素敵!!


b0173754_08540603.jpg


更に・・・すっとこさんのブログに連載で
アップされたプッチーの写真を見て、プッチー
ファンとなった方が、ブログの写真からコピー
して作られたというプッチーカレンダー!

プッチーの隠れファンは、実は多いようで、
あぁ、こんなに愛されているにゃんて幸せにゃ!



b0173754_08542807.jpg


ということで、しばらく元里親様邸でご奉公だね。
頼んだよ、プッチー!

こちらがすっとこさんのブログ:http://blog.livedoor.jp/rf0106/



b0173754_08545894.jpg



前回のハワイ島での日記
①.ハワイ島でのセミナー&リトリート&アトランティスとの関わり

見逃した方は、こちらからどうぞ!






173.pngアカカの滝に伝えられている伝説:

はるか昔のこと、人は自然の一部で、島には多くの神々が住んでいました。
ホノムの村にはアカカという戦士の司令官が住んでいました。彼は若くて背が高く、強い力を持つ、とても魅力的な人物でした。彼は島中に名を馳せ、女性たちを惹きつけました。
ある日、信頼を寄せる妻が、彼の支持者とともに、ヒロ郊外にある彼女の両親が住む村を訪れました。
アカカは彼女がいなくなると渓谷の北にある、レフアという名の恋人のところを訪れました。レフアはとても美しく、魅力的な女性でした。
ところが、突然、彼の妻が戻ったため、彼は裏口を通ってレフアの小屋を出ました。そのまま峡谷を越え、次にマイレという名の別の恋人のもとを訪ねました。 彼女はよい香りがし、ここちよく彼を抱きしめてくれました。
妻は彼が着ていた服の臭いを追って近くまで来ると、家へ戻ってきてほしいと呼びかけました。その声を聞いたアカカは慌ててマイレの小屋の裏口を出ると、近道をして家に戻りました。

ようやくひとりになったアカカは、どこへ行くときも忠実にそばにいる飼い犬と一緒に腰を落ち着けました。彼は病気だったふりをしてごまかそうとしましたが気持ちは乱れました。
だました妻に対して罪と恥の意識が押し寄せたのです。愛する妻はいかなるときも司令官としての彼を支え、疑いを寄せることなく彼を信頼してきました。アカカは静かに小屋を出ました。彼の犬がその後を追い。アカカは周囲を一望できる絶壁まで走り、そこから遠くにある島や海を見回しました。彼は北に住むレフアと、南に住むマイレの小屋をちらりと見たあと、崖から身を投じました。彼の犬は戸惑いながらもあとから飛びこみ、鋭い岩に姿を変えました。
やがて彼の妻が崖までやって来ました。彼女はすべてのことは水に流しましょうと言い、自分がいかに彼を深く愛しているかを告げました。しかし時は既に遅すぎました。
彼女は崖の縁で止めどなく涙を流しました。やがて涙は崖から流れ落ち、滝へと姿を変えました。彼女はアカカに戻ってきてほしいと訴え続けながら、石へと姿を変え、いつまでもそこに残りました。
ほどなくマイレとレフアもアカカの死を聞き、悲嘆に暮れて、石へと姿を変えるまで涙を流し続けました。アカカ滝のすぐ下にある峡谷では、彼らが泣き続けるのを聞くことができます。司令官であるアカカの死を嘆く人々は、いまも新鮮な果物や、その他の贈り物を滝に投げこみます。
ある古老は「月が出ず、葉はそよとも動かず、コオロギも押し黙る夜、轟音を立てる滝壺の近くで、妻がまだアカカを呼んでいる声を聞くことができる」と言います。
オヒアレフアの小枝で滝の上の岩を打ったり、岩にマイレのレイをかけると雨が降ると言われています。レフアとマイレが妻の涙を促すのです。

 伝説には他にも、アカカが神であったとするものや、自殺ではなく事故だったという説など、この物語には多くのバリエーションがあります。ポハク・ア・ペレ(ペレの石)と呼ばれる石をレフア・アーパネの枝で打ったり、マイレのレイをかけると、空が暗くなり、雨が降るとも言われます。


私は、アカカの滝に伊豆の石を納めさせていただきました。



[PR]
by yukistar88 | 2017-04-25 14:36 | 世界の旅 | Comments(4)

①.ハワイ島でのセミナー&リトリート&アトランティスとの関わり


173.pngハワイ島で開催された音叉セミナーと
リトリートへ行ってきました!

フィボナッチ創始者であるカナダ人のRon Laplace氏と
東洋医学 鍼灸の先生であるErin Taylor氏よる6日間の
経絡と音叉の統合セラピー、アキュトニックス レベル1
&フィボナッチのクラスを受講しました。

昨年3月ハワイ島にて、第一回Acutonics&Fibonacciの
クラスが開催されたその模様をサウンドヒーラーの
Osamuさんのブログで開催後に知り、もし2017年も
開催されるなら、ぜひ受講したいと思っていたところ、
ダンサーのKaoruさんから情報を頂き、昨年夏に
申し込みしていました。


今回のお世話になったオーガナイザーのNorikoさん
&Osamuさん、通訳のNatsukoさん、有難うございました!



*2016年のクラスの模様(Osamuさんのブログより)
https://motherearthsound.com/blog/blog/acutonic-fibonacci-class-in-hawaii-2016



Ron Laplace氏のクラスでは、まず、古の賢者ヘルメス、
ピタゴラス、ダビンチ、老子、プラトンなど、歴史上
人物やアセンデッドマスターの紹介からスタートし、
その後は音の基礎やエネルギー、また、ムー、レムリア、
アトランティスのこと、そして神聖幾何学、物理学、
考古学、天文学、東洋医学、波動説、エジプトの
壁画やギリシャ神話を含む、アセンション、古代の
英知や神、宇宙論など幅広く、全てが興味深い内容で、
吸収追い付かず、久々に脳みそフル回転でした(笑)




b0173754_12221454.jpg



ハワイ島の南東部に位置するKalani Retreat Centerは、
広大な敷地で、コテージやテント、レストランや
カフェなど、ボランティアの方々の運営で成り立って
いるようで、南国特有のトロピカルムード満載で、
敷地内の植物や鳥や動物たちに癒される滞在先でした。




b0173754_10251138.jpg


NYからホノルルまで10時間以上のフライトと長く、
日本行きと変わらず、米東海岸からは、実に遠い
ハワイ諸島になります。

行きの機内で一番観たいと思った映画が、
「Moana」で、これ南国が舞台で、しかも
火山の女神をテーマにした内容で、ハワイ島に
通じるストーリーと、あまりにタイムリーでした。




「モアナと伝説の海」

b0173754_13202027.jpg


簡単にストーリーを紹介すると・・・・
今から3000年前、偉大な船乗りたちは世界中の海を船で旅し、
南太平洋の多くの島々を発見していた。しかしながらその後約1000年
にも渡って航海する者はいなくなり彼らの姿はいつしか消えていた。



b0173754_13204526.jpg



というのも島では安全のために岩礁の向こうには行ってはいけ
ない決まりがあり、祖先の存在は長い間秘密にされてきたから。

しかしながら全能の女神テフィティのハートが半身マウイに
よって奪われたことにより、やがて島の平和は脅かされる
ようになる。どこかともなく闇が訪れ、果物は果物は腐り、
魚は獲れなくなり、生活は危機的状況にあった。




b0173754_13210047.jpg




そんな中、生まれつき海を愛し、海に愛される少女モアナは、
祖母のタラから全能の女神テフィティのハートを託され、
半身マウイを探すように言われる。広い海を渡り、半身マウイと
共にさまよい続ける女神のハートを元へ戻すことが、彼女に
とって自分たちが何者であるかを確かめる絶好の機会でもあった。


旅の途中、彼女は伝説の男マウイと遭遇し、一緒に旅を
することに。しかし二人は旅路で大きくて危険な生き物や
不思議な出来事に次々と見舞われていく。



これがハートを戻す前の溶岩の悪魔テ・カァで、実にマグマな姿。



b0173754_13264918.jpg




テ・カァのハートを戻すには、このスパイラルの緑の石を
胸にはめることで・・スパイラル!!

スパイラルは、今回のセミナーでも重要な意味があり・・・
それは後程出てきますが、それもシンクロ!!

それだけでなく、今回のセミナーは、実は受講者にとっても、
「自分たちが何者であるかを確かめる」ということもシンクロ。




b0173754_13205282.jpg



このスパイラルの緑色の石により、テ・カァの呪いが
解けて、原初の神の姿を取り戻すという物語でした。


こちらが、その元の愛の姿に戻ったテ・カァ



b0173754_13210549.jpg


と、この映画を観られただけで満足で、
他の映画を観たい気持ちになりませんでした。




3年半ぶりのハワイ。
前回(2013年10月)の訪問は、広島の原爆投下で
被爆死した貞子ちゃんの3羽目のサダコ鶴が
真珠湾へ寄贈され、その式典に参列したのでした。

*天の祝福 真珠湾へ羽ばたいた3羽目のサダコ鶴:
http://yukistar88.exblog.jp/21309431/



*3/29、
オアフ島に着陸・・・カイルアビーチが見えます。


b0173754_13203348.jpg


そのままオアフ島からHawaiian Airで
1時間弱でハワイ島へ。


ダイヤモンドヘッドとワイキキ上空



b0173754_13225011.jpg


2006年以来のBig Island、
島の南部沿岸にあるKalani Retreat Center



b0173754_10262539.jpg


入口を入ると、しばらくジャングル。


b0173754_12271393.jpg



実は到着したのは、午後7時近くで辺りは真っ暗でした。

敷地内は、ライトもなく真っ暗なので、コテージまでは
懐中電灯を照らして歩きます。各ルームーキーに
ライトが付いるのです。



翌日3/30の午前9時からクラスが始まります。

大好きなトロピカル、朝一の散歩へ。








何もなく、あるのは自然だけ。


b0173754_13251566.jpg


天然パイナポー


b0173754_10220875.jpg


New Ageな雰囲気のリトリートセンター



b0173754_13234545.jpg



受講者は、3人一部屋のコテージに泊まります。
私の同室メンバーは、横浜在住のAさんと神戸在住のNさん。
お二人ともサイキック体質ですが、このセミナー参加者は、
殆どがセラピストであり、また私以外は皆IHヒーリングを
受けたことがあるようで、キネシオロジストのり子さんや
オサムさんのクライアントでもあるようです。

我々のコテージの脇には、モンキーバナナの木が。



b0173754_13233723.jpg



ジャグジーとプールもありますが、殆どのゲストは、
素っ裸で入っていました。一度も入らずでしたが・・。



b0173754_12331940.jpg



朝日を浴びて・・・

いよいよ待望のセミナー




b0173754_13240395.jpg




植物たちも生き生きしていますね。
この熱帯雨林の環境が大好きで森林浴に深呼吸。




b0173754_10221719.jpg



ヒロ地区では、毎日数回のシャワーがあります。
夜中でも朝でも、でも30分以内で止むんですね。
そのお陰で大地も植物も潤うので、生き生きしている!

ホラ貝は、朝ご飯のサインです!








晴れていると、こんな感じ、
小鳥たちの合唱といい楽園ですね。








朝、ランチ、ディナー3食付きのリトリートセンター



b0173754_13270614.jpg



初日の朝食タイムに受講者の皆と顔合わせ。
レベル1&フィボナッチクラス受講者は、
NYから3名、LAから1名、日本からは11名。

その中の一人が私を見るなり、
「もしかしてユキさん?」
と声かけてきた女性がいて・・・
なーんと15年前までNY在住で、元同僚の
Hちゃんでした。ビックリ!
いつのかにか音信不通となってしまい、
でも、またいつかどこかで会えるかもて
思っていたら・・・こんな偶然もあるんだね。

なので、約13年ぶりの再会になるのかな?150.png
彼女のこと、どこか家族みたいな近しい感じが
していたので、このセミナーで会えたのは、
やはりソウルメイトなのかも。

乗馬が趣味で、東京でOLしているそう。



b0173754_13263156.jpg


これは別の日の朝ご飯。
かっつりですかね。やばっ

パパイアが甘くて美味しくて人気!


b0173754_10363569.jpg


朝食後、歩いてセミナー会場へ。
徒歩15分の距離にあります。


b0173754_13243619.jpg



なのですが、参加者の皆さんと話していると、
ある共通点があり、ここへ来る直前まで体調が
悪かったり、不安や恐れなどの感情がなぜか
湧いてきて、なんらかの抵抗を抱えてやって
来た方続出でした。
そういう私も1月からの体調不良と、ハワイ島に
入る前も今いち体調がよくなく、ここへ来るまでに
なぜか不安や重たいエネルギーに包まれていました。
う~ん、不思議ですよね。長年背負っていた自覚
症状ない不要エネルギーの解放の時なのかな。





朝夕は涼しく、南国なので暑いと思っていたら、
ハワイ島の朝夕は、オアフ島と違い涼しいのですね。

この気温差がコナ珈琲豆の栽培に適しているのかも。
島産のワインもあるそうですよ。見逃しましたが・・。


テクテクと森のトレイルを歩き、そして海も見えてきます。


b0173754_12245130.jpg


風通しの良い六角形型ドームの会場です。



b0173754_10270627.jpg



通訳は、イタリア在住のNatsukoさんで、スピ用語にも詳しいと
いう方で、昨年同様今回も引き受けてくださいました。

明るくて女優さんのように美しい方。
彼女もサイキックなんですね。




b0173754_13245259.jpg



ランチタイムには、再び15分歩いてレストランへ。
野菜中心で、優しい味付けです。
ボランティアの方々が料理したりサーブしてくれます。



b0173754_13250547.jpg


残飯が出たら、それは黒豚ちゃんの餌になるようです。

こちらは子豚ちゃん


b0173754_13260617.jpg



こちらはイノシシでなく親豚で、自由に放たれています。
というか飼っているでなく野生なんですけどね。



b0173754_10275629.jpg


午後のクラスでは、音叉を使い実践も組み込まれます。



b0173754_10370598.jpg



皆さん真剣。動画撮影も自分保存用にOK!




b0173754_06033867.jpg


二人一組のペアで実践タイム。

b0173754_12312576.jpg



3日間のアキュトニック・レベル1クラスの次は
アキュトニックの中の選択科目であるフィボナッチ・
プロセスを学びました。フィボナッチ・プロセスは、ロン先生
とかつての親友フランソワ氏が創始したチューニングフォークの
ヒーリングメソッドで、とてもパワフルなんだそうです。

ロン先生がどのような経緯でこのフィボナッチ・ヒーリングと
出会ったかなどの話から始まり・・・それは、初めてフィボナッチ・
ヒーリングを受けた時、いきなりエジプトのピラミッドにトランス
ポートしたそうで、とても不思議な体験だったそうです。


奇経八脈と宇宙の言語であるフィボナッチ数列を使ったのが
フィボナッチヒーリング


私は、このフィボナッチのクラスの前晩に急に
喉が痛くなり。それから滞在中は、ずっと咳が
止まらず、声も出なくなっていました。
咳が出ている方、喉にきた人も他にもいましたが、
昨年はオルガナイザーののり子さんやオサムさんも
咳に悩まされたそうです。

デトックスなのか、何かへの抵抗なのかエンティティ
なのか、もしくはハワイ島の噴煙?今ひとつ原因不明で、
なんでぇ~?

過去に、グループ瞑想やワークショップ中、
急に咳込むことはありましたが・・。

他に考えられるのは・・・。

フィボナッチプロセスは、エジプト、チベット、
ペルーの要素が組み込まれていて、それはエジプトの
神聖幾何学の英知、チベットの経絡や経穴など
洋医学の英知、そしてペルーのシャーマニック
ジャーニーの音のマトリックスの英知の3つの英知で
それぞれアトランティスの陥落する時期に芽生えて
いった文化で、ロン先生曰く、フィボナッチヒーリングは、
アトランティスで行なわれていたヒーリング法で、
今、この世界で行なわれているヒーリングの多くは
既に遠い過去に存在していて、それらが、今の
この時代に、全て再現されてきているとのこと。

更に、フィボナッチヒーリングは、アトランティスの
トラウマを癒すためのものでもあると。なので私は、
その理由もあって、参加したかったわけです。

そうなんです!アトランティス系の人に共通して
いる「深い海が怖い・クリスタルに興味がある。」
もありますが・・
アトランティス大陸は一夜にして海に沈んだので、
溺死なので呼吸できず、喉から気管支の苦しみを
記憶しているともいわれます。

私は、10代20代の頃、10m級の大津波の同じ夢を
何度も繰り返し見ていたことと、幼少の頃、海に
行くと波が怖くて、ビェービェー泣いていました。

また数年前に受けたヒポノセラピーでは、
アトランティス時代の記憶が出てきて、
クリスタルや湧き水のある神殿など、神殿での
儀式シーンも語っていました。崩壊シーンでは
涙が溢れてきて・・・恐れと悲しみですよね。
どこかに潜んでいたこの感情を癒す時がきたのか。

今世では、1998年にギリシャのサントリーニ島に
行ったその時から、聖地巡りと光の柱行事が
自然と身に付いたのでした。

咳の症状は、数秘術の友人Cさん曰く、
表現できなかった悲しみの感情の解放とも
いいます。
過去世の悲しみが浮上してきて、その解放の
症状なのかもしれませんね。出し切って、
無意識のトラウマから解放されるの
でしょうか。
実は、ハワイ島から帰ってからも時々、
咳や吐き気も出たりしています。
それは風邪とは違って、普通に生活できるし、
体は元気だし熱も出ないし・・暫く様子みて
みます。でも、このセミナーから帰ってきて
から、達成感と心身が軽くなっているのは
確かなんです!



フィボナッチは、黄金比(黄金分割)に限りなく
近い自然現象の基本的な生命の営みを表し、貝殻やヒマワリ、
パイナップルや松ぼっくりもフィボナッチ数列でできてる。
ダビンチ作のモナリザやエジプトのピラミッドも
その比率が組み込まれているそうです。

フィボナッチヒーリングでは、8つの奇経八脈ポイントに
チューニングフォークを一定の順序で当ててゆく。

そうする事で体内にある8つのオリジナル細胞を呼び
覚まし、グレートヴォイドを無極に到達する事を可能にする。

奇経八脈は、人が生まれて最初に創られる8つの細胞から
始まるエネルギーの流れということで、要なんですね。

ロン先生のHPよりフィボナッチを受ける事の恩恵として:

*全エネルギーシステム(経絡、チャクラ等)の

精密なバランシング、アラインメント、チューニング。

*肉体、精神、感情、魂レベルでのトラウマを癒す

基本ブループリント(青写真)へのアクセス。

*不要となった古い習慣やパターンを完了させ

ヒーリングする。

*アカシックレコードにアクセスする。



アトランティス時代のトラウマでは、アトランティス終盤の
男性性が強い時代の破壊的なエネルギー、戦争や大災害、
また崩壊時に裂けた次元からやって来たエンティティなど。

どれだけアトランティスの陥落がその後の人類や宇宙に
影響を及ぼしたのか。
なのでフィボナッチヒーリングは、アトランティスやムー、
レムリアのトラウマも同様に癒すものなのかもしれませんね。

このヒーリングは、個人の癒しはもちろん、それ以上に、
人類の過去現在未来と、宇宙レベルでの深いヒーリングが
成されるのではないかと、受けた方はそう感じるようです。
(Osamu's Blog一部引用)



b0173754_10371380.jpg


クラスの内容は、これ以上はシェアできないので、
下記は一般のリンクからのシェアになります。


アンモナイトは絶滅していて化石のみ。
オウムガイは、現在も生息していますね。

*アンモナイトとオウムガイの違い:

http://www.ammolite.co.jp/ammodifference/



*オウムガイは黄金比?フィボナッチ数列?:

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/2607/SPR/GoldenRatio.htm



*黄金比とフィボナッチ数列との違い:

http://www.cwo.zaq.ne.jp/bfaby300/math/fibona.html



いろいろややこしいですが、スパイラルエネルギーのことは、
神聖漫画「アマテラス」にも出ていましたね。


b0173754_14542650.jpg


「光の本質は全て数字で割り出せる」

「音は、波動が物をつくることも可能で、物質を生み出すことも可能」

エジプトのピラミッドも音のパワーで造られたそうです。



b0173754_14534766.jpg


夕方、散歩しながら自然散策リラックス。
胡蝶蘭が 木から生えているのは珍しい!


b0173754_12284531.jpg


カラフルなバンブー



b0173754_12280249.jpg


b0173754_10304332.jpg


自然の宝庫



b0173754_12303633.jpg


花々も緑も豊かで地上の楽園ですね!



b0173754_12300562.jpg



b0173754_12362833.jpg


自然界のプラーナやイオンを感じます。


b0173754_12354831.jpg


b0173754_12335837.jpg


b0173754_13253676.jpg



5日目の朝は、受講者のTさんがインドで習得した
クンダリーニヨガのクラスをしてくださいました。
朝6:30~、気持ちよかったです。ありがと~!

セミナー中は座った態勢が多く運動不足でしたので、
エクササイズ必要!

リトリートセンター内にも、ヨガや瞑想クラスも
あったようですが、タイミング合わず。



b0173754_12305425.jpg


テント泊ゲストもいて、そのエリアはジャングルのよう。


b0173754_12290689.jpg


神聖なジャンボツリーもありました。

ガジュマルの樹かな?


b0173754_12292874.jpg


野良ネコちゃんも敷地内にはいますが、ある日の
クラス中、外でニャ~ニャ~と中に入れておくれよ。
と鳴く猫がいたので、教室内に入れました。

しばらく机の下でゴロにゃんと大人しくしていたのですが、
突然私のデスクの上というか、マッサージベッドの上に
ジャンプしてきたではないですか!あら、猫好きがわかる?
まさかプッチーがループしてきた?!にゃ~ん



b0173754_12323451.jpg


施術してあげたかったけれど、先生に外に
連れ出されてしまったにゃ。じゃんねん!



b0173754_12323985.jpg



前半のアキュトニックレベル1の修了証を各自受けります。




b0173754_12320257.jpg


一人一人ハグ&記念撮影付きでね。



b0173754_12310854.jpg



後半3日間のフィボナッチヒーリング、こちらも修了証授与なり。



b0173754_05223959.jpg


b0173754_12313350.jpg
(photo by Amiさん)



最終日は、参加者全員で記念撮影。

皆さんの顔写真、アップしてしまいましたが、
NGの方は、お申し出くださいね。


来た頃より、清々しい表情になった皆さん。
本当笑顔も素敵で、ユルユルキラキラに。


b0173754_15014409.jpg



打ち上げは、ワインとビールで乾杯!167.png

この6日間、禁酒でしたね。そういえば・・・




b0173754_09525991.jpg



6日間9-6時のクラスが終わって一段落。

ですが、この後引き続き、ATIHやアキュトニック
レベル2,3を受講する方、メンバー入れ替えで
いらっしゃるようです。

最長滞在者は、4/18迄なので20日間ですね。




b0173754_09535154.jpg


打ち上げにキャンプファイヤーも!
オサムさんのギターでイマジンや赤いスイトピーを歌い、
のり子さんのソロも聴いたりと・・月が綺麗な夜でした。
なんだか合宿のような・・ちょっと青春チック?!


右端が、通訳のナツコさん、お世話になりました!
b0173754_15015892.jpg



このメンバーで受講できたことも喜びであり、
一期一会、このご縁も大切にしたいですね。

ロン先生もエリン先生の話には、奇跡のコース(ACIM)と
共通する内容もたくさん出てきました。
ACIMでは、エゴと愛(=スピリット)と表現しますが、
ロン先生は、エゴとユニティという表現で。

NY在住の音叉ヒーリングマスターJohn Boaulieu氏の
ワークショップでも、同様の講義内容がありましたし、
こうして、何度かスピリチュアル系のセミナー参加の度に、
同じメッセージが伝えられると、”創造主は1つ”なんだー
て実感します。



Kalani Retreat Centerの海岸で
b0173754_12322361.jpg



受講者で同室のチャネラーのNさんは、突然上と
繋がり、トランス状態に入ると、別人のような
声を発してメッセージを伝えます。

私へもメッセージが降りてきましたし、ロン先生へも。
それは天照大御神にも関連していて、あのエネルギーに
触れ、むせび泣く方も続出したり、一見怒りの表現で
あっても、あの瞬間に届いた愛のエネルギーも
感じられました。これぞ共感・共鳴ですね!

当の本人は、何を語ったのか全く覚えていないそう。
全ては偶然でなく、必然な出来事なのだから。




b0173754_06032790.jpg



先生も”信頼すること”と何度も発信していましたが、
今回のワークショップを受講し改めて確認できたことは、

”自分の勘を信じること” と ”何事にも特別性を持たない”

という2点でしょうか。

フィボナッチワークもフリーエネルギー並みに
パワフルだそうですが、だからといってそれは
特別でなく、そして常に中庸の心に尽きましょう。


そして、この後更に3日間滞在し、ハワイ島の
自然と触れ合う お一人様リトリートが始まります。

まだ書き足りないことも出てくるかもですが・・・109.png


「②.ハワイ島の滝と長寿亀との出会い」へつづく




b0173754_08203637.jpg



 ホロスコープの流れでは、3/20の春分の日頃からの
新しい流れを定着させるためにも安定がテーマとなり、
今の環境を見直す時期のようです。

まだ中途半端な状態のことや軸が定まっていないとか、
まだ道筋が明確でないといったものがあるなら、
今週中に対策を。それらは、時間をかければかける
ほど良いそうです。


b0173754_08204386.jpg



8/25までは土星が逆行してるので、8月末迄は
トライアル期間で、9月から本腰を入れるなど
整える方がよいようです。

まずは4/20までに、思考の切り替えや見直しを
意識されるとよいですね。




b0173754_08205230.jpg

じゃ、またにゃ!

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!110.png





*フィボナッチ:

日本が西暦=グレゴリオ暦を
導入したのは明治6年=1873年。
それから今年の大晦日でまる144年です。
144って、不思議な数字で、まずは12で割れます。

12×12で144。

キリスト教ではイエスの弟子十二使徒の12倍の数字として
特別視されています。
144は、十二の干支や12星座とも親和性があります。

***

12の倍数24でも割り切れて、
24時間×6ですので、144時間はちょうどまる6日間。
神様が世界を144時間でつくり、7日目に休んだとされています
受精卵が子宮に着床する期間もおよそ6日間です。

***

144は、9でも割り切れます。
9×16で、144。
九星気学や9つの数字を基本とするカバラ数秘術
エニアグラムの9つの性格など9をひとまとめとする性格分析は
多いですが、ユングの性格分析の発展型である「16の性格」と、
これら9を掛け算すると144になる、というのも意味深いです。

***

144はまた、黄金比を表す
フィボナッチ数列の仲間でもあります。

0 1 1 2 3 5 8 13 21 34 55 89 144

黄金比とは、幾何学において
1:1.618…として表される比で、
古代ギリシャでの発見以来、
人間にとって最も安定し、
美しい比率とされています。
            


[PR]
by yukistar88 | 2017-04-20 11:13 | イベント | Comments(2)

マクロ美ディナーとアフタヌーンティ&サウンドヒーリングのご案内

173.pngハワイ島のワークショップから無事に戻りました。

盛り沢山にて、消化するにはもう少し時間を要します

ので、そのリポートは、次回ご紹介したく思います。



179.pngNYも長い冬が明け、漸く桜咲く季節となりました。


こちらは、近所の公園での花見の様子です。(4/10撮影)



b0173754_15041979.jpg



昨年より日米にて、マクロビ講師のKiyomiさんとのコラボを

シリーズとして開催させていただいていますが、4月末にも

マンハッタンにて開催致しますので、そのご案内です。


既にKiyomiさんのブログで告知されていますので、

そちらも添付いたします。









春を迎え、自然界の芽吹くこの季節に、新たな

音叉セッションと共に、スプリングクレンジングを

お楽しみくださいませ。


身体と魂が喜ぶ、波動のエネルギーを体験してみませんか?



b0173754_15040579.jpg



春のコラボ その③!魂と波動を整える!

コラボイベント 


開催日 :2017年4月28日(金曜日)(残席1名)

イブニングの部は、6:15 - 8:45pm



     2017年4月29日(土曜日)(残席1名)

アフタヌーンの部は、1:00 - 3:30pm


講座費用は、$60といたしました。 




五行の春を意識した、「上昇と浄化」波動いっぱいの

マクロ美お料理をご用意します。

金曜日のイブニングの部はディナーになりますが、

土曜日はアフタヌーンティースタイル。

お菓子プラスαでお楽しみです。

春のエネルギーを活性化させるアロマのお土産も

いつものようにご用意しますので、楽しさいっぱいの

イベントになっています。




b0173754_15041218.jpg




4月上旬にハワイ島で開催された経絡と音叉の統合
セラピーとフィボナッチ講座に参加して参りました。
音による癒しやエネルギーワークのツールとして、
古代より使われていた音叉の魅力をますます感じる
こととなりました。

私たちは、自然界や地球、宇宙へと繋がっていますし、
それらの調和のベースでもある神秘のフィボナッチは
無限で奥が深く、謎に包まれている部分も多いですが、
更なるアセンションへのエネルギーをもたらしてくれる
ことでしょう。

まずグラウンディングを意識した瞑想からスタートし、
その後は、床に寝転んでいただいてサウンドヒーリング。
チャクラ活性の音叉、シンギングリンとシンギングボール、
DNA修復・愛の波動ともいわれる528Hzパイプバー、
セドナで生まれたセラピーハープ、自然界に近い音を
奏でる数種類の民族楽器と新種のチャイムもご用意し、
マインドや身体にプラスの効果をもたらす波動を感じて
いただきたく思います。

サウンドヒーリングは、身体の水分や細胞とマインドに共鳴し、
体エネルギーとチャクラ活性、自己治癒力と免疫力アップ、
デトックス、クレンジング、メンタルサポート効果を促します。


楽な服装でいらしてください。
波動水もできますので、ミネラルウォーターを持参ください。

ヨガマットか大判タオル、また、身体に掛けるもの

コート代用可)を持参ください。



*申し込み先: kiyomiart☆hotmail.com(☆を@に変えて) Kiyomiまで




b0173754_07353746.jpg


*マクロ美料理担当: 野田清美

Kiyomimacro in New York 主宰 ライフアップカウンセラー
NY大学卒、米国クシインスティチュートにて、
カウンセラー
養成レベルの4まで習得し、マクロビオティックを
含めたトータルなホリスティックヒーリングを紹介。
九星氣学師として、各種講座や個人鑑定セッションも行う。
また、Aromatherapy Registration Council の米国認定のアロマ
セラピストとして、ARCの資格養成講座や単発のクラフト
クラス開催。 
レイキマスター、フラワーアレンジメントのインスト
ラクター修了。
マクロビオティックとのコラボレーションを様々な分野の
講師やヒーラーさんと、定期的に開催し、多方面での心と
体と魂の「癒し」にアプローチしている。
   
野田清美HP: http://kiyomimacro.com



★サウンドヒーリング担当:星ゆき

1997年 天から白い光が降りてきて、その後から
神秘体験が多くなり、目に見えない世界を意識
するようになる。
1998年より世界・日本の聖地巡りが始まる。
2003年よりACIM(奇跡のコース)の教えを学び始め、
2004年よりスピリチュアル・カウンセラーとして、
2012年より音叉ヒーリングのセラピストとしても活動開始する
現在は、リーディング/音叉ヒーリングの個人セッションと、
日米にて瞑想とサウンドヒーリングのワークショップを
手掛けている。

AHT音叉セラピーコース修了、キネシオロジーアドバンス
コース修了、KIJX Basic(マクロビオティック)修了、
クォンタムヒーリング&ライトボディ アドバンスコース修了
アーキュトニック(レベル1)&フィボナッチ音叉セラピー修了

*星ゆきのHP: http://yukistar88.holy.jp/  



4/16はEasterですが、その2日前ミラクルな雲が現れました。

矢のような・・・羽ばたくイメージの雲ですね。




b0173754_15054174.jpg



b0173754_15054944.jpg



そして、記憶にある方もいらっしゃると思いますが、
こちらは昨年のEasterの日にセドナで見かけたクロス雲。
この時期は、シンクロやミラクルも多いようです。




b0173754_07503683.jpg







178.png友人のShizukoさんより、4月のアフタヌーンティールームのお知らせです。

今月のテーマはEasterにちなんだアフタヌーンティーを企画しております!



b0173754_08165868.jpg


メニュー

✴︎ Welcome Tea

✴︎ Welcome Cocktail (ご希望で)

✴︎ 季節のアペタイザー

✴︎ ティーサンドイッチ 数種類

✴︎ スコーン 2種類

✴︎ デザート(焼き菓子中心になります)


お料理に合わせまして4〜5種類の紅茶をサーブさせていただきます。
通常のレストランなどでいただくアフタヌーンティーは通常一種類のみですが、
こちらではその時々に厳選しました紅茶をご提供しております。
毎回メニューはその都度変えてお出ししておりますので、
苦手なもの、アレルギー等ございましたら事前にお知らせくださいませ。
特にアペタイザーにもリキュール類が入ることもございますので、
アルコールの苦手な方はお知らせくださると助かります。



開催可能日時 : 4/19-25 12:00-2:30pm
       (ご希望のお時間に合わせます)

場所 :   お申込み後にお知らせいたします。(NJ地区)

人数  : 2名様〜4名様(グループでお申し込みくださいませ)

ご参加費 : $45〜50(カクテルご希望の方 $50)

b0173754_08165155.jpg


また、上記以外の日でもプライベートパーティなども
承っておりますのでどうぞ気軽にお尋ねくださいませ。




b0173754_08170623.jpg

🌟ご予約お待ちしております⭐️


redgesan☆gmail.com (☆を@に変えて)

Si's Kitchen Labo 吉田しずこ






ゴロゴロにゃんプッチーくん


b0173754_15055761.jpg


b0173754_15062422.jpg




Happy Easter! ねむねむ~






[PR]
by yukistar88 | 2017-04-16 08:00 | イベント | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧