高級フレンチの「Per Se」とワイン講座(5/21)

5月中旬以降、爽やかなお天気に恵まれ、早くも夏の日差しの毎日。

b0173754_1048513.jpg


5/27は戦没者追悼記念日(メモリアルデー)で、戦没者を追悼する日。各地で追悼イベントが行われると同時に、夏のスタートとなり、ハイキングやビーチ、クルージング、BBQなど、夏のバカンスを満喫する日となっている。

メモリアルデーに向けて、次々と各海上より空母船や軍艦船がNY港に集結し、しばらく
停泊する。

b0173754_105126.jpg


空母船や軍艦船で勤務している白い水兵のユニホームを着たNavyの姿を街のあちこちで
見かけるようになる。


b0173754_10535150.jpg


セントラルパークでアライ熊(raccoon)を見かけた。かなりコロコロしているので、
ゴミ箱の餌は栄養がいいようだ。


b0173754_10555653.jpg


こちらは、コロンバスサークルにあるTime Warner Center Bldg.(2004年建築)

b0173754_1315518.jpg


4階には、4ツ星レストラン-フレンチの「Per Se」や日本食の「雅」なども入っている。
ある雑誌に、「一生に一度は訪れたいフレンチ”Per Se”」というフレーズがあるくらい。

b0173754_11222031.jpg


米西部のNapa Valleyにあるレストラン「French Laundry」で成功したシェフのThomas Kellerは、米東部でも姉妹店をとオープンさせたのが、この「Per Se」。彼は今ではシェフというよりもビジネスマンとして活躍しているようだ。

New York-「Per Se」:

Napa Valley 「French Laundry」

昨年の夏、知り合いが「Per Se」の厨房で働いていたので、1ヶ月前にランチの予約をし、
知り合いの配慮にて、厨房見学もさせていただく。そこはまるでWilliams-Sonomaの世界。

b0173754_2246621.jpg


ランチコース$175(Incld.Tip)、ディナー$275と、これが最初で最後で、家族にも内緒。


b0173754_11243110.jpg


b0173754_1125424.jpg


b0173754_11252733.jpg


そして、某日系カルチャーセンターにて、ワイン初級講座が始まった。
あまり飲める口ではないが、ワインは好きだし、知識を知りたくて、これを機会にお勉強。
珈琲やお茶、日本酒と、その土地や気候による味の違いを比較することに興味がある。
自然・大地の恵みと各特徴をじっくり味わおう。

第一回目の講座は、カリフォルニア州産の白ワインでした。
Chardonnay/Sauvignon Blanc/Rieslingとあるが、私はドイツの白ワインを代表する
フルーティーな品種”Riesling”のファンである。

b0173754_11311953.jpg


米西海岸CA州ワインだけでも6区の土壌に分類され、ヨーロッパのワインと違い、Napaの
ワインは葡萄の品質に注目している。何回もTastingをするので、もったいないが、飲み込まずに出すことに。でないと、舌や味覚も麻痺しそう。

b0173754_11351067.jpg


Tribecaにある有名フレンチ「Bouley」
Bouleyでは、現在、$190(全て込み)のスペシャル・ディナーをオファーしているそうだ。

b0173754_1139750.jpg


窓もオープンし、開放的に夏らしく、以前よりもカジュアルな空間となっていた。
この夏のグルメツアーとして、フレンチのコースはいかがでしょうか?

by yukistar88 | 2009-05-23 11:49 | グルメ

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る