女性異業種パーティーに、赤いUFOとピンク色オーヴ出現!(5/17)

日曜日の午後、Tribecaに住むMさん宅のパーティーに出席してきた。
この日は、分厚い雲に覆われ、気温15℃以下の寒い一日となった。


b0173754_10244012.jpg


West Sideに建つ、一際目立つグラスウォールのモダンなビルディング、
信号待ちに撮影する。

b0173754_1025553.jpg

2枚のうちの1枚に赤い線が写った。この赤い線、どこかで見た記憶があり・・・。
そうだ!2年前に訪問したトルコのカッパドキヤでした。カッパドキヤは、地球外の惑星を
思わせるような地形で、UFOも頻繁に出現するといわれる。
トルコでもそうだったが、この赤い線は、肉眼では見えないUFO系ではないかと思われる。瞬間移動する光る物体、別次元に存在するもの。今回現れた赤光は、この未来型ビルに
興味を示したのかもしれないですね。。


b0173754_9424923.jpg


b0173754_1484840.jpg

             (2007年9月、トルコのカッパドキヤで撮影)

午後3時半、トライベッカに到着。
昨日(5/16)は、”Tribeca Food Festival”だったようで、$40で各レストランの6メニューをTastingできる日だったらしい。
外食産業も客寄せに必死の時。この経済不況から、客足が衰え、高級・中級規模のレストランは次々閉店と追い込まれている。そんな中、解雇されたウェイターやウェイトレスの次なる職として人気なのが、マッサージやヒーリング系の仕事だそうで、それらの学校に通い、資格を取る人が増える傾向にあるという。


オープンして1年も経たないトライベッカの高級イタリアン”Ago”もロバート・デニーロが
オーナーだが、早くも閉店に。て、今日たまたま見かけたのでした。


b0173754_1028232.jpg


ロバート・デニーロがオーナーの↓"Tribec Grill"の近所というMさん宅へお邪魔する。

b0173754_10283089.jpg

今日、集まった面々は、NY在住のWorking Womenが多く、ビューティエステシャン、レーザーエステシャン、グラフィックデザイナー、インテリアデザイナー、バンカー、プライベートシェフ、フードコーディネーター、建築家、ヒーリング系など。日本人、韓国人、プエルトリカン、アメリカンと、30-40代中心の母親業をしながら働く女性、シングル、バツ1やバツ2など、事情は様々にて、ほとんどが初対面の女性達でした。

      テーブルに沢山のデッシュが並べられ・・・「いただきまーす。」

b0173754_10311773.jpg

一部の方は離席中だったが、皆さんで記念撮影。
ん!よく見ると12体のオーヴが現れ、中央のグリーンとピンク色のオーヴはくっきり!
過去に何度かピンク色のオーヴが写ったことはあったが、ここまでくっきりピンクは初めて。
女性パワーを見守る精霊なのか、可愛く、華やかで、嬉しいじゃありませんか。


b0173754_2259027.jpg

                     ↓オーヴの部分をZoom in!

b0173754_10572714.jpg

 今日のパーティでは、エステシャンの裏話なども聞けたり、楽しい異業種交流会となった。

気が付けば、今年になり、こういった女性だけの集いは、SFでは朋子さん宅、Westchester地区ではエミリンさん宅、 NJでは千恵子さん宅、マンハッタンではMさん宅と各コミュニティごとに存在し、ヒーリングや情報交換など交流の場となっているではありませんか。
逞しいウーマン・パワーに乾杯!


b0173754_10574338.jpg

            午後7時、マンハッタンを後に帰宅の途へ。
[PR]
# by yukistar88 | 2009-05-18 10:50 | スピリチャル | Comments(2)

Meat Packingのデザイン・ウィーク(5/15)

今、NYで一番ファッショナブルでホットなMeat Packing地区。
最先端のデザイン宝庫であり、洒落たブティックやギャラリー、レストランなどが軒を並べる。

昔は、ここは精肉卸売り業の倉庫街で、夜にもなれば、閑散とした危険で怪しい地区だったが、この10年間で急激に大変身した地区である。

b0173754_13391774.jpg


今日は、数週間前にファニチャー・デザインのコンテストで、見事1位を受賞した元同僚の
Hさんと、5/14-18と開催中のデザイン・ウィークのイベントに行ってきた。


b0173754_13404286.jpg


主に、Chelsea からMeat Packing地区のファニチャーやブティックで開催され、この期間中は、商品の展示やショールームをオープンに、また、夜にはカクテルパーティーなどでプレスやゲストを持て成したりもする。また、通常有料のアート雑誌なども無料で配布され、デザイナーやアーチストにとっても嬉しいイベントだ。

b0173754_13521933.jpg


最近、オープンした新しいホテル”The Standard”は、グラスウォールのモダン型。
              このサイトのRoomsをクリックしていただきたい。


b0173754_13425884.jpg


            ホテル”The Standard”1階Cafe、溶岩の暖炉かな?

b0173754_2254294.jpg

b0173754_22544739.jpg


                       オフィス・ショールーム

b0173754_13494645.jpg


                    テキスタイルのショールーム

b0173754_22485091.jpg



                       ちょっと休憩

b0173754_13484783.jpg


          こちらのショールームはかなり目を楽しませてくれた。

b0173754_1349851.jpg


b0173754_13492792.jpg


b0173754_14432610.jpg


b0173754_1350240.jpg


             メガネ屋さんもボールのディスプレィで頑張っていた。

b0173754_2323475.jpg


       スパンコールのワンピース、気になるお値段は・・・$?000.00

b0173754_13503522.jpg


               そろそろお終りにしようか・・・。

b0173754_13515819.jpg


Mid Townに移動しようと、14St.を歩いていたら、交通事故の現場に遭遇。
14St.(Bet.7&8Ave.)は、1ブロック通行止めになり、ポリスや消防士など10人以上が
検証中、被害者は残念ながら・・・。気をつけましょう。


今夜は、マンハッタン内で一番美味しい中華レストランで夕食会でした。Phoenix Garden
当店ご自慢!一番人気のアペタイザー、Pepper & Salty Shrimp (In Shell)、絶品です!


b0173754_13524057.jpg

[PR]
# by yukistar88 | 2009-05-16 14:22 | アート | Comments(2)

猫の死と上下関係(5/13)

昨日(5/12)、友人Yさん宅の猫Qちゃんが永眠した。
12歳ということで、人間でいうと60代半ばでしょうか。
腎臓病が原因にて、最後は痙攣が止まらず、止む終えず安楽死での最期となったようだ。
この決断を決めるのは、飼い主としては辛いところだが、眠れずに苦しんでいるQちゃんの姿を見ているのも辛かったので仕方ない。私もQちゃんとは遊んだことがあり、留守中には猫シッターをしたりして、懐いていたのでショックでした。


b0173754_11424713.jpg

                        Qちゃん

思えば、愛猫ミケも3年前に病気で18歳で他界したが、やはり獣医から安楽死の選択も
与えられた。幸いそんなに苦しんでいなかったので、「あと2,3日様子をみて決めさせて
ください。」と獣医に言い、看病に徹したその2日後に自ら息を引き取った。

それ以前の約1ヶ月間、闘病生活が続いたが、食欲がなくなるとか、排泄が不自由になるなど本格的な看病をした期間は1週間もなかったので、手間はかからなかった方ではないかと思う。

今思えば、闘病生活中の方が、飼い主としては辛い思いがあり、息を引き取った時は、
もう覚悟できていたし、それまでに十分な愛情と出来る限りのことをやり尽くしたので、
悔いはなく、さほど悲しくはなかった。というよりも、肉体の苦しさから解放されたことを
思えば、天国で自由にしている方がミケにとっては楽と思えたからだ。


b0173754_11433083.jpg

                          ミケ

天国にいってほしくないのは、可愛いからずっと側にいてほしいというのは、ある意味、飼い主のエゴなのかも。ペットに限らず、自由や手放すこと、相手にとって一番心地いいことを
与えることが、本当の愛情ではないかと最近、よく思うのだが・・・。

本当、ペットは家族の一員であり、無償の愛を与えてくれるし、癒してくれるし、沢山の楽しい思い出を残してくれる感謝すべき存在。

そのYさん宅には3匹の猫がいるのだが、Qちゃんが亡くなり、残る2匹の様子に変化があるという。それは、今までとは違い、遠慮せずに堂々と餌場や表に顔を出すようになったというのだ。私も今日伺ったら、今まで隠れてばかりの2匹が堂々と出てきたのだった。
う~ん、猫の世界にも上下関係があるようで、Qちゃんがボスだったのか、他の猫2匹は、
妙にリラッックスしているように感じた。

そういえば、友人Cさん宅も2匹の猫がいたが、ボスが昨年末に亡くなり、それまで、もう1匹は姿を見せず日陰の身だったが、今ではデンと構えた態度で、堂々と姿を見せ、リラックスした様子なんだとか。

猫のボスの特徴は、誰にでもフレンドリーなので、ゲストが来ると、接客をするようだ。
両家のボス猫もとてもフレンドリーで愛嬌があったので、ゲストへの受けも良かったし、
餌も一番に食べる点が共通していたと思われる。

そんなわけで、猫の世界にも上下関係があるんですねー。


b0173754_11442763.jpg

                      Yさん宅の猫ちゃん

そんなミケは亡くなった後も夢に出てきたり、たまに家に来たりもします。

Qちゃんのご冥福をお祈りいたします。今頃、ミケがボス面しているのかもしれないなぁ。


ペットロスの癒しのサイト「虹の橋」がありましたね。ここからどうぞ!


そして、気分転換もあり、悲しみに暮れていたYさん宅の息子さんが草野球に参加するというので、一緒に観戦してきた。

学校が終わり、午後4時半~5時半にかけ、近所の球場で小学生同士のBaseball Game。


b0173754_1146781.jpg


なんだか、みんな集中力ないぞぉ、コーチはバリバリかけ声かけて指導していたね。

b0173754_11463450.jpg


子供の頃から運動を心がけると、心も強くなれるよね。球児よ、がーんば!

b0173754_121146.jpg

                    今日の景色
[PR]
# by yukistar88 | 2009-05-14 12:04 | ペット | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧