雨のSOHO・・・(5/4)

今日は、SOHOからChina Townまで歩いた。

SOHOまで地下鉄に乗ったわずか5分の間に、3組の物乞いと出会った。
過去15年くらいは、景気も治安も安定していたので、物乞いはほとんど見かけなかったが、やはり昨年末から紙コップを差し出すホームレスなど、不景気の煽りから増えてきているようだ。

今日出会った物乞いは、お金じゃなく食べ物を恵んでほしいという中年男性、片足を無くした車イスの中年男性、そして、2人組のコーラス・コンビでした。5分間に3組という密度も不況の度合いを物語っている気がする。


b0173754_14122667.jpg


週末から雨続きで、これから数日間も雨の予報と、まるで日本の梅雨のようだ。
月曜日(ほとんど店が定休日)と雨が重なり、今日のSOHOは閑散としていた。
車も少なく、人も疎らで、こういう日の方が案外好きだったりする。


b0173754_1410042.jpg


15年前、ここら辺の会社に3年間、働いていたことがある。懐かしい場所。

b0173754_1493232.jpg


銀ブラならぬ、SOHOブラ・・・?この地区は、洒落たギャラリーやブティックが目立つ。
絵になるショップやカフェ、ブティックを撮ってみる。店内に入ることは滅多にないんだが。


b0173754_14141415.jpg


b0173754_14144679.jpg


b0173754_14152431.jpg


b0173754_14162070.jpg


b0173754_14164245.jpg


ん?!このフレンチビストロ・レストラン、午後3時でも結構混んでいるではないか。
要Check! Parigot: 
Prix Fixe Menu$16、グラスワイン1杯付$19はお得なので、今度トライしてみよう!


b0173754_14171560.jpg


Little Italyに着いた。観光用レストランが多いので、ほとんど利用していない。

b0173754_1421215.jpg


何気に可愛いバルコニィ。

b0173754_14214837.jpg


7:30pm...Mid Townで仕事を終え、帰宅途中通り抜けるBryant Park。
ここはCentral Parkの次に好きな公園。雨なので、閑散としている・・・


b0173754_1425967.jpg


b0173754_14262819.jpg


最近完成したNYで2番目高層となるビルのBank Of America Tower(42St. & 6Ave.)

b0173754_14301718.jpg


そして、こちらも最近完成したThe New York Times Bldg.(41St. & 8Ave.)

b0173754_14281790.jpg


                  本日もお疲れさま!
[PR]
# by yukistar88 | 2009-05-05 14:37 | NYの街並み | Comments(4)

新緑浴と空のアート(5/2)

♪夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る♪
                              ということで、今日は八十八夜だそう。



週末はなるべく自然に触れたいと思い、郊外へ軽くハイキングへ。

b0173754_1555638.jpg


今日(5/2)の空模様はいつもよりユニークで、色んな顔を見せてくれた。

b0173754_1562516.jpg


ただただ空を見上げてみると・・・

b0173754_23514081.jpg


GWBの真下を通り抜け・・・

b0173754_1581116.jpg


b0173754_1584087.jpg


ハドソン川沿いのBBQ会場の広場へ出た。

b0173754_1591573.jpg


ここから、メトロポリタン美術館の姉妹館である元修道院のクロイスターズも見える。

b0173754_15103996.jpg


鱗雲に覆われているで、明日は雨かも。

b0173754_15114448.jpg


b0173754_15113215.jpg


龍の形をした雲もくっきり姿を現して・・・。

b0173754_15123514.jpg


b0173754_15125449.jpg


クロス雲・・・ここまでのは珍しい。

b0173754_15132012.jpg


夕日に反射して、優しい羽衣のような雲に包まれた。

b0173754_15141968.jpg


                今夜は八十八夜、上弦の月なり。

b0173754_1149552.jpg

[PR]
# by yukistar88 | 2009-05-03 15:21 | 自然 | Comments(4)

ヒーリングの基本(4/30)

今日で4月も終わり。

今日は、ヒーリング・センター(CRS)で定期的に行われているヒーリング・クリニックの当番とクラスの為、マンハッタンへ出かけた。


b0173754_1222430.jpg


CRSでは、ACIM(奇跡のコース)を教えている。私は1997年より断続的に見えない世界のことに悩まされ、自分でコントロールできず苦しんでいた頃、ACIMと出会い、2003年1月よりクラスを受講開始し、ACIMとヒーリングを学び、2004年の夏、ヒーラーとしてデビューした。

ACIMとは、特定の個人の思想を一切含まない、普遍的なスピリチュアリティの本質だけが書かれた本で、NYコロンビア大学のヘレン・シャックマン教授が書き留めたもの。(彼女が著者ということではない。)
心理学者で、無神論者の彼女の中に、ある日、どこからともなく「内なる声」という形でメッセージが届き始めた。それを7年の月日をかけて書き留められたものがACIM。
 
これらのメッセージは、イエス・キリストからのものといわれているが、これによって、アメリカの書店ではキリスト教関連の書籍のコーナーに並べられていることがあるが、従来のキリスト教とは全く違い、(キリスト教は、弟子達が書いた聖書を元に教会で布教されるもので、コースに書かれている内容は、キリストから直接、個人へ向けてのメッセージ。)

この教えは、どの宗教、教会、団体にも属するものではなく、純粋なスピリチュアリティの本質のみであり、多くの宗教家、思想家、哲学者によって学ばれている。

いわゆる宇宙の法則であり、私はイエス・キリストというよりも”宇宙の創造主”という呼び方の方が相応しいと思っている。

実際、内容に触れていくと気付くかもしれないが、仏教の教えと共通するものでもあり、スピリチャリティ全般、その根底は同じではないでしょうか。とぃうことは、神は一つ。宗教の隔たりなく、神、いわゆる内なる神は、我々の中に存在するということに気付かされるでしょう。

個人的には、この教えを知ることで、自分の役目に到達したこともだが、人間関係で悩むこともなくなり、物事全てに対する視点が偏ることなく、幅広く、そして魂の自由を知り、人生が楽に生きられるようになりました。


b0173754_1532813.jpg


途中でバスを下車し、センターへ行くまでの道のり、約15分ほど歩く。
その途中で見かけるお薦めのカフェやショップの紹介。


Thé Adore:17 E 13th Street (bet. 5th Ave & University Pl)
日本人経営の喫茶店。美味しい珈琲、キッシュやクロワッサンなどパンやサンドイッチもある。2階のスペースはレトロ風で落ち着く。


b0173754_13484368.jpg


Souen、マクロビオティック料理のレストラン。

b0173754_1353539.jpg


せたがや(ラーメン屋)、East Villageに2店舗と、ここで3店舗目(University Pl. & Bet.11 & 12 St.)。完全天然素材(和風だし)の塩らーめんとつけ麺が人気。

b0173754_13583781.jpg


Strand Book Store
NY老舗の古本屋、私もたまに利用するが、Book Offでは単行本一冊¢50程度だが、ここでは$1-3で下取りしてくれる。もちろん英語の本だが・・・。
日本のお土産として、ここのオリジナル・トートバッグが人気!


b0173754_142221.jpg


本日のヒーリング・クラスでの瞑想で、スピリット・ガイド(Holy Spirit)に質問をしてみた。
今、問題になっている「新型インフルエンザ」の件を質問すると、「自分のマインドをテストするチャンスでもある。どのような状況であれ、平和な光を見ることができるか。メディアに左右され、不安や恐怖を見る側を選択するのか、それとも平安で恐れのない世界、ひたすら光を見ていくのか、そこがポイントであると。」

なぜインフルエンザを恐怖に感じるのか?それは死に対する恐れがあるから。人間は誰しも死を経験する。魂は永遠であること。全てを受け入れ、愛に満たされていれば、何が起きても大丈夫!

もし貴方の周りで、不安や恐怖を感じている人がいたならば、その人の表層的な面を見るでなく、本来の輝く魂にフォーカスしてくださいね。これがACIMヒーリングの基本です。


b0173754_14123782.jpg

[PR]
# by yukistar88 | 2009-05-01 14:26 | スピリチャル | Comments(4)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧