日野原重明先生のNY講演(5/10’08)

聖路加国際病院理事長の日野原重明先生(97歳)のNY講演会に行ってきた。

行きのフェリーで隣に座ったワンちゃん、風に吹かれ毛がなびいて気持ちいいのだ~。

b0173754_247329.jpg


講演会の前に時間があったので、会場に近いセントラルパークを散歩。
馬車に揺られての観光も気持ちよさそう。


b0173754_2475264.jpg


お天気もよく、若葉がキラキラ美しい!

b0173754_2481410.jpg


彼のNY講演を聴くのは今回2度目で、前回は2005年6月18日に行われ、当時93歳でした。
その時の講演会で、私にとって印象に残った言葉は、「75歳が人生で一番いい時。」と
「やられたらやり返す心がある限り、平和は来ない。」と「南半球を救え!」でした。

その中の「南半球を救え」に関しては、タイミングよく、その数ヶ月後にペルーに行くことになり、
学校へ行けない4-12歳の子供達が酪農や農業の手伝いをしている現状を事前に知り、
そんな姿に胸を打たれ、何かできることはないかと、私達は文具や古着を、現地のガイドは
食料など働く子供達に手渡したのでした。

それはほんの一部の子供達、ほんの少しの奉仕だったかもしれないが、ペルー、もしくは
途上国で生活に困る人々がいる情報を得たなら、微かなことでもいいので、私達が協力
できることを心がけておいてほしい。


b0173754_321220.jpg

 (子供が赤ん坊を背負って労働しているのだが、少女らのピュアな笑顔に逆に癒されて。)

今回の日野原先生のNY訪問目的は、日本人として初めて米国大陸に上陸した人物、
ジョン万次郎の「ホイットフィールド・万次郎友好記念館」の記念館開設式典(5/7)と講演会(5/10)である。

当時、14歳のジョン万次郎が太平洋を漂流し、救助してくれたアメリカの捕鯨船の船長の
自宅に万次郎はお世話になった自宅が一昨年秋に売りに出されたことを知った先生が
買い取り、老朽化した家を記念館として修復させようと募金を募り、約1億円の総工費を
かけ完成。この船長宅は記念館として、マサチューセッツ州フェアヘイブンに寄付し、
5/7の記念式展では、日米友好コンサートなども行われたようだ。


b0173754_2495167.jpg


*ジョン万次郎に関して:

5/10の講演会の観客は262名で、その中には、ジョン万次郎友好記念式展と講演会に参加するツアーとして、
日本から70名の人達も含まれていた。また、この講演会費の全てはジョン万次郎友好記念館に
寄付されるという。


b0173754_2501424.jpg


健康にいいとされるモーツァルトの曲の演奏会から始まり、その後の講演会では、
日本の文明開化のために日米友好の架け橋として大きな役割を果たしたジョン万次郎の
生き方に触れながら「輝いて生きるとは」について語ってくださった。
97歳でも、80分間立ちっぱなしのトークとは・・・頭が下がる思いなり。


b0173754_2504949.jpg


病気、失敗や苦労を経験することで、弱い人の立場がわかるし、人の痛みがわかるようになるので、必要なこと。
これは人種差別を経験してきたオバマ大統領にも当てはまること。

時よりユーモアも混ぜ、会場を笑わせる。
「私は、次回100歳になった時に、またNYに来ると思いますが、よく数年後にまた
会いましょうと再会の約束をするのですが、その時まで、皆さんの中で先にいなくなって
しまう方がいらっしゃるんですねー。」と淡々とおっしゃり、会場は大爆笑。


b0173754_2512342.jpg

                            (↑ここにおわすは大村博士では・・・)

そして、先生のいう新老人とは75歳からを差し、そのスローガンとして、

*愛し合うこと。

*やったことのないことにトライする。

*辛いことがあっても耐える。

そういえば、5/2に亡くなったロック歌手忌野清志郎さんは、「愛し合っているかい!」が口癖でしたね。

そして最期のメッセージとして、次世代に伝えることだと・・・。
この講演会に来る前に、なぜか頭の中に「伝授」という言葉が浮かんできていたので、
今に必要なメッセージだったようだ。私達が経験したことや功績・実績をただ残すことでなく、
それらを次世代に伝授していくことが大事ですね。


そして長寿ばかりがいいとは思わないが・・・・というのも、2005年の日野原先生の講演会の日、
講演後に、筋ジストロフィーが原因で、20歳で逝去した青年の葬儀に参列した。
日野原先生の講演でも、大勢が元気を受け取り、長寿を目指す目標をという一方、
この青年の死からも彼の人生を振り返り、葬儀に参列した多くの人が元気をもらえたという。

葬儀では、青年の幼少から今日にかけて生前の様子をビデオで見せられ、彼には
悲しい表情など全くなく、なん時も笑顔が絶えない。車イスでの生活、不治の病を
抱えながらも、人との出会いや交流など一瞬一瞬を大切に生きてきた。そんな悔いの
ない人生だったこと、彼の生き様から見えてきた。

あの日、全く異なる2人を同時に見せられ、日野原先生のように長老でありながらも
現役で活躍する姿から勇気や希望を、そして20歳という短命な人生でも有意義に
過ごした青年の姿勢を見て元気をもらえたことも、そこには長寿であろうが、短命で
あろうが、人生を悔いなく謳歌し、今を大事に充実した日々を送ることで、今世生まれ
てきたことへの達成感を感じわえるのではないでしょうか。


講演後は、先生はサインや握手に応えてくださり、私も握手を。
温かく柔らかい手の感触、
そして力強くギュッと握ってくださるのは、日野原先生の愛情の深さを感じた。


b0173754_25296.jpg

          日野原先生の周囲には聖霊なるオーブが漂っている。

数年先までスケジュールは決まっているということでしたが、次回、お会いできるのは
2-3年後ですね。お待ちしております。


あら、前日、お会いしたばかりのOリングの大村博士も取材を受けているではありませんか。
昨日の今日と、同じ席に座っていました。ご縁があるようで。


b0173754_2525650.jpg


この週末は、人生の大先輩2人より貴重なお話など伺えたことに感謝。
有難うございました!

[PR]
# by yukistar88 | 2009-05-12 03:05 | 健康 | Comments(2)

Oリングの大村博士と食材テストツアー(5/9)

今日は、あの有名なOリングを発明した大村博士と初対面にて、日本食スーパーにて、
食材の良し悪し、自分の体に合う、強い「気」を持つ食材など判定する買い物ツアーに参加した。

1970年代、NYにて大村恵昭博士(富山県出身、昭和9年生/NY心臓病研究所所長)
によって、Oリングは開発された。

大村博士が、脳循環と握力を調べているうちに、病的圧通があると、握力や指の力が
弱まることに気付いたのが、Oリングテストの誕生のきっかけになったと言われている。

オーリングテストの結果は、西洋医学的検査方法で、様々な確認が繰り返され、
現在では非常に診断精度が高いものとして高く評価されるようになった。加えて
このテスト方法は、患者を疲れさせることも無く、その場ですぐに診断や治療の
結果がわかり、非常に説得力があり、すでに欧米では多くのメディカルドクターが
積極的に臨床に取り入れている。

テスト方法は簡単で、被験者のOリングを両側から引っ張るだけ。体のどこにも
異常が無ければ、Oリングは、よほど強く引かなければ閉じたまま。この方法を
使えば、病気の診断だけでなく、多種多様な判定にも利用できる。

例えば自分の体に合う食品を調べたり、強い「気」を持つ物質を判定したりする
ことも可能なようだ。

大村博士は自身の手で判定できるので、まず参加者6名全員の口の中に指を向け、
良し悪し(+/-)を診断してくださる。皆の口に、生のゴーヤをほおばり、ガムのように
噛みながらツアー開始。ゴーヤは苦いが、これを3時間おきに噛むのがいいそうだ。

b0173754_15494443.jpg
(配っている錠剤は、最近開発されたウィルスにも効果あるといわれている優れものらしい)

博士は、各食材を自分の指で判定しながら、選択していく。
私達も食品を先生に見せては、「これはいかがかでしょうか?」と一点一点判定して
いただきながら、「+」のものをカートに入れていく。同じ商品でも-と+の混合している
ものもあり、また人により、「-/+」も異なるそうだ。

b0173754_15491566.jpg


インスタントラーメンで、「+」と出たのはわずか2種類だけで、清涼飲料水のほとんどには
メラミンが含まれるとみたようだ。他の商品に関して細かく公表するのは控えておきますね。
「-」に反応するのは、農薬・防腐剤・化学調味料だと思われる。

買い物ツアーを追え、皆の身に付けているものなど、判定していただく。
髪の毛もマイナス?!、シャンプーや水が悪いのでしょうか。
洋服も素材によるとか、アクセサリー類などほとんどが「-」で、ショックでした。
細菌・ウィルス・化学物質・紫外線・放射線・電磁波も「-」に反応するのでしょうね。

博士は血行も良く、70代半ばでも肌がきれいなんですね。
さすがに体にいいものを取り入れているからでしょうか。あら、結構甘党かも。

b0173754_1642740.jpg


博士の話に耳を傾ける。
ギネスブックが世界一の長生きと認定したフランス人女性のカルマンさんの話題となり、
彼女は1875年2月、南フランスのアルルに生まれ、1997年8月に122才で亡くなった。
長生きの秘訣を本人に聞いたところ・・・

1.毎日、オリーブオイルを飲む。
2.毎日、少量のポートワインを飲む。
3.イライラしないようにする。

だという。フランス人であるのに、ポートワインと言ったことはまずかったようだ。(笑)

他にも色々と質問したかったのだが、時間がなく、また次回ということでお開き。

詳細は・・・
4/22に出版された大村恵昭著「O-リングテスト入門 長寿と若返りの生命革命 」
(河出書房新社)を読んでくださいとのこと。おー、何気に宣伝しているではありませんか。
興味ある方はぜひ!

*Oリングテストとは?:

*ORT友の会

*Oリングテストに関して:


今日は穏やかで、暖かい一日でした。

b0173754_168101.jpg

               対岸からマンハッタンを望む

今夜は満月、パワフルな満月ということで、おぼろ月を見ながら瞑想する。

b0173754_16102220.jpg

[PR]
# by yukistar88 | 2009-05-10 16:23 | 健康 | Comments(2)

5月の満月(ウエサク祭)

このところ天候が不安定で、ほぼ毎日のように雨が降っているが、その合間に太陽が出たり、雷になったり、空も大忙しの時。

5/7の午後は激しい雷雨だった。2年前、粘って撮影成功した稲光の一枚。落雷の瞬間!

b0173754_1047172.jpg


雨量も半端でなく、ドッグランも水溜りに。

b0173754_10472158.jpg


そして5/9は満月。
5月の満月は「ウエサク祭」、これは天界と地上の間に通路が開け、お釈迦様やキリストをはじめとするアセンデットマスター達が降臨し、地球と人類に対して祝福すべき、一際強いエネルギーが降り注がれるといわれる。

この日の夕刻、満月に清水を捧げ心の灯を輝かせつつ、降り注がれる神秘的な力を身に受けて、自分と全てのものの「目覚め」のための祈りを捧げるのが、光と水と聖音の祭典「5月満月祭(ウエサク祭)」ということだ。

ウエサク祭は、お釈迦様の生まれた日、悟りを開いた日、入滅の日が、すべてインド歴第2月の満月の夜であったという伝承から、アジア地域でお釈迦様を偲んで行われてきた祝いのお祭り。現在、世界各地でウエサク祭のセレモニーが行われている。(日本では鞍馬寺のウエサク祭が有名。)

この特別な牡牛座の満月の日に、宇宙の兄弟姉妹として魂の光で集い、宇宙と地球、そして高次元の光の存在達へ感謝を捧げながら、光を紡ぐワークや瞑想をしてみませんか。


b0173754_1055121.jpg
  (5/7撮影)

*ウエサク祭について:

*京都鞍馬寺のウエサク祭:

鞍馬山といえば、2008年1月に京都在住のU夫妻に連れていってもらった思い出がある。

b0173754_11134410.jpg


日帰りコースだったが、小雪が舞う露天風呂は情緒たっぷりで、オーストラリアからの
留学生らも入浴していたね。裸同士で話したような・・・。


b0173754_11143280.jpg


*鞍馬山「峰麓湯」

満月をイメージして作ったお皿、月の部分がちょっと欠けてしまったが、仕方ないね。

b0173754_10571527.jpg

[PR]
# by yukistar88 | 2009-05-09 11:04 | スピリチャル | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧