猫の死と上下関係(5/13)

昨日(5/12)、友人Yさん宅の猫Qちゃんが永眠した。
12歳ということで、人間でいうと60代半ばでしょうか。
腎臓病が原因にて、最後は痙攣が止まらず、止む終えず安楽死での最期となったようだ。
この決断を決めるのは、飼い主としては辛いところだが、眠れずに苦しんでいるQちゃんの姿を見ているのも辛かったので仕方ない。私もQちゃんとは遊んだことがあり、留守中には猫シッターをしたりして、懐いていたのでショックでした。


b0173754_11424713.jpg

                        Qちゃん

思えば、愛猫ミケも3年前に病気で18歳で他界したが、やはり獣医から安楽死の選択も
与えられた。幸いそんなに苦しんでいなかったので、「あと2,3日様子をみて決めさせて
ください。」と獣医に言い、看病に徹したその2日後に自ら息を引き取った。

それ以前の約1ヶ月間、闘病生活が続いたが、食欲がなくなるとか、排泄が不自由になるなど本格的な看病をした期間は1週間もなかったので、手間はかからなかった方ではないかと思う。

今思えば、闘病生活中の方が、飼い主としては辛い思いがあり、息を引き取った時は、
もう覚悟できていたし、それまでに十分な愛情と出来る限りのことをやり尽くしたので、
悔いはなく、さほど悲しくはなかった。というよりも、肉体の苦しさから解放されたことを
思えば、天国で自由にしている方がミケにとっては楽と思えたからだ。


b0173754_11433083.jpg

                          ミケ

天国にいってほしくないのは、可愛いからずっと側にいてほしいというのは、ある意味、飼い主のエゴなのかも。ペットに限らず、自由や手放すこと、相手にとって一番心地いいことを
与えることが、本当の愛情ではないかと最近、よく思うのだが・・・。

本当、ペットは家族の一員であり、無償の愛を与えてくれるし、癒してくれるし、沢山の楽しい思い出を残してくれる感謝すべき存在。

そのYさん宅には3匹の猫がいるのだが、Qちゃんが亡くなり、残る2匹の様子に変化があるという。それは、今までとは違い、遠慮せずに堂々と餌場や表に顔を出すようになったというのだ。私も今日伺ったら、今まで隠れてばかりの2匹が堂々と出てきたのだった。
う~ん、猫の世界にも上下関係があるようで、Qちゃんがボスだったのか、他の猫2匹は、
妙にリラッックスしているように感じた。

そういえば、友人Cさん宅も2匹の猫がいたが、ボスが昨年末に亡くなり、それまで、もう1匹は姿を見せず日陰の身だったが、今ではデンと構えた態度で、堂々と姿を見せ、リラックスした様子なんだとか。

猫のボスの特徴は、誰にでもフレンドリーなので、ゲストが来ると、接客をするようだ。
両家のボス猫もとてもフレンドリーで愛嬌があったので、ゲストへの受けも良かったし、
餌も一番に食べる点が共通していたと思われる。

そんなわけで、猫の世界にも上下関係があるんですねー。


b0173754_11442763.jpg

                      Yさん宅の猫ちゃん

そんなミケは亡くなった後も夢に出てきたり、たまに家に来たりもします。

Qちゃんのご冥福をお祈りいたします。今頃、ミケがボス面しているのかもしれないなぁ。


ペットロスの癒しのサイト「虹の橋」がありましたね。ここからどうぞ!


そして、気分転換もあり、悲しみに暮れていたYさん宅の息子さんが草野球に参加するというので、一緒に観戦してきた。

学校が終わり、午後4時半~5時半にかけ、近所の球場で小学生同士のBaseball Game。


b0173754_1146781.jpg


なんだか、みんな集中力ないぞぉ、コーチはバリバリかけ声かけて指導していたね。

b0173754_11463450.jpg


子供の頃から運動を心がけると、心も強くなれるよね。球児よ、がーんば!

b0173754_121146.jpg

                    今日の景色
[PR]
Commented by ちへみ。 at 2009-05-15 14:50 x
写真のこの子は生き生きしているのに、この子がもういないのか~、と思うと、さびしいですね、会ったこともないんですが・・・。

今頃みけちとも会ってたりするかな・・・
Commented by yukistar88 at 2009-05-16 23:08
*ちへみさん
そう。訃報のたびに命のはかなさを感じます。
魂は永遠といっても、この世でのお別れは、やはり悲しいですね。

ミケにもお願いしたのですが、今頃、Qちゃんのボス役演じているのかな。
by yukistar88 | 2009-05-14 12:04 | ペット | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧