⑧.天皇陛下のお言葉&スイス風な野反湖と苔の森チャツボミゴケ公園


*8/6-15にかけて、広島・長崎原爆平和記念日から終戦記念日と続く"peace week"、そんな中、8/8に天皇陛下から生前退位のお言葉がありましたが、このお言葉や表明を人によって受け留め方はそれぞれでしょうが、高齢となった天皇陛下の今後の公務への責任や対処、そしてスムーズな継承と国民や社会への考慮もありますが、やはり平和への願いと国民を護ることを第一にお考えであることは受け取れたと思います。
現在の日本のあり方、憲法改正や政治的動向なども懸念されていること、終戦時の昭和天皇の玉音放送を思い起こすなど、戦後の日本を振り返るとか原点に戻るなど、本来の日本人として何が大切であるか忘れかけている大和魂に優しく喝を入れられたかのようにも感じました。

そして印象だったお言葉の一部として、「国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。」ですが、このお言葉に涙した人もいたことでしょう。



b0173754_13582150.jpg



この天皇陛下のお言葉は、NYでも衛星放送でビデオメッセージが日本と同時に放送されましたが、米東部時間では真夜中の2時で、この夜はなぜか眠れず・・・なぜ?と思ったら、これを聴くためだったようです。やはり聴いてから眠ることにしようと、起きてTVの前に行くと、眠っていたプッチーも起きてきて、「これは聴かねばにゃらぬ?!」と、TVの前にデンと構えて真剣に聴いていました。意味わかるんかぃにゃ。

*天皇陛下「生前退位のお言葉」:http://grapee.jp/211016



b0173754_14432412.jpg


そして、天皇のお話の後、安倍首相が登場するなりコテンと寝転び、どうやらこれは聴かなくいていいようです。にゃんてわかりやすいんだ。


b0173754_14433252.jpg



吾輩は猫である!のか?!政治経済にも感心あるプッチー王子でした!
もう寝るにゃん!て、フカフカより硬い板張りが好きな風変わり猫なんです。




b0173754_14454761.jpg






****************** 056.gif日本の旅のつづき *******************


この日本の旅シリーズもそろそろ終盤を迎えます。

群馬県の六合の里の観光スポットの紹介になりますが、尻焼温泉の「白根が見える丘」を後に、ちょっと行ったところにある「ねどふみの里」、ここでは、足湯の他に畳の部屋で珈琲、また、おばちゃんたちの手作り布ぞうりやぶどうの実で編むバッグなど手作りものの販売と、伝統的な藁葺屋根のMuseumも。白川郷にある合掌造りを思い出しますね。




b0173754_14282215.jpg


芝犬もいて、こんな田舎風景がほのぼの平和でいいですね。


b0173754_14303190.jpg


地元のおばあさんたちが珈琲をいれてくれて・・・
普通の民家をカフェにしているのですよね。



b0173754_14292893.jpg


おばあさんたちの手作り布ぞうりや山葡萄の皮でつくった篭などの民芸品が売られています。



b0173754_14291821.jpg


布ぞうり2足、お土産にしました!かわいーです。



b0173754_14354988.jpg


白川郷のような藁葺屋根のMuseumを見学。



b0173754_14305342.jpg


昔ながらの土間。


b0173754_14311438.jpg


b0173754_14310390.jpg


この時、空を見上げると、日暈がくっきり!ここまで鮮明なのは珍しい!



b0173754_14321668.jpg



山葡萄の皮で作られたバックは貴重なようで、¥30,000程します。




b0173754_13503070.jpg



神秘の湖「野反湖」は、花敷温泉・尻焼温泉から車で約30分。手付かずの自然が残っている野反湖は日本のスイスの雰囲気があるようで、ハイキングや登山、キャンプなど、山野草の群生地で、四季折々の花が咲くようです。



b0173754_14331895.jpg



少し登った辺りから野反湖を見渡します。



b0173754_14314703.jpg


湖水も透明で綺麗です。


b0173754_14320022.jpg


八間山登山は厳しくないようで、ハイキングコースとしてよさそう。


b0173754_14320570.jpg




この時、渦巻き雲が上空に。



b0173754_14322329.jpg


”ホーホケキョ”と鶯も鳴いているし、遠くの山々の景色も!



b0173754_14324853.jpg


どんどん登ってしまう・・・


b0173754_14333349.jpg


時間の都合で、途中までで引き返しました。
野反湖散策もお薦めします!


そして、極めつけお薦めスポットとして・・・

草津温泉や白根山にも近い本州では此処だけにしかない記念物チャツボミ苔があると聞いたので、引き返しました。




b0173754_14342473.jpg



渓流の中で一際鮮やかに見える苔



b0173754_14344563.jpg




こんなに広い苔の森は初めてです!動画でご覧ください。


061.gif日本の苔の森”チャツボミゴケ公園”








初めてで感動しました!



b0173754_14350239.jpg



一番奥から見える全景。




b0173754_14351445.jpg



ちょっとした小山があり、全体を見渡せるので瞑想を少し。




b0173754_14352566.jpg




この近くである日本三大名湯の草津温泉は、日本の温泉100選の1位を12年間キープしています。

硫黄の泉質が良く温まります!♪ちょなちょいな~♪


b0173754_14452139.jpg


ここはエメラルドグリーンのカリブ海?!と思わせる上州湯ノ湖。品木ダムも。




b0173754_14335662.jpg


こんな鮮やかなグリーンは、草津温泉が流入する湯川や白根系の河川は強酸性のため、これが流れ込む吾妻川を含めて、動植物が生息できない死の川とされ、その川を生物の棲める川に甦らせたのが標高約910mの上州湯ノ湖。
白根系河川の水質を改善するため、昭和39年、湯川の途中に中和工場を造くり、その緩衝池として設けられたもので、中和の方法は工場から24時間石灰ミルクを投入し、湖に流れ入むまでに徐々に中和される仕組みになっているとのこと。ということで石灰ミルクが混じった色なんですね。



b0173754_14340599.jpg


帰り道で見えた夕焼けと赤城山がいい感じでした。
お疲れさまでした!


b0173754_14430059.jpg



ということで日本の旅編は終わりますが、番外編があるので、それは次回に。



*8/5、日本の広島・長崎原爆平和記念日にあわせて、NYでも広島・長崎原爆犠牲者追悼式と黙祷、ピースウォーク&キャンドルライトが行われました。



b0173754_14440022.jpg


広島出身のミュージシャン原田真二氏も、2006年より毎年この時期はNYに来て、この追悼コンサートに参加されています。

ゴスペルクワイアのココロとの合唱!



b0173754_14441315.jpg



NY在住の被爆者である森本富子さん (83歳)の被爆体験も話されました。



b0173754_14440653.jpg



追悼式典が終わると、皆でユニオンスクエアまで、キャンドル片手にピースウォーク。



b0173754_14441968.jpg



各宗教リーダーと共にガンジー像の前でイマジンを歌う♪@Union Sq.NY
左端が、被爆者森本富子さん



b0173754_14443413.jpg



原田真二さんらと記念撮影。昔はエンジェルヘアーでしたよね。



b0173754_14444105.jpg




板張りの上でコテン!平和への祈りを胸に おやすみにゃさい!



b0173754_14463035.jpg



追記で、天皇陛下からも優しい喝が入りましたが、こちらアメリカからロシアへ亡命したスノーデン氏も日本に向けて、喝なるメッセージを伝えたようです。

055.gif
「アメリカ国家による国民の監視の実態を内部告発し、世界を震撼させたエドワード・スノーデン氏が4日、亡命先のロシアからネット回線を使い、東京大学(本郷キャンパス)で行われたシンポジウム「監視の“今”を考える」に出席した。個人情報の大量収集が市民社会にもたらす影響や、近年の日本政府による情報コントロールの危険性について鋭く語った。
冒頭で、生いたちを聞かれ「父も祖父も、政府や軍で働いていたので、国家に貢献するのは当たり前と思って育ち、政府を疑うなど思いもよらなかった」と幼少時を振り返ったスノーデン氏。アメリカの二大情報機関、CIAとNSA(国家安全保障局)の職員となり「市民のすべての通信を傍受し監視できるNSAの実態を知って、国民の総意で成り立つはずの民主主義国アメリカが、国民をスパイするとはどういうことなのか」と疑問を持ったのがそもそもの始まりだという。

 「9.11以降、テロ対策やセキュリティの名目で監視が強化され、“隠すことや悪いことをしていなければ、怖れる必要はないでしょう”と、政府は説明して、私たちにプライバシーを差し出せというわけですが、結果、テロに関係ないであろう弁護士やジャーナリスト、人権活動家、さらにドイツのメルケル首相までが盗聴の対象になっている」と話すスノーデン氏は、「NSAは大手IT企業のサーバーに直接アクセスできるので、ネットで誰が何を検索したか、携帯で誰と話し、どこへ移動したか、すべてのデータが蓄積され、無差別の監視が可能です」と説明した。

 「日本社会の現状をどう見るか」との質問が出ると、同氏は「特定秘密保護法以降、安倍政権の静かな圧力、インセンティブ(見返り)を伴う圧力がメディアにかかり、危機的な状態では? 視聴率のいいニュース番組のアンカーマンが降板させられている」と指摘したうえで、「ジャーナリズムの役割は政府のいい点、悪い点を評価し、いつ権力の逸脱や乱用があったか、国民に知らせることにあって、それがなければ民主主義の議論は成熟しない」と議論を展開した。

 インタビューの最後、さらにスノーデン氏は「結局、プライバシーとは、あなたが公開したくないことは公開しなくていい権利、あなた自身である権利だと思う」と切り出し、「無制限の監視ではプライバシーは社会のものになり、人権侵害の問題に行き着く。政府の方針に任せるのでなく、市民が社会の主役となり、監視のリスクを議論すべきです」と力説した。

 また、今月11日から「スノーデン事件」の一部始終を収め、第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』が公開される。彼が“シチズンフォー”というコードネームで同作の監督ローラ・ポイトラスにメールで接触したのを発端に、香港のホテルでジャーナリストを前に驚くべき証言を明かし、そのスクープ記事が「スノーデン事件」として世界を揺るがす過程が、リアルタイムで記録されている。(取材/岸田智)

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』は、6/11シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開されたそう。



『シチズンフォー スノーデンの暴露』の予告編:http://movie.walkerplus.com/mv60279/trailer/





精神世界ランキング 日記・ブログランキング 写真ランキング 旅行・観光ランキング
[PR]
Commented by すっとこ at 2016-08-14 07:15 x
ニャニャニャニャーーーーン!

にゃんと プッチー王子は 天皇陛下と安倍首相
では態度が違うんですね!
証拠写真がシャッターチャンス逃さず よく
撮れましたね、さすがプッチーママ❣️

最後の一枚、寝ながらでも手っ手が「可愛い
でしょ〜」してるのに萌え萌えですた😍😍😍
Commented by yukistar88 at 2016-08-15 11:26
すっとこさん、
プッチーの知らぬ面を知ったかのようです。政治社会も興味あるのですね。
それともママも真剣に観ようという姿勢が伝わったのかしらん。
あっ、でもA首相の時は完璧にプッチーの意志ですから!
「かわいい~!」と言ってみてください。
お腹でしてお手手がクネッと曲がります。
10月もすぐでしょうか。その前にHNCでお目にかかります。
by yukistar88 | 2016-08-13 11:24 | 日本の旅 | Comments(2)

NY在住ヒーリングセラピスト。スピリチュアル、空や旅など、好奇心旺盛なる日記を写真と共にお届けします。


by ☆Yuki
プロフィールを見る
画像一覧